プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 仮想通貨シンボル(XYM) って何?高騰のタイミングや将来性、今後の見通しを徹底予想 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

仮想通貨シンボル(XYM) って何?高騰のタイミングや将来性、今後の見通しを徹底予想

シンボル(XYM)ってそもそもどんな通貨?

シンボル(XYM)の将来はどうなるの?価格は上がるの?

この記事では、こんなお悩みを解消します。

シンボル(XYM)は、NEMという仮想通貨を発行したプロジェクトによる新しい仮想通貨です。

これは、企業ユーザー、開発者、およびプライベートエンティティをパブリックブロックチェーンに接続するのに役立ちます。

そのコア機能は、金融テクノロジーやサプライチェーンなどでも、最大限の機能とアクセシビリティを実現するように設計されています。

シンボル(XYM)は、ブロックチェーンの複雑な開発を分解し、パブリックチェーンとプライベートチェーンをレガシーシステムと信頼できる安全な方法でシームレスに統合できるようにするために開発されました。

今回は、シンボル(XYM)に関する基本情報を抑えた上で、今後の予想についても観ていきたいと思います。

現在のシンボル(XYM)の価格はこちらです。

シンボル(XYM)が買えるおすすめの仮想通貨取引所についてもしっかり解説するので、ぜひ役立ててくださいね!

この記事でわかる仮想通貨シンボル(XYM) のこと
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
当記事の監修者
企業系ファイナンシャルプランナー 桜井鉄郎さん
東証プライム上場の金融機関に勤務、主に住宅ローンの相談販売を担当。顧客に対し最適な資金計画を提案、マイホーム購入に関連する法令・税額控除制度等について説明。FP業務と並行し金融・不動産に特化したライターとしても活動中。 桜井鉄郎さんの公式サイトはこちら

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引銘柄数 国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1!※ 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較20社ランキング【初心者向け】手数料・スプレッドで徹底比較

注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

シンボル(XYM)のリアルタイムチャート


5月のビットコインの価格変動に伴い、価格は再度下落し依然として弱気相場にあります。

依然として弱気相場が継続していますが、シンボル(XYM)を安く購入して高く売れるチャンスとなるので、今のうちからの資金を準備しておくことが重要となってきます。

新NISA制度の学習システム

【2024年2月版】押さえておくべきシンボル(XYM)の値動きポイント

有利なタイミングでシンボル(XYM)を買いたい!

シンボル(XYM)を今から買うならいつ?

この章では短期的にみたシンボル(XYM)の値動きを解説します。

今月のポイント
  • 1月は若干の上昇を見せているため今後に期待
  • 直近最安値で再度反発できれば、40%以上の上昇も期待できる
  • 2月以降のファンダメンタル要素にも注目

シンボル(XYM)の2024年2月の価格動向予想

1月に6円超えたシンボルですが、その後11月にかけて下落しています。

ビットコインも1月に同じく上昇し、同じタイミングで下落していますがビットコインはそのまま右肩上がりとなりました。

まずはチャート分析です。

シンボル チャート

7月から10月にかけて下落していたシンボルでしたが、10月26日に急激に4円超えしました。

同じくビットコインも10月26日に高騰しているため、同じような値動きを見せています。

次は1月以降のファンダメンタル要素を見てみましょう。

シンボル(XYM)の今後のイベント

シンボル(XYM)の購入には、ビットコイン取引量国内No1のDMMビットコインがおすすめです。

手数料の安さをはじめとして、使いやすさや安全性からプロからも人気を集めている仮想通貨取引所と言えます。

シンボル(XYM)をまず買ってみたい!という方はコインチェックで口座開設をしておいてまず失敗はないのでおすすめです!

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

仮想通貨シンボル(XYM)とは?

仮想通貨シンボル
シンボルブロックチェーンは、プルーフオブステーク(PoS)コンセンサスを使用して、他のブロックチェーンとの相互運用性とコラボレーションを向上させるように設計されています。

シンボルは、他のブロックチェーンネットワークと競合するのではなく、ブロックチェーンとそのユーザーの両方のアクセシビリティと包含を改善するように設計されています。

シンボルを立ち上げたNEMGroupは、XEM暗号通貨に関連付けられたNEMNIS1ブロックチェーンを最初に開発しました。

NEMNIS1ブロックチェーン上に構築されており、ユーザーがより複雑なネットワークを開発し、パブリックチェーンとプライベートチェーンの間をシームレスに移動できるようにします。

これによって、シンボルは、従来のピアツーピアトランザクションも可能にし、独自のネイティブトークンXYMを備えています。最初にリリースされたXYMトークンは78億を超え、最大供給量は8,999,999,999でした。

XYMトークンのインフレ率は、ビットコインのインフレ率と関連しています。

プロジェクト名 Symbol
通貨名 XYM
特徴 ・XEMグループが開発した新しい仮想通貨
・パブリックチェーンとプライベートチェーンの間をシームレスに移動できるようにする
国内取扱取引所 コインチェック・DMMビットコインなど

シンボルの大きな特徴としては、プルーフオブステーク(PoS)コンセンサスを使用して、他のブロックチェーンとの相互運用性とコラボレーションを向上させるように設計されています。
これによって、他のブロックチェーンネットワークと競合するのではなく、ブロックチェーンとそのユーザーの両方のアクセシビリティと包含を改善するように設計されています。

具体的にはのブロックチェーンエコシステムと同様に、Symbolパブリックチェーンには、ノードオペレーター、ユーザー、投資家、およびネイティブトークンが含まれます。

ただし、Symbolのユーザーが報酬を獲得しやすくするための重要な違いがいくつかあります。

たとえば、ハーベスターはノードを実行するか、トークンの残高を保持することで報酬を獲得できます。

このシステムはハイブリッドチェーン設計を採用しているため、データがパブリックチェーンとプライベートチェーンを自由に行き来し、比類のない相互運用性を実現します。

シンボルには多くの利点があります。それらを理解することは、ユーザーが彼らの経済的および専門的な目標をより効果的に達成するのを助けることができます。詳しくみてみましょう。

XYMとは?5つの特徴
  • 特徴①ハイブリッドブロックチェーンを備えた新しい仮想通貨(暗号資産)
  • 特徴②新機能や開発をテストできる
  • 特徴③無駄のない取引手数料
  • 特徴④高いセキュリティとプライバシー
  • 特徴⑤DefiやNFT市場での活用

特徴①ハイブリッドブロックチェーンを備えた新しい仮想通貨(暗号資産)

Symbolのハイブリッドブロックチェーン設計は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの利点を兼ね備えています。

ユーザーは、セキュリティ、プライバシー、スピード、手頃な価格を楽しむことができます。

企業は、パブリックチェーンで公開されるまで、プライベートチェーンで新しいチェーンと機能をテストできます。

ハイブリッドシステムは以前に設計されていましたが、Symbolは特にハイブリッドシステムとして構築されました。

Symbolを介して作成されたアセットはすべて、そのブロックチェーンとネイティブに互換性があります。

以前のハイブリッドシステムは、パブリックチェーンを攻撃から保護するためにさまざまなメカニズムを備えており、多くの場合、システムセキュリティの速度と手頃な価格を犠牲にする必要があります。

プライベートブロックチェーンには反対の問題があり、セキュリティを犠牲にして速度とコストを交換します。

シンボルは外部検証の必要性を排除し、パブリックチェーンとプライベートチェーンは仲介者を備えていません。

この機能はSymbolに組み込まれているため、クロスチェーンスワップが迅速かつ簡単になります。

特徴②新機能や開発をテストできる

企業ユーザーは、プライベートチェーンを使用して新機能を開発およびテストできるため便利です。

また、プライベートチェーンを使用して、独自のトランザクションまたはパートナーとの特定のトランザクションを管理することもできます。パブリックチェーンは、企業がオープンネットワークまたはデジタルウォレットを使用して顧客と対話および取引できるようにする前面サービスを提供します。

従来のブロックチェーンが混雑した場合、ユーザーは長い確認プロセスまたは高額の料金のいずれかを選択する必要があります。

ネットワークは不安定で予測不可能な場合があり、取引に最適な時期を予測することは困難です。

ところが、Symbolのハイブリッドシステムを使用すると、ユーザーは重要な機能をプライベートに完了し、パブリックチェーンを使用してトランザクションを完了することができます。これにより、ネットワークトラフィックが減少し、より高速でシンプルなプロセスが提供されます。

特徴③無駄のない取引手数料

取引手数料は、ブロックチェーンの必要な部分ですが、特に暗号通貨トークン値の変動性を考慮すると、法外なビジネスコストにつながる可能性があります。

ところが、プライベートサーバーを使用すると、これらのトランザクション料金が不要になり、ユーザーは必要な数のトランザクションを完了できます。

つまり、パブリックチェーンに移動したときにのみ料金を支払うことになります。ユーザーは、XYMをSymbolウォレットに保存するか、委任を通じてより多くのXYMトークンを獲得するために使用することもできます。

特徴④プライバシーとセキュリティ

プライベートブロックチェーンは完全にプライベートのままにすることができ、トランザクション、データ、およびその他の情報には、許可されたユーザーのみがアクセスできます。

ハイブリッドモデルでは、すべてのトランザクションの明確で不変のタイムスタンプ付きの記録を使用して、監査も容易になります。ユーザーは監査プロセスを自動化することもできます。

特徴⑤NFTやDefiに応用できる

シンボルユーザーは、非代替トークン(NFT)、署名、株式など、事実上すべてを表すデジタルアセットを作成できます。

当初はNIS1チェーンと連携して動作するように構築されたシンボルネットワークは、流動性の向上、トランザクションコストの削減、処理時間の短縮を約束します。

これは単なる並列ブロックチェーンではなく、アップグレードであり、分散型ファイナンス(DeFi )によって元のブロックチェーンを改善します。

次世代のブロックチェーンとしてSymbolは、半年近く開発されてきました。エネルギー消費の少ないプルーフオブステーク(PoS)コンセンサスメカニズムを使用し、ユーザーがトークンとデジタル資産を作成できるようにします。

シンボルの最終的なターゲットは、セキュリティトークンオファリング(STO)と規制対象の資産です。

この高速で安全で使いやすいネットワークは、比類のない柔軟性を提供します。NEMは、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの両方をサポートするハイブリッドチェーンアーキテクチャを備えたSymbolを作成しました。

個人と組織は同様に、シームレスなシステム統合と完全にカスタマイズ可能な設計を可能にするこの新しいブロックチェーンの多様性から利益を得ることができます。

以上のような特性によって、Symbolは、コストを削減し、透明性を高め、セキュリティとプライバシーを最大限に高めて、両方の長所を提供します。スピードと手頃な価格を維持しながら、これらすべてを実行します。

ネットワークのユーザーは、既存のシステムと簡単に統合できる安全な多層ソリューションを開発および展開できます。

Symbolは、100を超える異なる構成をサポートし、アトミックスワップと「モザイク」を可能にします。

これらは、任意のアセットまたは値を表すことができる非代替トークンです。モザイクには独自の識別子があり、ユーザーのニーズに応じて完全に構成およびカスタマイズできます。

モザイクを使用すると、ユーザーは新しいDeFiサービス、セキュリティトークンオファリング、さらには独自の自国通貨を作成できます。ネットワークは、元のNEMブロックチェーンに基づく最高のセキュリティ機能と拡張機能を備えています。

これらには、チェーン上のマルチ署名アカウントと委任された金融機関が含まれます。同様に、Symbolは、プラグイン設計と階層化アーキテクチャのおかげで、事前構成されたスマートコントラクト機能を備えています。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

仮想通貨シンボル(XYM)の将来性やメリットは?

シンボル(XYM)の特徴がわかったところで、将来性が期待できる理由についてみてみましょう。

XYMの将来性に期待できる理由
  • ネットワークに参加するとXYMを獲得できる
  • DefiやNFT市場への参入
  • 大手取引所への上場予定
  • カタールW杯

XYMをハーベストで獲得できる

Symbolの開発者は、POS +と呼ばれるコンセンサスメカニズムに基づいたSymbolネットワークを使用して、ブロックチェーンの概念を新しいレベルに引き上げました。PoSと同様に、POS +はノードの電力をXYMステーキングとリンクします。

マイニングではなく「ハーベスティング」と呼ばれるこのプロセスには、トランザクションの検証と記録、および新しいブロックの作成が含まれます。

大きなXYMトークンを保持しているノードオペレーターは、より多くの収穫力を持ち、それに応じて新しいブロックを作成する可能性が高くなり、報酬が得られますSymbolは、すべてのユーザーがすぐに利用できるオープンソースコードを備えています。

DefiやNFT市場への参入

DeFiはDecentralized Financeの略で、日本語では分散型金融のことです。

金融資産を管理する中央集権システムが不要なプラットフォームとなる可能性があります。

現在国内の仮想通貨取引所はこの中央集権システムに該当し、取引のために手数料などが必須になっています。

手数料などを不要で取引可能とすることでより通貨として利便性の高いものを目指しています。

仮想通貨と同じようにNFTも注目が集まりつつあるジャンルです。また同じように注目されつつあるメタバースとの関連も深い市場といえます。

NFTは非代替性トークンのことで、大体不可能で唯一性を保証されているデータです

そのNFTのマーケットプレイスではシンボルを使ってNFTの購入が可能です。

仮想通貨自体が注目されている投資対象でもありますが、仮想通貨のシンボルで購入できるNFTもまた投資対象として注目されています。

大手取引所への上場予定

最近、韓国の大手取引所であるBithumbはシンボルの仮想通貨XYMを新規銘柄として上場しました。

日本でもシンボルを扱う取引所は増加の傾向にあり、世界的にもXEMのように主要な通貨として認識されつつあります。

カタールワールドカップのホテル建設に採用

2022年中東カタールで開催されたFIFAワールドカップでもSymbolが利用されました。

現地ホテルの建設を管理するプラットフォームでSymbolが利用されることが決まり大きな話題を生んだのです。

南米に拠点を置くBimtrazer社がカタールの建設業者と覚書を締結し、建設業者はBimtrazerのコントロール管理プラットフォームBIMを利用しています。

BIMのプロジェクトは、ブロックチェーンのみならずAIも用いた大型プロジェクトです。

ネム財団のCRO Pedro Gutierrez氏は、Symbolが高度なセキュリティ・スケーラビリティ・速度などの優良技術を要していることから、今後より多くの建設企業等がSymbolを活用していくと発表しており、今後の活躍に期待が持てます。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

仮想通貨シンボル(XYM)の過去の価格推移

仮想通貨シンボル

2021年3月に取扱が開始してから、いきなり1ドルをマークしました。

しかしその後は価格は緩やかに下落し、10分の1の価格である0.1ドル付近で2021年の10月ごろに大きく反発しました。

11月までにかけて0.5ドルの最高値から半値程度まで上昇し相場は回復しましたが、その後再度下落傾向になり、現在ビットコインとともに多少上昇しています。

必ずビットコインと価格が連動するとは限りませんが、再度下落しないかチェックしておかなければなりません。

XYMの過去の価格推移
  • シンボル(XYM)の過去最高値
  • シンボル(XYM)の価格下落のタイミング
  • シンボル(XYM)の価格高騰のタイミング

シンボル(XYM)の過去最高値

シンボル(XYM)の過去最高値は、2021年3月下旬につけた1ドル付近です。

最高値を付けた際に特段大きなニュースはなく、他の仮想通貨の上昇に追随するかたちで上昇したと考えられます。

シンボル(XYM)の価格下落のタイミング

シンボル(XYM)は、単独のニュースで下落をすることはほとんどなく、仮想通貨市場全体に悪いニュースが流れたときに他の仮想通貨と同様に下落をすることが多いです。

直近だと、2020年3月からの新型コロナウイルスや2021年5月に中国が仮想通貨の規制を強化したという内容などにより、仮想通貨全体が大きく下落しました。

その際に、シンボル(XYM)も同様に大きく調整をしています。

シンボル(XYM)の価格高騰のタイミング

上昇のタイミングは大きく分けると3点あります。

1点目は、シンボルブロックチェーンのユーザー数の増加が発表されたときです。

長期的目線で考えた場合、ユーザー数増加による市場価値の向上が最も重要といえます。

2点目は、他企業とシンボル(XYM)の提携です。

ハイブリッドブロックチェーンという他の仮想通貨にはない特徴を活用したいという企業が増加し、提携が進めば進むほど市場価値が向上します。

特に、大企業との提携が発表されれば、数日間は価格の上昇が期待できるかもしれません。

3点目は、上場する取引所の増加です。

2020年7月に日本国内の取引所で取扱いが開始したというだけで価格は大きく上昇しました。

今後、各国で取扱いが開始すれば、さらなる上昇が期待できます。

シンボル(XYM)の直近の価格推移は?

6円超えをしたシンボルでしたが、そのまま価格は下落し一時は3円を切る状態でした。

しかし、10月26日にビットコインと同様に価格が上昇しています。

これまでの値動きに比べると小さな高騰とはなりますが、少しでも期待がもてる状況です。

今後、ビットコインが強気相場に転換して維持できれば、シンボル(XYM)の価格は、再度20円あたりまで高騰する可能性があります。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

仮想通貨シンボル(XYM)の取引をするのにおすすめの取引所

仮想通貨シンボル

XYMの取引におすすめの取引所をご紹介したいと思います!

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引銘柄数 国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
bitFlyer ビットコイン取引量6年連続No.1!※ 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

コインチェック : おすすめ仮想通貨取引所第1位

仮想通貨シンボル

コインチェックの評価
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 27通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄数が日本の取引所では最大級である
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは東京都渋谷区に拠点がある仮想通貨取引所であり、設立は2012年8月28日で、2014年から仮想通貨交換業務を開始しました。

公式サイトの説明によると、アプリダウンロード数No.1、取扱仮想通貨数が国内最大級で、27(2023年10月時点)種類の仮想通貨を取り扱っています。口座開設や取引操作が簡単であるという点も特徴の1つです。

コインチェックの親会社は東証一部上場企業のマネックスグループであり、運営に対する信頼度ども高いといえます。

初心者でも簡単にシンボル(XYM)などの仮想通貨売買が可能です。

最低購入金額は500円から。手数料は無料です。

メリット ・500円から始められる
・アプリで簡単に購入できる
・セキュリティ対策バッチリ
デメリット ・XYMのレバレッジ取引はできない
・スプレッドが大きい
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

◎いくらから購入できる?
コインチェックの販売所にて取扱いのある仮想通貨に関して、最低購入額は500円になります。

また、ビットコインでも購入が可能で、その場合は0.0001BTCが最低購入金額になります。

DMM Bitcoin|おすすめ仮想通貨取引所第2位

DMMビットコイン

DMMビットコインの評価
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 38通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨は38種類で、シンボル(XYM)も取り扱っている貴重な国内取引所です。

仮想通貨取引手数料、日本円の入出金手数料、仮想通貨をほかの取引所に送る手数料などはすべて無料です。※BitMatch取引手数料を除く

口座開設は最短5分で完了し、スマホでスピード本人確認を利用すれば、口座開設申込後、最短1時間以内に取引が可能になります。

メリット ・最短5分で取引開始できる
・アプリで簡単に購入できる
・レバレッジ取引ができる
デメリット ・出勤に時間がかかる場合がある
・スプレッドが大きい

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

◎いくらから購入できる?

シンボル(XYM)に関して、現在はレバレッジ取引に対応しています。

取引単位は1XYMになり、最小発注数量は10XYMになります。

bitbank|おすすめ仮想通貨取引所第3位

ビットバンク_仮想通貨おすすめ

bitbankの評価
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 bitbank
最低取引数量 0.0001BTC~
出金手数料 550円~
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 32通貨
bitbankのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄全てでレンディングサービスができること
  • アプリが誰にでも使いやすい設計になっている
  • 国内の仮想通貨取引所のなかでNo,1になったことも

Bitbankは、高いセキュリティ水準を導入しており、手数料も低めですが、無料では取引ができません。

レバレッジ取引のオプションもなく、取扱通貨は他社に比べてやや少なめです。

プラットフォームをモバイルアプリケーションとして使用することもでき、iPhoneとAndroidフォンの両方に対応しているため、ユーザーエクスペリエンスの点では優れています。

仮想通貨シンボル(XYM)に関するよくある質問

仮想通貨シンボル

最後にシンボル(XYM)に関するよくある質問についてまとめましたので、参考にされてください!

XYMに関するよくある質問
  • シンボルとは?
  • シンボルの仮想通貨は?
  • シンボルの将来性は?
  • XYMは上がりますか、それとも下がりますか?
  • XYMは良い投資ですか?
  • シンボルの国内での取引所は?

シンボルとは?

シンボル(Symbol)は企業とブロックチェーンを結びつける新しいブロックチェーンのプラットフォームです。
主に法人向けとされている仮想通貨用ブロックチェーンサービスのことでもあります。

シンボルの仮想通貨は?

シンボル(Symbol)上で使用可能な仮想通貨はジム(XYM)です。シンボルという仮想通貨がある訳ではありません。

シンボル(XYM)の将来性は?

市場センチメント、投資家の参加、Bシンボルネットワーク普及は、すべてXYMの将来に影響を与えます。

したがって、今後投資家が増加するような普及活動や開発計画が進めば、トークンの将来性は明るいものになるでしょう。

XYMは上がりますか、それとも下がりますか?

WalletInvestor、DigitalCoin、PricePredictionなどの予測サイトは、XYMの価値が長期的に上昇すると予測していました。

ただし、アナリストの予測は間違っている可能性があることを忘れないでください。多くの場合、間違っていることが多いです。

技術的、開発計画などの分析によってある程度の予測が有効な場合もありますが、結論上がるか下がるかは誰にも明確にはわかりません。

XYMは良い投資ですか?

仮想通貨は非常に不安定な投資であり、他の資産クラスよりも投資するリスクが大きいです。

XYMがポートフォリオに適しているかどうかは、個人の経済状況と目標によって異なります。

投資する前に、常に独自の調査を行い、受け入れる準備ができているリスクのレベルを評価してください。

シンボルの国内での取引所は?

bitbank、GMOコイン、Zaif、Huobi、DMMビットコイン、bitFlyerなどで取引が可能です。

新NISA制度の学習システム

まとめ。シンボル(XYM)を購入してみよう

いかがでしたでしょうか?

結論から言うと、XYMは、優れた投資オプションの一つになり得ます。

システムに組み込まれている希少性の恩恵を受けるだけでなく、トークン所有者は、シンボルウォレットをステーキングするか、XYMをハーベスターに委任することで、より多くのXYMを獲得できます。

Symbolブロックチェーンの斬新さと多様性も、XYMコインの魅力を高めています。

Symbolは、ブロックチェーンテクノロジーを次のレベルに引き上げ、特に企業ユーザー、組織、その他のエンティティに不可欠なサービスを提供します。

XYMの採用を刺激する革新的なテクノロジーと可能なコラボレーションにより、成長の可能性は非常に大きくなります。

シンボル(XYM)まとめ
  • XYMは2021年3月15日に生まれた新しい仮想通貨
  • 海外取引所ではシンボル(XYM)の取引が20円〜30円で開始し、100円以上に高騰
  • 過去には価格高騰も見られたが、現在は4円前後で価格停滞気味
  • 今後、価格高騰も予想されるので保有するメリットは十分ある
  • XYMを購入できるおすすめ取引所は「コインチェック」
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券