仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)って何?高騰のタイミングや価格・将来性を解説!

ベーシックアテンショントークン(BAT)ってそもそもどんな通貨?

ベーシックアテンショントークン(BAT)の将来はどうなるの?価格は上がるの?

この記事では、こんなお悩みを解消します。

ベーシックアテンショントークン(BAT)のポイント
  • BATは2017年に生まれた新しい仮想通貨
  • BraveWebブラウザーを使用してWebサイトでのメディア消費者の時間と注意を追跡するためのブロックチェーンベースのシステム
  • 過去には価格高騰も見られたが、現在は価格停滞
  • 今後、価格高騰も予想されるので保有するメリットは十分ある
  • BATを購入できるおすすめ取引所は「DMMビットコイン」
  • コインチェックでBATを購入すれば、ステーキングでインカムゲインが得られる

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

目次

ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?

Basic Attention Token(BAT)は、MozillaとFirefoxの共同創設者であるBrendan Eichによって作成され、

ブロックチェーンを通じてデジタル広告のセキュリティ、公平性、効率を向上させています。

これは、イーサリアム(ETH)上に構築されたBraveWebブラウザーのネイティブトークンです。BATのホワイトペーパーの日付は2018年1月7日です。

プロジェクトはまだ開発中ですが、Braveブラウザのベータ版をダウンロードできます。

2021年9月23日の時点で、Braveブラウザの月間アクティブユーザー数は3,620万人、日次ユーザー数は1,250万人です。

今回は、ベーシックアテンショントークン(BAT)に関する基本情報を抑えた上で、今後の予想についても観ていきたいと思います。

ベーシックアテンショントークン(BAT)が買えるおすすめの仮想通貨取引所についてもしっかり解説するので、ぜひ役立ててくださいね!

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
LINE BITMAX line bitmax LINEPAYとの連携で便利に使える! 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ベーシックアテンショントークン(BAT)のリアルタイムチャート


2022年8月17日の時点でベーシックアテンショントークン(BAT)は57.16円となっています。

2月は初旬より大きく上昇し、一時1ドルを突破し、常勝トレンド転換の兆しがありました。

しかし、テラのメルトダウンやドル安の影響からリスクヘッジの動きが優勢となり、仮想通貨市場に大きく影響を及ぼしました。

仮想通貨BATもその影響を受け、一時は大きく下げ込みました。

最盛期と比べ依然として弱気相場が継続していますが、ベーシックアテンショントークン(BAT)を安く購入して高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

【2022年8月版】押さえておくべきベーシックアテンショントークン(BAT)の値動きポイント

有利なタイミングでベーシックアテンショントークン(BAT)を買いたい!

ベーシックアテンショントークン(BAT)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみたベーシックアテンショントークン(BAT)の値動きを解説します。

8月のポイント
  • ウクライナ情勢によって、5月に仮想通貨市場全体の低迷に合わせて価格も下落
  • 底値は70~74円台の水平ラインを守れるかが肝となる
  • 6月にさらに価格を落としたものの、7月に上昇トレンドに
  • 直近最安値で再度反発できれば、20%以上の上昇も期待できる
  • 8月以降のファンダメンタル要素にも注目

ベーシックアテンショントークン(BAT)の8月の価格動向予想

7月から8月にかけて、ビットコインの上昇に伴いBATも価格を戻しました。

まずはチャート分析です。

tradingview参照

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の0.27ドルが水平サポートとして機能しており、こちらを現在試すような形となっています。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、0.40ドルを超えられれば、次は0.45ドルあたりが抵抗帯となっていました。

6月中旬にかけて、横ばいに推移し、6月下旬に再度下落しています。

次に8月以降のファンダメンタル要素を見てみましょう。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後のイベント

BATは2022年に入ってKrakenで新規取り扱いを開始して、着実に上場先を増やしています。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の購入には、DMMビットコインがおすすめです。

手数料の安さをはじめとして、使いやすさや安全性からプロからも人気を集めている仮想通貨取引所と言えます。

ベーシックアテンショントークン(BAT)をまず買ってみたい!という方はDMMビットコインで口座開設をしておいてまず失敗はないのでおすすめです!

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

ベーシックアテンショントークン(BAT)の6月下旬の出来事

6月は開発に関する大きなイベントはありませんでしたが、新たな上場先としてBasic Attention Token(BAT)が、bitFlyer USAで取引可能になりました。

着実と取引先を増やしております。

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴は?

ベーシックアテンショントークンは、通常の仮想通貨にはあまりみられない特殊な機能があります。

それゆえに、非常に期待がもてる仮想通貨の一種であるといえます。

2017年5月に取扱いが開始した、比較的新しい仮想通貨になります。

「Brave」というWebブラウザを利用することで通貨が付与されるという特殊な仮想通貨になり、このWebブラウザの利用が増加すればするほどベーシックアテンショントークンの価値向上が期待できます。

海外の仮想通貨交換プラットフォームによると、2025年までにCrypto Coin Societyが0.175ドル(約22.75円)・CoinSwitchが0.685~1ドル(約77.40~113円)という価格予想をしています。

2022年7月現在は約53.46円前後の価格になっているので、すでにCrypto Coin Societyの予想以上の価格になっています。

通貨名 Basic Attention Token
単位 BAT
時価総額ランキング 64位※
時価総額 87,233,764,555円
特徴 ・Webブラウザ「Brave」を利用することでもらえる仮想通貨
・投げ銭に利用できる
・2017年取扱い開始と比較的新しい仮想通貨
国内取扱取引所 DMMビットコイン・コインチェックなど

*2022年7月6日現在

BATとは?3つの特徴
  • 特徴①新しいブラウザ『Brave』上で使用される仮想通貨(暗号資産)
  • 特徴②プライバシーを重視したブラウザ需要が高まり普及が広まる可能性がある
  • 特徴③時価総額は70位台で推移

特徴①新しいブラウザ『Brave』上で使用される仮想通貨(暗号資産)

ベーシックアテンショントークンは、「Brave」のブラウザ上の広告を見ることで付与される珍しいタイプの仮想通貨になります。

広告を見るだけでベーシックアテンショントークンがもらえるというシステムはブラウザとしては画期的で、この機能目的で「Brave」を使用するユーザーが飛躍的に伸びる可能性があるといえます。

BATは、プライバシーを重視するWebブラウザーBraveが使用するトークンです。ブレイブはオープンソースプラットフォームであり、サードパーティの広告主とトラッカーをブロックし、承認されたパブリッシャーからの広告を表示したことに対してユーザーに報酬を与えます。

したがって、ユーザーの注意と引き換えに広告主に授与され、このシステムは、より効率的なコンテンツを提供することにより、ユーザーの長期的な関心を促進するように設計されています。

2022年1月の時点で、Braveの月間アクティブユーザー数は5,000万人(11月の4,200万人から増加)、1日あたりのアクティブユーザー数は1,550万人、確認済みのクリエイターは130万人でした。

特徴②プライバシーを重視したブラウザ需要が高まり普及が広まる可能性がある

「Brave」は、知名度という面では「safari」「Google Chrome」などに劣りますが、広告やトラッカーへのブロック機能や、プライバシー保護という点に優れているという特徴があります。

これにより、広告詐欺や不正利用による損失を削減することができます。

これらの観点から、今後「Brave」の普及が広まる可能性があります。

特徴③時価総額は78位

仮想通貨は現在も増加しており、2022年3月現在で大小合わせて約6,000以上の仮想通貨があるといわれています。

ベーシックアテンショントークンは2017年誕生と比較的新しい部類の仮想通貨になりますが、すでに時価総額78位と順調に市場価値を高めています。

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の将来性が期待できる理由

特徴②で挙げたようにプライバシーという関連に加え、ベーシックアテンショントークンには投げ銭機能が備わっています。

代表的な例だとYouTubeとの提携で、お金の代わりにベーシックアテンショントークンで投げ銭することも可能になっています。

YouTube以外にも、InstagramやTikTokなどの動画配信コンテンツ・配信サービスの投げ銭機能と提携が進んでいけば、仮想通貨としての価値が向上します。

BATの将来性に期待できる理由
  • 仮想通貨(暗号資産)史上最速で完売を記録した
  • GoogleChromeやSafariにとって変わる可能性がある
  • BATウォレットの実装で普及が広がる可能性がある

仮想通貨(暗号資産)史上最速で完売を記録した

ベーシックアテンショントークンは、2017年に新規仮想通貨公開を行いました。

その際に史上最速で完売をした記録を持っており、1分間で合計3,500万ドル(約39.55億円)の資金調達に成功しています。

この観点からも、非常に期待が高い仮想通貨として位置づけされているといえます。

GoogleChromeやSafariにとって変わる可能性がある

現在は「safari」「Google Chrome」などに劣る「Brave」ですが、広告を見るだけで仮想通貨を付与されるという画期的なシステムから、今後普及が拡大する可能性があります。

また、従来のブラウザと比較し2~8倍高速でページを読み込むことができるという点、プライバシー保護という点からも優れているため、ブラウザ利用者にはメリットが大きいといえます。

広告費を高騰させる要因である中間業者を排除していることも特徴であり、広告主側にとってはコスト削減になります。

ブラウザ利用者・広告主の両者にメリットがあるため、認知度の拡大が今後の課題といえます。

BATウォレットの実装で普及が広がる可能性がある

現在日本で「Brave」上で広告を見た場合、BATポイントが付与されます。

日本ではトークンなどのお金を付与することは法律で禁止されているため、ポイントとして付与されています。

現在ベーシックアテンショントークンとビットフライヤーが提携して、BATウォレットを開発するプロジェクトを進めています。

もしそれが実装されれば、BATトークンでの付与が可能になり、連携したウォレット上に自動的に反映されることになります。

2020年11月に実装予定でしたが延期になり、現在も実装されていませんが、もし実装されれば価格の上昇が期待できるかもしれません。

ベーシックアテンショントークン(BAT)を買ってみたい!という方はDMMビットコインで口座開設するのがおすすめです!

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

【2022年最新】仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の見通し・価格予想

長期的にみると上昇の期待がもてるといえます。

「Brave」のサービスや機能はユーザーファーストであり、この新しい広告システムはインターネット広告市場を変化させる可能性があります。

海外仮想通貨交換プラットフォームのCoinSwitchは、仮想通貨業界の中でも評価が高く、著名人も注目している通貨であると記載しています。

これらの観点から上昇が期待できます。

一方で、「safari」「Google Chrome」などの既存のブラウザが持つ圧倒的シェアを切り崩せるかどうかはまだ分かりません。

巨大な既存ブラウザに対抗してシェアを伸ばし続けることができるかどうかという点が、今後の価格を左右するといえます。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の6月下旬の出来事

6月は開発に関する大きなイベントはありませんでしたが、

新たな上場先としてBasic Attention Token(BAT)が、bitFlyer USAで取引可能になりました。

着実と取引先を増やしており、2月初旬より反発して高騰しました。

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去の価格推移

2017年に取扱いが開始。25円前後で推移していましたが、2017年末からビットコインなどの仮想通貨と同様に上昇し、100円を突破しました。

しかしその後は価格が下落し、15~40円付近で価格は横ばいになりました。

2020年7月に、日本国内の取引所で取扱いが開始しており、出来高も一時的に増加し、短期間で50%以上上昇する瞬間がありました。

2021年3月に、アメリカのグレイスケール社がベーシックアテンショントークンを含めた投資信託を発表。

30円前後から、数か月で160円を突破するまで上昇し、2021年12月の価格は約130円前後でしたが、2022年1月執筆時点は、95-100円程度で推移しています。

BATの過去の価格推移
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去最高値
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)の価格下落のタイミング
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)の価格高騰のタイミング

BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去最高値

ベーシックアテンショントークンの過去最高値は、2021年11月下旬につけた209.67円です。

最高値を付けた際に特段大きなニュースはなく、他の仮想通貨の上昇に追随するかたちで上昇したと考えられます。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の価格下落のタイミング

ベーシックアテンショントークン単独のニュースで下落をすることはほとんどなく、仮想通貨市場全体に悪いニュースが流れたときに他の仮想通貨と同様に下落をすることが多いです。

直近だと、2020年3月からの新型コロナウイルスや2021年5月に中国が仮想通貨の規制を強化したという内容などにより、仮想通貨全体が大きく下落しました。

その際に、ベーシックアテンショントークンも同様に大きく調整をしています。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の価格高騰のタイミング

上昇のタイミングは大きく分けると3点あります。

1点目は、「Brave」ブラウザのユーザー数の増加が発表されたときです。

長期的目線で考えた場合、ユーザー数増加による市場価値の向上が最も重要といえます。

2点目は、他企業とベーシックアテンショントークンの提携です。

投げ銭機能という他の仮想通貨にはない特徴を活用したいという企業が増加し、提携が進めば進むほど市場価値が向上します。

特に、大企業との提携が発表されれば、数日間は価格の上昇が期待できるかもしれません。

3点目は、上場する取引所の増加です。

2020年7月に日本国内の取引所で取扱いが開始したというだけで価格は大きく上昇しました。

今後、各国で取扱いが開始すれば、さらなる上昇が期待できます。

ベーシックアテンショントークン(BAT)を買ってみたい!という方はDMMビットコインで口座開設するのがおすすめです!

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)の取引におすすめの取引所

BATの取引におすすめの取引所をご紹介したいと思います!

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
LINE BITMAX line bitmax LINEPAYとの連携で便利に使える! 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 19通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料がほぼ無料
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている
  • DMMグループ運営でセキュリティも安心

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨は19種類で、BATも取り扱っている貴重な国内取引所です。

仮想通貨取引手数料、日本円の入出金手数料、仮想通貨をほかの取引所に送る手数料などはすべて無料です。※BitMatch取引手数料を除く

口座開設は最短5分で完了し、スマホでスピード本人確認を利用すれば、口座開設申込後、最短1時間以内に取引が可能になります。

メリット ・最短5分で取引開始できる
・アプリで簡単に購入できる
・レバレッジ取引ができる
デメリット ・出勤に時間がかかる場合がある
・スプレッドが大きい

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日
いくらからベーシックアテンショントークン(BAT)が購入できる?

ベーシックアテンショントークンに関して、現在はレバレッジ取引に対応しています。

取引単位は1BATになり、最小発注数量は10BAT(約1,300円)になります。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

コインチェック

コインチェックの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 17通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が17種類
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは東京都渋谷区に拠点がある仮想通貨取引所であり、設立は2012年8月28日で、2014年から仮想通貨交換業務を開始しました。

公式サイトの説明によると、アプリダウンロード数No.1、取扱仮想通貨数No.1で2022年4月時点で、17種類の仮想通貨を取り扱っています。口座開設や取引操作が簡単であるという点も特徴の1つです。

コインチェックの親会社は東証一部上場企業のマネックスグループであり、運営に対する信頼度ども高いといえます。

初心者でも簡単にベーシックアテンショントークン(BAT)などの仮想通貨売買が可能です。

最低購入金額は500円から。手数料は無料です。

メリット ・500円から始められる
・アプリで簡単に購入できる
・セキュリティ対策バッチリ
デメリット ・BATのレバレッジ取引はできない
・スプレッドが大きい

\ 最短 即日 で取引開始! /

いくらからベーシックアテンショントークン(BAT)が購入できる?

コインチェックの販売所にて取扱いのある仮想通貨に関して、最低購入額は500円になります。

また、ビットコインでも購入が可能で、その場合は0.001BTCが最低購入金額になります。

ベーシックアテンショントークンが100円である場合、500円=5,000BATの購入が可能になります。

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります


\ 最短3分で完了 /

ビットフライヤー

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:330円~
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 15通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では15種類と豊富
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

ビットフライヤーは2014年1月9日に設立された東京都港区に本社を構えるビットコイン取引量国内No.1*を誇る暗号資産取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取扱仮想通貨の種類は15で、そのうちの一つがベーシックアテンショントークン(BAT)です。最低1円から購入できます。

販売所の取引手数料は無料で、取引所の方は0.01~0.15%となっています。

そのほか、アカウント作成手数料、アカウント維持手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料なども無料です。

アプリもシンプルな操作画面で使いやすいです。

メリット ・世界No.1のセキュリティシステム*
・大手企業と連携している
・ビットコインでFX取引ができる
デメリット ・銀行振込手数料が高め
・アプリの動作が重いことがある
・取引所形式に対応していない銘柄がある
※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

参考:https://bitflyer.com/ja-jp/

いくらからベーシックアテンショントークン(BAT)が購入できる?

ベーシックアテンショントークンの最小取引数量は0.00000001BATになります。

購入手数料は無料ですが、購入価格と売却価格の差(スプレッド)があるということに注意しましょう。

どこの取引所が良いか悩ましい、、という方にはDMMビットコインで口座開設をするのがおすすめです!

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

BAT(ベーシックアテンショントークン)を購入してみよう!

いかがでしたでしょうか?

BATは、オープンソースのプライバシー中心のブラウザーであるBraveブラウザーのネイティブトークンです。ブロックチェーンテクノロジーを利用して、ユーザーの注意を匿名で安全に追跡します。これは、パブリッシャーへの報酬につながります。

ユーザーの注意、つまり広告などのデジタルコンテンツへの集中的なメンタルエンゲージメントは、Braveを通じて記録されます。

さらに、BATのメーカーは、ユーザーのプライベートデータと追跡情報がユーザーのデバイスにのみ保存され、匿名でプライベートであることを保証していることを示しています。

仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)まとめ
  • BATは2017年に生まれた新しい仮想通貨
  • BATはステーキングの対象通貨
  • 過去には価格高騰も見られたが、現在は価格停滞
  • 今後、価格高騰も予想されるので保有するメリットは十分ある
  • BATを購入できるおすすめ取引所は「DMMビットコイン」
  • コインチェックでBATを購入すれば、ステーキングでインカムゲインが得られる

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)に関するよくある質問

最後にベーシックアテンショントークンに関するよくある質問についてまとめましたので、参考にされてください!

BATに関するよくある質問
  • BATの将来性は?
  • BATコインは上がりますか、それとも下がりますか?
  • BATは良い投資ですか?
  • BATの価格変動に影響を与える要素は?

BATの将来性は?

市場センチメント、投資家の参加、Braveブラウザの普及は、すべてBATトークンの将来に影響を与えます。

したがって、今後投資家が増加するような普及活動や開発計画が進めば、トークンの将来性は明るいものになるでしょう。

BATコインは上がりますか、それとも下がりますか?

1月11日の時点で、WalletInvestor、DigitalCoin、PricePredictionなどの予測サイトは、BATトークンの価値が長期的に上昇すると予測していました。ただし、アナリストの予測は間違っている可能性があることを忘れないでください。多くの場合、間違っていることが多いです。

技術的、開発計画などの分析によってある程度の予測が有効な場合もありますが、結論上がるか下がるかは誰にも明確にはわかりません。

BATは良い投資ですか?

仮想通貨は非常に不安定な投資であり、他の資産クラスよりも投資するリスクが大きいです。BATがポートフォリオに適しているかどうかは、個人の経済状況と目標によって異なります。

投資する前に、常に独自の調査を行い、受け入れる準備ができているリスクのレベルを評価してください。

BATの価格変動に影響を与える要素は?

BATは、「Brave」というWebブラウザを利用し、広告を見ることで通貨が付与される画期的で珍しい仮想通貨のため、「Brave」の利用が増加すればするほど価値の向上が期待できます。

また、「Brave」は、広告やトラッカーへのブロック機能や、プライバシー保護などの点で優れているため、これらの観点からも今後「Brave」が普及する可能性は十分にあり、そのことがBATの価格変動にも影響を与えると言えます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
8/1まで即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日