リップル(XRP)の今後はどうなる?知らないとヤバい!これからの価格予想・将来性を解説

リップル(XRP)の今後ってどうなるの?ヤバいって本当?

リップル(XRP)の将来性は実際どう?

リップル(XRP)とは、仮想通貨の王様『ビットコイン』の欠点を補う性能を持つ仮想通貨として注目を浴びており、

特に国内では絶大な人気を誇る銘柄です。

そんなリップル(XRP)は、『1XRP=113円前後』とまだまだ伸び代のある銘柄のため初心者でも始めやすほど低価格のため、少しの金額でもたくさん保有することができます。

銘柄をたくさん保有していれば、値が上がった時に利益も大きくなりますね!

そのため、リップル(XRP)の今後は誰もが目を光らせる話題なのです。

この記事は最新情報を担保するために随時、最新情報を更新しています。

12月のポイント
  • 12月は、110円台を切り抜けて上昇していくかどうかがポイント
  • 大きく下げ込んだ場合、96円まで下降する見込み
  • 下降した場合、96円台で反発し+20%をマークする見込み
  • 現段階でリップルは売り傾向が強いため、静観がベストだが、下げ込みに備えて今から口座開設をしておくのがおすすめ
  • 一方で、開催中に下落に転じる傾向があるので開催時期は注視が必要
  • トレンドラインを大きく上昇に切るには、『米証券取引委員会(SEC)との裁判の動向』が今月も注目

リップル(XRP)の価格が高騰する前に保有しておきたい方は、仮想通貨の始め方を読んでみてくださいね!

※この記事の内容は全て2021年12月1日15時現在の価格

\ 最短 即日 で取引開始! /

目次

リップルの今後は?最新のリアルタイムチャート


2021年12月1日15時の時点でリップルは114円台となっています。

11月初旬と比較して、-30%の水準となっており、全体としては下降ぎみです。

これは、インドにて仮想通貨の規制の発表がされたことによる影響と見られ、

他の通貨も同じ動きをしています。

12月のリップル今後は、110円台のラインを割るか・割らないかが重要な節目となっており、

下降した場合は、リップル(XRP)を安く購入できるチャンスとなるので、今のうちからの準備・注視が重要となってきます。

\ 最短 即日 で取引開始! /

【2021年12月版】押さえておくべきリップル(XRP)の値動きポイント

有利なタイミングでリップルを買いたい!

リップルは今から始めるにはどうなの?

この章では短期的にみた、リップル(XRP)の値動きを解説します。

12月のポイント
  • 12月は、110円台のラインが要となる。
  • 下げ込みトレンドとなった場合、50日間で+20%になる見込みでチャンス
  • トレンドラインを大きく上昇に切るには、『米証券取引委員会(SEC)との裁判の動向』が今月も注目

\ 最短 即日 で取引開始! /

2021年12月リップル(XRP)の動きは、急騰or下落|注目ポイント

Coincheck|リアルタイムチャーチ

12月のリップルは、113円ラインで売りと買いが拮抗する局面でスタートしました。

11月と比べると、大きく-30%となっており、市場全体で下落傾向を見せています。

リップルがもし『110円台』のラインを割った場合、『96.45円』まで下落する見込みです。

96円を割り込んで下落をした場合、反発して『113円台』へ上昇する見込みで、およそ+10~20%をマークすると予想されています。

\ 最短 即日 で取引開始! /

2021年11月リップル(XRP)の動きをおさらい

11月のリップルは、11月中旬に140円台をマークし11月末に売りが加速し、大きく下落をする振り幅の大きい局面となりました。

インドの仮想通貨禁止法案の発表により、市場全体で弱気派が優勢となり売り局面になったことが原因として挙げられます。

リップル(XRP)裁判は今後どうなる?

最後に、リップル(XRP)の今後を見る上で直近特に気にしたいのは『リップル(XRP)裁判』です。

リップル(XRP)裁判とは

2020年12月に、米証券取引委員会(SEC)が米リップル社に対して提訴を一連の裁判を指します。
同委員会は、リップル社に対し『XRPを未登録証券として販売し、1300億円をこえる資金を調達』として提訴を行いました。
これに対しリップル社は『ビットコインやイーサリアムとの比較は重要である』ことや『SECがリップルに対し、有価証券である通知を事前にしてこなかった』などと反論し、
SECに対しXRPが有価証券である証拠の提出を求めています。
SECはリップル社の要求に対し、証拠提出の延期を幾度となく申し出ており、事態は拮抗しています。

リップル(XRP)裁判において、リップル社が勝訴するか敗訴するかにより、今後の価値が大きく変わるとされて

リップラー(リップル保有者)の注目を集めています。

今後のリップル(XRP)裁判の動向について、一連の事件に詳しい『James K . Filan』弁護士は自身のTwitterで裁判が今後長引くことを予想しています。

リップル(XRP)裁判については、引き続き注意が必要です。

https://twitter.com/FilanLaw/status/1420960678945361921

まとめ
  • 11月中旬は、拮抗が崩れるタイミングに注目
  • 11月初旬(11月9日〜10日)に開催のRipple Swell Global直前は、これまでの傾向から高騰が予想される
  • 一方で、開催中に下落に転じる傾向があるので開催時期は注視が必要
  • トレンドラインを大きく上昇に切るには、『米証券取引委員会(SEC)との裁判の動向』が今月も注目

リップルの今後はどうなる?これまでのチャートで価格予想

リップル_今後_やばい

リップルの2021年の価格は非常に大きな変動を繰り返してきました。

2021年に突入した頃は小さな右肩上がりの印象がありますが、4月から5月頃になると大きく上昇します。

このまま急成長を遂げるかと思いきや、2021年6月を過ぎた辺りから価格が下落しました。

しかし、2021年7月に大きく回復を見せています。

この動きは、リップル社・SBIミレットが、リップルネットワークを利用し日本-フィリピン間の国際送金の開始を発表したことを受けてと見られています。

その後、11月に行われたリップルSWELLの影響を受け、147円台にのり最高値をクリア。

現在は113円前後で立ち往生が続いており、売買が非積極的なため保有しておくことが吉な局面です。

また大きく下げ込んだ場合は、96.45円を目安として反発すると予測できるため、現段階でリップルの購入を検討している方は

今から口座開設をしておきましょう!

\ 最短 即日 で取引開始! /

リップルは過去5年間を見ると尋常ではない成長を繰り広げたことが分かります。

2016年8月末時点での価格は約0.006ドル程度しかありませんでした。

加えて、そのまま順調に成長したわけでもないです。

2017年8月末で0.2953ドル、2018年8月末で0.33503ドルまで成長しましたが、

2019年8月末では0.25759ドルに下がっています。

それが、2021年8月末では何と1.18615ドルへ急成長したのです。

5年間で200倍の価格の上昇を果たしたことになります。

\ 最短 即日 で取引開始! /

リップルの今後は期待できると言える3つの理由

結論からお伝えすると、リップルの今後は『伸びる』と予想されています。

リップルは数多くの仮想通貨銘柄の中でも実用化が進んでおり、国内の大手金融機関もリップルネットワークを導入しています。

そんな動きから以下の3つのことがリップルが伸びる鍵として期待されているのです。

リップルが期待できる理由
  • 将来の成長には希少性が1つの基準となる
  • 大手金融機関のサポートが仮想通貨の成長に必要不可欠
  • アジアはリップルの将来性を変える鍵になる

発行数量が上限に達しており、実用化が進むと希少性が上がる

リップルの発行数は、令和3年11月1日現在で1,000億万枚に達成しています。

この数は現時点での発行数でもあり、リップルの発行上限数でもあります。

つまり、リップルの今後の追加発行は基本的にないといえます。

新たにリップルが発行されないとなると、リップルの希少性が高くなると考えられます。

なぜなら、リップルは国際送金システムで利用されるたびに少しづつ減少する仕組みとなっており、枚数が減る=価値が保持されるからです。

また、リップルは発行されている枚数の多くをリップル社と創業者が保持しているため、

一個人の投資家によって価格が変動するリスクがビットコインよりも低くなっています。

このように、リップルはビットコインと違い徹底的な価値の維持をとった仕組みとなっているため

今後も投資家に期待がされています。

ソース元:リップル(XRP)とは?初心者向けに特徴やメリット、今後の動向を簡単解説!|Coincheck

https://coincheck.com/ja/article/5

各国有力金融機関が参加しているリップル送金ネットワークの普及が進んでいる

リップルは、「Ripple net」といった世界中の大手金融機関が参加するネットワークを持っています。

三菱UFJ銀行やSBIレミットも当該ネットワークの一員です。

画像引用:https://ripple.com/sbi-ripple-asia/

世界中の大手金融機関が情報網を形成するとリップル自体の信用度が高まり、

世間から信頼できる仮想通貨と認められれば、決済アプリや国際的な送金手段として普及が広まると考えられます。

実際に、20201年7月にはSBIミレットとリップルが共同でリップルネットのオンデマンド流動性(ODL)サービスを展開しました。

これにより、日本からフィリピンへの国際送金が迅速かつ安価にでき、XRPを利用して海外からの資金調達・運用コストの削減となり、今後拡大を図っています。

アジア圏で精力的に普及を図っているリップルですが、国際的な大手銀行が支持していること、実際に国際的な送金ツールとして活用が始まっていることから

今後も大きく価値が向上していくと見られています。

ソース元:リップル、SBIレミット株式会社との提携によりオンデマンド流動性サービスの提供を開始し、日本からの国際送金拡大に寄与|PRTimes

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000054295.html

アジアを中心にリップルの実用化が進んでいる

さて、上記では国際的な銀行によってバックされており、実際に事業展開が始まっていると解説をしましたが、

中でもリップルはアジアを中心に普及しているのが、良い将来を作るのではと期待されています。

しかしながら、アジアがリップルにどう影響を与えるのか疑問に感じる方もいるかもしれません。

双方の関係性において注目すべき点は人口と法定通貨です。

まず、アジアは全ての州の中でも最も人口が多いと知られています。

世界人口第1位の中国と第2位のインドが共にアジアの国なので容易に想像できるでしょう。

人口の多い地でリップルが実用化されれば、使う人も当然増えていきます。

さらに、アジアは法定通貨の信用度が高くない国も多いです。

インドもそのうちの1つですが、信用度の高くない法定通貨は仮想通貨と価値は殆ど差がありません。

上記の2点において、アジアでのリップル実用化は今後が期待できる大きな要素となっています。

リップルの価格が今後、高騰する3つのタイミング

リップルの価格が今後高騰するには3つのタイミングがあるとされています。

リップルの価値が上がるタイミング
  • IPOの導入が価格高騰に繋がる
  • 将来の鍵を握るアジアへの送金が役立つ理由
  • 価格の高騰とクレジットカードの因果関係を紐解く

リップル社によるIPOの実施

リップル社は2021年11月現在も特段IPOの導入は行われていませんが、今後は少なからず取り入れられる可能性は高いと噂されています。

IPOとは「新規公開株」の略称で、新たに証券取引所で運営する株です。

IPOが実施されると株主を中心に注目が集まり、投資家がリップルを扱う可能性が高くなります。

当然、リップルの需要が上昇するので価値も高まるでしょう。

そうすれば、価格の急騰に繋がって利益を得やすくなります。

IPOが実施されていない以上、架空の話にはなってしまいますが逐一状態を確認してもいいかもしれません。

とりあえず節目の1つと考えられているのが、米国SECとの訴訟終了後です。

証券募集でトラブルがあってSECから提訴されていますが、当該問題が解決すればIPOに踏み切るのではとSBIホールディングスの北尾CEOは予想しています。

アジア送金への普及

リップルはアジアを中心に普及していく確率も高いです。

リップルでは世界中の大手金融機関がネットワークを形成していると紹介しました。

強固な基盤のもとに作られたブロックチェーンを生かし、世界各地に送金しています。

アジアにもどんどん普及していけば、前述した通りリップルの価値上昇にも繋がっていきます。

「Ripple Net」は、他の国際送金の手法と比べて送金時間が大幅に短いのが特徴です。

送金する上で煩わしさもなく、普及におけるメリットとして外せません。

さらに、リップルは仮想通貨同士を交換する際のツールとしても使われています。

例えば、種類の異なる4つの仮想通貨をそれぞれ交換する場合、全ての価値を把握しないといけません。

その組み合わせは何と6通りです。それがブリッジ通貨としてリップルを間に挟むと、どの仮想通貨も一度リップルと交換するので組み合わせは全部で4通りになります。

直接リップルを欲さずとも、取引の段取りとして結果的に使用されるでしょう。

その点も考慮すれば、仮想通貨の認知度が少しずつ高まっていく今日でアジアに送金されるのは高騰に繋がると予測できます。

クレジット決済の導入

これら以外でリップルの価値が上がるきっかけになり得るのは、クレジットカードの導入です。

リップルは世界中に送金されている仮想通貨でありながらも、クレジット決済を未だに導入していません。

クレジットカードが用いられるようになれば、リップルの売買のスピードも格段に上がります。

リップル社がクレジット決済を導入するか否かは分からないものの、当然視野には入れているはずです。

情報を見落とさないように、定期的なチェックを心がけていきましょう。

リップルは今後どこまで上がる?【AIの予想】

AIによるリップルの予想は、調べた限りではあまり芳しいものではありません。

基本的にAIはリップルの価格が下落方向に進むと予想しています。

しかし、AIの読み方にも注意が必要です。

AIは現状を把握して今後の動向を予測します。

リップル社は、IPOやクレジットカードといった現在はまだ導入されていないような制度を取り入れるかもしれません。

AIは令和の時代になっても、仮説の組み立て方のみに着目すれば人より勝っているとはいえないです。

事実、AIによって仮想通貨の動向はこれまでも予想を立てられていました。

とはいえ、実際には大きく外した過去もあり、投資家の中では1つの参考材料といった認識しかありません。

AIを過度に信用するよりかは、柔軟な発想ができる専門家の声を聞いた方が遥かに実践的です。

\ 最短 即日 で取引開始! /

リップルは今後どこまで上がる?【専門家の予想】

リップルの価格はどのように上がっていくのか、専門家の分析を紹介していきましょう。

まず総合的な評価として、ポジティブな見解を示している専門家が多いのは間違いありません。

リップルは様々な可能性を残しているので、今後の動向次第に期待する方が少なくないです。

専門家といえども、人や組織によって見解は若干異なります。

CoinSwitchとCrypto Coin Societyの2パターンを挙げていくので、各々の違いを捉えるとリップルの評価も具体化しやすいです。

リップルはどこまで上がる?専門家分析
  • CoinSwitchもCrypto Coin Societyもポジティブな予想をしている
  • CoinSwitchはリップルが2030年になると2021年から約17倍に急成長すると予想
  • Crypto Coin Societyの予想とCoinSwitchの予想を見比べるのが大切

CoinSwitchの予想:2025-2030年ごろに急騰

CoinSwitchは、2025年から2030年頃にリップルの価格が急騰すると予想しています。

具体的な分析を見ていくと、2021年では0.95ドル、2023年は2.50ドルと微小な変化を繰り返す計算です。

しかし、2025年になると4.60ドルと2倍以上高騰すると予想しました。

ちなみに、2030年では17.0576ドルと価格の幅が急上昇するとも示しています。

\ 最短 即日 で取引開始! /

リップルとは?特徴をざっくり解説

リップルの特徴
  • 既に1,000億万枚も発行されている仮想通貨
  • 換金する際のコストが非常に安い
  • 「Ripple Inc.」が管理する異質な仮想通貨

リップルの大きな特徴の1つが前述でも紹介している発行数です。

既に1,000億万枚も発行していますが、一体なぜこのような体制が取られたのでしょうか。

その理由として挙げられるのが、リップルが発行された目的です。

当該仮想通貨がなぜ発行されたかというと、国際的な通貨として活用する狙いがあったからでした。

最初から1,000億万枚と発行数が上限に達しているため、新たな製造によってインフレーションが起こるのを防ぎます。

結果的に長期間国際的に活躍を続けられるのです。

他にも、換金によるコストが非常に安いといった特徴も持ちます。

コストが少なければ、交換しても減るお金が無いので取引に用いられやすくなります。

確かに、コスト自体は登録している取引所によっても金額が異なる部分です。

一概にその他の仮想通貨と比較できるようなものでもないかもしれません。

それでも、リップルが仮想通貨の中でも手数料を抑えられやすいのは事実です。

これらの特徴は取引する際に覚えておくといいでしょう。

ここで1つ送付手数料の例を紹介してみます。

仮想通貨の大手取引所としても知られている「bitFlyer(ビットフライヤー)」で考えていきましょう。

ビットフライヤーでビットコインやアルトコインを購入すると種類によって異なるものの一定の手数料がかかります。

例えば、ビットコインの場合は送金にかかるコストが0.0004BTCです。

数値だけ見るとあまり高そうに思えないかもしれませんが、1ビットコインあたり約700万円にも上るので手数料は大体2,800円になります。

日本円で考えると、送金に必要なコストも見過ごせない金額です。

アルトコインの中でも代表的な仮想通貨であるイーサリアムも、0.005ETHの手数料がビットフライヤーでは発生します。

令和3年11月1日時点では、1イーサリアムを日本円で表すと約50万円です(496,378円)。

0.005ETHを掛け合わせると、かかる手数料が約2,500円になります。

ビットコインの場合とそこまで差がありません。

一方で、リップルの送金で発生するコストは0円です。

ビットフライヤーではリップルの送金に対して手数料を取りません。

このようにリップルは安く送金できるため、国際的にも利用しやすいのがメリットです。

さらに、リップルは「Ripple Inc.」が管理している異質な特徴も持ち合わせています。

Ripple Inc.とは、アメリカに置かれている本社です。

仮想通貨の一般的な管理方法は非中央集権型が用いられています。

言い換えれば、分散型です。

仮想通貨を管理する代表的な組織を置かずに個人がそれぞれ取引をします。

仲介者を挟まない分、自由な取引ができますがセキュリティ面は不安も残ります。

リップルは大きな組織であるRipple Inc.が管理しているので、セキュリティやデータの処理速度は万全です。

金融の世界では、中央銀行が存在する状態の方が機能しやすいと考えられています。

その理由は、中央の存在を確立することで他のユーザーとの取引の安全性が保障されるからです。

リップルのニーズが上がっていく背景には、Ripple Incの存在もまた大きいといえます。

今後リップル(XRP)を購入するならこの仮想通貨取引所がおすすめ

リップル(XRP)を安いうちに買っておきたい!

でも初めてでどこで買えばいいかわからない!

この章では、リップル(XRP)を購入するならおすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

リップル(XRP)におすすめ①コインチェック

コインチェックは、取引のコストが低い『取引所』で取引ができることで人気の仮想通貨取引所です。
最低取引額 レバレッジ取引
500円相当
取引手数料 送金手数料
無料 変動制手数料
入金手数料 出金手数料
銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
407円

コインチェックは、レバレッジ取引がなく取引手数料もかなり抑えられていることから、初心者が始めやすい仮想通貨取引所であるといえます。

取り扱い通貨数(販売所)
  • 17通貨:BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT
取り扱い通貨数(取引所)
  • 5通貨:BTC,ETC,FCT,MONA,PLT

取り扱い通貨数も、国内最多の17種類を取り扱っています。

また、日本円の入金も銀行振込(無料)でおこなえるので、換金する手間や手数料がかからず使い勝手も抜群です。

キャンペーン情報
  • 家族友達紹介キャンペーン

今後リップル(XRP)を購入するなら、『コインチェック』がおすすめです。

コインチェックは、国内でも数少ない『取引所』での取引ができる仮想通貨取引所で、初心者からも人気を集めています。

また、取引手数料も無料で何度売り買いしても費用はかかりません。※FXを除く

アプリでも、チャートは直感的にみやすく初心者でも操作しやすいことからも、投資の経験・未経験問わず、まず登録しておきたい仮想通貨取引所です。

\ 最短 即日 で取引開始! /

リップル(XRP)におすすめ②DMMビットコイン

DMMビットコインは、本格的なチャートがアプリもで使えるため機能に優れた取引ができる仮想通貨取引所として人気です。
最低取引額 レバレッジ取引
0.0001BTC 2倍
取引手数料 送金手数料
無料※ 無料※
入金手数料 出金手数料
無料※ 無料※

※BitMatch取引手数料を除く

取り扱い通貨数
  • 12通貨:BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTU,OMG

DMMビットコインでは、取り扱っている12種類の銘柄すべてにおいてレバレッジ取引が可能です。

販売所形式を採用しているので、初心者にもやさしく簡単に売買できる取引所となっています。

キャンペーン情報
  • 新規口座開設で2000円プレゼント

DMMビットコインは、アプリ・PCで無料で配布されている仮想通貨の分析チャートが使いやすいと

経験者からも高評価な仮想通貨取引所です。

最初から本格的な取引がしたい方や、携帯アプリでもチャート分析を手軽に行いたい方にもおすすめです。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分もらえる! /

リップル(XRP)におすすめ③GMOコイン

GMOコインは、本格的なツールを直感的に使うことができ、チャート分析を初めてやる方におすすめです。
最低取引額 レバレッジ取引
販売所:0.00005BTC
取引所:0.0001BTC
2倍
取引手数料 送金手数料
販売所:無料
取引所:Maker -0.01%,Taker 0.05%
無料
入金手数料 出金手数料
無料 無料
取り扱い通貨数
  • 14通貨:BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM

14種類の豊富な仮想通貨を取り揃えており、口座開設もスピーディーで取引専用アプリの使いやすさに定評があることから、オリコン顧客満足度1位を獲得しています。

キャンペーン情報
  • シンボル(XYM)預入れで現金1万円が当たる
  • 仮想通貨購入で毎日10人に1,000円当たる
  • 仮想通貨FXで毎日1人に1万円が当たる

チャートが本格的で見やすい仮想通貨取引所はDMMビットコインだけでなく、GMOコインでも人気です。

特に未経験者からの支持が厚く、GMOコインが最も使いやすいといった声も少なくありません。

他にも他の仮想通貨取引所と同様に取引手数料や、入庫・出庫の手数料も無料のため

チャート分析を勉強しながら、手軽に仮想通貨取引を始めたい方にもおすすめです。

12月以前のリップルの動きまとめ

2021年11月リップル(XRP)の動きまとめ

2021年11月4日11時時点で、リップルは140円台を更新し、強い買いの流れとなっています。

理由として11月9日に始まる『Ripple Swell Global』への期待が高まっています。

例年の傾向から、同イベント開催当日は価格が高騰すると見られているため、リップルは今がはじめどきです。

また、同イベント開催後は価格が下がる傾向にあるため、11月はリップルのトレードシーズンと言えるタイミンです。

coincheck tradeview

11月1日の時点では、10月末の上昇に合わせて弱気派と強気派が拮抗し、立ち往生が続いています。

この拮抗が解かれ弱気派が勝ると、目安110~113円程度のラインを下降した場合、100円台を切る0.85ドルに到達すると危ぶまれており

11月中旬までのリップルは目が離せない状態となっています。

一方で、強気派が価格を誘導すると140円台のレジスタンスまで上昇すると見られます。

また、11月は特に注目度の高いリップル社主催の『Ripple Swell Global』の開催が予定されています。(2021年11月9日-11月10日)

例年の動きから分析すると、Swell開催前に価格が上昇し、開催中に下落に転じるという動きが見られるため早めの保有がおすすめです。

さらに、弱気派と強気派の拮抗を解く鍵として、11月も、米証券取引委員会(SEC)との裁判の動向に特に注目です。

2021年7月リップル(XRP)の動きまとめ

7月のリップル(XRP)の動きは、一言でまとめると『下降トレンドスタート→強気トレンドへ反転』といった流れとなりました。

2020年にリップル社が米証券取引委員会(SEC)に起訴された『リップル裁判』騒動によって、起こった下降トレンドが7月の初旬まで影響しています。

実際に、7月初旬の『XRP=0.63ドル(69円前後)』で抵抗を示し一時拮抗を示しましたが、

その後下降トレンドへ陥り一時は『XRP=0.53ドル(58円前後)』まで下落し、弱気な結果となりました。

しかし、7月28日には18%上昇で『XRP=0.75ドル(83円前後)』の高値を記録し、上昇トレンドに転じたまま8月に移る展開となりました。

投資の虎

リップル上昇の要因は、XRPをブリッジ通貨とする国際送金を実現する、SBIレミットとCoin.phとの連携が発表されたことだとみられています。

投資の虎

他にも、7月に行われたカンファレンスにおいて、イーロン・マスク氏の『スペースX』がビットコインの保有を明らかにし、仮想通貨全体の盛り上がりがリップル(XRP)の上昇を後押ししていると考えられています。

リップル(XRP)の8月値動きまとめ

初心者パンダ

リップルは上昇トレンドなんだ。。。!

初心者パンダ

じゃあ、8月はどこをポイントとして値動きを見たらいいでしょうか?

上昇トレンドのまま、始まった8月では起き上がり『0.75ドル(82円前後)』ラインで推移しており、強気優勢の相場となっています。

この相場は、下落したリップル(XRP)が反騰する予想が強いことが想定され、

今後8月において『0.75ドル(82円前後)』ラインを突き抜けていけば、『1.0ドル(110円前後)』が見えてくるでしょう。

一方でラインを下回っていけば、『0.5ドル前後(55円前後)』程度まで差がる可能性があり、短期ポジションの方は注意が必要といえます。

長期ポジションを検討の方は、今後大きく値が動くことが予想されるので、1.0ドル達成前に少額でコツコツ積み立てる形での保有がおすすめです。

リップルの今後まとめ

やはり市場的に見てもまだまだリップルの価値は上がると予想できます。

リップルは仮想通貨界で、とても重要な立場にいる通貨なので、これからの動きに目を離さず情報をゲット七づけることが大切です。

この記事では定期的にリップルの最新情報を発信していくので、ぜひブックマークして見逃さないでくださいね!

\ 最短 即日 で取引開始! /

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です