ステラルーメン(XLM)今後の見通し・価格予想を徹底解説!将来性はあるの?

ステラルーメン(XLM)の今後の値動きは?

ステラルーメン(XLM)は今後、価格が上がる?下がる?

この記事では、こんなお悩みを解消します。

ステラルーメン(XLM)は、現在時価総額ランキングではトップ50以内にあり、比較的出来高も多い仮想通貨です。

ステラ財団が運営を行っているため、通常の仮想通貨が持ち合わせる分散性という特徴は保有しておらず、中央集権型の通貨となっています。

2014年に金融サービスが十分ではない新興国の人々の金融サービス向上のために開発されました。

今回は、ステラルーメン(XLM)に関する基本情報を抑えた上で、今後の予想についても観ていきたいと思います。

ステラルーメン(XLM)が買えるおすすめの仮想通貨取引所についてもしっかり解説するので、ぜひ役立ててくださいね!

ステラルーメン(XLM)のポイント
  • XLMは2014年に生まれた比較的古い仮想通貨
  • ステラ財団が運営を行っているため、通常の仮想通貨が持ち合わせる分散性という特徴は保有しておらず、すべての機能がステラ団体に一極集中するという中央集権型の仮想通貨である
  • 過去には価格高騰も見られたが、現在は価格停滞
  • 今後、価格高騰も予想されるので保有するメリットは十分ある
  • XLMを購入できるおすすめ取引所は「DMMビットコイン」
【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)


\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

そんなステラルーメン(XLM)は現在、『1XLM=11.729円前後』で取引されています。

※2022年12月02日13時10分現在の価格

この記事では、ステラルーメン(XLM)の今後の価格や値動きに関する予想を完全解説します。

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

ステラルーメン(XLM)のリアルタイムチャート


2022年12月1日の時点でステラルーメン(XLM)は12.08円となっています。

5月の下落から回復できず、全体としてみると横ばいから減少傾向です

依然として弱気相場が継続していますが、ステラルーメン(XLM)を安く購入して高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

【2022年12月版】押さえておくべきステラルーメン(XLM)の値動きポイント

有利なタイミングでステラルーメン(XLM)を買いたい!

ステラルーメン(XLM)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみたステラルーメン(XLM)の値動きを解説します。

12月のポイント
  • 6月は中旬に14円台まで価格を下げた
  • 一時価格の上昇の上昇を見せたものの、上がり切れず6中旬に再度15円台に
  • 8月にビットコインの動きに合わせ、上昇トレンドに転じる
  • 11月中旬のFTX倒産の影響か、減少傾向
  • ビットコイン、イーサリアムとほぼ同じようなチャートの動きをしているので、仮想通貨市場全体の動きを大きく見ていく必要がある
  • 直近最安値で再度反発できれば、20%以上の上昇も期待できる
  • 11月以降のファンダメンタル要素にも注目

ステラルーメン(XLM)の12月の価格動向予想

ビットコインが強気相場に転換して維持できれば、ステラルーメン(XLM)の価格は、再度30円あたりまで高騰する可能性があります。

まずはチャート分析です。

TradingView

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の0.16-0.17ドルが水平サポートとして機能しており、こちらを現在試すような形となっています。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、0.215ドルを超えられれば、次は0.25ドルあたりが抵抗帯となります。

次に10月以降のファンダメンタル要素を見てみましょう。

ステラルーメン(XLM)の今後のイベント

現段階で12月にステララーメン(XLM)独自のイベントは、発表されていません。

そのため、ステラルーメン独自の価格変動が起こるとは考えにくく、やはりビットコインやイーサリアムの動きを見ていく必要があるでしょう。

Nasdaqによると、ステラルーメン(XLM)は、現在0.18-0.20ドル程度ですが、過小評価されており、今後1年間で10倍近くの価格になるとも予測されています。

ステラルーメン(XLM)の購入には、bitFlyerがおすすめです。

手数料の安さをはじめとして、使いやすさや安全性からプロからも人気を集めている仮想通貨取引所と言えます。

ステラルーメン(XLM)をまず買ってみたい!という方はbitFlyerで口座開設をしておいてまず失敗はないのでおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ステラルーメン(XLM)の3月下旬の出来事

2022年に入って、ステラルーメンは、今流行りの歩いたりゲームをするだけで稼げるアプリを開発しました。

ステラウォークと呼ばれ、歩いてXLMを稼げ、開発も順調に進んでいます。

ステラルーメン(XLM)とは

ステラルーメン(XLM)は2014年に生まれた仮想通貨で、2022年3月5日時点で時価総額ランキング31位の仮想通貨です。

この記事では、ステラルーメンの特徴・今後の見通し・売買するためにおすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

通貨名 Steller
単位 XLM
時価総額ランキング 25位※
供給量 25,043,413,412 XLM
特徴 ・取引コストが少ない
・大手ハイテク企業と提携
・ユーザーに投票権
国内取扱取引所 DMMビットコイン・コインチェックなど

※2022年12月1日現在

ステラルーメン(XLM)は明確な管理主体により開発・運営されている

ステラルーメンは、非営利団体のステラ財団が開発・運営を行っています。

仮想通貨の代表格であるビットコインを異なる点は、マイニングのような仕組みがなく、ステラ財団から全数量がすでに発行済みであるということ。

これにより、希薄化に伴う1通貨当たりの価値の下落がありません。

ステラ財団が運営を行っているため、通常の仮想通貨が持ち合わせる分散性という特徴は保有しておらず、すべての機能がステラ団体に一極集中するという「中央集権的」な特徴があるといえます。

ステラルーメン(XLM)はバーンが実施されており、価格暴落のリスクが低い

ステラルーメンは、2019年11月にステラ財団により大量のバーン(焼却)を受けています。その数量は合計で550億XLM。

これによりステラルーテンの残りは500億XLMになりました。

この大量のバーンの影響で、価格が一時25%上昇しました。

バーン(焼却)とは、仮想通貨の数量を意図的に減らすことを指します。

数量を減らすことで仮想通貨1単位当たりの希少価値が上昇するため、仮想通貨の価格が上昇するというわけです。

ステラ財団からすでに全数量が発行されているということに加え、バーンにより半数以上の数が減少しているため、価格が暴落しづらくなり安定性を備えているといえます。

https://jp.cointelegraph.com/news/stellar-lumens-was-burned

時価総額は24位の仮想通貨

2014年8月に、南米ブラジルの仮想通貨取引所に上場。

初上場時の価格は、1XLMあたり約0.003ドルでした。

2018年までの4年間はめぼしい動きがありませんでしたが、2018年9月にアメリカの大手コンピュータ企業であるIBM社が、ブロックチェーンのステラを国際送金システムに採用することを発表しました。

それをきっかけに一気に注目が集まり、一時0.87ドル台まで急騰しました。上場時の約290倍になります。

2022年現在は、1XLMあたり20円(約0.18ドル)と落ち着きを取り戻していますが、上場時の価格と比べると約90倍と大きく上昇しています。

その結果、仮想通貨の時価総額で24位になりました。

ステラルーメン(XLM)を買ってみたい!という方はbitFlyerでの口座開設がおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ステラルーメン(XLM)はいくらまで上がる?将来性を解説

いくらまで上昇するかどうかは正直分かりませんが、長期的にみると上昇が期待できます。

大きな理由として3つ挙げられます。

1つ目は、東南アジア・イスラム圏での需要拡大です。

ステラルーメンは、金融サービスが十分ではない新興国の人々の金融サービス向上のために開発された仮想通貨です。

2020年1月にはタイのスタートアップ企業が、東南アジアにおいてステラを利用した決済システムを立ち上げることを発表しています。

また、アラブ・サウジアラビアなどのイスラム圏諸国の企業を協力・提携をして、巨大マーケットを形成する計画も進められています。

これらの計画が成功し、東南アジア・イスラム圏内で需要が拡大すれば、ステラルーメンの価値が上昇し、価格の上昇が期待できます。

2つ目は、大手国際企業からの需要拡大です。

アメリカ大手企業のIBM社をはじめ、複数の企業が国際送金手段としてステラルーメンを採用しています。

今後も大手企業、または国による採用が進めば価格の上昇が期待できます。

3つ目は、アフリカでの利用拡大です。

アフリカのゼネラルでは、仮想通貨を用いてすべての金融取引が行われる暗号都市であるエイコンシティをつくる計画が進められています。

この計画で利用される予定なのが、ブロックチェーンのステラです。

IMF(国際通貨基金)は、デジタル通貨圏の拡大を予想していますが、その通貨・ブロックチェーン技術としてステラが注目されてます。

これらの計画はいずれも発展途上で、実際に成功するかどうかは分かりません。

しかし、これらの計画にステラルーメンが絡んでいるということは紛れもない事実です。

これらの計画が成功したり、各国・各企業による計画・採用が進めば進むほど、ステラルーメンの価格は上昇する可能性が高いです。

大規模な金融機関がStellarネットワークを解して取引を行っている

ステラルーメンの特徴に注目している企業は金融・IT業界を中心に数多く存在します。

大手企業の中ではIBM・デロイト・TEMPOなどが挙げられます。

今後も様々な企業の支援を受けることで、ステラルーメンの価値の向上が見込まれます。

https://jp.cointelegraph.com/news/the-future-of-stellar-lumens

ステラルーメン(XLM)の今後の価格予想

長期的にみると上昇が期待できます。

ステラルーメンは、銀行口座を介さずに金融サービスをおこなうことを目的に開発された仮想通貨です。

アフリカを中心とするイスラム圏に住んでいる人々は、貧困を理由に銀行を保有していない人が多く、今後ステラルーメンを決済手段として利用する人が増加する可能性はあると思います。

人口の多いイスラム圏で利用者が拡大した場合、ステラルーメンの利用価値が上昇するため、価格の上昇が見込まれます。

2022年以降のステラルーメンの価格予想は、仮想通貨交換プラットフォームのCoin Price Forecastが0.95ドル(約107.3円)・Crypto Coin Societyが5.21ドル(約588.73円)です。

大きなばらつきはありますが、長期的にみると上昇すると考えられます。

まずはステラルーメン(XLM)を買ってみたい!という方はbitFlyerでの口座開設がおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ステラルーメン(XLM)の過去の価格推移

2014年に上場後、2018年までの4年間はあまり大きな動きはありませんでした。

2018年にアメリカ大手コンピュータ企業のIBM社が国際送金システムに採用したことで、価格が急騰。数か月で2円前後から約110円まで上昇することになりました。

その後価格は急落し、2020年3月には3円を割る瞬間もありました。

2021年になり仮想通貨全体が再度上昇し、80円を超える瞬間もありました。

2021年12月現在は30円前後で価格が落ち着いています。

ステラルーメン(XLM)の2月下旬の出来事

2022年に入って、ステラルーメンは、今流行りの歩いたりゲームをするだけで稼げるアプリを開発しました。

ステラウォークと呼ばれ、歩いてXLMを稼げます。

これが新たにXLMを保有する理由となり、価格も緩やかに高騰しました。

ステラルーメン(XLM)の3月の価格動向予想

2月から3月にかけて、ビットコインは上昇トレンドの兆しを見せ始めています。

今後、ビットコインが強気相場に転換して維持できれば、ステラルーメン(XLM)の価格は、再度28円あたりまで高騰する可能性があります。

まずはチャート分析です。

こちらは、Tradingviewの日足のチャートになりますが、下は直近安値の0.16-0.17ドルが水平サポートとして機能しており、こちらを現在試すような形となっています。

そして、上はいくつか抵抗帯があり、0.215ドルを超えられれば、次は0.25ドルあたりが抵抗帯となります。

ステラルーメン(XLM)を購入するメリット・デメリット

メリット、デメリットについて考えてみましょう。

ステラルーメン(XLM)を購入するメリット

ステラルーメンの大きな特徴は2つ。

1つ目は、ステラ財団による中央集権体制であるという点です。

これにより、ビットコインなどのほかの仮想通貨と比較して、プロジェクトの意思決定スピードがスムーズに行われます。

非営利団体であるため、ステラルーメンで利益を追求するというという活動もなく、信頼度が高いです。

2つ目は、決済スピードが早く、送金に価格手数料が安いという点です。

仮想通貨の代表格であるビットコインの決済スピードは約10分です。

対して、ステラルーメンの決済スピードは約2~5秒と非常に早いです。

また送金手数料も0.00001XLM(約0.00113円)と非常に低く、決済手段として優れているのがわかります。

これらの特徴から、様々な企業・国が注目をしており、使用される場所が増加すればするほど、ステラルーメンの価値が向上し価格の上昇が期待できます。

ステラルーメン(XLM)を買ってみたい!という方はbitFlyerでの口座開設がおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ステラルーメン(XLM)を購入するデメリット

ステラルーメンは、ステラ財団が単一で管理・運営を行っているため、もしステラ財団に何か問題が生じてしまうと、運営がうまくいかなくなる可能性があります。

そうなれば、ステラルーメンの仮想通貨としての価値が減少し、価格の下落が予想されます。

また、現在様々な地域・企業で導入が検討されていますが、もし採用を見送られたり、現在採用している国・企業が採用を取りやめたりすれば価格の急落が予想されます。

ステラルーメン(XLM)におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin|おすすめ仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

DMMビットコインの評価
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 15通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨は15種類で、BATも取り扱っている貴重な国内取引所です。

仮想通貨取引手数料、日本円の入出金手数料、仮想通貨をほかの取引所に送る手数料などはすべて無料です。※BitMatch取引手数料を除く

口座開設は最短5分で完了し、スマホでスピード本人確認を利用すれば、口座開設申込後、最短1時間以内に取引が可能になります。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

Coincheck|おすすめ仮想通貨取引所

コインチェックの評価
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 17通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では17種類と最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは東京都渋谷区に拠点がある仮想通貨取引所であり、設立は2012年8月28日で、2014年から仮想通貨交換業務を開始しました。

公式サイトの説明によると、アプリダウンロード数No.1、取扱仮想通貨数No.1とのことです。

アプリダウンロード数がNo.1というだけあって、その使いやすさには定評があります。

初心者でも簡単にリスク(LSK)などの仮想通貨売買が可能です。

最低購入金額は500円からで手数料は無料です。

コインチェック

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります


\ 最短3分で完了 /

bitFlyer|おすすめ仮想通貨取引所

bitFlyerの評価
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:330円~
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 15通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では15種類と豊富
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

ビットフライヤーは2014年1月9日に設立された東京都港区に本社を構えるビットコイン取引量国内No.1*を誇る暗号資産取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取扱仮想通貨の種類は15で、そのうちの一つがリスク(LSK)です。最低1円から購入できます。

販売所の取引手数料は無料で、取引所の方は0.01~0.15%となっています。

そのほか、アカウント作成手数料、アカウント維持手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料なども無料です。

アプリもシンプルな操作画面で使いやすいです。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

どこの仮想通貨取引所が良いか悩ましい、、という方にはbitFlyerで口座開設をするのがおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日