仮想通貨の販売所と取引所の違い・特徴とは?|手数料の違いやメリットデメリットなどを分かりやすく解説

仮想通貨を取引しようと思った時に、「販売所」と「取引所」の2つで迷ったことはありませんか?

どちらでも仮想通貨を売買することはできますが、販売所と取引所の違いをしっかり理解している初心者は少ないです。

この2つの違いを理解し、それぞれのメリットやデメリットをきちんと知ることで、仮想通貨の運用も上達するでしょう。

仮想通貨の販売所と取引所
  • 販売所はユーザーと業者が取引する場
  • 取引所はユーザー同士が取引する場
  • 最大の違いは手数料で、販売所の方がコストがかかる
  • 販売所の方が取扱い通貨数は多い
  • 初心者におすすめな取引所はコインチェック
  • 販売所も取引所も使いやすく、初心者でもわかりやすい
  • 仮想通貨取引所でおすすめなのは『DMMビットコイン
  • DMMビットコインは1000円から始められ、取引手数料も0円で業界最低水準◎
【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\今すぐ仮想通貨を始めたい方!!/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

目次

仮想通貨の販売所と取引所とは

仮想通貨販売所取引所_販売所と取引所とは

仮想通貨取引を始めようとした初心者がまずつまずく点が仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いです。

まずは、そもそも販売所と取引所がどのようなものかを知っておきましょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の販売所とは

仮想通貨の「販売所」は、ユーザー(買い手)とコインチェックなどの仮想通貨取引所(売り手)が直接取引をする場所です。

我々ユーザーは、コインチェックなどの仮想通貨取引所が持っている仮想通貨を直接買うことになります。

この時の価格は、仮想通貨取引所が独自に決めています。

仮想通貨の取引所とは

一方「取引所」では、ユーザー同士が仮想通貨の売買を行います。

取引所で仮想通貨を買いたい場合、まずはこちらの希望価格で売ってくれるユーザーを見つける必要があります。

この時にDMMビットコインやコインチェックなどの大手取引所が仲介役となり、取引場所を提供してくれる仕組みになっています。

このため、取引所売買では売買代金の他に、取引所へ払う仲介手数料が必要となってきます。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の販売所と取引所の違い

仮想通貨販売所取引所_販売所と取引所の違い

販売所と取引所の違いは以下の2つです。

販売所と取引所の違い
  • 取引にかかる手数料
  • 取扱いのある仮想通貨の種類

これらの違いをうまく利用して、販売所と取引所を使い分けることが大切です。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

取引にかかる手数料の違い

例として、同タイミングでの販売所と取引所でのビットコインの価格を見ていきます。

販売所での手数料

そもそも販売所では「取引手数料無料」を謳っていることが多いですが、実際にはスプレッドというコストがかかります。

【BTCの購入価格】

1BTC=¥5,012,100

仮想通貨販売所取引所_コインチェックでの購入価格

【BTCの売却価格】

1BTC=¥4,712,400

仮想通貨販売所取引所_コインチェックでの売却価格

このように、販売所で購入する場合と売却する場合では、約30万円の差があります。

この30万円がスプレッドというもので、1BTCを取引するだけでも30万円のコストになってしまいます。

取引所での手数料

次に取引所での手数料ですが、こちらは各業者によって様々な手数料が設定されています。

コインチェックのビットコイン取引手数料は無料、bitFlyerの手数料は最大で約定数量の0.15%と設定されています。

この時点でのビットコイン価格が1BTC=¥4,852,323ですので、多くても7,000程度の手数料しかかからないということになります。

このように、販売所と取引所では手数料に大きな差があります。

取引所で仮想通貨取引をする方が、コストを抑えることができます。

取扱いのある仮想通貨の種類

同じ業者でも、販売所と取引所では取扱っている仮想通貨の種類が異なります。

例えばbitFlyerの販売所では、ビットコインはもちろん、イーサリアム、リスク、ステラルーメンなど15種類もの仮想通貨を売買することができます。

一方bitFlyerの取引所ではビットコイン、モナコインなど7種の通貨ペアを取り扱っています。

基本的に取引所で取扱いのある通貨は取引所で売買し、その他の通貨は販売所で売買することをおすすめします。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨販売所のメリット・デメリット

仮想通貨販売所取引所_販売所のメリットデメリット

ここまで販売所と取引所の仕組み・違いを見てきました。

ここでは仮想通貨販売所のメリットを解説していきます。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨販売所のメリット

仮想通貨販売所のメリット
  • すぐに確実に注文が通る
  • 初心者でも簡単に購入できる

販売所のメリット1:すぐに確実に注文が通る

仮想通貨販売所の最大のメリットは、すぐに確実に注文ができることです。

販売所が決めた価格で仮想通貨を売りに出しているので、それを注文すればいいだけです。

注文したら即契約が成立し、仮想通貨を購入することができます。

販売所のメリット2:初心者でも簡単に購入できる

販売所での売買は初心者でもわかりやすく、簡単に購入・売却することができます。

数量指定か金額指定のみを行い、「買う」「売る」のボタンを押すだけ。

板取引のやり方や指値・逆指値などの知識がなくても問題なく、ネットショッピングで買い物をする感覚に似ているでしょう。

仮想通貨販売所のデメリット

仮想通貨販売所のデメリット
  • スプレッド手数料が高い

仮想通貨販売所のデメリットは、すでに説明したようにスプレッド手数料が高いこと。

販売所では、仮想通貨が実際の価格よりも高く売られ、売る際は安い額に設定されているためです。

ユーザーとしては、仮想通貨を安く購入して、高く売りたいところですが、販売所取引ではそれが難しくなっています。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所のメリット・デメリット

仮想通貨販売所取引所_取引所のメリットデメリット

次に、仮想通貨取引所のメリット・デメリットを見ていきます。

結論、取引所での売買は中級者〜上級者におすすめと言えます。

仮想通貨取引所のメリット

取引所のメリット
  • 手数料が安い
  • 成行注文・指値注文ができる

取引所のメリット1:手数料が安い

仮想通貨取引所の最大のメリットはスプレッド手数料が非常に安いこと

取引所では、仮想通貨を売りたい人と買いたい人との間での取引になりますが、その際に差額が生じにくくなっています。

そのため、スプレッド手数料が安いのです。

取引所のメリット2:成行注文・指値注文ができる

成行注文」と「指値注文」ができることも取引所のメリット。

「成行注文」とは、価格を決めないで注文することで、「成行売り注文」の場合一番高く買い注文をした人と取引を結び、「成行買い注文」では一番安く売り注文した人と売買できます。

「指値注文」は自分が指定した価格で、その額になった時に取引が成立するという方法です。

成行注文を利用するにせよ指値注文を利用するにせよ、取引形態の幅が大きくなっています。

仮想通貨取引所のデメリット

取引所のデメリット
  • 取引できる銘柄が少ない
  • 初心者には難しい
  • 取引が成立しない可能性もある

取引所のデメリット1:取引できる銘柄が少ない

販売所に比べて、取引所では取り扱っている銘柄・通貨ペアが少ないことがデメリットと言えます。

ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨は取引所でも取扱っていますが、bitFlyerではステラルーメンやポルカドットなどの通貨は販売所のみに限られています。

取引したいアルトコインの取扱いがあるか、まずは確認しましょう。

取引所のデメリット2:初心者には難しい

販売所では購入(売却)したい数量を入力するだけで簡単に売買をすることができました。

しかし取引所取引はユーザー同士の相対取引であるため、板情報を読み取る力が必要になってきます。

また、注文方法も成行注文だけではなく指値注文も使っていく必要があるので、初心者には少し敷居が高いと言えるでしょう。

取引所のデメリット3:取引が成立しないことがある

取引が成立しないことがあるのもデメリット。

例えば「指値注文」で価格を指定しても、その価格を受けいれてくれる相手が出てこなければ、取引はできません。

今すぐ売却したい仮想通貨があっても、相手が見つからず、売れ残ってしまう事態も考えられるでしょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨販売所・取引所に向いている人

仮想通貨販売所取引所_それぞれに向いている人

ここまで、仮想通貨の販売所と取引所の違いやそれぞれのメリット・デメリットを見てきました。

次に、販売所と取引所をそれぞれどのような人が使うべきかを解説していきます。

仮想通貨販売所がおすすめな人

仮想通貨販売所がおすすめの人
  • 仮想通貨初心者の人
  • 今すぐに取引をしたい人
  • 様々な種類の仮想通貨を取引したい人

仮想通貨初心者の人

スプレッド手数料が高いという面はありますが、注文方法が簡単で難しい手続きが必要ありません。

数量指定か金額指定をして、「買う」「売る」ボタンを押すだけで取引できるため、初心者に優しいと言えます。

今すぐに取引をしたい人

今すぐに仮想通貨を購入・売却したい人にも販売所がおすすめです。

取引所取引だと売買の相手が見つかるまで取引が成立しませんが、販売所では業者が取引相手となるのですぐに売買が成立します。

様々な種類の仮想通貨を取引したい人

取引所では取り扱っていないアルトコインを購入・売却したい方は仮想通貨販売所を使う必要があります。

今後の値上がりを期待してアルトコインを長期保有したい方は今のうちに販売所で購入しておきましょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所がおすすめな人

仮想通貨取引所がおすすめの人
  • 取引に慣れている中上級者
  • 短期トレードが目的の人

取引に慣れている中上級者

ある程度取引の経験があり、板を読むことができたり、様々な注文方法を使いこなせる中上級者には仮想通貨取引所がおすすめです。

仮想通貨初心者の方でも、株取引やFXの経験がある方は取引所での取引でも問題はないでしょう。

短期トレードが目的の人

短期取引を繰り返すようなトレーダーには、コストを抑えられる取引所での取引をおすすめします。

短期で何度も取引を繰り返すのであれば、取引所での取引手数料が無料のDMMビットコインをおすすめします。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨のおすすめ取引所5選

仮想通貨販売所取引所_おすすめ取引所5選

これから仮想通貨を始めたい方におすすめの仮想通貨取引所を5つご紹介します。

手数料や安全面、ユーザーからの人気を総合してランキングにしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

仮想通貨おすすめ取引所1位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの設立は2016年11月7日で、現在の取り扱い仮想通貨の銘柄は15種類となっています。

そのすべてでレバレッジ取引が可能で、2022年9月時点では、レバレッジ取引の取扱数が国内No.1です。

DMM BitcoinはDMMグループの傘下に入っていますが、DMMグループはネット証券会社も運営しています。

その辺のノウハウを活かして、スマホアプリが非常に使いやすくなっています。

ワンタッチで現物、レバレッジ注文も可能。

「4分割チャート」という他の取引所にはない画面もあり、仮想通貨の価格変動を把握しやすくなっています。

15種類の仮想通貨については、リアルタイムでレートをお知らせしてくれます。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

仮想通貨おすすめ取引所2位:コインチェック

Coincheckは2012年8月に設立された仮想通貨取引所で、仮想通貨交換業務は2014年から開始しました。

Coincheckといえば、2018年1月にハッキング被害を受けていますが、その後、東証一部上場企業の「マネックスグループ株式会社」に買収され、今では万全なセキュリティ体制を維持しています。したがって、ユーザーも安心して利用ができます。

Coincheckの魅力は、仮想通貨の取り扱い銘柄が多いこと。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要仮想通貨はもちろん、ライトコインやビットコインキャッシャまで全17種類の扱いがあります。

サイトデザインが分かりやすく使いやすいのもいいところ。

仮想通貨の購入も買いたい銘柄ロゴをクリックして、希望数量を入力するだけ。

日本円の入金もネットバンクを利用すれば、銀行に行かずにできます。

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

仮想通貨おすすめ取引所3位:LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リンク(LN)


\ 最短3分で完了 /

仮想通貨おすすめ取引所4位:bitFlyer

bitFlyerの設立は2014年1月9日で、現在の取り扱い仮想通貨の銘柄数は人気の15種類となっています。

最低購入金額は1円からで、だれにとっても始めやすい価格です。

bitFlyerの大きな特徴として挙げられるのは、ビットコイン取引量が6年連続国内No.1*なことです。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取引量が少ない取引所の場合、ビットコインを希望価格で売買できなかったり、不利なレートで売買したりということもあり得ますが、bitFlyerの場合はその心配はありません。

bitFlyerにはユーザー同士が取引できるbitFlyer Lightningという取引所も用意されています。

ここでは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を手数料を抑えながら取引することが可能です。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


仮想通貨おすすめ取引所5位:GMOコイン

GMOコインは2016年10月に設立された仮想通貨取引所で、現在16銘柄の仮想通貨を1,000円未満の金額で購入できます。

GMOコインの魅力は最短10分で口座開設が完了し、取引が開始できること。

今すぐ仮想通貨を購入したいという人にとっては心強い存在です。

サービスも豊富です。「取引所」「販売所」「暗号資産FX」「つみたて暗号資産」「ステーキング」などのサービスを展開し、ユーザーの希望に沿った利用ができるようになっています。

高機能取引ツールも用意されていて、スマホ用には「GMOコイン 暗号資産ウォレット」があり。

その中に簡単に取引ができる「ノーマルモード」と高機能チャートやウィジェットを備えた「トレーダーモード」が含まれています。

WEBブラウザ用には、レバレッジ取引専用の「WEB TRADER」をご用意。

取引の必要な情報が1画面に集約されています。

仮想通貨おすすめ取引所6位:bitbank

bitbankは2014年5月に設立された仮想通貨取引所で、現在取り扱い仮想通貨数は全14種類です。

bitbankはCoinMarketCapの調べによると、2021年2月14日時点で仮想通貨取引所中取引量がNo.1とのことです。

ということは、買いたい人、売りたい人が多く利用しているということで、取引が成立しない可能性が極めて低いということになります。

bitbankの使いやすくて安定したアプリにも定評があります。

チャートの傾向も分かりやすく、操作性もよく、スピーディに扱えます。

取引の仕方も簡単で、外出先での取引も可能です。

bitbankの口座開設までは最短3分で、取引は最短1日で開始できます。

仮想通貨のおすすめ銘柄5選

仮想通貨販売所取引所_おすすめ銘柄5選

仮想通貨の銘柄は8000以上もあります。

その中から将来性があって、安全な種類を選ばなければいけませんが、簡単なことではありません。

初心者にもおすすめな仮想通貨を5つ厳選しますので、良いと思ったら購入してみてください。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨おすすめ銘柄1位:ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は世界で最初に作られた代表的な仮想通貨で、時価総額は1位。

ビットコインの価格は他の仮想通貨の価格にも大きく影響する基軸通貨でもあります。

ビットコイン建てで他の仮想通貨を購入できる取引所もたくさんあります。

また、ビットコインから派生した仮想通貨も多いです。

これらの点から、最初に注目すべき購入対象と言えるでしょう。

そのビットコイン(BTC)の特徴は非中央集権型の決済システムを導入している点。

中央の公的な発行主体や管理者が存在せず、参加者全員で管理するようになっています。

それから、発行上限枚数が2,100万枚と制限されていて、それ以上増えませんから、インフレリスクが起こりにくいです。

ビットコイン(BTC)の半減期とは|2024年に価格が半減?!仕組みから価格変動まで解説

ビットコイン(BTC)は今後どうなるの?これからの価格予想や将来性を徹底解説

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨おすすめ銘柄2位:イーサリアム(ETH)

2番目におすすめする仮想通貨はイーサリアム(ETH)。

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次ぐ代表的な仮想通貨の銘柄で、時価総額は2位(アルトコインでは1位)となっています。

イーサリアム(ETH)の特徴はスマートコントラクトを導入していること。

これは、人間の手を介さずに契約を自動実行できる仕組みです。

スマートコントラクトでは、ネットワーク上のすべてのコンピューターにデータを記録することから、改ざん、不正などがしにくくなっています。

また、仲介業者を介さないことから、取引にかかる時間も短くなり、手数料なども発生しません。

これらの特徴がイーサリアム(ETH)が他のアルトコインと大きく違っている点です。

発行上限と半減期がないのもイーサリアム(ETH)で、今後も安定した供給が見込まれます。

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨おすすめ銘柄3位:リップル(XRP)

次に取り上げるおすすめ仮想通貨銘柄はリップル(XRP)。

リップル(XRP)はビットコイン(BTC)と違って、非中央集権型ではなく、「Ripple Inc」という会社が管理・運営を行っています。

リップル(XRP)最大の魅力は国際送金を早く安く実行できること。

時間にして1~4秒で国際送金ができます。

ビットコイン(BTC)の場合は約10分掛かるので、いかに早いかが分かります。

また、手数料も抑えられているのもいいところです。

これらの特徴から、リップル(XRP)には異なる通貨同士をつなぐ「ブリッジ通貨」としての役割が期待されています。

さらにみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの大手銀行とも提携済みで、今後の一層の普及が予想されています。

仮想通貨おすすめ銘柄4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)のハードフォークから誕生した仮想通貨。

ビットコイン(BTC)が抱えていたスケーラビリティ問題を解消するために生まれました。

スケーラビリティ問題とは、ブロックサイズの制限で取引データの処理がしにくくなり、処理スピードが大幅に遅れ、手数料も高騰するという問題。

この問題がビットコインキャッシュ(BCH)の誕生で解消したことにより、処理スピードも向上し、手数料も安くなりました。

また、ビットコインキャッシュ(BCH)の仕様変更やハードフォークも繰り返し実行され、さらなる利便性の向上がなされています。

そのため、決済手段として導入しやすくなり、今後普及する可能性も高く、価格上昇も期待されています。

仮想通貨おすすめ銘柄5位:ネム(XEM/NEM)

ネム(XEM/NEM)は比較的新しい仮想通貨で、新しい経済圏の創出を目指して作られました。

ネム(NEM)というのは本来プラットフォーム名で、仮想通貨名はゼム(ZEM)と言いますが、仮想通貨自体ネムと呼ばれることが多くなっています。

ネム(XEM/NEM)の特徴はセキュリティの頑強さ。

仮想通貨の中でも特にしっかりしたセキュリティになっています。

2017年にはネム(XEM/NEM)が盗難される事件がありましたが、これはネム(XEM/NEM)側の問題ではなく、仮想通貨取引所のCoincheckに非があったので、気にする必要はないでしょう。

ネム(XEM/NEM)は処理速度の早さでも定評があります。

送金時間が早く1分。

ビットコイン(BTC)が送金に10~40分掛かりますから、それよりもずっと早いです。

送金手数料も安くなっています。

仮想通貨の販売所・取引所に関する質問|Q&A

仮想通貨販売所取引所_よくある質問

仮想通貨の取引所・販売所の特徴をご説明しましたが、まだわからない点もあることでしょう。

そこでいくつかの疑問に回答するので、さらに理解を深めていただければと思います。

アルトコインはいくらから買える?

アルトコインをいくらから購入できるかは、仮想通貨取引所や販売所によっても変わってきますが、現物取引では1,000~2,000円で購入できるケースが多いです。

Coincheckの場合、500円から購入できます。

『取引所タイプ』におすすめな仮想通貨取引所はどれ?

『取引所タイプ』におすすめの仮想通貨取引所は、Coincheck、DMM Bitcoin、bitFlyer、GMOコイン、bitbankなどです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

『販売所タイプ』におすすめな仮想通貨取引所はどれ?

『販売所タイプ』におすすめの仮想通貨取引所は、DMMビットコイン、Coincheck、bitFlyer、GMOコイン、フォビジャパン、bitbank、Zaifなどです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の販売所・取引所|まとめ

仮想通貨販売所取引所_販売所と取引所のまとめ

この記事では、初心者がまずつまずき安い「販売所」と「取引所」の違いについて解説してきました。

結論、初心者の方はまず販売所でビットコインを購入してみましょう。

ある程度取引に慣れてきたら、手数料を抑えるために取引所での売買を経験してみましょう。

初心者にも人気なコインチェックを使えば、わかりやすく取引できるため、すぐに慣れてトレードがうまくなるでしょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日