【2022年7月最新】ハウスメーカーのおすすめランキング10社|坪単価や失敗しない選び方、住宅展示場の使い方を解説!

ハウスメーカーランキング_アイキャッチ

おすすめのハウスメーカーは?

ハウスメーカーの選び方を教えて欲しい!

マイホームを建てるにあたって、ハウスメーカー選びは大変重要になってきます。

絶対に失敗したくないと考えていても、実際にどうやってハウスメーカーを選べば良いのか分からず、なかなか進まないなんていう経験はありませんか?

この記事では、家を建てるために必要なハウスメーカーの選び方や、おすすめのハウスメーカーのご紹介をしていきます。

また、住宅展示場の上手な使い方などもご紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読んで一緒に理想の家づくりをしましょう!

『ハウスメーカー おすすめ』をざっくり言うと
  • おすすめハウスメーカーTOP3は、一条工務店、セキスイハイム、積水ハウス
  • 坪単価が予算に合っているのか、営業担当が信頼できるかがハウスメーカーを選ぶ際のポイント
  • 耐震性や断熱性で失敗するケースが多いので注意!
  • LIFULL HOME’Sなら失敗しないハウスメーカー選びができる!

ぜひ最後まで読んでいただきたいですが、結論を言うと、家をお得に建てるなら複数のハウスメーカーを比較検討することが重要です。

複数のハウスメーカーを比較することで、予算を低く抑えながら、あなたの作りたい理想のマイホームを設計してもらうことができます。

複数のハウスメーカーを無料で比較検討するなら『LIFULL HOME’S』がおすすめです。

『LIFULL HOME’S』では、一条工務店、セキスイハイムを含めたハウスメーカーから無料で見積もりをもらうことができ、提案や交渉で有利になります。

まずは一度『LIFULL HOME’S』で比較検討してみましょう。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

目次

おすすめのハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーランキング_ハウスメーカーの選び方

「ハウスメーカーで家を建てよう!」と決めても、いざ調べてみると会社の種類が多すぎてなかなか決められない方がほとんどです。

ハウスメーカーにはそれぞれの特徴がありますので、あなたに合ったハウスメーカーを選ぶことが大切になってきます。

ここからは、順番にハウスメーカーのおすすめの選び方をご紹介していきます。

【ハウスメーカーの選び方】
①予算と決める
②工法や構造で決める
③住宅の機能・デザインで決める
④担当者で決める

おすすめのハウスメーカーの選び方①:予算を決める

ハウスメーカー選びでまず初めにやるべきことは予算を決めること。

世帯年収や退職金などの収入から、教育費や車の維持費などの様々な支出を引いて、無理なく払うことのできるローンを明確に算出していきます。

住宅ローンの返済額は、一般的には「年収負担率の25%以内」と言われています。

また、住宅ローン借入額の目安は「毎月返済額の340倍」と言われています。

さらに、土地を買って家を建てようとお考えの方は、「土地代」と「工事代金」も購入予算の合計額に含まれることになるので注意が必要です。

中古の住宅を購入してリフォームする場合も「中古住宅の代金」と「リフォーム費用」をしっかりと予算内におさめられるようにしましょう。

おすすめのハウスメーカーの選び方②:工法や構造

ハウスメーカーによって複数の工法が選べる場合もあれば、1つの工法に特化している場合もあります。

ハウスメーカーを選ぶときには、「木造」「鉄筋コンクリート」「鉄骨造」の中でどの工法を選びたいかを明確にしましょう。

木造

木造の住宅は、加工が簡単なので設計の自由度が高く、増改築がしやすいことが特徴です。

また、鉄筋コンクリートや鉄骨造と比べると費用が安く、断熱性に優れていますが、法定耐用年数は22年と短めに設定されています。

鉄筋コンクリート

鉄筋コンクリートの住宅は、腐食しにくいことや熱に強く耐久性に優れていること、遮音性が高いことなどが特徴です。

建設費は高くなりますが、法定耐用年数は47年と長めに設定されています。

鉄骨造

鉄骨造の住宅は、柱が太く頑丈にできているので仕切りのない大きな空間や大きな窓などを作ることができるという特徴があります。

軽量鉄骨造の場合は比較的費用が安く、工期も短期間で済みますが、法定耐用年数は19年と短めです。

重量鉄骨造の場合は法定耐用年数は34年と長めです。

おすすめのハウスメーカーの選び方③:住宅の機能・デザイン

ハウスメーカーを選ぶときに次に考えることは、住宅の機能や性能です。

これから長い時間を過ごしていく家だからこそ、機能やデザインにはこだわりたいですよね。

ハウスメーカーによって、アピールしている機能やデザインは様々です。

ここで一番大事なことは、欲しい機能・デザインの優先順位を決めること。

たいていの場合はハウスメーカーの方と何度も打ち合わせをして決めていくので、優先順位を決めた上で細かい要望書を渡せば円滑に進みます。

リビングやキッチン、収納、浴室などの細かい部分までしっかりと話して理想の家を作りましょう。

おすすめのハウスメーカーの選び方④:営業の担当者に対する信頼

ハウスメーカー選びで最後に確認するべきことは、営業の担当者に対する信頼です。

家を建てるときには可能な限り希望をかなえたいものですが、営業担当の方と話づらい雰囲気を感じてしまうと要望を伝えづらかったり、最後まで信頼して任せることができなくなったりしてしまいます。

また、住宅建築に関する知識の豊富さや要望を正しく理解する力も重要となってくるので、しっかりと見定めるようにしましょう。

もし担当の方が合わないと感じたら、お店に伝えて担当の方を変更してもらうことが大事です。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

おすすめのハウスメーカーランキング10選

ハウスメーカーランキング_おすすめ10選

ここからは、様々な特徴やポイントから見たおすすめのハウスメーカーをランキング形式にしてご紹介していきます。

建築様式から価格、デザインなど読者様の視点によりそって細かく分析しました。
是非ハウスメーカー選びの参考にしてみてください。

おすすめのハウスメーカー①:積水ハウス

積水ハウスは、ハイグレードな住宅がメインとなっていて、木造建築と鉄骨建築の両方に対応しているハウスメーカーです。

鉄骨では、強度が高く設計の自由度も高い「ダイナミックフレームシステム」が採用されていて、地震の際にエネルギーを吸収してくれる「シーカス」という構造が使用されています。

木造では、非常に強度が高く積水ハウス独自の技術である「シャーウッド構法」が使用されています。

会社の規模や安定性を重視したい方にはおすすめです。

工法 木造、鉄骨
坪単価(万円) 74〜133
保証 30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー②:三井ホーム

三井ホームは、ハイグレードな木造建築を専任のスタッフと一緒に設計していくハウスメーカーです。

西洋のクラシックスタイルのデザイン住宅を提案しているので、エレガントなタイプを好む方にはおすすめです。

また、「プレミアム・モノコック構法」という独自の技術を採用していて、非常に耐久性にすぐれているのも特徴です。

工法 木造
坪単価(万円) 50〜98
保証 最大30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー③:ダイワハウス

ダイワハウスは、ハイグレードな木造建築と鉄骨造建築が特徴のハウスメーカーです。
メインの商品である「xevoシリーズ」は耐震性と耐熱性に非常に優れています。

また、高い天井をもつ大きな空間も特徴的で、初期保障が最大で30年というのは比較的長いものとなっています。

お手頃な価格からハイグレードな価格までそろっているので、多くの方におすすめのハウスメーカーです。

工法 木造、鉄骨
坪単価(万円) 53〜196
保証 30年間
施工地域 全国

おすすめのハウスメーカー④:セキスイハイム

セキスイハイムは、ハイグレードな鉄骨住宅が人気で、性能が高く間取りの自由度も高いハウスメーカーです。

鉄骨工法では接合部をより強固にするために「ボックスラーメン構造」を採用し、耐震・耐久性にすぐれたものとなっています。

また、省エネ・創エネという特徴もあり、ソーラーパネルと蓄電システムを用いることで、昼夜ともに電気の自給自足を目指すことができます。

住宅の性能を充実させたまま、自由に間取りを設計できるところもすぐれた特徴の1つと言えます。

幅広い年代の方におすすめのハウスメーカーです。

工法 木造、鉄骨
坪単価(万円) 60〜90
保証 定期点検2年間無料
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー⑤:ミサワホーム

ミサワホームは、木造建築と鉄骨建築に加えて鉄筋コンクリートの建築もあります。

地震の際にエネルギーを吸収し、建物に対する影響を減らす効果のある「MGEO」という技術が採用されていることや、省エネのために尽力しゼロ・エネルギー評定制度の第1号を受け取ったことも特徴です。

加えて、内装に木材を再生して使用した「M-Wood」を取り入れていて、本物の木そのままの質感を残しています。

価格帯は細かく設定されているので、木材の系統で家を建てたい方には大変おすすめのハウスメーカーです。

工法 木造、鉄骨、
鉄筋コンクリート
坪単価(万円) 65〜90
保証 30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー⑥:一条工務店

一条工務店は、性能にとことんこだわった木造建築が特徴で、「家は、性能」をモットーとしたハウスメーカーです。

先ほどのテーマに取り上げたモデルハウスにおいても、一条工務店は標準仕様で取り扱っているので、見学するときに大変ありがたいものとなっています。

デザインに関しては、モダンや西洋のスタイル、伝統的な和風スタイルなど様々な種類が用意されています。

「SAISON」という本物の煉瓦を使っている洋館シリーズは大変人気です。

落ち着いた空間で暮らしたい方二は大変おすすめのハウスメーカーです。

工法 木造
坪単価(万円) 45〜87
保証 最大30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー⑦:へーベルハウス

へーベルハウスは、主に鉄骨造におけるハイグレードな建築を扱っているハウスメーカーです。

耐用年数はなんと60年以上あり、初期保障30年、無料点検は60年も実施されます。
また、「ハイパワード制震ALC構造」と呼ばれる耐震構造を使用していて、耐久制にも大変すぐれています。

モダンなデザインは内と外のつながりを意識したものとなっていて、子育て世代の方々にもおすすめのハウスメーカーです。

工法 主に鉄骨
坪単価(万円) 65〜100
保証 最大30年間
施工地域 関東〜九州の一部

おすすめのハウスメーカー⑧:アキュラホーム

アキュラホームは、ローコストな木造建築を採用しているハウスメーカーです。

高い品質を保ちながらもリーズナブルな価格設定となっていて、耐震や耐久性の点からも評価が高く、長期優良住宅の基準もクリアしています。

シリーズ化されている住宅は、目的にあわせて作られているので子育て世代に人気のあるハウスメーカーにもなっています。

また、アフターサービスに対する評価も非常に高く、おすすめのハウスメーカーです。

工法 木造
坪単価(万円) 40〜88
保証 最大35年間
施工地域 関東〜関西の一部

おすすめのハウスメーカー⑨:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは、北ヨーロッパ系の木造建築を提供するハウスメーカーです。

丈夫さと高性能が合わさった設計が特徴で、「100年住み継いでいく家。高気密・高断熱。家族を守る強い家づくり」をコンセプトとしています。

24時間の熱交換型喚起システムに加えて、50年という驚愕のアフターサービスもついています。

長く安心して暮らせる住まいなので幅広い方におすすめのハウスメーカーです。

工法 木造
坪単価(万円) 70〜100
保証 10年間
施工地域 北海道〜九州の一部

おすすめのハウスメーカー⑩:パナソニックホームズ

パナソニックホームズは、鉄骨建築をメインに取り扱っていて、丈夫で暮らしやすい家をつくりだすハウスメーカーです。

間取りを自由に工夫できる点や、ZEHにもしっかりと対応できる点にも特徴があります。
それほど費用を気にせず、希望通りの住宅をつくりたい方におすすめのハウスメーカーです。

工法 鉄骨
坪単価(万円) 60〜130
保証 最大60年間
施工地域 全国(一部を除く)
おすすめのハウスメーカーまとめ
  • メーカー毎に工法や単価、保証が違う
  • 施工地域にも幅があるので要注意
  • 建てたい家によって適切なハウスメーカー選びが重要
  • 『LIFULL HOME’S』なら失敗しないハウスメーカー選びができる!
家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

おすすめの住宅展示場の使い方

ハウスメーカーランキング_住宅展示場の使い方

家づくりを思い立った場合に、多くの方は住宅展示場を利用しますよね。

各ハウスメーカーのスタッフや実際の建物を前にして重要となってくることは以下の3点です。

必ずこれらを頭に入れて見学するようにしましょう。

住宅展示場の使い方①:展示場と実物の違いを把握する

たいていの場合、住宅展示場にある建物はそのハウスメーカーの中でも高いグレードで建てられていることが多いです。

住宅展示場に入る際にはこのことを頭の片隅に入れておくようにしましょう。
もちろん、どのような建物を展示物として出すかはハウスメーカーによって異なります。

標準的なレベルのものを多く展示してくれているハウスメーカーもあるので事前に口コミなどを調べてから行くとなお良いと思います。

おすすめの住宅展示場の使い方②:実物を確認する

先ほど述べたように、展示場には各ハウスメーカーの中でグレードの高い建物が多く並びますが、もちろん標準的なレベルのものも展示されています。

壁の内部の構造模型などを展示しているハウスメーカーもあるので、できる限りその場で実物を確認し、普段はなかなか見ることのできない部分にも目を向けるようにしましょう。

おすすめの住宅展示場の使い方③:スタッフに質問する

実は、ハウスメーカーを選ぶときには、住宅展示場でスタッフに質問することが最も重要となります。

ハウスメーカーの方々は家に関するプロフェッショナルです。

住宅展示場に足を運ぶ前に勉強していたとしても、細かい部分には疑問や関心が残ります。

可能な限りその場で解決するようにしましょう。

また、顧客を大切にしているハウスメーカーは、何かトラブルなどが起きた場合にも誠実に対応してくれます。

展示場にいる各ハウスメーカーのスタッフの対応も参考にしてください。

住宅展示場の活用方法まとめ
  • 実物を見てイメージとすり合わせができる
  • 展示されている建物のグレードに注意
  • 分からないことはスタッフに何でも質問

住宅展示場に行く時間が取れない、無理な営業をされそうでちょっと心配、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は『LIFULL HOME’S』で複数のハウスメーカーを一括無料見積するのがおすすめです!

3分程度のかんたんな質問に答えるだけで各社からお見積りが届くので忙しい方でも安心して利用できます。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

ハウスメーカーの相場は?

ハウスメーカーの相場を知ることで、高額なのかが判断しやすくなります。

予算があるので、相場での判断はできませんが情報として知っておくと便利です。

ここでは、ハウスメーカの坪単価の相場や注文住宅簿の費用について、詳しく解説していきます。

ハウスメーカーの坪単価の相場は?

ハウスメーカーの坪単価の相場は70万円〜80万円程度です。

注文住宅で建てる際の平均坪数は約38坪と言われています。

平均的な広さで言うと本体価格は、2,660万円〜3,040万円程度です。

ただし坪単価はあくまでも目安なので注意をしましょう。

例えば正方形の住まいよりも、特徴的な形の住まいの方が外周は伸び、資材が多く必要です。

同じ面積でも坪単価が変わります。

また、ハウスメーカーによって坪単価の算出方法が異なるのもポイントです。

本体価格にどこまで含まれているかわかりません。延

床面積(建物各階の合計)と施工面積(実際に施工した部分)でも変わります。

ハウスメーカーの注文住宅の費用の相場は?

住宅金融支援機構が2020年度に発表した注文住宅費用相場で確認をすると、全国平均は3,312万円でした。

ただし、建てるエリアで費用の相場は変わります。

大まかな地域ごとの費用相場は次のとおりです。

首都圏:3,598万円

近畿圏:3,439万円

東海圏:3,407万円

上記のエリアが費用相場の平均価格を上げています。

その他の地域は3,109万円でした。

自分が建てる地域に照らし合わせ参考にしてください。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

注文住宅でよくある5つの失敗

次に注文住宅でよくある失敗を紹介します。

事前に知っておくことで失敗を未然に防ぎましょう。

特に建てたあとの失敗は強く後悔をするので、建てた後の失敗には十分に注意をしてください。

予算オーバーしてしまった

予算オーバーはよくある失敗です。

営業マンと相談しているうちに、あれもこれもとグレードアップを求めます。

標準仕様では物足りず次々とオプション仕様を増やし、ローコストのハウスメーカーを選んだのに大手の価格と同じ坪単価になるのです。

予算オーバーになる要因

耐震構造に制震をプラスした

太陽光発電システムを採用した

全館空調システムや全館床暖房を採用した

上記は魅力的な設備ですが、オプション仕様がほとんどです。

もし採用をすると100万円以上の費用がかかります。

ローコスト住宅は自由度が低い可能性が高いです。

いろいろと足していくうちにあっという間に予算オーバーをするかもしれません。

老後のこともよく考えて設計してもらうべきだった

注文住宅は何十年と住み続けます。

20代で購入してから30年が経つと、50歳を超えるのです。

毎日鍛えていなければ、20代のような立ち回りは期待できません。

もっと段差のない住まいにすれば良かったと50歳を超えてから後悔をします。

ユニバーサルデザインを標準仕様としているハウスメーカーも増えていますが、まだまだです。

営業マンが「老後を考えて」と提案をしてくれたのに、「大丈夫」と断る人もいます。想

像できないのかもしれません。

昔の日本の住まいは耐久性が弱く、数十年で建て替えていました。

しかし今は60年の長期保証をつける大手ハウスメーカーが多くあります。

何十年と住み続けられる間取りの依頼がおすすめです。

耐震性・耐久性・断熱性が低い家になってしまった

耐震性、耐久性、断熱性は安全で心地よい住まいには重要です。

しかし、リビングの開放感を求めたことで、性能に影響が出るかもしれません。

柱や壁を減らすことで、間取りに自由度が生まれますが耐震性は落ち込みます。

予算に上限がなければ、すべての望みをかなえることも可能です。

しかし予算に限りがある以上、何かしらをあきらめなければいけません。

大きなリビングの断熱性を維持するためには、断熱材を厚くします。

費用の高い工法による性能維持が必要です。

魅力的な間取りにワクワクすることもあります。

建築基準法をクリアしているから大丈夫と思われるかもしれませんが最低限の水準です。

大きな災害に見舞われたときに、失敗に気付くかもしれません。

収納が少ない

収納の失敗も良く聞かれます。

子どもが増えたことで収納が足りなくなる人も居るようです。

ハウスメーカーの中には、便利な収納をコンセプトにする規格商品もあります。

コンセプトになるということは、収納が重要視されていることの証明です。

収納でよくある失敗
  1. 子どもが剣道など用具の多い部活を始めた
  2. 掃除機をしまう収納を設置し忘れ、見られるところにあるのが恥ずかしい
  3. 子どもが生まれたが、おむつなど赤ちゃん用品をしまうところがない

たまに収納が多すぎてリビングが狭くなったという口コミも見ます。

失敗として紹介をしていますが、あまり過剰になりすぎるのも問題です。

ただ、将来を見据えた収納の確保をおすすめします。

日当たりや風通しが悪い

住み始めてから日当たりや風通しが悪く失敗をしたと後悔をする人もいます。

南に窓を設置しても、周囲の環境により日が入らない部屋ができるかもしれません。

日当たりや風通しが悪いと次のデメリットが発生します。

収納でよくある失敗
  1. 洗濯物が乾きにくい
  2. 湿気やカビが発生する
  3. 冬場が寒く心地よい住まいではない

最近は、周囲の環境を見て日当たりや風通しのシミュレーションをしてくれるハウスメーカーも増えました。

しかし我が家を建てたあと、別の家が建つことで失敗だと気が付く人もいます。

不安があるときは2階をリビングにするなどの対策がおすすめです。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

ハウスメーカーで住宅を注文する流れ

次は、ハウスメーカーで住宅を注文する際の流れを解説します。

STEP.1
予算と間取りをどうするか決める
STEP.2
ハウスメーカーと土地を選ぶ
STEP.3
間取りプランと見積もりを確認する
STEP.4
住宅ローンの仮契約をする
STEP.5
工事請負契約を行い、着工する
STEP.6
竣工検査後に引き渡し

STEP1:予算と間取りをどうするか決める

最初に予算と間取りを決めます。

予算は貯金、親の援助、住宅ローンなどの合計が一般的です。

住宅ローンの算出は取扱う金融機関のサイトでシミュレーションができるので活用しましょう。

次に間取りを決めます。

住む人数や家族構成の変化を踏まえながら相談をしましょう。

二世帯住宅が希望の場合は、どこまでを共有するかも決めなければいけません。

もとから土地を持っており立地条件が良ければ、賃貸併用住宅もおすすめです。

細かい間取りの要望はハウスメーカーの営業マンも入れて相談をします。

まずは、予算を固め、どのくらいの間取りが必要かを決めましょう。

ここで決めたことがすべてではありません。

たたき台としての提案程度で済ますのがおすすめです。

STEP2:ハウスメーカーと土地を選ぶ

予算と間取りが決まると、必要な土地の広さとかけられる土地だけの予算が定まります。

また、建物にかけられる予算の目安からハウスメーカー選びもできるはずです。

自分たちが決めた間取りやコンセプトに合うハウスメーカーを複数探し相談を開始します。

土地探しを請け負うハウスメーカーもあるので合わせて相談をしましょう。

土地が見つからなければ注文住宅を建てられません。

予算からかけ離れていない希望を伝えれば、営業マンも本気で探してくれます。

ハウスメーカーは1社にせず最低でも3社に相談されるのがおすすめです。

いろいろな提案を聞くことで、他のハウスメーカーに気に入った間取りを反映させられます。

土地もなかなか見つからないので多くの不動産会社に依頼をするのがおすすめです。

STEP3:間取りプランと見積もりを確認する

次に相談したハウスメーカーから間取りプランと見積もりを確認します。

両方とも自分たちの意見がしっかりと反映されているかを確認してください。

反映されていなければ質問をし、明確な回答ができれば信頼のできるおすすめ営業マンです。

3社の間取りプランと見積もり、そして担当の営業マンを見比べ、より良いハウスメーカーを選択します。

複数社と相談をしたことで注文住宅に関する知識も上昇しているはずです。

得た知識を活かして、予算が許す限り理想の間取りに近づけましょう。

先ほど紹介した失敗を参考にしてください。

手書きで間取りプランに家具や設備を書き加え、生活を想像します。

朝の忙しい時間に混雑する場所はありませんか。

詳しくシミュレーションをすることで失敗をなくすのがポイントです。

STEP4:住宅ローンの仮契約をする

次に住宅ローンの仮審査を行います。

ハウスメーカーと提携をしている金融機関で審査を行うのがおすすめです。

営業マンに審査に必要な書類を提出することで進めてくれます。

ハウスメーカーと提携をしている金融機関だと特別金利が用意されているかもしれません。

仮審査が通過すればハウスメーカーと仮契約をします。

仮契約前に、念のため値引き交渉をしてみましょう。

値引き交渉は何度もするものではありません。

仮契約前に1度だけ行うのがおすすめです。

3社の相見積もりが役に立ちます

仮契約前にまだ悩んでいることを打ち明けましょう。

ただしローコスト住宅をウリにするハウスメーカーとの交渉は難しいです。

大手ハウスメーカーと相談している人ならば、値引き交渉されることをおすすめします。

STEP5:工事請負契約を行い、着工する

間取りや見積もりなどすべてが確定をしたら工事請負契約を行います。

正式な契約です。

次に家を建てる地域を受け持つ地方自治体で建築確認申請を行い、問題がなければ確認済証が交付されます。

確認済証を受けたら住宅ローンの本審査を受けてください。

完了すると着工が開始されます。

着工が開始されたら何度か現場に出向きましょう。

大手ハウスメーカーは建築を工務店に引き継いでいるかもしれません。

打ち合わせと異なる工事が行われることもあります。

また、職人の中には態度の悪い人がおり近所に迷惑をかけているかもしれません。

職人がたばこや違法駐車で迷惑をかけると、住み始めてから肩身の狭い思いをします。

気になることがあれば営業マンにすぐ伝えるのがおすすめです。

STEP6:竣工検査後に引き渡し

完成すると竣工検査を立会いで行います。

竣工検査とは、工事がほぼ終了したタイミングで、関係者とともに施工状態を確認する検査です

設備機器などが正常に動くかをチェックします。

説明を受けながら業者が行ってくれるので、一緒に確認をしましょう。

もし不具合があれば再工事が行われます。

再工事の仕上がりを確認したあと引き渡されるのが一般的な流れです。

不具合の内容によっては入居後に工事をするケースもあります。

工検査がすべて終了をすると登記を行い完了です。

ハウスメーカーや状況に応じて順番が異なることもありますが、一般的な流れとして参考にしてください。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

ハウスメーカーに住宅を注文する際によくある質問

最後にハウスメーカーに住宅を注文する際によくある質問を解説します。

相談を始めてから住み始めるまで、どのくらいの期間がかかりますか?

人によって期間は異なりますが、8カ月〜16カ月程度はかかります。

土地が見つからない、間取りが気になるなど、いろいろな問題で伸びるかもしれません。

すべての希望を満たした土地が見つかるまで建てないと決めている人は数年かかることもあります。

着工から完成までどのくらい期間がかかりますか?

着工から完成までは3カ月から6カ月程度かかります。

ハウスメーカーや商品によってもことなるので注意をしましょう。

間取りがある程度決まっている規格住宅を選んだ場合は、比較的早く完成します。

ローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーは、人件費を抑えるため工事期間を短くすのが一般的です。

もし完成を急いでいるのならば、ローコスト住宅ハウスメーカーの規格住宅をおすすめします。

またウッドショックにより、通常よりも遅くなる状況もあるので注意をしましょう。

ウッドショックとは、建築用木材の需要が追いつかない状況です。

着工が始められず、遅れることもあります。

土地探しの相談はどのようにしたらいいですか?

理想の土地に出会うのは大変です。なかなか見つからないこともあります。

できれば多くの会社に相談をしましょう。

土地が見つからなければ綿密な間取りの相談ができません。

土地の探し方
  1. インターネットを活用、もしくは外にでて探す
  2. 不動産会社に依頼をする
  3. ハウスメーカーに依頼をする

インターネットで気になる土地があれば公開している不動産会社に連絡をします。

いろいろと依頼をしているのに見つからない場合は、建てるエリアを散歩しながら探すのもおすすめです。

建築費の支払い方法はどのようにすればよいですか?

建築費の支払い方法はハウスメーカーにより異なります。

手付金、1回目の中間金、2回目の中間金、残代金の順番に支払うのが一般的です。

支払う際の金額は請負金額によって異なります。

手付金の支払いは請負契約締結時です。

1度目の中間金は確認済証が取得されたときに支払います。

2回目の中間金は建物上棟時、残代金は引渡し時です。

借りた住宅ローンの取り決めと合わない場合はハウスメーカーと相談されることをおすすめします。

固定金利と変動金利はどちらが良いですか?

固定金利と変動金利のどちらが良いかはローンを組む人の状況によって異なります。

また、今後の金利の動きによっても考え方が変わるので、一概にどちらとは言えません。

金融のプロにそのときの状況に応じて相談されることをおすすめします。

アフターサービス体制はどのようになりますか?

アフターサービス体制はハウスメーカーごとに異なります。

最初に紹介したハウスメーカーごとの保証内容を参考にしてください。

保証期間は最低でも法律で定められた10年をつけています。

アフターサービスの違いのポイントは次のとおりです。

  1. 初期保証の長さと保証の内容
  2. 住宅設備の延長保証や地盤保証のプラス
  3. 24時間体制のサポート

最長何年と保証を紹介していますが、数年ごとの有料メンテンが条件です.

最長よりは初期保証が長いハウスメーカーをおすすめします。

不具合発生時の24時間電話受付を求めているのならば、大手ハウスメーカーの方がおすすめです。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

無料の家づくり計画書おすすめ2選

おすすめ家づくり計画書
  • タウンライフ
  • HOME4U「家づくりのとびら」

それぞれの家づくり計画書について、詳しく解説していきます。

タウンライフ

出典:タウンライフ公式

タウンライフの特徴
  • 全国600社以上が登録している
  • 無料で複数社の住宅メーカーに資料請求ができる
  • 自宅にて住宅プランやコストの比較ができる
  • 依頼時の負担が少ない
  • インターネット上で完結する

タウンライフは、あなたがマイホームを建てたい地域の複数の住宅メーカーに、間取りプランや見積もりの資料請求が同時に依頼できるサービスを提供しています。

同時に複数社に依頼できるという魅力があり、何度も住宅メーカーに依頼する必要なく、手間を省くことができます。

さらに無料でできるというのが特徴です。

タウンライフの口コミ

素敵な間取りを提案してもらえた。(Tさん 大阪)
お金の不安を解消してもらえた。(Sさん 埼玉)

引用:タウンライフ公式

商号 タウンライフ株式会社
設立 2003年9月25日
代表者 笹沢竜市
所在地 本社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目7番6号 トーワ西新宿ビル4F
市川オフィス(旧:株式会社ランド)
〒272-0034 千葉県市川市市川1-9-8 上原ビル4F
本社代表電話 03-5337-2997
事業内容 メディア事業
・ タウンライフ家づくり(注文住宅サイト)
・ タウンライフ注文住宅相談センター(注文住宅サイト)
・ タウンライフリフォーム(リフォームサイト)
・ タウンライフ不動産購入(不動産購入サイト)
・タウンライフ不動産売却(不動産売却サイト)
・ タウンライフ土地活用(土地活用サイト)
・ タウンライフ旅さがし
資本金 2,000万円
取引銀行 三菱UFJ銀行 新宿新都心支店
三井住友銀行 新宿西口支店
タウンライフについて
  • たった3分最大30社を無料で一括見積もりできる
  • かんたんな質問にいくつか答えるだけでOK

HOME4U「家づくりのとびら」

出典:HOME4U公式

HOME4U「家づくりのとびら」の特徴
  • 全国の120社以上のハウスメーカー・工務店が提案してくれる
  • 大手企業が運営しているから安心できる
  • ハウスメーカー・工務店へのお断り代行もしてくれる
  • 完全無料で仲介手数料もかからない
  • お客様とハウスメーカー・工務店の中立の立場で相談できる

HOME4U「家づくりのとびら」は、あなたに合った家づくりのプランをまとめて依頼できるサービスです。

大手企業「株式会社NTTデータ・スマートソーシング」が運営しており、個人情報の取り扱いなどコンプライアンスがしっかりしている企業なので安心できます。

HOME4U「家づくりのとびら」では、入力した情報をもとに厳選されたハウスメーカー・工務店から希望の家づくりプラン提案が届きます。

HOME4U「家づくりのとびら」の口コミ

何度利用しても無料で、親身になって相談に乗ってくれた
アドバイザーの説明が丁寧で分かりやすかった

引用:HOME4U公式

商号 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
設立 2013年(平成25年)7月
所在地 〒135-8677
東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス4F
電話番号 03-3532-5430
0120-793-507(HOME4U家づくりのとびら)
事業内容 情報処理および情報提供サービス設備の設計、施工、保守、運用管理
資本金 1億円
家をお得に建てるなら!おすすめ2位
  • 全国の120社以上のハウスメーカー・工務店から提案をもらえる
  • ネットで3分の入力で完了
  • かんたんな質問にいくつか答えるだけでOK
  • 何度も同じ説明をハウスメーカー・工務店にしなくて大丈夫
  • 資金計画や土地探しも同時に依頼できる

>>>HOME4U「家づくりのとびら」の公式サイトはこちら<<<

おすすめのハウスメーカー|まとめ

ハウスメーカーランキング_まとめ

ここまで、おすすめのハウスメーカーについてご紹介してきました。

この記事でご紹介した以外にもたくさんのハウスメーカーがあります。

家づくりで後悔しないためにも、複数のハウスメーカーから慎重に検討しましょう。

複数のハウスメーカーを比較することで、予算を低く抑えながら、あなたの作りたい理想のマイホームを設計してもらうことができます。

複数のハウスメーカーを無料で比較検討するなら『LIFULL HOME’S』がおすすめです。

『LIFULL HOME’S』では、一条工務店、セキスイハイムを含めたハウスメーカーから無料で見積もりをもらうことができ、提案や交渉で有利になります。

まずは一度『LIFULL HOME’S』で比較検討してみましょう。

家をお得に建てるなら
  • LIFULL HOME'Sでは、建てたい地域のハウスメーカーカタログを取り寄せることができる
  • 東証プライム(東証一部)に上場している企業が運営で安心!
  • 簡単3分で必要項目を埋めるだけでOK!
  • 完全無料好きなだけカタログ請求できる
  • カタログ請求した約90%の人が検討し始めのタイミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です