イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

この記事では、イーサリアム(ETH)の価格が今後どうなるのか?についての予想を完全解説します。

12月のイーサリアムは、全体的な仮想通貨市場の落ち込みを抑えて、上昇トレンドとなっており

今後が期待できる様相となっています。

時価総額2位の座でありながら、将来性がビットコインよりも期待できると噂されているイーサリアム。

以下では、そんなイーサリアム(ETH)の今後・将来性が期待される理由を徹底解剖していきます。

2022年イーサリアム(ETH)の今後まとめ
  • 2022年1月1日時点で、前の年の同じ日と比べ、イーサリアム(ETH) は最高値を更新中で期待大
  • イーサリアムは7月以降順調に上昇トレンドを形成中
  • イーサリアムの今後は、ETF承認されるかどうかが爆上げの要
  • 最終更新後のイーサリアム(ETH)は60~70万円が目標
  • アップデートやアプリケーションの増加で今後も価値が上がると予想される
  • イーサリアムを今から始めるなら『1円から投資』を始めることができ、『最短即日で取引開始』なビットフライヤーがおすすめ!
【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

イーサリアム(ETH)の最新チャートで今後を徹底予想


イーサリアム(ETH)は、上昇トレンドで12月をスタートさせました。

月10日以降、ビットコインの再上昇を受けイーサリアム(ETH)も上昇トレンドに転じ

強気の姿勢を見せています。

11月後半の、インドにおける仮想通貨禁止法案の影響を受け、一時は下落傾向にあった仮想通貨市場の影響をもろともせず

イーサリアムは上昇トレンドを形成し、最高高値を更新し続けています。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

イーサリアム(ETH)の今後は価格が上昇する理由【2022年の見通し】

イーサリアム(ETH)が今後、価格が上昇するのではないかと専門家や多くの投資家から注目が集まっています。

その理由や今後の見通しについて解説していきます。

この章のポイント
  • ビットコイン先物ETFを追随するのではないかと予想
  • 大型アップデートへの期待
  • アプリケーションの増加で利用価値も上昇するのでは


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


ビットコインに追随して、イーサリアム(ETH)も先物ETFデビューする

アメリカ初のビットコイン先物ETF(上場投資信託)に続いて、イーサリアム(ETH)に連動するETFも登場するのではないかと期待が寄せられています。

現にオプショントレーダーは、イーサリアム(ETH)への長期的な投資に関心を向け始めています。

シンガポールにある取引企業QCPキャピタル(QCP Capital)によると、2022年3月25日に満期を迎えるイーサの1万5000ドルのコールが大きく買われていることがわかっています。

ビットコイン先物ETFがデビューした直後はビットコインが史上最高値を更新したこともあり、イーサリアム先物ETHも同じような状況になるのではと期待している人もいるといわれています。

イーサリアム(ETH)の大型アップデート

ビットコインETFリリース後にイーサETFへ期待が高まった上に、

イーサリアムではイーサ(ETH)2.0のアップデートも控えており、イーサリアムをより支持する流れになっているのではないかと分析します。

2020年12月1日より、イーサ2.0のアップデートのフェーズ0が開始となり、2021年10月27日には初のアップグレードとなる「アルタイル(Altair)」を実装したと正式に発表されました。

今回のアップグレードは、イーサ2.0に移行するためのウォームアップであり、今後はフェーズ1、フェーズ1.5を経て正式にイーサ2.0へローンチする流れへと進んでいきます。

イーサリアムブロックチェーン上でアプリケーションの開発がすすむ

イーサリアムを活用した分散型アプリケーションが開発され、

イーサ(ETH)が利用できるプラットフォームも増えていくことで、

市場価値も上がりイーサリアムの価格上昇へと繋がっていくのではないでしょうか。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


【AIの予想】イーサリアム(ETH)今後の将来性・価格予想

イーサリアムは今後どういった価格変動が見込まれているのでしょうか。

AIと専門家それぞれの視点から見たイーサリアムの将来性と価格予想を分析していきます。

イーサリアムの今後・将来性<AI>
  • AI価格予想では上昇すると分析
  • あくまでも「大衆心理」による分析結果であることを認識する必要がある

情報収集分析プログラム「webbot」によるイーサリアムの価格予想は「上昇」と予想されています。

webbotとは、ウェブ上に存在するSNSや掲示板、ブログなどの言語を解析対象としており、

感情に関するキーワードからアルゴリズムで測定処理を行い、客観的な価格変動やそれに伴う傾向を数値化することで、株式市場や仮想通貨の価格変動を予想しています。

ただし、このwebbotは人が大衆心理に影響されることを背景に作られたものであり、自然災害や突発的な有事に対する事柄が反映されることはないため、あらゆる側面から予測することはできません。

【専門家の予想】イーサリアム(ETH)今後の将来性・価格予想

イーサリアムの将来性は専門家の間でも注目が集まっています。

今後、イーサリアムはどのような値動きになっていくのか専門家ならではの見解を見ていきましょう。

イーサリアムの今後・将来性<専門家>
  • 売買状況からイーサリアムに需要があると分析された
  • スマートコントラクトの開発でイーサリアムの価値も上昇する
  • DeFi市場の拡大が見込まれる

JPモルガン・チェース:ビットコインよりも需要がある

米国ニューヨークに本拠地をもつ世界有数の金融機関JPモルガン・チェースは、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の先物の購買状況を分析し、

ビットコインよりもイーサリアムへの需要があるというレポート結果を提出しました。

レポートによると、ビットコインの先物価格と現物価格の差の移動平均は、9月に弱まり、プラスからマイナスへ下落しています。

一方、イーサリアムの先物価格と現物価格の差はプラスのままさらに広がりを見せているようです。

2021年8月からの一カ月で、ビットコインは10%近く下落しているのに対し、イーサリアムは5%にとどまっていることからも、イーサリアムの方が健全であるという結論を出しています。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


英紙インディペンデント:イーサリアム(ETH)は2025年に2万ドル

2021年5月12日、英紙インディペンデントは35名の学者やアナリストに行った、イーサリアムを対象とした調査内容を公開しました。

2021年におけるイーサリアムの上昇余地は平均で4,5121ドル、2025年までで1万9,842ドルという結果になったようです。

ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンのPaul Ennis助教授は、イーサリアムは2021年以内に1万ドルを超えると見込んでおり、

「大きく過小評価されている」と支持しています。

ノッティンガムトレント大学の准教授Jeremy Cheah氏は、「スマートコントラクトの開発が進み、DeFiの需要が広がればイーサリアムの価値も上がるだろう」と、今後のアップデートに期待する意見を述べました。

さらにイーストロンドン大学の上級講師Iwa Salami氏は、DeFiを高く評価しており「イーサリアムのDeFi市場拡大に向けた開発は有望である」と主張しています。

米ファインダー社:イーサリアム(ETH)は2030年に7.2万ドル

米ファインダー社が2021年8月18日公開した42名の専門家を対象に行った調査の結果、

2025年のイーサリアムの価格予測は平均約1.8万ドル、2030年までに約7.2万ドルとなりました。

Trade the Chainの共同創設者であるRyan Gorman氏は、2030年末までに10万ドルを超えると大きく予測しました。

理由として、「DeFiをはじめとするイーサリアムのブロックチェーン上に構築されるアプリケーションは、今後急速な成長を見込んでおり、最終的に世界で最も価値のある仮想通貨になるだろう」と強気な発言を示しています。

また、西オーストラリア大学のLee Smales准教授は「基本的にビットコインよりイーサリアムの方が利便性が高い」と評価しており、最終的にはビットコインを超える価値があると述べました。

イーサリアム(ETH)の今後に影響を及ぼすイベント

イーサリアムは、このままいけば価格上昇も望めることがわかりました。

ただ、仮想通貨は変化を伴うことが当たり前であり、十分に期待できる根拠が揃っているからといって安心はできません。

そのため、常に外部からの影響もあることを知っておく必要があります。

今後、イーサリアムに影響を及ぼすイベントとしてどんなことが挙げられるでしょうか。

イーサリアムに影響を与えるイベント
  • ビットコインの値動きと連動している
  • アップデートによるアプリケーションの実用化
  • 世界各国で仮想通貨を規制強化する動き

ビットコインの値動き

ビットコインの時価総額は1位、イーサリアムは2位であることから、イーサリアムの値動きはビットコインと連動性が非常に高い傾向にあるとされています。

ビットコインに上昇傾向が見られれば、イーサリアムもそれに連動する可能性が高いですし、その逆も考えられますので、ビットコインの動向も合わせて注視する必要があります。

実用化の発表

2020年12月より最終アップデートである「セレニティ」が完了し、2021年10月27日実装されたと発表されました。

これに伴い、10月29日には5月に記録した史上最高値4,379ドルを超え、4,402ドルにまで上昇しています。

アップデート後には先物ETFデビューも期待されていることから、多くの投資家による強気な動きが続いています。

世界各国の規制の動き

米国、中国、日本など世界各国で仮想通貨の規制強化する動きが出てくるケースが考えられます。

仮想通貨を利用した詐欺などを未然に防ぎ、健全に取引できるようにマーケット環境の整備が必要なことからも、規制する動きは懸命といえます。

しかし、仮想通貨の値動きは大きく、短期的な規制でも下落する可能性は十分にありえるため、イーサリアムも影響は避けられないでしょう。

イーサリアム(ETH)にこれまでの価格推移【2015年〜2022年】

イーサリアムは、今でこそ時価総額2位というアルトコインではビットコインに追随する仮想通貨に成長を遂げていますが、これまでの歴史の中でどういった値動きをしていたのでしょうか。

2015年から2022年までの価格推移を振り返ってみましょう。

イーサリアムの今までの動き
  • 最初の高騰は2016~2017年、上昇率は7300%
  • 2018年にはG20が影響し、下落
  • 2020年末の大型アップデート開始を機に高値を更新

イーサリアム(ETH)の2021年上半期の価格推移

2020年12月に最終アップデート「セレニティ」の開始を皮切りに、

2021年に入ってからも高値を更新し続け、2月初旬にはそれまでの高値約1,420ドルを抜き去り、5月には4,379ドルを記録しました。

イーサリアム(ETH)の2021年以前の価格推移

イーサリアムが最初に高騰したのは2016~2017年頃でした。

本格的に上昇が見え始めたのは2017年前半になってからで、2016年に概ね10ドル前後を推移していたのが2017年は740ドル前後で取引を終えています。

上昇率は実に7,300%と驚異的な数字となっています。

2017年は仮想通貨元年といわれており、仮想通貨自体の価格上昇によるものや、EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)が発足されたことで、イーサリアムがビジネスで実用性のある通貨だと見込まれたことも背景にあります。

2017年10月には大型アップデート「ビザンチウム」が行われましたが、その前後で価格変動は見られませんでした。

2018年1月には最高値1400ドルを超え、その後調整が入った頃に3月に行われたG20(ブエノスアイレス・サミット)での宣言で仮想通貨に対する懸念が盛り込まれ、マーケット内で規制強化の意識が高まり、イーサリアムもさらに下落を強めていきました。

2020年に入り、2~3月に急落後はほぼ右肩上がりに上昇しました。

年末には700ドルまで回復しています。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、主要国による救済措置として経済支援や金融緩和が行われ、仮想通貨市場に資金が流入したことが要因とされています。

ビットコインを超える?そもそもイーサリアム(ETH)とは

仮想通貨として今も高い評価を得ているビットコインですが、それを今後上回ると大きく期待されているイーサリアム(ETH)とは、一体どういった仮想通貨なのでしょうか。

イーサリアムの特徴
  • スマートコントラクト
  • 注目される「NFTアート」
  • ブロック生成時間がビットコインの約40分の1

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムの大きな特徴は、スマートコントラクト(自動契約技術)によってブロックチェーン上にアプリケーションの記録や契約内容を保存することで、改ざんが不可能な状態にすることができます。

また、イーサリアムはNFTという分野でも注目が集まっています。

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、市場での取引や利益がブロックチェーン上に記録される仕組みです。

近年、NFTを利用したアート作品の売買が市場で賑わいをみせています。

NFTとしてイーサリアムでアート作品を購入すると取引や利益がブロックチェーン上に記録され、記録された購入履歴は、作品の所有権が自分にあることや、作品が本物であることの証明にもなるのです。

通貨略称 ETH 送金時間 15秒
発行上限 上限なし 時価総額 約52兆円
発行開始日 2015年7月30日 中央機関 なし
特徴 ・スマートコントラクト機能
・分散型アプリケーションのためのプラットフォーム
・NFTで注目
取扱国内取引所 ・DMMビットコイン
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・コインチェック
・ビットバンク

*2021年10月28日時点

ビットコインとの違い

ビットコインとイーサリアムでは、仮想通貨として開発された目的が違います。

ビットコインは、法定通貨のような制度に縛られず、国際的な決済や送金手段として誕生しました。

一方、イーサリアムは分散型アプリケーションのプラットフォームとして開発されています。

また、送金時間でも差が見られます。

これはブロック生成時間の差が影響しており、ビットコインのブロック生成時間は10分毎に対し、イーサリアムは約15秒と非常に速いスピードで完了します。

つまり、イーサリアムはビットコインの約40分の1の速さで取引を終えることができるため、投資家にとって大きなメリットとなっています。

イーサリアム(ETH)の購入におすすめな仮想通貨取引所

イーサリアムの購入におすすめな仮想通貨取引所
  • 第1位:ビットフライヤー
  • 第2位:コインチェック
  • 第3位:DMMビットコイン
  • 第4位:GMOコイン

ビットフライヤー

bitFlyer_イーサリアムの今後

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(3.5)
bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコインの国内取引量 No1で、プロも使っている!
  • 1円から仮想通貨投資を始めることができる
  • 売買取引手数料から、FX取引手数料まで全て無料
仮想通貨取引所名 ビットフライヤー(コインチェック)
最低取引数量 1円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料、クイック入金:無料〜330円(税込)*
送金手数料 BTC:0.0004BTC/XRP:無料 /ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨(日本最多)

*住信SBIネットの場合のクイック入金:無料 /、それ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)

ビットフライヤーは、ビットコイン(BTC)の流通量が6年連続国内No.1*であり、利用者が多く比較的相場が安定した仮想通貨取引所です。* Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

13種類の銘柄が100円から購入できます。

コールドウォレットと呼ばれる管理方法を採用しており、仮想通貨取引所対象セキュリティ調査で世界No.1の評価を得ています。

また、仮想通貨の送金手数料も国内最安値基準で、お得に仮想通貨の送金が可能です。

特に初心者の方で、これから仮想通貨投資を始める方は、『ビットフライヤー』を最初の口座として選んで失敗はないでしょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コインチェック

イーサリアムの今後_コインチェック

コインチェックの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.5)
コインチェックのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では16種類と最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨(日本最多)

コインチェックは、2021年10月現在国内の取扱銘柄数No.1の仮想通貨取引所です。

ビットコインをはじめとする17種類の銘柄を選べるので、自分の好みに合う仮想通貨を売買することができます。

500円という少額から購入できますので、初心者でも安心して始められる取引所となっています。

\ 最短 即日 で取引開始! /

DMMビットコイン

DMMBitcoin_イーサリアムの今後

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(4.0)
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 12通貨

DMMビットコインは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

取り扱っている仮想通貨12種類すべてでレバレッジ取引が可能となっており、国内取引所でのFX取扱銘柄数No.1を誇っています。

販売所形式で取引が行われているため、初心者でも簡単に購入できます。

GMOコイン

GMOコイン_イーサリアムの今後

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットグループ会社を親会社に持つ仮想通貨取引所です。

スマートフォンから最短10分で口座開設が完了しますので、すぐに取引が始められます。

専用アプリの使いやすさにも定評があることからも、オリコン顧客満足度1位を獲得しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です