モナコイン取引所おすすめ5選|買い方や手数料、将来性、選び方を解説

モナコインと聞いて皆さんはどんなことをイメージするでしょうか?

どんなことであれ、仮想通貨としてイメージできるのであればまだいい方です。

そうなんです、このモナコインという仮想通貨は、その認知度はビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨と比べると、

流通が小さいマイナーな仮想通貨として数えられます。

そのため、ビットコイン等と比較してしまうと、取り扱いを行っている取引所等が非常に限定されているという事実が存在します。

こうすると読者の皆様の中には「そんな認知度のない仮想通貨に投資するなんて、非常に馬鹿げている!」

と最初から拒否反応を示す方も大勢いらっしゃることでしょう。

モナコイン取引所のまとめ
  • モナコインは日本で生まれた仮想通貨で、2ちゃんねるのキャラクターがモデルとなっている
  • モナコインとは、コアなファンがいるニッチな仮想通貨
  • インターネット上の取引で用いられることが想定されており、実用性も実装している
  • 現在モナコインを購入できる国内取引所は5つ
  • 中でも500円からモナコインを購入できる『bitFlyer』がおすすめ
  • 今なら、最短即日で取引ができる!
【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

モナコインとは?将来性や価値を解説

モナコインには魅力的な理由が4つほどあり、将来に向けて価格が飛躍的に向上する可能性に富んでいます。

モナコインの将来性
  • ある程度の実用性を実装していること
  • 通貨の総発行枚数・新規発行枚数に上限が設けられていること
  • 時価総額が小さいこと
  • 認知度が低いこと

実用性を実装している

1つ目は、「ある程度の実用性を実装していること」です。

このモナコインは、日本で生まれた仮想通貨の1種であり、2ちゃんねるを意識してインターネット上の様々な取引きで用いられることを想定した構造となっております。

このように言われても、モナコインの実用性に疑問を持つ方もいるかもしれませんが、インターネット上での利用価値を計算する目安として「メトカーフ」の法則というものがあります。

この法則によると、そのインターネットの価値は、利用者の2乗に比例することになります。

すなはち、インターネット上でのモナコインの総合的な利用頻度が今後2倍になれば、モナコインの価値は単純計算で約4倍になるというものです。

このように、将来の更なる利用者・利用頻度増大が見込めるインターネットと共に歩むモナコインは将来性が期待できるというわけです。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


通貨の総発行枚数・新規発行枚数に上限が設けられていること

2つ目は「通貨の総発行枚数・新規発行枚数に上限が設けられていること」です。

これは言う間でもなく「希少性」というものに直結します。

希少性と価値との関係を説明したものに、S2Fモデルというものがあります。

このモデルに従えば、新規発行枚数が減少すればするほど、その通貨の価値が増大するようになっています。

モナコインは実は、毎年の新規発行枚数が減少するように設計されているです。

具体的に言うと、約3年ごとに新規発行枚数が半減するようなプログラムが組み込まれているのです。

これらを先のS2Fモデルに当てはめると、モナコインの価値は3年ごとに倍増すると言えます。

例えば、15年後のモナコインは、2の5乗、すなはち32倍にもなっている計算となるのです。

時価総額が小さいこと

魅力的な理由の3つ目は、「時価総額が小さいこと」です。

ビットコインの時価総額が令和3年11月現在で約140兆円なのに対して、モナコインの場合はたったの200億円程度です。

したがって、ビットコインに投資家の資産が1兆円ほど流入しても1枚のビットコインあたりの上昇率は約0.7%程度に過ぎませんが、一方でこの1兆円がモナコインに流入した場合はモナコインの価値は約50倍にもなってしまいます。

このように時価総額が小さい仮想通貨であるモナコインについては、ビットコインなんかよりも物凄い勢いで上昇する可能性があるのです。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


認知度が低いこと

そして最後の4つ目は、「認知度が低いこと」です。

認知度が低いということは、認知された際の資金の流入がこれまでよりも飛躍的に向上する可能性があります。

一番身近な昨今の例でいうと、柴犬コイン(SHIB)が挙げられることでしょう。

このSHIBについては2020年7月31日に設立されたコインですが、2年も経過しない現時点で200万%という信じられない上昇率を達成しています。

この天文学的な上昇の理由については様々なものが考えられていますが、なんと言ってもイーロン・マスクの発言でSHIBへの注目が高くなり資金が流入したことが大きいでしょう。

このように現在は認知度が小さいモナコインも、「第2のSHIB」となり天文学的な上昇を達成する潜在性を秘めていると言いきっても過言ではないでしょう。

モナコイン(MONA)の購入におすすめの仮想通貨取引所

この話を聞いて、「よーし、俺もモナコインで資産形成をしよう!」と思われたら即実践あるのみです。

ただし、モナコインはビットコインほどメジャーなコインでないので、取り扱っている取引所は限定されています。

せっかく取り扱っていたとしてもトラブルの多い取引所では意味がありません。

こうしたことを踏まえ、ここでは、モナコインを使った取引きができる優良な取引所を5つほど紹介させていただきます。

モナコイン(MONA)取引所①bitFlyer

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(3.5)

bitFlyerでは、販売所形式だけでなく取引所形式でもモナコインを購入できるために、スプレッドを低く抑えつつモナコインを手頃な価格で購入できるというメリットも存在します。

また、この取引所には主要メガバンクが出資していることもあり、事業の継続性等の観点からの安心感や安定感があるもの魅力です。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

モナコイン(MONA)取引所②DMMビットコイン

DMMビットコイン_モナコイン取引所

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(4.0)
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 12通貨

DMMビットコインでは、モナコインに関してレバレッジ取引きのみしかできません。

その他の特徴としては、365日の年中の充実したサポートがあり、特に初心者にとっては喜ばしいサービスと言えるでしょう。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分まで

モナコイン(MONA)取引所③コインチェック

コインチェック_モナコイン取引所

コインチェックの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.5)
コインチェックのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では16種類と最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨(日本最多)

「ビットコインと言えばコインチェック」と最近ではテレビCMでも有名になりつつある取引所です。

もちろん、ビットコインだけではなくモナコインについてもきちんと対応しているので安心して下さい。

2018年には『NEM流失事件」などによってセキュリティを不安視された時代もありましたが、現在ではセキュリティ面について大幅に見直されています。

また、コインチェックが提供する無料の取引きツール(アプリ)は操作が簡単で見やすいと非常に評判です。

\ 最短 即日 で取引開始! /

モナコイン(MONA)取引所③GMOコイン

gmoコイン_モナコイン取引所

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨

2021年のオリコン調査の満足度が第1位とユーザーから非常に信頼を得ている取引所です。

操作画面の見やすさや、過去の取引内容の確認のしやすさ等が、それらの支持の背景となっているものと思われます。

モナコイン(MONA)取引所⑤bitbank

bitbank_モナコイン取引所

BITPOINTの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(3.0)

bitbankについては特にセキュリティの面で評判が高いです。

また、bitFlyerの場合と同様に、販売所形式だけでなく取引所形式でもモナコインを購入できるために、スプレッドを低く抑えつつモナコインを手頃な価格で購入できるというメリットも存在します。

モナコイン(MONA)の取引手数料比較

モナコイン(MONA)取引にかかる手数料とは?

取引きにかかる代表的な手数料は「入金手数料」「出金手数料」「送金手数料」「スプレッド」です。

入金手数料と出金手数料については、取引所と銀行口座等の間で日本円を入金・出金する際に必要となる手数料です。

送金手数料については、モナコインを1つの取引所から別の取引所に送金する際に要する手数料です。

スプレッドとは同じ時間帯でのモナコインの購入金額と売却金額との差のことです。

すははち、モナコインを購入する際は、このスプレッド料金を包含した価格となります。

モナコイン(MONA)取引の手数料比較表

下に表形式にて代表的な取引き手数料について整理しました。

取引所 入金手数料 出金手数料 送金手数料
コインチェック コンビニ入金
3万円未満:770円
3万円以上:1018円クイック入金
3万円未満:770円
3万円以上:1018円50万円以上:
入金額×0.0011+495円
407円 0.001MONA
(約0.2円)
DMMビットコイン クイック入金:無料
銀行振込:無料
無料 無料
GMOコイン 無料 無料 無料
bitFlyer 銀行振込:無料(住信SBIネット銀行)
銀行振込:330円(住信SBIネット銀行以外)
クイック入金:330円
コンビニ入金:330円
三井住友銀行
3万円未満:220円
3万円以上:440円三井住友銀行以外
3万円未満:550円
3万円以上:770円
無料
bitbank 銀行振込:無料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
0.001MONA
(約0.2円)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


モナコイン(MONA)取引所の選び方

まずは、紹介した5つの取引所の全てに口座を開設してみて下さい。

一つの口座の開設が完了したら残りの4つの口座も意外にあっさりと開設できてしまいます。

この仮想通貨の口座は一人でいくつ持っていても違法ではありませんから安心して下さい。

5つの口座開設が完了しましたら、それぞれの口座に少額の資金を入金して下さい。

そして、5つのそれぞれの取引所で実際にトレードしてみます。

2・3日もすると、それぞれの取引所が自分にとってどれくらい親和性があるかが理解できると思います。

長くトレードを行っていく上でこの「親和性」というものが非常に重要になってきます。

この「親和性」については実際にトレードを経験して見ないとわからないものなのです。

そのようにして見つけた、親和性の一番高いサイトがあなたが選ぶべきサイトとなります。

もし、親和性について大差がない場合は各種の取引き手数料やセキュリティレベルを考慮して選ぶといいでしょう。

選ぶ際に優先すべき順番としては、親和性、取引手数料、セキュリティレベルといったような順番になるでしょう。

\ 最短 即日 で取引開始! /

モナコイン(MONA)の買い方・購入方法

ここでは現物で購入する場合について触れていきます。

手順はたったの4ステップです。

STEP.1
口座の開設
口座開設の際は身分を証明する数々の書類(一例:運転免許証、住民票)などが必須となるのであらかじめ準備しておきましょう。
STEP.2
入金
取引所より指定の口座に入金するようにアナウンスがありますので、その指定口座に入金して下さい。
STEP.3
トレード口座(取引口座)への入金
取引所等によっては、2ステップが完了した時点で、トレード口座への入金が完了している場合もありますが、大抵の場合は、2ステップ目が完了しても資金は入出金口座に留まっていることが多いです。

基本的にトレードする資金は、トレード口座から出し入れされます。

したがって、トレード口座に資金がないとトレードができませんし、当然ながらモナコインを購入することもできません。

そうならないよう、入出金口座にある資金をトレード口座に移動させる必要があります。

この入出金口座からトレード口座への資金移動については簡単な操作でできますし、所用の操作を行えば反映もすぐに行われます。

STEP.4
モナコインの購入

大抵の取引所では、「買い(もしくはASK)」と「売り(もしくはBID)」の2つのボタンが両立していますので、購入したいモナコインの数量を入力した上で「買い(もしくはASK)」ボタンを押下して下さい。

このようにすることでモナコインを購入することができます。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


モナコイン(MONA)をFX・レバレッジ取引の買い方・購入方法

モナコインでFX・レバレッジ取引をする際は、先で記載した4つのステップの他に、証拠金の設定とレベレッジの設定が必要になります。

レバレッジについては、その設定する倍率により、元手を大きくしての取引きが可能になりますから、少ない資金でも大きな利益を狙うことができます。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


【Q&A】モナコイン(MONA)を購入によくある質問

取引所・販売所の違いは?

「取引所」ではモナコインを買いたい人がまず、どれくらいの金額でどれくらいの数量欲しいのかを注文します。

このように注文した条件がモナコインを売りたい人と一致すればと取引き成立となります。

この方法のメリットとしては、スプレッドが小さくて済むということです。

デメリットは、買いたい人と売りたい人との条件がマッチしなければ取引不成立となってしまうことです。

一方で「販売所」ではどうでしょうか。

この場合、販売所が直接モナコインを仕入れたりしてきて販売したり売却したりするので、取引不成立になることはありません。

しかしながら、その分、スプレッドに関しては取引所の場合と比較して高く設定されています。

理由は、そのスプレッドが販売所の収益となるためです。

モナコイン(MONA)取引所で手数料が最も安いのはどこ?

手数料で選ぶなら、コインチェックか、DMMビットコインがおすすめです。

コインチェックなら、現物取引を中心に行う方、DMMビットコインならFXやレバレッジ取引を中心に行う方がおすすめです。

しかしながら、これらの入金・送金・出金手数料はモナコイン投資全体に占める割合はほんのわずかです。

そのため、これらの手数料を過度に気にする必要はありません。

それよりも親和性やスプレッドの方を重視すべきです。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分まで

モナコイン(MONA)取引所でスプレッドが最も低いのは?

スプレッドを低くするには、取引所形式で購入するのが一番です。

そうすると、取引所形式でモナコインを購入できるbitbankとbitFlyerがおすすめです。

モナコイン(MONA)はどこで買うの?

基本的に取引所でしか購入できません。

また、基本的には取引所以外で購入できたとしても、それは違法である可能性はあります。

したがって、モナコインを購入したければ先に紹介した5つの取引所で購入することを前提として下さい。


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


モナコイン(MONA)ってやばい?

「やばい」「やばくない」はモナコイン自体にあるのではなく、モナコインを運用するあなた次第と言って良いでしょう。

モナコインは確かに仮想通貨の中でも変動率が高く、ハイリスク・ハイリターンな投資であることは否めません。

しなしながら、変動率が高いことに対してはレバレッジを大きくしないことや損切りラインを明確にすること、ハイリスクなことに対しては資金管理を徹底することによってある程度の処置が可能です。

このような適切な処置をすることで、「ハイリターン」という甘い果実をたくさん手に入れることができるようになるのです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】

<編集部からお知らせ>
【今月末まで!!】かんたん積立キャンペーンで、もれなく全員に2,000円相当のビットコインをプレゼント中!(※1)


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)


※1キャンペーンに関する詳細は、bitFlyer公式キャンペーンページ(https://bitflyer.com/ja-jp/cam/recurring-buy-202201)をご覧ください。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です