ビットコインを換金する4つの手段を徹底解説!法定通貨に換金すると税金がかかる?

ビットコインを入手したら、どこで現金に換金したらいいんだろう?

ビットコインを換金したら、収益分の税金を支払わないといけないのだろうか?

ビットコインの売買にチャレンジしてみたものの、現金に換金する方法が分からず困ることも多いのではないでしょうか。

自分の使い方に合ったぴったりの換金方法を見つけられるよう、4つのビットコイン換金方法をご紹介します。

ビットコインで利益が出た場合の税金など、換金に関わるさまざまな疑問にも答えているのでぜひ参考にしてください。
ビットコインの換金方法まとめ
  • ビットコインは取引所や専用ATMで換金できる
  • 仮想通貨デビットカードを使えば、ブランド加盟店でビットコインを利用可能
  • ビットコインの換金で得た利益は雑所得して申告が必要
【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインを換金する4つの方法

ビットコインを入手したけど、どうやって日本円に換金すればいいんだろう?

せっかくビットコインを入手しても、換金方法が分からないと収益を得られなかったり、予想外の手数料を支払わなければならなくなったりします。

ビットコインを換金する方法は4つあるので知っておきましょう。

ビットコインの換金方法
  • 仮想通貨取引所で換金する
  • ビットコインATMを利用する
  • バンドルカードを使う
  • 仮想通貨デビットカードを使う

では、それぞれの換金方法について詳しく解説していきます。

仮想通貨取引所で換金する

ベーシックな方法は、取引所で指値を行うことです。

取引所では多くのトレーダーが存在していますが、少しでも安く入手したい買い手と少しでも高く売りたい売り手がいるため、相場の流れを読むのはとても大切です。

相場に比べてあまりにも高い指値に設定すると、誰も購入しないでしょう。

換金したいのに、いつまでもビットコインのまま残されているという状況になりかねません。

取引所で高く売るのは難しい?
取引所での相場は販売所よりも高いため、買い手の指値で換金したとしても販売所よりは高く換金できるようになっています。

販売所でもビットコインを換金できるの?

販売所では誰かが指値で買ってくれるのを待たなくても、確実に換金できます。

しかし、販売所での買取価格は取引所に比べてかなり低いため、収益を得たいなら販売所よりも取引所を利用することがおすすめです。

取引所での換金が難しい場合や、どうしてもすぐに換金しなければならない事情があるときの最終手段として販売所を利用しましょう。
おすすめの国内取引所
  • コインチェックは取引にかかる手数料が無料!


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


ビットコインATMを利用する

ビットコインは専用のATMを使って換金する方法があります。

ただし、日本に設置されている10数台のATMは現在稼働していない可能性もあるので、事前にチェックが必要です。

今後、ビットコインATMが再開すれば現実的な換金方法として使えますが、仮想通貨法の規制に伴い利用しにくい現状にあります。

ビットコインATMでの換金には何が必要?
ATMを使って日本円へ換金するには名前・住所・電話番号の登録と本人確認が必要です。

必要な情報をATMに登録し、送金先のQRコードを読み取らせた後に指定アドレスへビットコインを送金すれば現金が引き出せるようになる仕組みになっています。

ただし、地方にはビットコインATMがなく手数料も2%~10%と高めなのであまりお勧めできない方法です。

バンドルカードを使う

ビットコインなどの仮想通貨市場が発展している昨今、仮想通貨で直接決済できる店舗やサービスが増えています。

特に知名度の高いビットコインをお支払い方法として選べる場所は日々拡大しているので、換金する手間を省けるでしょう。

実店舗でもビットコインって使えるの?

残念ながら実店舗でビットコインを使える場所は限定されているため、バンドルカードを活用する方法がおすすめです。

バンドルカードとは?
Visaブランドに対応しているプリペイドカード。

「円」のかわりにビットコインをチャージして、全国のVisa加盟店で支払いできる便利なカードです。

Visaの加盟店は国内だけでなく世界中に4400万店舗以上あるので、ビットコインを現金に換えなくてもショッピングで自由に使えるでしょう。

ビットコインを手持ちの現金に換えるよりも、バンドルカードにチャージすれば換金が短時間で済むので便利です。

仮想通貨デビットカードを使う

ビットコインをチャージできるカードはほかにもある?

仮想通貨をチャージして、カードとして利用できるデビットカードやサービスは多数あります。

その中でも特に使いやすくておすすめなのは「仮想通貨デビットカード Hcard」です。

Hcardの特徴
  • 年会費無料
  • 本人確認不要
  • 6種類の仮想通貨をチャージ可能
  • Mastercard加盟店で決済可能
  • チャージした仮想通貨を法定通貨として出金可能
  • 最短3日で発行

Hcardは350USDの入会金を支払えば、最短3日で入手できて年会費無料です。

ビットコインはもちろん、ライトコイン・USDT・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュを含んだ6種類の仮想通貨をUSDに振り替えられるのも魅力のひとつ。

Mastercardブランドのデビットカードなので、オンラインショッピングや実店舗の加盟店で利用できます。

ビットコインを換金できる仮想通貨取引所の手数料一覧

取引所 最低申込額 換金手数料 口座への入金手数料
コインチェック 500円 ・販売所:無料
・取引所:無料
一律407円
ビットフライヤー 未公開 ・販売所:無料
・取引所: 0.01 ~ 0.15%
三井住友銀行:220~440円
三井住友銀行以外:550~770円
DMMビットコイン 2,000円 ・販売所:無料
・取引所:無料
無料
GMOコイン 1,000円 ・販売所:無料
・取引所:無料~0.05%
無料
ビットバンク 1,000円 ・販売所:不明
・取引所:不明
3万円未満:550円
3万円以上:770円

*2021年11月24日

ビットコインを換金するには2種類の手数料が関係しています。

取引所や販売所で換金する場合の取引手数料と口座へ日本円として振り込む際の出金手数料です。

ビットコインを売買した際にかかる手数料は販売所と取引所では異なるケースが多いため、注意してください。

例えば、上記の一覧表を見るとビットフライヤーは販売所でビットコインを換金した場合の取引手数料は無料ですが、取引所で指値を提示して売った場合の取引手数料は「0.01%~0.15%」となっています。

ビットコインを換金する際の手数料
  • 手数料は2種類ある
  • 取引手数料と口座への出金手数料がある
  • 取引手数料は販売所と取引所で異なるケースがある

最低出金額や手数料を表にしてマーケットプライスを比較すると、換金に一番おすすめの仮想通貨取引所はbitFlyerだと言えるでしょう。

なぜなら、bitFlyerでは、販売所の取引手数料は無料だからです。

出金先の銀行はどこでも一律407円なのも、他のマーケットプレイスと比べて非常に魅力的でしょう。

おすすめの国内取引所
  • コインチェックは取引手数料が無料
  • 500円分から換金できる
  • 入金手数料は一律407円


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


ビットコインを換金するベストタイミング

ビットコインを買ったはいいものの、どのタイミングで換金したらいいかわからない。

ビットコインは「買って売ればもうかる」という単純な仕組みではないため、換金する良いタイミングを見計らう必要があります。

保有しているだけでは、含み益が出たとしても実際に収益を得ているわけではありません。

換金するタイミングを逃すと?
ビットコインを売るべきタイミングを見逃すと、相場が急変してビットコインの価格が暴落してしまう可能性もあります。

利益を得られたはずのビットコインがマイナスになってしまう恐れがあるので注意しましょう。

ここでは、ビットコインを換金するベストなタイミングを3つご紹介します。

ビットコインを換金するベストタイミング
  •  ビットコインの価格が上昇しているとき
  • 重大ニュースがあったとき
  • あらかじめ決めた価格になったとき

①ビットコインの価格が上昇しているとき

ビットコインを換金する理想のタイミングは、ビットコインの価格が上昇しているときです。

もっとも高くなったタイミングを見計らって、高い指値で売りましょう。

でも、どうやったら天井値でビットコインを換金できるの?

いつ、「ビットコインの価格が最も高くなるのか」をリアルタイムで知ることは不可能でしょう。

「まだ上がると思っていたら下落してしまった」という経験を重ねている投資家は少なくありません。

ビットコインを換金するタイミングはここ!
ビットコインの価格が十分に上昇し、そろそろ天井の高値だと判断した時。

もっと値上がりするかも…と考えて損をするより、早々と利確して換金したほうが良いのです。

②重大ニュースがあったとき

ビットコインに関連する重大ニュースが発表されたときは、大きく値動きする可能性が高いです。

そのニュースが重大であればあるほど、それに比例して価格の上昇幅が大きくなることも。

重大ニュースが発表された時点で素早く利確できるよう、仮想通貨に関するニュースを日々チェックしておくことも大切です。

③あらかじめ決めた価格になったとき

ベストタイミングで換金する最も簡単な方法としては、自分であらかじめ決めた価格になったときです。

購入時にテクニカル分析などを取り入れて価格予想を行い、換金するときの価格をいくらにするかを決めておくと、価格変動に惑わされることがなくスムーズでしょう。

併せて期間も決めておくとより良いです。

ビットコインを換金するタイミングはここ!
購入時に換金するまでの価格と期間を決めておくとタイミングを逃さない。

ビットコインを換金するとかかる税金って?

ビットコインの取引で収益が出ると、税金を支払わないといけないって本当?

初めて仮想通貨にチャレンジした人の中には、税金について理解せずに収益を出してしまったケースも多々あります。

ビットコインに限らず、仮想通貨の取引で一定の利益を上げた場合は確定申告が義務付けられています。

仮想通貨の税区分は?
2017年に国税庁が公表した税区分によると、仮想通貨で得た利益は雑所得として申告します。
雑所得の税率と控除額
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円~ 45% 4,796,000円

もし、ビットコインで年間4,000万円以上稼ぐと45%は税金として徴収されてしまうので注意してください。

ビットコインを換金する時によくある質問

ビットコインの換金についてなんとなくわかったけど、少し不安が残る…。

このように感じている方のために、ビットコインを換金する際によく聞かれる質問についてお答えしましょう。

日本円や海外の法定通貨に換金する方法や注意点について触れていますので、気になっている質問があればぜひチェックしてみてください。

ビットコインを法定通貨に換金したい場合はどのような方法がありますか?

ビットコインを日本の法定通貨、つまり円に換金する方法は主に2種類です。

ビットコインを法定通貨に換金する方法
  • マーケットプレイスの取引所で売る
  • ビットコインATMを利用する

コインチェックやGMOコインなど、仮想通貨マーケットプレイスの取引所でビットコインを売却すれば、日本円を出金できます。

販売所と取引所の2種類がありますが、できるだけ高くビットコインを売りたいなら取引所で相場に則った指値を提示することがおすすめです。

注意
ビットコインATMもビットコインを売却して法定通貨を受け取る一つの手段ですが、国内の専用ATMは現在利用できません。
おすすめの国内取引所
  •  コインチェックは取引手数料が無料!
  • 口座への出金手数料は一律407円


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


ビットコインを海外の法定通貨に換金する場合はどのような方法がありますか?

ビットコインを海外の法定通貨に換金したい時におすすめの方法は、現地に設置されているビットコインATMを利用することです。

2021年10月時点で、全世界に29,000台以上の仮想通貨ATMが設置されています。

たとえば、アメリカに設置されているビットコインATMを利用してビットコインを売却すれば、アメリカの法定通貨であるUSDを受け取れるのです。

ビットコインを海外送金はできる?

法定通貨は銀行を介して海外送金すると、着金までに数日かかるうえに数千円の手数料が発生するのに対して、ビットコインは手数料無料で送金できます。

しかし、ビットコインを現地の法定通貨として受け取りたいのであれば、やはりビットコインATMの利用が必要になるでしょう。

ビットコインを法定通貨に換金する際に気をつけることはありますか?

ビットコインは今注目されている仮想通貨ですが、実際に取引を始めたり換金したりする前に知っておきたい注意点があります。

ビットコインの換金に関する注意点
  • 利益が発生すると雑所得として申告・課税対象になる
  • サービスによっては換金できない
  • 手数料がばらばらで分かりにくい

ビットコインを法定通貨に換金すると、利益を得ることになります。

もし、100万円のビットコインを購入し、価格上昇後に110万円で売却した場合に換金すると10万円の利益が発生しています。

仮想通貨の売買で得た利益は雑所得ですので、課税対象です。

取引所によってサービス・手数料は違う?
仮想通貨マーケットプレイスによって、取引できる仮想通貨の種類や手数料が異なります。

販売所と取引所で取引可能な銘柄が違う場合もあるので注意しましょう。

ビットコインを利用するときには、法定通貨に換金できるお得な方法があるかどうかをチェックしてください。

出金手数料や、取引所・販売所での売買手数料はマーケットプレイスによって大きく違うので、出来るだけ無料で利用できるところを探すようにおすすめします。

おすすめの国内取引所
  • コインチェックは売買手数料がすべて無料です
  • 出金手数料は一律407円
【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です