【12月最新】仮想通貨おすすめ銘柄・取引所ランキング|将来性が今から期待できる銘柄の選び方

おすすめの仮想通貨の銘柄はどれ?

安全でおすすめな仮想通貨取引所が気になる

この記事では、こんなお悩みを解消します。

仮想通貨(暗号資産)は2021年現在、3,000種類を超えると言われています。

そんな多すぎる仮想通貨の銘柄の中で、

今は知られていなくても今後何倍も価値が上がると期待できる仮想通貨が存在する可能性があります。

以下ではそんなおすすめの仮想通貨銘柄はもちろん、

おすすめの仮想通貨取引所についてもしっかり解説するので、ぜひ役立ててくださいね!

おすすめの仮想通貨のポイント
  • 仮想通貨銘柄は、『今後の将来性』に着目して選ぶ
  • 今一番買っておいて損がないのは『ビットコイン』
  • 初めて仮想通貨取引をするなら、『取引手数料』が最も重要
  • 取引手数料が安いのは『Coincheck』『DMMビットコイン』『bitFlyer』
  • Coincheckは、スプレッド・手数料が発生しない販売所取引ができる最安級取引所でおすすめ

\ 最短 即日 で取引開始! /

 

当記事の監修者

ファイナンシャルプランナー
恩田雅之さん

1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。セミナーと執筆では初心者の方にもわかりやすいよう平易な言葉を選んだ説明に心がけています。

恩田雅之さん公式ホームページ

目次

仮想通貨のおすすめな選び方

仮想通貨のおすすめな選び方

まずは、これから価格が爆上がりしそうな仮想通貨を選ぶための3つのポイントについて解説していきます!

次の3つの点さえ押さえておけば将来性のある仮想通貨を見つけることができます。

どれも仮想通貨で失敗しないために重要なポイントなのでぜひチェックしてみてくださいね。

仮想通貨を選ぶおすすめポイント
  • 時価総額の高い仮想通貨を選ぶ
  • 流動性の高い仮想通貨を選ぶ
  • 信用度の高い仮想通貨を選ぶ

初心者の方は、スプレッド(実質の手数料)が取られない

コインチェックなど『取引所』で取引ができる仮想通貨取引所が利益を出しやすくおすすめです。

\ 最短 即日 で取引開始! /

時価総額の高い仮想通貨を選ぶ

時価総額の高い仮想通貨を選ぶ_おすすめの選び方

当たり前のことのようですが、

価格が爆上がりする仮想通貨を選ぶポイント1つ目は

「時価総額」(仮想通貨の価格×発行量)の大きい仮想通貨を選ぶことです。

「時価総額が高い=その仮想通貨に期待して購入している人が多い」

ということになります。

買う人が多い(需要が高い)ことで該当の仮想通貨の価格も上がり、

結果的に時価総額が増えるため、将来性があるということにもつながります。

現在、仮想通貨の時価は以下のようになっています。

引用:暗号資産マーケット

流動性の高い仮想通貨を選ぶ

流動性の高い仮想通貨を選ぶ_おすすめの選び方

流動性の高い仮想通貨を選ぶことも、価格の上がりそうな仮想通貨を選ぶために重要なポイントです。

流動性が高いというのは、

仮想通貨を現金化しやすい、または他の仮想通貨に交換しやすいかどうかということを表しています。

多くの人が保有しているメジャーな仮想通貨を選べば無難ということですね!

流動性が高いと、仮想通貨価格の変動が大きくなる前に、

約定*できる可能性が高くなります。

反対に、流動性が低い(=市場にあまり出回っていない)と

仮想通貨の価格は大きく変動した時に、すぐに現金化することが難しくなることもあります。

約定(やくじょう)とは?

仮想通貨においては、仮想通貨の売買が成立することを指します。

買いたい人と売りたい人がマッチして、取引が成立している状態のことです。

信用度の高い銘柄を選ぶ

信用度の高い銘柄を選ぶ_おすすめの選び方

価格が上がりそうな仮想通貨を選ぶポイント3つ目は、

信用度の高い銘柄を選ぶということです。

そこで参考になるのがホワイトリストです。

信用度の高い仮想通貨で売買をしたいときは、ホワイトリストに掲載されている通貨を選ぶようにしましょう。

ホワイトリストとは、金融庁が認可した国内の取引所が取り扱っている仮想通貨のことです。

注意や警戒が必要ない安全な取引ができる通貨を示します。

現在ホワイトリストに掲載されている銘柄は下記の29種類です。

ホワイトリスト入りしている仮想通貨一覧
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッ シュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメ ン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテン ショントークン)
  • IOST(アイオーエス ティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾ ス)
  • QASH(キャッ シュ)
  • HT(フォビトークン)
  • LINK(リンク)
  • RYO(こばん)
  • FSCC(フィスココイン)
  • NCXC(ネクスコイ ン)
  • CICC(カイカコイン)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • ZAIF(ザイフ)
  • Zen(ゼン)
  • CMS(コムサ)
  • TRX(トロン)

ホワイトリストでは、犯罪に悪用がされそうな仮想通貨などは除外されているため

リストに則って銘柄を選べば長期的にも比較的安全で信用度の高い通貨を選定できるでしょう。

信用度の高い銘柄は、安全かつ、これからも市場の拡大が期待できると考えられている仮想通貨になります。

買うのであればこれらの中から選ぶのがおすすめです。

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなコインはもちろんのこと、

まだあまり市場の大きくない仮想通貨を買いたいと考えている方は、こちらからご確認ください。

【初心者向け】おすすめの仮想通貨銘柄ランキングTOP10

【初心者向け】おすすめの仮想通貨銘柄ランキングTOP10

続いて、数多くある仮想通貨の中でも、特に推せる銘柄を10個紹介していきます。

さきほど紹介した仮想通貨を選ぶポイントに即して選んでいますので、気になるものは要チェックです。

おすすめの仮想通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ネム(XEM)
  5. モナコイ(MONA)
  6. ライトコイン(LTC)
  7. アイオーエスティー(IOST)
  8. ステラルーメン(XLM)
  9. リスク(LISK)
  10. ビットコインキャッシュ(BCK)

おすすめの仮想通貨銘柄①:ビットコイン(BTC)

ビットコイン_おすすめの仮想通貨_銘柄

仮想通貨と言えばビットコイン(BTC)のイメージを持つ方も多いように、

最初に作られた仮想通貨かつ、時価総額が1位の仮想通貨です。

中央で管理している人がいないことも特徴の1つです。

もともと、ビットコインは世の中の決済をもっと安くしたり、早くしたりすることを目的に作られました。

実際に日本でも、徐々に支払い方法にビットコインが導入されつつあります

【ビットコインの基本情報】

仮想通貨名 ビットコイン(BTC)
時価総額 約105兆円 (*2021年10月5日現在)
発行開始日 2009年1月
発行上限数 21,000,000BTC
現在の価格(2021年10月) 5,589,279円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインなど

ビットコインにおすすめな仮想通貨取引所は『コインチェック』です。

コインチェックは、取引が何回でも無料(取引所)なことと、

ビットコインを『取引所』で購入ができることが魅力で初心者でも扱いやすいのが魅力です。

ビットコインにおすすめな仮想通貨取引所

コインチェック_おすすめの仮想通貨_銘柄

コインチェックなら、取引所でビットコインを購入すると、相場の価格で購入できるほか、

自分で買いたい・売りたい価格で取引をすることができます。

販売所とは異なり『スプレッド』と呼ばれる実質取引手数料を取られる心配がないので、

お得にビットコインの取引ができます!

また、実はビットコインを取引所で取引ができる国内仮想通貨取引所は少なく、もっともポピュラーなのが『コインチェック』になります。

初心者でも利益の計算がしやすいため、初めてビットコインを購入する方はコインチェックがおすすめです。

コインチェックの特徴や、評判が気になる方はこちらの記事をご覧ください。

コインチェックの評判・口コミは実際どう?辛口解説

\ 最短 即日 で取引開始! /

おすすめの仮想通貨銘柄②:イーサリアム(ETH)

イーサリアム_おすすめの仮想通貨_銘柄

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに続いて、時価総額2位の仮想通貨です。

ヴィタリック・ブテリン氏によって開発され、スマートコントラクトが実装されていることが特徴です。

スマートコントラクトとは、自動で契約した内容を実行してくれる仕組みのことで、

これを利用することで企業同士の契約など機密性の高い取引にも使えるようになるなど、汎用性の高さが注目されています。

今後イーサリアムのブロックチェーン技術を利用したアプリケーションが増えると展望されており

価格が高騰すると期待されているため、今のうちから保有しておいて損はない銘柄です。

イーサリアムでおすすめの仮想通貨取引所は『DMMビットコイン』です。

DMMビットコインは、初心者でも高度なチャート分析をスマホでできるのが特徴です。

イーサリアムはビットコインの動きに連動した値動きをする傾向があるため、

チャートで詳細に分析することで値動きが予測しやすくなります。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分もらえる! /

【イーサリアムの基本情報】

仮想通貨名 イーサリアム(ETH)
時価総額 約45兆円(*2021年10月5日現在)
発行開始日 2015年8月7日
発行上限数 特になし
現在の価格(2021年8月) 383,341.67円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・ビットフライヤー・DMM Bitcoinなど

イーサリアムでおすすめの仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

イーサリアムを中心に取引がしたい方は、チャート分析などアプリが充実しているDMMビットコインがおすすめです。

ビットコインに連動した値動きの分析や、頻繁なアップデートによる影響などを高性能チャートで分析することができます。

さらにレベレッジ取引の取り扱い銘柄数も多く、イーサリアムと他の銘柄でもトレードをしてみたい人にも

人気を集めています。

DMMビットコイン の評判・口コミを辛口解説

おすすめの仮想通貨銘柄③:リップル(XRP)

リップル_おすすめの仮想通貨_銘柄

リップルは「Ripple Inc」という会社によって管理されている

アルトコインの中でも比較的時価総額の大きめな仮想通貨の1つです。

国際送金が簡単に行えるようになることを目的に作られました。

これまで高い手数料に加え時間もかかっていた国際送金が、なんと数秒で終わらせることができます。

国際送金技術は、数ある仮想通貨銘柄の中でもトップクラスで将来性への展望から根強いファンを持っているという一面もあります。

現在はまだ価格は低めに推移しているため

リップルの今後は、通貨としてもさらなる成長が期待できます。

\ あなたにおすすめ /

リップル(XRP)の今後・値動きを徹底予想|知らないとやばい将来性の見通しまで完全ガイド

【リップルの基本情報】

仮想通貨名 リップル(XRP)
時価総額 約5.5兆円(*2021年10月5日現在)
発行開始日 2013年9月
発行上限数 100,000,000,000XRP
現在の価格(2021年8月) 118円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・ビットフライヤー・DMM Bitcoinなど

リップルにおすすめの仮想通貨取引所

コインチェック_おすすめの仮想通貨_銘柄

リップルの取引におすすめの仮想通貨取引所は『コインチェック』です。

コインチェックは、最低『500円』から仮想通貨を購入することができます。

リップルは通貨の価格が高くないため、少額から始めやすく、少額購入できるコインチェックと相性が良いです。

スマホアプリも初心者でもすぐ使いこなせるシンプルなデザインとなっており、リップルの取引でも利用しやすいことがポイントです。

リップルを中心に仮想通貨取引を行いたい方は『コインチェック』がおすすめです。

コインチェックの評判・口コミは実際どう?辛口解説

\ 最短 即日 で取引開始! /

おすすめの仮想通貨銘柄④:ネム(XEM)

ネム_おすすめの仮想通貨_銘柄

ネム(XEM)は「New Economy Movement」=新しい経済活動という言葉の略称で、

より経済的に自由で平等な分散型プラットフォームの作成を目的として生まれました。

コインチェックで2018年に580億円が流出してしまうという事件がおきたことで

あまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、現在ではアップデートを重ね、セキュリティのレベルも上がってきています。

さらに、個人でICOができたりお店の支払いで使えたりするところもあるなど、

将来性が期待できる通貨なので、ぜひ気になる方は少額からでも購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【ネムの基本情報】

仮想通貨名 ネム(XEM)
時価総額 約1,614億円(*2021年10月5日時点)
発行開始日 2009年1月
発行上限数 8,999,999,999NEM
現在の価格(2021年8月) 17.94円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・GMOコイン・DMM Bitcoin

ネムにおすすめの仮想通貨取引所

GMOコイン_仮想通貨おすすめ

ネムの取引におすすめな仮想通貨取引所は『GMOコイン』です。

GMOコインは、ネムを取引所で取引ができる国内で数少ない仮想通貨取引所として知られています。

また、スマホアプリでの仮想通貨の購入方法もシンプルで、買いたい・売りたい時に瞬時に取引ができるのもおすすめポイントです。

まだまだ値動きが激しいネムの取引を中心に行いたい方は、取引所取引ができるGMOコインがおすすめです。

おすすめの仮想通貨銘柄⑤:モナコイン(MONA)

モナコイン_おすすめの仮想通貨_銘柄

モナコインは、『2ちゃんねる(現在「5ちゃんねる」)』でMr.Watanabeを名乗る人物によって開発された仮想通貨です。

2ちゃんねるを代表するキャラクター『モナー』が由来となっており、

サブカルチャー発の仮想通貨として熱狂的な人気を誇っていることで知られています。

新しく仮想通貨取引所に上場するタイミングで価格上昇する傾向にあると変動タイミングが読みやすく、

今後も注目を集めている仮想通貨の1つです。

おすすめの国内取引所
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引量国内最大級の仮想通貨取引所です。

他の取引所と比べ、取引高が多いため比較的マイナーなモナコインでも取引しやすいのがポイントです。

【モナコインの基本情報】

仮想通貨名 モナコイン(MONA)
時価総額 約107億円(*2021年10月6日現在)
発行開始日 2014年1月
発行上限数 100,000,000,000XRP
現在の価格(2021年10月) 161円
日本で取り扱っている取引所 ビットフライヤー・コインチェック・DMMビットコイン など

おすすめの仮想通貨銘柄⑤ライトコイン(LTC)

LTC_仮想通貨おすすめ

ライトコインは「デジタルゴールド」と呼ばれているビットコインに対して、

「デジタルシルバー」という位置づけの仮想通貨となっています。

ライトコインは、ビットコインを超える仮想通貨になるために生み出されたわけではなく、

ビットコインの足りない点を補足するため生み出したいと考えたチャーリー・リー氏によって開発されました。

ライトコインはビットコインと同じようにブロックチェーンによって管理されており、発行上限数はビットコインの4倍にあたる8,400万枚です。

より高速に安全に決済できるようにと考えらていることから、アメリカ大手の決済サービスペイパルなどでの利用も可能になると発表され、これからますます目が離せない仮想通貨の1つとなっています。

おすすめの国内取引所
  • Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、ライトコインを500円相当から購入することができます。

また、コインチェックユーザー同士なら手数料が無料なところもおすすめなポイントです。

リップルの仮想通貨取引におすすめの取引所はCoinCheck

【ライトコインの基本情報】

仮想通貨名 ライトコイン(LTC)
時価総額 約1.3兆円(*2021年10月6日現在)
発行開始日 2011年10月
発行上限数 8,400万枚
現在の価格(2021年10月) 19,536円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・DMMビットコイン など

おすすめ仮想通貨銘柄⑥アイオーエスティー(IOST)

IOST_おすすめの仮想通貨

IOSTは、コインチェックに上場したことで最近価格が上昇してきており、注目を集めている仮想通貨の1つです。

次世代コンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用することによって、かなり高速な処理速度を出すこと、非中央集権の2つを実現しています。

これまでは、海外の仮想通貨取引所で利用可能だったためなかなか身近に手に入れることが難しかったのですが、2020年9月よりコインチェックで取引が可能になりました。

そのことにより、約2円ほどだった価格が現在では約6円まで上昇してきています。

また、大きな特徴としてスマートコントラクトのプログラミング言語がJavaScriptとなっており、参入障壁が低いことも注目度が高い理由として挙げられます。

※PoBとは、Proof of Believabilityの略

おすすめの国内取引所
  • Coincheck(コインチェック)

アイオーエスティー(IOST)は、国内大手取引所ではCoincheckのみ取り扱いがあります。
比較的最近上場したばかりなので、期待値はかなり高めだと言えます。

\ 最短 即日 で取引開始! /


【アイオーエスティーの基本情報】

仮想通貨名 アイオーエスティー(IOST)
時価総額 約1097億円(*2021年10月6日現在)
発行開始日 2019年2月
発行上限数 210億IOST
現在の価格(2021年10月) 約6.07円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・OKCOIN

おすすめの仮想通貨銘柄⑦ステラルーメン(XLM)

ステラルーメン

ステラルーメン(XLM)は、リップルの開発メンバーであるジェド・マケーレブ氏らによって、「新興国」での個人間の送金がスムーズに進むようになることを目指して生み出された仮想通貨です。

例えば、私たちの国では、銀行口座を通じて送金や預金が当たり前にできますが、新興国の中には銀行口座を持てないでいる人も多くいます。

そこで、みんなが平等に金融サービスを受けられるようにすることを叶えるために作られました。

ステラルーメンはブリッジ通貨に属しており、ユーロと円など2つの通貨の換金/送金が速く・安価でできます。

マイニングなどは不可で、ステラ財団が全てを運営している「中央集権的」な仮想通貨です。

2019年には、数を減らし希少性を高めるための「バーン(焼却)」が行われ、半数以上数が減りました。

おすすめの国内販売所
  • DMM Bitcoin

ステラルーメンにおすすめなのは、DMM Bitcoinです。
レバレッジ取引も可能となっており、利便性が高いです。

【ステラルーメンの基本情報】

仮想通貨名 ステラルーメン(XLM)
時価総額 約8,379億円(*2021年10月6日現在)
発行開始日 2014年
発行上限数 500億枚
現在の価格(2021年10月) 約35円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・bitFlyerなど

おすすめの仮想通貨銘柄⑧リスク(LSK)

リスク

リスク(LiSK)とは、※分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームとして開発されました。

そして、その中で使用されている仮想通貨をリスク(LSK)と言います。

開発言語としては、IOSTと同じくJavascriptを利用しており、このことが参入障壁を下げています。

また、ビットコインで言うマイニングの代わりに、フォージング(鋳造)という承認システムを使用しているのも特徴の1つです。

※分散型アプリケーションとは:企業などの中央管理者なしでも稼働するアプリケーションのこと

おすすめの国内取引所
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

リスク(LSK)におすすめの国内取引所は、bitFlyerです。
販売所では、1円から購入することが可能となっています。

【リスクの基本情報】

仮想通貨名 リスク(LSK)
時価総額 約543億円(*2021年10月6日現在)
発行開始日 2014年
発行上限数 設定されていない
現在の価格(2021年10月) 約385円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・bitFlyerなど

おすすめの仮想通貨銘柄⑩ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月にビットコイン(BTC)がハードフォークして生まれました。

ビットコインがハードフォーク(枝分かれ)した理由としては、ビットコインの「スケーラビリティ問題」が大きく関わっています。

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の人気が高まるなどした時に、ネットワークの処理の速度が追い付かないことにより全体のやり取りが遅れたり、手数料が上がったりすることを指します。

これらを解決するために生まれたビットコインキャッシュは、ブロックサイズを拡大して非常に使いやすくなっており、現在では世界中のさまざまなところで普及活動が行われています。

おすすめの国内取引所
  • Coincheck(コインチェック)

ビットコインキャッシュ(BCH)におすすめな国内取引所はCoincheckです。
マネックスグループを親会社としており、安全性には定評があります。

\ 最短 即日 で取引開始! /


【ビットコインキャッシュの基本情報】

仮想通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH)
時価総額 約1兆1963億円(*2021年10月6日現在)
発行開始日 2017年
発行上限数 2,100万枚
現在の価格(2021年10月) 約63,400円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック・bitFlyerなど

【初心者向け】おすすめの仮想通貨取引所7選

【初心者向け】おすすめの仮想通貨取引所8選

ここからは、仮想通貨初心者の方におすすめな、仮想通貨取引所を3つ紹介します。

先ほど紹介したおすすめの仮想通貨を買うならココが安心!という取引所がそろっていますので、しっかりそれぞれの特徴をつかんでみてください。

おすすめの仮想通貨取引所
  1. Coincheck
  2. DMM Bitcoin
  3. GMOコイン
  4. bitFlyer
  5. bitbank
  6. TAOTAO
  7. LINE BITMAX

Coincheck|おすすめ仮想通貨取引所

Coincheck_おすすめの仮想通貨_銘柄

コインチェックの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.5)

Coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が運営しており、ロケットのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。

国内の仮想通貨取引アプリではダウンロード数ナンバーワンを誇り、仮想通貨初心者も安心の分かりやすさを備えています。

Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では16種類と最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨(日本最多)

\ 最短 即日 で取引開始! /

DMM Bitcoin|おすすめ仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(4.0)

DMM Bitcoinは、様々な事業を展開しているDMMグループが運営しており、運営元には信頼がおけます。

また、仮想通貨で心配なのがセキュリティ体制ですが、DMM Bitcoinでは「生体認証」を取り入れ厳重な態勢が敷かれているため、安心して取引することができます。

他にも取扱通貨全てでレバレッジ取引が可能ですが、その分手数料が高くなる点に注意が必要です。

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 12通貨

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分もらえる! /

GMOコイン|おすすめ仮想通貨取引所

GMOコイン_仮想通貨おすすめ

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨取引所です。

GMOグループではGMOクリック証券なども運営しているので、安全性には自信を持っています。

さらに、取引する際に使うアプリもサクサク使えると好評のようです。

GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

bitFlyer|おすすめ仮想通貨取引所

ビットフライヤー_仮想通貨おすすめ

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(3.0)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が一番多いことが最大の特徴として挙げられます。

ビットコインを含めて13種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能です。

また、「100円」という超少額な取引額から仮想通貨の購入ができるため、仮想通貨初心者の方におすすめできます。

bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では13種類と豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい
  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 13通貨

bitbank|おすすめ仮想通貨取引所

ビットバンク_仮想通貨おすすめ

bitbankの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(3.0)

bitbankは、2014年に開設された仮想通貨取引所で、2018年には国内の仮想通貨取引所のなかでNo.1の取引高であったこともあります。

取引可能な銘柄は11種類あり、全部の銘柄で年率3%の仮想通貨のレンディングサービスも提供しています。

レバレッジ取引ができないことはやや不便だと感じる方もいると思いますが、手数料なども無料のものが多いため総合的にはおすすめできます。

bitbankのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄全てでレンディングサービスができること
  • アプリが誰にでも使いやすい設計になっている
  • 国内の仮想通貨取引所のなかでNo,1になったことも
仮想通貨取引所名 bitbank
最低取引数量 0.0001BTC~
出金手数料 550円~
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 11通貨

TAOTAO|おすすめ仮想通貨取引所

TAOTAO_仮想通貨おすすめ

TAOTAOの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(3.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(2.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.0)

TAOTAOは、2017年に開設された比較的新しめの仮想通貨取引所です。

仮想通貨で一番リスクとなるのが、ハッキングによる流出ですが、

TAOTAOはコールドウォレット制度など新興取引所としてはセキュリティ部分にはかなり力を入れており、

 

補償制度も充実しています。

ただし、現在のところ取引所ではなく販売所のみとなっているところはややデメリットと言えます。

TAOTAOのおすすめポイント
  • 最大100万円までの補償制度があること
  • レバレッジ取引が可能なこと
  • 専用のスマホアプリがあること
仮想通貨取引所名 TAOTAO(タオタオ)
最低取引数量 0.001BTC~
出金手数料 無料(1,000円以上)
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 5通貨

LINE BITMAX|おすすめ仮想通貨取引所

LINEBITMAX_仮想通貨おすすめ

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(3.0)
取扱通貨の多さ
(2.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(2.0)
総合評価
(3.0)

LINE BITMAXは、国内でも多くの人が利用している「LINE」のグループ会社がバックにある仮想通貨取引所となっています。

登録もLINEを通じて比較的簡単に行うことができ、本人確認もスマホを使ってスムーズに進められます。

また、LINEの決済サービスである「LINE Pay」などと連携して、残高をBITMAXに移すことなども可能です。

LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEと連携していて登録などが簡単
  • セキュリティ面は専門の部門が管理しており安心
  • 取り扱い通貨は6種類と少なめ
仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 0.001BTC~
出金手数料 LINE Pay110円/銀行口座 400円
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 6通貨

仮想通貨で稼ぐためにおすすめの取引方法

仮想通貨で稼ぐためのおすすめの方法

最後に仮想通貨で着実に稼ぐためにやるべきことを4つご紹介します。

取引するべき仮想通貨、取引所が分かっても、仮想通貨は投資の一種なので稼ぐためには戦略が必要です。

この章では仮想通貨で稼ぐためのコツをお伝えしますので、ぜひ取引の際は意識してみてくださいね。

仮想通貨で稼ぐためにおすすめの方法
  • 仮想通貨を長期で保有する
  • 自分の投資スタイルに合う仮想通貨を選ぶ
  • 「ファンダメンタル分析」をしてみる
  • 仮想通貨取引所には2つ以上登録する

稼ぐ方法①仮想通貨は長期で保有する

おすすめの方法①仮想通貨は長期で保有する

仮想通貨で稼ぎたい方は、まず、短期ではなく「長期」で仮想通貨を保有しておきましょう。

「長期間、ガチでホールドする」ことから「ガチホ」と言われることもあります。

仮想通貨は比較的価格の変動が大きいため、上がり下がりに注目して売ったり買ったりを繰り返していても、大きな利益は期待できません。

そのため、買った価格と比較してこれ以上はしばらく上がらない・もしくは下がる…という判断ができた時に売るのがおすすめです。

なお、長期で仮想通貨を持つ方にはCoinCheckなど、取引手数料がかからない取引所での現物取引をおすすめしています。

\ 最短 即日 で取引開始! /

稼ぐ方法②自分の投資スタイルに合う仮想通貨を選ぶ

おすすめの方法②自分の投資スタイルに合う仮想通貨を選ぶ

仮想通貨で稼ぐために大切なことの2つ目は、自分の投資スタイルに合う仮想通貨を選ぶことです。

いくら評判の良い仮想通貨を選んで投資したとしても、自分の投資スタイルから外れてしまうと、思わぬ損害を被る可能性も0ではありません。

ハイリスクハイリターンを好むタイプなのか、ローリターンでも良いからコツコツ稼ぎたいタイプなのか、価格の変動などでストレスを溜めないためにも、自分の投資スタイルに合う仮想通貨を選ぶようにしましょう。

稼ぐ方法③「ファンダメンタル分析」をしてみる

おすすめの方法③「ファンダメンタル分析」をしてみる

仮想通貨の分析の仕方には、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の2種類があります。

初心者の方は、まずはこの「ファンダメンタル分析」を行うことで、仮想通貨でより稼げる確率が高まります。

ファンダメンタル分析を具体的に言うと、その仮想通貨が何を成し遂げたいのかという目標や仮想通貨を開発したところの財務的な状況に基づいて、分析をする方法です。

開発元のSNSやネット上の公式の情報などをもとに情報収集していくので、そこまで大変な作業ではありません。

そのことにより、市場価格が適正か否かを判定し、取引をします。

稼ぐ方法④仮想通貨取引所には2つ以上登録する

おすすめの方法④仮想通貨取引所には2つ以上登録する

本当に稼ぐためにやるべきこと4つ目は、仮想通貨取引所には2つ以上登録することです。

国内の仮想通貨取引所は、上の章で紹介したように、それぞれ違った良さや特徴を持っています。

そのため、仮想通貨の種類や取引の仕方によって仮想通貨取引所を変えるのがおすすめです。

また、1つの仮想通貨取引所のサーバーが落ちてしまったり、繋がりづらいなどの通信障害が起こってしまった際にも2つ以上の仮想通貨取引所に口座を持つことで取引ができなくなるリスクを減らすことができます。

少し上級編になってしまいますが、取引所同士の価格差を利用して稼ぐ「アービトラージ」も行うことができます。

複数の仮想通貨取引所を利用するメリット
  • 通信障害やサーバートラブルのリスクヘッジができる
  • アービトラージがおこなえる
  • 多角的な分析結果や情報が手に入る

仮想通貨のよくある質問

仮想通貨に関するよくある質問

仮想通貨に関するよくある質問
  • 仮想通貨って何?
  • 仮想通貨でおすすめのコインは?
  • 仮想通貨のおすすめのインジケーターは?
  • 仮想通貨のおすすめのチャートは?

仮想通貨とは何?

仮想通貨に関するよくある質問_仮想通貨って何?

仮想通貨とは、インターネット上の取引に用いられる通貨のことを指し、送金やあらゆるものの決済、公共料金の支払いなどさまざまな使い道があります。

そんな仮想通貨には多くの種類があり、現在3,000種類を超える仮想通貨が世の中には存在しています。

ただ、日本で安全に購入することができる仮想通貨は、以下の37種類に限られています。

日本国内で買える仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ゼン(Zen)
  • ファクトム(FCT)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • モナコイン(MONA)
  • オーエムジー(OMG)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ステラルーメン(XLM)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • キャッシュ(QASH)
  • テゾス(XTZ)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)
  • コムサ(CMS)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • フォビトークン(HT)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • クアンタム(QTUM)
  • コバン(RYO)
  • トロン(TRX)
  • カイカコイン(CICC)
  • ザイフ(ZAIF)
  • カルダノ/エイダ(ADA)
  • コスモス(ATOM)
  • ポルカドット(DOT)
  • リンク(LN)
  • オーケービー(OKB)
  • オントロジー(ONT)
  • パレットトークン(PLT)
  • シンボル(XYM)

仮想通貨でおすすめのコインは?

仮想通貨でおすすめの銘柄は?

認知度や安定性、将来性などから初心者でも安心しておすすめできる仮想通貨は以下の通りです。

おすすめの仮想通貨銘柄
  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

仮想通貨取引でおすすめのインジケーターは?

仮想通貨取引でおすすめのインジケーターは?

仮想通貨取引でおすすめの基本のインジケーターは以下の3つです。

特に初心者の方は、インジケーターをうまく使いこなせるかどうかで差が付きます。

  • 単純移動平均線(SMA)
  • ボリンジャーバンド
  • RSI(相対力指数)

単純移動平均線(SMA)

一定期間の平均価格を線でつないだものです。

トレンドの向きと強弱を把握するのに役立ちます。

ボリンジャーバンド

移動平均線と値動きの幅を示す2本の線で構成されたテクニカル指標の一つです。

統計学的に「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」と言われています

RSI(相対力指数)

通貨の売られすぎ、買われすぎを示す指標です。

一般的に、RSIが75%以上(買われすぎ)になれば売り、30%以下(売られすぎ)になれば買いと言われています。

おすすめの仮想通貨で楽しく稼ごう

今回は、おすすめの仮想通貨の銘柄からおすすめの仮想通貨取引所とその選び方など、さまざまな視点からおすすめの仮想通貨ついて紹介してきました。

気になる仮想通貨や取引所を見つけた方は、まずは口座開設をしてみましょう。

\ 最短 即日 で取引開始! /

この記事の監修者

恩田 雅之

1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心とした記事の執筆及びクレジットカード、カードローン、暗号資産、住宅ローンなどの記事監修を中心に活動中しています。セミナーと執筆では初心者の方にもわかりやすいよう平易な言葉を選んだ説明に心がけています。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です