審査なしでお金を借りるには?即日融資可能なカードローンを完全ガイド

審査なしでお金を借りる方法ってないの?

審査に落ちてしまってお金を借りることができない…

この記事では、急な旅行や、引っ越し、冠婚葬祭などなど…『今すぐお金が必要』なときの対処法を解説します。

お金を借りようにも、学生や未成年、専業主婦の方の場合、ハードルが高いのは審査ですね。

結論からお伝えすると、ローンを使った『審査のない』お金を借りる方法はありません。

安全に確実にお金を借りるとしたら、審査が通りやすいコツを使ってお金を借りるのがおすすめです。

そこでこの記事では以下のことを解説します。

審査なしでお金を借りるポイント
  • 少額であっても、ローンでお金を借りるには審査が必要
  • 審査が通らないからといって闇金などから借りると危険なので厳禁
  • 今すぐできるだけ審査が柔軟なお金を借りる方法はアイフル
  • アイフルは業界トップクラスの審査通過率を誇り、柔軟に対応をしてくれる
  • アイフルは、WEBで申し込みから借入・返済まで簡潔し、バレたくない!急ぎたい!という方に選ばれている

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓



\ Web申し込みなら最短25分! /


当記事の監修者

ファイナンシャルプランナー
恩田雅之さん

1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。セミナーと執筆では初心者の方にもわかりやすいよう平易な言葉を選んだ説明に心がけています。

恩田雅之さん公式ホームページ

目次

審査なしでお金を借りる方法3選【最短1時間】

基本的には、審査なしでお金を借りることはできません。

ただし、状況と場合によっては審査なしでも今から1時間でお金を借りることができる人もいます。

以下の特徴に当てはまる人は、このまま記事を読み進めましょう。

審査なしでお金を借りられる人
  • クレジットカードを持っていて、キャッシング枠がある方
  • 質屋さんに行ける・質屋に持っていける高価なものを持っている方
  • 解約返戻金のある生命保険の契約者の方

当てはまらない方は、

この方法を使ってお金を借りることはできません。

審査なしでお金を借りることはできませんが、審査に通るコツを使って通過して仕舞えばお金を借りることはできます。

審査に通るコツを次の章でチェックしましょう!

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを発行した時点で、キャッシング枠がある方は今すぐお金を借りることができます。

キャッシング枠が付いているかわからない方は、クレジットカード会社に問い合わせをしましょう

キャッシングをするには、クレジットカードの提携金融機関のATMや銀行窓口、コンビニATMやマルチメディア端末で現金を引き出すことができます。

手続き自体は、銀行口座から現金を引き出す時とほとんど変わりません。

ATMを使ってキャッシングをする
  • ATM端末で『お引き出し』を選択
  • クレジットカードを差し込む
  • クレジットカードの『暗証番号』を入力
  • キャッシングを選択
  •  借入金額を入力

今すぐ、コンビニや近くの銀行ATMに行きましょう!

質屋さんでお金を借りる

質屋では、ゲーム品やブランドバック・財布・靴・衣類など値打ちのものを持っていくと、預ける代わりに一定期間お金を借りることができます。

お金を借りる際に、『ご自身の借入履歴や、クレジットカードヒストリー、事故情報』などは考慮されないので

過去の借入履歴が問題でお金を借りることができない方におすすめです。

品物の査定がされ、価値に見合うお金を借りることができ、借りたお金を返すと代わりに品物も返してもらえるので誰でも手軽に利用できます。

ただし、以下のようなデメリットがあるので、借りる際は慎重に選びましょう。

質屋でお金を借りるデメリット
  • 利率が高い
  • 預けた品物以上の額を借りることはできない
  • 3ヶ月ごとに金利の支払いをする
  • 元金の返済は一括返済しかできない

生命保険に加入しているなら契約者貸付制度

生命保険に加入している場合は、多くの場合サポート内容に『契約者貸付制度』なるものが含まれています。

契約者貸付制度とは、解約返戻金と呼ばれる積立型の生命保険を解約した際に支払われる料金を担保に、保険会社からお金を借りることができる制度です。

保険を継続したままお金を借り入れることができるほか、カードローンよりも金利が低いなどが利用するメリットです。

一方で返済をしないと保険が解約になってしまったり、借入金額が保険金から相殺され将来的に受け取れる保険料が減ってしまうなどのリスクがあります。

また、契約者貸付制度は名の通り『契約者』しか借入をすることができないので、限られた人しか借入ができないという点もデメリットです。

審査なしでお金を借りることは厳しい

冒頭でも少し触れたように、ローン・借入において、審査なしでお金を借りることはできません。

ですが、審査に通れば即日でお金を借りることは可能です。

審査が必要な理由やどのような方法で即日でお金を借りることができるのかを見ていきましょう。

審査なしでお金を借りることはできない
  • お金を借りるには審査が必要
  • 10万円以下でも審査は必要
  • 電話での在籍確認なしでお金を借りられるカードローンはある

審査なしでお金を借りられることはない

まず、カードローンでは、お金を借りる人に「本当に返すことができるのか」を証明してもらう必要があります。

そのため、何の審査もなしではお金を借りることはできないのです。

具体的には、以下のようなポイントを見るために審査をしています。

カードローンの審査で見ているポイント
  • 身元の証明はできるか
  • 普段安定して収入があるか
  • 稼いでいるお金で返済できないほどの額を借りようとしていないか
  • これまで金融事故を起こしたことはないか

10万円以下でも審査は必要

カードローンでは、10万円以下の少額借入であっても、審査は必要です。

理由は、「貸金業法」という法律で審査が義務付けられているためです。

法律で決まっているので、金額の大小によって、審査の有無は左右されません。

どうしても審査なしで少額のお金を借りたい場合は、家族などにお願いするのも1つの手です。

電話での在籍確認なしでお金を借りられるカードローンはある

在籍確認なしなしというのは厳しいですが、「電話」による在籍確認なしでお金を借りられるカードローンはあります。

家族や職場の人にお金を借りていることを知られたくないという方には、このようなカードローンの利用がおすすめです。

次の章では、即日でお金を借りられるカードローンを紹介していきます。

即日でお金を借りられるカードローンの中には、電話での在籍確認なしでお金を借りられるカードローンもあるので、ぜひ確認してみてください。

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓



\ Web申し込みなら最短25分! /


即日でお金を借りられるおすすめカードローン5選

ここでは、即日でお金を借りることができるおすすめのカードローンを紹介していきます。

運営元もしっかりしており、安心して借りることのできるカードローンを厳選しましたので、即日で審査にも時間をかけずお金を借りたい!という方は要チェックです。

また、以下の表は、5つのカードローンの審査通過率を示していますので、不安な方はこちらも参考にしてみてください。

カードローンの審査通過率
カードローン名 実質年率 審査通過率
プロミス 4.5%~17.8% 約39%
アイフル 3.0%~18.0% 約35%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 約40%
アコム 3.0%~18.0% 約42%
レイクALSA 4.5%~18.0% 約30%

アイフル

アイフルは、国内の消費者金融の中でも大手で、最短で即日の融資が可能です。

WEB申し込みなら、最短25分融資も可能となっており、とても急いでいるという方でも問題なく利用できそうです。

また、原則電話での在籍確認は行っていません。

アイフルの基本情報は以下の通りです。

【アイフルの基本情報】

限度額 800万円
審査にかかる時間 最短25分
受付時間 【申し込み】24時間【審査受付時間】9:00~21:00(土日祝含む)
利用対象者 20歳~69歳の安定した収入をお持ちの方
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
遅延損害金 20.0%
必要書類 身分証明書・収入証明(50万円以下は不要)
学生の利用
WEB申し込み・審査
保証会社 アイフル
実質年率 3.0%~18.0%
保証人・担保 キャッシングローンの場合不要
コンビニATM利用

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓



\ Web申し込みなら最短25分! /


プロミス

プロミスは、はじめての利用ならメールアドレス登録と、WEB利用明細で初回利用の翌日から30日間は利息が0円です。

1ヶ月以内には返せるのだけれど、今すぐお金が必要…という方におすすめできます。

また、プロミスを運営しているのは、大手企業である株式会社三井住友フィナンシャルグループの「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」なので、運営元も安心です。

プロミスでは、スマホ専用のアプリローンも用意されており、キャッシング用のカードの発行無しでお金を借りることができます。

そのため、家族や周りの人にバレるリスクがほとんどありません。

そんなプロミスの基本情報は以下の通りです。

【プロミスの基本情報】

限度額 500万円
審査にかかる時間 最短30分
受付時間 24時間
利用対象者 20歳~69歳の安定した収入のある方
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
遅延損害金 20.0%
必要書類 身分証明書・収入証明(50万円以下は不要)
学生の利用
WEB申し込み・審査
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
実質年率 4.5%~17.8%
保証人・担保 不要
コンビニATM利用
収入証明に使える書類
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書

SMBCモビット

SMBCモビットも、電話での在籍確認なしでお金を借りることができるカードローンです。

簡易審査であれば10秒程度で分かるので、まずは自分の条件で借りられるかどうか知りたいという方は、一度簡易審査をやってみることをおすすめします。

学生や主婦の方でも申し込み可能なので、迷っている方はぜひ申し込んでみてください。

また、三井住友銀行のATMであれば、手数料が無料なので借入時と返済時にかかるお金を節約することができます。

SMBCモビットの基本情報は、以下の通りです。

【SMBCモビットの基本情報】

限度額 800万円
審査にかかる時間 最短10秒簡易審査
受付時間 24時間
利用対象者 20歳~69歳の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
遅延損害金 20.0%
必要書類 身分証明書・収入証明
学生の利用
WEB申し込み・審査
保証会社 SMBCモビット
実質年率 3.0%~18.0%
保証人・担保 不要
コンビニATM利用

アコム

アコムは、プロミスやアイフルと並んで、大手の消費者金融となっています。

アコムでははじめてお金を借りる方は、契約日の翌日から30日間は利息0円です。

また、アコムでは土日祝日を含む24時間365日申し込みが可能なので、お金が必要になった時に、振り込みですぐに手に入れられるという部分でメリットがあります。

アコムの基本情報は、以下の通りです。

【アコムの基本情報】

限度額 800万円
審査にかかる時間 最短30分
受付時間 24時間
利用対象者 20歳~69歳の収入が安定している方
返済方式 定率リボルビング方式
遅延損害金 20.0%
必要書類 身分証明書・収入証明
学生の利用
WEB申し込み・審査
保証会社 アコム
実質年率 3.0%~18.0%
保証人・担保 不要
コンビニATM利用

レイクALSA

レイクALSAは、WEBで最短15秒の審査が可能なカードローンです。

はじめてかつ、WEBでの申し込みなら、初回契約の翌日から60日間利息0円となっており、カードローンのなかでもできるだけ利息をかけないようにしたいと考えている方におすすめです。

レイクALSAでも、アプリを利用すれば24時間いつでも申し込みが可能です。

レイクALSAの基本情報は、以下の通りです。

【レイクALSAの基本情報】

限度額 500万円
審査にかかる時間 最短15秒
受付時間 24時間
利用対象者 20歳~69歳の安定した収入のある方
返済方式 残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
遅延損害金 20.0%
必要書類 運転免許証など・収入証明(契約額に応じて当社が必要とする場合)
学生の利用
WEB申し込み・審査
保証会社 新生フィナンシャル株式会社
実質年率 4.5%~18.0%
保証人・担保 不要
コンビニATM利用

カードローンの審査で気をつける3つのポイント

続いて、カードローンの審査を受ける際に、審査に落ちないようにするために気を付けるべきポイントについて解説していきます。

カードローンをはじめて利用する方で、審査に落ちたくない、という方はぜひチェックしておきたいポイントとなっています。

当たり前だと思うことも入っているかと思いますが、個々のポイントの理由なども含めて、改めてもう一度確認しておきましょう。

カードローンの審査を受ける際のポイント
  • 借入金額を最大10万円にする
  • 一度に申し込むカードローンは1社にする
  • 【絶対】虚偽の情報で申し込みしない

借入金額を最大10万円にする

まず、カードローンの審査を受ける時に気をつけるべきポイント1つ目は、借入金額を「最大10万円」にすることです。

必要最低限以上の額を申し込むと、審査に通らなくなる可能性が高くなるからです。

また、10万円以上になってくると、審査に時間がかかってしまうので、今すぐお金が借りたいという方は10万円に設定しておくことをおすすめします。

カードローンの会社が一番恐れていることは、貸したお金が返ってこないことです。

そのため、自分の収入で返せる無理のない範囲内で、借入金額を設定しましょう。

一度にカードローンを申し込むのは1社にする

カードローンの審査を受ける時に気をつけるべきポイント2つ目は、一度にカードローンを申し込むのは1社にするということです。

カードローン会社に申し込みをすると、カードローンの審査をする時に参考にされる信用情報機関にそのことが記載されます。

そ短期間に複数のカードローンを申し込むと、審査に通らない可能性があるから複数に申し込みをしたのだと判断され、収入が安定しておらず、きちんと返済できないのでは?と思われてしまいます。

そうなると、より審査にも通りにくくなってしまい悪循環です。

以上のことから、一度に申し込むカードローンは1社に絞りましょう。

【絶対】虚偽の情報で申し込みしない

カードローンの審査を受ける時に気をつけるべきポイント3つ目は、虚偽の情報で申し込みをしないということです。

中には、すでにブラックリストに入ってしまったため、名前などを偽って借りようとする申込者もいます。

そんなことするわけない!と思われるかもしれませんが、わざとでなくても記入内容を間違えてしまうと、審査にかなり時間を要してしまいます。

記入内容を最低2回はチェックしましょう。

学生でもお金を借りられる?

20歳未満の学生の方で、今すぐお金が必要だけれどどうしたら借りられるのだろう…と悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

上記で紹介したカードローンは学生も利用できるものが多かったですが、未成年の学生におすすめのお金を借りる方法をここでは紹介していきます。

学生ローン

学生ローンは、学生のためのローンになるので、18歳以上(高校生を除く大学生、短大生、専門学校生、予備校生の安定した収入のある方)あればお金を借りることが可能です。

以下のような学生ローンが未成年でも利用できるため、どうしてもお金が必要な学生の方は、チェックしてみてください。

また、拠点は東京にありますが、全国に対応しています。

学生ローン名 保護者からの同意書等 対応地域 利用可能年齢
カレッヂ 不要 全国 18歳~*
フレンド田 不要 全国 18歳~*

*高校生を除く大学生、短大生、専門学校生、予備校生の安定した収入のある方

クレジットカードのキャッシング枠

20歳以下で、クレジットカードを持っている方は、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることもできます。

クレジットカードのキャッシング枠には、借り入れの上限額設定があります。

その範囲であればすぐに借りることが可能です。

ただ、借りたお金を返すことができないとクレジットカード会社も困るので、年収の3分の1以上は借りることはできない*ようになっています。

この年収とは、アルバイトなどのことを指しており、収入がない人は利用することができない点には注意が必要です。

*クレジットカードを利用したキャッシングも、貸金業法の総量規制の対象となります。

無職でもお金を借りることはできる?

無職だからカードローンの審査に通らないかもしれない…と不安に思われている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、無職の方のそれぞれの状況に合わせて、お金を借りる方法を紹介していきます。

失業中の場合

何らかの理由で失業してしまっている方は、国の補助制度を利用してお金を借りることができます。

その名も「総合支援資金」で、以下の要件に当てはまる人を対象者としています。

総合支援資金の対象者
  • 住民税が非課税の人
  • 支援を受けたことによって、自立できる見込みのある人
  • 住所がある人
  • 自立支援、就労支援を受けることに同意する人
  • 他の公的給付や公的貸付を利用していない人

また、総合支援資金には、使用用途によって、

  1. 生活支援費:上限20万円
  2. 住宅入居費:上限40万円
  3. 一時生活再建費:上限60万円

の3つがあります。

こちらの3つは利子はかかりますが、連帯保証人が要れば無利子、

連帯保証人がいなくても最大1.5%の利息で抑えることができるのでカードローンなどと比べると、かなり金利負担を軽減できる環境が整っています。

専業主婦の場合

専業主婦の方がお金を借りたい場合、配偶者貸付対応のカードローンを利用するのがおすすめです。

配偶者貸付対応にすることで、自分の収入+配偶者の収入の3分の1までに借入額を増やすことができます。

ただし、配偶者貸付対応のカードローンの利用には、配偶者本人の同意が必要となります。

また、難点としては、審査に時間がかかるので即日融資ができないところです。

年金受給者の場合

年金を受給している場合におすすめなのが、リバースモーゲージです。

リバースモーゲージとは、今住んでいる住居を担保に、お金を借りるという方法です。

一般的なローンでは、毎月元本+利子を支払いますが、リバースモーゲージは、利子のみの支払いで済みます。

リバースモーゲージでは、利用している人が亡くなった場合に、担保の住居を売ることで返済を完了することができます。

また、家を担保にした場合、立ち退かなければならないかもしれないと考える方はいらっしゃるかもしれませんが、リバースモーゲージの場合は住み続けることができます。

リバースモーゲージを提供している金融機関により、担保になる住居の評価額や対応できる地域が異なります。

利用を検討するときは、各種金融機関に確認が必要です。

お金がない時に使う救済制度

新型コロナウイルスの影響で営業している会社や飲食店などが打撃を受け、お金を借りなければならない状況にある方もいらっしゃると思います。

新型コロナウイルスは、国難とも言われており、打撃を受けた自営業の方や経営者の方に対しての支援や保証制度が充実してきています。

これらを利用すると、カードローンなどを利用するよりも金利などを抑えることができるので、あてはまる方はぜひこちら制度の利用も検討してみてくださいね。

新型コロナウイルスの影響でお金を借りられる制度
  • 休業支援金・給付金
  • 緊急小口資金
  • 子育て世帯生活支援特別給付金

休業支援金・給付金

休業支援金・給付金とは、新型コロナウイルスによって、まん延防止措置や緊急事態宣言等により休業を余儀なくされた労働者や事業者を対象にした給付制度です。

中でも、休業手当などを受けとることが叶わなかった方へ向けて、それぞれの労働者・事業者が申請を行うことによって受け取ることができます。

支援金額はそれぞれ異なりますが、以下の計算式に当てはめることで大体の自分のもらえる金額を知ることができます。

休業支援金・給付金の算出方法

休業前の1日当たり平均賃金×80%×(各月の休業期間の日数ー就労または労働者の事情で休んだ日数)

                                             出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

緊急小口資金

緊急小口資金は、休業や個人事業主の方で、生活費が支払えないという場合に、お金を借りることができるという制度です。

また、休業はしていなくても、新型コロナウイルスの影響を受けて収入が減っている方なども対象となります。

貸付け金額は通常10万円ですが、以下の条件に当てはまる方は最大20万円借りることができます。

緊急小口資金
  • 家族の中に、新型コロナウイルス感染症の罹患者がいた場合
  • 家族の中に、介護が必要な方がいる時
  • 家族の中に、新型コロナウイルスの感染防止のために学校などが休校となり、普段働いている者が家で面倒を見る必要がある場合
  • 4人以上の家族
  • 子どもが新型コロナウイルスのうたがいがあり、普段働いている者がお世話をする必要がある時
  • 休業などによって、収入が減少し生活費などが必要な場合

子育て世帯生活支援特別給付金

こちらは、新型コロナウイルスによって親の経営している会社や働いている会社が打撃を受け、所得が下がってしまっている子育て世帯に対する給付金です。

給付の額は、児童1人あたり一律で5万円と決まっています。

また、こちらの子育て世帯生活支援特別給付金をもらえる世帯は、以下に当てはまる世帯のみとなっています。

  • 児童扶養手当受給者等
  • 令和3年度分の住民税均等割が非課税の子育て世帯

また、これらの条件に当てはまっていても、それぞれの世帯に応じて申請の仕方に違いがあるため、よく確認してから手続きを進めましょう。

審査なしでお金を借りる時によくある質問

最後に、審査なしでお金を借りたいと考えた時によく出てくる疑問について解決していきましょう。

絶対におすすめできないお金の借り方や、どうしても審査に通らない時にお金を生み出す方法などを答えていますので、チェックしてみてください。

審査はないがおすすめできないお金の借り方は?

お金を借りる時に、通常のカードローンでは審査に通らない可能性もあります。

そこで、審査なし!などの文言につい惹かれてしまい、知らず知らずのうちに違法なお金の借り方に手を出してしまうことも。

特に個人間融資と闇金は、絶対に手を出してはいけません。

個人間融資

個人間融資とは、個人との間でお金を借りることを指します。

個人間融資が危険な理由としては以下の2つです。

個人間融資が危険な理由
  • 個人情報が流出してしまう危険がある
  • 設定可能な金利が高すぎる

個人情報が流出してしまった場合、他の犯罪に巻き込まれる可能性が増えたり、知らない間に自分の個人情報が使われていたりするということが起こるリスクがあります。

また、通常のカードローンでは、利息制限法により高くても金利は20%前後と決まっていますが、

個人間の場合では出資法により設定可能な金利が109.5%までとなっています。

そのため、自分が借りたお金よりも高い金利を支払わなければならないケースも出てきます。

このような理由から、ネットやSNSで簡単にお金を借りられると言われても、個人間融資には手を出すべきではありません。

闇金でお金を借りる

闇金でお金を借りることもおすすめできません。

闇金では、契約者に不利なように作られた契約書などにサインさせようとしてくる場合があります。

また、一度でも委任状などにサインをしてしまうと、闇金の業者に有利なように契約内容を改変されることもあるようなので、絶対にサインしないでください。

通常のカードローンより金利も高いため、どんなに今すぐお金が必要だとしても手を出さないようにしましょう。

どうしても審査に通らない場合におすすめのお金の借り方は?

どうしてもカードローンの審査に通らない場合におすすめのお金の作り方はあるのでしょうか?

ここでは、お金を借りる以外でお金を今すぐ捻出する方法を紹介していきます。

持ち物の中で不要なものを売ってお金を得る

まず1つ目は、持ち物の中で不要なものを売ってお金を得るという方法です。

服や靴、家具など、家の中を見渡すと不要なものはありませんか?

捨ててしまうと0円ですが、売ればお金になります。

そのため、メルカリやセカンドストアなどを利用して、売れそうな不用品売ってお金に変えてしまうことをおすすめします。

質屋にものを預けてお金を借りる

2つ目は、質屋にものを預けてお金を借りるという方法です。

こちらは不用品を売ることとは異なり、決められた期限までにお金+利息を払えば、品物は手元に戻ってきます。

そのため、売りたくはないけどいったん預けてお金に換えたいものがある方にはピッタリだと言えますね。

なお、期限までにお金+利息を支払えない場合は、請求されるのではなく預けた品物を売られてしまいます。

審査に通らない人におすすめの国の制度「生活福祉資金貸付制度」とは?

カードローンの審査に通らない人におすすめの国の制度の1つに、「生活福祉資金貸付制度」があります。

これは、カードローンを利用できない低所得者の方や、一時的に生活費が足りないという方のために、国がサポートしてくれる制度です。

国の福祉制度ですので、もちろん誰でももらえるわけではないのですが、以下の条件に当てはまる方は利用を検討してみてはいかがでしょうか?

【貸付対象者】

・低所得世帯・・・資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)。

・障害者世帯・・・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含みます。)の属する世帯。

・高齢者世帯・・・65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)。

出典:https://www.shakyo.or.jp/guide/shikin/seikatsu/index.html

銀行のカードローンとそれ以外のカードローンの違いは?

カードローンには、アイフルやプロミスなどの消費者金融のものと、楽天銀行や三井住友銀行が取り扱っている銀行系カードローンがあります。

大きな違いとしては、適用される法律です。

それぞれの違いについて、以下で詳しくみていきましょう。

バンク系

バンク系のカードローンは、「銀行法」という法律に則って融資します。

金利は、消費者金融などのノンバンク系よりも低く抑えられるところもあります。

また、銀行ということで信用リスクに対する審査はよりしっかり行われるため、即日でお金を借りることができるバンク系のカードローンはとても少ないです。

ノンバンク系

ノンバンク系のカードローンは、「貸金業法」という法律に則って融資します。

金利は、約3.0%~18.0%くらいに設定されているところが多く、バンク系より若干高めだと言えます。

ただ、即日で審査がおりるカードローンも多いので、今すぐお金が必要!という時にはノンバンク系がおすすめです。

審査なしでお金を借りる方法まとめ

今回の記事では、審査なしでお金を借りることはできませんが、できるだけ即日かつ周りにばれない、審査も短い時間で終わるおすすめのカードローンを紹介してきました。

総合的にみて、一番おすすめなカードローンはプロミスです。

また、学生や無職の方、新型コロナウイルスで影響を受けた方など、状況に合わせて、カードローン以外でお金を借りる方法もお伝えしてきました。

現在の自分に合ったお金を借りる方法を見つけて、返済ができる範囲でお金を借りましょう。

この記事の監修者

恩田 雅之

1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心とした記事の執筆及びクレジットカード、カードローン、暗号資産、住宅ローンなどの記事監修を中心に活動中しています。セミナーと執筆では初心者の方にもわかりやすいよう平易な言葉を選んだ説明に心がけています。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です