株式会社ウィルズプレミアム優待倶楽部

本邦初、株式市場におけるブロックチェーン技術を用いた株主管理サービス(共通株主優待コイン、電子議決権)の実証実験開始、並びに商用利用受付開始のお知らせ

 株式会社ウィルズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本光生。以下、「当社」)は、ブロックチェーン技術を活用した株主管理サービス(※共通株主優待コイン「WILLs Coin」、並びに電子議決権「WILLs Vote」)の実証実験を2017年7月3日より開始致します(2017年9月より商用利用開始予定)。
 尚、当社の株主管理サービスにおいて、ビッグデータの分析基盤としてマイクロソフト社のパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」、テックビューロ社のブロックチェーン技術「mijin®」を採用しています。

※「WILLs Coin」は「Bitcoin」や「Altcoin」のような売買可能な仮想通貨ではないため購入できません。上場企業の個人株主に付与される株主優待ポイントを合算し、株主優待商品と交換する為のクローズド型トークンアセットです

株式会社ウィルズリリース全文はこちら   PDF形式:280kバイト


■ブロックチェーン技術の導入目的
当社の「プレミアム優待倶楽部」事業において、上場企業各社が株主優待を目的として株主に付与する株主優待ポイントの他、会員登録、企業アンケート、閲覧、議決権行使といった株主のアクションに対するアクションポイントを提供することで、個人株主の電子化を促進させて参りました。
今般、Fintechの中核技術であるブロックチェーン(地理的に分散されたネットワーク上の共有台帳管理)上でポイント利用や議決権の行使履歴を記録・管理することで、「データ整合性の担保」「改ざん不能」「消失しない」といったブロックチェーンの特性をいかしたプラットフォームを提供することが可能になります。
具体的には、各社がそれぞれ付与していた株主優待ポイントを共通株主優待コインに統合させることができ、また信頼性の高い電子議決権行使の仕組みまで実現します。
これらにより、当社が注力してきた「IR-navi」事業における機関投資家や外国人投資家、並びにアナリストへのリーチのみならず、アクティブな個人投資家を含めた効率的な株主の一元管理サービスを提供することが狙いです。

※当社は、株主管理装置、株主管理方法及びプログラムとして特許(4978976 号)を取得しておりますが、今般新たに、ブロックチェーン技術による『共通株主優待コイン』を用いた株主優待の統合技術並びに議決権管理システムの仕組みで特許を申請しております。
(平成29年5月31日付 出願番号:特願2017-108325)。

WILLsCoinの導入

WILLsCoin

 各社プレミアム優待倶楽部の株主優待ポイントを、共通株主優待コイン「WILLsCoin」と交換することが可能になります。WILLsCoinに交換することで、企業ごとに分散している優待ポイントを集約することができるようになります。

WILLsCoin用アカウントの作成

WILLsCoin

 WILLsCoinを利用するには、各ユーザー1人につき1つ付与されるWILLsCoin用のアカウントが必要です。WILLsCoin用アカウントはユーザーのメールアドレスなどの情報からmijin上に作成されます。

WILLsCoin残高確認

WILLsCoin

 作成されたアカウントはユーザーが各社優待ポイントや、優待商品との交換により増減するWILLsCoinの残高情報を保持します。ユーザーのメールアドレス等の情報から、現在保有しているWILLsCoinの残高を確認することができます。

株主優待ポイントとWILLsCoinの交換

WILLsCoin

 各株主毎に保持している株主優待ポイントを、株主優待サイトを通してWILLsCoinへ交換することができます。

 株主優待ポイントとWILLsCoinとの交換には、株式保有年数に応じた交換手数料が発生します。
 ただし、交換手数料無料キャンペーンやWILLsCoin増額キャンペーンなど様々なイベントを予定しております。
 また、WILLsVoteを使用した場合もアクションポイントとしてWILLsCoinの獲得が出来るようなキャンペーンも行う予定です。

例)優待ポイント 1,000 pts をWILLsCoinと交換する場合(予定)
株主優待ポイント保有年数 1年目 15%
  2年目 10%
  3年目 5%

WILLsCoinの有効期限

WILLsCoin

 有効期限が設定されている各社の優待ポイントは、WILLsCoinに交換することで有効期限が延長されます。
 WILLsCoinの有効期限は 最後の株主優待ポイント交換日、又は優待商品の交換日から12ヵ月間 となります。有効期限を過ぎたWILLsCoinは失効し、使用することができなくなります。有効期間中に新たにWILLsCoinの交換を行ったり優待商品の交換を行った場合、その日から12ヵ月間が有効期間となります。

WILLsCoinと優待商品の交換

WILLsCoin

 WILLsCoinを用いてWILLs優待商品との交換が行えるようになります。各企業の株主優待ポイントをWILLsCoinと交換することで、ポイントを合算することができます。合算することにより、よりグレードの高い優待商品との交換も可能です。

WILLsVoteの導入

WILLsVote

 ブロックチェーン技術を利用した電子議決権「WILLsVote」では、プライベートブロックチェーン「mijin」を利用し、透明性の高いセキュアな24時間リアルタイム議決権行使、および結果の集計を実現します。

WILLsVote用アカウントの作成

WILLsVote

 電子議決権をご利用いただくためには、ブロックチェーン上に議決権行使用のアカウントの登録が必要です。

ユーザーは株主優待サイトにて株主番号と郵便番号を入力し、事前にインストールされた上場企業の株主名簿と照合します。株主名簿には各株主の持株数の情報も保持しているため、照合が完了した段階で各株主の持株数が決定し、mijin上の議決権「WILLsVote」に反映されます。

議決権の行使

WILLsVote

 mijin側とアカウント情報の同期が完了した段階で、議決権行使が可能になります。

 ユーザーは株主優待サイト上から議決権を行使します。照合された株主情報をもとにmijin上のアカウントと紐づけを行い、議決権行使結果をWILLsVoteによって反映します。
 WILLsVoteはmijin上で1つの議案に対するユーザーの議決権の数を表現します。mijin上にはユーザーアカウントのほかに各議案の回答用アカウントが存在します。ユーザーは自分のmijin上アカウントが保持するWILLsVoteを各回答用アカウントに移動させることにより、議決権を行使します。

 また、WILLsVoteに反映される議決権個数は、持ち株数から算出された有効な議決権個数のみとなります。保有株数が議決権獲得に満たない場合、そのユーザーは議決権の行使ができません。

WILLsVote

 また、一度WILLsVoteにより議決権を行使すると、同じ議案に対して再度議決権を行使することはできません。

Multi Signature(複数署名)の利用

WILLsVote

 MultiSig(Multi Signature/複数署名)を利用し、議決権行使結果の安全な閲覧を実現します。 回答アカウントの内容を閲覧するために、複数のメンバの署名が必要になるような仕組みを取り入れることで、不正なアクセスを制限します。