借金一本化で返済が楽に!おまとめローンのメリットと審査に通るコツを解説

借金の一本化ってどうしたらいいの?! 

借金の一本化のメリット、デメリットは?

複数の会社から借金をしていると返済の手間も大きいですし、できれば借入先は1社にしぼりたいですよね。そんな時に使えるのが借金一本化という方法です。

そこで、この記事では借金一本化の概要からメリットやデメリット、借金一本化におすすめのおまとめローンまで解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

借金の一本化についてこの記事でわかること
  • 借金一本化とは、複数の借金を1つの借入先にまとめること
  • 借金一本化するなら、大手である「アイフル」「プロミス」「モビット」などのこまとめローンがおすすめ。
  • 中でも『アイフル』のおまとめローンなら、今よりも安い金利で、かつ月々の返済額を減額できる
  • 誰にも知られず借金を一本化でき、24時間365日手続きできる!

目次

借金一本化とは?

一本化とはその名の通り、一つに取りまとめることです。

借金の一本化とは、多重債務者が銀行などから低金利で貸付を受け、そのお金で他の貸金業者の借金を完済することにより、借金をその銀行などの別の会社に一本化することをいいます。

銀行は、貸金業者等に比べて非常に低い金利で貸付を行いますので、一見すると借金の一本化は金利を安くするうえで非常に効果的であるように思えます。

借換や債務管理などの言葉も聞いたことがある方しれませんが、違いについてまたいきましょう。

借金の一本化とは?
  • 借換との違い
  • 債務管理との違い

「借換」との違い

一本化(おまとめローン)とよく混同するのが、借換です。

再度、一本化について理解しましょう。

一本化とは、まず以下のような流れでできます。

  • A社、B社、C社からお借り入れしている合計金額を三井住友カードの「カードローン」から新たにお借り入れする
  • A社、B社、C社にそれぞれ一括返済する
  • 三井住友カードの「カードローン」にのみ、毎月返済を行う

次に、これと反対に借り換えとは、既存の債務を別の条件で別の債務に置き換えることです。一本化は一つにまとめることですが、借換とは、返済先を別の業者に変更することをいいます。

借り換えの条件は、固有のリスク、予測されるリスク、国家の政治的安定性、通貨の安定性、銀行規制、借り手の信用力、信用格付けなどのいくつかの経済的要因に基づいて、

「債務整理」との違い

債務整理とは、借金の額を減額したり、無くしたりする根本的な解決方法です。

任意整理、個人再生、自己破産の3つの種類がありますが、一本化との大きな違いは、返済金額が減るかどうかです。

債務管理の場合は、ブラックリストに載るリスクを抱えながら、返済金額は大幅に減らすことができます。

一方で、一本化は基本的に返済金額を減らす目的ではなく、会社を一つにまとめて利率や返済期間などの手間を省く目的があるため、根本的に異なります。

 

借金一を本化するメリット

借金を一本化するメリットについて考えてみましょう。

借金を一本化するメリット
  • 返済の手間が省ける
  • 月々の返済額が下がる
  • 総量規制に引っかからない
  • 金利が下がる
  • ブラックリストに載らない

返済の手間が省ける

まず考えられるのが、多くの会社から借金している方は、返済の手間もその分かかります。

今月どこに返せばいいのかわからなくなった。

一本化してしまえば、一つだけになるため、手間が省けます。

また、複数社から借りていると、返済日がまばらになり、管理がとても大変ですが、一つに一本化することで、返済日も月○日のように管理がしやすくなります。

月々の返済額が下がる

月々の返済額も減らすことができます。

おまとめは、借入額にもよりますが、一本化することで金利が低くなり、最終的に支払う利息が少なくなる場合があります。

通常、カードローンの金利は、借入金が大きくなるほど下がるという傾向があるため、まとめて大きな金額をお借り入れすることで、金利が下がるのです

例えば、A,B,C社からの借り入れの利息がそれぞれ15,18,14%である場合、三井住友銀行で一本化すると、12.4パーセントですみます。

これによって結果的に返済額を減らすことができます。

総量規制に引っかからない

総量規制とは借り入れをする人の年収の3分の1を超える金額を貸金業者は貸し付けてはならないとする法律上のルールのことです。

一本化の場合は、この総量規制は気にする必要がなく、3分の1を超えても借り入れが可能です。

金利が下がる

借金の一本化のメリットとして、金利が下がるのも魅力的です。

実際に借金を一本化することで金利が下がるケースはほとんどです。

これは借金の一本化により1社から借入する金額が増えるので、金融機関側からすると少し金利を下げてでも借入してもらいたいからです。

また、利息制限法により上限金利は以下のようになっています。

借入額 上限金利
10万円未満 20%まで
10万円以上100万円未満 18%まで
100万円以上 15%まで

上記のことから、1社にまとめた場合に借入額が100万円以上になる場合には上限金利が15%となるので、金利が下がるケースがあるのです。

ブラックリストに載らない

1番気になる点が、一本化してしまうとブラックリストに載るのでは?という疑問かと思います。

債務整理の際は、ブラックリストに載ってしまいますが、一本化の場合は乗らないため安心して出来ます。

借金一を本化するデメリット

借金を一本化するデメリットについても考えてみましょう。何もメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

借金を一本化するデメリット
  • 返済期間が延びる
  • 総返済額が増える可能性がある
  • 審査が厳しい
  • 即日の借金一本化は難しい
  • 借入先が多すぎると審査に落ちる可能性がある

返済期間が延びる

まず一つ目のデメリットが借金を一本化すると、一つにまとめで額は変わらないため、全体の返済期間は延びます。

総返済額は増える可能性がある

借金の一本化でひとつにまとめるのになぜ増えるの?

このように、誰しもが疑問に思うかもしれません。、これは一つにまとめると返済期間が伸びてしまうためです。

その分の利息が課されるため、総返済額が結果として増えるという現象が起こってしまいます。

審査が厳しい

審査は通常厳しく、複数社から借入をしている方は審査に通るのが難しくなります。

また、借り入れ金額がどうしても大きいと、審査に通りづらくなります。

審査に通るためにも、一本化する前に借入額をあらかじめ減らしたり、社数を減らすなどの工夫が必要になります。

即日の借金一本化は難しい

一般的な消費者金融からの借入の場合は、即日で対応が可能ですが、借金の一本化は難しい場合が多いです。

というのと、複数の借入会社をはたまた目にするため、その分のいくつかの審査が必要になり、即日対応は難しくなっています。

借入先が多すぎると審査に落ちる可能性がある

借金の一本化をする際にも審査が必要になります。

その際に現状の借入先数と借入額を聞かれますが、借入数が多すぎると審査に通過できない可能性があります。

これは借入先数が多すぎる人には返済能力がないと判断されてしまうためです。

借入先が多い人は、審査を申し込む前に返済額が少ない借入先には返済しておくことがおすすめです。

1社でも借入先が少ない方が審査には通過しやすいです。

借金一本化ができるおまとめローンの選び方

一本化のためのおまとめローンの選び方についてです。一本化するといってもいきなりどうやって選べばいいのか分からないかと思います。

そこで一本化する際のおまとめローンの選び方を3つほどご紹介します。

借金を一本化する際の選び方
  • 上限金利があるか確認
  • まとめられる借金の金額はどうか
  • 月々の返済額に無理がないか

上限金利があるか確認

上限金利とは、金利の中で銀行が課すことができる最も高い利息のことを指します。

上限金利は会社によって異なるため、まずはここを確認しましょう。

まとめられる借金の金額はどうか

まとめられる借金は、ローン会社によって異なるため、一本化する際は事前に確認が必要です。

せっかく一つにまとめたいのに、金額の枠が足らなければ、複数になり、意味がありません。

一本化する際は、できるだけ一つの会社に絞れるように選びましょう。

月々の返済額に無理がないか

一本化する際は、月々の返済額にも注意しましょう。

毎月の支出、貯蓄、借入金を計算し、返済できる金額を確認するための予算を立てます

失業、変動金利ローン、緊急事態などの予期しないイベントの費用を考慮に入れて、必要なものと快適に返済できるものだけを借りてください。

借金一本化できるおすすめのおまとめローン

では、実際に借金を一本化するためのおすすめのおまとめローンをご紹介したいと思います!

借金を一本化できるおすすめのおまとめローン
  • アイフルおまとめMAX
  • プロミスおまとめローン
  • SMBCモビット
  • アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン

1.アイフルおまとめMAX

アイフルおまとめMAXの評価
利率の低さ
(3.0)
限度額
(5.0)
融資スピード
(4.0)
審査
(3.0)
総合評価
(4.0)
アイフルおまとめMAXのおすすめポイント
  • 今よりも低い金利で月々のご返済負担を軽減
  • 銀行ローンもリボもまとめて借入残高を減少
  • 誰にも知られずにWEBで完結できる
ローン名 アイフルおまとめMAX
利率 3-18%
限度額 1-800万円まで
審査時間 最短25分
融資スピード 最短25分
収入証明 50万円まで不要
返済期間 最長10年(120回)

アイフル おまとめMAXは消費者金融大手のアイフルが提供するおまとめローンです。

貸金業者、銀行、クレジットカードなど、まとめられる範囲の広さが最大の特徴と言えます。

また、融資を受ける時に家に郵便物が届かないため、家族にバレることなくおまとめローンを利用することが可能です。

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓



\ Web申し込みなら最短25分! /


2.プロミスおまとめローン

プロミスおまとめローンの評価
利率の低さ
(3.0)
限度額
(3.0)
融資スピード
(4.0)
審査
(4.0)
総合評価
(4.0)
プロミスおまとめローンのおすすめポイント
  • 限度額は低いが比較的低い金利でおまとめ可能!
  • 返済期間も10年間と融通が効く
  • 最大手のプロミスだから安心!
ローン名 プロミスおまとめローン
利率 6.3-17.8%
限度額 300万円
審査時間 15秒〜数分
融資スピード 即日
収入証明
返済期間 最長10年(120回)

 

プロミス おまとめローンは消費者金融の中でも最大手のプロミスが提供するおまとめローンです。

なんと、最短1時間での融資が可能な点が魅力的なおまとめローンです。

プロミスは顧客満足度も高く、オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン部門では2年連続で1位を獲得しています。

3.SMBCモビット

 

SMBCモビットの評価
利率の低さ
(3.0)
限度額
(5.0)
融資スピード
(4.0)
審査
(3.0)
総合評価
(4.0)
SMBCモビットおすすめポイント
  • 利率が低い上に限度額も多い
  • 簡易審査は数秒で完了
  • 電話連絡不要で申し込みできる!
ローン名 SMBCモビット
利率 3-18%
限度額 800万円
審査時間 数分
融資スピード 即日
収入証明
返済期間 最長5年(60回)

SMBCモビットも大手消費者金融の一つです。

SMBCモビットにおまとめローン専用の商品はないのですが、通常の借り入れをおまとめローンとして用いることが可能です。

具体的には、SMBCモビットでまず借り入れを行い、そのお金で他社での借金を返せば良いのです!

 

4.アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン

アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローンの評価
利率の低さ
(3.0)
限度額
(3.0)
融資スピード
(4.0)
審査
(3.0)
総合評価
(3.0)
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローンのおすすめポイント
  • 毎月の返済金額、金利の負担が軽減!
  • 返済日は毎月1回!
  • 段階的に残高が減少する
ローン名 アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン
利率 7.7-18%
限度額 1-300万円
融資スピード 数分
審査 即日
収入証明
返済期間 毎月支払い

毎月の返済金額・金利の負担が軽減

複数のローンをお借入中の場合、借換え専用ローンを活用することにより毎月返済金額・金利負担を軽減いただけ

借金一本化した後の注意点

借金一本化する際の注意点をまとめます。

借金を一本化する後の注意点
  • 借り入れを増やさない
  • 短期間で返済する
  • 収入を増やし、支出を減らす

借り入れを増やさない

まず最初に注意すべきこととしては、借金の際にはどの場合でも言えることですが追加の借金を増やさないことです。

増やしてしまうと、全体の金利も高くなり、返済期間も伸びてしまうので、悪いことしかありません。

複数のクレジットカードは、複数の支払いと複数の利息のケースを意味します。これは、責任を持ってカードを使用することができない場合に、最終的に借金整理が必要になるための設定です。各カードに蓄積される料金が多いほど、支出と支払いを追跡できなくなる余地があります。

短期間で返済する

また、短期間で返済する努力をしましょう。

期間が伸びてしまうと、やはり金利も高くなり返済額も大きくなります。

短期間で返済するためにも、繰上げ返済という機能を用いて積極的に返済していきましょう。

収入を増やし支出を減らす

借金をしないためには、収入を増やすことに多くの人が目が行きがちですが、なかなか仕事をしていると副業などで増やすことは難しい場合があります、

したがって、増やすというよりも支出を減らす努力をしましょう。

借金を一本化するコツ

では、借金を一本化するコツはあるのでしょうか?

借金の一本化を上手くやりたいけどやり方がわからない! 

という方は参考にしてください。

借金を一本化するメリット
  • 返済に遅れない
  • 安定収入を作る
  • 社金残高を減らす
  • 申し込み書類に嘘を書かない
  • 一度に複数個ローンに申し込まなない

返済に遅れない

借金を一本化するタイミングとして、まずは犯罪に送れないことです。

返済にお金ないことは次回借り入れの際にも、信用情報として残り、

安定収入を作る

借り入れをする際に問われるのが、あんた明日収入です。一本化する際も、審査があるため、安定した収入を年単位で作る必要があります。

社金残高を減らす

多くの借り入れ他社があると、審査に通らないケースも多々あります。

一本化する前に借り入れする限度を学びましょう。

財政状況は人それぞれですが、快適に返済できる以上の借り入れは避けてください。借りる前に、支払いができるかどうかを自問してください。

また、利息も考慮することを忘れないでください。通常、返済スケジュールとローンの総費用の詳細な内訳を貸し手に尋ねることをお勧めします。

申込書類に嘘を書かない

これはなんでも言えることですが、申し込み書類には年収や職業など重要な項目があります。

かつまして嘘はかからないようにしましょう。必ずバレます。

一度に複数のローンに申し込まない

申し込みブラックという言葉もあるように、一度に複数のローンに申し込むのはやめましょう。

借金一本化できない人の特徴

借金一本化ができない人の特徴について解説していきます。

3つの特徴
  • 収入が安定していない
  • 収入が少ない
  • 滞納した経験がある

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

収入が安定していない

借金一本化ができない人の第一の特徴として、収入が安定していないことが挙げられます。

収入が不安定な人の場合、返済能力が低いと判断されてしまうのが原因です。

収入が不安定で、収入が低くなってしまった月に通常通りの返済ができると考えづらいのが要因でしょう。

収入が少ない

収入が安定していないの次に挙げられるのが、収入が少ない場合です。

借金一本化したい金額に対して、収入が少なすぎた場合にのみ一本化できなくなってしまいます。

収入が安定して上がってしまえば、借金の一本化に踏み込めるでしょう。

滞納した経験がある

借金一本化の際に必ずチェックされるのが、借金の返済を滞納したことがあるかどうかです。

審査の際に嘘をついたとしても、金融機関は信用情報機関で本人の借金の履歴が見れるので嘘をついてもバレてしまいます。

特に2〜3ヶ月の滞納があった際には即審査落ちいに繋がりますので、注意しましょう。

 

借金の一本化に関するよくある質問

最後に用ある質問についてです。

借金を一本化に関するよくある質問
  • 審査は厳しいの?
  • 家族でもできるの?
  • 返済期間は変更出来るの?

審査はどのくらい厳しいの?

気をつけるポイントは以下です。

  • 申請まえに借金をできるだけ返済しておく
  • 安定した収入を確保しておく
  • 返済能力を証明する

申請まえに事前に簡単な審査を受けられる会社もありますのでそちらで試してみてもよろしいかと思います。

家族名義の借金もまとめられる?

本人以外は不可です。たとえ家族や親族であっても代理では不可能です。

返済金額の変更は可能でしょうか?

これは一本化する会社によります。

ほとんどの会社が後からでも変更できますので、返済期間を短縮したりすることもできます。

まとめ。借金の一本化をうまく活用しよう!

借金の一本化のまとめ
  • 借金の一本化は、借換や債務管理とは異なる
  • 借金の一本化には、返済の手間が省ける、月々の返済額が下がる、総量規制に引っかからないなどのメリットがある

いかがでしたでしょうか?普段聞きなれない方も多い借金の一本化ですが、今回の記事でそのメリットやデメリットが把握できたかと思います。

今現在、借金を抱えている方や今後不安な方はぜひ今回の記事で理解を深めて、活用してまるもわいかもしれません。

とはいえ、借金をしないことが1番重要であり、そのヒントを学びましょう。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です