プレミアム優待倶楽部PORTAL Copyright © 2011-2023 WILLs Inc. ファクタリングとは?仕組みやリスク、おすすめ会社まで徹底解説! - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ファクタリングとは?仕組みやリスク、おすすめ会社まで徹底解説!

ファクタリングってどういうサービスなの?

ファクタリングは、売掛金を使った資金調達方法です。

ファクタリングを検討してるけど仕組みがよくわからないという方も多いと思います。

そこで、この記事ではファクタリングの仕組みや、メリットとデメリット、おすすめのファクタリング会社などをご紹介します。

即日ファクタリング_おすすめランキング

 

会社名 評価 特徴 リンク
ククモ_即日ファクタリングQuQuMo(ククモ) アクセルファクター_即日ファクタリング_評価 オンライン完結型
入金までのスピードは最短2時間
手数料は1%~
公式サイト
ファクタリングベスト アクセルファクター_即日ファクタリング_評価 審査通過率9割超
優良4社へ相見積り
簡単1分で1番条件の良いファクタリング会社が見つかる
公式サイト
アクセルファクター_即日ファクタリングアクセルファクター ククモ_即日ファクタリング_評価 審査通過率93%
下限金額の設定なし
個人事業主も使いやすい
公式サイト

↓ QuQuMoのお問合せはこちらから! ↓

QuQuMo
※無理な勧誘はなく、相談は無料です。
【金融庁による注意喚起】お金を借りる方、借りている方へ
■カードローン・借入れに関するもの
お金を借りる方、借りている方へ-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
金融庁からのお願い・注意喚起-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
違法な金融業者にご注意!-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
お金を借りる際の心構え-一般社団法人全国銀行協会HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

■後払い・給与ファクタリング・ファクタリングに関するもの
「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意ください!~いわゆる 後払い(ツケ払い)現金化 に要注意~-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
ファクタリングの利用に関する注意喚起-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ファクタリングとは?『負債』ではない資金調達法

企業が資金繰りに困った時に取る手法の一つがファクタリング。

効果的な資金調達法として、利用を検討している関係者もいるかとは思いますが、まずはその仕組みをしっかりを理解する必要があります。

その上で上手に活用していけば、現在の資金に関する悩みも解決するかもしれません。

そこでまず、ファクタリングとはどのようなものかを解説しましょう。

ファクタリングとは、売掛金を売却する資金調達

ファクタリングとは、一言でいうと、売掛債権(売掛金)を売却して得る資金調達法すが、売掛債権(売掛金)とはどういうものでしょうか。

これは、ある期間の取引について、一定の期間を経過したのちにまとめて取引先が支払うことになっているお金のことです。

企業間取引では、取引があるごとに代金を支払うのは大変。

面倒なだけではなく、振込手数料もその都度支払わなければならず、負担も大きくなります。

そこで利用されているのが売掛債権(売掛金)。

取引先企業からあとで代金を徴収できる権利で、時期が来たときに取引先が支払います。

具体例を挙げてみましょう。

ある取引をして、その締め切りが今月末だとします。

その時点では取引先は代金を支払わず、60日後まとめてという場合です。

これで取引先も支払い業務を行いやすくなりますが、問題は代金を受け取る側の企業。

代金が入ってくる予定はありますが、当面お金は入ってきません。

そのため、一時的に財政的に厳しい状況に追い込まれる場合も。

そんな時に利用できるのがファクタリングで、売掛債権(売掛金)を売却して、相当の金額を受け取ります。

そのファクタリングは『負債』とは意味が異なります。

金融機関からお金を借りるわけではなく、『負債』が増えることはなし。

本来自分たちが受け取る予定になっている代金を早めにいただいておこうという便利なサービスで、信用情報にも傷はつきません。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みをもう少し詳しく見てみましょう。

ファクタリングでは、売掛債権(売掛金)をファクタリング業者に売却し、手数料などをマイナスしたうえで、相当の代金を受け取ります。

これで売掛債権(売掛金)の早期現金化が可能になり、企業も急場をしのげるというわけです。

ファクタリング業者が買い取った売掛債権(売掛金)の回収については、2つのパターンがありますが、これについては、「ファクタリングは2種類ある」のコーナーでご説明します。

ファクタリングのリスク・デメリット

ファクタリングは効果的な資金回収方法としてとても便利で、資金繰りに困った企業にとっては大いに助けになる手段。

ただ、その利用においては、いくつかのリスク・デメリットも考慮しておかなければいけません。

その点についてしっかり確認しないと、ファクタリング利用でも思わぬ躓きという事態もあり得ますから、ここでしっかりチェックしておきましょう。

割高な手数料がかかる

ファクタリングの利用では、ファクタリング業者に手数料を支払います。

これがファクタリング業者の収入になるのですが、その手数料が割高になることも。

他の資金調達法、例えば融資の手数料などよりも率は非常に高いです。

ファクタリングの手数料には基本手数料、事務経費、登記費用などが含まれますが、この合計額は非常に大きいです。

そのため、自企業で売掛債権(売掛金)を回収するよりも、ファクタリング利用の方が実際に受け取れる金額も大きく目減りしてしまいます。

実際に、高額の手数料を要求されるファクタリング業者を利用すると、かえって資金繰りが悪化するかもしれません。

闇業者がいる可能性がある

ファクタリングにおける大きなリスクの一つが闇業者の存在。

ファクタリングは貸金業界に比べると、まだまだ規制が甘いので、闇業者が参入しやすくなっています。

闇業者の手口は様々。

例えば、審査段階では低い手数料を提示しておきながら、実際の代金支払いの場面では、様々な名目をつけて法外な手数料を取り、受取額が売掛代金の半分程度にしかならないというケースも。

手数料が高いファクタリングへの乗り換えを強要する業者もあります。

事業者向けファクタリングでは、法外な利息をつけての貸し付けを行う業者もあり。

ファクタリングは貸し付けではないので、このようなことをするには貸金業登録が必要なのですが、そのような業者は登録もせず、違法行為をしています。

これらの業者に騙されたら、損失は大変大きくなり、企業の存続にも関わります。

それだけに、利用にあたってはホームページの確認、口コミや評判チェック、対応の在り方などをよく見て、優良業者を見つけなければいけません。

取引先にばれる可能性がある

ファクタリングは売掛債権(売掛金)をファクタリング業者に売却して、代金を早く回収する方法ですが、その利用をしたことが取引先にばれる可能性があります。

ばれると、思わぬ損害を被る場合も。

取引先企業によっては、これだけで契約解除、契約取り消しを申し出てくるかもしれません。

特に大企業、新規の取引先などは、少しでも信用に傷がつくと、それ以上の契約を嫌がるケースもあります。

したがって、ファクタリングを利用する場合は、その情報がばれても大丈夫な取引先、つまり信頼関係がしっかり築かれている企業の売掛債権(売掛金)を対象にした方がいいでしょう。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのリスク・デメリットを見ると、利用に躊躇することがあるかもしれませんが、もちろんメリットもあります。

したがって、これから利用しようかどうか迷っている人は、メリットとデメリットの両方よく比較・検討したうえで、判断をしてください。

業績に関わらず資金調達が最短即日でできる

ファクタリングの利用と企業の業績は関係がありません。

ファクタリングは売掛債権(売掛金)というこれから入る代金をもとにした契約ですから、企業の業績がどうであれ、回収される見込みがあります。

そのため、ファクタリング業者もサービスを提供してくれるのです。

ここが融資と違う点で、融資の場合、金融機関も業績が悪い企業にはお金を貸しません。

回収の見込みが立ちにくい企業では、貸し倒れリスクも高いですから、金融機関も融資をお断りします。

そういう点では、業績が悪い企業の場合、ファクタリングの方が利用しやすくなっています。

入金が速いのもファクタリングのメリット。ファクタリングでは、売掛先の審査はありますが、それほど時間は掛かりません。

そのため、最短即日入金という場合もあり、資金を急いで用立てたいと思っている企業にはありがたいサービスです。

担保・保証人なしで資金調達ができる

ファクタリングは融資ではありません。

信用できる売掛先と売掛債権(売掛金)があれば、利用できます。

そのため、担保や保証人は不要。

担保・保証人なしでも、資金調達ができます。

売掛金を売却ができるため、回収不能のリスクが回避できる

売掛債権(売掛金)の問題の一つに回収不能リスクがあります。

売掛先企業が倒産でもしたら、代金の支払いは行われず大損となるでしょう。

ところが、売掛債権(売掛金)をファクタリング業者に売却すると、回収業務がその業者に転嫁されます。

つまり代金は受け取れて、その支払いを求めるのは業者の役割に。

というと、売掛先が倒産したら、自分たちがその代金を代わりに支払うことになるのではと心配する人もいるでしょうが、そのような義務が生じないケースもあります。

これをノンリコース(Non Recourse)と言いますが、売掛先の倒産→売掛債権(売掛金)の回収不可となっても、その請求が売り主の元に行かないようなファクタリングサービスがあるのです。

この場合、ファクタリング利用会社自体には売掛債権(売掛金)の代金が入って、倒産した会社の支払いが回ってくることはありません。

代金の回収はしっかりできます。

ファクタリングは2種類ある

ここまでファクタリングについていろいろとご説明してきましたが、実はファクタリングには2つの種類があります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

それぞれどう違うのか確認してみましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリング利用企業とファクタリング業者との間で取り結ばれる契約。

取引先企業はかかわりません。

そのため、取引先にファクタリング事実がばれることはなく、そこから生じる不利益を避けることができます。

契約破棄などの事態も起こらないでしょう。

取引先を巻き込まない2社間ファクタリングは手続きも簡単です。

入金も早く、最短即日となっていることも。

ただし、手数料は割高で、3社間ファクタリングよりも出費が大きくなります。

理由は、3社間ファクタリングよりも売掛債権(売掛金)回収不能リスクが高いことです。

それから、取引先に周知しないということは、売掛債権(売掛金)を売却後も代金が取引先からファクタリング業者には支払われません。

ではどうなるかというと、ファクタリング利用会社が取引先から代金を受け取り次第、ファクタリング業者に支払います。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは、ファクタリング利用企業、ファクタリング業者、取引先の3社間で契約を結びます。

つまり、ファクタリングの事実を取引先にも知らせることになります。

そこで承諾を得られれば、ファクタリング利用企業がファクタリング業者に売掛債権(売掛金)を売却して、代金を受け取るという流れです。

この場合、取引先の売掛債権(売掛金)の入金先はファクタリング利用企業ではなく、ファクタリング業者となります。

その3社間ファクタリングのメリットとして挙げられるのが手数料の安さ。2社間ファクタリングよりも割安になっています。

ただし、3社間での合意に向けた手続きが面倒なのと、取引先に資金繰りの厳しい状況がばれてしまうというデメリットも。

2社間・3社間ファクタリングはどちらがおすすめ?

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングにはそれぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらがいいとは言えません。

ただ、その特徴から言って、取引先にファクタリング事実が知られたくない場合は2社間ファクタリングが◎。

一方、手数料負担を低く抑えたい場合は、3社間ファクタリングを選ぶのが正解でしょう。

ファクタリングがおすすめの会社の特徴

ファクタリングの利用を検討している企業にとって、どのファクタリング業者を選んだらいいのかは大切なポイント。

そこで選び方のポイントを各会社の特徴などから判断していくことになります。そのポイントは以下のようなものです。

ファクタリング業者の選び方
  • 信頼度
  • 利用可能額
  • 手数料
  • ノンリコースか?
  • 手続きのやりやすさ

ファクタリングのおすすめ会社の場合、おすすめというだけに信頼度は抜群。

安心してご利用いただけます。

利用可能額については、おすすめ会社によっても違いますが、自社が希望する金額を用立ててくれる会社を選ぶのがポイント。

手数料も各社で異なっていますが、少しでも安いほうがいいことは確かです。

ただ、あまり安すぎる会社の場合、闇業者という可能性もありますから、注意をしましょう。

相場か相場より少し低いくらいのところがちょうどいい候補になります。

ノンリコースについてはすでに触れてありますが、取引先が倒産した場合に売掛債権(売掛金)の請求がファクタリング利用企業に及ばないシステム。

できればこのノンリコースのファクタリングを利用したいところです。

ファクタリングの手続き方法は、対面、電話、郵送、オンラインかのいずれか。

普通は対面という場合が多いですが、オンラインなら手続きも早く、利用もしやすくなっています。

ファクタリングのおすすめ会社厳選13選

次に、即日で資金調達が可能なおすすめのファクタリング会社を紹介していきます。

即日ファクタリング会社13選
  • QuQuMo(ククモ)
  • ファクタリングベスト
  • アクセルファクター
  • ファストファクタリング
  • ビートレーディング
  • 三共サービス
  • トップマネジメント
  • ベストファクター
  • TRY
  • OLTA(オルタ)
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • いーばんく
  • 株式会社No.1

QuQuMo(ククモ)

入金スピードは『最短2時間』と業界トップクラスです。

QuQuMo(ククモ)は、株式会社アクティブサポートが運営しているファクタリングサービスです。

オンライン完結型で、入金までのスピードは最短2時間となっています。

また、手数料も1%~と低めに設定されています。

企業名 株式会社アクティブサポート
営業時間 9:00~19:00(平日のみ)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都豊島区東池袋 3-9-12  ニットービル9階
資本金 1,000万円
設立年月日 2017年9月

↓ QuQuMoのお問合せはこちらから! ↓

QuQuMo
※無理な勧誘はなく、相談は無料です。

ファクタリングベスト

ファクタリング おすすめ

ファクタリングベストは、優良ファクタリング会社最大4社に相見積もりするため1番条件が良い会社が見つかります。

もうこれ以上、他の会社との比較検討が不要です。

複数のファクタリング会社から売掛債権の買取り条件を来るのを待つだけ(連絡は最速数分程度)。

最速即日で1番条件の良い会社を見つけることができます。

厳選した優良ファクタリング会社に公平かつ迅速に一括見積依頼ができます。

最短3時間で入金!利用しやすいサービス

ファクタリングベストのおすすめポイント
  • 手数料が低い
  • 最短3時間で入金してくれる
  • 1度に優良4社に見積もり依頼ができる
ファクタリングサービス名 ファクタリングベスト
運営会社 株式会社フューチャーリンク
手数料 1%〜
入金スピード 最短3時間で入金可能
償還請求権 無し
利用可能額 上限なし
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主 ×
申し込み方法 オンライン

↓ ファクタリングベストのお問合せはこちらから! ↓

 
ファクタリングベスト
※相談は無料です。

アクセルファクター

アクセルファクター

原則『即日入金』の最強即日ファクタリング。少額からも受け付けているので初心者の方にもおすすめです。

アクセルファクターは、スピードを重視したファクタリング会社で、即日の実績も多くあります。

審査通過率も93%と高く、下限の金額も設定されていないので、個人事業主の方も使いやすいファクタリング会社です。

↓ アクセルファクターのお問合せはこちらから! ↓

 
アクセルファクター
企業名 株式会社アクセルファクター
営業時間 9:30~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都新宿区高田馬場1丁目30番4号、30山京ビル5階
資本金 1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
設立年月日 2018年8月

ベストファクター

ベストファクター

審査が不安な方におすすめの即日ファクタリングです。

ベストファクターは、株式会社アレシアが提供しているファクタリングサービスです。

通過率92.25%の審査の柔軟が魅力であり、しっかりと売掛金の回収が見込まれていれば、難なく審査を通過することができます。

企業名 株式会社アレシア
営業時間 10:00~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー24階
資本金 7,000万円
設立年月日 2017年1月
ベストファクターなら最短1時間で資金化可能!
  • 請求書買取の即日入金を徹底サポート!
  • 審査通過率92.25%
  • 来店不要で契約可能!
  • 担保や保証人が不要!
ベストファクター

事業資金エージェント

事業資金エージェントは売掛金で事業資金を調達することのできるファクタリングサービスです。

手数料1.5%〜と業界最安水準で調達でき、オンライン完結のため使い勝手の良いサービスとなっています。

また、8割以上の方が2時間で振込完了の実績もあるため、今すぐお金が必要な方にもおすすめです。

新規事業主でも個人事業主でも利用可能のファクタリングサービスになっています。

振込まで最短2時間!手数料1.5%の低さが魅力

事業資金エージェントのおすすめポイント
  • 業界最安水準の手数料1.5%
  • 新規事業主個人事業主の方でも申し込み可能
  • 対面不要のオンライン完結!
ファクタリングサービス名 事業資金エージェント
運営会社 アネックス株式会社
手数料 1.5%〜
入金スピード 最短3時間
利用可能額 2億円
対応ファクタリング 2社間/3社間
個人事業主
申し込み方法 電話・オンライン
事業資金エージェントなら最短2時間で入金!
  • 業界最安水準の手数料1.5%
  • 新規事業主個人事業主の方でも申し込み可能
  • 対面不要のオンライン完結!
事業資金エージェント

ビートレーディング

書類は2つで申し込みができるなど、お手軽に即日ファクタリングができます

ビートレーディングは、お申し込みから入金のスピードが5時間ほどと、即日で資金調達をしたい方にはぴったりの速さが特徴のファクタリング会社です。

また、過去には3万円ほど~7億円ほどまでの、幅広い額での買取を行っているので、個人の方から大口の方までどんな方でも対応することができます。

企業名 株式会社ビートレーディング
営業時間 9:30~18:30(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK(5時間)
所在地 本社:東京都港区芝大門1丁目2-18 野依ビル3・4F
資本金 7,000万円
設立年月日 2012年4月

ベストペイ

ベストペイは、受注したら即資金化が可能なファクタリングサービスです。

資金繰りや業務拡大のために注文書がすぐにお金に変えることができます。

金融機関から融資を受けようとしても、厳しい審査に時間もかかってしまうところ、ベストペイでは翌日には資金調達が可能です。

買取した債権が回収不能になった際にも、債権の補填を求められることがない『安心のノンリコース』を採用しています。

安心のノンリコースが特徴

ベストペイのおすすめポイント
  • 着手前に資金化できるので、外注などの費用に充てやすい
  • 発注者の承諾が不要で利用できる
  • 安心のノンリコース
ファクタリングサービス名 ベストペイ
運営会社 株式会社アレシア
手数料 5%~
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 100万~上限なし
対応ファクタリング 2社間
赤字決算
個人事業主 ×
申し込み方法 オンライン・電話・出張訪問・来社
ベストペイでは受注後、即資金化!
  • 安心のノンリコース
  • 通常入金から最大180日短縮可能!
  • 発注者の承諾不要
BESTPAY

ファストファクタリング

年間相談実績が3000件を超える実績と、オンライン簡潔で最短2時間で振り込まれるのが強みです。

ファストファクタリングは、法人の方はもちろん、個人事業主でも申し込めるのが大きな強みのファクタリング会社です。

事業形態や事業規模などを問わず売掛金さえ発生していればお申込み可能で、他の会社では依頼できない人もファストファクタリングなら承認されるかもしれません。

オンライン完結なので来店や直接の面談が必要ないのも、急いでいる時にはありがたいですよね。

即日対応も可能で、最短120分で振り込んでくれますし、手数料も安めと基本的な要素が充実しているのも嬉しいポイントです。

企業名 株式会社ミラージュ
営業時間  9:00~18:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK(最短120分)
所在地 大阪府大阪市中央区道修町1-7-10
設立年月日 2018年4月

三共サービス

手数料を抑えたい方の即日ファクタリングにおすすめです!

即日可能なおすすめファクタリング会社2つ目は、三共サービスです。

三共サービスは、おすすめポイントとして、手数料が安いことが挙げられます。

また、三共サービスではファクタアリングと同時に、経営コンサルティングも受けることができるため、経営に問題を抱えている会社にもおすすめできます。

企業名 株式会社三共サービス
営業時間 9:00~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 最短翌日
所在地 本社:東京都千代田区神田須田町 1-24-6神田須田町ビル3階
資本金 1,000万円
設立年月日 2001年7月

トップマネジメント

トップマネジメントは手厚いサポートで高評価の即日ファクタリングです。

トップマネジメントは、質の高いファクタリングサービスが魅力です。

個人事業主の方でも利用可能です。

また、審査などのために来社した場合、その後成約した際には交通費をもらえる「交通費キャッシュバック」のキャンペーンも行っています。

企業名 株式会社トップ・マネジメント
営業時間 9:00~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都千代田区鍛冶町1丁目4-3 竹内ビル 2F
資本金 5,000万円
設立年月日 2009年4月

TRY

個人事業主・法人の即日ファクタリングで評価が高くおすすめです。

TRYは、株式会社SKOが運営するファクタリングサービスです。

特徴的なところは、土日祝日関係なく、24時間365日対応しているところです。

さらに、税金を滞納してたり、赤字決算で困ったりしている方でも問題なく利用できます。

企業名 株式会社SKO
営業時間 24時間
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都台東区東上野2-21-1-4F ケーワイビル
資本金 1,000万円
設立年月日 2018年2月

OLTA(オルタ)

 

完全オンラインでファクタリングをするなら『OLTA』一択です。

OLTA(オルタ)は、ファクタリング会社の中でも珍しい、全てオンラインで完結できてしまうファクタリングサービスです。

書類の提出から24時間ほどで振り込みができ、かつ手数料も比較的安めなのが特徴です。

また、最近では銀行と業務提携を結ぶことでよりスピード感のある資金調達が可能となっています。

企業名 OLTA株式会社
営業時間 9:30~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都港区南青山一丁目15番41号VORT南青山II 3F
資本金 25億4,361万円(資本準備金)
設立年月日 2017年4月

日本中小企業金融サポート機構

手数料1.5%~とコストを抑えて即日ファクタリングができます。

日本中小企業金融サポート機構は、少し審査が厳しめですが、安心してファクタリングを行いたい、という方にはおすすめのファクタリング会社です。

申し込みをすると、担当者がつき、担当者と一緒に審査などを進めていくための手続きや情報の開示などを行います。

信頼性と安全性は抜群なので、その2つを重視される方にはおすすめです。

企業名 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
営業時間 9:30~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 遅め
所在地 本社:東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
資本金
設立年月日 2017年4月

いーばんく

いーばんくは、高額でも即日ファクタリングの実績がある信頼のできるファクタリング会社です。

いーばんくは、株式会社アクシアプラスが運営するファクタリングサービスです。

いーばんくでは、初回の掛け目が8掛けとなっており、他のファクタリング会社より調達できる資金が多いのが特徴です。

初回では7掛け(100万円の場合70万円資金調達可能)にするファクタリング会社が多い中、10%も多く資金を集めることができるのはありがたいですよね。

企業名 株式会社アクシアプラス
営業時間 9:00~19:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都豊島区池袋1-8-7 サン池袋 I-501
資本金
設立年月日 2019年4月

株式会社No.1

株式会社No1は、即時対応やサポートでも高評価でリピート率が高い安心できるファクタリングサービスです。

株式会社No.1は、審査のスピード感に定評があるファクタリング会社です。

審査に使う書類も最低限で問題なく、本当に急いでいることを察して対応してくれるファクタリング会社となっています。

企業名 株式会社No.1
営業時間 9:30~20:00(平日)
対応エリア 全国
スピード 即日OK
所在地 本社:東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3F
資本金
設立年月日 2016年1月

ファクタリングとは?よくある質問

ファクタリングについてこれまでの説明で基本的なことはつかめたことでしょう。

ただ、まだわからない点や疑問点もいろいろあるはず。

そのすべてにはお答えできませんが、ここでは2つの疑問について回答を載せてみましょう。

ファクタリングは違法?

ファクタリングは企業にとっては利用しやすい資金調達法ですが、違法なのではと思っている方もいらっしゃるようです。

しかし、その心配はご無用。民法第555条「売買契約」や第466条「債権の譲渡性」、第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」などにその根拠があります。

給与ファクタリングは今でもできる?

給与ファクタリングとは、個人が賃金債権を給与ファクタリング業者に売却して、早めに給料分が入金がされるという仕組み。

この場合は、2社間ファクタリングが多く、利用者とファクタリング業者間での取引となります。

そのため、あとで給料が入った時に、ファクタリング業者に受け取った金額分を支払います。

給与ファクタリング自体は違法ではありませんから、今でもできます。

ただ、給与ファクタリングを提供する業者は貸金業の登録をしておかなければいけませんから、登録していないところは違法業者です。

そのような業者は利用しないようにしましょう。

貸金業登録の表記の仕方は、「〇〇財務局長(1)第00000号」or「〇〇県知事(1)第00000号」など。

前者は複数の都道府県で活動できる業者、後者は特定の都道府県でサービスを提供している業者です。

これらの表記があれば、安心して利用ができるでしょう。

本サイトのカードローン(貸金業者)に関する記載根拠、及び独自調査の結果、法務省や金融庁、e-gov法令検索に基づく記載


本記事では、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」に記載されている貸金業者登録を受けている会社のみをご紹介いたします。

合わせて、法律で定められ、法務省ホームページ等から発出されている法定利率や、貸金業法を遵守した業者から、ご紹介をしています。

※(法定利率の変動の仕組みについては、「法定利率の変動制に関する説明資料(法務省HP/新しいウィンドウで開きます。)」を御覧ください。)

参考:民法第四百四条第五項の規定に基づき、令和五年四月一日から令和八年三月三十一日までの期における基準割合を告示する件(令和4年法務省告示第64号【PDF】(e-Gov法令検索-デジタル庁管轄 ※旧総務省行政管理局管轄/新しいウィンドウで開きます。)
カードローン(貸金業者)のおすすめランキング根拠について
カードローンおすすめランキング根拠

【ちょっと待って!お金を借りる前に。】
消費者庁提供:「お金の管理(収支予算の算出、多重債務)」

【キャッシング・カードローンを利用する前に確認!】
消費者庁提供:「お金を借りるのはどんなとき?クレジット・ローンの仕組み」

【知っておきたい!個人間融資のトラブル】
日本貸金業協会公式チャンネル:「個人情報が悪用される!【個人間融資のトラブル その1】」