ドージコイン(doge)とは?今後の見通しや値動きのポイントなどを解説

ドージコインってなに?

国内の取引所で取引できるの?

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

ドージコインはビットコインを模して作られた仮想通貨で、簡単に説明すると草コインの一つです。

今回はドージコインの特徴や今後の値動きのポイント、ドージコインを保有するメリットなどについて詳しく紹介していきます。

ドージコインをまとめると
  • ドージコインは草コインの一種の仮想通貨
  • ドージコインには発行枚数の上限がない
  • ドージコインはビットコインよりも決済スピードが早い
  • ドージコインの取引・保有するには国内の取引所から海外の取引所に送金する必要がある
  • ドージコインの取引におすすめの取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2023年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

目次

ドージコイン(doge)の特徴

ドージコインはビットコインやイーサリアムなどの主要な銘柄と比べると取引量が少なく、以下総額も低いマイナーな銘柄である草コインの一種です。

まずはそんなドージコインの特徴について紹介していきます。

ビットコインと似ている

ドージコインはビットコインに似ているという特徴があります。

冒頭でもご説明した通り、ドージコインはビットコインを模して作られた仮想通貨です。

承認方式や仕組みなどは基本的ビットコインと同じです。

ビットコインと同じPoW(Proof of Work)では、コンピューターの計算作業によって承認される仕組みで、ビットコインのようにマイニングで発行される点も同じです。

また、ドージコインはもともとビットコインのパロディとして生まれたジョーク通貨でした。

発行枚数の上限がない

2つ目の特徴は発行枚数に上限がない点です。

ビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨では発行できる枚数に上限が定められていることが多いです。

ですが、ドージコインは上限がなく無限に発行することができるため価値が爆発的に上がることはないとされています。

どれだけ需要が増えたとしても無限に発行できるドージコインには希少性がないため爆発的に価格が上がることに期待はできません。

ビットコインの発行上限枚数は2,100万BTCになりますが、ドージコインは1,326億doge以上が流通しているため、非常に流通量が多いことが分かるでしょう。

決済スピードが早い

3つ目の特徴は決済スピードが優れている点です。

ビットコインなどの他の仮想通貨は決済に時間がかかってしまうという問題と悩みを抱えていました。

しかし、ドージコインはビットコインよりも決済のスピードが早く送金にかかる時間も早いです。

仮にビットコインの送金にかかる時間が10分であれば、ドージコインは1分程度の早さで完了します。

また、送金にかかる手数料も1doge(約10円)と非常に安くなっている点も特徴です。

決済や送金にかかる時間と手間がかからない点は大きなメリットと言えるでしょう。

オンラインショップで決済できる

4つ目の特徴はドージコインでオンラインショップの決済ができる点です。

DogeMarkeと呼ばれるオンラインショップサイトでは、ビットコインへの交換はもちろんAmazonギフト券などの商品に交換したりなど、換金も容易に行えます。

現在はDogeMarkeのみとなりますが、今後も広い店舗や業界での決済手段として使われる可能性があります。

ドージコイン(doge)の現在の価格

以下はドージコインの現在の価格を表したチャートです。

出典:CoinMarketCap

2023年2月現在のドージコインの価格は約9円です。

ドージコインは2021年の値上がり後、高騰と暴落を繰り返しています。

これはドージコインに限ったことではなく、仮想通貨全体特にマイナーな通貨ほど値動きが大きく暴落したことが大きな影響を与えているとされています。

過去に中国政府が仮想通貨を利用したサービスを禁止し、中国国内にあるマイニング施設も閉鎖したことから、このような動きとなっています。

このように、ドージコインのようなマイナーな仮想通貨は常に暴落のリスクがあるため、これから取引を考えている人や慎重に取引するようにしてください。

ドージコイン(doge)の過去の値動き

続いて、ドージコインのこれまでの値動きについて解説していきます。

過去の値動きの要因を知っておくことで、どのような事象に影響を受けるのかを簡単に確認することができます。

2017年:仮想通貨ブームで価格高騰

2017年は仮想通貨ブームが世界中で巻き起こり、2017年は仮想通貨元年とも呼ばれるようになりました。

多くの投資家達が仮想通貨市場に参入し、仮想通貨市場が全体的に盛り上がりを見せ価格が高騰しました。

また、ドージコインが初めて大きく価格が動いたのもこのタイミングで、大きく価格が上昇しました。

しかし、この値動きは長くは続かずこの直後にはドージコインを含む仮想通貨市場は大きく暴落しました。

2018年:イーサリアムの価格変動の影響を受ける

2018年の9月にはドージコインとイーサリアムの接続テストが行われ、イーサリアムとの相互運用がでいるのではないかという期待からドージコインは再び価格が高騰しました。

ですが、同じ時期にイーサリアムの価格が下落して現在もアップデートが保留になっています。

とはいったものの、イーサリアムとの連携が行われることは事実で、今後は価格が上昇する可能性は高いと多くの投資家が予測しています。

2021年:株騒動で価格高騰

2021年になると、ゲームストップ株騒動と呼ばれる個人投資家が多数集まり機関投資家を打ち負かしたという事件です。

この事件がきっかけとなりドージコインの価格は高騰しました。

また、2021年はイーロン・マスク氏がTwitterでドージコインに関するツイートを投稿したことからも、今後に注目できる要因として分析することができます。

ドージコイン(doge)の今後の値動きのポイント

それでは、ここではドージコインが実際に今後どのような値動きをするのか、ドージコインの今後の値動きに関するポイントを紹介していきます。

著名人の発言

1つ目のポイントは著名人の発言です。

例えば、イーロン・マスク氏の発言は過去にドージコインだけでなく他の仮想通貨の価格にも影響を与えています。

そのため、ドージコインだけでなく仮想通貨取引をするならTwitterなどのSNSやニュースなどで超名人がどんな発言をするのかをしっかり把握しておくことが大切です。

仮想通貨市場全体の値動き

2つ目のポイントは仮想通貨市場全体の値動きです。

仮想通貨の認知度は昔と比べると高くなっていますが、まだまだ成長しきっていない市場と言えます。

そのため、今後仮想通貨市場全体で何かしらの要因や法律の整備などが行われると、一気に価格が高騰・暴落する可能性があります。

先ほどお伝えした通り、2021年には中国政府が仮想通貨サービスの利用を禁止したことから、一気に価格が暴落したことは事実です。

ですので、各国の仮想通貨に関する姿勢や動向は常にチェックしておく必要があるでしょう。

国内取引所への上場

3つ目のポイントは国内取引所での上場です。

ドージコインは現在国内の取引所で取り扱いは行われていません。

ですが、認知度が高まり上場が決定すると大きな価格上昇の要因になることは考えられます。

実際に他の仮想通貨でも国内取引所に上場した際に価格が高騰しています。

ビットコインの価格変動

4つ目のポイントはビットコインの価格変動です。

ドージコインはビットコインを模して作られた仮想通貨で、特にビットコインの値動きに大きな影響を受けると予測されています。

「ビットコインは良くない」といったような風潮が世間的に広まれば、ドージコインの価格が下落する可能性が高いです。

ドージコイン(doge)の買い時の目安

続いて、ドージコインの買い時の目安を紹介していきます。

ドージコインに関する情報が発表されたタイミング

ドージコインに関する情報が発表されたタイミングはドージコインを購入したいユーザーが増えています。

多くのユーザーが集まっているということはドージコインの価格が上昇する可能性が高まり、値上がりに期待が高まります。

特に、ドージコインに関するプラスの情報が発表されれば値上がりの傾向は高まるため、速やかに情報を収集することも利益を出すためには必要なポイントです。

また、情報が発表されるということは基本的にドージコインに関する開発が進んでいると予測することができ、最終的には値上がりのチャンスが多くなります。

ビットコインの価格が上がっているタイミング

ビットコインはドージコインの価格に大きな影響を及ぼします。

レートは急激に上昇している時は上昇傾向が高まり、ドージコインも値上がりする可能性があります。

ビットコインが値上がりすれば、その後追いでドージコインも値上がりする可能性があるため、ビットコインの価格が上がっているタイミングは利益を出すチャンスと言えるでしょう。

ドージコインの価格が安くなっているタイミング

ドージコインの価格が安くなっているタイミングも、実はチャンスでもあります。

例えば、底値まで落ちた場合、これ以上は下がらないと判断してから価格が上昇するケースがあります。

そのため、反発するタイミングを有効に狙うことでチャンスが広がることが多いです。

値下がりが続いているドージコインは反発して元の価格まで戻ることも多く、タイミング次第では納得できる利益を出すことも可能です。

ドージコイン(doge)を保有するメリット

ここからは、ドージコインを保有するメリットを紹介していきます。

ドージコインを保有するメリット

少額から取引できる

1つ目のメリットは少額から取引ができる点です。

ドージコインは他の仮想通貨と比べても価格が安く、取引しやすい点がメリットです。

例えば、2023年2月、1BTCは約400万円、1ETHは約25万円となりますが、1dogeは約9円となります。

このように、他の仮想通貨と比べると非常に安価で少額から決済しやすい点や、送金スピードが早いなどのメリットがあります。

価格変動が少ない

2つ目のメリットは価格変動が少ない点です。

ドージコインには発行上限がなく、需要と供給が保たれやすいため価格が変動しにくいです。

つまり、大きな値上がり益は狙えないものの、損失も少なく安定して保有し続けられる点が特徴です。

ドージコイン(doge)を保有するデメリット

続いて、ドージコインを保有するデメリットを紹介していきます。

国内取引所で取り扱いがされていない

1つ目のデメリットは国内の取引所で取り扱いがされていない点です。

ドージコインは未だに国内の取引所への上場は果たせていません。

そのため、購入して取引をするには海外の取引所に登録する必要があります。

ビットコインやイーサリアムなどは国内の取引所で取引ができますが、ドージコインは購入、取引までの手順が面倒に感じる場合もあります。

他の仮想通貨よりも機能性が劣る

2つ目のデメリットは他の仮想通貨よりも機能性が劣っている点です。

ドージコインは他の仮想通貨と比べても特筆している機能はありません。

また、同じ銘柄がネタ的な扱いを受けていることからも将来性を見出しにくいです。

ドージコイン(doge)を購入する方法

続いて、ドージコインを購入する方法を紹介していきます。

ドージコインはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨とは購入の仕方が異なるため、手順を詳しく解説します。

STEP1.国内の取引所で仮想通貨を購入

ドージコインを購入、取引するには国内の取引所で仮想通貨を購入するところから始めます。

尚、現在国内の取引所の口座を持っていない人は口座開設から始めてください。

購入する仮想通貨は基本的に何でもよいですが、分からない人はビットコインを購入しておくのが無難です。

STEP2.海外の取引所へ送金

次に、海外の取引所へ購入した仮想積通貨を送金します。

ドージコインの取引ができる主な海外仮想通貨取引所は以下になります。

ドージコインの取引ができる主な海外仮想通貨取引所
  • Binance
  • FTX
  • Bittrex
  • Bybit
  • FXGT

ただし、海外の取引所は日本の金融庁から認可を受けていないため、利用するには十分に注意してください。

また、海外の取引所は日本円に対応しておらず、日本語に対応していない取引所も多いため初心者にはハードルが高いです。

STEP3.海外の取引所でドージコインへ換金する

送金後は、海外の取引所でドージコインへ換金すればドージコインを保有・取引できます。

ドージコイン(doge)の取引におすすめの取引所

ドージコインの取引をするには海外の取引所で取引する必要がありますが、日本円の入金はできないため国内の取引所で購入した仮想通貨を海外の取引所へ送金する必要があります。

そこで、ここではおすすめの国内仮想通貨取引所を紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内最大級の仮想通貨取引所です。

ビットコイン取引量は6年連続No.1*の実績を持ち初心者から中上級者まで幅広い層から支持を得ている取引所です。※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

業界最長 7 年以上ハッキング 0 を次世代セキュリティで実現しており、初めて仮想通貨取引所を利用する場合でもおすすめできます。

ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどの取り扱っている仮想通貨は1円から購入して売買することもできるため資金に余裕がない人にもおすすめです。

利用できるツールの中でもプロフェッショナル向けの取引サービス(Lightning FX/Futures)はシンプルで洗練されたユーザーインターフェイスとなっており、暗号資産取引の幅を広げることができます。

取扱通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)メイカー(MKR)ポリゴン(MATIC)ジパングコイン(ZPG)フレア(FLR)
最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
取引手数料 販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
最低積立金額 1回あたり1円
自動積立サービス かんたん積立

GMOコイン

出典:GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループが運営している暗号資産FX・売買サービスです。

2年連続オリコン顧客満足度No.1の実績を持ち、多くの投資家から支持されています。

口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付などの手数料は全て無料になっているため、無駄なコストをかけずに取引できる点も魅力です。

さらに、取引スタイルに合わせて選べるサービスが充実しており、簡単な操作で取引したい人やレバレッジ取引で利益を狙いたい人、少額からコツコツ積み立てたい人でも自分のスタイルに合わせて無理なく取引ができます。

取扱通貨 BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・XYM・MONA・ADA・MKR・DAI・LINK・FCR
最低取引単位 0.00001 BTC
取引手数料 Maker手数料:-0.01%
Taker手数料:0.05%
最低積立金額 500円
自動積立サービス つみたて暗号資産

Coincheck(コインチェック)

出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は関東財務局登録済みの暗号資産交換業者です。

ただ仮想通貨取引ができるだけでなく、貸暗号資産サービスや、ビットコインの決済サービス、暗号資産積立サービスなどのさまざまなサービスが利用できる点が魅力です。

Coincheckは、すっきりとしたシンプルなデザインを基調に、操作性のいいインターフェイスを備えているため、初心者でも直感的に操作するだけで簡単に取引できます。

また、Coincheckは、親会社が東証プライム市場上場企業のマネックスグループということもあり、セキュリティ強化の面でも信頼性のある企業と言えます。

取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LSK,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT,SAND,DOT
最低取引単位 取引所:0.005BTC(500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
取引手数料 取引所:0%
最低積立金額 1万円/月
自動積立サービス Coincheckつみたて

DMM Bitcoin

出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは最短1時間で取引をスタートすることができ、「スマホでスピード本人確認」を利用すれば最短1時間で取引ができます。

また、DMM Bitcoinは「ビットコイン」を含め、25種類もの暗号資産(仮想通貨)取引が可能で、レバレッジ取引の取り扱い暗号資産の種類は一番多いです。

取引ツールはスマホアプリとPC版取引システムを用意しており、PC版取引システムはレイアウト変更も自由自在で、自分好みにカスタマイズが行えるため非常に便利です。

取扱通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)ステラ・ルーメン(XLM)イーサリアムクラシック(ETC)オーエムジー(OMG)エンジンコイン(ENJ)ベーシックアテンショントークン(BAT)モナーコイン(MONA)トロン(TRX)ジパングコイン(ZPG)チリーズ(CHZ)アバランチ(AVAX)チェーンリンク(LINK)メイカー(MKR)ネム(NEM)クアンタム(QTUM)テゾス(XTZ)シンボル(XYM)カルダノ(ADA)ポルカドット(DOT)アイオーエスティー(IOST)ポリゴン(MATIC)
最低取引単位 取引所:無料
販売所:無料
取引手数料 無料
最低積立金額
自動積立サービス

BITPOINT(ビットポイント)

出典:BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)はさまざまな手数料が無料で使うことができ、さまざまな投資方法にも対応している点が魅力の取引所です。

また、日本の取引所では有名な仮想通貨しか取扱いをしていないところも多いですが、BITPOINT(ビットポイント)はマイナーな通貨を取り扱っていることも特徴です。

トロン(TRX)やエイダ(ADA)、ディープコイン(DEP)などの比較的マイナーな通貨で取引したい人にはおすすめの取引所です。

さらに、コールドウォレット上での管理や二段階認証などの徹底したセキュリティ体制が整っているので、安心して取引ができます。

取扱通貨 BTC・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLTなど
最低取引単位 取引所:無料
販売所:無料
取引手数料 取引所:無料
最低積立金額
自動積立サービス

ドージコイン(doge)に関するよくある質問

最後に、ドージコインに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

ドージコインを日本で買うにはどうすればいい?

ドージコインを日本で買うには、次のような手順で進めてください。

ドージコインを日本で買う方法
  • 国内の取引所で仮想通貨を購入
  • 海外の取引所へ送金
  • 海外の取引所でドージコインへ換金する

海外の取引所では日本円の入金ができないため、まずは国内の取引所で仮想通貨を購入して、ドージコインへ換金する必要があります。

ドージコインの取引ができる取引所は?

ドージコインの取引ができる主な海外仮想通貨取引所は以下になります。

ドージコインの取引ができる主な海外仮想通貨取引所
  • Binance
  • FTX
  • Bittrex
  • Bybit
  • FXGT

ドージコインの現在の値段は?

ドージコインの現在(2023年2月)の価格が1gogeあたり約9円です。

ドージコインには将来性はある?

ドージコインには将来性があります。

ただし、将来の価格について断言することはできません。

そのため、ドージコインの将来性は非常に読みづらいことも事実です。

ドージコインと柴犬コインの共通点は?

ドージコインと柴犬コインは直接的に関係しているわけではありません。

どちらも犬をモチーフいした仮想通貨で、ミーム通貨をもとに作られた仮想通貨という共通点があります。

ドージコイン(doge)のまとめ

今回はドージコインの特徴や今後の値動きのポイント、ドージコインを保有するメリットなどについて詳しく紹介してきました。

ドージコインは草コインの一種で国内の取引所にはまだ上場していません。

そのため、ドージコインを購入して取引するには、国内でビットコインなどの仮想通貨を購入してから、海外の取引所に送金する必要があります。

ですので、ドージコインの取引、保有を考えているのであればまずは国内の取引所で口座開設をすることから始めてください。

なお、海外の取引所の中には日本在住者は登録不可の場合もあるため注意してください。

今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日