仮想通貨・ビットコインが暴落する原因・理由を徹底解明!|過去の出来事から今後の対策方法まで紹介

仮想通貨が暴落する原因って?

仮想通貨が暴落する可能性はある?

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

結論から言うと、仮想通貨が暴落する可能性はあります。

ただし、原因や理由はさまざまあり今回は仮想通貨が暴落する原因や理由、今後の注目ポイントなどについて詳しく紹介していきます。

この記事の要点
  • 仮想通貨が暴落する原因は「仮想通貨の規制」「株式市場や為替市場の暴落」「著名人の発言」「大量売却」などが挙げられる
  • 過去に倍暴落した情報を確認することで今後の分析に活かせる
  • 仮想通貨暴落のために「情報収集をする」「ポートフォリオを見直す」「売買するアルトコインを決める」などの対策を取る
  • おすすめの仮想通貨取引所は「DMMビットコイン」
  • 仮想通貨は、ボラティリティが高く短期間で利益が得やすいため、チャンス時のために口座開設がおすすめ

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

仮想通貨が暴落する原因・理由

まずは仮想通貨が暴落する原因と理由について紹介していきます。

仮想通貨の規制

仮想通貨が暴落してしまう原因の一つとして、アメリカや中国などの大国による仮想通貨の規制があります。

仮想通貨は大国の影響を受けやすく、規制が強化されてば仮想通貨の需要が減少して価値は下がりやすくなってしまいます。

実際に過去に中国で仮想通貨の交換業者運営が禁止になった時には、ビットコインの価格が約3日にして30%ほど減少しました。

このように、アメリカや中国などの規制が厳しくなればなるほど仮想通貨は暴落しやすいです。

ただし、基本的に仮想通貨全体の需要は高いため、長い目で見ればそこまで気にする必要もないと言えるでしょう。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

株式市場や為替市場の暴落

仮想通貨は株式市場や為替市場の暴落の影響も受けやすいです。

例えば、2021年にコロナウイルスが世界的に蔓延し、オミクロン株が発見された時には株式や為替市場が急落しましや。

この時に仮想通貨の一つであるビットコインも1日で約80万円程度暴落しています。

このように、市場の影響によっても仮想通貨は暴落してしまう可能性が高いため、注意が必要です。

著名人の発言

仮想通貨は著名人の発言が影響して価格が暴落する可能性も高いです。

特に機関投資家や大企業の動向で価格が大きく下落することもあります。

例えば、2021年に大手米電気自動車メーカーテスラのイーロン・マスクがSNSで「テスラ車のビットコインによる購入を認めない方針」と発言したことにより、投資家達がビットコインを大量売却したことがきっかけで大きく下落しました。

実際にイーロン・マスク氏がビットコインを売却することはありませんでしたが、影響を受けていることは事実です。

しかし、逆に著名人の発言が影響して大きく価格が上昇することもあるため、注目しておきたいポイントです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

大量売却

仮想通貨は株式やFXのように規模が多くないため、仮想通貨大量売却が起きると一気に価格が下落してしまいます。

大量売却による影響は大きく、実際に約700万円から320万円程度まで大暴落した記録もあります。

ビットコインは4年に1度半減期が発生する

仮想通貨の中で時価総額が最も高く、知名度もあるビットコインは4年に1度半減期が発生するとされています。

ビットコインにはマイニング報酬が低減する仕組みである「半減期」が組み込まれています。

半減期は4年に1度の間隔で発生し、直近の半減期は2024年の予定になっています。

過去3回の半減期は一旦天井を迎えてから大きく下落しています。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

過去に発生したビットコインの大暴落

続いて、過去に発生したビットコインの大暴落について振り返りましょう。

過去に事例や暴落の原因を把握することで、今後の相場予測に非常に役立ちます。

※参照:「DMM Bitcoin

過去に発生したビットコインの大暴落の事例

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

2017年1月

2017年1月にはビットコインの価格が約30%ほど下落する出来事がありました。

暴落の原因は中国が暗号資産交換所に対して警告を行ったことだと言われています。

この時の政府は暗号資産の規制を強くする意向を示しており、取引停止させる事件もあったことから、ビットコインの価格が大きく値崩れしました。

投資家たちは再びビットコインの価格が落ちると予測し、一気に売却に至ったことからこのような結果となりました。

2017年9月

2017年9月にはビットコインの価格が約30%ほど下落しました。

この時に下落した原因も中国政府による暗号資産の規制だと言われています。

中国が本格的に暗号資産取引を禁止し、大きく規制されて結果的に再びビットコインの価格が大きく下落しました。

2018年1月

2018年1月にもビットコインの価格が1週間で約36%ほどかあっくが落ちました。

この時の原因は2017年12月から続いていた暴騰により、投資家達の多くが利益を確定する動きが強まったことだとされています。

その他にも、韓国で暗号資産交換所の全面禁止の発表があったことも影響していたとされています。

実際は韓国政府の誤情報でしたが、間違った情報だとしてもビットコインの価格が急落していたことは事実です。

そのため、暗号資産の価格が上がるか下がるかを予測するためには、ニュースなどで常に新しい情報を集めることが重要となります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

2019年9月

2019年9月にもビットコインの価格が大きく急落しました。

この時の原因はBakkt(バックト)社や原因不明のハッシュレート急落の原因が特定されていないこととされています。

市場の反応が限定的だったということもあり、ビットコインの価格が急落した可能性が高いとされています。

2019年10月

2019年10月にもビットコインの価格が大きく急落しました。

この時の原因はブロックチェーンで使われている暗号技術が破られたり、ハッシュパワーが独占される可能性があるのではないかという不安から価格が一時的に急落しまた。

2020年3月

2020年3月には新型コロナウイルスの影響から数日でビットコインが大幅に急落しました。

投資家たちが保有しているビットコインを現金化しようという動きが活発になりなったことが影響したとされています。

2021年5月

2021年5月にもビットコインの価格は急落しました。

2021年5月にはアメリカのステラ社ビットコインを使った決済を中止することを発表し、ビットコインのマイニングの取引が制限されたことから、価格が急落しました。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

仮想通貨暴落に備えるためのポイント

ここでは、仮想通貨暴落に備えるためのポイントについて紹介します。

情報収集をする

現在仮想通貨関連のニュースが日々飛び交っている状態です。

これらのニュースは仮想通貨の相場に大きな影響を与えるため、常にチャックしておく必要があります。

ニュースの内容が直接仮想通貨の暴落に繋がることもあれば、著名人の発言が影響して急落する可能性もあります。

逆に仮想通貨の価格が大幅に上昇することもあるため、仮想通貨関連のニュースなどは常に情報収集しておくことが重要なポイントです。

日頃から情報収集をしていれば暴落をある程度予測して自分の資産を守ることもできます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

ポートフォリオを見直す

ポートフォリオを見直すことも重要なポイントです。

仮想通貨は株式やFXの相場と比べても値動きが激しいため、初心者はいきなり大金を投資しないようにしてください。

また、一つの通貨だけでなくさまざまな通貨に投資をすることで、リスク分散ができ損失を抑えることも可能です。

売買するアルトコインを決めておく

仮想通貨が暴落すると言っても、全ての仮想通貨が暴落するわけではありません。

もちろん、ビットコインなどは他の通貨が急落すると影響を受けがちですが、さまざまなアルトコインに分散投資を行うことで仮想通貨暴落に備えることができます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

仮想通貨暴落時の対処方法

ここからは、仮想通貨暴落時の対処方法について紹介します。

仮想通貨暴落時の対処方法

損切りをする

仮想通貨の価格が暴落した場合、すぐに日本円に交換したりなどの損切りをすることで暴落起きた時に大幅に値崩れする危険性を防ぐことができます。

特に、短期間の売買を繰り返して利益を狙う投資方法の場合には損切りのタイミングや目安をあらかじめて決めておくことで大幅に損失が出てしまうリスクを避けることができます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

買い増しをする

自分が保有している仮想通貨の価格が暴落すれば、大きな損失になってしまうため焦ってしまいますよね。

ですが、長期的な成長に期待をしている場合はすぐに損切りをする必要もなく、むしろチャンスになる可能性もあります。

価格が大幅に急落している時に仮想通貨を購入しておけば今後の値上がりで得られる利益が大きくなるため、利益を出せるチャンスになります。

そのため、長期保有の利益を狙っている人はいきなり仮想通貨が暴落しても気にせずに、冷静に判断することが大切です。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

空売りをする

仮想通貨の暴落には空売りをして対策することも重要です。

空売りは売りの注文から入り、価格が下がった時に買い注文することで差額が利益になるという仕組みです。

レバレッジ取引は空売りを活用することで価格暴落時でも利益に変えることができるため、おすすめの方法です。

ただし、レバレッジ取引は自分の資産以上の取引を行うため、逆に損失が出た場合はリスクが高くなりますのであくまでも余剰資金で取引を行うようにしてください。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

仮想通貨取引におすすめの仮想通貨取引所5選

ここからは、仮想通貨取引におすすめの取引所を5つほど紹介します。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM ビットコイン

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(5.0)
DMM ビットコインおすすめポイント
  • アルトコイン国内No.1
  • 最短1時間後に取引が可能
  • 豊富なトレードサービスを用意

DMM ビットコインはDMMグループが運営している仮想通貨取引所です。

直感的に操作できる取引ツールとなっているため、初心者でもアプリで簡単に取引をすることができます。

また、DMM ビットコインは日本円の入出金の手数料も発生しないため、無駄なコストをかけることなく仮想通貨取引をすることも可能です。

自分が預けている資産はDMMの口座とは別の場所に保管されているため、セキュリティ体制も充実しています。

取引銘柄数 14種類
各種手数料 取引手数料:無料※BitMatch取引手数料を除く

入金・出金手数料:無料

送金手数料:無料

レバレッジ手数料:0.04%

セキュリティ 顧客資産との分別

オフラインウォレット

2段階認証

生体認証

不正アクセスの監視

マルチシグ対応

SSL化

取引形態 販売所形式

レバレッジ取引

最低取引金額 0.0001BTC

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ベーシックアテンショントークン(BAT)モナコイン(MONA)ステラルーメン(XLM)ネム(NEM)ライトコイン(LTC)イーサリアムクラシック(ETC)ビットコインキャッシュ(BCH)クアンタム(QTUM)オーエムジー(OMG)テゾス(XTZ)エンジンコイン(ENJ)

ホームページは分かりやすく、日本人なりの考え方と論理性で構成されているような気がします。手数料0円などのお得なキャンペーンがよく行われており、サービスが充実しているなと思います。苦情や相談に関しては電話できるので安心感もあります。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。

引用:「みん評

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

コインチェック(CoinCheck)

コインチェックの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)
コインチェックおすすめポイント
  • 取扱い通貨数が国内最大級
  • 取引画面が見やすい
  • 安全のセキュリティ対策

コインチェックは東証一部に上場しているマネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

取引できる通貨はビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨をはじめ17種類取り扱っています。

入出金手数料はかかってしまいますが、ビットコインであれば数百円前後で購入することができ、サポート体制も充実しています。

また、取引ツール・アプリは初心者でも使いやすく、ダウンロード数はNO.1になっている点も魅力です。

取引銘柄数 17種類
各種手数料 取引所:無料

販売所:無料

入金手数料:無料(コンビニ・クイック入金は770円~1,018円)

出金手数料:407円

スワップ手数料:約定金額(円)×0.04%~0.50%

セキュリティ コールドウォレット

2段階認証

SSL暗号化

取引形態 取引所形式

販売所形式

最低取引金額 取引所:0.005BTC以上 かつ 500円(相当額)以上

販売所:500円(相当額)以上

ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン (ENJ) オーエムジーコイン(OMG) パレットトークン(PLT)

コインチェックを選んだのは、先に始めた友人がオススメしてきたからというのもありますし、国内最大級の取引所という触れ込みも初めての者からしたら安心感があったからです。いざ使ってみると、チャートも見やすいし総資産も一目でわかるし売買も簡単です。手数料が安くないと言われてますが、アプリ機能やチャット機能などその他の取引所よりは使いやすいので、現状は満足しています。

引用:「みん評

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リンク(LN)


\ 最短3分で完了 /

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
ビットフライヤーおすすめポイント
  • 最短即日の取引が可能
  • ビットコイン取引国内No.1
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤーは株式会社bitFlyerが運営している取引所です。

ビットコイン取引量が6年連続No.1の実績があり、取引量が多い点が自慢です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

1円分からでも仮想通貨を購入することもでき、レバレッジ取引や積立投資などのさまざまなサービスも提供しています。

また、ビットフライヤーはTポイントをビットコインに交換できるサービスを利用すれば溜まったTポイントで仮想通貨を購入することも可能です。

取引銘柄数 15種類
各種手数料 入金手数料:無料~330円
*住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
それ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
出金手数料:220円~770円
セキュリティ SSL化

SHA-2(SHA-256)

FW(ファイア・ウォール)

アカウントロック

2段階認証

自動タイムアウト

コールドウォレット

顧客資産との分散管理など

取引形態 販売所形式

取引所形式

レバレッジ取引

最低取引金額 0.001BTC

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)

いろんな大手企業から出資を受けている会社なのでやはり安心感がありますね。リクルート、電通、三菱UFJなどすごい会社ばかりです。資金力や経営の安定性は全く問題ないと思います。取引画面は初心者でもわかりやすいレイアウトで、明るくわくわくするような印象を受けます。アプリでもシンプルで使いやすい画面になっています。購入や売却、レートチェックなどもサクサクできて文句なしです。

引用:「みん評

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
GMOコインおすすめポイント
  • 販売所・取引所で取引できる
  • セキュリティ対策の充実
  • 口座開設から取引までのスピードが早い

GMOコインは大手GMOグループが運営している仮想通貨取引所です。

入出金手数料は無料となっており、販売所と取引所どちらにも対応しています。

また、メールとライブチャットで質問などができるサポート体制が整っており、サービス利用時に何か困ったことがあってもすぐに相談できる点は非常に便利です。

さらに、GMOコインはマルチジグ対応を採用しており、セキュリティが高い点も魅力の一つです。

取引銘柄数 18種類
各種手数料 取引手数料:無料

入金・出金手数料:無料

送金手数料:無料

レバレッジ手数料:0.04%

セキュリティ コールドウォレット

2段階認証

マルチシグネチャ

24時間265日監視

SSL化

取引形態 販売所形式

レバレッジ取引

最低取引金額 0.0001BTC

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)ネム(NEM)ステラルーメン(XLM)ベーシックアテンショントークン(BAT)オーエムジー(OMG)テゾス(XTZ)クアンタム(QTUM)エンジンコイン(ENJ)ポルカドット(DOT)コスモス(ATOM)カルダノ(ADA)メイカー(MKR)ダイ(DAI)チェーンリンク(LINK)

仮想通貨の取引所は複数ありますが、GMOはネット関係では大手になるので信頼性が高いと思い、GMOコインを選びました。利用していると、非常に使い勝手が良く、見た目もシンプルで分かりやすいので、とても満足しています。わたしはビットコインでの取引きメインにしています。今のところあまり儲けは出ていませんが、このまま勉強を続けて、儲けが出るようになれば良いと思っています。

引用:「みん評

仮想通貨暴落のまとめ

今回は仮想通貨が暴落する原因や理由、今後の注目ポイントなどについて詳しく紹介してきました。

今後仮想通貨の価格が上がるか下がるかは誰にもわかりませんが、相場を正しく分析して常に情報収集をしておけば、暴落時に備えることができます。

また、暴落時にビットコインの購入を考えて口座開設をする人も増えており、自分が買いたいタイミングを逃さないためにも、あらかじめ仮想通貨取引所で口座開設をしておくと良いでしょう。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日
暗号資産(仮想通貨)の取引なら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日