IOST(アイオーエスティー)とは?今後の価格予想・将来性を徹底解説

最近話題のIOST(アイオーエスティー)ってなに?

IOST(アイオーエスティー)で利益を得るために、将来性や価格が上がる可能性について知りたい!

2020年ごろから日本でも扱われている、今人気の仮想通貨(暗号資産)であるIOST(アイオーエスティー)です。

格闘家兼YouTuberの朝倉未来さんが購入後、1億円を超える資産になったことでも有名です。

そもそも、IOST(アイオーエスティー)とはどのような仮想通貨なのでしょうか。

IOST(アイオーエスティー)の今後や将来性、価格が上がるタイミングについて解説するので、目新しい暗号資産に興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね!

IOST(アイオーエスティー)のポイント
  • IOST(アイオーエスティー)は今後価格が上昇すると期待できます
  • IOST(アイオーエスティー)は新しい通貨なので、振り幅が大きい
  • IOST(アイオーエスティー)は上級者向けの仮想通貨です
  • まずは、初心者向けの「DMMビットコイン」でビットコインなどのメジャーな仮想通貨で投資をするのがおすすめ

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
LINE BITMAX line bitmax LINEPAYとの連携で便利に使える! 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

目次

IOST(アイオーエスティー)のリアルタイムチャート

 


2022年8月17日の時点でIOSTの価格は2.06となっています。

5月は仮想通貨市場全体の値下がりに合わせて、価格が2日で-20%下落しました。

8月現在はビットコインの価格変動に引っ張られるように上昇トレンドに転じています。

このまま価格が上がれば、IOSTを高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

【2022年8月版】押さえておくべきIOST(アイオーエスティー)の値動きポイント

有利なタイミングでIOST(アイオーエスティー)を買いたい!

IOST(アイオーエスティー)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみた、IOST(アイオーエスティー)の値動きを解説します。

8月のポイント
  • ビットコインの下落に伴い5月に価格を落としたものの、7月に上昇トレンドに転じる
  • 8/1現在価格はやや回復しているが、このままどっちのトレンドに乗るのかまだ観察が必要なタイミングだろう
  • ビットコイン、イーサリアムとほぼ同じようなチャートの動きをしているので、仮想通貨市場全体の動きを大きく見ていく必要がある
  • 直近最安値で再度反発でき、底値付近から+50%以上上昇した
  • 8月以降のファンダメンタル要素にも注目

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

IOST(アイオーエスティー)の3月下旬の出来事

IOST(アイオーエスティー)に関しては、3月のイベントが豊富であり、今後以下のようなイベントがありますので、価格に影響しました。

  • メインネットアップデート
  • 新しいplay2earnNFTプロジェクトとの提携
  • クロスチェーンブリッジ

IOST(アイオーエスティー)の8月の価格動向予想

IOSTは草コインなのでビットコインの値動きと相関することが多いです。

2月から3月にかけて、ビットコインは上昇トレンドの兆しを見せ始めています。

そして、3月にビットコインが急騰してから連動して、IOSTの価格も大幅に上昇しました。

しかし、5月頭に仮想通貨市場全体で冷え込みがみられ、価格が下落。

7月に入り、上昇トレンドに転じ、8月現在も価格の上昇が続いています。

今後、ビットコインが強気相場に転換していけば大きな上昇も期待できそうです。

まずはチャート分析です。

Tradingview

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の0.012$(1.5円)が水平サポートとして機能しており、6月はこちらを現在試すような形となっています。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、0.028$を超えられれば、次は0.031$あたりが抵抗帯となっていました。

3月は0.21$で底を固めて反発し、3月末にかけて、大きく急騰し、0.355$-0.36$あたりの抵抗帯まで上昇しています。

今後は、0.36$付近を明確に上抜けできれば、0.39$,0.43$あたりまでの上昇も期待できる展開となってます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

IOST(アイオーエスティー)とは?

通貨単位 IOST
取扱取引所 コインチェック
時価総額(2022年7月) ¥33,327,672,441
時価総額ランキング 108位※
公式サイト https://iost.io/

※2022年7月2日時点

IOST(アイオーエスティー)とは、「Proof of Believability」というコンセンサスアルゴリズムを基盤とした分散型ブロックチェーンネットワークです。

もともと、海外で取り扱われていた仮想通貨ですが、近年コインチェックで取り扱いを開始し国内初上場を果たしました。

2022年8月時点で、IOST(アイオーエスティー)を扱っている仮想通貨取引所はコインチェックのみですが、今後増えていくと予想されます。

\ 最短 即日 で取引開始! /

 

IOST(アイオーエスティー)とは
  • IOST(アイオーエスティー)と他の通貨の違い
  • IOST(アイオーエスティー)が普及するとどうなる?

IOST(アイオーエスティー)と他の通貨の違い

IOST(アイオーエスティー)は他の仮想通貨に比べて注目されるメリットがあるのでしょうか。

他の通過との違いともいえるIOST(アイオーエスティー)の特徴は以下の通りです。

こIOST(アイオーエスティー)の特徴
  • 処理速度が速く、送金がスピーディ
  • 独自のアルゴリズムを採用
  • JavaScriptで開発できるので参入障壁が低い
  • EDS採用でネットワーク作業スピードが速い
  • コンピューター端末の負担が軽い
  • 医療分野で実証実験が行われている
  • DeFi関連なので価格が左右されやすい

IOST(アイオーエスティー)の大きな特徴は、処理スピードが速いことです。

取引量が増えると送金スピードが遅くなったり、手数料が高額になったりする他の通過に比べて非中央集権を実現しているため、環境に関わりなく処理速度が速いまま取引できます。

IOST(アイオーエスティー)が普及するとどうなる?

独自のコンセンサスアルゴリズムを使っているIOST(アイオーエスティー)は、クレジットカード同様にブロックチェーン技術を使ってさまざまなサービスを活用できます。

まだ開発段階ではありますが、再生可能エネルギー電力を取引するためのシステムや精密医療・患者に関するデータ管理などの開発にIOST(アイオーエスティー)が大きくかかわっています。

さらに、アプリケーションの開発にもIOST(アイオーエスティー)は便利なプロジェクトです。

IOST(アイオーエスティー)の処理速度
  • ビットコイン: 6件/秒
  • イーサリアム:15件/秒
  • アイオーエストークン:8000件/秒

処理速度の速いIOST(アイオーエスティー)は、世界的に知名度の高いベンチャーキャピタルも注目しています。

Googleやウーバーテクノロジーズなどの大企業から、プロジェクトメンバーが参画している点もポイント。

将来、IOST(アイオーエスティー)が世界中に普及すると、スピードを重視するさまざまなジャンルの開発に役立つでしょう。

IOST(アイオーエスティー)の将来性に期待が持てる理由

IOST(アイオーエスティー)の取引に参加してみたいけど、この先の価値はどうなっていくんだろう。

現在はコインチェックでのみ取引が行われているIOST(アイオーエスティー)は、500円という小額から購入できます。

しかし、実際に手を出す前に将来性を期待できる理由について知っておきたいと思われるでしょう。

IOST(アイオーエスティー)の将来性
  • コンセンサスアルゴリズム「PoB」により処理速度が高速
  • 暗号資産のスケーラビリティを解消する「EDS」を採用している
  • 分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォーム

では、それぞれの理由について一つずつ解説していきましょう。

理由①コンセンサスアルゴリズム『PoB』

仮想通貨を送金するときには双方の承認作業が必要です。

IOST(アイオーエスティー)では、取引承認方法つまりコンセンサスアルゴリズムに独自方式の「PoB」を採用しています。

「PoB」は非中央集権のブロックチェーンを生み出し、セキュリティ強化や中央集権に関わらず取引が可能です。

ビットコイン・イーサリアムなどは「PoW」という方式を採用しているためスケーラビリティに悩まされていますが、その問題を解決するためにIOST(アイオーエスティー)では「PoB」が使われています。

理由②暗号資産のスケーラビリティを解消する『EDS』

EDSつまり効率分散型シャーディングと呼ばれる技術を採用している点も、将来性が期待できる一つの理由です。

トランザクションに関わる作業の分割・並行が可能になるため、ネットワーク上の作業スピードが格段にアップします。

EDSを活用していれば、処理に手間取らなくなるため送金スピードは速く、手数料の節約にもつながります

理由③分散型アプリケーションの開発プラットフォームを活用

IOST(アイオーエスティー)が多くの投資家から期待される仮想通貨になっている理由の一つは、分散型アプリケーションの開発プラットフォームを活用しているからです。

中央管理者不在で、ブロックチェーンを用いて分散管理されるIOST(アイオーエスティー)は今後ゲームやDEXなどでさまざまなサービスに利用されるでしょう。

イーサリアムはさまざまなサービスやコインのベースになっているプラットフォームですが、IOST(アイオーエスティー)もブロックチェーンの基盤としてのはたらきをしています。

IOST(アイオーエスティー)の今後の価格・将来性は?

一時、IOST(アイオーエスティー)の価格は暴落していたはずだけど、今後の価格や将来性はどうなる?

2021年に9円ほどに上がっていたIOST(アイオーエスティー)は、ビットコインの暴落に影響されて2円ほどまで価格が下がってしまいました。

しかし、2021年7月には価格上昇をはじめ2か月ほどで7円ほどまで回復しています。

暴落するタイミングはあるものの、IOST(アイオーエスティー)に注目している人が多いだけあって現在も価格上昇の見込みが高い仮想通貨と言えるでしょう。

また、現在はコインチェックのみで取り扱いされているIOST(アイオーエスティー)も、購入できる取引所が増えれば更なる価格上昇を期待できます。

IOST(アイオーエスティー)の2月下旬の出来事

2022年に入り、更なるサービス向上を通して進めており、IOSTはNFTの領域でも開発を続けています。

ターゲット市場についてですが、IOSTは、日本、韓国、中国といった既存の強力な市場に取り組む一方で、インドなどアジアの特定のターゲット国での成長をさらに推し進める予定です。

2月は、昨年12月の直近安値付近で2番底をつけたことで、反発し、中旬にかけて上昇しました。

IOST(アイオーエスティー)の7月の価格動向予想

IOSTは草コインなのでビットコインの値動きと相関することが多いです。

5月から6月にかけて、ビットコインは大きな値下がりを見せました。

今後、ビットコインが強気相場に転換していけば大きな上昇も期待できそうです。

IOST(アイオーエスティー)の価格は、再度3円あたりまで高騰する可能性があります。

まずはチャート分析です。

Tradingview

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の0.012$(1.5円)が水平サポートとして機能しており、こちらを現在試すような形となっています。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、0.028$を超えられれば、次は0.031$あたりが抵抗帯となります。

 

IOST(アイオーエスティー)の価格が上がる可能性のあるタイミング

IOST(アイオーエスティー)の価格上昇を期待できるタイミングっていつだろう。

どうせ新しい仮想通貨「IOST(アイオーエスティー)」を購入するなら、価格上昇が期待できるタイミングで取引したいと思われるでしょう。

IOST(アイオーエスティー)の価格上昇が期待できるタイミング
  • IOST(アイオーエスティー)の関する重要ニュースが出る時期
  • ビットコインが伸長しているタイミング
  • IOST(アイオーエスティー)が仮想通貨取引所に上場するタイミング
では、過去の事例を参考にしながらIOST(アイオーエスティー)の価格が上がるタイミングについて考察してみましょう。

IOST(アイオーエスティー)に関する重要ニュースが出るタイミング

IOST(アイオーエスティー)は頻繁に、暗号資産やトークンを配布するイベント、エアドロップを行っています。

例えば、2018年7月に海外の取引所「Binance」でエアドロップが行われたときには、1ユーザーあたり100IOSTが配布されました。

エアドロップ直前の5月にはIOST(アイオーエスティー)の価格が一時的に上昇しています。

また、2019年5月にDappRadarで実施されたエアドロップを受けて、同時期にIOST(アイオーエスティー)の価格が一時的に上昇しているのも注目できます。

このように、エアドロップなどイベントに関する周知やIOST(アイオーエスティー)についての重要なニュースが出るタイミングは価格が上昇するでしょう。

参考記事:https://coincheck.com/ja/article/441?category_id=29#i3-1

ビットコインが上昇しているタイミング

IOST(アイオーエスティー)の価格上昇が期待できるタイミングとして、ビットコインが上昇しているときを挙げられます。

暗号資産全体が好況なタイミングでは、最近上場したIOST(アイオーエスティー)も価格が比例して上昇するのです。

これまでのビットコインとIOST(アイオーエスティー)のチャートを重ねてみれば、価格自体はビットコインより低いもののビットコインの価格変動に沿っていることが分かるでしょう。

参考記事:https://coincheck.com/ja/article/441?category_id=29#i3-1

IOST(アイオーエスティー)が仮想通貨取引所に上場するタイミング

2020年9月にコインチェックがIOST(アイオーエスティー)の取り扱いを開始したタイミングで、価格は24時間で約27パーセント上昇しました。

世界中の投資家が注目している仮想通貨なだけあって、日本上場した新しいIOST(アイオーエスティー)に期待している人は多いからでしょう。

今後、コインチェック以外の仮想通貨取引所でIOST(アイオーエスティー)の取り扱いが開始されれば、同タイミングでIOST(アイオーエスティー)の価格が上昇すると考えられます。

参考記事:https://jp.cointelegraph.com/news/iost-is-just-listed-on-coincheck-iost-foundation-focus-of-community-activity-in-japan

IOST(アイオーエスティー)を買う方法

]将来性が期待できるIOST(アイオーエスティー)なら、ぜひ購入したいからどこで手に入れられるのか知りたい。

では、IOST(アイオーエスティー)はを買う方法について解説しましょう。

IOST(アイオーエスティー)を買う方法
  • IOST(アイオーエスティー)を安全に買うなら国内仮想通貨取引所
  • 仮想通貨取引所の登録手順

IOST(アイオーエスティー)を安全に買うなら国内仮想通貨取引所

IOST(アイオーエスティー)を購入するには、国内の仮想通貨取引所を利用するしか方法がありません

コインチェックでのみ、IOST(アイオーエスティー)は取引されているため、コインチェックにアカウントを作成すれば購入できます。

仮想通貨取引所の登録手順

コインチェックの販売所でのみ、IOST(アイオーエスティー)を購入できます

提示されたレートで買ったり売ったりできるので、頭を悩ませる必要はなく初心者でも取引しやすいでしょう。

コインチェックの登録手順
  1. アプリまたはPCでアカウント登録をする
  2. 本人確認をする
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 二段階認証を設定して完了

コインチェックに口座開設していれば、販売所でIOST(アイオーエスティー)を選択し、購入をタップすればよいだけです。

IOST(アイオーエスティー)が買えるおすすめの取引所

2021年11月の時点で、IOST(アイオーエスティー)を購入できる取引所はコインチェックのみです。

コインチェックの魅力ポイント
  • 国内仮想通貨取引所で唯一IOST(アイオーエスティー)を扱っている
  • アプリで簡単にIOST(アイオーエスティー)を購入できる
  • 売買手数料が無料

コインチェックでは、500円という小額からIOST(アイオーエスティー)を購入できるおすすめの取引所です。

IOST(アイオーエスティー)に関するよくある質問

IOST(アイオーエスティー)の概要や今後の見通しについて解説してきました。

最後に、IOST(アイオーエスティー)についてよくある質問にお答えしましょう。

IOST(アイオーエスティー)のポイント
  • IOST(アイオーエスティー)はどこの取引所で買える?
  • IOST(アイオーエスティー)の重大発表はいつ公開される?
  • IOST(アイオーエスティー)の2022年の上場先は?

IOST(アイオーエスティー)はどこの取引所でかえる?

国内では、コインチェックの販売所のみです。海外取引所では、Binanceやbybitなどの主要な取引所で購入できます。

IOST(アイオーエスティー)の重大発表はいつ公開される?

正確な日付は把握できませんが、定期的にエアドロップが行われているため動向には注意しておきましょう。

IOST(アイオーエスティー)2022年の上場予定は?

OKCOIN JAPANでの取り扱いが開始される予定です。

\ 最短 即日 で取引開始! /

まとめ。IOST(アイオーエスティー)に投資しよう!

IOST(アイオーエスティー)のまとめ
  • IOST(アイオーエスティー)はプラットフォームとしてはまだまだ採用の少ない通貨
  • IOST(アイオーエスティー)はDefiやNFTの分野ではまだ新しく伸び代や期待値が高い
  • 現状国内ではコインチェックでのみ取引可能

IOSTは以前はトップ40-50位程度の時価総額ランキングに含まれていましたが、現在はトップ100位圏外に落ちています。

仮想通貨の世界では、すべてが非常に速く動き、特にビットコインやイーサリアムのように確立された主要通貨でない限りは、浮き沈みを繰り返します。

2020年から、誰もが収穫農業に夢中になっており、流動性を提供するだけでガバナンスを正しく付与するDeFiトークンの傾向が続いています。

IOSTの問題は、トレンドに適応していないことです。ほとんどのプロジェクトはETHでDeFiプロトコルを構築し、他のいくつかのプロジェクトはPolkadot、Cosmos、Tron、またはNEOで構築します。

しかし、IOSTのDeFiプロトコル、少なくとも成功したプロトコルについて聞いたことがある人はほとんどいなく、IOSTのトレンドは長くは続かず、再び低迷を続けています。

IOSTの次のステップは?

IOSTが暗号トレーダーの目に再び関連性を持ちたい場合、それはそれ自体を再発明することができなければなりません。結局のところ、これはすべてのDApp向けに設計されたブロックチェーンプラットフォームです。

これまでのところ、IOSTのDeFiプロトコルはうまく機能しておらず、DeFiの次のプラットフォームとしてそれ自体を売り込む必要があります。

結局のところ、イーサリアムは多くのガス問題に苦しんでいるため、IOSTがはるかに効率的なスマートコントラクトエコシステムとして新規ユーザーを獲得するチャンスです。

また、今後国内取引所でも取り扱いがどんどん増えてくる可能性も高いです。

今後の展開や動向に注目していきましょう!

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
8/1まで即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日