NFTの実態とおすすめのマーケットプレイス5選!賢い選び方も解説

NFT市場が発展しているけど、どんな暗号資産なのだろう。
NFT取引のために、マーケットプレイスについて知りたい。

2021年から大きく注目されているNFT仮想通貨。

そもそもの実態や取引の方法について気になっている人は少なくないでしょう。

NFTの概要とおすすめのマーケットプレイスについて紹介します。

今後の暗号資産運用に興味をお持ちの方は、ぜひ参考になさってください。

おすすめのNFT まとめ
  • NFTとは識別子のある暗号資産・仮想通貨
  • NFTはデジタルデータの持ち主を明確にして価値を付けられる
  • おすすめのNFTマーケットプレイスはCoincheckNFT(β版)
  • まずウォレットに入れる仮想通貨を買うならDMMビットコイン

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日
仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
BITPOINT 国内で唯一の取り扱い通貨多数あり! 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

NFTとは?

NFTは「Non-Fungible Token」を略称したもので、日本語に訳せば「非代替性トークン」です。

NFTは暗号資産の一つで、他の仮想通貨とおなじように取引履歴が暗号化されています。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨とは違う大きな特徴が、識別子をもっていることです。

「識別子を持っている」とは?
一般的な通貨は、お金の持ち主はお金を実際に保持している人です。

しかし、識別子のあるNFTは流通されていても、まるで通貨に名前が書いてあるかのように持ち主が判別できます。

一般的な通貨や仮想通貨は識別子がないため、たとえ盗まれたものだとしても本来の持ち主は不明です。

NFTは持ち主が明確なので、デジタル資産と紐づければ同一のプラットフォーム内で移動させられるなどのメリットがあります。

NFTマーケットプレイスとは?

NFTを使って収益を得る方法や売買するマーケットプレイスについて知りたい。

他の通貨とは大きく違い、識別子があるため第三者が無断で使用したり占領したりできないNFT。

仮想通貨市場でも注目度が高くなっていますが、NFTを取引して収益を得るにはどうすればいいのでしょうか。

NFTで収益を得るには?
  • 自作または入手したコンテンツをNFT化する
  • NFTに関連した仮想通貨を購入する

 

NFTを売買するにはマーケットプレイスについて知っておく必要があるでしょう。

NFTマーケーットプレイスの概念や、数あるなかから使いやすいサービスを選ぶポイントについて解説します。

NFTマーケットプレイスの概念

NFTマーケットプレイスやプラットフォームとはなにを意味しているの?

NFTはブロックチェーン上のトークンという点では、ビットコインなどの仮想通貨と同じです。

しかし、NFTはデジタル作品の所有を意味するため、オーナーやクリエイターが保持していて情報が公式に開示されています

そのため、企業が管理している内密データなどではなくオープンなデータベースのような場所が、NFTマーケットプレイスとして利用されているのです。

仮想通貨のマーケットプレイスは世界中で数多く誕生していますが、NFTを扱っているプラットフォームは資産の種類やインターフェイスに力を入れているところが多いでしょう。

NFTマーケットプレイスの選び方

NFTマーケットプレイスを選ぶときに注意してチェックしたいポイントはある?

最近、注目されているNFTの取引に興味がある人は、NFTマーケットプレイス選びを始めたいと思われるでしょう。

初心者でもNFTマーケットプレイスを賢く選ぶためのポイントは次の4つです。

NFTマーケットプレイスの選び方
  • 手数料
  • 対応している業界
  • 欲しいNFTの種類
  • 信頼度

 

NFTマーケットプレイスの手数料は無料から高額なところまで幅広いため、自分の作品をNFT化しようと考えている人は特にしっかりチェックしましょう。

また、どの業界に対応しているかを確認してください。

資産の種類はもちろん、NFTの種類も要チェックです。

対応言語は?
出品数が多くホームページが見やすい海外のNFTマーケットプレイスのなかには、日本語に対応していないものもあるので初心者は注意してください。

マーケットプレイスの規模によって発行方法が異なるため、できるだけ大規模で信頼性の高いマーケットを選ぶようにしましょう。

おすすめのNFTマーケットプレイス比較一覧表

取扱コンテンツ 取扱仮想通貨 手数料 日本円の対応 対応ウォレット 対応ネットワーク
CoincheckNFT(β版) ゲームアセット
トレーディングカード
BTC, ETH, MONA, LSK
XRP, XEM, LTC, BCH
XLM, QTUM, BAT, IOST
ENJ, OMG
入庫手数料:無料
出品手数料:無料
販売手数料:販売価格の10%
出庫手数料:0.01ETH
不可 MateMask イーサリアム
AdambyGMO(β版) デジタルアート イーサリアム 販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円
MateMask イーサリアム
Nanakusa デジタルアート
デジタルミュージック
フォトグラフ
イーサリアム
Palygon
MateMask
Torus
Portis
イーサリアム
OpenSea デジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
プロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
イーサリアム
MATIC
販売手数料:2.5% 不可 MateMask
Torus
Portis
イーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス
Rarible デジタルアート
ゲームアセット
デジタルミュージック
フォトグラフ
イーサリアム WETH 販売手数料:2.5% 不可 MateMask
Torus
Portis
イーサリアム
SuperRare デジタルアート イーサリアム 販売手数料:3.0%
ギャラリー手数料:15%
不可 MateMask
Fortmatic
WalletConnect
イーサリアム

*2021年11月24日

NFTマーケットプレイスのほとんどは日本円での取引が不可となっていますが、nanakusaのみクレジットカードの利用が可能です。

CoincheckNFT(β版)が他のマーケットプレイスと大きく違うのは、対応している暗号資産の種類。

13種類の暗号資産を利用できるだけでなく、ネットワーク手数料は無料なので初めてNFTを始める方にもおすすめです。

【厳選】国内 NFTマーケットプレイスおすすめTOP5

NFTの売買でおすすめのマーケットプレイスを知りたい。

表にまとめて紹介した5つのNFTマーケットプレイスはどれもおすすめです。

では、それぞれのマーケットプレイスの特徴について解説しましょう。

CoincheckNFT(β版)

ビットコインの取り扱いで人気のチェックコイン社が新たにサービスを開始したのが、CoincheckNFT(β版)です。

アカウントを作成すると、指定した仮想通貨を使ってイーサリアム以外の仮想通貨でも自由に取引できます。

の特徴
  • 金融庁に登録されている信頼度の高い業者
  • 暗号資産の取り扱い数は国内1位
  • ネットワーク手数料が無料
  • コインチェックアカウントがあればNFTの取引がワンストップ

通常のNFTマーケットプレイスでは出品や購入のためにネットワーク手数料がかかりますが、CoincheckNFT(β版)では無料なのが魅力です。

まだ暗号資産運用のための講座を持っていない方は、取り扱い通貨が国内1位のCoincheckNFT(β版)でアカウント作成してみるとよいでしょう。

 

AdambyGMO(β版)

インターネットグループ会社として名を馳せるGMOが2021年8月にサービスを開始したAdambyGMO(β版)。

安全性の高いデジタルコンテンツに限り流通するように、サービス制限が設けられています。

の特徴
  • アートやイラストなどのコンテンツがメイン
  • 日本円での決済が可能
  • NFTの二次販売が可能
  • NFT保有者限定コンテンツ

クレジットカード決済を利用すれば、AdambyGMO(β版)では日本円でNFTを購入できるのはうれしい特徴です。

仮想通貨にあまり詳しくなくても、アートやイラスト、動画などのコンテンツを資産化したいなら一度登録してみてください。

Nanakusa

日本で初めて誕生した登録制のNFTマーケットプレイスといえば、Nanakusaです。

アプリに認められたクリエイターのみがNFTを販売できます。

の特徴
  • NFT発行のブロックチェーンの種類が選択可能
  • NFT保持者同氏の売買でロイヤルティが入る
  • NFTの販売は公認クリプトアーティストのみ

日本企業が運営しているマーケットプレイスなので、日本語で見やすいのは一番の魅力です。

また、日本円でNFTを購入できますので、はじめて暗号資産に興味を持った方は使いやすいでしょう。

OpenSea

2017年12月にサービスを開始し、今では100万人以上のユーザーガ利用しているOpenSea。

出品までが非常に簡単な流れで、取り扱いコンテンツの幅も広いため日本人クリエイターにも人気があるサービスです。

の特徴
  • 世界中のアーティストと取引できる
  • NFTの価格が幅広く、超レアなNFTもゲット可能
  • ブロックチェーンが選択可能

イーサリアムのネットワーク需要によって、OpenSeaの手数料は変動するため注意が必要です。

2021年8月の時点では、流通総額が約3,650億円にも上り、出品数は400万点を超えているためNFTの総合商社といっても過言ではないでしょう。

Rarible

国内ではありませんが、アメリカのデラウェア州で2020年からサービスを開始しているRatibleもおすすめのマーケットプレイスです。

インターフェイスが分かりやすく、誰でも簡単にNFTを発行できます。

の特徴
  • 独自通貨、ガバナンストークンの発行
  • ゲーム関連からアートまでの幅広いコンテンツに対応
  • コミュニティ投票などに参加可能

NFTを売買するとガバナンストークンを獲得できます。

ガバナンストークンである「RARI」を保有している人にはコミュニティ投票の参加権が与えられるため運営に関われるチャンスもあるのです。

ただし、製作部分が複雑化されているため他のマーケットプレイスに比べて手数料が割高なのはネックポイントと言えるでしょう。

NFTマーケットプレイスに関するよくある質問

メディアで取り上げられ始めてから、注目を集めているNFTですが取引を始める前に知っておきたいことはあるでしょうか。

NFTマーケットプレイスでよくある質問にお答えしましょう。

NFTマーケットプレイスで購入するのにおすすめの仮想通貨銘柄は?

おすすめのNFT関連仮想通貨銘柄5選
  1. Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)
  2. Chiliz(チリーズ/CHZ)
  3. Decentraland(ディセントラランド/MANA)
  4. Flow(フロウ/FlOW)
  5. Rarible(ラリブル/RARI)

 

特に、エンジンコインはオンラインゲームでよく利用されており、ゲーム内のアイテム発酵と連携できるためおすすめです。

国内上場してから約2か月間で価格が5倍以上に伸びた銘柄ですから、今後の価格変動にも期待できます。

また、スポーツやエンターテイメント業界のコンテンツを売買したいならチリーズがおすすめです。

デジタルアート作品を専門に扱っているRaribleでの取引を積極的に行いたいなら、独自のガバナンストークンを利用するとよいでしょう。

NFTマーケットプレイスで仮想通貨取引をするおすすめの本は?

仮想通貨については全く知識がないけど、最近話題のNFTに挑戦したい。

このように興味を持っている人におすすめするのは本を使った独学です。

NFTマーケットプレイスで取引する前に読んでおくとよい2冊を紹介しましょう。

「NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来」
最近脚光を浴びている暗号資産をビジネス・技術・制度などあらゆる面からカバーした、教科書です。

収益やビジネスのためだけでなく、NFTそのものに興味を持っている人すべてにおすすめできます。

価格:1,800円+税
発行:朝日新聞出版
判型:四六判
頁数:320ページ
発売日:2021年10月20日

NFT 完全初心者への徹底解説
NFTへ興味を持ったけど、まず実態を詳しく知りたい人に向けて暗号資産の歴史や取引例、手順や課題についてまとめられています。

NFT初心者が、儲け話やノリで損してしまわないように正しい認識を得るために役立つでしょう。

NFTマーケットプレイスで取引をするメリット・デメリットは?

NFT市場は拡大しているため、始めたいもののハードルを感じている人は少なくありません。

メリット・デメリットの両面を知ったうえで、賢く取引を進めていくようにおすすめします。

NFTのメリット
  • デジタルデータの価値を証明できる
  • 取引しやすい
  • だれでも発行可能
  • 紛失したり破損したりするリスクが少ない

NFTは識別子があるためデジタル資産において所有者や権利者の情報を記録できます。

デジタルデータの価値を高め、唯一性を証明するのにNFTは重要な役割を果たしているのです。

NFTのデメリット
  • 法的な整備が不十分
  • 手数料が高額になる場合がある
  • 物理的に所有できない

2021年に入って急速に発展したNFT市場はまだ法的な整備が追い付いていません。

また、マーケットプレイスによっては高額な手数料が請求される場合もあるので注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日