ファクタリングの金利の相場はどれくらい?手数料の相場から注意点、おすすめの業者を解説!

ファクタリングの金利ってどのくらい?

ファクタリングには金利はありません。代わりに手数料が発生します。

この記事では、ファクタリングの金利にかわる「手数料」の内訳についてや、

手数料の低いおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

この記事のポイント
  • ファクタリングに金利はない
  • ファクタリングには手数料がある
  • ファクタリングの手数料は約2~300%と幅広い
  • ファクタリングの手数料を安くするコツは『信頼性』
  • ファクタリングを装った闇金業者に注意
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

結論:ファクタリングには「金利」はない!

実は、ファクタリングには、「金利」という概念はありません。

なぜなら、ファクタリングは「貸金業」ではなく、あくまでも「売掛債権の譲渡や買取」のことを指すためです。

ここでは、ファクタリングで金利にあたる「手数料」について詳しくみていきましょう。

ファクタリングの金利のポイント
  • ファクタリングは金利ではなく手数料が発生する
  • 金利に換算するとその高さがわかる
  • ファクタリング手数料の内訳は、債権譲渡登記の発行費用など

ファクタリングは金利ではなく手数料

ファクタリングでかかるのは、金利ではなく手数料です。

ファクタリングの手数料は一般的に高いと言われており、その理由は貸金業には適用されている「利息制限法」が適応されないからです。

利息制限法とは?

利息制限法とは、消費者を金銭の貸主から守るために、利息の利率や遅延損害金の価格を一定以上にならないように制限する法律のことです。

金利に換算するとその高さが分かる

ファクタリングの手数料は、金利に換算してみるとその高さに気付きます。

後の章で詳しく説明しますが、銀行融資などの金利は、1%~4%くらい、消費者金融でも15%~20%くらいになります。

しかし、ファクタリングの場合年利に換算するとなんと300%に上ることも。

他の資金調達方法と比べる際には、年利に換算してみるのも重要だと言えますね。

ファクタリング手数料の内訳

ファクタリングの手数料を金利に換算するとかなり高い利率になることがわかりましたが、その手数料の内訳は果たして何なのでしょうか?

ここでは、ファクタリングの手数料の中身について紹介していきます。

ファクタリング手数料に含まれるもの
  • ファクタリング会社の利益:ファクタリングの額による
  • 登記に必要な印紙などの手数料:約2万円
  • 債権譲渡登記に必要な手数料:約10万円
  • 交通費や紹介料などの手数料:約3万円

上記のように、単純にファクタリング会社の利益にだけでなく、手続きに必要な諸費用が手数料に含まれてきます。

ファクタリングの手数料の相場はどのくらい?

続いて、ファクタリングの手数料の相場について説明していきます。

ファクタリングの手数料は、2社間や3社間によって異なりますので、それらの違いについてもチェックしてみてくださいね。

ファクタリングの金利のポイント
  • 他の資金調達方法と比較した場合、3社間ファクタリングが安い

他の資金調達方法と比較した場合

まずは、他の資金調達の金利とファクタリングの手数料の相場を比較してみましょう。

表にまとめましたので、ご確認ください。

資金調達の種類 金利(手数料)
ファクタリング(一括/買取) 約15%~300%
ファクタリング(保証) 約2%~15%
ファクタリング(医療) 約12%~
ファクタリング(国際) 約12%~
消費者金融 約15%~20%
銀行融資 約1%~3%
政府系金融機関 約1%~2%
電子記録債権 約3%~16%
手形の割引 約4%~15%
ABL融資 約1%~15%(担保するものによって変動)

2社間ファクタリングの場合【手数料高め】

2社間ファクタリングの手数料の相場は、大体10%~20%くらいとなっています。

これは年利に置き換えると60%~120%くらいとなり、かなり高いということがお分かりいただけると思います。

2社間ファクタリングの手数料が高めに設定されているのには、以下のようなリスクがあるからです。

2社間ファクタリングの手数料が高い理由
  • 売掛先はファクタリングの事実を知らないことが多いので、持ち逃げされるというリスクがある
  • 仮に事業者が倒産した際に発生するリスクが高い

3社間ファクタリングの場合【手数料低め】

3社間ファクタリングは、前述の2社間ファクタリングよりも手数料は低めに設定されています。

手数料の相場は、およそ1%~5%ほどで、年利に換算すると10%~30%くらいには抑えることができるということになります。

2社間ファクタリングよりも手数料が低く済んでいるのは、3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングの事実を伝えてからファクタリングで資金調達するため、信用度が上がることが要因です。

ファクタリングの手数料を抑えるには「信用度」が重要

ここまでファクタリングの手数料を他の資金調達やファクタリングの種類ごとに確認してきました。

共通して言えることとして、ファクタリングの手数料は高いということ、さらに業者や信頼度によって手数料は大きく変わってくることがありました。

特にファクタリングという資金調達方法において「信用度」はキーワードになります。

以下のよう特徴に当てはまる人は、ファクタリングの手数料を下げやすいでしょう。

ファクタリングの手数料を下げやすい人の特徴
  • 何度かファクタリングを利用し、スムーズな利用実績がきちんとある人
  • 経営に対する向き合いかたが真剣で信用されうる人柄
  • 絶対に返すという強い意思表示ができる人

どうしてもファクタリングの手数料を抑えたい!と考えている人は、ぜひ、上の特徴を参考にしてファクタリング実施前の面談に臨んでみてくださいね。

ファクタリングの金利・手数料に関わる注意点3選

この章では、ファクタリングの手数料に関わる注意点について紹介していきます。

ファクタリングの手数料には主に3つの注意点があります。

ファクタリングの金利のポイント
  • 利用金額によって手数料は大きく変わってくる
  • 契約書について疑問点があれば即時に確認する
  • ファクタリング業者を装ったヤミ金業者に注意する

利用金額によって手数料は大きく変わってくる

まずファクタリングの手数料においての注意点1つ目は、利用金額によって、手数料が大きく変わってくる可能性が高いということです。

これは、前述したようにファクタリング会社はリスクを取って売掛金を買収しているので返ってくるかどうかが

契約書について疑問点があれば即時に確認する

ファクタリングの手数料においての注意点2つ目は、契約書に疑問を感じる点があれば、その場で確認し、明確にしておくことです。

契約書を交わした後に、疑問点について質問しても契約書の内容が変わることはないので、不安点や疑問点は契約書を結ぶ前に解消しておきましょう。

契約書に関する内容を質問した時にきちんと答えられない場合、信用に値するファクタリング業者ではないかもしえないということを頭に入れておきましょう。

ファクタリング業者を装ったヤミ金業者に注意する

ファクタリング業者を装ったヤミ金業者だけは利用しないように気を付けましょう。

ファクタリングは便利な資金調達方法として人気になる一方、まだ馴染みのない人も多く、悪徳業者が発生しやすい状況が起こっています。

そのため、本当に信頼できる運営会社の規模かどうかや、口コミはどうなのかといったリサーチを欠かさないことが必要です。

また、金融庁でも、ファクタリング業者に見せかけたヤミ金業者に関する注意喚起がなされていますので、詳しく気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

https://www.fsa.go.jp/user/factoring.html

手数料が低い!おすすめのファクタリング会社5選

ここでは、いよいよ手数料が低い、おすすめのファクタリング会社を5つ紹介していきます。

それぞれ手数料はもちろん、手数料以外の部分でも特徴のあるファクタリング会社となっています。

これからファクタリングの利用を検討されている人は、この5つは必ずチェックしてみてくださいね。

おすすめファクタリングのポイント
  • ベストファクター
  • ビートレーディング
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • アクセルファクター
  • OLTA

ベストファクター

ベストファクター

ベストファクターは、数あるファクタリング会社の中でも、手数料が2%~とかなり低いことで人気のファクタリング会社です。

本社は東京都新宿区、支社は現在のところ大阪にのみあります。

また、個人事業主向けのファクタリングも充実しているので、個人事業主の方も安心してお使いいただけるファクタリング会社となっています。

企業名 株式会社アレシア
営業時間 10:00~19:00(平日)
手数料 2%~
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F
資本金
設立年月日 2017年1月

ビートレーディング

ビートレーディング

ビートレーディングは、ファクタリング会社の中でも大手で、安心感があります。

30万円ほどの小口のファクタリングから、3億円まで大きな幅で対応しており、個人・法人ともに利用しやすいです。

3社間ファクタリングの手数料は5%~9%、2社間ファクタリングの手数料は10%~20%と少し低めに手数料が設定してあります。

また、実績などがある人については、交渉次第で手数料引き下げの余地はありそうです。

企業名 株式会社ビートレーディング
営業時間 9:30~18:30(平日)
手数料 5%~9%(3社間)・10%~20%(2社間)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル
資本金 7,000万円
設立年月日 2012年4月

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人が運営するファクタリング会社です。

そのため、運営元についての信頼度は抜群です。

さらに、手数料を見てみると3社間ファクタリングは1%~9%、2社間ファクタリングは10%~15%とやや開きはあるもののかなり低めに設定されています。

企業名 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
営業時間 9:30~19:00(平日)
手数料 1%~9%(3社間)・10%~15%(2社間)
対応エリア 全国
スピード 2~3日
所在地 本社:東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
資本金
設立年月日 2017年4月

アクセルファクター

アクセルファクター

アクセルファクターは、顧客の「キャッシュフローの改善」に重きを置いたファクタリング会社です。

また、支払いサイクルが最長180日までと他社よりも長いものまで対応しているのも特徴です。

本社は東京ですが、仙台・名古屋にそれぞれ営業所を置いています。

企業名 株式会社アクセルファクター
営業時間 9:30~19:00(平日)
手数料 ~100万円:10%~
101万円~500万円:5%~
501万円~1,000万円:2%~
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
資本金 1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
設立年月日 2017年4月

OLTA

OLTA

OLTAは、オンラインのみでやり取りを完結させることができるクラウド型のファクタリングサービスです。

2社間ファクタリングが基本で、手数料は2%~9%とかなり低めです。

オンラインで完結したり、AIによる審査が行われたりすることによって人件費を削減できるからこそ実現できています。

法人が地方にある方や個人事業主の方にもおすすめできるファクタリング会社の1つです。

企業名 OLTA株式会社
営業時間 9:30~19:00(平日)
手数料 2%~9%
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都港区南青山一丁目15番41号VORT南青山II 3F
資本金 25億4,361万円
設立年月日 2017年4月

金利をどうしても抑えたい時におすすめの資金調達方法

最後に、金利をどうしても抑えたい人におすすめな、ファクタリング以外の資金調達方法をお伝えします。

審査の関係でやや手元にお金が入るのが遅れてしまうのが難点ではありますが、即日ほど急ぎではないな…という方は検討してみても良いかもしれません。

ファクタリング以外の資金調達方法
  • カードローン
  • 銀行融資

カードローン

カードローンは、主に銀行のカードローンと消費者金融のカードローンがあります。

それぞれの金利については、以下のようになっています。

カードローンの金利
  • 銀行のカードローン:約2%~14%
  • 消費者金融のカードローン:約4%~20%

銀行融資

銀行融資は、みずほ銀行や三井住友銀行といったメガバンクをはじめ、地方銀行や信用金庫などから融資を受けることができます。

金利は、カードローンよりも低く、融資の種類にもよりますが1%~14%くらいです。

ファクタリングの金利 まとめ

ファクタリングには金利はありませんが、手数料はかかることが分かりました。

また、その手数料を金利に換算すると、他のどの資金調達方法よりも高くなりがちだということも併せて理解していただけたと思います。

ただし、優良なファクタリング会社の中には、手数料をかなり抑えてくれているところもいくつかあります。

今回紹介したファクタリング会社で、自分の会社や個人事業に合いそうなファクタリング会社を見つけた方は、ぜひお見積りから進めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です