ビットコインキャッシュ(BCH)の今後は上がらない?将来性・価格予想を徹底解説!

ビットコインキャッシュ(BCH)ってそもそもどんな通貨?古いの?

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来はどうなるの?価格は上がるの?

この記事では、こんなお悩みを解消します。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのフォークから2017年8月に作成された暗号通貨です。

ビットコインキャッシュはより多くのトランザクションを処理できるようにし、スケーラビリティ(拡張性)を向上させました。

暗号通貨は2018年11月に別のフォークを経て、ビットコインキャッシュABCとビットコインキャッシュSV(サトシビジョン)に分割されました。

今回は、ビットコインキャッシュ(BCH)に関する基本情報を抑えた上で、今後の予想についても観ていきたいと思います。

ビットコインキャッシュ(BCH)が買えるおすすめの仮想通貨取引所についても解説しているので、ぜひ役立ててくださいね!

おすすめの仮想通貨のポイント
  • ビットコインキャッシュは、2017年8月に発生したビットコインハードフォークの結果誕生した
  • ビットコインキャッシュは、ビットコインと比較してより多くのトランザクションを可能にする
  • ビットコインキャッシュとビットコインはいくつかの技術的な類似点があり、同じコンセンサスメカニズムを使用し、供給を2,100万に制限している
  • ビットコインキャッシュ自体は2018年11月にフォークを受け、ビットコインキャッシュABCとビットコインキャッシュSV(サトシビジョン)に分割され、ビットコインキャッシュABCは現在ビットコインキャッシュと呼ばれている
【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)


\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

目次

ビットコインキャッシュ(BCH)のリアルタイムチャート


2022年12月02日の時点でビットコインキャッシュ(BCH)14,808となっています。

ビットコインの価格とかなり連動していることから、12月も仮想通貨市場全体の動向チェックは欠かせないでしょう。

今がビットコインキャッシュ(BCH)を安く購入して高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年12月版】押さえておくべきビットコインキャッシュ(BCH)の値動きポイント

有利なタイミングでビットコインキャッシュ(BCH)を買いたい!

ビットコインキャッシュ(BCH)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみたビットコインキャッシュ(BCH)の値動きを解説します。

12月のポイント
  • 7月は緩やかに価格を上げ、6月とは一転上昇トレンドに乗った
  • 大きくチャートを見ると、緩やかな上昇トレンドで推移中
  • 今後もビットコインやイーサリアムも動きに注意する必要がある
  • 底値は150-160円台の水平ラインを守れるかが肝となる
  • 11月以降のファンダメンタル要素にも注目

ビットコインキャッシュ(BCH)の10月の出来事

6月下旬にビットコインキャッシュ(BCH)の価格は大きく下落しましたが、7月に上昇トレンドに転じました。

順調に価格を上げていましたが、8月下旬にやや価格を落とし、その後は横ばいで推移しています。

これは、ビットコインやイーサリアムの価格変動に引っ張られたと考えるのが自然でしょう。

仮想通貨市場全体でこのような上昇の動きがみられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の12月の価格動向予想

5月のビットコインの落ち込みに合わせた形で、ビットコインキャッシュの価格も下落。

6月中に回復の兆しを見せることはできず、中旬から下旬にかけて価格をさらに落としました。

その後やや回復するものの、5月以前の価格へはまだ時間がかかる見込みです。

まずはチャート分析です。

tradingview参照

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の260-270ドルが水平サポートとして機能しており、こちらを現在試すような形となっていました。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、315ドルを超えられれば、次は335ドルあたりが抵抗帯となっておりました。

6月の中旬でやや反発ししたものの、下旬にかけて全体的に右肩下がりの動きをしています。

次に10月以降のファンダメンタル要素を見てみましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後のイベント

現段階で12月にビットコインキャッシュのイベントは、発表されていません。

そのため、ビットコインキャッシュ独自の価格変動が起こるとは考えにくく、やはりビットコインやイーサリアムの動きを見ていく必要があるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入には、ビットコイン取引量国内No1のビットフライヤーがおすすめです。

手数料の安さをはじめとして、使いやすさや安全性からプロからも人気を集めている仮想通貨取引所と言えます。

ビットコインキャッシュ(BCH)をまず買ってみたい!という方はbitFlyerで口座開設をしておいてまず失敗はないのでおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

通貨名 Bitcoin Cash
単位 BCH
時価総額ランキング 29位()
供給量 約19,000,000 BCH
特徴 ビットコインからのハードフォークで誕生
32MBのブロックサイズを実装
手数料が安い
国内取扱取引所 コインチェック
DMMビットコイン
ビットフライヤー
GMOコイン
ビットポイント
Liquid
ビットバンクなど多数

2022年12月1日時点

ビットコインのハードフォークから生まれた通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月、ビットコイン初のハードフォークから生まれた仮想通貨です。

なぜこの時期にビットコインがハードフォークを実施したかというと、スケーラビリティの問題がありました。

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨のブロックチェーンにおいて一つのブロックで処理できるトランザクションに制限があることで生じる問題のこと。

ビットコインの取引が大幅に増え、ブロック容量のリミットにまで達すると、処理しきれない取引がたまり、処理スピードが大幅に低下するのです。

それに伴って、手数料も高騰。ビットコインはこの問題に悩んでいたのです。

そこで2つの解決策が提案されました。「セグウィット(Segwit)」と「ビッグブロック(Big Block)」です。

まず「セグウィット(Segwit)」ですが、正式名称を「Segregated Witness(隔離された署名領域)」といい、トランザクションの中の署名データを隔離された、つまり別の領域に移すというものです。

これで一つのブロックに収められるトランザクションデータを増やせることになり、スケーラビリティ問題が解消するというわけです。

次に「ビッグブロック(Big Block)」は、ブロックそのものの処理能力を拡大するというもの。

これで格納できるトランザクションデータも増えますから、処理スピードも改善されます。

処理スピードを上げていきたかったんだね!
【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインの課題解決のためのビットコインキャッシュ

当初ビットコインでは「セグウィット(Segwit)」によるスケーラビリティ問題解決を考えていました。

しかし、「ビッグブロック(Big Block)」による解決を求める人たちの声に押されて、新たなブロックチェーンを使った仮想通貨へのハードフォークが行われたのです。

これがビットコインキャッシュ(BCH)です。

その結果として、ビットコインのブロックサイズの上限が1MBなのに対して、ビットコインキャッシュ(BCH)の上限は32MBとなっています。

かなり差がありますが、これで一度に多くの処理を行うことが可能になりました。

また、手数料も非常に割安となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)では、その後もたびたびハードフォークが行われています。

時期としては、毎年5月と11月になっていますが、ビットコインキャッシュ(BCH)公式サイトでは、これを「定期プロトコルアップグレード」と呼び、ハードフォークとは別物だとしています。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

決済手段に特化しており、根強い人気を誇る

ビットコインを決済手段にする動きも見られますが、ビットコインの処理速度の遅さは致命的な問題であり、課題となっています。

クレジットカードの場合、1秒間に数百から数千件の取引を処理ができるといわれていますが、それに比べると、ビットコインの処理速度は1秒で16件程度です。

とても遅いため、決済手段としての普及に支障が生じる恐れもあります。

そこでハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生したのですが、1ブロック当たりの容量が増え、処理速度も大幅に向上。

これで送金時間も短縮化されました。その副次的効果により、手数料も安くなることに。

これらの理由により、決済通貨としての需要はますます伸び、根強い人気を誇っています。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインキャッシュ(BCH)のこれまでの価格推移

これまでの価格推移を見てみましょう。

2022年3月の価格推移

2月から3月にかけて、ビットコインは上昇トレンドの兆しを見せ始めています。

今後、ビットコインが強気相場に転換して維持できれば、ベーシックアテンショントークン(BAT)の価格は、再度40000円あたりまで高騰する可能性があります。

まずはチャート分析です。

tradingview参照

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の260-270ドルが水平サポートとして機能しており、こちらを現在試すような形となっています。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、315ドルを超えられれば、次は335ドルあたりが抵抗帯となります。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・価格予想

ビットコインキャッシュ(BCH)を始めようと思っている人、すでに始めている人にとって一番気になるのが今後の将来性や価格予想。

果たして、価格は上昇するのでしょうか。予想してみましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性を予測する上で重要になってくる要素がいくつかあります。

以下に並べてみましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性
  • 決済手段としてのさらなる普及
  • サービスの拡充
  • 次の半減期
  • 各国の規制強化の動き
  • 基軸通貨とする取引所の増加
  • アップデート
  • 投資信託として認められるか

これらの要素が絡み合い、ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性が決められていきます。

その結果、価格が上がるのか下がるのかですが、ここ数年の値動きなども見ながら、2021年末と2022年の価格予想をしてみましょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

2021年末の価格予想

ビットコインキャッシュ(BCH)の最高値は1BCH当たり約47万3,000円。2017年12月20日の記録です。

その少し前の2017年10月頃は、2万2,000円から3万3,000円でしたから、実に14.3から21.5倍もの価格上昇がありました。

当時は仮想通貨ブームの影響も大きかったのですが、その後下落し、2018年12月15日には最安値の8,000円台にまだ下がりそれから少しずつ上昇しています。

2021年になると、再度仮想通貨ブームが到来し、仮想通貨の値上がりが相次ぎ、ビットコインキャッシュ(BCH)も2021年5月11日には年初来高値の約18万円になりました。

2021年12月2日から3日にかけての価格は6万2,000円から6万4,000円程度で推移しています。

少し前の2022年11月22日時点では、約6万1,600円でしたから、2021年末は6万円台の値動きになると思われます。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

2022年以降の価格予想

ビットコインキャッシュ(BCH)の普及が広がっています。

オンライン決済大手の米ペイパルは仮想通貨決済ができるようにし、その中にビットコインキャッシュ(BCH)が含ま

楽天ペイでもアプリで仮想通貨から電子マネーにチャージができるようにし、やはりビットコインキャッシュ(BCH)が使えます。

このほかにも、ビットコインキャッシュ(BCH)を利用しようという動きが加速中であるため、そういう点から行くと、2022年以降のビットコインキャッシュ(BCH)の価格見通しも明るいといえるでしょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後、価格が上がる?!将来性が期待できる3つの理由

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後価格が上昇するでしょうか。

そう読める要素もいろいろあるので、将来性が期待できる3つの理由について解説しようと思います。

決済通貨としての需要増加

ビットコインキャッシュ(BCH)は徐々に決済通貨としての需要が増加しています。

すでに説明したように処理速度、送金速度が速く、手数料も安いとなれば、利便性は大幅に上昇。

決済通貨にも使用しやすくなっています。

オンライン決済大手の米ペイパル、楽天などをはじめ、今後も参入企業が増えていくと思われます。

中国の決済・チャットアプリの WeChat でも、送金が行えるようになっています。

このような動きが加速すれば、価格も上がる可能性が高いです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

基軸通貨とする取引所の増加

現在、ほとんどの仮想通貨取引所の基軸通貨はビットコイン。

基軸通貨は取引において必要となる仮想通貨で、保有しないと取引ができません。

そのため、基軸通貨であれば、かなりの需要が見込まれます。

そんな中にあって、ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨にしている取引所もあります。

今後そのような取引所が増えれば、ビットコインキャッシュ(BCH)利用も広まり、価格形成に好影響があるでしょう。

アップデート

ビットコインキャッシュ(BCH)では、定期的にアップデートが行われています。

このアップデートがハードフォークとなり、ビットコインキャッシュ(BCH)が分裂する事態になったこともありますが、多くの場合機能改善を目的としたアップデートでした。

ブロックサイズを8MBから32MBにしたり、スマートコントラクト機能を実装したりなどです。

今後もビットコインキャッシュ(BCH)のアプデ―トは続き、さらなる利便性の向上が期待されています。

このような点が好感されると、価格上昇への弾みにもなるでしょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後価格が上がらないと予想する3つの理由

ビットコインキャッシュ(BCH)が値上がりすると見る3つの理由を見てみましたが、反対の見方もあります。

今後価格は上がらないという意見です。そう予想する理由が何なのか、やはり3つ挙げてみましょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

規制強化の動き

世界各国では、仮想通貨の規制を強化しようという動きも見られます。

アメリカでは、仮想通貨交換業者に対して、通常の金融機関並みの規制をという方向で進んでいます。

中国では、マイニング業者の締め出しもありました。

このように各国が規制をするのは、詐欺やマネーロンダリング防止という意味合いからですが、仮想通貨取引にとってはマイナスの影響があります。

その結果、仮想通貨全体の価格下落という事態もあり得、ビットコインキャッシュ(BCH)もそのあおりを受けるかもしれません。

ハッキングなどの恐れ

これはビットコインキャッシュ(BCH)だけに当てはまることではありませんが、仮想通貨にはハッキングなどの不正アクセスリスクがついて回ります。

そのリスクから、利用が進まず、需要も下がり、価格下落という事態もあり得るでしょう。

実際に日本の仮想通貨取引所のリキッドが2021年8月19日、ハッカーの攻撃を受けて、仮想通貨資産が流出したと発表しました。

似たような事件が時々起こることから、仮想通貨は常にハッカーの標的にされているといえます。

これを嫌がって、仮想通貨取引に乗り出さないという人が増える可能性があります。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

半減期がある

ビットコインやビットコインキャッシュ(BCH)には、半減期と呼ばれる時期があります。

半減期はマイニングの作業報酬が半分になるということで、マイナーの撤退が進みます。

そうなると、対象の仮想通貨の希少価値が上がり、流通量が少なくなり、価格が上昇するという面もあります。

ただ、半減期ではマイナーが損をするわけですから、その仮想通貨から離れる人も多くなります。

そのため、需要が減り、今度は価格が下がるという場面もあります。

特に半減期を過ぎたあたりから、価格が下がることがよくあるようです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインキャッシュ(BCH)におすすめの仮想通貨取引所4選

これまでの説明で、ビットコインキャッシュ(BCH)に興味が出てきた人もいるでしょう。

では、実際の取引はどこで行えばいいのでしょうか?

ここではビットコインキャッシュ(BCH)におすすめの仮想通貨取引所を4つご紹介しますから、良さそうに思えたらご利用ください。

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin|おすすめ仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 15通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨は15種類で、その中の一つがビットコインキャッシュ(BCH)。

最低取引単位は現物取引で0.01BCH、レバレッジ取引で0.10BCHです。

BitMatch注文では。現物取引が0.1BCHから、レバレッジ取引では1BCHからとなります。

仮想通貨取引手数料、日本円の入出金手数料、仮想通貨をほかの取引所に送る手数料などはすべて無料です。※BitMatch取引手数料を除く

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

Coincheck|おすすめ仮想通貨取引所

コインチェックの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 17通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が取引所では17種類
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは東京都渋谷区に拠点がある仮想通貨取引所です。

設立は2012年8月28日で、2014年から仮想通貨交換業務を開始しました。

公式サイトの説明によると、アプリダウンロード数No.1、取扱仮想通貨数No.1とのことです。

ビットコインキャッシュ(BCH)購入もできます。

アプリダウンロード数がNo.1というだけあって、その使いやすさには定評があります。

初心者でも簡単にビットコインキャッシュ(BCH)などの仮想通貨売買が可能です。

最低購入金額は500円から。手数料は無料です。

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります


\ 最短3分で完了 /

bitFlyer|おすすめ仮想通貨取引所

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:無料〜330円(税込)
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 15通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では15種類と豊富
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

ビットフライヤーは2014年1月9日に設立された東京都港区に本社を構える仮想通貨取引所です。

取扱仮想通貨の種類は15で、そのうちの一つがビットコインキャッシュ(BCH)です。最低1円から購入できます。

販売所の取引手数料は無料で、取引所の方は0.01~0.15%となっています。

そのほか、アカウント作成手数料、アカウント維持手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料なども無料です。

アプリもシンプルな操作画面で使いやすいです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

GMOコイン|おすすめ仮想通貨取引所第

GMOコイン_仮想通貨おすすめ

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 18通貨
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている

GMOコインは東京都渋谷区に本店がある仮想通貨取引所で、設立年月は2016年10月です。

取扱仮想通貨数は18種類で、ビットコインキャッシュ(BCH)も含まれます。

GMOコインにもいくつかの優れた特徴がありますが、まず口座開設までがとても早い。

最短10分で完了し、その後ビットコインキャッシュ(BCH)などの取引ができるようになります。

口座開設と同時にレバレッジ取引も可能です。

各種手数料も無料なのが大きなメリットです。口座開設や即時入金、日本円での出金、仮想通貨の預け入れ・送付のすべての手数料が無料となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)のよくある質問

これまでの説明でビットコインキャッシュ(BCH)についての基本的な情報をだいたい把握できたでしょうが、まだわからない点もいろいろとあるでしょう。

そこでQ&A形式で、4つの質問に答えていきます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は今後も上がる?

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格については、上がるという見方と下がるという見方の両方があります。

双方の見方についてはすでに理由を説明してありますが、需要が増加する期待も大きいです。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのデメリットを解消するために生まれた仮想通貨。

それだけに今後取引に乗り出す人も増えると思われ、価格上昇の可能性があります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がらないという噂は本当?

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がらないという噂もあります。

実際に価格が上がるか下がるかは今後の動きを見るまで分かりませんが、噂が気になるようならば、取引をしないほうがいいでしょう。

国内にビットコインキャッシュ(BCH)が使えるお店はあるの?

日本では実際の取引に仮想通貨を用いる店舗がまだ多くはありませんが、それでもビットコインキャッシュ(BCH)が使えるお店はあります。

実店舗から通販サイトまで数は少ないですが、使えるお店は存在します。

ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期はいつ?

ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期は21万ブロックが新たに生成されるたびです。

前回は2020年4月でしたが、次は2024年ころ、あるいはその少し前あたりだと予想されています。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日