ファクタリングおすすめ優良11社!即日・オンライン対応可能な会社を徹底比較【最新版】

ファクタリング_おすすめ

おすすめの優良なファクタリング会社はどこ?

今すぐお金が欲しい!!

銀行に融資を断れられてしまった。

この記事ではこんなお悩みを解消します。

ファクタリングは、銀行などの融資に比べて現金化できるスピードが圧倒的に早い資金調達方法です。

ファクタリングなら、最短12時間〜即日で資金調達ができます。

また、会社のキャッシュフローを大幅に改善するだけでなく、貸倒れのリスクも回避することもできるため、近年注目を集める資金調達の方法です。

ファクタリングの試算だけでもしてみたい方は、無料のファクタリング診断を利用しよう!

ファクタリングを検討されている方は、融資可能かどうかの状況確認も含めて、一度無料のファクタリング診断の利用がおすすめです。

ファクタリング診断は、法人の所在地を選択するなど、5項目を入力するだけで、おすすめのファクタリング会社を知ることができます!

目安時間、30秒で融資可能な金額がわかるだけでなく、必要に応じてそのまま申込することも可能です!

ファクタリングを検討している方だけでなく、少し気になっている方もまずは30秒の無料診断を活用しましょう!

無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

※ご入力頂きました情報は、個人情報保護指針に沿って管理致します。

※無理な勧誘は一切なく、相談は無料です。

法人・個人ともに使いやすいファクタリング会社を紹介していきますので、

ぜひ自分にぴったりの優良ファクタリング会社を見つけてみてくださいね。

おすすめのファクタリングをまとめると
  • ファクタリングとは、即日で現金を手に入れたい時におすすめの資金調達方法
  • ファクタリングの種類には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある
  • 取引先に資金繰りについてバレたくない方は、2社間ファクタリングがおすすめ
  • 優良なおすすめファクタリング会社の特徴は手数料が安い、アフターフォローがあることなど
  • スピード重視の方におすすめな優良ファクタリング会社はアクセルファクター!
  • オンラインで完結したい方におすすめな優良ファクタリング会社はアクセルファクター、OLTA、ビートレーディングなど
ランク サービス名 個人利用 即日対応 特徴
最短即日可能 最短当日に入金完了
最高1億円まで融資可能
最短即日可能 累計事業者数は10,000社の実績あり
手数料も低く、完全オンラインで完結
最短12時間 最短12時間入金と業界最高水準
対応エリアは全国

↓ アクセルファクターのお問合せはこちらから! ↓



※無理な勧誘はなく、相談は無料です。

目次

ファクタリングとは?種類と仕組みを解説

ファクタリング_おすすめ_ファクタリングとは

ファクタリングって具体的にはどういう仕組みで現金が手に入るの…?

ファクタリングって違法じゃないの?

この章では、そもそもファクタリングってどんな資金調達方法かよく分かっていない…という方のために、

ファクタリングの仕組みや種類について説明していきます。

ファクタリングの仕組みポイント
  • ファクタリングとは、売掛金などの今後得られる利益を先に買い取ってもらうことで現金化をするサービス
  • 『借入』ではないため、保証人や担保などがなく中小企業や個人事業主でも利用しやすい
  • ファクタリングには『2社間ファクタリング』と『3社間ファクタリング』がある
  • 2社間ファクタリング』→ 手数料が高くなるが、取引先にバレない・時間がかからないというメリットがある
  • 3社間ファクタリング』→ 取引先に承諾を得なければならない・時間がかかってしまうが、手数料が安い

ファクタリングとは

結論からお伝えすると、ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に渡し、

代わりに現金を手に入れることができる手続きです。

売掛金などの今後得られる利益を先に買い取ってもらうことによって、現金化することができるのです。

比較的最近できた資金調達の仕組みで、

経済産業省がファクタリングの普及に力を入れていることもあり、市場に浸透しつつあります。

つまり、銀行や消費者金融からお金を借りるいわゆる「借入」とは異なる資金調達方法です。

保証人や担保などは必要でなく、中小企業や個人事業主でも利用しやすいと言われています。

2社間ファクタリング

ファクタリングには主に2つの種類があり、そのうちの1つが2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と、ファクタリングを利用したい会社の2社間で行われる方法です。

大きなメリットとしては、取引先にファクタリングを利用していることがバレないという点です。

また、2社間でも取引のため手続きに時間がかからないということもメリットと言えます。

反対に、デメリットとしては、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなってしまうということです。

これは、万が一売掛債権が回収できなかった場合に、ファクタリング会社が被る被害が大きくなるからです。

取引先からの信頼を失いたくないと考えている経営者の方も多いと思いますので、そこを1番に考えている方は2社間ファクタリングをおすすめします。

3社間ファクタリング

続いて、3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と、ファクタリングを利用している会社、取引先の3社で行われるファクタリングのことを指します。

2社間ファクタリングと異なる点は、取引先に承諾を得なければならないという点です。

また、2社でなく3社間で行うため、資料の作成など手続きに時間がかかってしまうことも考えられます。

逆に、2社間ファクタリングと比較したメリットは、手数料が低いということです。

3社間ファクタリングと2社間ファクタリング、どちらもメリットとデメリットがあるので、優先順位を決めることが重要だと言えます。

おすすめできる優良ファクタリング会社の選び方5選

ファクタリング_おすすめ_優良ファクタリング_選び方

次に、本当におすすめできる優良ファクタリング会社を選ぶためのポイントを5つ紹介していきます。

手数料の安さから入金のスピード、信頼性などいくつかのポイントを考慮して選ぶことがおすすめです。

ファクタリング会社の選び方
  • 手数料の安さで選ぶ
  • 償還請求権の無いところを選ぶ
  • 手続きにかかる時間で選ぶ
  • 入金のスピードで選ぶ
  • 信頼性で選ぶ

ファクタリング会社は、認知度の高まりと共に、ここ数年で大きく数を増やしました。

借金をせずに資金調達をできる利便性や、最短即日の現金化ができる速達性が人気の高まりを支えています。

一方で、詐欺被害にあった業者や、気付かぬうちに、法外な手数料を支払っていたケースも散見されます。

ファクタリングは、一度申し込めば、同じ会社と長くお付き合いする会社さんが多いです。

そのため、どこのファクタリング会社を選ぶかは、非常に大切なポイントです。

まずは、下記のファクタリング診断を活用して、おすすめのファクタリング会社を診断しましょう!

無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

※ご入力頂きました情報は、個人情報保護指針に沿って管理致します。

※無理な勧誘は一切なく、相談は無料です。

比較ポイント①:手数料の安さで選ぶ

おすすめできる優良ファクタリング会社を選ぶ比較ポイント1つ目は、手数料の安さです。

ファクタリングの手数料は、1%~20%と、ファクタリング会社によって幅広く設定されています。

また、上記での触れましたが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは

手数料の相場が違い、2社間ファクタリングのほうが高く設定されています。

そのため、特に2社間ファクタリングをしたいと考えている方は、手数料の安さに注目してみると良いかもしれませせん。

比較ポイント②:償還請求権がないところを選ぶ

比較的最近できた資金調達の仕組みで、

ファクタリング会社を選ぶ時には償還請求権が無いところを選びましょう。

償還請求権があるファクタリング会社を選んでしまうと、

期日までに売掛金が回収できなかった時に代わりに支払う事態に陥ってしまいます。

そうなると、ファクタリングを利用するリスクがかなり高くなってしまいます。

このようなリスクを負わないためにも償還請求権が無しのところを選ぶのがおすすめです。

比較ポイント③:手続きにかかる時間で選ぶ

おすすめできる優良ファクタリング会社を選ぶためのポイント3つ目は、手続きにかかる時間で選ぶことです。

ファクタリング会社には、ファクタリング会社に出向いて契約や手続きを行わなければならないところや、

反対にオンラインで完結できるところがあります。

移動時間やコロナ禍であることを考えると、圧倒的にオンラインが手続きを早く・安全に進められます。

そのため、手続きにかかる時間はどれくらいになるかも比較の重要なポイントです。

手続きの方法については、主に以下のようなものがあります。

ファクタリング会社|手続きの方法
  • 対面
  • オンライン
  • 郵便
  • 電話

比較ポイント④:入金のスピードで選ぶ

おすすめできる優良ファクタリング会社を選ぶためのポイント4つ目は、入金のスピードです。

ファクタリングを利用する多くの会社や個人事業主の方は、急いで現金が必要な状況であることが想定されます。

そこで大事になってくるのが、必要な日までに現金が手に入るかどうかということです。

平均的な入金までにかかるスピードは、

入金までにかかるスピード
  • 2社間ファクタリングの場合:即日~2日
  • 3社間ファクタリングの場合:1週間~12日

ほどとなっています。

比較ポイント⑤:信頼性で選ぶ

おすすめできる優良ファクタリング会社を選ぶためのポイント5つ目は、信頼性で選ぶことです。

ファクタリングは貸金業ではないため比較的参入障壁が低く、

きちんとした運営会社もたくさんある一方、なかには法外な手数料を払わせる悪徳業者がいることも事実です。

実際に、金融庁も以下のような注意喚起を公表しています。

事業者が保有している売掛債権等を対象とする「事業者向けファクタリング」においては、ファクタリングを装って貸付けを行うヤミ金融業者が存在。また、ファクタリングであっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれ。
高額な手数料のファクタリングを利用すると、かえって資金繰りが悪化する可能性。
新型コロナウイルス感染症に便乗して、ヤミ金融業者による違法な貸付け等が行われる懸念もあるため、十分注意が必要。

出典:ファクタリングに関する注意喚起|金融庁

ファクタリングで悪徳業者を利用しないためには、会社の運営元の公式サイトや口コミを確認し、

安心して任せられるファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

>>>おすすめファクタリング11選のチェックはこちら!

おすすめ優良ファクタリング会社比較表

社名 手数料 入金スピード 償還請求権 利用可能額 種類 赤字決算 個人事業主 申し込み方法
アクセルファクター 2%~ 最短即日可能 無し 下限なし~1億 2社間
3社間
メール
FAX
郵送
オンライン
ベストファクター 2%~20% 最短即日可能 無し 30万~1億(1億以上は要相談) 2社間
3社間
電話
オンライン
出張訪問
来社
OLTA 2%~9% 最短即日可能 無し 特に設定なし 2社間
3社間
オンライン
ビートレーディング 2%~20% 最短12時間 無し 特に設定なし 2社間
3社間
医療
介護
電話
メール
来社
出張訪問
anew 2%~9% 最短即日可能 無し 下限なし~上限なし 2社間 × オンライン
TRY 5%~ 最短即日可能 無し 10万円~5,000万円(それ以上の相談可) 2社間 来社
訪社
ウィット 5%~ 最短即日可能 無し 30万円~500万円(それ以上も可) 2社間/3社間 電話
GMO BtoB早払い 1%~10%(請求書買取)
2%~12%(注文書買取)
最短2営業日 無し 100万円~1億円 2社間 × 来社
訪社
オンライン
三共サービス 5%~8%(2社間ファクタリング)
1.5%~5%(3社間ファクタリング)
最短即日可能 無し 50万円~3,000万円(それ以上も相談可) 2社間/3社間 × 来店
訪社
郵送
メール
FAX
PMG 記載なし 最短即日可能 無し ~2億円(それ以上も相談可) 2社間/3社間 オンライン
FAX
日本中小企業金融サポート機構 1%~10% 最短即日可能 無し 2社間/3社間 電話
面談
オンライン

おすすめ優良ファクタリング会社11選【厳選】

ファクタリング_おすすめ_優良ファクタリング会社_11選

選び方は分かったけれど実際おすすめなファクタリング会社ってどこ?
おすすめのファクタリングの口コミが気になる…

ここからは、編集部が厳選したおすすめの優良ファクタリング会社を11個紹介していきます。

それぞれのファクタリング会社に、違った特徴があるので、

おすすめポイントなども確認しながら利用を検討してみてくださいね。

いち早く、おすすめのファクタリング会社を把握されたい方は、ファクタリング診断とランキングを上手に使い分けてみてください!

無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

※ご入力頂きました情報は、個人情報保護指針に沿って管理致します。

※無理な勧誘は一切なく、相談は無料です。

ランク サービス名 個人利用 即日対応 特徴
最短即日可能 最短当日に入金完了
最高1億円まで融資可能
最短即日可能 累計事業者数は10,000社の実績あり
手数料も低く、完全オンラインで完結
最短12時間 最短12時間入金と業界最高水準
対応エリアは全国

第1位【高額買取の実績あり】アクセルファクター

アクセルファクター

アクセルファクターは、それぞれの法人や個人事業主に合わせて柔軟に対応してくれるところが魅力のファクタリング会社となっています。

例えば、最低買取手数料はなく、数千円からでも対応してくれることや、最長180日支払いの債権に対応してくれることなどが挙げられます。

審査通過率も93%と高い水準になっており、他のファクタリング会社では断られたケースも、一度アクセルファクターに相談してみるとすんなり通る可能性もあります。

アクセルファクターのおすすめポイント
  • 少数債権にも対応しているところ
  • 最短即日で入金が可能
  • 審査は最短1時間程度で終わる
ファクタリングサービス名 アクセルファクター
運営会社 株式会社アクセルファクター
手数料 2%~
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 下限なし~1億
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 メール・FAX・郵送・オンライン

アクセルファクターの評判・口コミ

アクセルファクターは、迅速な対応が好評ですが、当日対応は場合によるとの口コミもあるようです。

↓ アクセルファクターのお問合せはこちらから! ↓



※無理な勧誘はなく、相談は無料です。

第2位【手数料が安い】OLTA

OLTA

OLTAは、ファクタリング会社の中では珍しい、オンライン型のファクタリング会社です。

会社設立は2017年ですが、すでにこれまでの累計事業者数は10,000社を超えており、累計の申し込み額は400億円を突破しています。

そのため、比較的新しいサービスではありますが安心して利用することが可能です。

また、手数料も2%~9%と比較的低く設定されています。

現在は特にコロナ禍の影響もあり、オンラインで済むなら全部オンラインで済ませたいと考えている方も多いかと思いますので、ぜひ検討してみてくださいね。

OLTAのおすすめポイント
  • 手続きがオンライン完結なので時間がなくても簡単にできる
  • 最短即日で入金が可能
  • 利用可能額が決まっていないので個人・法人ともに利用しやすい
ファクタリングサービス名 OLTA
運営会社 OLTA株式会社
手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 特に設定なし
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 オンライン

第3位【最短12時間で入金】ビートレーディング

ビートレーディング

ビートレーディングは、とにかくはやく現金化したい方におすすめのファクタリング会社です。

なぜなら、最短即日ではなく、最短12時間で入金した実績を持っているからです。

また、2020年では月間契約数が400件、最大買取率98%と多くの方が利用していることから、信頼性も高いファクタリング会社となっています。

通常のファクタリングの他に、医療や介護に特化したファクタリングサービスも提供しているので、医療系の業界の方にもおすすめです。

ビートレーディングのおすすめポイント
  • 最短12時間の圧倒的な入金スピード
  • 対応エリアは全国◎
  • より早く現金化できる「注文書ファクタリング」サービスを提供
ファクタリングサービス名 ビートレーディング
運営会社 株式会社ビートレーディング
手数料 2%~20%
入金スピード 最短12時間
償還請求権 無し
利用可能額 特に設定なし
対応ファクタリング 2社間/3社間・医療・介護
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 電話・メール・来社・出張訪問

ビートレーディングの評判・口コミ

ビートレーディングは、資金調達の幅が広い点が好評のようです。

\ おすすめ記事/

ビートレーディング の評判・口コミは実際どう?【激辛】デメリット・メリットまで徹底解説

第4位【即日・個人OK】ベストファクター

ベストファクター

ベストファクターは、株式会社アレシアが運営しているファクタリングサービスです。

平均買取率は92.2%とかなり高い水準になっており、最低30万円~1億円までと幅広い額に対応しているため、

個人事業主から法人まで全ての方におすすめできるファクタリング会社となっています。

また、2020年5月実施の日本トレンドリサーチの調査によると、

経営者に紹介したいファクタリング会社など複数の分野でNo.1となっています。

ベストファクターのおすすめポイント
  • 手数料が業界の中でも最低水準の2%~と低めに設定されている
  • 最短即日で入金が可能
  • セキュリティー対策にも力を入れている
ファクタリングサービス名 ベストファクター
運営会社 株式会社アレシア
手数料 2%~20%
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 30万~1億(1億以上は要相談)
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 電話・オンライン・出張訪問・来社

第5位【オンライン完結で簡単】anew

anew

anewは、先ほど紹介したOLTAを運営しているOLTA株式会社と、新生銀行が共同で運営しているクラウドファクタリングです。

OLTAと同じで、完全オンライン型のサービスとなっています。

OLTAと違う部分は、法人のみ利用可能なところです。

また、譲渡禁止特約付債権の買取も可能となっており、2社間のファクタリングサービスの中では融通の利く部分が多いのが特徴だと言えます。

anewのおすすめポイント
  • オンライン完結ですばやく資金調達が可能
  • 最短即日で入金できる
  • 2社間ファクタリングの中では手数料が低め
ファクタリングサービス名 anew
運営会社 OLTA株式会社/新生銀行
手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 下限なし~上限なし
対応ファクタリング 2社間
赤字決算
個人事業主 ×
申し込み方法 オンライン

第6位【最短即日で現金化】TRY

TRY

TRYは、株式会社SKOが運営しているファクタリングサービスです。

2社間ファクタリングに対応しており、最短即日での現金化が可能となっています。

また、アフターフォローにも力を入れており、コンサルティングサービスやマッチングサービスといったファクタリング後の資金繰りを改善していくサービスを行っています。

TRYのおすすめポイント
  • 対応エリアは全国なので地方在住の方でも利用しやすい
  • 最短即日入金可能◎
  • アフターフォローにも力を入れている
ファクタリングサービス名 TRY
運営会社 株式会社SKO
手数料 5%~
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 10万円~5,000万円(それ以上の相談可)
対応ファクタリング 2社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 来社・訪社

第7位【小口取引に特化】ウィット

ウィット

ウィットは、500万円以下の小口取引に特化したファクタリングサービスです。

現金化までのスピードは、最短2時間でと圧倒的で、初回でも電話1本で利用可能となっています。

中小企業の中でも、そこまで大きな額でなくて良いから早く資金調達したいという経営者の方や、個人事業主の方におすすめだと言えます。

ウィットのおすすめポイント
  • 小口取引に特化したファクタリングサービス
  • 最短2時間で入金可能◎
  • コンサルティングも行っている
ファクタリングサービス名 ウィット
運営会社 株式会社ウィット
手数料 5%~
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 30万円~500万円(それ以上も可)
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 電話

第8位【法人に特化したファクタリング】GMO BtoB早払い

GMOBtoB早払い

出典:GMO BtoB 早払い

GMO BtoB早払いは、インターネット関連会社大手のGMOグループが運営していることもあり、信頼性が高いファクタリングサービスと言えます。

請求書が発行される前の「注文書」の状態の場合にも、受注したらすぐに現金を手に入れることが可能なサービスもオプションとして実施しています。

東証一部上場企業が運営していることもあり、利用可能額は100万円から、利用可能なのは法人のみとなっています。

GMO BtoB早払いのおすすめポイント
  • 大口取引の法人に向いている
  • 注文書の状態でも現金化可能
  • 専任の担当者が対応
ファクタリングサービス名 GMO BtoB早払い
運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
手数料 1%~10%(請求書買取)
2%~12%(注文書買取)
入金スピード 最短2営業日
償還請求権 無し
利用可能額 100万円~1億円
対応ファクタリング 2社間
赤字決算
個人事業主 ×
申し込み方法 来社・訪社・オンライン

第9位【事務手数料初回無料】三共サービス

三共サービス

三共サービスは、銀行やノンバンクの元社員などの、資金調達や金融についての深い知識を持っているスタッフが多いファクタリング会社です。

また、拠点は関東にありますが、メールやFAX、郵送などの手段を利用して地方在住の方でも気軽に利用できる環境がととのっています。

他にも、他社から乗り換えてくれた方に対して約10%ほど安くなる乗り換えキャンペーンや、初回利用の方は事務手数料が無料などのキャンペーンも行っているので、安く使いたい方にもおすすめです。

三共サービスのおすすめポイント
  • 初回利用で最大5万円の事務手数料が無料
  • 1回の利用で経営改善率92.7%
  • 全国対応◎
ファクタリングサービス名 三共サービス
運営会社 株式会社三共サービス
手数料 5%~8%(2社間ファクタリング)
1.5%~5%(3社間ファクタリング)
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 50万円~3,000万円(それ以上も相談可)
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主 ×
申し込み方法 来店・訪社・郵送・メール・FAX

第10位【入金スピードに特化】PMG

PMG

PMGは、中小企業に最も頼られる支援機関になることを目指しているファクタリング会社です。

実際に令和3年度9月のお問い合わせは860件、申し込みは101件、ご成約数も51件としっかりと実績があることが分かります。

また、利用可能額は2億円までと比較的大口取引に向いていると言えるでしょう。

手数料が明記していないところが少しデメリットではありますが、大体2%~20%が相場となっていますので、それ以上に高いということはないでしょう。

PMGのおすすめポイント
  • 利用可能額が大きいので法人向き
  • 実績が豊富にある
  • 入金までのスピードが速い
ファクタリングサービス名 PMG
運営会社 ピーエムジー株式会社
手数料 記載なし
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額 ~2億円(それ以上も相談可)
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 オンライン・FAX

第11位【手数料が最安級】日本中小企業金融サポート機構

中小企業金融サポート

日本中小企業金融サポート機構は、これまでに紹介してきた他のファクタリング会社とは少し異なり、非営利団体によるファクタリングサービスです。

最短30分で申し込みが完了するので、あまり時間の取れない方におすすめです。

審査通過率が高いのが特徴で、95%にものぼります。

また、手数料も1%~10%と、下限上限ともに低く設定してあるため、手数料が気になるという方にはおすすめできるファクタリングサービスです。

日本中小企業金融サポート機構のおすすめポイント
  • 手数料が1%~と低い
  • オンラインでも対応している
  • 他の資金調達方法も提供している
ファクタリングサービス名 日本中小企業金融サポート機構
運営会社 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
手数料 1%~10%
入金スピード 最短即日可能
償還請求権 無し
利用可能額
対応ファクタリング 2社間/3社間
赤字決算
個人事業主
申し込み方法 電話・面談・オンライン

日本中小企業金融サポート機構の評判・口コミ

日本中小企業金融サポート機構の良いポイントは、手数料が比較的低い点が好評のようです。

【入金スピードで比較】おすすめファクタリング厳選3選

この章では、特に『入金スピード』で好評なファクタリング会社を3つだけ厳選して紹介します。

なるべき早く入金が必要で、お急ぎの方は以下の3つがおすすめです。

入金スピードがおすすめファクタリング3選
  • 第1位:アクセルファクター|入金最短即日〜
  • 第2位:ビートレーディング|入金最短12時間〜
  • 第3位:ベストファクター|入金最短即日〜

第1位:アクセルファクター|入金最短即日〜

アクセルファクター

アクセルファクターは、個人事業主から中小企業のファクタリングまで幅広く手がけている

業界トップクラスの大手ファクタリング会社です。

少額からの利用に特化しているので、少しの額をいますぐ調達したいという方におすすめできます。

また、アクセルファクターは徹底して顧客目線のサービス内要としているのが特徴で

ファクタリング利用金額の下限を設けておらず、数千円からの申し込みも可能なのがポイントです。

さらに、アクセルファクターでは柔軟な対応も好評で契約社数の大半が即日契約をしているという実績も持っています。

↓ アクセルファクターのお問合せはこちらから! ↓



※無理な勧誘はなく、相談は無料です。

第2位:ビートレーディング|入金最短12時間〜

ビートレーディング

ビートレーディングは、申し込みから入金までの対応時間が『最短12時間』と

入金スピードで高評価なファクタリング会社です。

入金スピードが早い理由は、柔軟な対応にあり、必要書類がは3つだけなのも特徴です。

必要書類がすぐに用意できなかった場合でも代替方法やビートレーディング独自の審査基準ですぐに対応をしてくれます。

実際に、ビートレーディングの契約数は98%を超えており、初めての方や急いでいる方におすすめです。

ビートレーディング の評判・口コミは実際どう?【激辛】デメリット・メリットまで徹底解説

第3位:ベストファクター|入金最短即日〜

ベストファクター

ベストファクターは、即日振り込みに特化した専門ファクタリング会社です。

必要書類や、必要情報がシンプルなため手間が限りなく少ない他、

償還請求権のない完全買取のファクタリング会社のため、万が一請求先から売掛金が回収できなくても

申し込みした側に請求がこないという点も、申し込みの障壁が低く人気なポイントとなっています。

ファクタリングのリスクや、償還請求に対してネガティブなイメージをお持ちの方は、

まずはベストファクターに相談をしてみましょう。

【個人事業主向け】おすすめファクタリング厳選3選

続いて、個人事業主向けのおすすめファクタリングを紹介します。

個人事業主がファクタリングを選ぶ際は、面倒な手続きも柔軟に対応をしてくれたり

即日や少額ファクタリングにも対応しているファクタリング会社がおすすめです。

それでは、以下ではそれぞれ詳しく解説をします。

個人事業主向けおすすめファクタリング
  • 第1位:アクセルファクター
  • 第2位:anew
  • 第3位:OLTA

第1位:アクセルファクター

アクセルファクター

個人事業主に最もおすすめなファクタリング会社は『アクセルファクター』です。

アクセルファクターは、銀行による中小企業の踏み台化などを課題とし”全ての企業の役に立つ”会社となることを企業理念としており、

個人事業主への対応も手厚いことで人気です。

例えば、利用金額の下限を設けておらず数千円からのファクタリングも利用できるほか、

事情や状況に合わせた審査基準を持ってして、これまで契約した大半の企業が即日融資を受けているという実績を持っています。

個人事業主の方で、他のファクタリング会社で断られてしまった方や、初めてで不安な方は

まずアクセルファクターに相談をしてみると良いでしょう。

↓ アクセルファクターのお問合せはこちらから! ↓



※無理な勧誘はなく、相談は無料です。

第2位:anew

anew

anewは、新生銀行と大手ファクタリング会社『OLTA』が合同で手がける新興ファクタリング会社です。

特徴は、完全オンラインで申し込みから入金が完結する点で、人件費を削減しているため『手数料が安い』ことでも人気を博しています。

見積もりだけでも最短24時間以内に完結し、他のファクタリング会社と比較をしてみたいという方にもおすすめです。

また、anewも個人事業主に対応できるようファクタリングの利用下限金額は設定をしておらず

少額でも使いやすいのが特徴です。

第3位:OLTA

OLTA

OLTAは、完全オンラインで完結するクラウドファクタリングを特徴とするファクタリング会社です。

累計利用事業者数は10,000社を超え、提携銀行数も国内No1を獲得しています。(2021年 6月 OLTA株式会社調べ)

anewと同様、完全オンラインで人件費を削減しているため手数料が安く、コストをかけずにファクタリングができる点も魅力的です。

ファクタリングの方法

ファクタリング_おすすめ_ファクタリングの方法

ファクタリングの仕組みがなんとなくわかったところで、次にファクタリングの方法についてみていきましょう。

一般的によく利用されているのが、買取ファクタリングですが、他にもファクタリングの方法はいくつかありますので、それぞれについて見ていきましょう。

ファクタリングの方法
  • 買取ファクタリング・・・持っている売り掛け債務権を「償還請求権なし」で買い取ることによって、現金化する方法
  • 保証ファクタリング・・・売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社に代わりに保証をしてもらうことができる方法
  • 国際ファクタリング・・・海外の取引先との間で売掛金を回収できなかった場合の保険としてファクタリング会社に保証をしてもらえる方法

買取ファクタリング

まず、買取ファクタリングとは、ファクタリング利用者が持っている売掛債権をファクタリング会社が「償還請求権なし」で買い取ることによって、現金化する方法です。

償還請求権がないため、万が一貸し倒れになってしまっても、ファクタリング利用者がお金を返還する必要がないということも大きな特徴です。

手数料は高めですが、すぐに現金を手に入れることができるのも買取ファクタリングのメリットです。

償還請求権とは
  • 期日になっても、払うべき人からの支払いがなされなかった場合に、代わりに支払いをする責任を負わせることのできる権利のこと

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、取引先からもしも売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社に代わりに保証してもらうことのできる方法です。

ただ、あまりにもリスクが高すぎる場合は引受できない場合もあるので、ファクタリング会社が取引相手の与信調査をしてから保証ファクタリングが可能かどうかが決まります。

保証ファクタリングは、1つの取引先に対する依存度が高い場合や、取引相手がきちんとお金を支払えるのか心配である…といった場合に利用するのがおすすめの方法です。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外の取引先との間で売掛金を回収できるなかった場合の保険としてファクタリング会社に保証してもらえる方法です。

一般的に、海外の企業とやり取りするときには、取消不能信用状や、輸出貿易保険などをかけておくことが望ましいですが、コストがかかったり、手続きが面倒だったりすることから代わりにファクタリングを使うことが広まってきています。

国際ファクタリングは比較的大口の取引にしか利用できないことには注意が必要です。

医療ファクタリング

医療ファクタリングは、医療機関のためのファクタリングで、医療機関と社会保険診療基金もしくは国民健康保険団体連合会と、ファクタリング会社の3社間で行われます。

医療ファクタリングの特徴は、取引先が、国保や社保といった国の機関なので審査が厳しくないこと、償還請求権がないということが挙げられます。

しかし、実質医療機関↔ファクタリング会社の間でのやり取りとなるので、一般的な3社間ファクタリングよりも手数料が高いというデメリットもあります。

ファクタリングのメリット

ファクタリング_おすすめ_ファクタリング_メリット

おすすめのファクタリング会社が分かったところで、改めてファクタリングのメリットについて確認しておきましょう。

他の資金調達方法ではなく、ファクタリングを使ったほうがよい状況やファクタリングならではの良い点を解説していきます。

ファクタリングのメリット
  • 急に現金が必要な際に役立つ
  • 回収できなくても取り立てられない
  • 保証人などが必要ない

急に現金が必要な際に役立つ

ファクタリングのメリット1つ目は、急に現金が必要な際に役立つということです。

基本的に日本では、「信用取引」をしている企業が多く、後から売掛金を入金してもらうという仕組みになっています。

しかし、ファクタリングは、申し込みから最短24時間以内に現金化することができます。

そのため、急に現金が必要になったり、資金繰りが苦しかったりする時に非常に役立つ資金調達方法と言えます。

回収できなくても取り立てられない

ファクタリングのメリット2つ目は、最悪回収できなくても取り立てられないということです。

もしも期日までに売掛金を回収できなくても、ファクタリングには「償還請求権」が無いところがほとんどなので、代わりに支払う必要がありません。

ただ、悪徳なファクタリング会社と契約を結んでしまうと、この償還請求権を有りにしている場合もあるので、契約の際には注意が必要です。

保証人などが必要ない

ファクタリングのメリット3つ目は、保証人や担保が必要ないというところです。

なぜなら、ファクタリングは借入や融資ではないからです。

そのため、手続きにかかる時間なども短縮されたり、契約のハードルが下がったりするところはファクタリングのメリットと言えます。

ファクタリングのデメリット

ファクタリング_おすすめ_ファクタリング_デメリット

続いて、反対にファクタリングのデメリットにはどんなものがあるのかを確認していきましょう。

ファクタリングのデメリットは主に以下の2つです。

手数料が高め

ファクタリングのデメリット1つ目は、手数料が高めなところです。

ファクタリングの手数料が比較的高く設定されているのは、貸し倒れが起こった時のリスクをファクタリング会社が代わりに負っているためです。

また、ファクタリングは貸金業にあたらないので、制限なども特にされていないという点も手数料が高くなってしまう原因です。

最大20%くらいまでは普通ですが、30%などに設定されているファクタリング会社がもしあれば、利用しないことをおすすめします。

3社間だと取引先にバレる

ファクタリングのデメリット2つ目は、3社間だと取引先にファクタリングで資金調達していることがばれてしまうということです。

どうしてもバレたくないという経営者の方、個人事業主の方はやや手数料が高くなってしまいますが2社間ファクタリングを利用しましょう。

ファクタリングを利用するときの手順

ファクタリング_おすすめ_手順

おすすめなファクタリング会社をみて、何となくここにしようかな?と決めた方も多いかと思います。

そこで、実際にファクタリングを利用するときの申し込み手順や必要書類についてここでは解説していきます。

実際は若干会社ごとに手順が異なることもありますが、大まかにはこのような流れです。

STEP.1
ファクタリングの内容を決める
オンラインや電話、対面などファクタリング会社によってさまざまですが、まずどのようなファクタリングを行いたいかなどをざっくりと決めます。
STEP.2
【3社間の場合】取引先に許可をもらう
2社間ファクタリングの場合には必要ありませんが、3社間ファクタリングでは、取引先にも承諾してもらう必要があるので、ここで確認を取ります。
STEP.3
申し込み用紙記入・必要書類の提出
許可を得たら、実際に申し込み用紙に金額などを記入し、申し込みをします。ここで一般的に必要となるのは、以下のような書類になります。先に準備しておくとスムーズです。

申し込みに必要な書類
法人

  • 請求書(注文書)
  • 昨年度の決算書
  • 通帳/WEB通帳(銀行口座の入出金明細直近7ヶ月分)
  • 本人確認書類

個人事業主

  • 請求書
  • 昨年度の確定申告書
  • 通帳
  • 本人確認書類
STEP.4
審査
申し込んだ内容で回収できるかどうかを審査します。審査に通れば、入金され、ファクタリングによって資金調達することができます。

ファクタリングの申し込みで気を付けるポイント

ファクタリング_おすすめ_気を付けるポイント

前の章では、ファクタリングの流れについて紹介してきましたが、ここでファクタリングの申し込みで気を付けるポイントについていくつか確認しておきましょう。

悪徳なファクタリング業者や、契約後に、契約時の内容と違う…なんてことにならないためにも、ファクタリング申し込みの際には、以下のポイントに気を付けましょう。

ファクタリング申し込みで気を付けるポイント
  • 違法なファクタリング会社に注意
  • 契約内容の不安や疑問は契約前に確認する
  • 契約書などは手元に保管しておく
  • 費用の内訳などを細かくチェックする

違法なファクタリング会社に注意!

ファクタリングの申し込みの際に気を付けるべきポイント1つ目は、違法なファクタリング会社に申し込まないようにすることです。

違法なファクタリング会社の特徴には以下のようなものがあります。

違法なファクタリング会社の特徴
  • 売掛金の回収が遅れたら手数料を払わなければならない
  • 貸し倒れした場合にファクタリング利用会社が払わなければならない
  • 金利がある

上記のような特徴を持っているようなファクタリングは、通称「偽装ファクタリング」と呼ばれています。

ファクタリングは貸金業ではないので、返済や融資などの言葉は通常出てきません。

何か変だなと感じたら、契約する前に他のファクタリング会社などと比較してみるのがおすすめです。

契約内容の不安や疑問は契約前に確認する

ファクタリングの申し込みの際に気を付けるべきポイント2つ目は、契約内容の不安や疑問や契約前に確認しておくことです。

契約書の内容を見て、

なんとなくしか理解できていない…
この手数料はどういう計算で決まっているの?

という状態のまま契約書にサインするのは絶対にやめましょう。

優良ファクタリング会社であれば、スタッフも疑問や不安には答えてくれますので、疑問を残さないように心がけてくださいね。

契約書などは手元に保管しておく

ファクタリングの申し込みの際に気を付けるべきポイント3つ目は、契約書などを手元に保管しておくことです。

契約書を手元に残していないと、万が一契約と違う手数料を請求されたり、何かトラブルが起こったときに不利な立場になってしまいます。

基本的なことですが、こちらもポイントとして抑えておきましょう。

費用の内訳などを細かくチェックする

ファクタリングの申し込みの際に気を付けるべきポイント4つ目は、費用などの内訳を細かくチェックしておくことです。

契約書などはたくさんの情報が記載されているため、正直読み飛ばしてしまうところもあるかもしれません。

しかし、かかる費用の内訳については、何にどのくらいかかっているのかを項目ごとに細かくチェックし、納得してから契約するようにしましょう。

おすすめのファクタリングでよくあるQ&A

ファクタリング_おすすめ_よくある質問

最後に、おすすめのファクタリング会社に関連してよくある質問について答えていきます。

これまでで何か疑問が浮かんでいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Q:ファクタリング会社は複数利用することは可能?

A:ファクタリング会社を複数利用することは、可能です。

ただ、すでに1つのファクタリング会社に譲渡した売掛債権を他のファクタリング会社に売ることはできない点には注意が必要です。

これを行ってしまうと二重譲渡となり、詐欺罪などにあたるためです。

Q:銀行融資などとの違いは?

A:ファクタリングと銀行融資などとの違いは、「借入」か「買取」かということです。

銀行融資などは「借入」にあたり、担保や保証人などで返済能力をアップさせることも可能です。

また、審査などに時間がかかることがほとんどで、大体1ヶ月程度は見ておいたほうが良いでしょう。

ファクタリングは売掛債権等の「買取」なので、売掛債権の金額がそのまま買取の上限金額になります。

最短即日で現金化することができるので、はやく現金を手に入れたい方におすすめです。

Q:ファクタリングができない業種はある?

A:特にファクタリングに業種の縛りなどはないところがほとんどです。

ただし、一部のファクタリング会社では、風俗系の業種などはファクタリングできないところもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

おすすめの優良ファクタリング会社 まとめ

ファクタリング_おすすめ_まとめ

今回の記事では、おすすめの優良ファクタリング会社と、自社に合ったファクタリング会社の選び方などを紹介してきました。

また、合わせてファクタリングのメリット・デメリットや申し込みの注意点なども解説してきました。

即日で現金化したい、直近の資金繰りが苦しい…といった方にはファクタリングがおすすめです。

違法なファクタリング会社に気を付けながら、自社にとって一番合う優良ファクタリング会社を利用してみてくださいね。

おすすめは、30秒であなたにピッタリのファクタリング会社が見つかる、ファクタリング診断を活用することです!

無料かんたん診断
ファクタリング無料診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

※ご入力頂きました情報は、個人情報保護指針に沿って管理致します。

※無理な勧誘は一切なく、相談は無料です。

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

 

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です