仮想通貨の種類まとめ一覧|おすすめ銘柄・違い・将来性で厳選【2021年最新】

仮想通貨の種類が多すぎ!

仮想通貨の種類って何が違うの?おすすめは?

と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、将来性のある仮想通貨の種類を選ぶことはすぐにできます!

この記事では、仮想通貨の種類や、将来性が期待できるおすすめの仮想通貨の銘柄を厳選一覧を紹介します。

さらに、今後価格が伸びそうな投資先を見極めるコツを押さえて安心した取引が行えるよう一緒にチェックしていきましょう。
仮想通貨の種類まとめ
  • 今おすすめの仮想通貨は『ビットコイン
  • 500円からビットコインが買える『コインチェック』が人気

\ 最短 即日 で取引開始! /

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

仮想通貨の種類って?違い・分類別に解説

仮想通貨の種類は6,000以上|違いは?分類別に解説

仮想通貨ってたくさん種類があるなかで、どういった違いがあるのでしょうか。

仮想通貨の種類の違いを分類別に詳しく解説していきます。

仮想通貨の種類とは?
  • 仮想通貨(暗号資産)とは、実態のないデジタル通貨のこと
  • 仮想通貨の種類は、『ビットコイン』と『アルトコイン』に分類することができる。
  • 全ての仮想通貨の種類は、2021年時点で1000種類以上がある

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやり取りされるデジタル通貨と呼ばれるものです。

円やドルなど法定通貨のように国が主体となってコントロールするものとは対照的に、銀行や金融機関といった第三者を通さず、主にインターネット上での取引に用いられます。

仮想通貨は、国や特定の機関によって発行されず*不特定多数の個人がマイニングをすることによって発行されます。

国や特定の機関が管理をしていないため、国を超えた送金を格安かつ迅速にできるなどのメリットがあり、その価値が注目されつつあるのです。

*一部を除く

仮想通貨の違い・分類

仮想通貨は大きく「ビットコイン」と「アルトコイン」の2種類に分類されます。

ビットコインとは、2008年にサトシ・ナカモトという人物がインターネット上で公表した論文によって提唱され、2009年に運用が開始された仮想通貨を代表する銘柄です。

アルトコインとは、ビットコイン誕生後に作られたビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

主にビットコインを基盤に作られていますので、根本的にはビットコインと変わりません。

アルトコインの中でも、知名度が低く取引量も少ない仮想通貨は『草コイン』と呼ばれます。

仮想通貨の種類を選ぶ3つのポイント

仮想通貨の種類を選ぶ3つのポイント

2021年10月21日現在、仮想通貨は6600種類以上の銘柄が存在しています。

こんなにたくさんの銘柄からどうやって価値のあるものを選べばいいの?となかなか投資に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨を選ぶのに押さえておくべき3つのポイントをご紹介します。

仮想通貨の種類を選ぶポイント
  • 取引所で取り扱われているか
  • 将来性に期待が持てるか
  • 値動きの小さいものから選ぶ

仮想通貨の種類を選ぶポイント①取引所で扱われてるか

まず1つ目は、取引所で扱われている銘柄であるかが大切なポイントです。

仮想通貨取引所によっては、取り扱っているものと取り扱っていないものがあります。

初心者はまず仮想通貨取引所から取引する必要があるため、投資したい銘柄が取引所で取り扱われているかを確認しましょう。

仮想通貨の種類を選ぶポイント②将来性に期待が持てるか

2つ目に、将来性が期待できるかをチェックします。

単純に時価総額の高いものがいい仮想通貨とは限りません。

投資先としてセキュリティ対策などの信頼性があるか、コミュニティは活発で情報共有がなされているか、技術的に優位性があるかなど、価格が伸びるだけの根拠を見極める必要があります。

現在さほど大きく伸びていない銘柄であっても、開発されている技術から将来性を見込んで投資することも、仮想通貨の投資における大きな魅力のひとつです。

仮想通貨の種類を選ぶポイント③値動きの小さいものから選ぶ

3つ目は、値動きの幅が小さいものから選ぶことです。

初心者が一番注目するのは評価損益です。

仮想通貨を始めて間もないと、投資先の値動きが気になり、購入した後にどのくらい増減があるのか気になって、常に携帯をチェックしてしまう傾向にあります。

そうすると、だんだん精神的負担が大きくなり、冷静な判断ができない状況に陥ってしまいます。

まずは値動きの小さいものを選び、少額から無理なくスタートしていきましょう。

心に余裕を持って取引を行うことが、トレードで勝つことへの第一歩につながります。

おすすめ仮想通貨の種類 厳選17選

次に来る?!種類別・仮想通貨おすすめ銘柄【将来性で厳選】

仮想通貨を選ぶポイントをふまえた上で、将来性で厳選した仮想通貨のおすすめ銘柄を紹介します。

億り人を目指せるチャンスが十分ありますので、しっかりチェックしていきましょう。

仮想通貨の種類一覧
  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. リップル
  4. ビットコインキャッシュ
  5. ライトコイン
  6. ステラルーメン
  7. イーサクラシック
  8. ネム
  9. ベーシックアテンショントークン
  10. クアンタム
  11. オーエムジー
  12. モナーコイン
  13. アイオーエスティー
  14. リスク
  15. ファクトム
  16. エンジンコイン

ビットコイン

ビットコイン_仮想通貨の種類

ビットコインは、最初に作られた仮想通貨です。

現在作られているアルトコインは全てビットコインを基に作られています。

金融システムのような中央集権的な管理とは対照的に、分散型台帳と呼ばれる、台帳をネットワーク上で分散させて管理する方法を取っています。

円やドルなど国の管理に縛られず全世界共通の通貨であることから、国際的な支払いや送金手段として利用されています。

ビットコインは仮想通貨の中でも最初に作られたものであり、知名度も高く、安定していることから初心者が始めやすい銘柄としておすすめです。

また、ビットコインは決済通貨としても発展しており、実際の通貨として利用できる店舗があることからも、将来わたしたちの日常に普及していく可能性が十分にあります。

通貨単位 BTC
発行上限枚数 2100万枚
特徴 国際決済に特化
時価総額ランキング 1位(約139兆円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2009年1月3日

*2021年10月21日 現在

ビットコインを購入するなら、『コインチェック』がおすすめです。

コインチェックなら、取引手数料がかからず低コストで取引ができる販売所タイプでビットコインを購入できるほか、

500円からビットコインを購入できるので、まずはちょっと保有してみたい・練習してみたい

という方にも人気を集めています。

\ 最短 即日 で取引開始! /

イーサリアム

イーサリアム_仮想通貨の種類

イーサリアムでは、スマートコントラクト(自動契約技術)を導入し、あらゆる取引がブロックチェーン上で実行できるため、コストを抑えつつ、改ざんが不可能なプログラムでの取引で持ち逃げなどの不正からも守られるといったメリットを兼ね備えています。

イーサリアムは定期的にアップデートを行い、常に改良を進めています。今後もアップデートを進めることで、多くの技術者が開発に携わり、市場価値も上がっていくと予想できます。

通貨単位 ETH
発行上限枚数 上限なし
特徴 スマートコントラクトを実装
時価総額ランキング 2位(約56兆円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2015年7月30日

*2021年10月21日 現在

ビットコインとの価格連動性が高いイーサリアムを取引するなら『コインチェック』がおすすめです。

\ 最短 即日 で取引開始! /

リップル

リップル_仮想通貨の種類

リップルは、アメリカを拠点にした「Ripple Inc」という会社で管理・運営が行われている通貨の決済や送金に特化した仮想通貨です。

ビットコインをはじめ多くの仮想通貨が使用しているブロックチェーンなどの非中央集権型とは異なり、金融のように中央集権型が使用されています。

リップルは2つの異なる通貨を通した送金が低コストかつ短時間で行われる特徴から、「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。

国際送金に特化していることからも、RippleNetというリップルのブロックチェーン技術を各国の金融機関に導入する動きがあります。

イングランド銀行など、国の中央銀行が採用していることからも、世界が注目していることが伺えます。

通貨単位 XRP
発行上限枚数 1000億枚
特徴 2通貨間の送金に特化
時価総額ランキング 7位(約6兆1,300億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2012年9月

*2021年10月21日 現在

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ_仮想通貨の種類

ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生した仮想通貨です。

ビットコインは取引者数増加により、データがブロック内に格納できず送金遅延が起こるという「スケーラビリティ問題」が深刻化していました。

これを解決させるためにハードフォーク(分裂)されて誕生したのがビットコインキャッシュといわれています。

ハードフォークされたビットコインキャッシュは、ブロックサイズと呼ばれるデータ容量がビットコインの32倍まで拡充され、ビットコインの機能を大きく上回っています。

現在では各国でビットコインキャッシュを決済通貨として利用可能な店舗が増えてきており、ビットコインキャッシュの需要拡大による価格上昇も期待できるのではないでしょうか。

通貨単位 BCH
発行上限枚数 2100万枚
特徴 ハードフォークを繰り返し、機能面向上を図っている
時価総額ランキング 18位(約1兆3,800億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
発行開始日 2017年8月1日

*2021年10月21日 現在

ライトコイン

LTC_仮想通貨の種類

ライトコインは、元Google社員であるCharlie Lee氏が公開したアルトコインです。

ビットコインよりもトランザクション完了まで速く、より安い手数料で決済できることが特徴です。

2020年末、大手決済サービスのペイパルが仮想通貨市場に参入したことで、仮想通貨がアメリカ市場に認められたと大きな盛り上がりを見せました。

ライトコインにも大きく影響し、その将来性を見込まれペイパルに決算手段として導入されアメリカでサービスが開始されています。

通貨単位 LTC
発行上限枚数 8400万枚
特徴 決済通貨など実用化重視
時価総額ランキング 13位(約1兆6,300億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2011年10月

*2021年10月21日 現在

ステラ・ルーメン

ステラルーメン_仮想通貨の種類

ステラルーメンは、Stellar Development Foundation(SDF/ステラ財団)という非営利団体が開発、管理・運営を行っている中央集権型の仮想通貨です。

リップル開発者が中心となっており、個人間の送金をスムーズに行うことを目的に開発されました。

国際送金を低コストで行う利便性だけでなく、決済スピードの速さにも定評があることから、IBMや大手送金会社のTEMPOなど大手企業とも提携しており、注目が集まっています。

通貨単位 XLM
発行上限枚数 1兆枚
特徴 中央集権的
時価総額ランキング 22位(約1兆800億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン(取引所のみ)
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2014年7月

*2021年10月21日 現在

イーサクラシック

イーサクラシック_仮想通貨の種類

イーサクラシックは、イーサリアムから分裂した仮想通貨です。

「THE DAO事件」と呼ばれるハッキング事件を機にイーサリアムへ不信感を抱いたことで誕生したといわれています。

イーサリアムと異なる点としては、セキュリティ強化によりIoTプラットフォームを意識した開発が行われています。

今後マーケット拡大が見込まれるIoT分野が発展することで様々な可能性が広がるのではないかと注目が集まっています。

通貨単位 ETC
発行上限枚数 約2億1000万枚
特徴 イーサリアムより分裂し非中央集権的対応
時価総額ランキング 30位(約8,330億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン(レバレッジ取引のみ)
・ビットフライヤー
・コインチェック
発行開始日 2016年7月20日

*2021年10月21日 現在

ネム

ネム_仮想通貨の種類

ネム(NEM)は正式名称「New Economy Movement」の頭文字からきています。

EigenTrustと呼ばれるセキュリティの仕組みを改良したものを採用しており、仮想通貨の中でもセキュリティが強固となっています。

さらに、ネム(NEM)はブロックチェーン上に独自トークンを発行できることから開発者から高い評価を得ています。

また、「mijin」というネム(NEM)独自の技術を使ったブロックチェーンにも注目が集まっており、物流管理、医療などあらゆる分野でこの「mijin」が利用されています。

2020年1月にネムの大型アップデートによって誕生した新ブランド「シンボル(XYM)」が発表され、2021年10月現在、複数の取引所で付与が開始され、多くの投資家の間で盛り上がりを見せています。

処理速度の更なる進化や実用性のアップなど今後期待される要素が多い仮想通貨となっています。

通貨単位 XEM
発行上限枚数 89億9999万9999枚
特徴 決済通貨として受け入れている店舗がある
時価総額ランキング 72位(約1,820億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン(レバレッジ取引のみ)
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
発行開始日 2015年3月

*2021年10月21日 現在

ベーシック アテンショントークン

ベーシック アテンショントーク_仮想通貨の種類

ベーシックアテンショントークンは、Webブラウザを提供するbrave社が開発した独自トークンで、Webブラウザ「brave」を利用することで通貨が付与されます。

braveは広告やトラッカーをブロックできる機能があり、プライバシー保護の観点からユーザーに支持を得ています。

ただし、日本では規制がかけられており、仮想通貨を直接受け取ることができず、「BATポイント」として付与されています。

BATの使い道としては投げ銭という方法があります。

クリエイターの活動や作品を応援したい場合にこの機能を使うことで、運営者への支援となります。

Youtubeと連携しているため、Youtube内の動画コンテンツに対しても使うことができます。

今後、braveの利用者が増加することや仮想通貨の使い道が増えるなどするとさらに魅力が増していくのではないでしょうか。

通貨単位 BAT
発行上限枚数 15億枚
特徴 Web広告を発注するユーザーの課題解決のために生まれた仮想通貨
時価総額ランキング 99位(約1,200億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン(レバレッジ取引のみ)
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2017年5月

*2021年10月21日 現在

クアンタム

ファクトム_仮想通貨の種類

クアンタムは、ビットコインの安定性とイーサリアムのスマートコントラクト機能を採用し、それぞれの長所を両立させた仮想通貨です。

ライトウォレットという自身が必要な分のブロックチェーンだけをダウンロードすることができる機能によって、ストレージが軽く、素早く取引記録をダウンロードが可能なことからビジネス全般に有効であると注目されています。

そのため、GoogleやAmazonといった大手企業との連携も行っており、将来性も期待できます。

通貨単位 QTUM
発行上限枚数 1億枚+毎年1%追加発行
特徴 ビットコインの安定性とイーサリアムのスマートコントラクトを両立
時価総額ランキング 82位(約1520億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン(レバレッジ取引のみ)
・GMOコイン
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2016年12月19日

*2021年10月21日 現在

オーエムジー

オーエムジー_仮想通貨の種類

オーエムジーは、イーサリアムを基盤として開発され、処理速度が速く低コストであることが特徴です。

セキュリティ対策としてMinimal Viable Plasma (MVP)を採用しており、イーサリアムと同等の安全性を確保しています。

オーエムジーは元々バイナンスなどの海外取引所でしか取り扱いがありませんでしたが、2020~2021年の間に4つの国内取引所で新規上場を果たしました。

今後上場先が増えれば、価格の高騰も期待できます。

通貨単位 OMG
発行上限枚数 1億4029万5398枚
特徴 低コストで強固なセキュリティ対策
時価総額ランキング 61位(約2440億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン(レバレッジ取引のみ)
・GMOコイン
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2017年7月

*2021年10月21日 現在

モナーコイン

モナーコイン_仮想通貨の種類

モナーコインは、日本発祥の仮想通貨です。

日本国内匿名巨大掲示板「2ちゃんねる」のソフトウェア版において開発が発表されました。

モナーコインはニコニコ動画やpixivのクリエイターに対し投げ銭として利用されています。

モナーコインは新しく上場することで取引数が増えることで価格上昇の傾向があるため、今後新たに取引所が追加されたり、海外取引所へ上場すれば価格のさらなる上昇が見込めるのではないかと考えます。

通貨単位 MONA
発行上限枚数 1億512万枚
特徴 日本初の仮想通貨
時価総額ランキング 428位(約110億円)
取り扱い取引所 ・DMMビットコイン(レバレッジ取引のみ)
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク
発行開始日 2014年1月1日

*2021年10月21日 現在

アイオーエスティー

IOST_仮想通貨の種類

アイオーエスティーは、シンガポールのIOST財団によってブロックチェーンを活用したサービスの普及を目的として作られた仮想通貨です。

送金スピードが速く、決済処理もクレジットカードの2倍の処理速度で行われていることから、決済や送金のサービスに用いる仮想通貨として注目されています。

アイオーエスティーは、2021年9月に海外取引所として有名な「OKCOIN」に上場しました。

国内取引所でもコインチェックでしか取り扱いがありませんが、今後様々な取引所に新しく上場していくのではないでしょうか。

通貨単位  IOST
発行上限枚数 900億枚
特徴 dAppsを構築するプラットフォームとして役割を担っている
時価総額ランキング 105位 (約1070億円)
取り扱い取引所 ・コインチェック
発行開始日 2019年2月25日

*2021年10月21日 現在

リスク

リスク_仮想通貨の種類

リスクは、リスク財団によって開発・運営が行われている仮想通貨で、プログラミング言語にJavaScriptを採用しているのが特徴です。

多くのプログラマーに馴染みがある言語であることから、ブロックチェーン技術を活用したサービスの開発に、リスクのプラットフォームを使うことで開発が比較的容易になるのではないかと考えられています。

今後、リスクのプラットフォームを世界のプログラマーやエンジニアが活用する機会が増えると、リスクの価格も上昇する可能性があります。

通貨単位 LSK
発行上限枚数 上限なし
特徴 プログラミング言語にJavaScriptを採用
時価総額ランキング 146位(約510億円)
取り扱い取引所 ・ビットフライヤー
・コインチェック
発行開始日 2016年5月24日

*2021年10月21日 現在

ファクトム

ファクトム_仮想通貨の種類

ファクトムは、第三者を介さず複数のネットワーク参加者による分散型管理プラットフォームや電子データの管理を目的に開発された仮想通貨です。

医療記録の一括管理や、住宅ローンのデータ管理を目的とした開発が進められています。

情報漏えいを低減しながら、利用者に簡単で安心できるプロジェクトであることから、今後重要な書類管理体制が必要とされる金融取引や公文書など、幅広い分野で利用できるのではないかとビジネスの世界で注目を集めています。

通貨単位 FCT
発行上限枚数 上限なし
特徴 分散型管理プラットフォーム
時価総額ランキング 935位(約170億円))
取り扱い取引所 ・コインチェック
発行開始日 2015年9月

*2021年10月21日 現在

エンジンコイン

エンジンコイン_仮想通貨の種類

エンジンコインは、「Enjin Platform(エンジンプラットフォーム)」というオンラインゲーム上で使用できる仮想通貨です。

昨今、プロゲーマーが認知され、eスポーツが年々盛り上がりを見せており、ゲームで資産を稼ぐことも可能な時代となっています。

エンジンコインはNFT(非代替性トークン)が作成可能であり、Enjin Platform上のエンジンコインを通して、他のオンラインゲーム内のキャラクターやアイテムを取引できるこから、すでに35種類以上のオンラインゲームでエンジンコインが利用されています。

アメリカのマイクロソフトや韓国のサムスンなど大企業との提携や人気ゲームのリリースもあり、今後期待される仮想通貨として注目されています。

通貨単位 ENJ
発行上限枚数 10億枚
特徴 オンラインゲーム上で使用できる
時価総額ランキング 75位(約1,750億円)
取り扱い取引所 ・GMOコイン
・コインチェック
発行開始日 2017年11月

*2021年10月21日 現在

仮想通貨の種類によくある質問

仮想通貨は何種類ある?

2021年現在、世界で取り扱われている仮想通貨は、『 14,947種類』にまで達しています。

約15,000種類のうち、国内で取引が認可されている仮想通貨は『13種類』です。

国内で取引ができる仮想通貨の種類は、金融庁が一定の安全性と信頼性が高いと認めた銘柄のみとなっているため

初心者の方はまず国内で取り扱われている仮想通貨の種類を購入することがおすすめです。

今一番おすすめな仮想通貨はどのコイン?

おすすめな仮想通貨は『ビットコイン』です。

ビットコインは、仮想通貨誕生以来、市場を牽引する仮想通貨の王様と呼ばれ

世界中の投資家に保有されています。

ビットコインには、今や個人的な投資家だけでなく、世界的な銀行や国が決済手段として導入する動きが見られるため

今後も引き続き一番おすすめな仮想通貨の座はビットコインが占有するでしょう。

仮想通貨はいくらから始められる?

仮想通貨は500円もあれば始めることができます。

取引所によって購入できる基準が異なりますが、多くは『0.0001BTC〜500円分』という水準となっています。

コインチェックなら、時価総額に関わらず500円から仮想通貨取引を始めることができます。

仮想通貨の種類まとめ

仮想通貨は実に多くの種類があることが分かりました。

しかし、多くの通貨はまだ未熟で流通額も少ないことなどから、価値が低いものが多いです。

だからこそ将来的に価格が上がれば大きな利益になる可能性があります。

この記事では、すでに仮想通貨としての価値が安定している通貨から、徐々に価値が上昇している注目度の高い通貨をメインに紹介しています。

ぜひあなたの注目の通貨を見つけてみてくださいね。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です