リップル(XRP)の価格はいくら?いくらで買える?現在の価格や最低取引金額を紹介!

リップルっていくら?

リップルはいくらで購入できる?

といった疑問を抱える人も多いでしょう。

リップルはリップル社によって開発された仮想通貨で、主に国際送金に特化している暗号資産(仮想通貨)です。

今回はそんなリップルの現在の価格から最低取引金額、相場などについて詳しく紹介していきます。

この記事の要点
  • リップルは国際送金に特化した仮想通貨
  • ビットコイン、イーサリアムに次ぐ時価総額第3位
  • リップルの現在の価格は51.85円

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

リップル(XRP)の概要

まずはリップルの概要について簡単に説明していきます。

通貨記号 XRP
提唱者 Ripple, Inc.
発行上限 1000億枚
発行日 2012年
公式サイト https://ripple.com/
ホワイトペーパー https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf

リップルは銀行間の海外送金向けに開発・提供された仮想通貨で、リップル社が開発した総合的なソリューションです。

ビットコイン、イーサリアムに次ぐ時価総額第3位で多くの投資家たちに注目されている仮想通貨です。

通貨の管理は全てリップル社が行っており、特定の団体が権限を持つ中央集権型の通貨という点も特徴になります。

総発行枚数である1,000億枚は既に全て発行されており、多くの部分はリップル社が保有しています。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル(XRP)はいくら?現在の価格

リップルの現在(2022年5月26日11時30現在)の価格は次のようになります。

出典:ビットフライヤー

上記のチャートをみるとわかる通り、リップルの現在の最高値は52.36円、最安値は50.34円となっています。

2022年5月26日11時30現在の価格は51.85円で前日比-0.05%です。

リップル以外の通貨の価格も確認しておきましょう。

仮想通貨 価格
ビットコイン 3,795,772円
リップル 52.21円
シンボル 7.85円
チェーンリンク 901円
ポルカドット 1,273円
テゾス 279.3円
ステラルーメン 16,953円
ネム 6,660円
ベーションアテンショントークン 51.26円
イーサリアムクラシック 3,024円
ライトコイン 8,734円
ビットコインキャッシュ 24,481円
モナコイン 83,200円
リスク 163円

リップル以外の通貨の価格は現在(2022年5月26日11時30分)このような価格となっています。

リップルに限らず、全ての仮想通貨は数秒単位で価値が変わるため、1日で大きく価格が下がることもあれば、大幅に価格が上昇することもあります。

そのため、デイトレーダーと呼ばれる1日に何度も取引をする取引スタイルで利益を稼ぐ人も利用しています。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル(XRP)の現物・プライスパネル

続いて、リップルの現物・プライスパネルをご覧ください。

銘柄 Bid / 売 SP Ask / 買 高値 安値 前日比 前日比(%)
BTC/JPY 3,761,500 60,660 3,822,360 3,770,868 3,777,217 43,080 1.14
ETH/JPY 246,180 4,974 251,133 247,775 248,969 -1,175 -0.48
XRP/JPY 51.054 1.819 52.873 51.355 52.379 0.354 0.68
LTC/JPY 8,537.3 304.3 8,841.6 8,602.7 8,794.5 -156.1 -1.78
BCH/JPY 23,920 853 24,772 24,121 24,538 -218 -0.88
XLM/JPY 16.632 0.593 17.225 17.225 16.788 0.221 1.32
ETC/JPY 2,919.1 134.4 3,053.0 2,996.5 3,027.9 -104.2 -3.40
OMG/JPY 319.640 11.382 331.236 331.236 325.391 0.045 0.01
ENJ/JPY 87.693 3.124 90.871 88.463 87.779 3.835 4.42
BAT/JPY 49.441 1.762 51.202 50.563 50.127 1.008 2.04
MONA/JPY 81.382 3.748 85.125 81.823 84.301 1.438 1.75

参照:DMM Bitcoin

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル(XRP)はいくらで買える?最低取引金額一覧

ここからは、金融庁に認可されているおすすめの取引所のリップルの最低取引金額をまとめましたので、参考にしてください。

取引所 最低取引金額 取引手数料
ビットフライヤー 販売所:0.00000001 XRP
取引所:0.01 XRP
販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
コインチェック 500円相当額 無料
DMM Bitcoin 販売所:0.001XRP
取引所:-
販売所:無料
取引所:-
LINE BITMAX 販売所:0.00000001XRP
取引所:0.0001XRP
無料
GMOコイン 販売所:0.0001XRP
取引所:0.01XRP
販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
BITPOINT 販売所:0.00000001XRP
取引所:0.0001XRP
無料
SBI VCトレード 0.0001XRP 無料
Liquid by Quoine 販売所:-
取引所:0.002XRP
販売所:-
取引所:XRPを含む通貨ペアは0.10%

このように、各取引所によっても最低取引金額は異なります。

MEMO

ビットフライヤーの場合は最低取引金額は0.00000001 XRPとなっているため、約1円から購入することができます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル(XRP)の取引ができるおすすめの取引所5選

ここからは、リップルの取引ができるおすすめの取引所を5つ紹介していきます。

まだ口座開設をしていない人は、これから紹介する取引所を参考にしてみてください。

おすすめの仮想通貨取引所ランキング

DMM Bitcoin

参照:DMM Bitcoin

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(5.0)

DMM Bitcoinは最短1時間で取引がスタートでき、すぐに仮想通貨取引を始めることができる取引所です。

レバレッジ取引ができる通貨数が他の取引所よりも豊富で、国内NO.1となっています。

また、口座開設手数料や口座維持手数料、日本円出金手数料などの各種手数料が無料となっているため、取引をするうえで無駄なコストがかからない点も特徴です。

さらに、DMM Bitcoinでは土日祝を含む365日問い合わせフォームやLINEにて質問・相談に対応しているため、わからないことがあってもすぐに解決できます。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ライトコイン(LTC),ビットコインキャッシュ(BCH),ネム(NEM/XEM),イーサリアムクラシック(ETC),モナコイン(MONA),ステラルーメン(XML),クアンタム(QTUM),ベーシックアテンショントークン(BAT),オーエムジー(OMG),テゾス(XTZ),エンジンコイン(ENJ),シンボル(XYM)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
セキュリティ オフラインウォレットでの顧客資産管理,顧客資産と会社資産の分別,2段階認証と生体認証の導入,不正アクセスへの監視,マルチシグネチャ対応,SSL暗号化通信
レバレッジ取引 2倍

ホームページは分かりやすく、日本人なりの考え方と論理性で構成されているような気がします。手数料0円などのお得なキャンペーンがよく行われており、サービスが充実しているなと思います。苦情や相談に関しては電話できるので安心感もあります。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。

引用:みん評

先日、DMM Bitcoinに登録してみました。実際に使ってみての感想を簡単にまとめようと思います。まず、アプリがとても良くて気に入っています。デザインや使いやすさの面で評価できると思いました。

引用:みん評

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

コインチェック

参照:コインチェック

コインチェックの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)

コインチェックは関東財務局登録済みの暗号資産交換業者です。

安定したサービス提供を継続し、よりユーザーに安心・安全に利用できるようにセキュリティ強化やユーザビリティの向上に努めています。

2段階認証とコールドウォレットなどのセキュリティ体制に力を入れており、第三者の不正使用やログインを防ぐことができます。

また、コインチェックに預けた資金はインターネットに繋がっていないウォレットで暗号資産を管理しているため、自分が購入した通貨が安全に守られる仕組みで安心です。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ライトコイン(LTC),ビットコインキャッシュ(BCH),イーサリアムクラシック(ETC),ネム(XEM/NEM),ファクトム(FCT),リスク(LSK),モナコイン(MONA),ステラルーメン(XLM),クアンタム(QTUM),ジーキャッシュ(ZEC),モネロ(XMR),ダッシュ(DASH),オーガー(REP)
取引手数料 無料
入出金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~1,018円
クイック入金:770円~1,018円
セキュリティ コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理,顧客資産と会社資産の分別管理,アカウントログイン時の2段階認証,SSL暗号化通信
レバレッジ取引

いざ使ってみると、チャートも見やすいし総資産も一目でわかるし売買も簡単です。手数料が安くないと言われてますが、アプリ機能やチャット機能などその他の取引所よりは使いやすいので、現状は満足しています。

引用:みん評

最近流行っている仮想通貨取引、私も挑戦してみようと思って利用しました。はじめる前はめんどくさそうだなと思っていたのですが、驚くほどに簡単でした。親切な案内でわかりやすく最初の取引もできて、これからも真剣に使っていこうと思えるような対応でした。まだ始めたばかりですが、慎重に、ときには大胆に、取引を行っていきたいと思っています。またサポートが充実しているのも嬉しいです。

引用:みん評

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リンク(LN)


\ 最短3分で完了 /

口座開設が容易にできたこと。暗号通貨の取引は難しいという思い込みがあるが、ポイントプレゼントのキャンペーンがあったので、挑戦しようと思いました。

参照:オリコン顧客満足度

開始するまでの手続きは簡単で、操作もマニュアルを見ずに直感的にできた。

参照:オリコン顧客満足度


\ 最短3分で完了 /

ビットフライヤー

参照:ビットフライヤー

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(4.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(5.0)

ビットフライヤーはビットコイン取引量6年連続No.1の仮想通貨取引所です。

気軽に使える各種手数料が無料で、無駄なコストをかけずに取引ができます。

また、ビットフライヤーは業界最長の7年の運営実績で一度もハッキング等の被害はなく、安心して利用できる取引所と言えるでしょう。

SSL暗号化通信,SHA-2(SHA-256)の採用,FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御,パスワードの強度チェックなどのセキュリティ体制に力を入れているため、自分の大切な資産はしっかりと守られます。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ライトコイン(LTC),ビットコインキャッシュ(BCH),モナコイン(MONA),リスク(LSK),イーサリアムクラシック(ETC),ベーシックアテンショントークン(BAT),ステラルーメン(XLM),ネム(XEM),テゾス(XTZ),ポルカドット(DOT),チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
入出金手数料 銀行振込:振込手数料のみ
クイック入金:無料
セキュリティ SSL暗号化通信,SHA-2(SHA-256)の採用,FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御,パスワードの強度チェック,アカウントロック機能,2段階認証,ログイン履歴の管理,自動タイムアウト,マルチシグネチャ,コールドウォレット,顧客資産との分別管理,ウイルスチェックとハッキングテスト
レバレッジ取引 2倍

もともと仮想通貨取引に興味があり、どの取引所がよいか検討を重ねていました。そこでネット検索してみると、ビットフライヤーが一番使い勝手がよさそうだったので、こちらで試してみることにしました。私は基本的にパソコンで利用しています。まだ初めて1ヶ月も経っていませんが、非常に使いやすいです。ビットコインをメインにやっていますが、これからどんどん使い込んでいきたいと思っています。とてもよい取引所だと思います。

引用:みん評

実際利用してみると、取引画面が見やすくやすく、素人の私でも理解しやすかったです。それに安全に取引を行なえているので、安心ですし大満足です。

引用:みん評

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

GMOコイン

参照:GMOコイン

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

GMOコインは2年連続オリコン顧客満足度を獲得しており、取り扱い銘柄数国内NO.1の取引所です。

信頼と実績のGMOグループが運営しており、グループで長年培われた金融サービスのノウハウを生かして、安全に取引ができる環境を提供しています。

口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付などの各種手数料は全て無料になっているため、無駄なコストを削減して取引をすることも可能です。

取引銘柄は国内最多となる21銘柄を取り扱っており、リップル以外の取引の選択肢が広がる点も魅力です。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ライトコイン(LTC),ビットコインキャッシュ(BCH),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),ベーシックアテンショントークン(BAT),オーエムジー(OMG),テゾス(XTZ),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
セキュリティ コールドウォレットでの資産管理,顧客資産の分別管理,2段階認証,マルチシグネチャ,サイバー攻撃対策,システムの24時間365日,監視SSL暗号化通信
レバレッジ取引 2倍

セキュリティに整体認証を使用している点。キャンペーンのキャッシャバック。チャートのわかりやすさ。取引のわかりやすさが良い。

参照:オリコン顧客満足度

扱っている通貨や購入できる最低金額は低いため、初心者でも始めやすいです。初心者向けのセミナーも多いです。

参照:オリコン顧客満足度

リップル(XRP)裁判は価格にどんな影響をもたらす?

リップルを保有している人や、これからリップルを購入して取引をスタートしたいと考えている人は、リップル裁判について把握しとく必要があります。

リップル社は2020年12月にSECに提訴されて、2022年5月26日現在も裁判が続いています。

裁判の争点となっているのは「リップルが有価証券に該当するのか」という点です。

この裁判の結果によってリップルの価格が大きく変わる恐れがあるため、リップルの取引をする場合は必ず裁判の情報を集めておくことが重要です。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル裁判に勝訴した場合

リップル社が裁判で勝訴した場合は、価格が一気に向上していく可能性が高いです。

勝訴した場合は一機に現在の価格から数倍以上になる可能性もあるため、裁判の動向には注目しておきたいポイントです。

リップル裁判に敗訴した場合

リップル社が裁判に敗訴してしまった場合はリップル社によるリップルの売却が起こる可能性が高いです。

リップル社は現在発行している枚数の半分以上を保有しており、これらが全て売却された時には、リップルの価格が大きく減少することが考えられます。

リップル(XRP)に関するよくある質問

最後に、リップルに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問にまとめて回答していきますので、参考にしてください。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル(XRP)はいくらで購入できる?

リップルは1円から購入可能です。

リップルを取り扱っている取引所の最小発注数量が0.000001 XRPの場合は1円から購入できます。

ただし、取引所によっては最小発注数量が0.000001 XRPではないところもあるため、注意が必要です。

売買手数料はいくらですか?

売買手数料は各取引所によってもさまざまです。

ちなみに、ビットフライヤーの売買手数料は無料です。

1リップル(XRP)の価格は?

リップルの現在(2022年5月16日11時30分)の価格は51.85円となっています。

リップル(XRP)はどんな仮想通貨?

リップルは各コクの法定通貨同士を仲介する役割を果たすブリッジ通貨とも呼ばれ、主に国際送金に優れた仮想通貨です。

リップル(XRP)はどうやって購入すればいい?

リップルを購入したい場合はリップルを取り扱っている仮想通貨取引所で口座開設をして、入金を済ませる必要があります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

リップル(XRP) いくらのまとめ

今回はリップルの現在の価格から最低取引金額、相場などについて詳しく紹介してきました。

リップルの現在の価格は51.85円です。

各取引所によっても最低取引金額は異なりますが、ほとんどの取引所で1円から購入することができ、1,000円もあればほぼ全ての取引所でリップルを購入することができます。

ただし、リップルを開発したリップル社は現在SECとの裁判中で、この裁判が終わるまではなかなか投資家達も手を出しづらい通貨でもあります。

この裁判に勝訴すれば現在の価格よりも何十倍にも上昇する可能性もあるため、リップルの取引をする場合はこの裁判にも注目しておきたいところです。

また、リップルを購入するには仮想通貨取引所で口座開設・日本円の入金を済ませる必要がありますので、まずは口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日
暗号資産(仮想通貨)の取引なら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日