プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. NFTの始め方や買い方!購入後の稼ぎ方や出品のやり方を解説! - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

NFTの始め方や買い方!購入後の稼ぎ方や出品のやり方を解説!

NFT買い方_アイキャッチ画像

NFTの買い方ってどうしたらいいの?! 

NFTマーケットや買い方の手順について知りたい!

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

「ブロックチェーン」という最新の技術を用いて、多くの企業やアーティストから利用されているNFT。

近年耳にする機会が増え、投資対象としての魅力も高まっています。

そこで、この記事ではNFTの特徴や魅力、買い方やマーケットプレイスなどを徹底的に解説していきます。

NFTについて興味を持っている方に役立つ内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

NFT購入方法

この記事でわかるNFTの買い方・始め方
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
鳥谷 威さん
父の会社を継ぎ有限会社バード商会代表取締役。福岡の大学を卒業後、大手ガス会社にて家庭の光熱費削減や新電力の業務に約4年間従事。
FPを一生涯の仕事にしたく、約3年かけてFPの最上位資格であるCFPR資格を取得。現在は、各種金融メディアでの執筆・監修・日本FP協会での相談員としても活動中。得意分野は、家計管理(とくに光熱費)と資産形成。
<保有資格>FP®認定者1級FP技能士、DCプランナー2級、証券外務員Ⅰ種
鳥谷 威さん公式ホームページ

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!最新の見通し・価格予想まで完全解説

【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較20社ランキング【初心者向け】手数料・スプレッドで徹底比較

注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

NFT(非代替性トークン)とは?デジタルデータ

NFTの始め方_買い方

そもそも、NFTとは何なのでしょうか?また、どのような特徴があるのでしょうか?

以下で、NFTの基本情報などを解説していきます。

NFTは代替が不可能

NFTは代替不可能という特徴があります。

紙幣や硬貨が持っている価値は同じですが、NFTは代替不可能です。

代替不可能なものの例
  • 購入者の名前と座席番号が紐付けられているチケット
  • 購入者しか行使できない権利
  • 「直筆サイン入り」の書籍
  • 有名人のトークショー(他の人では代替できない)

NFTには固有のアドレスが割り振られており、偽造できない仕組みとなっています。

NFTは特定の資産と使用権(ライセンス)と関連づけられている

NFTは、特定のデジタル資産または物理資産(ファイルや物理オブジェクトなど)と、特定の目的で資産を使用するためのライセンスに関連付けることができます。

簡単に言うと、NFTは「購入者しか行使できない権利」です。

応募者が殺到しそうなイベントチケットがあり、転売を防止したいシーンでNFTは活用できます。

NFTはデジタル市場で取引・販売ができる

NFTは、デジタル市場で取引・販売ができる特徴があります。

実店舗ではなくデジタル市場に流通することで、全世界の人へ向けて出品できます。

逆に、全世界で出品された作品を購入することも可能です。

これにより多くの人とのビジネスチャンスが生まれ、次のようなメリットがあります。

  • 出品者は利益を得やすくなる
  • 購入者は欲しい作品を手に入れやすくなる

NFTは誰にでも作れる

NFTは誰でも作ることができ、販売可能です。

ブロックチェーンはよくわからない…

という方でも、問題なく売買できます。

難しい技術が用いられているものの、専門的な知識や経験は不要である点もNFTの特徴と言えるでしょう。

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX
新NISA制度の学習システム

NFTの始め方を初心者向けに解説

NFTの始め方_買い方

NFTの始め方は下記の通りです。

複雑な作業ではないので難しく考えずに手順通りに進めていきましょう。

取引所で口座開設

NFTを始めるにはまずはコイン(仮想通貨)が必要になりますので取引所を選びます。

国内や国外の取引所がありますが初心者の方はまずは国内の取引所にしましょう。

国内取引所
  • LINE BITMAX
  • SBI VC トレード
  • コインチェック   など

取引所口座開設をします。

コインチェック

(画像はコインチェックです)

登録してあるログインパスワードなどを忘れずにメモに残しておきましょう。

MetaMask(メタマスク)などのウォレットに保管

口座開設が済んだら、まずイーサイムなどのコイン(仮想通貨)を購入してMetaMask(メタマスク)などのウォレットに保管します。

ウォレットとはコイン(仮想通貨)を管理できるオンライン上の財布なので入れておくことが可能です。

ウォレットにコインを送金したら、しっかり入っているか確認しておきましょう。

コイン(仮想通貨)種類
  • イーサリアム
  • ポリゴン
  • ソラナ
  • エンジンコイン

NFT対応のコイン(仮想通貨)は色々と種類はありますが、初めは安全性が高いイーサリアムを購入しておきます。

NFTマーケットプレイスで購入

コインが送金されたら、NFTを購入できるNFTマーケットプレイスに登録をします

代表的なマーケットプレイス
  • Coincheck NFT(コインチェック)
  • OpenSea    (オープンシー)  など

NFTマーケットプレイス(Coincheck NFTなど)の登録が済んだら、出品されているNFTコンテンツを自由に見ることができます。

NFTマーケットプレイスで購入したいアートなどが見つかったら、コインを用いて購入しましょう。

NFTの販売にかかる費用・用意するもの

NFTの始め方_買い方

NFTの販売にかかる費用は、下記のとおりです。

NFTの販売にかかる費用
  • 送金手数料
  • 売買手数料(ガス代)
  • 購入費用

送金手数料は「0.01ETH」のようにイーサリアム建の価格になっているため、常に変動します。

また、NFTの売買で発生する売買手数料(ガス代)も常に変動するため、一概には言えません。

なお、NFTを購入するときの概ねの手数料は3〜5千円です。

  • 送金手数料:1,000〜2,000円
  • 売買手数料(ガス代):2,000〜3,000円

つまり、3万円のNFT作品を購入するケースであれば、3.3〜3.5万円の費用が必要となります。

なお、出品したNFTが売れると販売手数料(2.5%程度)が発生する点も押さえておきましょう。

新NISA制度の学習システム

NFTの特徴や仕組み

NFTの始め方_買い方

NFTアートを例に、具体的な特徴や仕組みについて解説していきます。

唯一の価値が証明されている

NFTのデータは、すべてブロックチェーンネットワークに保存されている点が大きな特徴です

各NFTには個別の属性があり、2つのNFTが同じになることはありません。

唯一の価値が証明されていることで、アーティストの著作権などの権利を保護できる仕組みとなっています。

多くの情報を記録できる

NFTは所有権以外にも、多くの情報を記録できます。

例えば、再販したい場合は自動で利益を分配する仕組みをプログラミングさせることができます。

これにより、転売したときにも製作者やアーティストに利益か還元されることになります。

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

プログラマビリティあり

NFTに情報をプログラムする事によって、所有者が変更になった際も追加で記録することが可能なのです。

NFTの売却時にオリジナルのクリエイターにロイヤリティを自動的に支払うといったルールの変更や機能を追加できます。

所有者の改ざんが困難

NFTは分散型台帳でブロックチェーン上に記録されていて情報の改ざんが困難になっています。

ユーザーが嘘のデータを記録しようとしても更新ができない為に変更はできません。

またハッカーなどが情報を盗みとろうとしてもブロックチェーン上のセキリティが高いので改ざんは不可能でNFTは安全なのです。

代替不可能性

NFTの特徴でもある、商品のコピーや修正が不可能なのです。

NFTアートはオリジナルしか価値がなく、Beeple「Everydays—The First 5000 Days」約79億円はこの作品1点だからこの金額で落札されたのです。

NFTアート偽物やコピーがでないので詐欺や悪用はされません。

代替不可能性なのでデジタル資産になり固有の価値が上がり、マーケットやビジネスを新しくする技術で注目されています。

NFTの活用コンテンツ

NFTの始め方_買い方
NFTはさまざまなコンテンツがあります。

NFTのコンテンツ

発展途上中なのでまだまだコンテンツは増えていくことでしょう。

その中でも特に人気のある3つのコンテンツをご紹介していきます。

NFTアート

NFTで特にに注目されているのがデジタルアート作品です。

NFT化によりデジタルアートはオリジナルのみ価値があり、誰でも作品を作る事ができてしまいます。

人気NFTアートの高額落札5つの作品をご紹介します。

NFTアートの高額落札作品
  •  1位:Beeple「Everydays—The First 5000 Days」約79億円
  • 2位Julian Assange and Pak:「Clock」約58憶
  • 3位:Beeple「HUMAN ONE」約33億円
  • 4位CryptoPunk:「#5822」約27億
  • 5位CryptoPunk:「#7523」約13億
世界ではデジタルアートには価値があり努力次第で大きく稼ぐことが出来ます。

2021年には日本発で手塚治虫題材に展開された作品「鉄腕アトム」が約5600万円で落札されメディアの話題になりました。

NFTゲーム

NFTゲームは、楽しみながらお金を稼ぐ事出来てしまいます。

やりこみすぎてプレイ時間が長くなってしまいますがその分利益が出る確率は高くなるでしょう。

人気のNFTゲーム
  •  1位:Beeple「Everydays—The First 5000 Days」約79億円
  • 2位Julian Assange and Pak:「Clock」約58憶
  • 3位:Beeple「HUMAN ONE」約33億円
  • 4位CryptoPunk:「#5822」約27億
  • 5位CryptoPunk:「#7523」約13億

ゲームの種類は沢山出ていますが「歩数をお金に換える」や「睡眠をお金に換える」など今までにない稼ぎ方もNFTは出来てしまいます。

暇つぶしにNFTゲームをやり、お金を稼げてしまいますので一石二鳥です。

NFT不動産

NFT不動産は、仮想空間の中で不動産の売買や賃貸ができてしまうのが特徴です。

NFT不動産のメリットは小額から始められ、損失だった場合リスクを少なくすることができます。

売買の基本安く買って高く売るですがNFT不動産の場合、情報があまりなく高く売る事が困難です。

小額で始めれればコツをつかむことが出来るので何回も売買や賃貸を繰り返すことができ、利益を出すことが可能です。

新NISA制度の学習システム

NFTの稼ぎ方

NFTの始め方_買い方

NFTの稼ぎ方として挙げられるのが、下記の4つの方法です。

NFTを使った稼ぎ方
  • 購入したNFTを転売する
  • 作ったNFT作品を販売(売る)
  • NFTゲームのプレイ報酬で稼ぐ
  • NFT関連銘柄に投資する

実際に出品する側でも、購入する側でも利益を狙うことができます。

睡眠(SleeFiスリーファイ)や歩数(STEPNステップン)で稼ぐことができるゲームもあり特殊な稼ぎ方もあります。

NFT売買で稼ぐ

NFT売買で稼ぐ方法がありますのでご紹介します。

NFT売買で稼ぐ方法
  •  購入したNFTを転売する(アート、不動産、土地)
  • 購入したNFTを貸し出す(不動産、土地)
  • ゲームの中のカードを売買する
株式投資や仮想通貨のように、「安く買って高く売る」というシンプルな方法で稼ぐことが可能です。

知識をと経験を積めば価値がある商品がどれなのか分かるようになるでしょう。

不動産や土地の貸し出すことができますので、借りる方がいましたらほったらかしで利益が入ってくるのも魅力です。

自分で制作して稼ぐ

仮想空間でも自分の労働で稼ぐ方法があり、楽しさもあります。

自分で制作して稼ぐ方法
  •  ゲームで自分のキャラを作って稼ぐ(My Crypto Heroesマイクリプトヒーローズ)
  • NFTアートを作って出品する
  • 音楽を作って販売する
  • 写真を撮って販売する(SNPITスナップイット)
自分で制作して稼ぐ方法はセンスと経験が必要になってきます。

NFTアートは、上手く絵が描ける人にとってはかなりの利益を上げる事が可能です。

ゲーム好きな人は価値があるキャラなどを作って販売すれば高額で売る事ができます。

また、「OpenSea」というマーケットプレイスを利用すれば、自分で作成したNFTを出品できます。

NFTの作り方・出品方法
  • デジタルデータを用意
  • OpenSeaの「Create new item」から作品情報を設定
  • 作成したNFTを出品する

出品も簡単なので、NFTに興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

NFTのやり方や始め方

NFTの始め方_買い方
NFTに興味があるけどやり方が分からない人がいると思います。

発行するやり方や投資の始め方を解説していきます。

NFTを発行するやり方と始め方

NFTを発行とは登録者をブロックチェーンに記録することです。

NFTを発行するやり方と始め方
  •  NFT対応の取引所(国内)口座登録する
  • 口座登録後仮想通貨コインを購入
  • MetaMaskなどウォレットにコインを送金
  • コインを送金して、入っていることを確認する(必要分)
  • NFT対応のマーケティングに登録する

NFT対応の取引所は海外、国内とありますが国内(LINE BITMAXなど)の取引所がオススメです。

NFT対応口座登録後にコインを購入(イーサイムなど)、このコインがNFT内のお金になります。

コインをウォレット(MetaMaskなど)に送金し保管しておきます。

ウォレットにコインを送金するときは、手数料が取られますので確認しておきましょう。

マーケットプレイス(コインチェックNFTなど)に登録をすれば完了です。

NFT売買で投資を始めるやり方

NFT売買で投資を始めるやり方
  • 登録してあるマーケットプレイスにログインする
  • ウォレットに購入したい分のコインを入れておく。
  • マーケットに欲しい商品があれば購入する
  • 購入した商品が自分の購入場所に入っているか確認する
  • 販売で出品したい商品(アートなど)の売値を決める
  • 出品したい商品のアップロードし完了

売買は現実世界のフリーマーケットと一緒でほしい商品があれば購入し、売りたい商品は売値を決めて売却の流れになります。

投資は売るタイミングや良い買い手によって変動してきます。

売買手数料(ガス代)がありますので売買を行った後は確認しておきましょう。

新NISA制度の学習システム

初心者でも稼げるNFTの活用例

NFTの始め方_買い方

続いて、NFTの活用事例や販売の成功例を紹介していきます。

読者の気持ちNFTで稼ぎたい!

と考えている方は参考にしてみてください。

デジタルアートで稼ぐ

2021年3月に、アメリカのオークションでNFTアートが約75億円で落札されました。

日本でも、2021年3月にVRアーティストのNFTアート作品が約1,300万円で即日落札されました。

誰でも出品可能で、誰でも大きく稼げるチャンスがあることで、デジタルアートは注目を集めています。

VARBARIAN(バーバリアン)

ファッションブランドの「VARBARIAN(バーバリアン)」は、NFTに特化したブランドを展開しています。

限定3,333枚の「会員パスNFT」を販売し、会員パスNFTを保有している人に次のような特典を付与しました。

VARBARIAN(バーバリアン)の特典
  • 原価で洋服を購入できる
  • 定期的にデジタルファッションが無料で貰える
  • メタバースのラウンジを利用できる
NFT購入者しか購入できない商品やサービスを展開することで、自社のブランド力を高めています。

UniCask(ユニカスク)

「UniCask(ユニカスク)」とは、ウイスキーの樽をNFT化したサービスです。

小口からウイスキーの売買を可能にしたところ、約4.000万円分のNFTが完売しました。

このように、デジタルアートやファッション、ウイスキーなど様々なジャンルでNFTは活用されています。

多くの企業がNFTを導入していることから、今後ますます注目度は高まっていくでしょう。

NFTが買えるマーケットプレイス

NFTの始め方_買い方

続いて、NFTが買えるマーケットプレイスを紹介していきます。

以下で紹介するマーケットプレイスは、いずれも信頼できるので参考にしてみてください。

Coincheck NFT

NFT_買い方

Coincheck NFTの特徴
  • ゲームやトレカ、スポーツなど幅広いコンテンツをサポート
  • 手数料無料
  • 13種類の暗号通貨対応
  • CHZによるインセンティブ制度

Coincheck NFT(β版)は 今年3月24日にローンチしたマーケットプレイスで、9月末時点の発表では4.7万人以上のユーザーが利用しています。

現在はブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の仮想空間上の土地であるLANDのNFTや、国内発のブロックチェーンゲーム「cryptospells」のNFT、SKE48のメンバーのトレカNFT、ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare(ソレア)」のデジタルカードNFTの販売を行なっています。

また、MiimeはCoincheckの最近買収された子会社であるMetapsAlphaによって開発され、ゲームや漫画、デジタルアート、トレーディングカード、土地などを取り扱っています。

さらに、CoincheckはFCバルセロナやユベントスなどのスポーツ業界やエンターテインメント施設のファントークンメーカーであるChiliz、Sociosと協力して、その範囲を拡大しています。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

GMOコイン

NFT_買い方

GMOコインの特徴
  • アートや漫画、イラストなどのNFTコンテンツを取り扱っている
  • 日本円(クレジットカード・銀行振込)での決済可能
  • 購入したNFTの二次販売ができる
  • 二次流通ではクリエイターにロイヤリティが還元

GMOコインには、GMO証券など金融サービスの運営ノウハウが活かされています。

デジタルコンテンツの支払いと配信を行うための信頼性が高く、安全にNFTの取引ができる魅力もあります。

購入金額を入力するだけで簡単に相当量の仮想通貨を購入できるため、初心者でも取引しやすいでしょう。

OpenSea (オープンシー)

NFT_買い方

Openseaのまとめ
  • US発の世界最大級のマーケットプレイス
  • シンプルなサイトデザインで使いやすい
  • 最大10%のロイヤリティ報酬
  • ETH以外のウォレットサポートも充実

OpenSeaは2017年12月にサービスが開始したNFTマーケットプレイスで、最大規模の取引量を誇ります。

取り扱っているNFTもデジタルアートやゲームアセットなど様々で、ユーザーはウォレットを接続するだけで簡単にNFTの作成や売買が可能です。

また、複数のブロックチェーンに対応しており、次のNFTを購入できます。

  • イーサリアム
  • Klaytn
  • Polygon
  • Solanaベース

Rarible(ラリブル)

NFT_買い方

Rariableのまとめ
  • LAベースの世界第1位の取引高を誇る最新マーケットプレイス
  • 著名人のNFTを掲載
  • 独自トークンRARIによる報酬(インセンティブ)が魅力

Rarible(ラリブル)はNFTの閲覧や調達、制作、販売が可能なNFTマーケットプレイスで、機能性の豊富さが好評を得ています。

Raribleは独自トークンの「RARI」を発行しており、近年注目を集めています。

Raribleが取り扱っているNFT
  • デジタルアート
  • コレクション
  • 音楽
  • 動画
  • ドメイン名
  • メタバースの土地

ユーザーも増えて注目度も高まっていることから、利用を検討する価値があると言えるでしょう。

新NISA制度の学習システム

NFTの今後の将来性

NFTの始め方_買い方

最新技術を用いた将来性豊かなテクノロジーであるNFTは、将来性も豊かです。

以下で、NFTの今後の将来性について解説していきます。

作品制作者の利益や権利を守れる

NFT 技術を使うことで、デジタルデータに固有の価値を持たせることができます。

これにより、作品制作者の利益や知的財産の権利を守ることができ、次のような著作権侵害問題を防ぐことができます。、

  • 海賊版 DVD
  • 動画の違法アップロード
  • 漫画が違法サイトで公開される
  • 漫画や動画がコピーされる

クリエイティブな仕事をしている人たちにとって、著作権侵害は大きな問題です。

NFT技術を用いることで、本物と偽物の判断が容易になり、もし芸術作品などが転売された際にも原作者の利益が保護されます。

また、NFT はオンライン上に存在するデータという特性上、破損や紛失のリスクがありません。

買い手にとってもNFT技術が用いられているサービスは価値が高く、作品制作者と買い手の双方に、メリットがある仕組みと言えます。

多くの場面でNFTが用いられている

NFT の技術の注目度は高まっており、多くの場面で導入が進んでいます。

アーティストやクリエイターが安心して活躍できる環境が整い、クリエイターエコノミーの拡大に伴ってディズニーやインスタグラムなどの大企業も、NFT市場に参入しています。

また、世界的なファッションブランドである「ドルチェ&ガッバーナ」は、デジタル版と現実世界でのオートクチュール権利をNFTで発売して話題を集めました。

様々なセクターの企業がNFT市場に参入していることから、NFT市場が拡大していく公算は高いと言えるでしょう。

NFT市場は急成長している

NFT市場は、2021年の1年間で2万倍にも拡大しています。

ブロックチェーン技術のセキュリティの高さは認知度が高く、今後ますますNFTの市場は発展することが見込まれます。

NFTが活用されないとクリエイターにとって不利益が大きいですが、NFTを用いることでクリエイターの活動も活発になるでしょう。

購入者が転売した利益がクリエイターに還元される仕組み偽造が困難な仕組みも

画期的だ!

と注目を集めていることから、様々な業界でNFTが開発されています。

大手企業と有名人もNFTを活用している

日本の有名人や大手企業の多くがNFT市場に参入しています。

  • メルカリ
  • 楽天グループ
  • コインチェック
  • 吉本興業
  • 阪神タイガース
  • スクウェア・エニックス
  • 香取慎吾
  • 内村航平

ネームバリューが高い企業や有名人が利用しているということは、安心して利用できるという権威付け効果も期待できます。

ますます注目が集まりNFT市場の拡大が期待できるため、将来性は高いと言えるでしょう。

NFTの活用方法が拡大している

NFTは、様々な活用事例があります。

NFTの活用事例
  • ゲーム
  • 音楽
  • アート
  • チケット販売
  • デジタルプロパティ
  • レンディング

他にも、有形商品の所有権を担保するNFTも登場するなど、活用事例も増えています。

今後ますます活用方法が増える公算も高い点も、NFTの将来性が高いと考えられる理由です。

NFT関連の仮想通貨銘柄も注目

NFTはイーサリアムが基本コインにされる事が多いですが、他にも仮想通貨はあります。

一部の仮想通貨とイーサリアムの比較をご紹介します。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム特徴
  • 時価総額第 2位
  • 取引速度  低速
  • 手数料   高額
  • 安全性   高い

仮想通貨(暗号資産)の中で時価総額がビットコインの次に高く有名な銘柄なので知っている人もい多いと思います。

安全性もあり、イーサリアムを取り扱ている取引所が多いので最初にコインを購入する人はオススメです。

デミリットは、手数料(ガス代)と取引に時間がかかる事です。

取引手数料が高くなると利益も少なくなり、時期によっては支払い額が多くなってしまいます。

また取引に時間がかかるのも問題になっています。

ポリゴン(マティック)

ポリゴン特徴
  • 時価総額第 14位
  • 取引速度  普通
  • 手数料   少額
  • 安全性   低い

ポリゴンPolygonはイーサリアムの問題に改善して開発されたものです。

手数料がかからず、取引時間も短いのでポリゴンの方が良い意見もあります。

デミリットは安全性が低い事で、ハッキングされる可能性がありますので持っている時は注意が必要です。

国内国外の取引所で購入できますので購入する時は小額にして様子を見ましょう。

ソラナ(SOL)

ソラナ特徴
  • 時価総額第 5位
  • 取引速度  高速
  • 手数料   平均程度
  • 安全性   普通

ソラナもイーサリアムと同等ぐらい人気があり時価総額も高い位置にあります。

取引速度も高速で手数料も平均値なので1番使いやすいかもしれません。

デミリットを探した所欠点がないので安定している仮想通貨になります。

新NISA制度の学習システム

NFTを始める買うメリット

NFTの始め方_買い方

コンテンツを買うメリットはどこにあるのでしょうか?

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

価格が大幅に上昇する可能性がある

NFTを購入すると、資産価値が高まる可能性があります

たとえば、CryptoPunkというNFTを用いた作品は、2017年7月6日に最初に2,127ドルで販売され、最終的に8,000ETH(当時レートで約27億円)で取引されました。

大きな利益を狙えることから、投資家にとっても魅力が大きいと言えるでしょう。

誰でも出品と購入ができる

NFTは、誰でも出品と購入ができます。

ブロックチェーンに関する知識がなくても問題なく売買できるため、誰でも参入できるメリットがあります。

NFTマーケットプレイスを利用すれば、自作のNFT作成も可能で、誰にでも大きな利益を獲得できるチャンスがある点は大きな魅力です。

NFTを購入する流れ

NFTの始め方_買い方

NFTはビットコインのような仮想通貨を用いて売買します。

以下で、実際にNFTの購入方法を解説していきます。

仮想通貨取引所で口座を開設する

まずは、NFTを買うために仮想通貨取引所で口座を開設します。

氏名や住所、口座などの基本情報を登録するだけで、誰でも簡単に口座開設はできます。

ウォレットを作成する

次に、NFTの購入で使用するイーサリアムなどの仮想通貨を保存するウォレットを作成します。

「ウォレットの作成」を選択してパスワードを作成すれば、ウォレットの作成は済みます。

パスワードを紛失した際にウォレットを復活させるために「シードフレーズ」が必要となるため、必ず大切に保管してください。

ウォレットに入金する

NFTの取引をするためには、ウォレットに入金する必要があります。

口座開設するときに紐づけた口座から、ウォレットに入金します。

NFTマーケットにログインする

NFTマーケットにログインすれば、出品中のNFTを購入できます。

自身が興味のある商品や将来性があると見込んだNFTがあれば、購入してみましょう。

合計とチェックアウトを確認し、プロンプトに従ってNFTを交換すれば完了です。

新NISA制度の学習システム

NFTコンテンツを購入する際の注意点

NFTの始め方_買い方

NFTを購入したいけどリスクについても知っておきたい!

という方のために、NFTを購入する際の注意点について紹介していきます。

NFTコンテンツを購入する際の注意点

取引手数料

NFT マーケットプレイスによっては取引手数料がかかる場合があり、手数料はマーケットプレスによって異なります。

手数料は売買する側からするとコストなので、できるだけ低いマーケットプレイスを選ぶのがおすすめです。

Openseaは手数料が安く人気のマーケットプレイスなので、利用を検討してみてください。

保管場所

NFTを買ったけど、どこに保管すればいいの?! 

と感じる方もいるのではないでしょうか?

NFTの保管場所は、主に下記の3つです。

NFTの保管場所は?
  • ソフトウェアウォレット
  • IPFS(分散型ストレージ)
  • コールドストレージハードウェアウォレット

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、初心者や技術者以外のユーザーでも比較的簡単に設定できます。

デジタル資産の保存に関して最も人気の保管場所なので、迷ったらソフトウェアウォレットを選ぶと良いでしょう。

NFTスペースには多くのソフトウェアウォレットオプションがあり、それらのほとんどにはモバイルアプリケーションとWebアプリケーションに対応しています。

InterPlanetary File System(IPFS)

IPFSは、ユーザーが分散型NFTをオフチェーンに保存できるハイパーメディアプロトコルです。

IPFSは、標準のロケーションベースのアドレス指定の代わりにコンテンツベースのアドレス指定を使用しています。

セキュリティが高くハッキングされるリスクを軽減できるため、セキュリティ重視の方におすすめできます。

コールドストレージハードウェアウォレット

コールドストレージハードウェアウォレットは、非常にセキュリティが強固な保管場所です。

ユーザーがデジタル資産にアクセスできるようにするパスワードがハードウェアウォレットデバイスに保管され、厳重に管理されます。

ハードウェアウォレットは2要素認証が常に有効になっているため、コンテンツをハッキングして盗むことはできません。

最も人気のあるハードウェアウォレットはTrezorとLedgerで、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

著作権

NFTの所有権は、トークンが表すデジタル資産に著作権または知的財産権を付与するものではありません。

自分の作品であるNFTを販売できますが、NFTの所有権が変更された場合に購入者は必ずしも著作権を受け取るとは限りません。

つまり、NFTは著作権とは別の所有権の証明にすぎない点には注意する必要があります。

また、NFTデジタル製品を発行および販売した企業が倒産した場合、NFT所有者がどのように保護されるかは法的に整備されていません。

暗号資産で起こったように、NFT詐欺事件やハッキング事件が発生する可能性もゼロではないため、100%安全に取引できるとは限らない点も押さえておきましょう。

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

NFTに関するよくある質問

faq

最後に、NFTに関するよくある質問を紹介していきます。

NFTは魅力が多い技術ではありますが、注意するべき点もあるため合わせて確認しておきましょう。

NFT転売とは?

商品を購入し、買った値段より高く売る事を転売と言います。

NFT転売も一緒でマーケットでアートAの商品を仮に1万円で購入します。

購入した後にアートAを仮に1万1000円で販売(売る)して別の人が購入してくれたら1000円の利益が入ります。

つまり買う→売るを繰り返すと利益率が大きくなり稼ぐ事ができてしまう仕組みのことです。

価値が付きそうなNFTアートなどを購入し、半年持ち続けて高く販売する事もできるので販売(売る)時期も大事になります。

NFTはオワコン?

NFTはオワコンではありません。

これから発展途上で規模が拡大してきています。

アートやゲーム、音楽などコンテンツも広がってきていますしこれからNFTをやり始めても遅くはありません。

稼ぐ目的でNFTを2024年から始めても努力と経験次第で利益が出せることでしょう。

NFTで稼ぐ方法は?

NFTで稼ぐ方法として挙げられるのは、下記のとおりです。

NFTで稼ぐ方法
  •  購入したNFTを転売する
  • 自分でNFTを作成して売る
  • NFTゲームのプレイ報酬で稼ぐ
  • NFT関連銘柄に投資する

自らNFTを作るほか、購入したNFTを転売する方法でも稼ぐことが可です。

NFT市場が拡大して活発になると、NFTの価値が高騰するため、投資商品としても魅力的でしょう。

NFT購入のデメリットはある?

NFT購入のデメリット
  • 詐欺被害が発生している
  • 日本語に対応していないマーケットもある
  • 有名クリエイターを騙った偽物の作品が流通する

注目度が高まれば詐欺師も増えてしまうため注意しましょう。

購入する際には、クリエイターの公式サイトやSNSを確認して、クリエイター本人が出品している事を確認することが大切です。

ブロックチェーンのセキュリティは非常に優れているものの、詐欺被害が実際に出ている点には留意する必要があるでしょう。

NFT購入でおすすめのマーケットはどこ?

本記事で紹介したマーケットは信頼できるマーケットです。

信頼できるNFTマーケット
  • Coincheck NFT
  • GMOコイン
  • OpenSea (オープンシー)
  • Rarible(ラリブル)

迷ったら、ぜひ利用を検討してみてください。

NFT関連でおすすめの仮想通貨銘柄は何?

NFT関連でおすすめの仮想通貨銘柄は、下記のとおりです。

NFT関連でおすすめの仮想通貨銘柄
  •  イーサリアム(ETH)
  • SAND
  • エンジンコイン(ENJ)
特に、イーサリアム(ETH)は上記中で知名度と流通量が最も高いため、迷ったらイーサリアムから始めるのがおすすめです。

NFTは安全ですか?

NFTには、高いセキュリティを誇るブロックチェーン技術が採用されているため、安全に取引できます。

また、NFTは偽造できない特徴があることから、詐欺などのリスクに注意すれば過度に恐れる必要はありません。

NFTアートの出品方法は?

NFTマーケットプレイスのOpenSeaを利用すると、自作のNFTアートを出品できます。

OpenSeaの「Create new item」から作品情報を設定し、作成したNFTを出品すれば完了です。

出品することは簡単ですが、OpenSeaにはたくさんのNFTが流通しているため、単に出品するだけで簡単に売れる可能性は低いです。

SNSなどを用いた営業やマーケティングを駆使して、自身の作品情報を拡散することが重要です。

NFTゲームの始め方は?

NFTゲームを始めるときは、ゲームに応じた仮想通貨やNFT、仮想通貨ウォレットが必要となります。

プレイしたいゲームに必要な仮想通貨を購入し、NFTゲームをインストールすれば準備は完了です。

その後、ウォレットに仮想通貨を送ってNFTを入手しましょう。

メタマスクのNFTの買い方は?

まずは、イーサリアムなどの仮想通貨を購入します。

購入した仮想通貨をメタマスクに送金し、OpenSeaでNFTを購入すればOKです。

オープンシーのNFTの買い方は?

まずは、イーサリアムなどの仮想通貨を購入し、メタマスクへ送金します。

その後、オープンシーに登録して欲しいNFTをカートに追加します。

ガス代と購入金額をを支払えば、NFTを購入できます。

NFTアートの作り方は?

NFTアートの作り方は、通常のデジタルアートと変わりありません。

NFTアートの作り方
  •  ペイントツールでアートを作る
  • デジタル化してアップロードする

IllustratorやPhotoshopで、JPEG形式の画像を作れば完了です。

プログラミングやアプリを使用してNFTアートを作ることも可能です。

NFTアートの出品方法は?

NFTアートの出品方法は、下記のとおりです。

NFTマーケットプレイスにログインする
  • 仮想通貨のウォレットを作成する
  • ウォレットに必要な仮想通貨を入金する
  • マーケットプレイスでNFTアートの販売条件を入力する
  • 出品するNFTアートをマーケットプレイスにアップロードする

難しい作業はほとんどありません。

NFTを買うにはイーサリアムがいくら必要?

NFTを買うときに必要なイーサリアムは、購入する商品によって異なります。

1イーサリアムの価格は、374,673円(2024年2月13日0時30分現在)

つまり、2万円の商品を購入する場合、約0.1イーサリアムが必要となります。

新NISA制度の学習システム

NFTまとめ

NFTは最新技術が用いられているため、誰でも安心して取引ができます。クリエイターの権利を保護しつつ、投資商品としての魅力も高まっています。

有名企業や著名人もNFTを用いた商品やサービスを提供しており、今後ますます注目度は高まっていくでしょう。

将来性の豊かで大きな利益も狙えることから、NFTで稼ぐことに興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

NFTのおすすめの買い方は、こちらの記事で紹介した

  • Coincheck NFT
  • GMOコイン
  • OpenSea (オープンシー)
  • Rarible(ラリブル)

の活用です。

ぜひ活用を検討しながら、将来性豊かなNFTへの投資を行ってみてください。

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券