歯科矯正を受けたいけどお金がない!おすすめの対処法やすぐにお金を工面する方法を解説!

歯科矯正を受けたいけど、お金を用意できない…

歯科矯正を受けるためのローンはある?

このような疑問をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

一般的に、歯科矯正は「自由診療扱い」となり、保険が適用されません。

保険が適用されないことで、治療費が100万円を超えることも珍しくないため、歯科矯正を受けるためのお金をすぐに工面するのが難しいという人も多いでしょう。

こちらの記事では、歯科矯正を受けるためのお金を工面する方法やおすすめのデンタルローン・カードローンなどを解説していきます。

歯科矯正に興味がある人に役立つ内容となっているので、ぜひ最後までお読みください!

歯科矯正を受けたいけどお金がないときの対処法
  •  貯金で賄えない場合はデンタルローンかカードローンの利用がおすすめ
  • カードローンのデンタルローンのメリット・デメリットを把握することが重要
  • とにかくすぐにお金が欲しい場合はカードローンがおすすめ
  • 返済利息を抑えたい場合はデンタルローンがおすすめ

歯科矯正とは?

sikakyouseitoha

歯科矯正とは、歯並びの矯正などの「見た目を整える」治療で、美容医療(自由診療)となります。

つまり、健康保険が適用されず全額自己負担となるため、治療費が高額になりがちです。

歯並びの状態や噛み合わせ治療の有無など、歯のコンディションによっても差はありますが、治療費として100万円以上かかることも少なくありません。

そのため、日々のお金のやりくりだけで歯科矯正の費用を捻出できず

お金を借りたい!

と考える人は少なくありません。

子供の歯科矯正にかかるお金

子どもが歯科矯正を受ける場合は、下記の2パターンに分かれます。

  • 第一期治療:乳歯のみ、あるいは乳歯と永久歯が混在している状態
  • 第二期治療:永久歯に生え変わった後

そして、第一期治療と第二期治療における歯科矯正の治療費の目安は、下記のようになります。

第一期治療 20~40万円程度
第二期治療 25~70万円程度

症状が軽く、装置を交換する手間が少ない第一期治療であれば、費用を抑えることができます。

そのため、

子どもに歯科矯正を受けさせるか迷っている…

という場合は、できるだけ早く治療を受けることをおすすめします。

大人の歯科矯正にかかるお金

続いて、大人が歯科矯正を受ける場合の料金目安を紹介していきます。

用いる装置や器具などによって料金は異なるので、参考にしてみてください。

全体矯正 部分矯正
表側矯正 60万~130万円 30万~60万円
裏側矯正 100万~170万円 40万~70万円
ハーフリンガル矯正 80万~150万円 30万~60万円
マウスピース矯正 60万~100万円 10万~40万円

上記のように、どの矯正方法を選ぶかによって治療費は異なるため、まずは歯科医師と相談しながら状況を把握することが重要です。

適切な治療方法を選ぶようにしてください。

また、

できるだけ矯正しているのを隠したい!

といいう人は

ホワイトワイヤーを用いるのがおすすめですが、この場合通常の金属ワイヤーの場合よりも治療費が高くなりがちなので、事前に確認しておきましょう。

歯科矯正にかかるお金の内訳

続いて、歯科矯正にかかるお金の内訳について見ていきましょう。

内訳 費用
カウンセリング 無料~
精密検査 10,000~65,000円
矯正費用 10万~150万円
調整料 2,000円~10,000円/1回
保定装置料 10,000円~50,000円
観察料 3,000~5,000円/1回

実際に装着が終わった後も、経過を観察するために通院しなければなりません。

通院の度に調整料や観察料は発生し、矯正が完了するまでに10回程度通院するケースもあることから、総額で200万円近くなることもあります。

このように、器具を装着する治療だけで無く、その後の保定期間まで含めてトータルで費用をシミュレーションすることが大切です。

歯科矯正をしたい!しかしお金が無いときはどうすれば良い?

nomoney

歯科矯正をしたいと考えてはいるものの、お金がない場合は何らかの方法でお金を調達する必要があります。

まずは、歯科矯正するためのお金を工面する方法を紹介していきます。

頑張って貯金する

最もシンプルな方法が、治療費を貯金することです。

貯金することのデメリットは、治療を受けるまでに時間がかかってしまうこと、時間がかかってしまったせいで症状が悪化してしまうことです。

毎月3万円貯金して、100万円貯まるまで約3年もかかるの…

と、気が遠くなってしまう人は、すぐにお金を借りられるデンタルローンやカードローンを利用するのがおすすめです。

デンタルローンを使う

デンタルローンとは、お金の使途を歯科治療に限定したローンのサービスです。

すべての金融機関が取り扱っているわけではないため、デンタルローンを利用する際にはデンタルローンを取り扱っている金融機関や信販会社を探す必要があります。

なお、デンタルローンとは、金融機関や信販会社が歯科医院に対して治療費を一括で支払い、ローン契約者は金融機関や信販会社に対して分割払いで返済する仕組みです。

カードローンを使う

カードローンを利用して歯科矯正の費用を借りる方法もあります。

カードローンはデンタルローンとは異なり、お金の使途に制限が設けられていません。

そのため、歯科矯正の治療費に充てるのはもちろん、借りたお金の一部を生活費に充てることもできるため、使い勝手が非常に良い特徴があります。

デンタルローンとカードローンの違い

デンタルローンとカードローンを比較すると、下記の表のように様々な違いがあります。

カードローン デンタルローン
借入方法 繰り返し借り入れ可能 借り入れは1度
審査スピード 早い 遅い
融資スピード 最短即日 2~3週間
審査基準 緩い やや厳しい
金利 高い(平均15.0%~18.0%程度) 低い(平均5%程度)
お金の使途制限 なし あり
申し込みの手間 手間がかかる 手間がかからない

基本的に、借り入れるお金に使途制限がある場合、低い金利で借り入れることができます。(住宅ローンが代表的な例です)

デンタルローンの平均的な金利は5%程度ですが、カードローンの平均的な金利は10~15%程度です。

また、カードローンは審査が比較的緩く、融資スピードも早い一方でデンタルローンは審査が厳しく、融資までに2~3週間かかります。

そのため、

できるだけ早くお金を借りたい!

という人はカードローンを利用するのがおすすめで、

別に融資を急いでないから、利息の負担を抑えたい

という人は、デンタルローンの利用を検討すると良いでしょう。

おすすめのデンタルローン

osusumedental

それでは、おすすめのデンタルローンを紹介していきます。

自身と相性がよさそうなデンタルローンがあれば、ぜひ利用を検討してみてください。

銀行 借入額 金利
イオン銀行デンタルローン 10~700万円 3.8%~8.8%
千葉銀行デンタルローン 10~500万円 5.0%~5.4%
筑波銀行つくばデンタルローン 10~500万円 5.0%
アプラスデンタルローン(新生銀行グループ) 10~500万円 5.8%
スルガ銀行デンタルローンプラス 10万円~800万円 2.5%~7.5%
ジャックス デントキュア 10~500万円 3.9%

イオン銀行デンタルローン

AEON

イオン銀行デンタルローンの申込資格
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
  • 契約時の年齢が満 20 歳以上、満 60 歳未満の方
  • イオン銀行に普通預金口座を持っている方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 原則、前年度税込年収が 200 万円以上の方
  • 保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

イオン銀行のデンタルローンは、下限金利が3.8%と低い水準にあります。

借入可能な最大額は700万円までと高いため、歯科矯正の治療は十分に賄えるでしょう。

また、イオン銀行のデンタルローンはWEB申込に対応しており、来店することなく手続きを進めることができます。

繰り上げ返済も手数料無料で可能なので、家計状況を見ながら計画的に返済できる点も魅力です。

イオン銀行デンタルローンのホームページはこちら

千葉銀行デンタルローン

chibagin

千葉銀行デンタルローンの申込資格
  • 融資時の年齢が満20歳以上満65歳未満、最終約定返済時満70歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方(パート・アルバイト・年金収入のみの方は申し込み不可)
  • 住まい、または勤務先の所在地が千葉銀行本支店の営業地域内にある方

千葉銀行デンタルローンは、上限金利が5.4%と低い魅力があります。

最長10年間で返済できるため、日々の生活を圧迫することなくじっくりと返済できる点もメリットです。

千葉県全域・東京都全域・埼玉県全域・茨城県全域・神奈川県の大部分に住んでいる人が利用できるため、首都圏内に住んでいる人におすすめです。

千葉銀行デンタルローンのホームページはこちら

筑波銀行つくばデンタルローン

tsukuba

筑波銀行つくばデンタルローンの申込資格
  • 申し込み時年齢満18歳以上65歳以下の方 (完済時年齢満70歳以下)
  • 自宅または勤務先(事業先)のいずれかが、当行の営業区域内にある方
  • 安定・継続した収入のある方
  • 株式会社ジャックスの保証を受けられる方

筑波銀行つくばデンタルローンは、最長10年の融資期間で返済できるため、月々の返済を少額に抑えることができます。

金利は5.0% の固定金利となっており、金利変動リスクを抱えずに済む点も大きなメリットです。

茨城県の全域はもちろん、千葉県の銚子市、松戸市、旭市、柏市と東京都の足立区に住んでいる人が利用できます。

筑波銀行つくばデンタルローンのホームページはこちら

アプラスデンタルローン

apuras

アプラスデンタルローンの申込資格
  • 原則20歳以上で安定収入のある方

アプラスは新生銀行グループが展開しており、アプラスのデンタルローンを利用できるのは、アプラスに加盟している歯科医院に限られます。

年5.8%の固定金利である点が特徴で、金利変動を気にすることなく計画的に返済できる魅力があります。

また、WEBでの申し込んだ場合は書類の提出が不要なので、手続きを進める際に手間がかかりません。

利用金額200円につきTポイントが1ポイント貯まるため、日頃からTポイントを貯めている人におすすめです。

アプラスデンタルローンのホームページはこちら

スルガ銀行デンタルローンプラス

suruga

スルガ銀行デンタルローンプラスの申込資格
  • 安定した収入と継続した取引が見込める方

スルガ銀行デンタルローンプラスは、申し込みから融資までの一連の手続きが全てWEB上で完結するため、近くにスルガ銀行の店舗が無い人でも利用できます。

適用金利の下限金利は3.5%と低い点も魅力ですが、さらに融資日から1年間は利息の支払いのみという特徴があります。

スルガ銀行のATMはもちろん、ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行などの提携ATMから返済でき、好きなタイミングで繰り上げ返済することも可能です。

そのため、

柔軟に返済したい!

と考えている人におすすめのデンタルローンです。

スルガ銀行デンタルローンプラスのホームページはこちら

ジャックスデントキュア

jaccs

ジャックスデントキュアの申込資格
  • 20歳以上の方で安定した収入のある方

ジャックスのデンタルローン「ジャックスデントキュア」は、固定金利でありながらも金利が3.9%と低い魅力があります。

毎月3,000円から返済可能なので、家計を圧迫してしまう恐れも低いでしょう。

高校生を除く学生・パート・アルバイト・年金受給者の人も申し込むことが可能なので、安定した収入がある場合は検討する価値があります。

10:00~20:00の間に申し込むと、最短10秒で審査結果を知ることができるため、興味がある人は試してみると良いでしょう。

ジャックスデントキュアのホームページはこちら

おすすめのカードローン

osusumecard

デンタルローンに続いて、おすすめのカードローンを紹介していきます。

カードローンはデンタルローンよりも金利が高いデメリットがありますが、即日融資が可能です。

そのため、

できるだけ早く治療を受けたい!

という人はカードローンの利用を検討すると良いでしょう。

銀行 借入額 金利
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8%
アイフル 最大800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 最大800万円 3.0%~18.0%
アコム 最大800万円 3.0%~18.0%
三井住友カード カードローン 最大900万円 1.5%~15.0%
オリックス銀行 カードローン 最大800万円 1.8%~14.8%
楽天銀行スーパーローン 最大800万円 1.9%~14.5%

プロミス

promiss

プロミスは、初めて利用する場合は30日間の無利息期間が適用されます。

また、最短で60分で融資を行っているため、急いで歯科矯正を受けたいと考えている人も安心して利用できます。

可能という驚異的なスピードで対応して貰える点も大きなメリットです。

上限金利が他社消費者金融よりも低いため、できるだけ利息の負担を抑えたい場合におすすめです。

パート・アルバイト・主婦・学生も申し込み可能なので、歯に関する悩みを抱えている人は相談してみると良いでしょう。

プロミスのホームページはこちら

アイフル

aifyru

アイフルは、コールセンターの対応が非常に丁寧であることに定評があります。

また、初めて利用する人は30日間無利息となり、24時間365日インターネットから申し込みが可能なので、初めて消費者金融を利用する人におすすめです。

最短25分で融資を行ってくれることから、融資のスピードに関しても申し分ありません。

また、申し込みをWEBで完結させれば自宅に郵送物が届かないため、家族に利用をバレたくない人でも安心です。

アイフルのホームページはこちら

SMBCモビット

SMBC

SMBCモビットでは、WEBで申し込みを完結させると最短3分でお金を借りることができます。

歯科医師と相談した結果、すぐに治療を開始することにした!

というシーンでも、SMBCモビットであれば対応可能です。

また、申し込みをWEBで完結させれば電話連絡と郵送物も無いため、スピーディーかつ誰にも知られずにローン契約ができます。

SMBCモビットは、返済時に利息200円ごとにTポイントが1ポイント貯まるため、日頃からTポイントを貯めている人と好相性でしょう。

SMBCモビットのホームページはこちら

レイクALSA

ALSA

レイクALSAは、審査が最短15秒で完了する上に最短25分で融資を行ってくれるため、すぐに歯科矯正を受けたい人でも安心です。

また、無利息期間が最大180日間と長い点も特徴で、お得に借り入れることができる魅力があります。

多くの消費者金融系の無利息期間は30日間なので、他社と比べると無利息期間の長く、

少しでも返済負担を減らしたい!

と考えている人は利用を検討すると良いでしょう。

レイクALSAのホームページはこちら

アコム

acom

アコムでは、契約の翌日から30日間の無利息期間が適用されます。

「初めてのアコム」というキャッチフレーズでもおなじみですが、初めて消費者金融を利用する人でも安心できるように、サポートが充実している点が特徴です。

また、即日融資に対応しており、最短分でお金を借りられるため、できるだけ早く歯科矯正を受けたい人におすすめです。

アコムのホームぺージはこちら

三井住友カード カードローン

mitsui

三井住友カード カードローンは、借入希望金額が50万円以内の場合は最短5分で借りることができます。

また、金利は1.5%〜15.0%と、他の消費者金融よりも低い点も魅力です。

返済遅延を起こさなければ、1年ごとに0.3%ずつ利率を引き下げてもらえる(最大1.2%まで引き下げ)ため、利息の負担を抑えたい人におすすめです。

全国の銀行・コンビニのATMで利用できることから、すぐにでも歯科矯正を受けたい人でも安心して利用できるでしょう。

三井住友カード カードローンのホームページはこちら

オリックス銀行 カードローン

orix

オリックス銀行カードローンの金利は1.8%~14.8%と、消費者金融系カードローンよりも低金利でお金をお借りることができます。

ガン保障特約付きプラン「Bright」への加入の申し込みも可能で、低金利でお金を借りながらもがん保障を受けられる点が特徴です。

「死亡・高度障害」または「ガンと診断確定された」ときには借入残高が0円になるため、がん保障が欲しいと考えている人と高相性です。

消費者金融のように即日で借りることはできませんが、24時間WEBから申し込みが完結するため、非常に使い勝手が良いローンです。

オリックス銀行カードローンのホームページはこちら

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、銀行系ローンでは珍しく30日間の無利息期間が付いているため、利息負担を抑えたい人におすすめです。

パートやアルバイトの人でも申し込みができ、最短翌日融資も可能である点が特徴です。

楽天会員ランクに応じて審査が優遇される独自の仕組みを採用しているため、日ごろから楽天グループのサービスを利用している人と高相性でしょう。

毎月の返済は2,000円から設定できるため、歯科矯正を受けることで家計が崩壊するリスクも低いです。

楽天銀行スーパーローンのホームページはこちら

デンタルローンのメリット・デメリット

dentalmerit

続いて、デンタルローンを利用するメリットとデメリットについて、それぞれ解説していきます。

デンタルローンの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

デンタルローンのメリット・デメリット

デンタルローンのメリット

デンタルローンのメリットとして挙げられるのは、下記の2つです

デンタルローンのメリット
  • カードローンよりも金利が低い
  • 必要な分だけ借りるので、無駄遣いを防げる

デンタルローンは目的別ローンなので、無目的ローンであるカードローンよりも金利が低いメリットがあります。

カードローンの金利は10%を超えることも珍しくありませんが、デンタルローンの金利は4.0%~8.0%程度です。

金利が低ければ総返済額も少なく済むため、

とにかく支払う利息は小さくしたい!

と考えている人はデンタルローンの利用を検討すると良いでしょう。

また、デンタルローンで借りたお金は「歯科矯正のみ」に使えるため、自分の生活費の当てることは出来ません。

これにより、無駄な借り入れを防ぐことができるため、

ついつい無駄遣いしてしまう

という人にも向いているでしょう。

デンタルローンのデメリット

デンタルローンのデメリットとして挙げられるのは、下記の3つです。

デンタルローンのデメリット
  • 審査を受けるために手間がかかる
  • 融資を受けるまでに時間がかかる
  • すべての歯科医院で利用できるわけではない

デンタルローンは、申し込みにあたって手間暇がかかることに加えて、実際にお金を借りられるまでに1週間程度かかることもあります。

そのため、

急いで歯科矯正を受けたい!

と考えている人は、デンタルローンの利用がおすすめできません。

また、デンタルローンが利用できるのはデンタルローンに対応している歯科医院に限られるため、日頃から通院している歯科医院で利用できるとは限りません。

このように、利用にあたって様々な制約が出てくる点には注意が必要です。

カードローンのメリット・デメリット

caedmerit

次に、カードローンのメリット・デメリットについて解説していきます。

デンタルローンとカードローンの違いをしっかりと把握し、自分に合っている方を選びましょう。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット

カードローンのメリットとして挙げられるのは、下記の3つです。

カードローンのメリット
  • 融資のスピードが速い
  • 手続きが簡単
  • 借りたお金は生活費にも充てられる

消費者金融系カードローンの中には、即日融資に対応しているものもあります。

そのため、

とにかく!急ぎでお金を借りたい!

という人はカードローンの利用がおすすめです。

また、多くのカードローンはWEBで申し込みから融資まで完結するため、手間暇がかかりません。

24時間365日申し込みが可能なカードローンが多いため、時間や場所に関係なく申し込める手軽さも大きな魅力です。

カードローンは無目的ローンなので、

生活費も工面したいから多めに借りちゃおう

ということも可能です。

このように、融資の柔軟性が高く、利便性の高さに魅力を感じる人はカードローンの利用を検討すると良いでしょう。

カードローンのデメリット

カードローンのデメリットとして挙げられるのが、下記の2点です。

カードローンのデメリット
  • カードローンのデメリット
  • デンタルローンより金利が高い
  • ついつい借りすぎてしまう恐れがある

カードローンの金利はデンタルローンに比べて高めなので、

総返済額は抑えたい!

という人には向かない可能性があります。

また、手軽にお金を借りられるメリットがある反面、ついつい借りすぎてしまい総返済額が多くなってしまうケースもあるため、計画的に利用できる自信が無い人も注意しましょう。

歯科矯正でお金が無いときの対処法に関するよくある質問

faq

最後に、歯科矯正でお金が無いときの対処法に関するよくある質問を紹介していきます。

一読しておくと、歯科矯正を受けるか検討しているときに参考になるでしょう。

デンタルローンとは何ですか?

デンタルローンとは、信販会社や金融機関などが提供している、歯科矯正や歯に関する治療専用のローン商品です。

いわゆる目的別ローンで、「歯科矯正や歯に関する治療」しか借りることができないため、カードローンよりも金利が低い魅力があります。

治療費を信販会社や金融機関が立替払いをして、ローン利用者が分割払いで元本と利息を返済する仕組みとなっています。

デンタルローンとカードローンのどちらがおすすめ?

デンタルローンがおすすめの人
  • 総返済額を抑えたい人
  • 手続きに手間暇をかけることに抵抗がない人
カードローンがおすすめの人
  • すぐに治療を受けたい人
  • 借りたお金を生活費にも充当したい人

大まかに棲み分けすると、上記のようになります。

それぞれの特徴や違いを踏まえた上で、自分に合っている方を選びましょう。

医療費控除は使える?

治療の要素が無く、美容目的で歯科矯正を受ける場合は医療費控除の対象外です。

しかし、噛み合わせなどに何かしらの問題がある場合は医療費控除の対象となります。

なお、国税庁では歯の治療と医療費控除の関係について、下記のように説明しています。

歯の治療については、保険のきかないいわゆる自由診療によるものや、高価な材料を使用する場合などがあり治療代がかなり高額になることがあります。このような場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。現在、金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているといえますから、これらを使った治療の対価は、医療費控除の対象になります。

発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。

自身が受ける歯科矯正が医療費控除に対象に該当するか判断に迷う場合は、医師の見解を聞いた上で税務署に相談すると良いでしょう。

歯科矯正で保険が適用されることはある?

歯科矯正は基本的に保険適用外になるケースが多いですが、歯並びの悪さが影響して顎変形症等を起こしている場合、保険適用になることがあります。

そのため、できるだけ治療費を抑えたいと考えている人は、保険適用で歯科矯正を受けられるかどうか歯科医師に相談してみてください。

歯科矯正を受けたいけどお金がない時の対処法まとめ

歯科矯正を受けたいと考えていながらも、

お金が無い…

という状況に直面することはよくあることです。

しかし、貯金だけで工面するのが難しい場合でも、デンタルローンやカードローンを利用すれば素早く歯科矯正の治療費を調達できます。

デンタルローンとカードローンにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、歯科矯正を受けるためのお金を調達する際には非常に重宝できる手段です。

歯科矯正を受けたいと考えている人は、こちらの記事を参考にしながら自分に合った手段でお金を調達してみてはいかがでしょうか。