モナコイン(MONA)の今後は上がらない?将来性・価格予想を徹底解説!

モナコイン (MONA)は2014年に生まれた仮想通貨(暗号資産)で、日本発信のコインとしても有名です。

日本で生まれた仮想通貨ということで注目を集めていましたが、現在チャートは安定しています。

一時、高騰するニュースなどもあったことから注目度が高い仮想通貨ですが、今後の価格すいや将来性はどうなのでしょうか。

この記事ではモナコインの特徴や過去の価格推移、将来性などを解説します。

仮想通貨モナコイン (MONA)とは
  • モナコインは2014年に生まれた仮想通貨
  • 日本発祥の仮想通貨
  • 投げ銭として利用されることが多い
  • Segwit」を世界で初めて導入した
  • モナコインを購入できるおすすめ取引所は「bitFlyer
【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

目次

モナコイン(MONA)のリアルタイムチャート


 

モナコイン(MONA)とは?

通貨名 MONA COIN
単位 MONA
時価総額ランキング 498位
供給量 105,120,000 MONA
特徴 ・2chが発祥になっている日本の仮想通貨
・投げ銭として使われていた
・「Segwit」を世界で初めて実装
国内取扱取引所 コインチェック
DMMビットコイン
ビットフライヤー
GMOコイン
ビットバンク
Zaif
フォビジャパン

2022年1月2日現在

モナコイン(MONA)とは
  • 2chが発祥日本生まれの仮想通貨
  • ツイキャスやTwitterにおける投げ銭として有名に
  • 「Segwit」を世界で初めて導入
  • 決済手段としても人気が高い


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


2chが発祥の日本の仮想通貨

様々な仮想通貨の種類がありますが、モナコイン(MONA)はその中でも珍しい存在です。

なぜなら日本の巨大匿名掲示板「2ch(現5ch)」が発祥になっているからです。

ソフトウェア板のわたなべ氏という人物によって、2013年12月23日にβ版がリリースされ、正式版は2014年1月1日にリリースされました。

アイコンのモチーフにはアスキーアートの「モナー」が使われていて、その可愛さから人気を博しています。

そのモナコイン(MONA)は日本発祥というせいか、保有者の大半は日本人だといわれています。

モナコイン(MONA)関連の情報も日本語で書かれたものが多く、日本人にとっては利用しやすい仮想通貨のようです。

取引の9割以上も日本国内の取引所で行われるなど、日本人向けの仮想通貨の色合いも強いです。

ツイキャスやTwitterと連携した投げ銭が有名

もう一つのモナコイン(MONA)の特徴は投げ銭として利用されていたこと。

以前は、ライブ配信サービス「ツイキャス」や「Twitter」などとも連携し、モナコイン(MONA)を送金する投げ銭が活発に行われいていました。

現在でも神社の建立、語呂合わせの投げ銭など、他の仮想通貨には見られない使われ方がされています。

Segwitと呼ばれる技術を世界で初めて実装した通貨

「Segwit」を世界で初めて実装したのもモナコイン(MONA)の特徴。

「Segwit」とは、トランザクションから電子署名をブロックチェーン外に移すことでデータ量を圧縮する技術のことです。

この技術で、ビットコインなどが悩んでいたスケーラビリティ問題が解決し、取引時間の短縮化に成功しました。

その結果、取引時間は1分30秒程度になり、モナコイン(MONA)開発のもとになったライトコインよりも承認時間が約1分短くなったのです。

決済手段に特化しており、根強い人気を誇る

2017年4月1日に施行された「改正資金決済法」により、仮想通貨が正式に決済手段として利用できるようになりました。

その流れに従って、モナコイン(MONA)も決済手段として利用できるようになりました。

リアル店舗でもオンラインショップでも、モナコイン(MONA)で決済ができるお店が出てきています。

特にモナコイン(MONA)を使用した決済方法を「モナ払い」と称する場合もあります。

「モナ払い」ができるリアル店舗については、「MONAMAP(モナマップ)」というサイトにも表示されていますが、今後その数は増えていくでしょう。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


モナコイン(MONA)の今後の将来性・価格予想

モナコイン(MONA)の今後の値動きはどうなるでしょうか。

モナコイン(MONA)を購入しようと思っている人、すでに取引を行っている人にとっては一番気になる点でしょうから、状況を詳しく分析してみましょう。

モナコイン(MONA)の今後の価格や将来性
  • モナコインは価格上昇の可能性を秘めている
  • 2021年末は200円前後の価格を推移
  • 2022年には1,000円を超える可能性もある
【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

モナコイン(MONA)はオワコン?気になる将来性とは

モナコイン(MONA)の将来性は明るいと見られています。

後程将来性が期待できる5つの理由を挙げてみますが、次のような要素が価格上昇の後押しになるとされています。

  • 決済手段としての普及
  • 国内仮想通貨取引所での普及
  • WEBサービスへの活用の普及
  • 海外での普及
  • アトミックスワップ可能仮想通貨としての普及

これらの普及が進めば、モナコイン(MONA)の需要はさらに高まり、価格上昇という展開になることも予想できますね。

2021年末の価格予想:200円前後の価格を推移

モナコイン(MONA)のここ数年の価格推移を見ておきましょう。

2019年の取引開始当時は70円前後でしたが、同年5月31日、仮想通貨取引所のコインチェックがモナコイン(MONA)を新規上場したのを受け、価格が一挙に380円台にまで高騰。

しかし、その後はポジティブなニュースもなく、年末時点では年初時点と同水準程度にまで落ち込みました。

2020年は、1月29日にDMMビットコインがモナコイン(MONA)の取り扱いを開始。

これを好材料として、2月19日には280円まで価格が上昇しました。

その後下落しましたが、9月には半減期を迎え、また価格が上昇し、220円に。

半減期が終わると、価格は下がりましたが、それでも大きな値下がりにはならず、年末の価格は140円程度でした。

次に2021年ですが、仮想通貨全体に活発な動きが見られ、価格上昇展開になります。

モナコイン(MONA)の価格も440円に達しました。

ただ、5月に入ると、中国の金融当局がマイニングの全面禁止を発表するなどネガティブなニュースがいくつか報道され、仮想通貨全体が下落傾向になります。

モナコイン(MONA)の価格も7月24日には140円程度にまで下がりました。

その後は多少の変動はありながらも、11月22日時点で約167円です。

12月11日時点では165円程度ですから。

2021年末の価格予想として、大体160から170円前半で推移すると見ていいでしょう。

2022年以降の価格予想:1,000円に到達するか?

2022年以降のモナコイン(MONA)の価格については、上がるという見方と下がるという見方がありますが、2021年末にGMOコインが取り扱いを始めるなどの好材料もあります。

また、「Segwit」の採用により処理速度が速いのもモナコイン(MONA)ですから、今後決済手段としても普及も広がる可能性が大きいです。

そのため、2022年以降2021年末よりも価格が上昇することもあり得るでしょう。

モナコイン(MONA)は10,000円まで価格が上がる?!将来性が期待できる4つの理由

モナコイン(MONA)の価格が上昇するとする見方には、いくつかの根拠があります。

ここではその根拠のもととなる理由を3つ挙げて、内容を分析してみましょう。

モナコイン(MONA)の将来性に期待できる理由
  • 決済手段として広まる
  • 国内・海外における取引所での扱いが増える
  • アトミックスワップに対応
  • コミュニティによってサービスが充実している
  • ビットコインと価格が連動している


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


決済手段として広まる可能性

多くの仮想通貨はビットコインをサンプルに製作されているので、取引量が増えると、データ容量が不足し、処理速度が大幅に低下するというスケーラビリティ問題を抱えていました。

一方、モナコイン(MONA)の場合、世界初の「Segwit」実装により処理速度が大幅に上昇。

これで決済手段としての仮想通貨利用の障壁が一つ取り除かれたわけです。

そのため、今後モナコイン(MONA)を決済手段として利用する動きが進み、需要も高まり、価格が上昇するのではとも見られています。

決済手段としてモナコイン(MONA)が広まる理由としてもう一つ挙げられるのが総発行枚数の多さ。

総発行枚数が多ければ、決済手段として頻繁に使われても問題は生じません。

国内・海外を問わず仮想通貨取引所での扱いが増える可能性がある

仮想通貨取引所で新たにモナコイン(MONA)の扱いが始まると、そのあとは価格が上昇します。

実際に、2019年5月のコインチェック、2022年2月のDMMビットコインによるモナコイン(MONA)の新規上場時には価格が上昇しました。

海外取引所での上場でも価格が上がったケースもあります。

2021年11月には、GMOコインがモナコイン(MONA)の取り扱いを開始。

モナコイン(MONA)は金融庁に登録されている安心して取引ができる仮想通貨ですから、今後も仮想通貨取引所の取り扱いが増えるものと考えられます。

そうなれば、モナコイン(MONA)の知名度はさらに上がり、流通量も増え、価格上昇という期待も膨らみます。

「アトミックスワップ」に対応

モナコイン(MONA)は、「アトミックスワップ」に対応しています。

「アトミックスワップ」とは、異なるブロックチェーンにある異なる仮想通貨を取引所を経由せずに個人間で取引ができるという技術のこと。

「アトミックスワップ」に対応した仮想通貨はまだ多くありませんが、モナコイン(MONA)なら大丈夫です。

「アトミックスワップ」のメリットの一つが、取引所に資産や個人情報を預けないで済むこと。

これで、取引所を通して詐欺やハッキングに遭う可能性はなくなります。

安心して取引ができるというわけです。

この「アトミックスワップ」が利用できる仮想通貨としてのモナコイン(MONA)の評判が高まれば、利用者も大きく増え、価格上昇の可能性もあるでしょう。

コミュニティによるサービスの充実が期待できる

モナコインは上記でも紹介した通り、2ch発祥の仮想通貨であることから2cmファンの存在も大きいです。

現にモナコインの日本におけるコミュニティは発展しており、その存在を広める活動家も多いです。

また、「Ask Mona」「Monappy」「tipmona」などのサービスが普及しているため、モナコインを利用できる場所も増えています。

投機目的でアルトコインを所有している人が多いですが、モナコインは投機以外にも利用できる部分があるのがメリットです。

ビットコインの価格との連動

モナコインの価格はビットコインとの連動している可能性が高いです。

ビットコインとの連動性を高いため、ビットコインの価格が上昇したタイミングでモナコインを購入するユーザーも少なくありません。

今後もビットコインとの連動性に注目した投資は有効であると言えます。

モナコイン(MONA)は将来性が期待できないと予想する3つの理由

モナコイン(MONA)の価格が上昇するという見方がある一方で、今後価格が上がらないと予想する向きもあります。

その理由はどのようなものか、チェックしてみましょう。

モナコイン(MONA)の将来性が期待できない理由
  • 規制強化の動きがある
  • 海外での普及が進んでいない
  • 供給量が多いため、価値が低下
  • モナコインのサービスが続々と終了している


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


規制強化の動きがある

仮想通貨取引については、各国で規制強化の動きもあります。

規制が強化されると、取引が不活発になり、価格が下落する展開になるかもしれません。

当然、モナコイン(MONA)もそのあおりを受けるでしょう。

具体的な規制の動きとしては、中国では仮想通貨がほぼ全面禁止となっています。

アメリカでは、先物ビットコインETFが上場されましたが、現物は上場申請が却下されています。

今後の動きはわかりませんが、仮想通貨への規制が強化される方向に進めば、モナコイン(MONA)の将来も暗くなるかもしれません。

海外での普及が進んでいない

モナコイン(MONA)は日本の2cnが発祥になっていて、ほとんどの保有者が日本人というだけに海外ではあまり普及していません。

また、日本国内を含めて知名度という点でも不十分です。

それだけに、保有者が今後も増えず、価格が上昇しにくくなる場面があるかもしれません。

モナコイン(MONA)と同様に知名度が上がったのが「ドージコイン」ですが、ドージコイン(DOGE)は海外の取引所に上場しています。

結果的にアメリカの電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスク氏がドージコイン(DOGE)に関する発言をしたことで注目が集まりました。

そのため、ドージコイン(DOGE)の方が海外では有名であり、モナコインが海外で流行する可能性は低いと予想できます。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


供給量が多いのがネックになることも

モナコイン(MONA)の2021年12月11日時点の循環供給量は65,729,675 MONAです。

ビットコインが18,897,868 BTCですから、それよりもかなり多くなっています。

供給量が増えること=人気のある仮想通貨と思いたくもなるでしょうが、実は希少価値が減って、価格の大幅下落につながることがあります。

モナコイン(MONA)にも半減期はありますが、その前に価格暴落という事態も考えられます。

モナコインのサービスが次々と終了している

モナコイン(MONA)に関連したサービスはリリースされていますが、徐々にサービスが終了しています。

終了したモナコインのサービスは下記の通りです。

  • tipmona:Twitterの投げ銭機能(2019年サービス終了)
  • モナバコ:モナコインを付属させてQ&Aサービス(2019年サービス終了)
  • Monazon:モナコインの使い道を見つけられるサイト(コンテンツの閲覧不可)

サービスが利用できなくなっていることから、モナコイン関連のサービス開発は徐々に下火になってくことが予想されます。

\ 最短 即日 で取引開始! /

モナコイン(MONA)におすすめの仮想通貨取引所5選

モナコイン(MONA)の取引を考えている方のために、おすすめの仮想通貨取引所を5つご紹介します。

モナコイン(MONA)におすすめの取引所
  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • DMMビットコイン
  • GMOコイン
  • Huobi Japan

第1位:ビットフライヤー

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(4.5)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

ビットフライヤーの親会社は、株式会社ビットフライヤーホールディングスで、出資会社の中には第一生命や三菱UFJキャピタル株式会社などの有名企業も含まれます。

ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨数は13種類。

モナコイン(MONA)については、2017年10月2日から取引が開始されました。

100円から取引ができるので、とても試しやすくなっています。

ビットフライヤーのスマホアプリやパソコン画面も操作がしやすくなっています。

画面がシンプルで、初心者でも簡単に使える点がありがたいですね。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

第2位:DMMビットコイン

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(4.0)
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 12通貨

DMMビットコインはDMMグループに属する仮想通貨取引所です。

現在の取り扱い仮想通貨数は12種類で、2020年2月よりモナコイン(MONA)取引ができるようになりました。

数百円から取引を始めることができます。

DMMビットコインの特徴としては、口座開設から取引開始まで最短1時間という速さとレバレッジ取引がスマホから簡単にできることです。

第3位:コインチェック

コインチェックの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(3.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(3.5)
コインチェックのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では16種類と最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨(日本最多)

コインチェックは、東証一部上場のマネックスグループ株式会社のグループ企業です。

そのため、信頼性は抜群です。

コインチェックは現在、国内最大の17種類の仮想通貨を扱っていますが、モナコインは2019年6月5日から取り扱いを開始しました。

最低購入価格は500円で、モナコイン(MONA)取引が初めての人でも安心して利用できる仮想通貨取引所です。

コインチェックのアプリは操作がしやすいと評判です。

2021年6月にはアプリダウンロード数も415万を突破するほどの人気ぶりとなっています。

アプリの管理画面も見やすく、使い方もすぐに覚えられるなど、利用者よりの内容になっています。

\ 最短 即日 で取引開始! /

第4位:GMOコイン

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

GMOコインはGMOインターネットグループに属した仮想通貨取引所です。

現在の取り扱い仮想通貨数は16銘柄で、モナコイン(MONA)は2021年12月1日より取引開始となりました。

最低購入金額は1,000円未満からです。

GMOコインの最大のメリットは、口座開設申し込みから取引開始まで最短10分しか掛からないことです。

モナコイン(MONA)に興味が出て、取引しようと思い立ったら、すぐに取引ができます。

2倍のレバレッジが掛けられる仮想通貨FXサービスもあります。

第5位:Huobi Japan

Huobi Japanはフオビジャパン株式会社が運営している取引所です。Huobi Japanは最低取引額が安いことから、初めてモナコイン(MONA)を購入する方におすすめです。

Huobiグループはセキュリティ水準が世界最高水準と言われており、少額からでも安心して取引できます。

また、取り扱い銘柄もモナコイン(MONA)を含めて14種類であるため、モナコイン以外の通貨の取引も可能です。

世界的に有名なHuobiグループが運営していることから、仮想通貨取引をこれから始める人にとっても信頼できる取引所です。

モナコイン(MONA)のよくある質問

これまでの説明で、モナコイン(MONA)取引を開始してみようかなと思った人もいるでしょう。

ただ、まだ不安である、迷っているという人もいるかもしれません。

そんな人たちのために、モナコイン(MONA)に関するいくつかの疑問にお答えします。

これで不安を解消していただければと思います。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


モナコイン(MONA)の価格は今後も上がる?

モナコイン(MONA)は、今後決済手段としての利用が進むのではないかと見られています。

現在も、一部の小売店、飲食店、オンラインショップでの利用が行われています。

この動きが加速すれば、価格も上昇していくでしょう。

また、取り扱いをする仮想通貨取引所が増えれば、需要も伸び、価格上昇の可能性があります。

モナコイン(MONA)の価格が上がらないという噂は本当?

一方で、モナコイン(MONA)の価格が上がらないという噂もあります。

その一番の理由は、知名度が低いこと。

知名度が低ければ、ユーザーも増えませんから需要も停滞気味に。

海外での取引数も少なく、今後価格が上がらない可能性も否定できません。

国内にモナコイン(MONA)が使えるお店はあるの?

国内でモナコイン(MONA)が使えるお店は、2021年9月時点で50店舗以上あります。

リアル店舗からオンラインショップまで、今後増加していくと見られています。

モナコイン(MONA)の半減期はいつ?

モナコイン(MONA)は3年に1度くらいの頻度で半減期を迎え、発行量を調整しています。

第1回は2017年、第2回はその3年後の2020年でした。

次は2023年ころになる見込みです。

半減期の前後になると、モナコイン(MONA)の価格が変動しやすくなりますから、注意深く値動きを追っていきましょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です