プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. ビットコインETFとは?日本で買えるのかや特徴、メリットデメリットを徹底解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ビットコインETFとは?日本で買えるのかや特徴、メリットデメリットを徹底解説

ビットコインETFという言葉を最近よく聞くけど詳しくは知らない

日本でもビットコインETFは買えるのかな?

米国でビットコイン先物ETFが上場した2021年10月、初めての上場ということで投資家の間で大きな注目を集めました。

この上場をきっかけに、BTC価格が過去最高値を更新するなど仮想通貨マーケットは大きな影響を受けています。

しかし、『ビットコインETF』についてよく知らないという方も、まだ多いのではないでしょうか?

本記事では、ビットコインETFについて詳しく知りたい方へ向けて詳しく解説していきます。

この記事でわかるビットコインETFのこと
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

この記事では、ビットコインETFについてご紹介したうえで、今後の展開がどうなっていくのかについても詳しく解説していきます。

⬇︎こんな記事がおすすめ

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較20社ランキング【初心者向け】手数料・スプレッドで徹底比較

注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

ビットコインETFとは?

ビットコインETFの「ETF」とは、「Exchange Traded Funds」の略語です。

日本では「上場投資信託」といいます。

投資信託の一種ですが、一般投資信託とは異なる点があります。

それは一般投資信託が非上場なのに対して、ETFは上場しているという点です。

ETFとは?
  • 「Exchange Traded Funds」の略語
  • 日本では「上場投資信託」のことを言う
  • 一般投資信託は非上場だが、ETFは上場している

では、非上場投資信託と上場投資信託ではどのような違いがあるのでしょうか。

以下の表にまとめてみましょう。

一般投資信託 ETF
取得できる時間 いつでも取得可能 証券取引所の取引時間の最中
取得価格 基準価額(1日1回算出されるが、当日は金額は公表されない) リアルタイムで変動
取得できる場所 証券会社や銀行、郵便局など 証券会社
取得方法 証券会社や銀行、郵便局などの窓口で購入 証券会社を通じて証券取引所で(株式と同じ)購入
取得時の手数料 1.0~3.0%程度 0.1~0.5%程度
信託報酬 0.1~3.0%程度 0.06~0.3%程度
信託報酬とは?

信託報酬とは、投資信託の運用・管理において掛かる費用のこと

一般投資信託とETFの

「どちらが優れているのか」

については、一概には言えません。

ただ、ETFには次のようなメリットがあるとされています。

ETFのメリット
  • リアルタイムで1日に何度でも取引できる
  • 成行注文と指値注文ができる
  • 分散投資が簡単にできる
  • 売買と保有のコストが安い

まず、一般投資信託の場合は、取引は1日1回と定められていますが、ETFでは証券取引所が開いている時間内なら、何度でも取引可能です。

成行注文と指値注文ができるのもメリットだと言えるでしょう。

値段を指定しなくても、

値段と口数を指定してもどちらでも購入できます。

一般投資信託の場合、申し込みから確定まで少し時間を要するので、希望通りの値段で購入できないことも。

次に、投資信託自体は分散投資ができるのですが、

ETFではそれがさらに簡単です。
ETFの分散投資

ETFは株価指数と連動するようになっていて、

日経平均と連動なら200社余り、TOPIXとの連動なら約2,000社の企業に分散投資が可能

です。

売買と保有のコストが安いのもおすすめする点です。

商品にもよりますが、取得時の手数料・信託報酬ともに安くなっています。

ビットコインETF上場が意味するものとは?

ETFについては前述した通りですが、つまりビットコインETFとはビットコインを投資対象に含めたETFのことです。

そのビットコインETFの上場には、どんな意味があるの?

ビットコインETFの上場に関しては、非常に意義のあることとして注目されています。

では、どのような点に意義があるのでしょうか。

ビットコインETF上場の意義
  • 上場することでビットコインに興味を示す人が増える
  • 従来の面倒な手間が省けるので、参入する人が増える
  • セキュリティ強化により、ハッキングや詐欺のリスクが減って安全度が増す

今までビットコインに関心があっても手を出さなかったという人が、今後積極的に動く可能性があります。

上場で参入者が増える

これまでビットコインを購入するには、仮想通貨取引所に証券口座とは違う口座を開設し、新たな情報収集をする必要がありました。

上場することでこの面倒な手間がなくなり、証券取引所でビットコイン取引が可能になるのです。

そうすると、

ビットコイン取引に参入する人が増えることが予想されるでしょう。

また、ビットコインなどの仮想通貨にはハッキングや詐欺などのリスクもありますが、ETFに上場することでそのリスクが軽減されます。

その結果、参入者も安心して取引できるようになるでしょう。

ETF上場がビットコイン市場拡大の起爆剤になると言えます。

実際にビットコインの需要がさらに高まり、値上がりする前に保有しておくのがおすすめです。

おすすめの仮想通貨取引所は様々な手数料が無料で使いやすいコインチェック!

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

ビットコインETFは日本で買える?買い方を解説

ビットコインETFはどうやって買えば良いのだろう?

ここまでの解説で、ビットコインETFに興味を持って参入意欲が高まっている人もいるでしょう。

しかし、現在ビットコインETFは、まだ日本では購入できません。

ビットコインETFは日本ではまだ未承認

日本の証券会社で取り扱いがある海外ETFのうち、日本人が投資できるのは金融庁に届出があって登録されたものだけとなります。

ビットコインETFはまだ登録されていないのが現状です。

まずは仮想通貨の保有がおすすめ

前述のとおり、現状日本ではビットコインETFは購入できませんが、最近の流れを見てみると今後価格が上昇する可能性は大きいです。

それだけにビットコインをはじめ、仮想通貨を保有していても損ではありません。

うまくいくと大きな利益を得られる可能性もありますので、おすすめ度も高いです。

これから仮想通貨の取引をするなら、コインチェックでの口座開設がおすすめです!

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

ビットコイン取引におすすめな仮想通貨取引所ランキング

ビットコインを保有するために、仮想通貨の取引所はどこを選べば良いの?

仮想通貨にこれから投資を考えている人や、ビットコインETFに興味がある方なら、まずこういった疑問を持つことが多いでしょう。

ここでは、おすすめの仮想通貨取引所を詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Coincheck|おすすめ仮想通貨取引所

 

ビットコイン 始め方

コインチェックの評価
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 16通貨(日本最多)
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では16種類と最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは、取り扱い通貨数日本ナンバーワンの仮想通貨取引所です。

初心者から熟練者まで多くの投資家から人気を集めています。

その魅力は、2つあります。

取り扱い銘柄数が、国内最多の16種類で、ほとんどの手数料が無料なことです。

アプリも簡単でとにかく使いやすいので、安心して取引できるおすすめの仮想通貨取引所です。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

DMM Bitcoin|おすすめ仮想通貨取引所

DMMbitcoin

DMMビットコインの評価
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 12通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

DMMビットコインは、FX取扱銘柄数No.1の仮想通貨取引所です。

取り扱っている12種類の銘柄すべてにおいてレバレッジ取引が可能。

各種手数料のほとんどが無料

なので、低コストで始めたい方にも安心して利用できる点はおすすめポイントです。

申し込み後最短当日で口座開設も完了するため、すぐに取引を始められます。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

bitFlyer|おすすめ仮想通貨取引所

bitFlyer

bitFlyerの評価
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 100円~
出金手数料 220円~
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:330円~
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 21通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が豊富
  • 100円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい
  • 月間の取引量やユーザー数も国内でNo.1

bitFlyerは、6年連続ビットコイン取引量が国内No.1の人気仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコイン取引では特に注目しておきたい取引所です。

もちろん、

その他のリップル(XRP)、モナコイン、イーサリアム

100円から取引できる場合もあり、とても利用しやすくなっています。

売買手数料やビットコインFX取引手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料などが無料なのも嬉しいポイント。

また、Tポイントでのビットコイン投資も可能です。

bitFlyer


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

bitFlyer

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコイン|おすすめ仮想通貨取引所

GMOコイン_仮想通貨おすすめ

GMOコインの評価
総合評価
(3.5)
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 14通貨
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている

GMOコインは、2021年度のオリコン顧客満足度調査で1位を獲得するなど、高い評価を受けています。

その大きな理由の一つとしては、まず各種手数料が無料なこと。

具体的には、アカウント作成手数料、取引手数料、入出金手数料、送金手数料のすべてが無料です。

仮想通貨取引時のコストが気になっている人には最もおすすめできる取引所でしょう。

bitbank|おすすめ仮想通貨取引所

ビットバンク_仮想通貨おすすめ

bitbankの評価
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 bitbank
最低取引数量 0.0001BTC~
出金手数料 550円~
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 11通貨
bitbankのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄全てでレンディングサービスができること
  • アプリが誰にでも使いやすい設計になっている
  • 国内の仮想通貨取引所のなかでNo,1になったことも

bitbankは、仮想通貨取量No.1と多くの利用者に支持されている仮想通貨取引所です。

アプリが使いやすくシンプルであり、ワンタップで仮想通貨を購入できます。

取り扱っている11種類の銘柄は、販売所と取引所の両方で売買が可能。

利用者が多く流動性も高いため、スプレッドも安定している傾向にあります。

新NISA制度の学習システム

ビットコインETFのメリット

ビットコインETFにはどのようなメリットがあるの?

今後、ビットコインETFが日本でも承認されて取引ができるようになれば、以下のようなメリットを生むことが予想されます。

ビットコインETFのメリット
  • ビットコインの信用度が高まる
  • ビットコインの価格が高騰する

これらのメリットについて解説していきますので参考にしてください。

メリット①ビットコインの信用度が高まる

ビットコインETFが認められるようになると、

公正な取引ができる投資方法として一挙に信用度が高まります。

というのも、ETFで承認されたということが証券取引所の厳しい審査に通過したことを意味するからです。

取引の透明性やセキュリティ確保の点でお墨付きをもらえた

ということです。

メリット②ビットコインの価格が高騰する

ビットコインETFが認められたことで、

機関投資家が参入する可能性

が高まります。

機関投資家は顧客から得た資金を安全に資産運用することがミッションですが、ETFで認められたビットコインなら安全性も高いため、安心して参入できるでしょう。

機関投資家が参入するとどうなる?
ビットコイン市場に資産が流入しやすくなり、さらなる価格高騰というメリットもあり得ます。

実際にビットコインETFが日本で普及して、ビットコインが高騰する前に購入しておくのがおすすめです。

仮想通貨取引所の中でもコインチェックは様々な手数料が無料で使いやすさも抜群!

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

ビットコインETFのデメリット

ビットコインETFにはどのようなデメリットがあるの?
デメリットとしては、次のようなことが挙げられるでしょう。

ビットコインETFのデメリット
  • 365日24時間取引はできない
  • 管理手数料がかかる

これらのデメリットについて解説していきますので参考にしてください。

デメリット①365日24時間取引はできない

仮想通貨は一年中24時間いつでも売買可能な点が魅力の一つですが、

ビットコインETFは取引所の取引時間内しか売買を行うことができません。

取引時間外に価格が大きく変動するなど、売買するタイミングを逃してしまうことがあるでしょう。

日中や平日は都合が悪く売買ができない場合は、注意が必要です。

デメリット②管理手数料がかかる

ビットコインETFは、ビットコインの現物を保有しているわけではないので、資産の自己保管が必要のない金融商品です。

ただ、その分わずかですが

管理手数料がかかります。

ビットコインでは発生しない手数料があることを、念頭に置いておきましょう。

新NISA制度の学習システム

ビットコインETFの将来性は?今後の見通し

ビットコインETFって今後はどうなっていくんだろう?

まだ参入者の少ないビットコインETFですので、今後について気になることは多いでしょう。

2021年10月現在、

ビットコインETFが認められている国はアメリカ、カナダ、バミューダの3か国

です。

ビットコインETFが承認されている国
  • アメリカ
  • カナダ
  • バミューダ

アメリカでは、10月19日にプロシェアーズ(ProShares)社のビットコイン先物ETFが上場されました。

まだ先物ETFだけで、現物ETFについては米国証券取引委員会(SEC)も承認に慎重な姿勢を崩していませんが、今後前進する可能性はあります。

また、先物ETFに関しても商品の多様化が期待されています。

もしこれらのことが実現していくと、ビットコインへの信頼性はますます高まって参入者も増えていくことから、市場の活発化が進むでしょう。

ビットコインETFに関してよくある質問

ビットコインETFについて、まだまだ聞きたいことや不安な点がある
アメリカでもビットコインETFが上場されて間もない

ことから、疑問点や不明点が多くなるのも当然でしょう。

ここでは、ビットコインETFに関しての「よくある質問」をまとめ、回答しています。

ビットコインETFの税金の種類・税率は?

現在、ビットコインにおける収入は雑所得に属しています。

ビットコインなどの仮想通貨取引で得られた収入は

投資による収入としては認められていません。

投資による収入の場合税率は20.315%ですが、雑所得になるとその税率が跳ね上がる場合があります。

ビットコインの税金について
  • 仮想通貨で得た収入は雑所得になる
  • 仮想通貨は投資による収入にはならない
  • 雑所得は投資収入による税率よりも高くなる可能性がある

まず雑所得の算出方法を見ておきましょう。

雑所得の金額は給与所得など他の所得と合わせた総所得金額で計算し、そこに税率を掛けます。

例えば、総所得金額が40,000,000円以上の場合、

税率は45%

です。

そうすると、

通常の投資による収入よりも税率がはるかに高くなってしまいます。

暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ) – 国税庁

ビットコインがETFとして上場すると?

ビットコインがETFとして上場されると、通常の投資収入と同じで

税率は20.315%

になります。

ビットコインETFを購入するにはどうしたらいい?

現在日本国内ではビットコインETFを購入できませんが、参考までにETFの購入方法について解説します。

ETFの購入方法
  • ETFを購入できるのは証券取引所が開いている時間
  • 東京証券取引所の場合、前場が平日の9:00から11:30、後場が12:30から15:00
  • 何口買うか決めて、指値注文か成行注文かどちらかを選ぶ
  • 外貨建てか円建てかを決めて購入
  • ETFの購入には証券口座の開設が必要

ビットコインETFの購入方法はまだ日本では決まっていませんが、大体はこのような流れだと予想されます。

ビットコインETFは日本でも買える?

これまでにも説明した通り、残念ながらまだ日本ではビットコインETFは購入することができません。

ただ、ビットコインETFのアメリカでの上場という事態を受けて、仮想通貨市場の活性化や今後のビットコインの価格高騰も期待できるでしょう。

この機会にビットコインを購入しておくのもおすすめです!
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

ビットコインETFとは?まとめ

ビットコインなどの仮想通貨は、未だ発展段階ですが非常に利便性が高く今後さらなる普及が予想されています。

そんな中で、

ビットコインETFがアメリカで上場されたということは今後仮想通貨の信頼感がさらに高まっていく

ということです。

ビットコイETFは現在日本ではまだ購入できませんが、今後価格が上昇すれば金融庁の動きが前進する可能性も秘めています。

そのため日本でも承認されれば、

一気に価格が高騰する可能性がある

といえるでしょう。

まずは、仮想通貨の保有から検討してみるのが良いのではないでしょうか?

ビットコインETFのまとめ
  • ビットコインはインターネット上に流通する形のないお金
  • ビットコインETFはアメリカで上場していることで信頼性が増している
  • ビットコインETFが日本でも承認されれば価格高騰の可能性あり
  • 初めは仮想通貨の保有からスタートするのが良い
  • おすすめの仮想通貨取引所は様々な手数料が無料で使いやすいコインチェック!
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券