NFTの買い方・始め方を完全ガイド|マーケット紹介や買う際の注意点、仕組みや作り方を解説

NFTの買い方ってどうしたらいいの?! 

NFTマーケットやで買い方の手順について知りたい。

そこで、この記事ではNFTとはなんなのか?その買い方やマーケットプレイスについて徹底的に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

NFTの買い方まとめ
  •  NFTとは、アート、音楽、ゲーム内商品、映画などの現実世界の要素を反映するデジタルアセット
  • 国内で安全NFTを買うなら、『Coincheck NFT』が対応している!
  • 『Coincheck NFT』でNFTを買うなら、『LINE BITMAX』で口座を開設してウォレットを保有しておくのがおすすめ◎

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

NFTとは?

『NFT』とは、アート、音楽、ゲーム内商品、映画などの現実世界の要素を反映するデジタルアセットです。

NFTは非代替可能と言われ、多かれ少なかれ、それがユニークであり、他のものと置き換えることができないことを意味します。

たとえば、ビットコインは代替可能です—あるビットコインを別のビットコインと交換すれば、まったく同じものになります。ただし、他に類を見ないトレーディングカードは代替可能ではありません。別のカードと交換した場合、まったく異なるものになります

それらはオンラインで購入および取引され、多くの場合暗号通貨を使用しています。

2014年から存在するにもかかわらず、最近になってようやくNFTは、デジタルアートを売買するためのより人気のある手段として人気が高まっています。2017年11月以来、なんと1億7400万ドルがNFTに費やされています。

NFTも同様に、他に類を見ないもの、または非常な稀なものの一つであり、交換不可能な一つの識別コードが含まれています。この特性により本質的に、NFTはデジタルの希少性を生み出します。

したがって、無制限に数のある大多数のデジタル作品とは対照的であり、希少性の高いデジタル作品となってます。 特定の資産が需要がある場合、供給を減らすことは理論的にその価値を高められます。

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /

NFTの具体的な特徴は?

NFTは、ブロックチェーンと呼ばれるデジタル元帳に保存されているデータの単位であり、販売および取引が可能です。

NFTは、特定のデジタル資産または物理資産(ファイルや物理オブジェクトなど)と、特定の目的で資産を使用するためのライセンスに関連付けることができます。

NFT(および該当する場合は、原資産を使用、コピー、または表示するための関連ライセンス)は、デジタル市場で取引および販売できます。

NFTは仮想通貨トークンのように機能しますが、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨とは異なり、 NFTは相互に交換できないため、代替可能ではありません。すべてのビットコインは同じですが、各NFTは異なる原資産を表す可能性があり、したがって異なる値を持つ可能性があります。

NFTは、暗号化ハッシュのレコード(データのセットを識別する文字のセット)を前のレコードにブロックチェーンするときに作成されるため、識別可能なデータブロックのチェーンが作成されます

この暗号化トランザクションプロセスは、NFTの所有権を追跡するために使用されるデジタル署名を提供することにより、各デジタルファイルの認証を保証します。

ただし、アートが保存されている場所などの詳細を指すデータリンクは、リンク切れの影響を受ける可能性があります。

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /

NFTアートの特徴や仕組み

NFTアートを例に、具体的な特徴や仕組みについて深く探っていきましょう。

NFTアートの特徴や仕組みは?
  • 唯一の価値が証明される
  • 多くの情報を記録できる
  • アーティストに公平な報酬が支払われる

唯一の価値が証明されている

NFTのデータは、すべてブロックチェーンネットワークに保存されているという点が大きな特徴です

各NFTには個別の属性があり、トークン情報に記録されることがよくあり、NFTには明確な個性があり、2つのNFTが同じになることは決してありません。

デジタル的に不足しているリソース–ブロックチェーンネットワークは、NFTが保持される場所です。その結果、所有権証明書はさまざまなネットワークで利用可能であり、デジタルアイテムの所有者を証明することができます。

  • 不可分–ほとんどのNFTをより小さな額面に分割することはできません。また、それらの一部を購入または譲渡することもできません。
  • 所有権–送信された資産の所有権は、これらのトークンによって保証されます。
  • 不正防止–簡単に転送でき、不正の影響を受けません。

多くの情報を記録できる

NFTは所有権以外にも、多くの情報を記録できます。

例えば、再販したい場合は、自動で利益を分配する仕組みをプログラミングさせることができます。

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /

アーティストに公平な報酬が支払われる

購入者は、必要と判断したときにNFTを再販売して利益を得ることができます。

同時に、NFTの作成者は、NFTをロイヤルティ契約に関連付けて、販売ごとに追加の報酬を受け取ることもできます。

このようにNFTは、ブロックチェーン上の資産をデジタル表現するための独自の特性と機能を備えており、さまざまなメリットをもたらします。

NFTコンテンツを買うメリット

コンテンツを買うメリットはどこにあるのでしょうか?

NFTコンテンツ購入の流れ
  • 価格が大幅に上昇する可能性がある
  • 誰でも出品、購入ができる

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /

価格が大幅に上昇する可能性がある

他の投資と同様に、これらのトークンを購入すると、投資の価値が常に高まる可能性があります

したがって、異なるマーケットプレイスなどで、再販するとさらに利益を得られる場合があります。

たとえば、CryptoPunk#3100は2017年7月6日に最初に2,127ドルで販売されました。アートワークを所有していたコレクターは、たくさんのオファーを受け取った人は誰でも、2021年3月まで販売を拒否しました

それにもかかわらず、そのコレクターは、売却時に獲得した750万ドルを超える投資収益率を考慮して、おそらくバク転を行っています。

誰でも出品、購入ができる

基本的には誰でも出品、購入ができ、最近では簡単な手順で出品ができるようになってます。

NFTが買えるマーケット

では、NFTはどこで買えるのでしょうか?

NFTが買えるマーケットはこちら
  • Coincheck
  • GMOコイン
  • Opensea
  • Rariable

Coincheck NFT

Coincheck NFTの特徴
  • ゲームやトレカ、スポーツなど幅広いコンテンツをサポート
  • 手数料無料
  • 13種類の暗号通貨対応
  • CHZによるインセンティブ制度

Coincheck NFT(β版)は 今年3月24日にローンチしたマーケットプレイスで、9月末時点の発表では4.7万人以上のユーザーが利用しています。

現在はブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の仮想空間上の土地であるLANDのNFTや、国内発のブロックチェーンゲーム「cryptospells」のNFT、SKE48のメンバーのトレカNFT、ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare(ソレア)」のデジタルカードNFTの販売を行なっています。

また、Miimeは、Coincheckの最近買収された子会社であるMetapsAlphaによって開発され、同様にゲームや漫画、デジタルアート、トレーディングカード、土地などを取り扱っています。

さらに、Coincheckは、FCバルセロナやユベントスなどのスポーツおよびエンターテインメント施設のファントークンメーカーであるChilizおよびSociosと協力して、その範囲を拡大しています。

ChilizとSociosのユーザーベースは、NFTを使用したファントークンに対して報酬を受け取ることができます。

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • アートや漫画、イラストなどのNFTコンテンツ
  • 日本円(クレジットカード・銀行振込)での決済可能
  • 購入したNFTの二次販売ができる
  • 二次流通では、クリエイターにロイヤリティが還元

1991年に設立された日本のインターネット企業であるG​​MOインターネット株式会社は、4月9日にNFT事業に参入しました。

Adam byGMOは、デジタルコンテンツの支払いと配信を行うための信頼性が高く安全なNFTプラットフォームです。

以下のような特徴があります。

OpenSea (オープンシー)

Openseaのまとめ
  • 2017年リリース
  • US発の世界最大級のマーケットプレイス
  • シンプルなサイトデザイン
  • 最大10%のロイヤリティ報酬
  • ETH以外のウォレットサポート

OpenSeaはリーダー的なマーケットプレイスであり、OpenSeaのプラットフォームでは、あらゆる種類のデジタルアセットを利用できます。

また、無料でサインアップして、豊富なサービスを閲覧できます。また、アーティストやクリエイターをサポートし、独自のNFT(「ミンティング」と呼ばれる)を作成する場合の使いやすいプロセスを備えています。

マーケットプレイスは150以上の異なる支払いトークンをサポートしているため、プラットフォームの名前は適切です。NFTの世界を紹介するには、OpenSeaから始めるのが最適です。

このプラットフォームでは、ユーザーはブロックチェーンに裏打ちされた収集品、アート、音楽、ドメイン名、トレーディングカード、仮想世界などを売買できます。

最大10%のロイヤルティ料金を設定できます。さらに、ユーザーはRaribleやMintableなどの他のNFTマーケットプレイスからアイテムを追加できます。

また、執筆時点でこのマーケットプレイスでは、CryptoPunks、Sorare、およびEthlingsなどいくつかの高いパフォーマンスのNFTを生み出しており、巨大なマーケットプレイスとなっています。

Rarible(ラリブル)

Rariableのまとめ
  • 2020年リリース
  • LAベースの世界第1位の取引高を誇る最新マーケットプレイス
  • 著名人のNFTを掲載
  • 独自トークンRARIによる報酬(インセンティブ)
  • DAOへの移行

これにより、訪問者は市場の活動を垣間見ることができます。Raribleは、いくつかの有名人のNFTも表示します。

さらに、OpenSeaでRaribleグッズを表示および管理できます。

興味深いことに、Raribleは、最終的には、ユーザーがすべての決定を行う完全分散型自律組織(DAO)への移行を計画しています。

NFTコンテンツ購入の流れ

ほとんどのNFTはイーサリアムブロックチェーンの一部です。イーサリアムはビットコインのような仮想通貨ですが、そのブロックチェーンはこれらのNFTもサポートしており、ETHコインなどとは異なる動作をする追加情報を格納します。

他のブロックチェーンが独自のバージョンのNFTを実装できることは注目に値します。 (すでに持っているものもありますが。)

では、実際に購入方法を見ていきましょう。

NFTコンテンツ購入の流れト
  • 仮想通貨取引所で口座を開設する
  • ウォレットを作成する
  • ウォレットに入金する
  • NFTマーケットにログインする
  • NFTコンテンツを購入する

仮想通貨取引所で口座を開設する

まずは、NFTを買うためにはイーサリアムなどの仮想通貨が必要であることを理解しておきましょう。

現在、NFT開発プロジェクトの大部分はイーサリアムブロックチェーン上で行われています。

アートをNFTとして作成すると、アート作品に関するブロックチェーン上のドキュメントが作成されます。

このブロックチェーン上のドキュメントは、作品の作成者としてのウォレットアドレス、所有権などを明確に記録することができ、記録後は、変更または消去することはできないことになっています。

さらに、それらのドキュメントは誰もがブロックチェーン上で閲覧可能であり、オープンなアクセスを提供しています。

ただし、NFTアートの記録を作成するためには、取引手数料としてガス料金を支払う必要があります。

このガスの料金は、ブロックチェーンでトランザクションを作成するための需要のレベルに応じて大幅に変動します。

最近では、 NFT作成のガスのコストは約70ドルとなっています。

したがって、NFTを作成する前に、ガスの支払いを行うためにETHが必要です。

それを購入するために日本の取引所を開設する必要があります。

今回は、コインチェックを開設します。

ウォレットを作成する

次に、NFTの購入で使用するイーサリアムなどの仮想通貨を保存するウォレットを作成します。

メタマスクのセットアップをします。

「ウォレットの作成」を選択して、パスワードを作成します。

※パスワードを紛失した際にもウォレットを復活させるための「シードフレーズ」は必ずメモしておきましょう。携帯やパソコンに書くだけでは、紛失の恐れがあるため、メモ帳にも残しておくことを強くお勧めします。

ウォレットに入金する

アカウントの表示画面から資金をデポジットできます。

タマスクなどのデジタルウォレットを稼働させたら、 NFT作成の次のステップに進むことができます

ETHを以前に構成されたデジタルウォレットに移動するには、ウォレットアドレスが必要です。

ウォレットアドレスは、実際には、あるウォレットから別のウォレットへの暗号の送受信に使用できるアカウント番号です。

 

メタマスクウォレットを使用すると、ページの上部からウォレットアドレスをコピーする機能が可能になります。

下記の2つの簡単な手順に従ってください。

  • 購入したETHの値を暗号交換ウォレットのウォレットアドレスに送信する
  • ETHが到着すると、メタマスクウォレットで更新された残高を確認する

NFTマーケットにログインする

NFTを売買するにはまず、準備した分散型ウォレットのメタマスクを接続する必要があります。

右上のプロフィールアイコンにカーソルを当て、プロフィールを選択します。

次に、ウォレットを接続するように求められます。

接続画面が表示されたら、sign inを押して完了です。

アカウントはデフォルトで「名前なし」になり、以下にウォレットアドレスのみが表示されます。

アカウントを編集するには、画面の右側にある設定アイコンを選択します。

ここからプロフィール更新が可能です。

OpenSeaの中心は 、参照ページと検索機能であり、NFTの購入、取引、作成、販売を楽しめます。

ここまでくれば準備は完了です!

NFTコンテンツを購入する

さて、最後に実際にNFTコンテンツを購入してみましょう!

ドージポンドプロジェクトのNFTを購入したいとします。検索バーにその名前を入力します。通常、人気のあるNFTプロジェクトは、青いチェックマークが付いた「検証済み」です。したがって、偽のコレクションを避けるために、必ずそれを探してください(下のスクリーンショットを参照)。

まずは、ログインするためにメタマスクと接続します。

NFTを検索する

2.目的のNFTをクリックします。

利用可能なすべてのNFTの中から、興味のあるものをクリックします。

  1. [今すぐ購入]をクリックします

次のページで、「今すぐ購入」をクリックしてNFTを購入します

[今すぐ購入]をクリックします

4.合計を確認し、[チェックアウト]をクリックします

合計とチェックアウトを確認して、プロンプトに従って、NFTの購入を完了します。

購入を完了するには、ガス料金を確認し、MetaMaskウォレットで取引を確認する必要があります。

NFTコンテンツを購入する際の注意点

NFTを購入したいけどリスクについても知っておきたい。

NFTコンテンツを購入する際はどんな点に注意したら良いのでしょうか?

NFTコンテンツ購入の流れト
  • 取引手数料がかかる
  • 保管場所
  • 著作権

取引手数料

NFT マーケットプレイスによっては取引手数料がかかる場合があり、高額なものもあります。

Openseaもその低い手数料から人気のマーケットプレイスとなっています。

保管場所

NFTを買ったけど、どこに保管すればいいの?! 

このような疑問を持つ方のために説明します。

大まかに3つの保管場所があります。

NFTの保管場所は?
  • ソフトウェアウォレット
  • IPFS(分散型ストレージ)
  • ハードウェアウォレット

ソフトウェアウォレット

オンラインソフトウェアウォレットの設定は、初心者や技術者以外のユーザーでも比較的簡単です。このユーザーフレンドリーなインターフェースは、デジタル資産の保存に関してソフトウェアウォレットを最も人気のある選択肢にします。

NFTスペースには多くのソフトウェアウォレットオプションがあり、それらのほとんどにはモバイルアプリケーションとWebアプリケーションの両方があります。

セットアップが簡単なMetamaskなどのソフトウェアウォレットは、NFTの標準的なセキュリティと見なされています。

Metamaskのようなソリューションはオンラインであるため、ハッカーの攻撃に対して脆弱です。それらは以前にハッキングされており、将来的には実際に危険にさらされる可能性があります。

過去に多くの偽のMetamaskアプリがユーザーをだましてきたため、元の承認されたアプリケーションには常に注意してください。

InterPlanetary File System(IPFS)

IPFSは、ユーザーが分散型NFTをオフチェーンに保存できるようにするピアツーピアのハイパーメディアプロトコルであり、ハッキングされる可能性を減らします。

IPFSは、標準のロケーションベースのアドレス指定の代わりにコンテンツベースのアドレス指定を使用して、情報が世界中に配布される方法を変更します。IPFSにファイルを追加すると、ファイルは小さな断片に分割され、暗号化されてハッシュされ、コンテンツ識別子(CID)と呼ばれる一意のフィンガープリントが与えられます。

コールドストレージハードウェアウォレット

NFT保有者が資産のセキュリティを大幅に強化したい場合は、コールド(オフライン)ストレージを可能にするハードウェアウォレットを入手することを検討する必要があります。これは、ユーザーがデジタル資産にアクセスできるようにする秘密鍵が、脆弱なWeb上ではなく、ハッキングできないハードウェアウォレットデバイスに保持されていることを意味します。

ハードウェアウォレットは、2要素認証が常に有効になっているという点で追加のセキュリティを提供します。ウォレットデバイスを物理的に保持しなければ、コンテンツをハッキングして盗むことは不可能です。最も人気のあるハードウェアウォレットはTrezorとLedgerです。

ウォレットには、アートワークや暗号が物理的に含まれていません。ただし、ユーザーがチェーン上に保存した保持にアクセスできるようにする秘密鍵を保存します。

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /

著作権

NFTの所有権は、トークンが表すデジタル資産に著作権または知的財産権を本質的に付与するものではありません。

誰かが自分の作品を表すNFTを販売することはできますが、NFTの所有権が変更された場合、購入者は必ずしも著作権特権を受け取るとは限らないため、元の所有者は同じ作品のNFTをさらに作成できます。

したがって、その意味で、NFTは著作権とは別の所有権の証明にすぎません。

さらに、一部の法律専門家は、NFTの所有権を取り巻く不確実性を指摘しています。

それが物理的な絵画であるなら、確かに所有物として証明できますが、リンクをクリックするだけで誰でもインターネット上でそれを見ることができます。

さらに、NFTを購入した人が実際に何を所有しているのかがよくわかりません。それでも、実物よりも高い価格で売られていることから、尚更疑問に思うかもしれません。

NFTは、現在法律でカバーされていないため、今後枠組みについて議論する必要があります。

たとえば、NFTデジタル製品を発行および販売した企業が倒産した場合、NFT所有者がどのように保護されるかは法的に不確実です。

ブロックチェーン共同コンソーシアムの平野氏は、NFTは長期的にはゲームチェンジャーになると信じているが、暗号通貨がいくつかの困難な時期を経験したように、「いくつかの低迷期に直面する」と警告しています。

暗号資産で起こったように、NFT詐欺事件やハッキング事件が発生するかもしれません。

NFT業界はそのような試練を経験した後、健全な成長を遂げる可能性が高いです。

LINE BITMAX

\ 最短3分で完了 /
今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日