債務整理おすすめの弁護士事務所3選|状況に応じた選び方評判、費用をご紹介!

新型ウイルスコロナの影響やそのほかの理由により、住宅ローンなどの支払いができず借金になってしまうことがあります。

またその借金も支払えなくなり、いよいよ債務整理が必要になるケースがあります。

債務整理はどのようなイメージをお持ちでしょうか。

すべてを奪われてしまうようなマイナスなイメージを持っている方も多いでしょう。

そこでこの記事では債務整理の種類やそれぞれの特徴、メリット、デメリットを詳しく説明していきます。

債務整理とは

債務整理とは

債務不履行による債務整理(債務整理)とは、債権者が債務者に全額を支払うことなく、元々の未払い額の支払いを抑制することで、債務者に追加の金額を用意させる手続きです。

債務整理は、債務者が知らないうちに債務が発生し、債務者の元の債権者が債務整理の当事者ではない場合に、債務者にとって望ましい選択肢です。

債務整理には、分割払いの方法と、個人の自己破産での整理の方法があります。

例えば、多額の借金を抱えている人の自己破産は、1回の分割払いで行うことができます。

借金が残っているケースでは、自己破産を同時に行うこともできます。

債務整理は、分割払いで行う場合と、個人の自己破産でまとめて行う場合があります。

債務整理の定義は、1つの訴訟ですべての債務が免除されるように債務を整理することです。

債務を整理する権利を失うまでに、債務者がどのくらいの期間支払いをしないでいなければならないかを計算することを「債務放棄期間」といいます。

申請手続きをしなくても、借金を10%減らすことができる人は珍しくありませんが、あなたの支払いが借金をカバーするのに十分ではないかもしれないと言われることを想定しておく必要があります。

この期間は、債務者が負っている債務の種類によって異なります。

あなたが学生ローンを借りている場合は、あなたがクレジットカードからのものとあなたの借金を統合する前に、少なくとも6ヶ月間、それを返済する必要があります。

学生ローンを借りている場合、クレジットカードからの借金を一本化する前に、少なくとも6ヶ月間は返済する必要があります。

債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理には以下のように4種類の方法があります。それぞれを詳しく説明していきます。

債務整理の種類
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

任意整理

任意整理では、債権者は債務者の資産の追求をやめ、債務者に支払うべきものを支払うことに同意します。

任意整理は、ほとんどの債務者にとってデフォルトの選択肢です。

しかし、少数派ではありますが、債務者が妥協案を提出し、債権者との間で債務を解決・清算するケースもあります。

任意整理の契約は通常、裁判所で行われます。手続きには、数日から1年かかることもあります。

任意整理とは、借金をタイムリーかつ効率的に返済することを任意に合意することです。

短期的な債務整理の方法であり、裁判所を通じて債務整理の計画を得ることができない場合によく利用されます。

任意整理では、利息をつけずに、適正なレートで借金を返済することができます。

任意整理の手続きは、通常、弁護士を通じて設定され、手続きはいくつかの段階を経て行われます。

任意整理は、債務者が借金を残したいと思う正当な理由がある場合に利用できる最終的な解決策です。

債務者は、債務の金額を長期間にわたって分割して支払うことになります。

任意整理は、破産申請後に行われることもあります。

任意整理は、裁判所からの借金返済命令とは異なります。

任意整理の保証額とは

保証金の額は、借入金の残高を月々の分割払いにしたり、利息を減らしたり、借入金を早期に完済することで減らすことができます。

任意整理で減額できる借金は、利息制限法で定められた金利(10万円以上100万円未満の場合は18%)よりも高い金利の借金です。

ショッピングやカークレジット、住宅ローンなど、利息制限法よりも低い金利の借金は減額できません。

しかし、将来支払う返済金の利息をカットしたり、分割回数を増やしたり、月々の返済額を減らすことができるなどのメリットがあります。

参考に利息制限法で定められた金額はこちらになります。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

引用:利息制限法

任意整理から和解をするまで

債務の返済ができない場合には、債務回復手続きが行われます。

債務回復手続きとは、債権者と債務者の間で、債務者が債務不履行に陥った場合に、債権者が債務者に支払う金額を合意することです。

任意整理の場合、回収額は通常、債務者が負っている残高となります。

任意整理の手続きは、通常、債務者が債務を支払わない場合に債権者が開始します。

債権者にはいくつかの選択肢があります。

裁判所や破産手続きなど、様々な法的手段を使って債務を追求することができます。

また、債権者は債務者に和解を受け入れさせるために任意の宣言(執行)を行うこともできます。

債務者が任意整理に同意したとしても、これは必ずしも実際に整理が行われていることを意味するものではなく、また、債務者が整理のプロセスを認識していたことを意味するものでもありません。

ほとんどの場合、清算の目的は、債務者がそれ以上のコストをかけずに和解交渉を行うためのものです。

債権者が債務全体について債務者を追及することが計画されている場合、清算手続きは債務者に和解に応じることを強要する試みです。

このような状況では、債務者は、清算条件を受け入れるか、債権者に支払うかの選択を迫られます。

債務者が条件を受け入れれば、清算プロセスは終了します。債務者が条件を拒否した場合、清算プロセスは継続されます。

他の例としては、債務者が低い金額で債務を清算するという申し出を受け入れた場合、これは債務者が全額を支払うことができないという見解を反映している可能性があります。

任意整理の契約内容とは

債務者は、当初合意した金額を支払うこと、および債務が実際に減額されることを確認するために必要なすべての書類を提出することに同意します。

また、債務者は、債務の未払い残高に対する利息を支払わなければなりません。

妥当な期間内に債務が支払われない場合、債権者は未払いの金額について訴訟を起こすことができます。

債務者が支払いをしない場合、債権者は連邦裁判所で回収訴訟を開始することができます。

しかし、債務額が回収されたからといって、債務者が債権者との将来の取引能力を失ったわけではありません。

債務者は、担保となっている不動産を簡単に売却し、債務の残額を支払うことができます。

個人再生

個人再生とは、すべての借金を一括して支払うことです。

これは、自分が支払えないことを債権者や裁判所に証明できないとできないことなので、注意が必要です。

個人再生には、分割で債務を受け取る方法と、一括で支払う方法があります。

個人再生の資格を得るためには、再生計画を提示しなければなりません。これには裁判所の認可が必要です。

(ただし、支払える状態になったときに、借金が免除されないということではありません。)

再生を申請する前に、少なくとも75%の借金を完済しなければなりません。

自己破産

自己破産に関する刑事罰はありません。

あくまでも民事上の問題です。

破産をして裁判官に経済的不適格と判断された場合でも、借りたお金は回収できるかもしれませんが、信用度にマイナスの影響が出る可能性があります。

実質的なペナルティはありません。

自己破産を申請するには、経済的な問題を抱え、借金の返済ができないことを証明する必要があります。その手順は以下の通りです。

  • 申立書への署名
  • 裁判所への申請書の提出
  • 免責を受ける

請願書には、請願書を提出する人と、破産会社の代表者が署名しなければなりません。

代表者の署名は、破産申立書の証明として必要です。

さらに、会社は代表者が申立書に署名する必要があります。

請願書は、破産会社の代表者が公認会計士に提出しなければなりません。

この代表者が、申立書を作成します。

自己破産を申請する際には、ご自身の経済状況を証明する書類の提出が必要となります。

情報を提出する義務はありませんが、自分の経済状況を証明できることは、裁判の助けになります。

裁判所に書類を提出するには、

a)自分で提出する、

b)弁護士に用意してもらう、

という2つの選択肢があります。破産の解除を申請する場合は、おそらく弁護士を使うことになるでしょう。

単に免責を求めている場合は、自分で書類を提出すればよいでしょう。

裁判所に書類を提出する際には、国選弁護人を同席させることができます。

自己破産の種類

自己破産には「同時廃止」「管財事件」「少額管財」といった種類があります。

それぞれの特徴を説明してきます。

同時廃止

同時廃止とは財産がほとんどない状態の自己破産をいいます。破産管財人は選任する必要はありません。

管財事件

財産が一定以上のあるのに、ギャンブルなどで財産を使ってしまったケースにあがります。同時廃止よりも手続きの期間がかかり、費用が高くなるケースが多いです。

少額管財

他の種類よりも手続きが簡単で、納付する金額が少額で済む自己破産のことを言います。

特定調停

特定調停とは、本来の裁判手続で利用できるものよりも、例えば、利用できる時間、調停の量や内容、到達すべき合意の具体的な内容など、特定の面でより具体的な一連の話し合いに、当事者が参加するという代替手段のことです。

また、裁判所は、調停が有効であるために、特定の条件を満たすことを要求することができます。特定調停は、債務者と債権者が合意できない問題を解決するためにも利用できます。

当事者が合意に至らない場合、裁判所は事件の法律を適用し、略式手続きを命じることができます。特定調停は、債務者の破産事件を解決するために利用することができます。

任意整理のメリット・デメリット

債務整理おすすめ_任意整理

ここからは任意整理でのメリット、デメリットを説明していきます。

任意整理は手続きが少ないため手間がかからず、利息のカットができるチャンスがあります。

しかし返済がなくなることはないのでご注意ください。

任意整理のメリット

任意整理をするうえで、以下のようなメリットがあげられます。

  • 取り立ての連絡がこなくなる
  • 利息のカットができるチャンスがある
  • 手続きが少ない

取り立ての連絡がこなくなる

任意整理をすると、債権者から取り立ての連絡が来なくなります。

連絡が来なくなるだけで、精神的に落ち着くことができるのではないでしょうか。

利息のカットができるチャンスがある

債権者とのやり取りにもよりますが、利息のカットをできる可能性があります。

手続きが少ない

他の債権処理の方法と比べても、手続きが少ないのが任意整理の特徴です。

他の仕事をしながらなど忙しい方のもおすすめです。

任意整理のデメリット

ここまで任意整理のメリットを説明してきましたが、いかのようなデメリットもあります。

  • 返済はなくならない
  • 任意整理できないこともある
  • 収入が少なすぎると手続きできない

返済はなくならない

任意整理は3~5年かけて返済計画をたてることが主な目的です。そのため返済がなくなるとは考えないようにしてください。

任意整理できないこともある

債権者は和解契約の履行や訴訟の棄却を要求することができます。和解合意が履行された場合、債権者は債務者に違約金の支払いを強制することができます。訴訟が却下された場合、債務者は裁判所に債権者にペナルティを支払うように命じることを要求できます。

特定のケースでは、貸し手が和解プロセスに参加しない場合があります。このような場合、債権者は、和解契約書を発行した時点で、債務者の請求に対して自らを守るための十分な資源があったことを証明しなければなりません。

収入が少なすぎると手続きできない

任意整理では債権者と返済方法を相談することになります。そのため収入が少なすぎると、支払い能力がないと判断され手続きに応じてくれないケースがあります。

個人再生のメリット・デメリット

債務整理_個人再生

次に個人再生のメリットを説明していきます。個人再生のメリットは以下のような点があげられます。

個人再生のメリット

個人再生のメリットには以下のような点があげられます。

  • 借金を大幅に減らすことができる
  • 借金の原因は問われない
  • 住宅を手放すことはない

借金を大幅に減らすことができる

個人再生は借金を20%に減らし、さらに残りの借金を3年かけて返済をしていく方法をいいます。そのため大幅に借金を減らすだけでなく、安定した返済方法を選ぶことができます。

20%にまで減らしてもらって3年かけて返すので決して無理はないでしょう。

借金の原因は問われない

個人再生の一番のメリットともいえるのは、借金の原因を問われることがありません。たとえばギャンブルが原因での免責は他の方法では、他の原因よりも厳しい条件になることがほとんどです。

しかし個人再生の場合はギャンブルであっても条件は同じです。

住宅を手放すことはない

他の方法だと住宅など高額なものは手放すことが条件になることが多いです。しかし個人再生の場合は住宅を手放す必要はありません。これは住宅資金特別条項によって、住宅ローンを対象外にすることができるためです。

個人再生のデメリット

個人再生のメリットを説明してきましたが、以下のようにデメリットもあります。

  • 信用情報機関に事故情報が載る
  • 高額になることが多い
  • 手続きに時間がかかる

信用情報機関に事故情報が載る

個人再生をすると信用情報機関に事故情報が載るので、クレジットカードやローンの申し込みができなくなります。またスマートフォンの端末も一括で購入する必要があります。

高額になることが多い

弁護士に個人再生を依頼すると、他の方法よりも高額になるケースが多いです。

手続きに時間がかかる

個人再生の手続きは高額になるだけでなく、時間がかかるケースが多いです。そのあめ依頼を決めたら早めに手続きを始める必要性があります。

自己破産のメリット・デメリット

債務整理おすすめ_自己破産

自己破産は借金がなくなるのが大きな特徴ですが、財産がすべてなくなるわけではありません。しかし車や家など高額なものは手放す必要があります。

自己破産のメリット

次に自己破産のメリットを説明していきます。自己破産のメリットは以下のような点があげられます。

  • 借金がなくなる
  • 財産をすべて失うわけではない

借金がなくなる

自己破産の一番のメリットは借金がなくなることでしょう。借金の支払い能力がなくなり免責されることがきまると、その時点で借金を支払う必要はありません。

他の債務整理では支払い方法の相談、また支払い額のカットの相談をすることはありませんが支払いは残ります。

財産をすべて失うわけではない

借金がなくなるだけではなく、すべての財産を失うわけではありません。いくら借金がなくなっても、財産をすべて失ったら生活ができなくなるのですが、決してそんなことはありません。

自己破産のデメリット

それでは次に自己破産をした場合のデメリットをあげていきます。主に以下のような点があげられます。

  • 家や車を失う
  • ブラックリストにのる

家や車を失う

自己破産は財産をすべて失うわけではないのですが、20万円以上の価値があるものは、基本的に失うことになります。その中には家や車も含まれます。

現在住宅ローンや車のローンがある場合は売却する必要があります。しかし現状20万円以上の価値がないと判断されたら売却しなくていい可能性はあります。

ブラックリストにのる

自己破産をするとすぐにブラックリストにのります。ブラックリストとは個人信用情報機関とよばれるものであり、クレジットカードの作成やあらたな住宅ローンの作成などは少なくても5年、長い場合は10年できなくなります。

特定調停のメリット・デメリット

債務整理おすすめ_特定調停

ここからは特定調停のメリットやデメリットを紹介していきます。

特定調停のメリット

特定調停には以下のようなメリットがあげられます。

  • 費用が安い
  • 債権者と交渉をする必要がない
  • 差し押さえ手続きを止められる

費用が安い

債権処理は手続きだけで費用がたかくなることがあります。しかし特定調停は1社あたり1,000円前後と費用が安いことが大きな特徴です。特に個人再生の場合は10万円以上かかることを考えると、格安であることがわかるのではないでしょうか。

債権処理をしたくても費用がなく困っていた方に、おすすめの債権処理方法なのです。

債権者と交渉をする必要がない

特定調停は裁判所を介した方法であるため、債権者と直接交渉をする必要はありません。通常債権者のほうが立場が強く、債権者が有利な条件を提示してくることがほとんどです。

しかし特定調停であれば、調停員が債権者と交渉をしてくれるので精神的な負担が小さい方法なのです。

差し押さえ手続きを止められる

裁判手続きであることから、差し押さえ手続きを止めることができます。他に差し押さえをとめるためには、自己破産もしくは個人再生しか方法がありません。これらはいずれも高額であるため、コストがかからず差し押さえを止める方法は特定調停しかないのです。

特定調停のデメリット

特定調停のメリットを説明してきましたが、以下のようなデメリットもあります。

  • 元本のカットができない
  • 債権者が応じない場合もあり
  • ブラックリストに載る

元本のカットができない

特定調停は元本のカットをすることができないので、大幅に借金を減らすことはできません。

債権者が応じない場合もあり

他の方法のように強制力があるわけではないので、債権者が応じない場合は手続きを進めることができません。特定調停をしても、債権者は応じる義務がないのです。

ブラックリストに載る

他の債権処理の方法と同様に、ブラックリストに載ることになります。ブラックリストに載ると、クレジットカードや住宅ローンなどの申し込みができなくなります。

特定調停と任意整理の違い

特定調停は差し押さえを止めることができますが、任意整理はできません。しかし任意整理は取り立てを止めることができますが、特定調停にはできないのです。また応じない債権者の数ですが、任意整理のほうが少なくなっています。

過払い金請求とは

債務整理おすすめ_過払い金請求

債務整理をすると、過払い金請求ができなくなるケースもあります。

過払い金に関して説明をするので、もし心当たりがある場合は先に過払い金請求をしてください。

利息の過払いがあった場合は、銀行などの債権者に書面で通知し、30日以内に支払いの全額または一部を債権者に返還しなければなりません。

全額または一部が債権者に返還されない場合は、その理由を記した書面を銀行等の債権者に提出しなければなりません。

以前は、貸金業者に適用される出資法と利息制限法という2種類の法律において、それぞれ上限金利が異なっていました。

出資法の上限金利が29.20%、利息制限法の上限金利が15.00~20.00%(貸付金額によって異なる)となっていて、貸金業者としてどちらを適用すべきかという線引きが明確には定まっていませんでした。

つまり、業者によって29.20%の金利を設定するところもあれば、20.00%の金利を設定するところもある、という状態になっていたのです。

この差分が、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

しかし、2006年の最高裁判所における、グレーゾーン金利は認められないという判決により、これまで29.20%の金利で貸し付けを行っていたところは、15.00~20.00%で貸し付けを行っていた場合の返済額との差額を返さなければいけないことになったのです。

その後法改正により、2010年にはグレーゾーン金利は完全に撤廃され 、すべての貸金業者の上限金利は15.00~20.00%となりました。

つまり、出資法で定められた上限金利と、利息制限法で定められた上限金利の差によって生じた利息が、払いすぎた利息、過払い金の正体というわけです。

引用:JCB

債務整理ローン

債務整理おすすめ_債務整理ローン

債務整理ローンとは、債務整理を目的として借り入れたローンの返済に充てられるローンです。

消費者がおまとめローンを利用して支払いを行い、ローンが返済され(元の借金が帳消しになり)、消費者が借金を返済できなくなった場合、おまとめローンの元の借金を返済したとみなすことができます。

債務整理をした場合の影響

債務整理をする際、どのような影響があるか心配な方もいらっしゃるでしょう。

債務整理をしたときは、以下のような影響が考えられます。

  • クレジットカード
  • ローンが組めなくなる

クレジットカード

信用方法機関にブラックリストにのることになるので、少なくても5年クレジットカードを作ることは難しくなります。

しかし現在ではデビットカードでもクレジットカードと同じように、キャッシュレスで使うことができます。

またクレジットカードを気軽に使っていると、また借金ができる可能性があるので必ずしもデメリットだとはいえないでしょう。

その点デビットカードは銀行口座にある残高からしか使うことができないので、借金になることはありません。

それだけでなく利用分に対してポイントが付くなどクレジットカードと同じような特典が増えています。

ローンが組めなくなる

クレジットカードと同じように、ブラックリストにのるので家のローンを組むことができなくなります。

5~10年でブラックリストが消えるので、家のローンを組むことができなくなると考えてください。

そこまで他の実家など、もしくは賃貸マンションなどを探す必要があります。

債務整理をしても心配がない点

債務整理おすすめ_心配がない点

債務整理をしても、実は心配がない点も以下のようになります。

  • 年金が差し押さえになることはない
  • 仕事場に影響があることがない

年金が差し押さえになることはない

年金はいかなる状況にあっても、差し押さえ対象になることはありません。

そのため老後の心配をする必要はありません。

仕事場に影響があることがない

特に自己破産をしたとき、仕事に影響があるのではないかといわれますが決してそんなことはありません。

これは労働基準法において、自己破産が原因で解雇することを認めていないことがあげられます。

債務整理が必要ないことも

債務整理おすすめ_必要ない

クレジットカードの支払いができずに、債務整理が必要と考え方手レスに問い合わせをした内容を抜粋しました。

しかし以下のようにほかに借金がなく生活費として使っている場合一般的な借金とはならない可能性があります。

このようなケースもあるので、まずは弁護士に相談をすることが重要です。

Aさんの利用明細書の内容を電話で伺ったところ、支払額は数千円程度で、内訳もスーパーやドラッグストアの利用分しか記載がないそうです。また、キャッシングやショッピングリボの利用残高も「0円」と記載されており、キャッシング等の利用も無いようです。 クレジットカードの利用料は「債務」に該当しますが、Aさんは明らかに日常の生活費としてクレジットカードを利用しており、一般的な「借金」とはまた別ものといえます。

さらに確認したところ、ここ2~3年間、他社からの請求書も届いたことがないそうです。 確かに、Aさんの信用情報を取り寄せして調査すれば、Aさんの債務の詳細を調べることはできます。しかし、Aさんへの請求がないのにもかかわらず、債務があると考えて行動することは、費用対効果の点からあまり有効な手段ではないと思います。 日常の生活費(食費や電話代など)は支払う必要があります。一方、その他のことについては様子見することをオススメしました。

引用:法テラス

債務整理に強いおすすめの弁護士事務所3選

債務整理おすすめ_弁護士事務所

それでは債務整理に強い弁護士事務所をご紹介していきます。

はたの法務事務所

司法書士歴40年の実績があり、相談実績は20万件以上あり安心して相談をすることができます。相談料や着手金が無料であり全国どこでも無料で出張してくれるので、お悩みの方はまず相談をしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

債務整理の実績が多数ある法律事務所であり、業務を拡張し法人格となっています。初回の相談が無料であることから、気軽に相談をすることができる事務所です。また幅広い法律問題相談をすることができるので、まずは相談してみるとよいでしょう。

公式サイト:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

無料しかも匿名相談をすることができるので、気軽に相談をすることができる事務所です。法律事務所としてはめずらしい女性専用窓口もあるので、女性も気軽に相談をすることができます。

公式サイト:https://hibari-law.net/

まとめ

債務者の方は、弁護士にご相談いただければ、手続き(任意整理・破産・個人再生・個人再生)や裁判所の手続きについてアドバイスを受けることができます。

破産の場合は、一定期間の返済額の仮払いを請求することができます。弁護士は、裁判所の手続きや、裁判所の手続きについてアドバイスします。弁護士は、裁判所の手続きや、破産裁判所の手続きや、破産裁判所の手続きをアドバイスしてくれます。

どの債務方法をとるにしても、もし今借金の返済ができずに悩んでいる場合はまず弁護士に相談することをおすすめします。相談するだけであれば、無料であるケースが多いです。

また債務方法によって特徴が違うので、この記事を参考にしていただけると幸いです。詳しくは弁護士にご相談ください。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です