仮想通貨シンボル(XYM) って何?高騰のタイミングや将来性、今後の見通しを徹底予想

シンボル(XYM)ってそもそもどんな通貨?

シンボル(XYM)の将来はどうなるの?価格は上がるの?

この記事では、こんなお悩みを解消します。

シンボル(XYM)は、NEMという仮想通貨を発行したプロジェクトによる新しい仮想通貨です。

これは、企業ユーザー、開発者、およびプライベートエンティティをパブリックブロックチェーンに接続するのに役立ちます。

そのコア機能は、金融テクノロジーやサプライチェーンなどでも、最大限の機能とアクセシビリティを実現するように設計されています。

シンボル(XYM)は、ブロックチェーンの複雑な開発を分解し、パブリックチェーンとプライベートチェーンをレガシーシステムと信頼できる安全な方法でシームレスに統合できるようにするために開発されました。

今回は、シンボル(XYM)に関する基本情報を抑えた上で、今後の予想についても観ていきたいと思います。

シンボル(XYM)が買えるおすすめの仮想通貨取引所についてもしっかり解説するので、ぜひ役立ててくださいね!

シンボル(XYM)のポイント
  • XYMは2021年3月15日に生まれた新しい仮想通貨
  • 海外取引所ではシンボル(XYM)の取引が20円〜30円で開始し、100円以上に高騰
  • 過去には価格高騰も見られたが、現在は4円前後で価格停滞気味
  • 今後、価格高騰も予想されるので保有するメリットは十分ある
  • XYMを購入できるおすすめ取引所は「DMMビットコイン」
【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)


\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1! 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!2022年最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

目次

シンボル(XYM)のリアルタイムチャート


5月のビットコインの価格変動に伴い、価格は再度下落し依然として弱気相場にあります。

依然として弱気相場が継続していますが、シンボル(XYM)を安く購入して高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

【2022年12月版】押さえておくべきシンボル(XYM)の値動きポイント

有利なタイミングでシンボル(XYM)を買いたい!

シンボル(XYM)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみたシンボル(XYM)の値動きを解説します。

12月のポイント
  • 3月は中旬から短期的に上昇するも、5月の価格下落以降横ばいで推移
  • ウクライナ情勢によって、仮想通貨市場全体の低迷に合わせて価格も下落
  • 追い打ちをかけるように、5月頭のステーブルコインUSTの下落を受け仮想通貨市場全体に冷えこみが広がる
  • 直近最安値で再度反発できれば、40%以上の上昇も期待できる
  • 12月以降のファンダメンタル要素にも注目

シンボル(XYM)の2022年12月の価格動向予想

5月にビットコインは、ステーブルコインUSTの下落を受け、価格を大きく落としました。

シンボルの価格も、ビットコインに引っ張られるように、下落しています。

12月もビットコインの影響を大きく受けると考えられ、引き続き静観が必要なタイミングでしょう。

まずはチャート分析です。


tradingview参照

3月下旬にかけて、きれいな上昇トレンドを描いておりましたが、5月以降ビットコインの下落に伴い、再度直近安値付近を試す展開となっています。

次に12月以降のファンダメンタル要素を見てみましょう。

シンボル(XYM)の今後のイベント

シンボル(XYM)の購入には、ビットコイン取引量国内No1のDMMビットコインがおすすめです。

手数料の安さをはじめとして、使いやすさや安全性からプロからも人気を集めている仮想通貨取引所と言えます。

シンボル(XYM)をまず買ってみたい!という方はbitFlyerで口座開設をしておいてまず失敗はないのでおすすめです!

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨シンボル(XYM)とは?

シンボルブロックチェーンは、プルーフオブステーク(PoS)コンセンサスを使用して、他のブロックチェーンとの相互運用性とコラボレーションを向上させるように設計されています。

シンボルは、他のブロックチェーンネットワークと競合するのではなく、ブロックチェーンとそのユーザーの両方のアクセシビリティと包含を改善するように設計されています。

シンボルを立ち上げたNEMGroupは、XEM暗号通貨に関連付けられたNEMNIS1ブロックチェーンを最初に開発しました。

NEMNIS1ブロックチェーン上に構築されており、ユーザーがより複雑なネットワークを開発し、パブリックチェーンとプライベートチェーンの間をシームレスに移動できるようにします。

これによって、シンボルは、従来のピアツーピアトランザクションも可能にし、独自のネイティブトークンXYMを備えています。最初にリリースされたXYMトークンは78億を超え、最大供給量は8,999,999,999でした。

XYMトークンのインフレ率は、ビットコインのインフレ率と関連しています。

プロジェクト名 Symbol
通貨名 XYM
時価総額ランキング 126位
時価総額 26,745,245,299.17円
特徴 ・XEMグループが開発した新しい仮想通貨
・パブリックチェーンとプライベートチェーンの間をシームレスに移動できるようにする
国内取扱取引所 コインチェック・DMMビットコインなど

*2022年12月1日現在

シンボルの大きな特徴としては、プルーフオブステーク(PoS)コンセンサスを使用して、他のブロックチェーンとの相互運用性とコラボレーションを向上させるように設計されています

これによって、他のブロックチェーンネットワークと競合するのではなく、ブロックチェーンとそのユーザーの両方のアクセシビリティと包含を改善するように設計されています。

具体的にはのブロックチェーンエコシステムと同様に、Symbolパブリックチェーンには、ノードオペレーター、ユーザー、投資家、およびネイティブトークンが含まれます。

ただし、Symbolのユーザーが報酬を獲得しやすくするための重要な違いがいくつかあります。

たとえば、ハーベスターはノードを実行するか、トークンの残高を保持することで報酬を獲得できます。

このシステムはハイブリッドチェーン設計を採用しているため、データがパブリックチェーンとプライベートチェーンを自由に行き来し、比類のない相互運用性を実現します

シンボルには多くの利点があります。それらを理解することは、ユーザーが彼らの経済的および専門的な目標をより効果的に達成するのを助けることができます。詳しくみてみましょう。

XYMとは?5つの特徴
  • 特徴①ハイブリッドブロックチェーンを備えた新しい仮想通貨(暗号資産)
  • 特徴②新機能や開発をテストできる
  • 特徴③無駄のない取引手数料
  • 特徴④高いセキュリティとプライバシー
  • 特徴⑤DefiやNFT市場での活用

特徴①ハイブリッドブロックチェーンを備えた新しい仮想通貨(暗号資産)

Symbolのハイブリッドブロックチェーン設計は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの利点を兼ね備えています。

ユーザーは、セキュリティ、プライバシー、スピード、手頃な価格を楽しむことができます。企業は、パブリックチェーンで公開されるまで、プライベートチェーンで新しいチェーンと機能をテストできます。

ハイブリッドシステムは以前に設計されていましたが、Symbolは特にハイブリッドシステムとして構築されました。Symbolを介して作成されたアセットはすべて、そのブロックチェーンとネイティブに互換性があります。

以前のハイブリッドシステムは、パブリックチェーンを攻撃から保護するためにさまざまなメカニズムを備えており、多くの場合、システムセキュリティの速度と手頃な価格を犠牲にする必要があります。

プライベートブロックチェーンには反対の問題があり、セキュリティを犠牲にして速度とコストを交換します。シンボルは外部検証の必要性を排除し、パブリックチェーンとプライベートチェーンは仲介者を備えていません。この機能はSymbolに組み込まれているため、クロスチェーンスワップが迅速かつ簡単になります。

特徴②新機能や開発をテストできる

企業ユーザーは、プライベートチェーンを使用して新機能を開発およびテストできるため便利です。また、プライベートチェーンを使用して、独自のトランザクションまたはパートナーとの特定のトランザクションを管理することもできます。

パブリックチェーンは、企業がオープンネットワークまたはデジタルウォレットを使用して顧客と対話および取引できるようにする前面サービスを提供します。

従来のブロックチェーンが混雑した場合、ユーザーは長い確認プロセスまたは高額の料金のいずれかを選択する必要があります。ネットワークは不安定で予測不可能な場合があり、取引に最適な時期を予測することは困難です。

ところが、Symbolのハイブリッドシステムを使用すると、ユーザーは重要な機能をプライベートに完了し、パブリックチェーンを使用してトランザクションを完了することができます。

これにより、ネットワークトラフィックが減少し、より高速でシンプルなプロセスが提供されます。

特徴③無駄のない取引手数料

取引手数料は、ブロックチェーンの必要な部分ですが、特に暗号通貨トークン値の変動性を考慮すると、法外なビジネスコストにつながる可能性があります。

ところが、プライベートサーバーを使用すると、これらのトランザクション料金が不要になり、ユーザーは必要な数のトランザクションを完了できます。

つまり、パブリックチェーンに移動したときにのみ料金を支払うことになります。ユーザーは、XYMをSymbolウォレットに保存するか、委任を通じてより多くのXYMトークンを獲得するために使用することもできます。

特徴④プライバシーとセキュリティ

プライベートブロックチェーンは完全にプライベートのままにすることができ、トランザクション、データ、およびその他の情報には、許可されたユーザーのみがアクセスできます。

ハイブリッドモデルでは、すべてのトランザクションの明確で不変のタイムスタンプ付きの記録を使用して、監査も容易になります。ユーザーは監査プロセスを自動化することもできます。

特徴⑤NFTやDefiに応用できる

シンボルユーザーは、非代替トークン(NFT)、署名、株式など、事実上すべてを表すデジタルアセットを作成できます。

当初はNIS1チェーンと連携して動作するように構築されたシンボルネットワークは、流動性の向上、トランザクションコストの削減、処理時間の短縮を約束します。

これは単なる並列ブロックチェーンではなく、アップグレードであり、分散型ファイナンス(DeFi )によって元のブロックチェーンを改善します。

次世代のブロックチェーンとしてSymbolは、半年近く開発されてきました。エネルギー消費の少ないプルーフオブステーク(PoS)コンセンサスメカニズムを使用し、ユーザーがトークンとデジタル資産を作成できるようにします。

シンボルの最終的なターゲットは、セキュリティトークンオファリング(STO)と規制対象の資産です。

今すぐ口座開設で2,000円もらうなら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
2/1まで!即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日