カードローンの借り換えがおすすめの低金利業者10選!仕組みやメリットも紹介

カードローンの借り換えをするメリットは?

カードローンを借り換えすると負担が少なくなるって本当?

といった悩みを抱える人は多いでしょう。

カードローンの借り換えは、現在契約しているカードローンの借入残高を別のカードローンを借りて完済、一部返済することです。

現在適用されている金利よりも安いカードローンで再度契約することで、利息を抑えて負担額を減らすことができます。

今回はカードローンの借り換えの仕組みや低金利のカードローン、借り換えをするメリットなどについて詳しく紹介します。

カードローンの借り換えをまとめると
  • カードローンの借り換えは別のカードローンに乗り換えることで利息や総返済額が削減できる
  • カードローンの借り換え時にも審査はある
  • カードローンの借り換え先を選ぶ時は金利、融資のスピード、利便性で選ぶ
  • カードローンの借り換えがおすすめの低金利カードローンはプロミスアイフルアコムレイクALSASMBCモビットなど
  • 借り換え時の適用金利は適用金利は審査通過後にしかわからない

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


先におすすめカードローンの借り換えランキングを読む

カードローンの借り換えの仕組み

カードローンの借り換えは現在契約しているカードローンとは別のカードローンに乗り換えることを指します。

例えば、現在A社で借入をしており、A社よりも金利の安いB社に同額の借入をして、そのお金でA社の借入を完済します。

すると、B社の借入だけが残りますよね?

A社よりもB社の金利の方が安くなるため、実質の利息負担や総返済額を減らすことができるのです。

また、仮に全て返済できなかったとしても、一部借入するだけでも借りた分の利息を抑えることができます。

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


先におすすめカードローンの借り換えランキングを読む

借り換えシミュレーション

実際に、金利が今よりも安いカードローンに借り換えした時の差額をみていきましょう。

借換金額 現在の借入(金利18.0%) 借り換えた場合(金利12.0%)
100万円 1,523,580円 −188,940円
150万円 2,285,400円 −283,380円
200万円 3,047,220円 −377,880円
300万円 4,570,800円 −566,820円
500万円 7,618,020円 −944,700円

このように、利息の総額は借入している期間が長ければ長いほど高くなります。

そのため、無駄な利息を支払いたくないなら1日でも早く金利の安いカードローンに借り換えした方がお得です。

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


カードローンの借り換えには審査がある

カードローンを新規で借入する時に審査があるように、借り換えする時にも必ず審査があります。

この審査に通過できないと借り換えすることはできませんので、注意が必要です。

また、新規でカードローンの利用申し込みをするよりも、他社での借入がある状態で新たにカードローンの申込をする場合は審査が厳しく行われます。

例えば、総量規制では年収の1/3を超える新たな貸付は原則禁止されています。

そのため、年収300万円の人が現在50万円の借入をしており、新たに50万円の借入をすると総量規制ギリギリのラインとなるため、自分が希望する金額を借入できない場合もあるのです。

また、現在借入しているカードローンで返済の遅延が続いている場合、信用情報にその情報が記録されている可能性が高いです。

信用情報に傷が付いている状態で新たにカードローンの申込をしても、審査に通過できる可能性はかなり低いため注意してください。

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


カードローンの借り換え先を選ぶ時のポイント

続いて、カードローンの借入先を選ぶ時のポイントを紹介します。

カードローンの借入先を選ぶ時のポイント

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


先におすすめカードローンの借り換えランキングを読む

金利

金利は「〇%〜〇%」のように、下限金利と上限金利が設けられており、借入れをした元金に対する利息の割合です。

利用額が高ければ高いほど金利が低くなる傾向にあります。

設定された金利を基に利息が算出されるため、借入した時の具体的な利息を把握するためにも、上限金利と下限金利は必ず確認しておきましょう。

借り換えする時は現在の金利よりも低いカードローンを利用しなければ意味がありませんので、現在契約中のカードローンの金利も事前に調べておくと良いでしょう。

融資のスピード

急いで借り換えしたいなら、融資のスピードも重要なポイントです。

審査や融資までにかかる時間は各カードローン会社によっても異なります。

遅いところだと、申込から実際に借入できるまでに1週間程度かかるところもありますので、事前に確認しておきましょう。

アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融であれば最短即日借入することができるため、急いでいる人にはおすすめです。

利便性

借り換えする時は利便性も大事です。

例えば、無利息サービスや返済方法の豊富さ、返済期日前に連絡をしてくれるサービスなど、各社で独自のサービスを提供しているところは多いです。

例えば、レイクALSAは最大180日間の無利息サービスがあり、毎月の返済額だけでなく利息負担を軽減しながら借り換えすることもできます。

借り換えにおすすめ!低金利のカードローン10選

ここでは、借入におすすめの低金利カードローンを紹介します。

現在契約しているカードローンよりも低い金利のカードローンをみつけて、比較してみてください。

アイフル

出典:アイフル

アイフルはカードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAXなどさまざまな商品を提供している消費者金融です。

かりかえMAXという借り換え専用の商品があり、今よりも低い金利で月々のご返済負担を軽減できます。

また、銀行ローンもリボもまとめて借入残高を減少させることもでき、約定に基づいた計画的な返済で談秋的に借入れ総額を減らすことができます。

返済も1ヶ月に1度で返済管理も楽になるため、毎月に負担が軽減されることでしょう。

複数社から借入している場合でも、アイフル1本にまとめることも可能です。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 15.0% 23,671円 1,420,277円
150万円 15.0% 35,506円 2,130,415円
200万円 15.0% 47,342円 2,840,553円
300万円 13.0% 67,954円 4,077,281円
500万円 12.0% 110,757円 6,645,431円
金利 3.0~18.0%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 1~800万円
融資までにかかる時間 WEB申込なら最短25分
Web完結申込

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


プロミス

出典:プロミス

プロミスは申込、借入、返済まで全てWeb・アプリで完結し、最短即日融資が受けられるカードローンです。

女性でも安心のレディースキャッシングも人気で、多くの方に利用されている消費者金融です。

借り換え専用の商品はありませんが、おまとめローンを利用すると、既存の借入よりも金利を引き下げてもらえます。

通常の利息は4.5〜17.8%となっていますが、おまとめローンに限り、現在適応されている金利よりも利息が減少するように考慮してもらえるため、利息負担を抑えることができます。

また、プロミスでは単一金利方式を採用しており、適用されるのは元金のみになるため、利息分に対して利息が発生しない点も魅力です。

毎月の返済の負担を減らしたいならプロミスを選んで申込をすれば間違いないでしょう。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 15.0% 23,671円 1,420,277円
150万円 15.0% 35,506円 2,130,415円
200万円 15.0% 47,342円 2,840,553円
300万円 15.0% 71,013円 4,260,830円
500万円 15.0% 118,356円 7,101,383円
金利 4.5〜17.8%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 1〜500万円
融資までにかかる時間 最短30分
Web完結申込

アコム

出典:アコム

アコムはカードローンランキング3部門でNo.1を獲得している実績豊富な消費者金融です。

借り換え専用のローンでは、毎月の返済金額の金利の負担を軽減することができます。

また、現在複数社からの借入がある場合でもアコムの借入1本にまとめることもでき、返済先が1本になるため管理もしやすくなります。

実際に毎月の支払額が減少する旨はアコムの公式サイトにも以下のように記載されています。

複数のローンをお借入されている場合、借換え専用ローンを活用することにより毎月返済金額・金利負担を軽減いただけます。

出典:アコム

そのため、毎月の支払額や金利負担を軽減したい人にはおすすめの借り換えローンです。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 15.0% 23,671円 1,420,277円
150万円 15.0% 35,506円 2,130,415円
200万円 11.3% 43,610円 2,616,648円
300万円 7.7% 60,225円 3,613,541円
500万円 4.7% 93,497円 5,609,863円
金利 3.0〜18.0%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 1~800万円
融資までにかかる時間 最短30分
Web完結申込

\ 最大30日間 金利0円 /

レイクALSA

出典:レイクALSA

レイクALSAはWebで審査結果をすぐに確認でき、最短25分での融資が可能なカードローンです。

初めての申込であれば60日間の無利息期間があり、利息が発生しない期間が他のカードローンよりも長い点が魅力です。

また、5万円以下の借入であれば最長180日間の無利息期間が適用されるため、総返済額を減らすだけでなく、利息の負担を一番抑えられるカードローンでもあります。

「アルサ de おまとめ」は複数のお借入れを一本化して毎月の貸付利率、返済額の負担を軽減し、毎月の返済計画を見直すことで最適な返済プランを提案してくれる点も魅力です。

借入れ先の貸付利率がバラバラで利息が把握できない人や、借入れ総額が年収1/3を超えており計画的に返済したい人などにおすすめです。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 15.0% 23,552円 1,413,154円
150万円 13.5% 34,197円 2,051,870円
200万円 12.0% 44,117円 2,647,028円
300万円 9.0% 62,070円 3,724,225円
500万円 4.5% 93,050円 5,583,018円
金利 4.5~18.0%
無利息期間 最大180日間
借入限度額 1〜500万円
融資までにかかる時間 Webで最短25分
Web完結申込

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振り込みが可能。 一部金融機関及びメンテナンス時間を除く。

\ 審査最短15秒・融資最短1時間 /

SMBCモビット

出典:SMBCモビット

SMBCモビットはSMBCグループが運営している24時間ネット&スマホでキャッシング、カードローンの申込や返済などが可能なカードローンです。

SMBCモビットのおまとめローンで全ての借入をまとめて、毎月の返済負担を軽減することができます。

また、借入状況が分かりやすくなるので計画的な返済にも役立ちます。

審査はあるものの、段階的に元金を減らしたい人にはおすすめのカードローンです。

さらに、Webからの申し込みであれば通常電話で行われる勤務先への在籍確認も書類で代用することができるため、勤務先に怪しまれてしまうこともありません。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 15.0% 23,790円 1,427,400円
150万円 15.0% 35,685円 2,141,100円
200万円 15.0% 47,580円 2,854,800円
300万円 15.0% 71,370円 4,282,200円
500万円 15.0% 118,950円 7,137,000円
金利 3.0〜18.0%
無利息期間
借入限度額 1~800万円
融資までにかかる時間 最短60分
Web完結申込

↓ SMBCモビットのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


三井住友カードカードローン

出典:三井住友カードカードローン

三井住友カードカードローンは一人ひとりのニーズに合わせて最高900万円まで利用枠を選べるカードローンです。

カードは最短5分で即時発行となり、すぐに借入することができます。

また、金利も他のカードローンと比べても1.5~15.0%と低金利で、利息負担を軽減したい人にもおすすめのカードローンです。

三井住友カードカードローンは適用利率引き下げサービスがあり、返済実績に応じて翌年度利率を0.3% 最大1.2%引き下げしてくれるため総返済額の負担を軽減することもできます。

返済期間と回数も最長15年1か月、181回に分けて支払うこともできるため、現在の毎月の返済額が負担になっている人には嬉しいサービスと言えるでしょう。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 11.8% 21,870円 1,312,208円
150万円 9.2% 30,968円 1,858,131円
200万円 9.2% 41,292円 2,477,527円
300万円 7.2% 59,202円 3,552,159円
500万円 4.5% 92,720円 5,563,255円
金利 1.5~15.0%
無利息期間
借入限度額 最大900万円
融資までにかかる時間 最短5分
Web完結申込

楽天銀行スーパーローン

出典:楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行口座を返済口座に設定頂ければ、それだけでハッピープログラムの会員ステージが1つアップし、審査が優遇されるシステムを採用しているカードローンです。

楽天会員であれば審査が優遇されるため、他のカードローンの審査に落ちた人でも、天銀行スーパーローンであれば審査に通過する可能性はあります。

また、定期的に金利を下げるキャンペーンを開催しており、利息負担を減らすことができます。

ちなみに、通常の金利は1.9〜14.5%となりますが、キャンペーン中であれば0.95%~7.25%と半分の金利に抑えて借入することも可能です。

毎月の返済は2,000円からニーズに合わせて設定することができ、毎月の返済額の抑えてボーナスや臨時収入が入った時に追加で返済することもできます。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 14.5% 23,413円 1,404,818円
150万円 14.5% 35,120円 2,107,228円
200万円 14.5% 46,828円 2,809,696円
300万円 12.5% 67,202円 4.032,146円
500万円 7.8% 100,611円 6,036,669円
金利 1.9〜14.5%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 10〜800万円
融資までにかかる時間 最短翌日
Web完結申込

JCBカードローンFAITH

出典:JCBカードローンFAITH

JCBカードローンFAITHはWeb申込で最短即日審査完了し、すぐに借入れできるカードローンです。

年利4.40~12.50%と低金利で、カードを受け取る前に借入することもできます。

また、手数料無料のCD・ATMは全国15万台以上あり、無駄な手数料を気にすることなく元金を減らすことができます。

さらに、審査に通過できるか不安な人は公式サイトで1秒診断、簡易審査シミュレーションができるため、申込前に試してみてください。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 12.50% 22,498円 1,349,880円
150万円 10.50% 32,241円 1,934,460円
200万円 10.50% 42,988円 2,579,280円
300万円 8.00% 60,829円 3,649,740円
500万円 4.40% 92,988円 5,579,280円
金利 4.40〜12.5%
無利息期間
借入限度額 最大500万円
融資までにかかる時間 最短1週間
Web完結申込

PayPay銀行カードローン

出典:PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンは新規契約するだけで1,500円、契約後借り入れで最大1万円がもらえるお得なカードローンです。

銀行のカードローンには珍しい30日間の無利息期間があり、初回借入れ日から30日間は利息が0円になります。

また、収入が少ない主婦やアルバイトの学生でも申込をすることができ、金利も1.59〜18.0%と業界最低水準です。

毎月の返済も1,000円から自分の合わせて設定することができ、毎月の返済負担を軽減することもできます。

さらに、口座残高が足りずに返済できなかった場合でも、その分だけ新たに借入れをすることで、返済が滞ることもなく信用情報に傷が付きにくい点も魅力です。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 15.0% 23,671円 1,420,277円
150万円 12.0% 33,227円 1,993,653円
200万円 10.0% 42,341円 2,540,479円
300万円 6.5% 58,553円 3,513,182円
500万円 5.5% 95,303円 5,718,187円
金利 1.59〜18.0%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 1〜1,000万円
融資までにかかる時間 最短翌日
Web完結申込

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

出典:三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンです。

金利は年1.8%~年14.6%と最低水準で、利用限度額10万円~500万円までとなっています。

三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも申込ができ、三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円です。

また、毎月の返済額は1,000円から設定することができるため、毎月の返済額を抑えることが可能です。

さらに、公サイトでは簡単な項目を入力するだけで返済額や返済期間をシミュレーションできるため、申込をする前に返済シミュレーションをしてから申込することをおすすめします。

借換金額 適用金利 毎月の返済額 返済総額
100万円 13.6% 23,061円 1,383,649円
150万円 12.1% 33,442円 2,006,526円
200万円 10.6% 43,086円 2,585,193円
300万円 7.6% 60,256円 3,615,360円
500万円 1.8% 87,202円 5,232,090円
金利 1.8〜14.6%
無利息期間
借入限度額 10〜500万円
融資までにかかる時間 最短1週間前後
Web完結申込

カードローンの借り換えをするメリット

続いて、カードローンの借り換えをするメリットを紹介します。

毎月の利息負担を軽減できる

現在契約しているカードローンよりも金利の低いカードローンに借り換えすることで、毎月の利息を減らすことができます。

また、毎月の利息負担を軽減することができれば、総返済額を減らせる可能性もあります。

返済日を変更できる

現在契約しているカードローンの返済日が給料日前になっている人も多いと思います。

例えば、毎月の返済日が20日で、給料日が25日の場合、月によっては返済が厳しくなることも多いでしょう。

カードローンの借り換えをして、返済日を給料日よりも後にすれば、返済ができない状況を避けることができ、今よりも負担が軽減されることでしょう。

返済方法を変更して毎月の返済額を軽減できる

現在解約しているカードローンから借入をして、返済方法を変更することで毎月の返済額を軽減することもできます。

例えば、現在のカードローンが元金定額方式の場合、元利定額方式に変更することで利息分による変動がなくなり、毎月の返済額を一定にすることも可能です。

カードローンの借り換えの注意点

続いて、カードローンの借り換えをする時の注意点を紹介します。

自分の目的に合った借り換え先を選ぶ

借り換え先を選ぶ時は、自分の目的に合った借り換え先を選ぶことが大切です。

例えば、「毎月の返済額を抑えたい」「利息を減らしたい」「返済総額を減らしたい」などの目的によって借り換え先を選びましょう。

例えば、毎月の返済額が減少したとしても金利が高ければその分返済総額が増えてしまいます。

このように、目的を考慮せずに決めてしまうと、後々後悔してしまう可能性もあるため慎重に選ぶことが大切です。

また、借り換え先を選ぶ時は返済方法の種類や利便性を考慮することもおすすめです。

借り換え後も計画的に返済する

カードローンの借り換えをする時は借り換え後も計画的に返済するようにしましょう。

借り換えする時に、現在の借入額を全額他社で借入して、完済したとしても新たに借り換えしたところの借金が無くなるわけではありません。

借り換えは利息や総返済額の負担を軽減することはできますが、借金が減るわけではありませんので、その後も計画的に返済していく必要があります。

借り換え先でも毎月の返済が滞ってしまうと意味がありませんので、注意してください。

必要最低限の金額を借入する

カードローンの借り換えをする時は必要最低限の金額を借入するようにしましょう。

例えば、現在の借入額が20万円だったとします。

他社のカードローンの申込で50万円借入した場合、20万円は借金の返済に使い、残りの30万円が手元に残ることになります。

計画的に使えるのであれば問題ありませんが、基本的に手元にお金があるとどうしても無駄遣いをしてしまう人が多いです。

残りの30万円も生活費などに使ってしまった場合、借入額の50万円が残り、借り換えするよりも負担がかかってしまいます。

そのため、借り換えをする時は必要最低限の借入にすることが大切です。

適用金利は審査通過後にしかわからない

カードローンを利用する場合、「〇%~〇%」と上限金利と下限金利が設定されています。

しかし、実際に適用される利息は審査後にしかわかりません。

審査後に、現在のカードローンよりも金利が高くなる可能性もあるため、借り換え先は慎重に選ぶようにしましょう。

借り換え専用ローンを提供しているところであれば、今よりも金利を下げることができますので、できれば借り換え専用のローンを提供しているカードローンを利用することをおすすめします。

カードローンの借り換えのQ&A

最後に、カードローンの借り換えに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

審査が甘い借り換え専用のカードローンはある?

残念ながら、審査が甘い借り換え専用のカードローンはありません。

カードローンの借り換えがおすすめの業者はどこ?

カードローンの借り換えがおすすめの業者はプロミス、アイフル、アコム、レイクALSA、SMBCモビットなどの大手消費者金融です。

カードローンの借り換えの相談はどこでできる?

カードローンの借り換えの相談は銀行や中小消費者金融などの借り換えができる業者に相談してみてください。

借り換えローンを利用するデメリットが知りたい

借り換えローンを利用するデメリットは「利息が増える可能性がある」「利便性が悪くなることもある」「審査が比較的厳しい」などが挙げられます。

カードローンの借り換えのまとめ

今回はカードローンの借り換えの仕組みや低金利のカードローン、借り換えをするメリットなどについて詳しく紹介しました。

カードローンの借り換えは毎月の返済額や利息負担を軽減することができる可能性があり、利用者にとっては大きなメリットのある行為です。

しかし、正しい知識がない状態で借り換えをしても、逆に総返済額や利息負担が増えてしまう可能性もあるため、十分に注意してください。

今回紹介したシミュレーションや金利の安いカードローンなどを参考に、計画的に借金を減らしていきましょう。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。