【2022年最新】ユーロ/円の見通し!相場・現在のチャート・今後の予測など徹底調査

今後のユーロ/円の見通しが気になる!

ユーロ/円が急落する要因は?

といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

結論から言うと、2022年ユーロ/円は緩やかに下落すると予想が立てられています。

現在の日本円の相場が下落しており、年間を通してみると横ばいの推移が考えられていますが、円安の影響が強く、年間で下がる可能性もあります。

今回はユーロ/円の見通しや相場、現在のチャート、今後の予測などについて詳しく紹介していきます。

この記事の要点
  • 2022年6月24日10時現在のユーロ/円の価格は142.197
  • 2022年は今後も緩やかに下落するとの見通し
  • コロナショックやロシアによるウクライナへの侵攻が大きく影響する

\ 初心者にも人気!/

ユーロ/円の基本情報

ユーロ/円は世界各国で導入されている通貨です。

為替市場で米ドルに次ぐ2番目の取引量を誇る通貨でもあります。

しかし、為替相場ではドル/円よりも取引量が少なく、ユーロ/ドルとドル/円の値で計算されることが多いです。

そのため、ユーロ/円で取引をする時はドル/円やユーロ/ドルにも注目することが大切です。

ユーロ/円の現在の価格

現在(2022年6月24日10時現在)の価格は次のようになります。

参考:https://fx.minkabu.jp/pair/EURJPY

このように、142.197となっており、高値は142.236、安値は141.678で+0.274です。

ユーロ/円は現在下落していることもあり、注文情報を見ると買いシグナルがやや多くなっています。

年初に1ドル=120円を突破した後ドル高円安が進行した影響もあり、下がり気味の相場となっています。

現在は円安が急激に進んだ影響もあり、141円前後で推移しています。

\ 初心者にも人気!/

ユーロ/円に関する経済指標

ユーロ/円の今後の価格変動を分析するためには、次の経済指標が重要となります。

PCEデフレーター

PCEデフレーターは商務省経済分析局が発表する個人の消費支出変動のうち物価変動によるものを除くための指数を指します。

米国のインフレターゲットの対象として利用されており、経済見通し(プロジェクション)の際に、物価見通しの対象となっていることが特徴です。

PCEデフレーターの過去データをみても、その後の価格が上昇する場合が多く、一つの指標になることは間違いないでしょう。

小売売上高

ユーロ/円は強い小売売上高などが一転して価格が変動することがあります。

雇用悪化の豪ドルは弱い傾向にありますが、それでも相場に関係していることは事実です。

消費者信頼感指数

消費者信頼感指数とは、その国の経済に対する消費者マインドをアンケート調査で指数化した指標を指します。

一般的には個人消費やGDPその相関性が高く、先行指標です。

ユーロ圏消費者信頼感指数は4月に16.9に上昇しましたが、約1年ぶりの低水準で予測を大きく下回っています。

これはロシアによるウクライナ侵攻が影響し、製造業と消費者のセンチメントなどが総じて落ち込んだとされています。

また、ロシアがガス供給を止める動きも見せたことから、リスクが引き続き、センチメントの重しになるとみられています。

調和消費者物価指数

調和消費者物価指数はある時点を基準に同党のものを購入した場合に費用などのくらい変動したかを指数値で表したものです。

ユーロ圏消費者物価は4月に-7%半ばの伸び率が継続しています。

ユーロ/円の価格推移

続いて、ユーロ/円の価格推移について紹介していきます。

欧州中央銀行による年内利上げ

欧州中央銀行は2022年の2月と3月にインフレ率の中期的な見通しの影響について議論されました。

この議論後、各種政策金利の引き上げが施行され、現在0.00%である政策金利が0.25%以上になると予測されています。

ウクライナ危機

ロシアによるウクライナ侵攻を巡る懸念が高まるとユーロは大きく下落しました。

紛争地域である東欧に経済的にも近いユーロ圏内の地政学リスクとして意識された原因とされており、ウクライナ情勢に一喜一憂しながらも徐々に価格が下落しています。

2月24日にロシアがウクライナへ侵攻した時には127.92円まで大きく下落して、約2か月ぶりに安値をつけました。

その後は130円台まで回復する場面もありましたが、欧米がロシア中銀にも制裁を下すと発表すると、再び128円台へ急落する不安定な値動きが続いていました。

コロナショック

コロナショックはユーロ/円だけに限らずほとんどの通貨ペアで価格が大幅に下落しました。

法定通貨から金や仮想通貨に資金を流入していたことでユーロ/円も価格が下がっていました、

現在は2020年のコロナウイルスが流行り始めたころに比べると価格は上がっていますが、今後もこのような世界的なパンデミックが起こると為替ペアが価格を下げる可能性が高いという点は頭に入れておきましょう。

\ 初心者にも人気!/

為替相場展望によるユーロ分析

為替相場の前月の振り返りと当月の見通しについてのレポートを記録している「為替相場展望」によるユーロ分析では、次のように分析されています。

夏場以降、FRBの利上げ織り込みの一服に伴いユーロ安・ドル高圧力は和らぐ可能性。ただし、ロシア制裁の長期化が景気の重石となり、ユーロドル相場は底ばいとなる見込み。ユーロ圏ではコロナ禍で積み上がった家計貯蓄などを下支えに景気の腰折れは回避されるものの、今後石炭以外の資源に禁輸対象が拡大される懸念。ロシア依存度が高いドイツを中心に企業活動の制約などが懸念される可能性。加えて、ECBはインフレ抑制に向かうものの、景気の回復力は米国ほど強くないため、急ピッチの利上げは困難。市場では既に年内に3回程度の利上げが織り込まれており、追加のユーロ高圧力は生じにくい見通し。

参考:https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/exchange/pdf/13425.pdf

日本企業によるユーロ/円の今後の見通し

ユーロ/円について、個人の投資家だけでなく、日本の各社も今後の見通しを立てています。

三菱UFJ銀行

米国の利上げ、量的引締め期待の高まりによるドル高や、ウクラ イナ情勢の悪化と長期化による景気減速リスクの高まりを背景に、 今月はユーロの見通しを下方修正する。足もとで市場参加者は、ECB が今年3 回(75bp)と、マイナス金利を脱する水準まで利上げを実 施することを織り込んでおり、ユーロ相場を一定程度支える要因と なろう。ただし、依然として米国の利上げが先行するとみられるこ とに加え、景気減速リスクなど、ユーロを取り巻く下押し材料は多 い。目先は景気の減速が確認されるにつれて利上げ期待が後退し、 ユーロの下押し圧力となると予想している。5月は、政策判断の要 となる物価動向及び 5月のユーロ圏の景況感に関する指標に注目し ている。

参考:https://www.bk.mufg.jp/report/hconwnew/F.pdf

景況感の悪化が、利上げ期待の剥落を通じたユーロ売り圧力となる可能性に警戒していており、明確なチャートポイントも乏しいため、値幅を広く設定しているようです。

また、日米の金融政策の方向性の違いによる円売りが継続し、ユーロ/円の下支えになるであろうとも予測しています。

野村証券

野村証券はウクライナ紛争長期化とエネルギー供給への懸念も、ユーロ圏景気後退へのリスクとされ、ユーロの重石となっている可能性があると予測しています。

また、中国景気減速懸念もユーロドルやユーロ円への逆風だとし、短期的にはユーロドルのパリティ割れを警戒する必要があるともされています。今後は中国景気の失速やウクライナ紛争の情勢悪化をいったリスクを回避できれば、ユーロドルの反発が明確になうだろうとも予測しています。

参考:https://www.nomura.co.jp/hometrade_c/nomura_reports/pdf/fxm.pdf

外為どっとコム

外為どっとコムでは次のように予測しています。

供給サイドのボトルネック長期化懸念は燻ったままで、エネルギー価格の高騰が企業や家計の景況感・行動に影響を及ぼす様子も垣間見られ、これまでの復興スピードを持続するのは徐々にきつくなっていきそうです。年末にかけて景気減速とインフレ率上昇が共存するスタグフレーションに陥るとみられ、経済は不安定な状態が継続しそうです。

参考:https://www.gaitame.com/media/entry/2021/11/27/143000

おすすめのFX口座ランキング5選

続いて、初心者におすすめのFX口座を、使いやすさ人気度の観点からランキング順にご紹介していきます。

各社ごとに様々な特徴がありますが、まずは今回ご紹介する口座を持っておけば間違いないと言えます。

おすすめのFX口座5選
  • おすすめFX口座1位:MATSUI FX
  • おすすめFX口座2位:外為どっとコム
  • おすすめFX口座3位:FXプライム byGMO
  • おすすめFX口座4位:LINE FX
  • おすすめFX口座5位:DMM FX

おすすめFX口座1位:MATSUI FX

FXおすすめ_MATSUIFX
MATSUI FXの特徴はなんといっても1通貨単位から取引ができることです。

初心者の場合は少額から取引したい方が多いですが、通常は1,000通貨単位あるいは1万通貨単位の取引がほとんどで、1株単位で取引ができるのは、MATSUI FXならではです。

また、MATSUI FXは、夜間でもお客様対応をしてくれる手厚いサポート体制も完備しています。

FX取引に役立つ情報も無料提供してくれるため、これからFXをはじめたい初心者にはおすすめです。
MATSUI FXのポイント
  • 1通貨単位から取引可能
  • 取引手数料が無料
  • 万全のサポート体制
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • FX情報を無料提供
MATSUI FXの基本情報
総合点数 78点
最小取引単位 1通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり)
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)
1.1銭(ポンド/円)
取扱通貨ペア数 20通貨ペア

現在のキャンペーン・特典情報

新規口座開設+取引で最大500,000円のキャッシュバック

\ 初心者にも人気!/

おすすめFX口座2位:外為どっとコム

外為どっとコムの特徴は各種手数料(口座開設手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、出金手数料、取引手数料、ロスカット手数料)が無料という点です。

また、サポート体制は、HDI格付け調査「Webサポート/問合せ窓口(電話)部門」で最高評価の三ッ星を獲得(2019年-2021年)しています。

取引ツールも使いやすくスマホ、PCなどからいつでも簡単に取引できるため初心者にも人気があります。
外為どっとコムのポイント
  • 各種手数料の多くが無料
  • サポート体制が最高評価
  • スプレッドがUSD/JPY0.2銭※原則固定(例外あり)
  • 取引ツールが初心者に使いやすい
  • 1,000通貨単位で取引可能
外為どっとコムの基本情報
総合点数 83点
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり)
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)
1.0銭(ポンド/円)
※原則固定(例外あり)
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
外為どっとコムは情報量が圧倒的にすごい。
プッシュ通知が30分前や60分前に設定できるので便利

現在のキャンペーン・特典情報

新規口座開設+取引で最大302,000円のキャッシュバック※4月27日時点

対象期間:口座開設月から翌々月末まで

\ 最大30万円キャッシュバック/

おすすめFX口座3位:FXプライム byGMO

FXおすすめ_FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券と同じGMOインターネットのグループ会社です。

GMOクリック証券に比べ、FXプライムbyGMOはFXに特化したFX会社です。

最低取引単位がGNOクリック証券の取引単位が1万通貨にたいし、FXプライムbyGMOは1,000通貨から取引可能です。

手数料の安さ、豊富なサポートツール、少額資金で取引可能など初心者に人気ですが、上級者にとっても、低スプレッドや信頼のおける約定率で人気があります。
FXプライムbyGMOのポイント
  • 最低取引単位が1,000通貨
  • 口座開設者の半数以上が「初心者」
  • スプレッドが低い
FXプライムbyGMOの基本情報
総合点数 50点
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド
(原則固定休止中)
0.1銭(米ドル/円)
0.6銭(ユーロ/円)
1.1銭(ポンド/円)
取扱通貨ペア数 20通貨ペア

現在のキャンペーン・特典情報

新規口座開設+取引で最大110,000円のキャッシュバック

\ 最大11万円キャッシュバックキャンペーン中/

おすすめFX口座4位:LINE FX

FXおすすめ_LINEFX

LINE FXはSNSの最大手「LINE」と「野村ホールディングス」が共同で運営しているFX取引サービスです。

LINE FXの特徴は、取引ツールが直感的に使いやすく、LINEを使っている人であれば誰でも簡単に取引を始められる手軽さといえます。

また、公式アカウントをLINEで友達登録しておくと通貨ペアの相場急変通知やキャンペーン情報など、為替情報が届くため、情報をいち早く入手したい人に最適です。

1,000通貨単位での取引が可能なので少額から取引ができ、初心者にもやさしいFX口座ですよ!
LINE FXのポイント
  • FXの相場情報がLINEで受け取れる
  • 取引ツールが使いやすい
  • 1,000通貨から取引可能
  • 多くの手数料が無料
  • 業界最狭水準のスプレッド
LINE FXの基本情報
総合点数 90点
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり)
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)
1.0銭(ポンド/円)
取扱通貨ペア数 23通貨ペア
チャートとかもろもろLINEFXのが使いやすいので短期はそちらでやります。
移動平均しか使わないからLINEFXめちゃ使いやすい
L INEFXやってます。思ってたより使いやすいです。今はスプレッド縮小キャンペーンしてるので使ってます。

現在のキャンペーン・特典情報

新規口座開設+1取引で最大50,000円のキャッシュバック

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

おすすめFX口座5位:DMM FX

FXおすすめ_DMMFX

DMM FXの口座開設数は、80万口座を超える実績のあるFX口座です。

また、取引スタートまでに最短1時間と非常に短いのも特徴。

取引ツールも充実していて、使いやすい点もDMM FXの強みで、初心者からプロまで使いやすさでは定評があります。

さらに、サポートも充実していて、LINEでも24時間安心サポートがあるので初心者でも安心です。
DMM FXのポイント
  • 口座開設数80万以上の実績
  • 最短1時間で取引スタート
  • 取引ツールがわかりやすい
  • スプレッド(通貨の売値と買値に生じる差)が狭い
  • 24時間サポート体制(LINEで問い合わせ可能)
DMM FXの基本情報
総合点数 95点
最小取引単位 10,000通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり)
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)
1.0銭(ポンド/円)
取扱通貨ペア数 21通貨ペア
ほんとDMMFXのスマホアプリ使いやすいなぁ。FXアプリで一番使いやすいかも。
DMM FX開設。1万入れて1取引したけど、国内No.1とういうだけあってツールは見やすいし使いやすいね!しかもカッコいい!!
FXのスマホアプリ、SBI証券、SBIFX、DMMFX使ってみて、今のところDMMがダントツで使いやすい。

現在のキャンペーン・特典情報

新規口座開設+取引で最大200,000円のキャッシュバック

DMM FX公式サイトはこちら

ユーロ/円 見通しに関するよくある質問

最後に、ユーロ/円 見通しに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

2022年の今後のユーロ/円に関係する材料は?

2022年今後のユーロ/円に関係する材料は次のようなものが挙げられます。

2022年今後のユーロ/円に関係する材料
  • PREC総会
  • 日本参議院選挙
  • ジャクソンホール会議
  • 中国共産党大会、G20サミット、ブラジル大統領選挙
  • チェニジア議会選挙

ただし、これはあくまでも情報の一つで各国の政治状況をしっかり確認することが大切です。

レンジ予測が知りたい!

6月20日~26日のレンジ予測は次のようになります。

ユーロ/円 139.00~144.00
ドル/円 133.00~136.50
豪ドル/円 92.00~95.00

ユーロ/円以外の注目されている通貨が知りたい!

ユーロ/円以外の注目されている通貨は次のようなものが挙げられます。

ユーロ/円以外の通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/米
  • ドルポンド/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • ポンド/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • スウェーデン/円
  • ノルウェー/円
  • ユーロ/ポンド
  • 米ドル/カナダドル

\ 初心者にも人気!/

ユーロ/円 見通しのまとめ

今回はユーロ/円の見通しや相場、現在のチャート、今後の予測などについて詳しく紹介してきました。

2022年のユーロ/円は新型コロナウイルスやロシアのウクライナへの侵攻が影響し、価格が予測しにくくなっています。

しかし、2022年はこれからも相場を左右するたくさんのイベントが控えているため、国内だけでなく世界中の経済情報について調べておく必要があります。

ユーロ/円はドル/円と同じようにメジャーな通貨ペアで注目されている通貨でもあります。

また、現在ユーロ/円の価格相場が難しいということもあり、今のうちに仮想通貨取引を始めることもすすめです。

少しでも興味がある人は、今回紹介した取引所の中で気になる取引所で口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

\ 初心者にも人気!/

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。