クアンタム(QTUM)とは?今後の予想や急騰・半減期のタイミングまで解説

クアンタム(QTUM)の今後って実際どう?

クアンタム(QTUM)の今後が気になる!今買っていいの?

この記事では、クアンタム(QTUM)の価格が今後どうなるのか?についての予想を完全解説します。

クアンタム(QTUM)はクアンタムは、2016年12月に誕生したビットコインとイーサリアムの両方の特徴の備え合わせることに成功した仮想通貨になります。

去年コインチェックに国内初上場を果たし、日本でも知名度が少しずつではありますが広がりつつあります。

現在チャートは安値を探しています。

現在は、『1QTUM=296.32円前後

一時、高騰するニュースなどもあったことから注目度が高い仮想通貨ですが、今後の価格すいや将来性はどうなのでしょうか。

この記事ではクアンタム(QTUM)の特徴や過去の価格推移、将来性などを解説します。

※2022年12月2日13時13分現在の価格

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは
  • クアンタム(QTUM)は2016年に生まれた仮想通貨
  • ビットコインとイーサリアムの特徴を掛け合わせた通貨
  • クアンタム(QTUM)を購入できるおすすめ取引所は「DMMビットコイン」

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

目次

クアンタム(QTUM)のリアルタイムチャート


2022年12月1日の時点でクアンタム(QTUM)は301.61円となっています。

2月は初旬より大きく上昇し、一時1ドルを突破し、上昇トレンド転換の兆しがありました。

しかし、ウクライナ情勢悪化の悪いニュースも伴って、仮想通貨市場全体の低迷に合わせて、価格は再度下落し依然として弱気相場にあります。

依然として弱気相場が継続していますが、クアンタム(QTUM)を安く購入して高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

【2022年12月版】押さえておくべきクアンタム(QTUM)の値動きポイント

有利なタイミングでクアンタム(QTUM)を買いたい!

クアンタム(QTUM)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみた、クアンタム(QTUM)の値動きを解説します。

12月のポイント
  • テラのメルトダウンによる影響から回復の兆し
  • 6月中に米で行われるFRBの量的引き締めが価格に影響

クアンタム(QTUM)の12月の価格動向予想

QTUM

出典:coinmarket cap

12月のクアンタム11月中旬から減少した後、横ばいの推移を継続中です。

12月初旬は静観がベストと思われますが、価格が再度上がる前にクアンタムを保有しておくことがおすすめです。

手数料の安さをはじめとして、使いやすさや安全性からプロからも人気を集めている仮想通貨取引所と言えます。

クアンタム(QTUM)をまず買ってみたい!という方はDMMビットコインで口座開設をしておいてまず失敗はないのでおすすめです!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

次に12月以降のファンダメンタル要素を見てみましょう。

クアンタム(QTUM)の今後のイベント

クアンタム(QTUM)とは?特徴

クアンタム(QTUM)ってどんな特徴があるのかな?

クアンタムは、仮想通貨時価総額ランキング1位のビットコインと、2位のイーサリアムの両方の特徴の備え合わせることに成功したユニークな仮想通貨になります。

2020年3月からコインチェックに国内初上場を果たし、日本でも知名度が少しずつではありますが広がりつつあります。

現時点で、日本国内の有名な仮想通貨取引所ではコインチェックでのみ取り扱われているクアンタムですが、様々な特徴から他の仮想通貨取引所でも取り扱われる可能性が高い注目の仮想通貨と言えるかもしれません。

通貨名 クアンタム
単位 QTUM
時価総額ランキング 103位
供給量 104,113,70QTUM
特徴 ・ビットコインとイーサリアムの両方の特徴を備え合わせている

・匿名性が高い

・プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用している

国内取扱取引所 DMMビットコイン、コインチェックなど
仮想通貨クアンタム(QTUM)の特徴
  • 特徴①:ビットコインとイーサリアムの強みを1つに統合を目指している
  • 特徴②:ライトウォレットをもち、汎用性が期待できる
  • 特徴③:DApps・DeFiアプリケーション対応で、トークンの作成が活発
  • 特徴④:国内仮想通貨取引所ではDMMビットコインがクアンタムの取引にオススメ

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

特徴①:ビットコインとイーサリアムの強みを1つに統合を目指している

クアンタムは、仮想通貨で最も知名度が高いビットコインとイーサリアムの2つの仮想通貨の良い機能を組み合わせることに成功した仮想通貨になります。

以前までは技術の壁から組み合わせの導入が難しく、市場に出回ることはなかった機能が、クアンタムではうまく融合をしたといえます。

ビットコインからは、高いシステムの安定性と価値保存機能(UTXO)を取り入れています。

UTXOとは、「Unspent Transaction Output」の略で、日本語に直すと「未使用トランザクションアウトプット」といいます。

これは、通帳のようにアカウントの残高をそのままのデータとして管理・記録をせずに、ブロックチェーン上にある取引データのみに基づいて計算を行い、ウォレットの残高を管理する方法です。

通帳のように残高を記載するという仕組みを持ち合わせていないため、誰がどれくらいのお金を保有しているかという情報を得ることは難しく、そのためプライバシーが高く、ハッキングのリスクが低いという特徴があります。

またイーサリアムからは、スマートコントラクトという機能を取り入れています。

従来の金融う取引だと、取引の際に金融機関などの第三者機関が仲介役をはたし、取引を行っていました。

スマートコントラクトは、この第三者仲介役が不要であるため、取引時間の短縮と、仲介役に支払う手数料の削減を実現することが可能です。

また、違反者が出た際は、その違反者を自動で利用停止にする機能も持ち合わせているため、トラブルにも強いという性質を備え合わせています。

これらの特徴を備え合わせているのがクアンタムであり、今後市場における価値が向上する可能性があるといえます。

特徴②:ライトウォレットをもち、汎用性が期待できる

クアンタムは、クアンタムコアという公式ウォレットを保有しています。

デスクトップウォレットとモバイルウォレットという二種類のウォレットが存在しますが、このうちモバイルウォレットをライトウォレットと言います。

モバイルとつくように、スマートフォンで使用が可能性であり、場所にかかわらずアカウントへのアクセスが可能になります。

ライトウォレットは自身が関係するデータのみをダウンロードしないため、処理データ量は非常に小さく、動作が軽いという特徴があります。

特徴①のプライバシー能力が高いという点に加え、どこでもアクセスが可能であるという点から汎用性にあふれる仮想通貨になっています。

特徴③:DApps・DeFiアプリケーション対応で、トークンの作成が活発

クアンタムは、ビットコインとイーサリアムの両方の特徴を有している通貨であるため、DApps・DeFiアプリケーションにも対応しています。

DAppsとは、分散型アプリケーションのことであり、金融機関のような中央管理者は存在しません。

それゆえに、トラブルが生じてもシステム稼働ができる・データ改ざんのリスクが少ないというメリットがあります。

また、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しています。

従来はプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を導入している仮想通貨が多く、これは計算処理が一番早く完了をした人に報酬が与えられる流れをシステム化しています。

これと比較してプルーフ・オブ・ステーク(PoS)は、計算処理と、クアンタムの保有量・時間を自動で判別をしてマイニングの報酬を与えてくれるという仕組みになっており、電力、サーバーの負担を抑えることが可能になっています。

DeFiとは「Decentralized Finance」の略で、日本語で分散型金融といいます。

これは、イーサリアムのブロックチェーンを基盤とした技術で、管理者を必要としない金融資産管理システムであり、前述のDAppsと同様の機能になります。

これらビットコイン・イーサリアムの両方のいい特徴を備え合わせているクアンタムは、非常に使い勝手がいい仮想通貨になるため、それゆえにトークンにの作成が活発になっています。

クアンタム(QTUM)の今後が期待できる理由

クアンタム(QTUM)の今後について知りたい!

さて、この章では今後期待できるのか、様々な観点から説明します。

仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後が期待できる理由
  • ①ビットコイン・イーサリアムのいいとこどりをした通貨である
  • ②匿名性・プライバシーが高い
  • ③クアンタムを取り扱う仮想通貨の増加が期待できる

①ビットコイン・イーサリアムのいいとこどりをした通貨である

前述の通り、クアンタムはビットコインとイーサリアムの両方の機能を合わせた仮想通貨です。

この両社の機能を組み合わせることは難しかったのですが、クアンタムはその障壁を突破した仮想通貨であり、非常に有能な仮想通貨といえます。

それゆえに、今後このいいとこどりができるクアンタムを使用する国・企業が増加する可能性があるといえます。

②匿名性・プライバシーが高い

クアンタムの残高管理方法である「UTXO」により、誰がどれくらいのお金を保有しているか分かりづらいという特徴を有しています。

インターネット上で取引をするとなれば、データの流出というデメリットにさらされることになりますが、クアンタムはこのリスクをできうる限り排除した仮想通貨であるため、非常に価値が高いといえます。

③クアンタムを取り扱う仮想通貨の増加が期待できる

上記で述べたように、クアンタムは様々な機能を有しており、プライバシー機能も充実しているという点から非常に優れた仮想通貨になります。

しかし、日本の有名な仮想通貨取引所においてクアンタムが取引可能である取引所はDMMビットコインやコインチェックくらいで、まだまだ市場流動性が低いといえます。

今後、ビットフライヤーなどの仮想通貨取引所がクアンタムの取扱いを始めれば、クアンタムの市場価値が向上し、価格の上昇が期待できます。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

クアンタム(QTUM)の今後の価格予測

クアンタムの価格が上昇する要因は複数あります。

前述の通り、クアンタムには様々な有能な機能が融合しているため、今後、様々な企業や国で導入される可能性があります。

また、クアンタムが手がけているプロジェクトは順調に進んでいます。

Googleと連携したコンペで、クアンタムのスタッフが入賞を果たすなど、技術力でも市場で認められつつあります。

また、クアンタムは2021年12月に、初めての半減期を迎えるといわれています。

半減期とは、マイニングの報酬が半分になるタイミングのことで、これによりクアンタムの新規供給量を減らすことができます。

クアンタムの市場供給量の増加が抑えられれば、クアンタムの価値が減少しづらくなるというメリットがあり、一般的に半減期を迎える仮想通貨は、半減期前後で価格が上昇することが多いといえます。

クアンタム(QTUM)の過去の価格推移

2017年5月に、約500円で取引が開始されました。

その後、仮想通貨バブルがすぐに到来し、価格は10,000円を突破しました。

その後は大きなニュースはなく下落をして、200円前後で推移。

2021年から再度仮想通貨全体の上昇につられるように上昇を開始。

2021年現在は1,100円前後の価格になっています。

仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後が期待できる理由
  • クアンタム(QTUM)の過去最高値
  • クアンタム(QTUM)の価格下落のタイミング
  • クアンタム(QTUM)の価格高騰のタイミング

クアンタム(QTUM)の過去最高値

2017年後半の仮想通貨バブルで価格が大きく上昇し、2018年1月に10,899円を付けました。

クアンタム(QTUM)の価格下落のタイミング

クアンタムは非常に優秀な仮想通貨になりますが、クアンタム個別のニュースというのはほとんどなく、現時点では仮想通貨全体の相場に左右されるという形になっています。

それゆえに、仮想通貨全体が大きく上昇した後は、大きく下落をしてしまう可能性があるといえます。

クアンタム(QTUM)の価格高騰のタイミング

仮想通貨全体の相場が上昇した際は、クアンタムの上昇も期待できます。

しかし、その際はビットコインやイーサリアムのような有名な仮想通貨に比べてパフォーマンスが良好になるかどうかは分かりません。

クアンタムが急騰するためには、クアンタム単独でニュースが出る必要があります。

例えば、ある企業の送金システムで採用されるなどのニュースが出れば、市場価値が上昇し、価格の急騰が期待できます。

クアンタム(QTUM)の6月下旬の出来事

  • 6月中に米で行われるFRBの量的引き締めが価格に影響

クアンタム(QTUM)が購入できる仮想通貨取引所

QTUMの取引におすすめの取引所をご紹介したいと思います!

おすすめの仮想通貨取引所
  1. DMM Bitcoin
  2. Coincheck
  3. LINE BITMAX
  4. bitFlyer
仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMMビットコイン

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 15通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

動画配信のDMMが運営する暗号資産取引所で、15種類もの仮想通貨取引が可能です。

入出金の手数料など、様々な手数料が無料。

口座開設は最短5分で完了し、スマホでスピード本人確認を利用すれば、口座開設申込後、最短1時間以内に取引が可能になります。

メリット ・最短5分で取引開始できる
・アプリで簡単に購入できる
・レバレッジ取引ができる
デメリット ・出勤に時間がかかる場合がある
・スプレッドが大きい

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日
いくらからクアンタム(QTUM)が購入できる?

DMM Bitcoinではレバレッジ取引にてクアンタムの購入が可能です。

レバレッジ取引におけるクアンタム(QTUM/JPY)の最小発注数量は10QTUMです。

他の仮想通貨取引所に対抗するためにも、今後現物取引できるようになる可能性はあるといえます。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

コインチェック

コインチェックの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 17通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では16種類と最多である
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは東京都渋谷区に拠点がある仮想通貨取引所であり、設立は2012年8月28日で、2014年から仮想通貨交換業務を開始しました。

公式サイトの説明によると、アプリダウンロード数No.1、取扱仮想通貨数No.1で2022年1月時点で、約16種類以上の仮想通貨を取り扱っています。口座開設や取引操作が簡単であるという点も特徴の1つです。

コインチェックの親会社は東証一部上場企業のマネックスグループであり、運営に対する信頼度ども高いといえます。

初心者でも簡単にクアンタム(QTUM)などの仮想通貨売買が可能です。

最低購入金額は500円から。手数料は無料です。

メリット ・500円から始められる
・アプリで簡単に購入できる
・セキュリティ対策バッチリ
デメリット ・スプレッドが大きい

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

いくらからクアンタム(QTUM)が購入できる?

コインチェックでは、日本円で最低500円で購入することが可能です。

1QTUM=1,100円である場合、約0.45QTUMが最小注文数量になります。

または、ビットコイン建てで0.001BTC(約5,500円=5QTUM)が最小注文数量になります。

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります


\ 最短3分で完了 /

ビットフライヤー

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:330円~
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 15通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では15種類と豊富
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

ビットコイン取引量国内No.1*を誇る暗号資産取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

アカウント作成・維持の手数料・ビットコインFX取引手数料・住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料など、様々な手数料が無料です。

15種類もの仮想通貨に対応しており、1円という少額から売買が可能です。

メリット ・世界No.1のセキュリティシステム*
・大手企業と連携している
・ビットコインでFX取引ができる
デメリット ・銀行振込手数料が高め
・アプリの動作が重いことがある
・取引所形式に対応していない銘柄がある

※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

参考:https://bitflyer.com/ja-jp/

 

いくらからクアンタム(QTUM)が購入できる?

ステラルーメン・ベーシックアテンショントークン・ポルカドットなど希少な仮想通貨を取り扱うビットフライヤーですが、現時点でクアンタムの取扱いはありません。

リスクのようにクアンタムよりも小さい時価総額通貨もここ数年で取り扱うようになっているため、近いうちに取り扱い通貨になる可能性は否定できません。

どこの取引所が良いか悩ましい、、という方にはDMMビットコインで口座開設をするのがおすすめです!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

クアンタム(QTUM)に関するよくある質問

クアンタム(QTUM)の今後が気になる!今買っていいの?

クアンタム(QTUM)の概要や今後の見通しについて解説してきました。

最後に、クアンタム(QTUM)についてよくある質問にお答えしましょう。

クアンタム(QTUM)に関するよくある質問
  • クアンタム(QTUM)はどこの取引所で買える?
  • クアンタム(QTUM)の重大発表はいつ公開される?
  • クアンタム(QTUM)の2022年の上場先は?

クアンタム(QTUM)はどこの取引所でかえる?

国内でも取り扱う仮想通貨取引所が増えており、DMM Bitcoinやコインチェックなど様々な取引所で売買できるようになりました。

クアンタム(QTUM)を買ってみたい!という方はDMMビットコインで口座開設をしておけばまず失敗しないのでおすすめです!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

クアンタム(QTUM)の重大発表はいつ公開される?

正確な日付は把握できませんが、定期的にエアドロップが行われているため動向には注意しておきましょう。

クアンタム(QTUM)の2022年の上場予定は?

OKCOIN JAPANでの取り扱いが開始される予定です。

クアンタム(QTUM)の今後・将来性まとめ

今回は仮想通貨のクアンタム(QTUM)について特徴や今後の将来性について解説してきました。

クアンタム(QTUM)は2016年から存在する古い仮想通貨ですが、今後の進化が期待できる仮想通貨となっています。

保有しているだけで金利を受け取れるので、将来の価格上昇に備えつつ長期保有する戦略をおすすめします。

仮想通貨クアンタム(QTUM)まとめ
  • クアンタム(QTUM)は2016年に生まれた仮想通貨
  • リスクはステーキングの対象通貨
  • 過去には価格高騰も見られたが、現在は価格停滞
  • 今後、価格高騰も予想されるので保有するメリットは十分ある
  • クアンタム(QTUM)は2016年に生まれた仮想通貨
  • ビットコインとイーサリアムの特徴を掛け合わせた通貨
  • クアンタム(QTUM)を購入できるおすすめ取引所はDMM Bitcoin

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日