おすすめの個人年金保険|iDeCoとの違い、やるべき人必要ない人

企業年金、公的年金だけでは将来的に不安と考えている人は多いのはないでしょうか。

そこで個人年金を申し込むことにより将来的に受け取る金額を増やすことができます。

ここでは個人年金とは?またおすすめの個人年金をご紹介していきます。

個人年金はさまざまな点に注意をする必要があるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

現在の年金制度とは

日本政府の年金制度は3つあります。

国民年金は、国民健康保険などの労働者年金に加入していないすべての労働者を対象としています。

国民年金は、労働者の年齢に応じて年金給付が行われています。

厚生年金は、国民健康保険に加入している企業でフルタイムで働く労働者を対象としています。

厚生年金は、従業員の年齢に応じて年金を支給するもので、雇用主が提供します。

企業年金制度は、国民健康保険制度に加入していない企業でフルタイムで働く労働者を対象としています。しかしすべての企業が行っているわけではありません。

国民年金と厚生年金は公的年金ですが、企業年金は企業の任意となります。

そのため突然事情が変わってしまうこともあるでしょう。

公的年金制度

政府が老後生活を豊かに過ごすために作成したものであり、国民年金と厚生年金の2種類があります。

国民年金 20歳以上60歳未満の国民全員加入の制度で、すべての年金の土台になることから基礎年金とも呼ばれています。

自営業者などを第1号被保険者、会社員・公務員などの厚生年金加入者を第2号被保険者、第2号被保険者の被扶養配偶者を第3号被保険者といいます。

厚生年金 民間企業の従業員・公務員等を対象に、国民年金に上乗せ給付を行う制度です。

給付額は在職中の給与水準と加入期間などによって決まります。

参考:野村の確定拠出年金ねっと

企業年金

公的年金とは別に、福利厚生の一環として企業が提供している年金のことをいいます。

公的年金である厚生年金に企業年金を上乗せして受け取ることができます。

給付額が決まっているタイプと変動するタイプがあります。

厚生年金基金※1 母体会社とは別の法人として基金を設立し、基金が年金資産の管理・運用、給付を行います。

厚生年金の給付の一部代行を行う代行部分と、会社が独自で上乗せ給付を行う加算部分からなります。

確定給付企業年金※1 規約型企業年金 労使合意を得た年金規約に基づいて、会社と外部機関(信託会社や生命保険会社など)が契約を結び、母体会社の外で年金資産の管理・運用、給付を行います。
基金型企業年金
(企業年金基金)
母体会社とは別の法人として基金を設立し、基金が年金資産の管理・運用、給付を行います。

厚生年金の代行は行いません。

参考:野村の確定拠出年金ねっと

個人年金とは?

老後の収入を計算する際に重要なポイントは、まず第一に、自分の給料です。

次は、老後の生活にどれだけ余裕があるかです。

税金や貯蓄を差し引いても、退職後にかかる費用をカバーできるだけのお金が残っていると思えば、計画を立て始めることができます。

次の問題は、退職後の費用をまかなうために、どのくらいの金額を投資すべきかということです。

投資には不動産投資や株など様々な方法がありますが、どれも損をする可能性もあります。

しかし公的年金や企業年金だけでは不安という方多いでしょう。

そこで個人年金を追加することで将来の順位をするのです。

個人年金の概要

個人年金は、公的年金や企業年金の不足分を補う私的年金です。

保険料を支払うことで、契約時に指定した時期から保険金を年金または一時金として受け取ることができます。

現在、国民年金の受給開始年齢は65歳、厚生年金の受給開始年齢は61歳から65歳へと段階的に引き上げられています。

また、2019年6月に金融庁が発表した「金融審議会市場分科会報告書 高齢化社会における資産形成・運用」によると、退職金が減少しており、今後も給付金や退職金制度を持つ企業が減少していく可能性が高いと言われています。

そのため、自分の老後資金をしっかり準備する必要性がこれまで以上に高まっていると言えます。

老後資金の準備方法の一つとして、個人年金保険があります。

個人年金の特徴

個人年金とはさまざまな保険会社が提供している年金であり、毎月コツコツと積み立てることにより決まった年齢や期間などが来たら、年金を受け取れるシステムです。

公的年金や企業年金では足りないと考えている人が、それらの年金に個人年金を加えることで、老後を生活していこうとしているのです。

個人年金の種類とは?

個人年金には以下のように3種類あります。

  • 確定年金
  • 有期年金
  • 終身年金

確定年金

確定年金は年金受取人の生死に関係なく、決まった期間を預けておくことで年金を受け取ることができます。

この決まった期間とはサービスによりますが、5年、10年、15年、20年などから選べることが一般的です。

もし年金受取人と被保険者がが同じ場合で年金受取人が亡くなった場合は、遺族が期間内に残っている年金を受け取ることができます。

遺族が年金を受け取る方法として、これまでと同じペースで年金を受け取る方法と、残りの年金をすべて一括で受け取ることもできます。

確定年金のメリットとして、年金受取人の生死に関係なく年金を受け取れる点があげられます。

つまり「もし早くなくなってしまったらその分保険料が損になるかもしれない」と不安に感じている方にとって、大きなメリットがあるのです。

もし保険料が同じであれば、受けとり機関中であっても保険会社が運用することから、年金を受け取れる期間が長いとその分受け取り総額を増やすことができます。

しかし1回に受け取れる金額は減るので受け取れる期間は十分に担当の方と話し合う必要があります。

有期年金

有期年金は確定年金と違い、被保険者がなくなるとその時点で年金を受け取れなくなってしまいます。

年金の受給を開始してすぐに被保険者が亡くなった場合は、払込保険料のほうが受け取り総額受け取り額より高くなることもあるのです。

なかには被保険者が亡くなっても年金を受け取れる保証期間を設定してるケースもあります。

この保証期間がある場合は、保証期間内であれば被保険者がなくなっても年金を受け取ることができます。

終身年金

被保険者が亡くなる前、受け取り人が生涯年金をうけとることができます。

しかしもし被保険者が早くなくなってしまったらと疑問に感じることもあるでしょう。

そこで一定の期間ではありますが、年金受取人が亡くなっても年金を受け取ることができる年金総額保証付終身年金もあります。

個人年金のメリット

個人年金保険の最大のメリットは、選択した年齢で現金を受け取ることができることです。

個人年金のデメリット

ここまで個人年金のメリットを説明してきましたが、個人年金には以下のようにデメリットもあります。

  • すべての金額を受け取れないときがある
  • 高額になることがある

すべての金額を受け取れないときがある

受け取るべき金額をすべて受け取れないことが挙げられますので、その点を考慮してプランを調整する必要があります。

高額になることがある

個人年金保険は非常に高額な商品であることもあり、高い運用・管理費用が必要です。

これらの手数料に加えて、各年金契約には多額の初期投資費用がかかることもあります。

これらの初期費用は、提供者からは払い戻されないため、会社によっては、年金の中でお金を運用できるようなサービスを提供しています。

個人年金保険を解約する前の注意点

個人年金保険を契約する前に、解約したときにどのような点に注意しないといけないかを意識するようにしてください。

予定利率

まず保険を決めるときに予定利率を確認するようにしてください。

30年ほどまえは予定利率が高く解約返戻金が高かったのですが、現在はだんだん予定利率が下がっており、解約返戻金も下がっています。

もし個人年金に入ってすぐやめてしまうと、損をしてしまうこともあるのでしっかりと調べてから加入することが大事です。

また現在保険に入っている場合は、いつ入ったかも確認するようにしてください。現在の保険を生かした方が得である場合もあります。

契約日 保険期間
10年未満 10〜20年 20年超
~昭和27年3月 3.00% 3.00% 3.00%
昭和27年4月~昭和51年3月 4.00% 4.00% 4.00%
昭和51年4月~昭和56年3月 5.50% 5.50% 5.00%
昭和56年4月~昭和60年3月 6.00% 5.50% 5.00%
昭和60年4月~平成2年3月 6.25% 6.00% 5.50%
平成2年4月~平成5年3月 5.75% 5.50% 5.50%
平成5年4月~平成6年4月 4.75% 4.75% 4.75%
平成6年4月~平成8年3月 3.75% 3.75% 3.75%
平成8年4月~平成11年4月 2.75% 2.75% 2.75%
平成11年4月~平成13年3月 2.00% 2.00% 2.00%
平成13年4月~平成25年3月 1.00%〜1.50%
平成25年4月~ 1.00%

参考:保険鑑定団

解約返戻金が元本割れする可能性も

貯蓄型の場合は途中で解約をしてしまうと、元本割れになる可能性があるので注意をしてください。

個人年金保険に入るべき人

以下のような人は個人年金保険に入るべきです。ここでは個人年金保険に入るべき人を説明していきます。

  • 老後が不安な人
  • 貯金できない人
  • 投資は苦手な人

老後が不安な人

まず個人年金保険に入る人は、老後が不安な人がほとんどでしょう。

公的年金や企業年金だけでは老後やっていけるかどうか心配な人が多いです。

そこで個人年金保険を追加することができるのです。

貯金できない人

年金に入らなくても自分で貯金をできる人は年金を必要ないと考える人もいるでしょう。

しかし貯金が苦手な人は個人年金はおすすめです。

貯金をするのではなく、毎月の支払いを考えることで、貯金が苦手な人でも安心です。

投資は苦手な人

投資の方法はマンション投資、株、FXなどさまざまな方法があります。

しかしいずれの知識や経験が必要なうえ、損をする可能性もあります。

将来のために投資をする人もいますが、投資が苦手な人には個人年金保険はおすすめです。

個人年金保険の選び方

それでは最後に個人年金保険の選び方を説明していきます。

以下の点を基準に選ぶとよいでしょう。

  • 返戻率
  • 受け取り方法
  • 保険料の支払い方法
  • 運用期間
  • 給付開始年齢

返戻率

個人年金のような貯蓄型の年金でまず考えることは、返戻率の高さです。

この数値が高い方が資金の貯蓄を効率よく行えるということです。

個人年金保険を選ぶうえでもっとも大切な内奥です。

受け取り方法

実は個人年金は受け取り方法によって、税金がかかることがあります。

具体的に説明をすると保険料負担者と受け取り人が違う場合は、贈与をしたとみなされ贈与税が必要になります。

また分割でなく一括で受け取ると返戻率が下がることがほとんどです。

保険料の支払い方法

保険料の支払い方法で重要なのは1点のみ、クレジットカードを使えるかどうかです。

クレジットカードを使うとポイントを貯めることができます。

またクレジットカードを毎月の支払に設定することにより、他に特典やキャンペーンがあることもあるでしょう。

せっかく定期的に長期間支払いをするのですから、少しでもお得にしたいものです。

運用期間

運用期間の長さはそのまま返戻率の高さにつながります。

そのためできるだけ運用期間の長いサービスを選ぶこと

が得することにつながります。

しかし一括で受け取る事情がでることもあるので、どちらでも選べるようにできる保険にすることも必要です。

給付開始年齢

給付開始年齢を遅くすることで、返戻率があがります。運用期間と給付開始年齢は返戻率に影響するのです。

おすすめの個人年金とは

ここまで個人年金の説明をしてきましたが、サービスによって特徴がそれぞれ異なります。

ここではおすすめの個人年金をご紹介していきます。

年金かけはし

明治安田生命が提供している個人年金保険です。

病気やケガへの備え、万が一への備え、重い病気への備え、就業不能への備えなどさまざまな目的で利用されています。

保険料払い機関中の死亡保障を少なくすることにより、受け取る金額が多くなりました。

また保険料払込期間と据置期間を設定が可能です。

正式名称 5年ごと利差配当付個人年金保険(2011)
契約年数 20歳~55歳
払込回数 月掛・新年掛
支払い方法 口座振替
申し込み方法 対面申込・法人

シミュレーション(公式ページ)

30歳、男性、据え置き期間あり 月掛け保険料 20,000円の場合

年金の種類 10 年確定年金
年金開始年齢 65 歳
払込保険料累計額 720 万円
保険料払込期間 30 年
据置期間 5
基本年金年額 約 76.2 万円
一括受取額 約 751 万円
年金受取累計額 約 762 万円
年金受取率 105.9 %

50歳、 女性、据え置きなし 月掛け保険料 30,000円の場合

年金の種類 10 年確定年金
年金開始年齢 75 歳
払込保険料累計額 720 万円
保険料払込期間 20 年
据置期間 5 年
基本年金年額 約 74.7 万円
一括受取額 約 736 万円
年金受取累計額 約 747 万円
年金受取率 103.7 %

利用者の口コミ

それでは年金かけ橋を実際に利用している人の意見をみてみましょう。

年金かけ橋のメリットは以下の点があげられます。

  • 返戻率が高く、受け取り方法も選ぶことができる
  • 払込期間が選べる

しかし以下のようなデメリットをあげている人もいます。

  • 支払い免除制度がない

返戻率が高く、受け取り方法も選ぶことができる

毎月国民年金は払っているけれど、自分がもらう頃に本当にもらえるのかと不安になり個人年金保険への加入を決めました。年金のかけはしは返戻率が高く、受け取り方法も選ぶことができるのでとても良いと思います。これで安心することができました。

引用:Women excite

払込期間が選べる

年金だけでは足りないと思い、貯金していましたがなかなか貯まらずこちらの個人年金保険に加入しました。保険料の払込期間を加入時期に合わせて20年や40年など選べるのが大変良かったです。担当してくれた方も親切で好感が持てたので、安心して加入することができました。

引用:Women excite

返戻率の一例ですが以下のようになっており、高いことがわかります。

契約年齢
払込総額
年金総額 返戻率
20歳(55歳満了、60歳払込開始)
840万円
約898万円 約107.0%
30歳(60歳満了、65歳払込開始)
720万円
約762万円 約105.9%
40歳(60歳満了、65歳払込開始)
480万円
約498万円 約103.7%

障害状態になったときの支払い免除制度がない

返戻率も良く、老後の安心のためにと加入しましたが、障害状態になった場合に保険料の支払いが免除になる支払い免除制度がなく、いざという時に保険料が支払えなくなってしまったら困るので 解約しました。支払い免除制度があれば完璧だったのにと残念です

引用:Women excite

たのしみ未来

住友生命が提供している個人年金保険です。

年金支払い開始年齢が19歳~85歳と幅広いことが特徴的です。またたのしみ未来は生命保険として申告することができます。

正式名称 5年ごと利差配当付生存保障重視型個人年金保険(14) Ⅰ型
契約年数 0~75歳
払込回数 月払・年2回払・年1回払・全期前納
支払い方法 口座振替扱い・クレジットカード扱い(月払のみ)
申し込み方法 対面申込

生命保険としての控除額

年間支払保険料 控除額
20,000円以下 支払保険料の全額
20,000円超

40,000円以下

支払保険料x1/2
+10,000円
40,000円超
80,000円以下
支払保険料x1/4
+20,000円
80,000円超 一律40,000円

利用者の口コミ

それではたのしみ未来を実際に利用している人の意見をみてみましょう。

たのしみ未来のメリットは以下の点があげられます。

  • 返戻率が高い
  • クレジットカードを利用できる
  • 払込期間を選べる

デメリットに関する口コミは見つけることができませんでした。全体的にいい印象を持たれているようです。

返戻率が高い

個人年金に一番必要な返戻率が高い特徴があります。

保険料の払込期間を自分で設定できて返戻率も高いので、学資保険よりもこちらで運用した方が良いと思い、学資保険の代わりとして加入しました。円建てよりも利回りが良い点も決め手の一つです。

引用:Women excite

クレジットカードを利用できる

クレジットカードを使うとポイントが貯めるメリットがあります。

保険料をクレジットカードで支払うことができるので、カードのポイントもついてとてもお得になりました。保険料の払込期間や据え置き期間も自分で選ぶことができるので、自分に合うようにできるのも魅力に感じました。

引用:Women excite

払込期間を選べる

月払・年2回払・年1回払・全期前納から払込期間を選ぶことができます。

保険料の払込期間を自分で設定できて返戻率も高いので、学資保険よりもこちらで運用した方が良いと思い、学資保険の代わりとして加入しました。円建てよりも利回りが良い点も決め手の一つです。

引用:Women excite

ライフロード(JA共済)

クレジットカード払いができて、返戻率が高めなのが特徴的です。

また保険料払い込み中に亡くなった場合は、これまでの積立金が死亡保障となるので同額を受け取ることができます。

個人年金保険料控除を受け取ることができるので、節税にもなります。

正式名称

ライフロード

契約年数 18歳~50歳
払込回数 月払い1万円、年払い
払込方法 口座振替、クレジットカード払
申し込み方法 対面、WEB

利用者の口コミ

ライフロードを実際に利用している人の意見は特にでていません。

契約例はホームページで契約例が紹介されています。

加入年齢 25歳

定期年金タイプ
共済掛金払込終了年齢:60歳
年金支払開始年齢:60歳
年金支払期間:10年

特約

指定代理請求特約
税制適格特約

共済掛金

月払い1万円

変額個人年金保険

一番の特徴は返戻率が高いことです。

運用先を債券型・日本株式・世界株式などから選ぶことができ、大きな金額にできる可能性があります。

しかし運用に失敗すると元本割れの可能性があるため、地道に貯めたい人には向きません。

投資要素のある個人年金保険なのです。

据え置き期間の運用実績によって、年金額が決まります。

正式名称

変額個人年金保険

契約年齢 20歳~60歳
払込回数 年払い、半年払い、月払い、一時払い
払込方法 口座引き落とし
申し込み方法 WEB、対面

以下の8種類から選ぶことができます。

特別勘定 ベンチマーク リスク
株式型 日経平均株価 国内の株式や為替における価格変動による
損失が発生する可能性
日本成長株式型 TOPIX
世界コア株式型 MSCIワールドインデックス 世界各国の株式や為替における価格変動で
損失が発生する可能性
世界株式型 MSCIワールドインデックス
債権型 国内の金利の変動などによる影響を受ける
世界債権型 FTSE世界国債インデックス 世界各国の金利の変動などによる影響を受ける
総合型 金利の変動、株式の価格変動など
複数の要因の影響を受ける
短期金融市場型 短期金利 国内の金利の変動などによる影響を受ける

シミュレーション

  • 年齢・性別:35歳男性
  • 基本年金額:100万円
  • 支払期間:10年
  • 年金支払開始年齢:60歳から
  • 保険料払込期間:60歳まで
  • 毎月保険料:20,550円
運用実績 第1回目年金額
(概算)
第3回目年金額
(概算)
-3.5% 41万円 36万円
0% 62万円 58万円
3.5% 100万円 100万円
7.0% 163万円 175万円
特別勘定 ベンチマーク リスク
株式型 日経平均株価 国内の株式や為替における価格変動による
損失が発生する可能性
日本成長株式型 TOPIX
世界コア株式型 MSCIワールドインデックス 世界各国の株式や為替における価格変動で
損失が発生する可能性
世界株式型 MSCIワールドインデックス
債権型 国内の金利の変動などによる影響を受ける
世界債権型 FTSE世界国債インデックス 世界各国の金利の変動などによる影響を受ける
総合型 金利の変動、株式の価格変動など
複数の要因の影響を受ける
短期金融市場型 短期金利 国内の金利の変動などによる影響を受ける

引用:Women excite

利用者の口コミ

それではソニー生命の変額個人年金保険を実際に利用している人の意見をみてみましょう。

ソニー生命変額のメリットは以下の点があげられます。

  • 運用手数料が安い
  • 1年に2度引き出せる
  • 保障が付く

しかし以下のようなデメリットをあげている人もいます。

運用手数料が安い

「何と言っても運用手数料が安いのが加入の決め手になりました。また、万が一高度障害になった場合などは保険料の支払いがなくなり、保障はそのままという保険料払込免除もあるので安心できます。」

引用:Women excite

1年に2度引き出せる

「運用して出た利益を年に2回まで引き出すことができるのは他にないサービスだったのでこちらにしました。増やしたいので引き出す予定はありませんが、本当に必要になった時に引き出すことができる安心感があって良いです。」

引用:Women excite

保障がつく

「運用ができるだけではなく、年金開始前に私が死んでも死亡給付金がでるので残された家族の安心のために加入しました。運用実績によって解約返戻金が決まるのでリスクはありますが、年金の受取り開始後も複利で運用されるのは嬉しいです。」

引用:Women excite

&LIFE 個人年金保険

5年、10年、15年と確定年金を選ぶことができます。

もしくは10年保障がついた終身年金も提供しています。

終身年金でも保証期間がついているので、被保険者が亡くなった場合でも、保証期間内は年金を受け取ることができます。

また以下の条件を満たしていると、個人年金保険料控除の対象となるため節税になります。

年金受取人はご契約者またはその配偶者のいずれかであること
・ 年金受取人は被保険者と同一であること
・ 保険料払込期間が10年以上であること
・ 年金の種類が確定年金の場合、年金支払開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、かつ、年金支払期間が10年以上であること

引用:三井住友海上あいおい生命

正式名称 5年ごと利差配当付個人年金保険(無選択特則付)

他に10年、15年

契約年齢 15~65歳
払込回数 月払い、半年払い、年払い
払込方法 口座振替
申し込み方法 対面、WEB

シミュレーション

2021年 10月 1日
年齢 26歳
性別 男性
保険料払込満了年齢 65歳
年金支払開始年齢 65歳
年金種類 10年確定年金
基本年金額 30万円

以上の条件でシミュレーションをすると月々の保険料は6,273円です。

シミュレーション2

計算基準日 2021年 10月 1日
年齢 41歳
性別 男性
保険料払込満了年齢 65歳
年金支払開始年齢 65歳
年金種類 10年保証期間付終身年金
基本年金額 60万円

以上の条件でシミュレーションをすると月々の保険料は46,518円です。

おすすめの個人年金保険まとめ

ここまで個人年金に関して説明をしてきました。

公的年金や企業年金だけでは将来が不安だけど、投資はしたくないという方(一部投資をする個人年金もあります)におすすめです。

個人年金の選び方ですが、以下の点に注意をしてください。

  • 返戻率
  • 受け取り方法
  • 保険料の支払い方法
  • 運用期間
  • 給付開始年齢

これらの内容で受け取れる金額が大きくかわってきます。

また外貨預金の場合は為替によって受け取れる金額が異なるので注意をしてください。

また個人年金を運用するのに向いているのは以下のようなタイプです。

  • 老後が不安な人
  • 貯金できない人
  • 投資は苦手な人

公的年金と企業年金だけでは将来が不安で、貯金が苦手な人に特にむいています。

毎月積み立てをすることで、あとはそれぞれの企業が貯蓄をしてくれます。

さらに一部の個人年金を除いては、損をすることはありません。

不動産投資や株などを運用するのは苦手といった方にもおすすめです。

初期費用が高いわけではないので、一度資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

国民年金も厚生年金も将来どうなっているかはわかりません。

将来の生活に関して考える必要があるのです。

特に老後の生活また将来的に家族にお金を残すためにも、ぜひこの機会に個人年金をご検討ください。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です