プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 1ビットコインはいくら?100円でも買える!少額でも儲かるのか徹底解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

1ビットコインはいくら?100円でも買える!少額でも儲かるのか徹底解説

ビットコイン価格_アイキャッチ

最近話題でよく耳にするビットコインだけど、いくらから買えるの?

ビットコインがどこで買えるか詳しく知りたい。おすすめの取引所はあるの?

近年話題となっているビットコインについて、正しい情報を知りたいと思う人は少なくないでしょう。

最近、投資対象として注目されている仮想通貨のひとつがビットコインです。

そんなビットコインは、現在1ビットコイン(BTC)はこちらの価格で取引されています。

仮想通貨初心者の中には、ビットコインを購入する場所や必要な金額などが分からず戸惑っている人もいます。

1ビットコインの価格を知っても、それが日本円でいくらなのか、いくらからビットコイン投資を始められるのかなどさまざまな悩みを抱えてしまいますよね。

そこで、この記事では1ビットコインの価格や、ビットコインの最低購入価格、ビットコインを購入する手順、ビットコインが今後も儲かる要因などについて詳しく解説していきます。

ビットコイン価格_内容

 

この記事でわかる1BTC(1ビットコイン)の価格
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

⬇︎こんな記事がおすすめ

注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

1BTC(1ビットコイン)はいくら?1000円でも利益は出る?

1BTC(1ビットコイン)はいくら?1000円でも利益は出る?

ビットコインの数え方がわからない。

ビットコインは最低いくらから購入できるの?

ビットコイン取引を始めるにあたり、仮想通貨取引が初めての人は特に、何もかもがわからないことだらけでしょう。

これから仮装通貨取引を始めようと考えている人向けに、まずはビットコインの単位と最小購入額について解説していきます。

1BTC(1ビットコイン)はいくら?単位の見方

ビットコインの通貨単位
BTC(ビーティーシー)

ビットコインの数え方は0.04BTCや1BTCなど、「BTC(ビーティーシー)」を単位として使っています。

最小単位は、ビットコインの考案者の名前からとって1satoshiと呼ばれ、0.00000001BTCです。

ビットコインの補助単位
  • 1 mBTC(ミリビットコイン)=0.001BTC
  • 1μBTC(マイクロビットコイン)=0.001BTC

近年、ビットコインは大きく価格が上昇しているため、利用しやすくするために1BTCよりも小さい単位を作っています。

1BTC以下の単位はmBTCやμBTCと表されることもあり、少額投資であればmBTCやμBTC単位で購入することが多くなるかもしれません。

【参考記事】

ビットコイン(BTC)は今後どうなるの?これからの価格予想や将来性を徹底解説

ビットコインはいくらから購入できる?

ビットコインを取り扱っている取引所は複数存在し、それぞれの最小購入額は異なります。

取引所ごとの最小購入額を以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

取引所 最小購入額
コインチェック 0.005BTC
DMMビットコイン 0.0001BTC
GMOコイン 0.0001 BTC
ビットフライヤー 0.001BTC
bitbank 0.0001 BTC

ビットコインはオンライン上でのみ取引される仮想通貨ですから、法定通貨である日本円で購入するには仮想通貨交換業者を利用しなければなりません。

取引所によってビットコインの最小購入額は違いますが、一般的に0.0001~0.005BTCの間が平均的だと言えるでしょう。

つまり、ビットコインの最小購入額は『約500円程度』と言えます。

とはいえ、ビットコインの購入は投資ですので、最小で買うとリターンもその分少なくなります。

ご自身の金銭状況とよく相談する必要はありますが、まずは0.0001BTC(約500円)くらいから始めるのがおすすめ!

0.0001BTCから購入できて初心者の方にも扱いやすい取引所なのがコインチェックです。

少額での仮想通貨投資を始めたいのであれば、最小取引単位に注目することが大事です。

また、大前提としてビットコインなどの仮想通貨は常に価格が変動していることを忘れないようにしてください。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

1000円でも利益は出る?

結論から言うと1,000円の投資でも利益は出せます。

しかし、少額であればあるほど、得られる利益も少なく、1,000円程度の投資であれば、価格が急騰したとしても、数百円から数千円程度の利益しか出ません。

初心者は、仮想通貨で数千万円や数億円一気に稼げる投資と勘違いしていることが多いですが、ビットコインを1,000円分購入したとしても、数千万円の利益を出すことはほぼ不可能です。

ですが、ビットコインなどの仮想通貨投資では、一気に利益を上げるのではなく、コツコツと利益を積み重ねることも大事です。

そのため、1,000円分のビットコインを買って、1円でもプラスになれば、それは大きな収穫です。

1円でも利益を出せたということは、価格が上がるという予想が当たったということです。

仮想通貨などの投資の世界では、根拠のある分析から売買タイミングを見つけることが求められます。

1円でも少ない利益をコツコツ上げられれば、それが自信となり、投資の資金を上げることで大きな利益にも期待できます。

新NISA制度の学習システム

1BTC(1ビットコイン)現在の価格動向

1BTCいくら

1BTCの現在の価格はどうなっているのでしょうか?

今日現在の価格は以下のようになっています。

ビットコインの購入には600万円以上も必要なの?

と戸惑ってしまう人も多いでしょう。

しかし、先ほど解説した通り、ビットコインは0.0001BTCから購入できるので、そこまで多くの資金は不要です。

2023年にはいってからおよそ200万円台をキープしていましたが、7月ごろになると400万円台まで価格が上昇、11月にはいって500万円を超えています。

値動きが激しい状況となっているため、まずは少額でも買ってみて、実際の値動きについて把握することが利益を得るためには大事です。

ビットコインは今からでも儲かる?

ビットコインは今からでも儲かる?

ビットコインの知名度が上がってからしばらく経ったけど、今から買っても儲かるの?

結論から言うと、今から購入しても収益を見込めるでしょう。

ビットコインは今からでも儲かると言える理由は次の4つです。

では、上記それぞれの理由を裏付けるニュースを取り上げながら、詳しく解説していきましょう。

つい最近ビットコインに興味を持ち始めた人、まだ勉強中の人は必見です。

【参考記事】

ビットコイン(仮想通貨)投資は実際儲かるの?投資するメリット・リスクや上手に稼ぐコツを大公開!

ビットコインが儲かる理由①世界各国の企業・国による実用化

ビットコインは世界中で実用化が注目されている仮想通貨です。

実際に、企業や国で実用化されている例を取り上げてみましょう。

中米エルサルバドルの国会は8日、代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨として採用する法案を賛成多数で可決した。

出典:SankeiBiz

2021年6月8日、エルサルバドルは世界で初めてビットコインを法定通貨として採用しました。

3ヶ月後には、国内企業の商品を購入したりサービスを利用したりするときや納税にビットコインが利用できるようになっています。

米ドルとの兼ね合いは?
ビットコインが法定通貨として採用されたものの、米ドルも存続していて為替レートは金融市場で決まっています。

しかし、ビットコインを法定通貨としたエルサルバドルは、2年経過した今、順調とはいえない状況なようです。

ブケレ大統領の予測とは外れる結果となり、国際機関の反対や仮想通貨市場の状況から良い状況とは言えません。

そのため、その後法定通貨に乗り出す国はないものの、国内の企業では多数ビットコインの採用に乗り出しています。

少しづつ状況が整えば、世界各国の企業も実用化に乗り出すとも考えられますね。

暗号資産取引所のbitFlyerは、アプラスと共同で12月1日、利用に応じてビットコインがたまるクレジットカード「bitFlyer クレカ」の提供を始めた。

出典:ITmedia

2021年12月1日、日本の仮想通貨取引所であるビットフライヤーが新生銀行グループのアプラスと共同でクレジットカードの提供をスタートしました。

「bitFlyer クレカ」をショッピングや公共料金の支払いに利用すれば、カードランクに応じた還元率でポイントが貯まります。

貯まったポイントはビットコインへ交換され、ビットフライヤーのアカウントに紐づけられるようです。

MEMO
クレジットカードのブランドはMastercardで、ApplePayやQUICPayなどのサービスにも対応しているため利便性が高まっています。

ビットコインをお得に入手できる「bitFlyer クレカ」ですが、ビットフライヤーの口座を持っていないと活用できません。

まだ口座開設されていない方はぜひ開設しておきましょう。

bitFlyer


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

bitFlyer

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコインが儲かる理由②世界企業の時価総額をゆうに超える期待値

今や世界中の投資家から注目されているビットコインは、価格がどんどん上昇しています。

ビットコインを購入すればこれからも儲かると期待できる理由は、次のニュース記事を見れば明らかです。

ビットコインの価格は米西部時間13日午前に6万㌦台まで上昇した。

時価総額は米グーグルの親会社であるアルファベットの時価総額に匹敵する規模になっている。

出典:日本経済新聞

2021年3月13日、アメリカ西部の午前にビットコインの時価総額は6万ドル台に上昇したため、Googleの親会社、アルファベットの時価総額に匹敵する存在となりました。

その後、6万ドルを下回る下落を見せたにもかかわらず再び価格は上昇しています。

本日66,000ドルを超え、時価総額が1.2兆ドル以上に達したビットコインは、電気自動車メーカーのテスラとソーシャルメディア大手のフェイスブックの時価総額を上回った。

出典:コインテレグラフジャパン

2021年11月9日、ビットコインの時価総額は1.2兆ドル以上に達したため、世界的な自動車メーカーテスラの1兆1,900億ドルや、大手SNSFacebookの9,750億ドルを上回っています。

その時点で、ビットコインとamazonの時価総額の差は6,000億ドルでした。

仮想通貨の時価総額が世界の大手企業に匹敵するなら、投資する価値はありそう。

まさにその通りで、2021年に入って仮想通貨の勢いは増しています。

「200兆円」――。

これが仮想通貨市場全体の時価総額で、世界最大の上場企業であるアップルの時価総額と匹敵するほどです。

出典:JCAST

ビットコインの時価総額はもちろん、仮想通貨市場全体で見ると、世界で注目されるアップルに匹敵する大きさが目立ちます。

ビットコインが儲かる理由③法制定がまだ整っていないため実用化に伸び代がある

ビットコインはまだ法整備が整っていない仮想通貨の一つです。

世界中では仮想通貨を扱う際のルールを明確化する働きがありますが、実際に適用されるにはまだ時間があります。

比較的自由に取引できる今だからこそ、実用化の幅には伸び代が期待できるのです。

法で規制される前に購入しておけば、今後実用化されて価値がさらに高まったときに利益を得る可能性が高いでしょう。

今後も伸びしろが大いに期待できるビットコイン。今の内に購入しておくためにもまずは口座開設が必須。

数ある取引所の中でも一番おすすめなのがコインチェックです。

ビットコインが儲かる理由④米国でのビットコインETFの誕生

ビットコインETFが初めてアメリカで申請されたのは、2013年です。

その後、米国でビットコインETFがすぐに誕生したわけではありません。

2013年はまだまだ仮想通貨市場の認知度が低く、信頼性もなかったためSEC(米証券取引委員会)は申請を棄却しています。

その後、7年に渡って何度も申請を行ってきましたが、その後も承認されることはありませんでした。

しかし、2022年の10月19日に、Prosheres社のビットコイン先物ETFがSECの承認を受け、ニューヨーク証券取引所に初めての上場を果たします。

このころには、仮想通貨全体の信頼感も高まり、ビットコインなどが世界中の決済手段などで使われたことが一つの理由とされています。

現在は上場投資信託として扱われています。

新NISA制度の学習システム

ビットコイン(BTC)の将来性がある要因

ビットコイン(BTC)の将来性がある要因

ビットコインについて調べているうちに、「ビットコインは終わり」「もう価格が上がることはない」という噂にたどり着くこともあります。

では、ビットコインの将来性がある要因はなんなのでしょうか?

ここでは、ビットコインの将来性がある要因について説明していきます。

ビットコインの将来性がある要因①仮想通貨の中でも代表格の通貨だから

ビットコインの将来性がある要因の一つに、仮想通貨の中でも代表格の通貨だからという点が挙げられます。

ビットコインの時価総額の割合は、仮想通貨全体の約4割程度を占めて、他の通貨を圧倒しています。

そのため、仮想通貨市場はビットコイン手動で価格変動が起きることが多いですが、他の通貨の影響は受けにくいです。

また、時価総額が高いということだけで、さまざまな金融機関や大企業、個人投資家から資金を集められるので、資金流入が起きやすいです。

他の通貨よりも価格が良い方向に動きやすいので、初心者はまずは持ってきたい仮想通貨と言えるでしょう。

ビットコインの将来性がある要因②世界中で決済手段として普及している

ビットコインは仮想通貨の中でも圧倒的な時価総額を保有し、価格が安定しています。

そのため、ビットコインを決済手段として導入する企業や店舗が増えています。

実は、日本でも、ビックカメラや眼鏡スーパー、コジマ、ソフマップなどの多くの店舗で導入されているのです。

国内だけでなく海外でもビットコインを使った決済が可能で、今後もビットコインで決済できる企業や店舗が増えれば、さらに需要が高まり、価格上昇にも期待できるでしょう。

さらに、Twitterの新CEOで仮想通貨市場に大きな影響を与えるイーロン・マスク氏は、ビットコインを採用することでTwitterが世界最大の金融機関になる可能性について表明しています。

新たな場所でビットコインが採用されることで、価格の上昇へと繋がるでしょう。

ビットコインの将来性がある要因③著名人・大企業の投資

ビットコインに投資をしている企業や著名人はかなり多いです。

米国資産運用ファンドのフィデリティの2020年のレポートによれば、機関投資家の36%が既にデジタル資産に投資しており、個人投資家のうち10人中6人以上がデジタル資産をポートフォリオに組み込んでいるようです。

日本ではまだ知名度が劣る仮想通貨ですが、世界的な知名度はかなり高く、ビットコインを知らない投資家はいません。

ビットコインのロングポジションを維持している金融機関からは、資本効率を高めたいという需要が引き続きみられ、デジタル分野での包括的なサービスを求めていると確信しています。

参考:新しい経済

ビットコイン(BTC)を購入する手順

ビットコイン(BTC)を購入する手順

ビットコインを早く購入したいけど、どこでどうやって購入したらいいのか分からなくて困っている…。

そんな悩みを持っている人のために、ここでは仮想通貨取引所のビットフライヤーを一例として、ビットコインを購入する手順を説明しましょう。

ビットコイン(BTC)を購入する手順①アカウントを作成する

ビットフライヤーでビットコインを購入するためには、まずはアカウントを作成する必要があります。

ビットフライヤーの公式サイトにアクセスして、メールアドレスの登録を行ってください。

その後、「無料登録」をクリックすると、入力したメールアドれる宛に確認のメールが届くので、キーワードを入力して次に進みます。

ビットコイン(BTC)を購入する手順②口座開設をする

メールを開いた後は、画面の指示に従い、同意事項を全て確認します。

その後、名前や性別、生年月日などの個人情報を入力し、本人確認を済ませてください。

基本的に、全ての作業は画面の指示に従って操作していれば、簡単に口座開設が完了します。

ビットコイン(BTC)を購入する手順③銀行振り込み/コンビニ入金/クイック入金のいずれかを選び入金する

口座開設完了後は、銀行振り込み/コンビニ入金/クイック入金のいずれかを選び入金を済ませます。

初めて入金する時は、できるだけ少額で済ませておくようにしましょう。

入金する日本円は、1円以上であれば上限はありません。

コンビニ入金を選択する時は、1回あたりの取扱い金額が30万円になります。

ビットコイン(BTC)を購入する手順④ビットコインを購入する

最後に、販売所か取引所を選んで、ビットコインの数量と価格を選択し、買い注文を確定させれば、購入可能です。

MEMO

「取引所」では、買い手と売り手が暗号資産取引をします。

「販売所」では、業者が直接ユーザーに暗号資産を販売する取引方法です。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

ビットコイン(BTC)購入におすすめの仮想通貨取引所9選

ビットコイン価格_おすすめ取引所

続いて、ビットコインを購入できる場所を紹介します。

取引所によってもツールの使いやすさや最低取引金額、手数料などが異なるので、自分に合った取引所で口座開設を済ませてください。

それぞれの特徴を紹介しますので、自分が利用しやすそうな取引所を選んでみてください。

ビットコイン(BTC)購入におすすめ①コインチェック

ビットコイン いくら

コインチェックの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 27通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱い通貨数が国内最大級
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている
コインチェックが選ばれる理由
  • ダウンロード数・取り扱い通貨数が多い
  • 取引所の取引手数料は0円
  • 500円という小額からビットコインがもらえる

コインチェックは、アカウント登録から実際に取引を開始するまでスマホ1台で簡単にできます。

基本的な個人情報を登録して本人確認書類を提出すれば、最短1日でビットコイン取引をスタートさせることが可能。

関東財務局に登録されている暗号資産交換業者なので、安心感があるのもポイントです。

500円程度の少額投資が可能で、「Coincheckつみたて」サービスを利用すれば数円単位での暗号資産を毎月積み立てることもできます。

最初の仮想通貨取引所で選ばれることが多く、初心者には特におすすめです。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

ビットコイン(BTC)購入におすすめ②DMMビットコイン

DMMbitcoin

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 38通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている
DMMビットコインが選ばれる理由
  • 最短1時間&スマホ1台であっという間に取引開始
  • アプリを使えばいつでもどこでもワンタッチ取引
  • 取引手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く

DMMビットコインでは、新規口座開設が完了するともれなく2,000円がプレゼントされます。(2024年2月現在)

資産はコールド保管されるため、オンライン上で危険にさらされる心配が少なく、徹底したセキュリティで守られるのも注目ポイントです。

365日間問い合わせフォームが使えるので、初めて仮想通貨を購入する人でも安心できるでしょう。

ツールやアプリも使いやすく、直感的な操作で取引ができるので、操作感に悩むことは少ないです。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

ビットコイン(BTC)購入におすすめ③ビットフライヤー

bitFler

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(4.5)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(5.0)
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:各銀行所定額
クイック入金:330円~
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 22通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 最短10分で口座開設
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい
ビットフライヤーが選ばれる理由
  • さまざまな手数料が無料
  • 人気仮想通貨を1円から購入できる
  • アプリを使えば24時間365日取引可能

ビットフライヤーは、6年間連続でビットコイン取引量が国内一*の暗号資産取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

1円の少額からスタートできるので初心者には嬉しいポイントでしょう。

また、アカウント作成・販売所の全通貨売買・住信SBIネット銀行からの日本円入金などで手数料が0円なのもおすすめポイント。

業界最長 7 年以上ハッキング 0 を次世代セキュリティで実現し、充実したセキュリティ体制を講じている点も魅力です。

bitFlyer


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

bitFlyer

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコイン(BTC)購入におすすめ④BITPOINT

ビットコイン いくら

BITPOINTの評価
手数料の安さ
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(4.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 BITPOINT(ビットポイント)
最低取引数量 500円以上(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 0円
入金手数料 0円(即時入金)
取り扱い通貨 21通貨
レンディング 非公開
レバレッジ取引 なし
独自仮想通貨 クレイ(KLAY)、ディープコイン(DEP)など
BITPOINT(ビットポイント)のココがおすすめ!
  • 国内取引所で唯一ジャスミーとディープコインの取扱いあり
  • 入出金手数料と取引手数料が無料
  • ビットコインの入出金手数料も無料

BITPOINT(ビットポイント)は、国内取引所で唯一、ジャスミーとディープコインを取引できる暗号資産交換業者(取引所)です。

ジャスミーは「ジャスミー株式会社」が運営するイーサリアムベースの暗号資産(仮想通貨)で、データの民主化をコンセプトとしています。

ディープコインもNFTゲーム「Play Mining」で使われているイーサリアムをベースとしたトークンで、簡単に言うとゲームで稼げることが可能な暗号資産(仮想通貨)です。

BITPOINT(ビットポイント)は、取扱通貨数が国内最多のGMOコインですら取り扱っていない暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている点が特徴と言えます。

ビットコイン取引に慣れて、他の暗号資産(仮想通貨)を取引したいと考えた場合におすすめの暗号資産交換業者(取引所)です。

もちろん、入出金手数料は無料で取扱通貨数も15通貨と多く、手数料無料で500円から取引できるなど、基本スペックも高い暗号資産交換業者(取引所)と言えます。

\ 完全無料で口座開設 /

BITPOINT

ビットコイン(BTC)購入におすすめ⑤LINE BITMAX(PR)

ビットコイン いくら

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 7通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります

LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

ビットコイン(BTC)購入におすすめ⑥LIGHT FXコイン

1BTCいくら

LIGHT FXコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(2.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
取引銘柄 ビットコイン
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
最大レバレッジ 2倍
最低取引量 BTC/JPY:0.001
追証制度 ロスカット機能
サービス LIGHT FXアプリ
コールセンターサポート
LIGHT FXコインのおすすめポイント
  • レバレッジを使って小額から取引ができる
  • レバレッジが2倍までかけられるので効率的に取引ができる
  • 取引手数料が無料なことが多く、コストを抑えられる
  • 売り相場・買い相場両方で取引できる
    =仮想通貨の価格のアップダウンにかかわらず利益が狙える
  • 土日を含めて24時間いつでも取引ができる

LIGHT FXコインは、仮想通貨のCFD取引に対応した金融サービスです。

現物取引ではなくレバレッジを利用して効率的に資産を増やしたい方におすすめとなっています。

また、LIGHTFXコインの魅力は何と言っても、スプレッドの狭さ。

スプレッドとはCFD取引における実質的な手数料になるので、LIGHTFXコインではコストを抑えた取引が出来るということです。

また、LIGHTFXコインは下記の各種手数料が無料で利用できます。

  • 取引手数料
  • ダイレクト入金手数料
  • ロスカット手数料
  • 出金手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料

最大レバレッジが2倍、ロスカット機能搭載など、安全に取引ができる仕様となっているので、仮想通貨CFDを初心者にとっても安心して始められる取引所です。

現在、口座開設で5万円がもらえるキャッシュバックサービスをおこなっているので、この機会に登録だけでも済ませておくのもおすすめですよ。

ビットコイン(BTC)購入におすすめ⑦みんなのコイン

1BTCいくら

みんなのコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(2.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(2.0)
総合評価
(3.0)
取引銘柄 ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
最大レバレッジ 2倍
最低取引量 0.001BTC
0.1ETH
追証制度 ロスカット機能
サービス iPhoneアプリ
Androidアプリ

みんなのコインは、仮想通貨のレバレッジ取引に対応した仮想通貨取引所です。

LIGHT FXコイン同様、スプレッドが狭いことが好評の仮想通貨取引所で、スプレッドに対する自信は公式サイトに明示されているほどの自信ぶりです。

ビットコイン いくら

みんなのコインおすすめポイント
  • スプレッドが狭く、公式サイトで明快に提示されている
  • 取引手数料がなんと無料
  • 取引手数料だけでなく、ロスカット手数料、口座開設手数料、ダイレクト入金手数料、出金手数料、口座維持手数料も無料!
  • 現物取引ではないので、暗号資産流出の心配が限りなくゼロに近い
  • 365日メールで取引をサポートしてくれる

また下記のような取引手数料もなんと無料!

ビットコイン いくら

とにかくコストをかけずに仮想通貨を取引したい!という方におすすめの仮想通貨取引所です。

ビットコイン いくら

ビットコイン(BTC)購入におすすめ⑧GMOコイン

ビットコイン いくら

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 販売所では26種類、取引所では23種類
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている
GMOコインが選ばれる理由
  • オリコン顧客満足度2021年でNo.1
  • 23種類の仮想通貨銘柄を1,000円未満で購入可能
  • 暗号資産FX・つみたて暗号資産・ステーキングなどのサービスを提供

利用者の満足度が高いGMOコインは、投資スタイルに合わせてツールを選べます。

関東財務局長では、暗号資産交換業・金商として登録されているのもポイント。

GMOインターネットグループが親会社なので、24時間監視・脆弱性診断などのサイバー攻撃対策が徹底しています。

「いますぐ買いたいけど、口座を持っていない」という方でも、GMOコインなら最短10分で口座開設が完了し、ビットコイン(BTC)をはじめ、全ての暗号資産がすばやく取引できます。

ビットコイン(BTC)購入におすすめ⑨bitbank

ビットバンク_仮想通貨おすすめ

bitbankの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 bitbank
最低取引数量 0.0001BTC~
出金手数料 550円~
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 32通貨
bitbankのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄全てでレンディングサービスができること
  • アプリが誰にでも使いやすい設計になっている
  • 国内の仮想通貨取引所のなかでNo,1になったことも
bitbankが選ばれる理由
  • 24種類の仮想通貨を高い流動性でトレード
  • コールドウォレットを採用しハッキング対策が万全
  • 外出先でも取引可能なアプリを提供

シンプルで機能的なデザインのbitbankは、仮想通貨初心者でもストレスなく扱えるでしょう。

スマホアプリでは、ワンタップでビットコインが買えるUIも非常に魅力です。

土日祝日に関係なく、24時間リアルタイムで日本円入金が可能です。

暗号資産市場の激しい価格変動にもスピーディに対応するため、長年投資に関わっているトレーダーにも適しています。

1BTC(1ビットコイン)に関するよくある質問

1BTC(1ビットコイン)に関するよくある質問

ビットコインは期待大だし、購入したいと思うけど、もう少し情報が欲しいなあ。

このように感じている人のために、ビットコインがいくらから利用できるのか、についてよくある質問と回答を以下にまとめてご紹介していきます。

仮想通貨初心者でもスムーズな取引ができるように、ぜひ参考にしてみてください。

ビットコインを購入するのにかかる手数料はいくら?

基本的に、ビットコインを販売所で購入する場合の手数料は0円です。

ただし、購入価格と売却価格の差が生じた際のスプレッドは自分負担になります。

また、ビットコイン取引所で売買取引があった場合の手数料はサービスによって異なるので注意しましょう。

例えばビットフライヤーの場合は、約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)です。

状況や取引所によって違いはありますが、基本的にはスプレッド>手数料ですので、慣れてきたら販売所ではなく取引所で売買することをおすすめします。

ビットコインを換金するにはいくらかかる?

ビットコインを日本円に換金するには、取引所・販売所・ATMで売却する必要があり、場所によって売却する際の手数料は異なります。

ちなみに、コインチェックの取引所でビットコインを売却した場合の手数料は0円です。

今後変更になる可能性もありますがお得ですね。

MEMO
ビットコインの実用化が進めば、換金せずに商品やサービスの購入に利用できるようになるでしょう。

ビットコインはいくらから買うべき?

ビットコインは100円、500円という少額から購入可能です。

ただし、暗号資産取引所によっては取引所への入金最低金額が定められているため、その金額に合わせて購入することになるでしょう。

ビットコインを購入するのが初めての場合、まずは最低金額から始めてみることがおすすめです。

初心者でも少額で気軽に始めやすいのはメリットだと言えるでしょう。

ビットコインの税金はいくらかかる?

ビットコインなどの仮想通貨の税区分は雑所得となります。

所得税の税率は次の通りです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円~ 45% 4,796,000円

仮想通貨(暗号資産)にかかる税金はどのくらい?確定申告が必要な場合や節税対策までくわしく解説!

ビットコインは結局どこの取引所で買うのが良いの?

この記事でも厳選した優秀な取引所をいくつかご紹介しましたが、どこにするか決めかねている方にはビットフライヤーをおすすめします。

ビットコイン取引量国内1位の実績があり、使いやすさや高いセキュリティ面だけでなく、非常に多くのユーザーが利用しているためビットコインの売買に困ることがありません。※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

口座開設は無料ですので、いざ買うとなった時にすぐ購入できるよう、予めコインチェックの口座開設をしておきましょう。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

1BTC(1ビットコイン)まとめ

1BTCいくら

この記事では1ビットコインの価格や、ビットコインの最低購入価格、ビットコインを購入する手順、ビットコインが今後も儲かる要因などについて詳しく解説してきました。

1ビットコインの単位はBTCとsatoshiで表されることが多いです。

1BTCは現在500万円以上しますが、ビットコイン購入に500万円以上必要なわけではありません。

500円程度から買うこともできるので、気軽に始めやすい投資と言えるでしょう。

2024年に入ってからは価格も上昇しており、ビットコインの資産価値に注目が集まっています。

今のうちに少額でも買っておけば、将来的にさらに大きな利益が得られる可能性もあるので、買い時を逃さないように、口座開設くらいは必ず済ませておきましょう。

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券