ビットコイン(BTC)の半減期とは|2024年に価格が半減?!仕組みから価格変動まで解説

ビットコインの半減期について知りたい。

ビットコインの半減期に購入するのにおすすめな取引所は?

この記事では、このような疑問について説明しています。

ビットコインに関する最も重要なイベントの1つは半減期です。

ビットコインの半減期とは流通しているビットコインの数を減らし、ビットコインの需要を増やすことで、暗号通貨の価格のインフレを引き起こします。

ビットコインの半減期は、ビットコインのエコシステム内のあらゆる参加者に影響を及ぼすと言われています。

そこで、今回はビットコインの半減期とは何なのか、2024年の見通しについても見ていきたいと思います!

この記事のポイントはコレだ!
  • ビットコインの半減期は、ビットコイン取引のマイニングに対する報酬が半減したときのことを言う
  • このイベントはビットコインのインフレ率と新しいビットコインが流通する速度を半分に減らす
  • これまでの歴史を辿ると、半減期の後、価格は上昇トレンドにある
  • 次回の半減期は2024年を予定している
  • ビットコインを購入するなら、手数料無料のDMMビットコインがおすすめ

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

\今すぐ仮想通貨を始めたい方/
プレミアム金融コラムの読者に人気な仮想通貨取引所はこちら

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
LINE BITMAX line bitmax LINEPAYとの連携で便利に使える! 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコインの半減期とは?

ビットコインの半減期とは、新しいビットコインが流通する速度を半分に減らすためのイベントです。

これは、すべてのビットコインの枚数が供給されるまで価格インフレを実施する方法とも言えます。

有限の供給に近づくにつれて、新しいビットコインの生産率がさらに低下するため、この半減期のイベントは重要です。ビットコインの最大供給量の合計は2,100万です。

マイニングされた21万ブロックごと、またはおよそ4年ごとに、トランザクションを処理するためにビットコインマイナーに与えられるブロック報酬は半分に削減されます。

ビットコインの供給量が増えるごとに、マイナーに与えられる報酬が削減される?!

ビットコインの価格が半減し、インフレが起きるのが『半減期』です。
ビットコインの半減期とは?
  • ビットコインの半減期とは、新しいビットコインが流通する速度を減らすためのイベント
  • 全てのビットコイン枚数が供給されるまでのインフレみたいなもの
  • ビットコインの半減期は2140年まで継続される
  • ビットコインの半減期と、ビットコインの大幅な価格の高騰とは相関関係があった
  • 次のビットコイン半減期は『2024年2月から2024年6月の間に発生する可能性』が高いと言われている

 

ビットコインの半減期はいつまであるの?

この報酬システムは、提案されている上限の2,100万に達する2140年頃まで継続されます。

その時点で、マイナーは、ネットワークユーザーがトランザクションを処理するために支払う料金を受け取ります。

これらの料金は、鉱夫がまだマイニングしてネットワークを継続するインセンティブを持っていることを保証します。

例えば、2009年、採掘されたチェーンの各ブロックの報酬は50ビットコインでした。最初の半分の後、それは25、次に12.5であり、2020年5月11日時点でブロックあたり6.25ビットコインになりました。

2021年10月の時点で、すでに約1,885万ビットコインが流通しており、マイニング報酬を介してリリースされるのは約215万ビットコインでした。

ビットコインの半減期と、価格の関係

ビットコインの半減期ではこのようにマイナーの報酬に影響を及ぼす重大なイベントです

価格そのものにどんな影響があるのか気になる方もいることでしょう。

金の価値と同じようにビットコインもその希少性に基づいている場合、4年ごとに生産量または供給量が「半分」になると、理論的にはその価格が高くなります。

過去には、これらのビットコインの半減期にはビットコインの価格の大幅な高騰と相関関係がありました。

2012年11月28日に発生した最初の半減期では2013年11月28日に12ドルから1,217ドルに大幅に高騰しました。

2番目のビットコインの半減期は2016年7月9日に発生し価格は647ドルでしたが、その後緩やかに上昇し、 2017年17月、ビットコインの価格は19,800ドルにまで急騰しています。

その後、価格はこのピークから2018年12月17日の3,276ドルまで一年の間に下落しましたが、それでも前半の価格よりも506%高い価格です。

そして、最新の半減期は2020年5月11日に発生しまし、ビットコインの価格は8,787ドルでした。2021年4月14日、ビットコインの価格は64,507ドルに急騰しました(前半の価格から634%の上昇)。

さらに興味深いことに、1か月後の2021年5月11日、ビットコインの価格は54,276ドルで、これは517%の上昇を表しており、2016年の半減期の時の値動きとより一致していました。

特にこの3番目の半減期は、世界的な大流行の間だけでなく、規制当局の憶測が高まり、デジタル資産に対する組織の関心が高まり、有名人の誇大宣伝が行われる環境でも発生しました。

通常、半減期は巨大な投機、誇大広告、ボラティリティに囲まれており、将来これらのイベントに市場がどのように反応するかは予測できません。

次のビットコインの半減期は2024年?!

ビットコインの半減期は、約4年間隔で発生している大イベントであり、最初のイベントは2012年に発生しました。

これは、仮想通貨の基礎となるプログラミングの一部であり、総供給量を固定します。投資家として、歴史的に価格に大きな変動を引き起こしてきたため、ビットコインの半減期に注意する必要があります。

2024年の半減は、2024年2月から2024年6月の間に発生する可能性があります。最新の見積もりがこのページの上部に表示されます。

執筆時点では、次の半減期は2024年3月27日に予定してあります。

ビットコインの半減期はチャンス!おすすめ仮想通貨取引所3選

ビットコインの半減期は大きなチャンスともなり得ます。

そこで、このチャンスを活かしてビットコインを購入すべきおすすめの取引所を3つ厳選しました。

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
DMM Bitcoin DMM Bitcoin レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1 ・安心・安全のセキュリティ 公式サイト誘導
coincheck Coincheck アプリダウンロード数No.1 ・スマホで最短1日で取引開始 公式サイト誘導
LINE BITMAX line bitmax LINEPAYとの連携で便利に使える! 公式サイト誘導
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin|おすすめ仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

DMMビットコインの評価
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 15通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨は15種類で、その中の一つがビットコインキャッシュ(BCH)。

最低取引単位は現物取引で0.01BCH、レバレッジ取引で0.10BCHです。

BitMatch注文では。現物取引が0.1BCHから、レバレッジ取引では1BCHからとなります。

仮想通貨取引手数料、日本円の入出金手数料、仮想通貨をほかの取引所に送る手数料などはすべて無料です。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

Coincheck|おすすめ仮想通貨取引所

Coincheck_おすすめの仮想通貨_銘柄

コインチェックの評価
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 17通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では17種類と最多
  • ビットコイン出来高は日本最大級
  • モバイルアプリが簡単で使いやすい

コインチェックは東京都渋谷区に拠点があり、設立は2012年8月28日で、2014年から仮想通貨交換業務を開始しました。

コインチェックは日本で高いビットコイン取引量を持っており、2021年12月時点では、24時間の取引量は約1億2290万米ドルを超えています。

Coincheckはモバイルでの使用も可能で、AppstoreまたはGooglePlayから簡単にダウンロードでき、ダウンロード数も最多です。

\ 最短 即日 で取引開始! /

LINE BITMAX

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リンク(LN)


\ 最短3分で完了 /

bitFlyer|おすすめ仮想通貨取引所

bitFlyerの評価
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:無料〜330円(税込)
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 15通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では15種類と豊富
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

bitFlyerは2014年1月9日にリリースされた日本では最大級の取引所です。世界的にも多くの支持がある人気の取引所の一つです。

規制上の理由により、bitFlyerEuropeとbitFlyerUSAもあり、取引所は、そのWebサイトで、グローバルです。

取扱仮想通貨の種類は15で、そのうちの一つがビットコインキャッシュ(BCH)です。最低1円から購入できます。

販売所の取引手数料は無料で、取引所の方は0.01~0.15%となっています。

そのほか、アカウント作成手数料、アカウント維持手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料なども無料です。

アプリもシンプルな操作画面で使いやすいのもまたメリットです

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコインの半減期が起こる仕組みとは?

ビットコインの半減期がどのように機能するかを理解するには、最初に暗号通貨がどのように作成されるかの基本を知る必要があります。

ビットコインが生成される仕組みーマイニングー

ビットコインは分散型システムによって誕生します。このシステムでは、マイナーと呼ばれる人々が強力なコンピューターシステムを使用して暗号パズルを解決し、ブロックチェーンと呼ばれるビットコイン元帳のトランザクションを検証および検証します。その見返りに、彼らは新しく作成されたビットコインの形で支払いを受け取ります。

ビットコインマイニングは一種の競争です。鉱夫は基本的に、ブロックチェーンに新しいブロックを最初に追加するために競争しています。追加されたブロックごとに、報酬として一定数の新しいビットコインを受け取ります。ビットコインの創始者は、一定の間隔で半分にカットされるようにブロック報酬をプログラムしました。

ビットコインの半減期が起こるのはなぜ?

ブロックをマイニングするための報酬は、追加された210,000ブロックごとに半分に減少します。現在、その数のブロックを追加するには約4年かかるため、ビットコインの半減は約4年間隔で発生しています。最新の3番目の半分は2020年5月に行われました。次は2024年に予定されています。

理論的には、2100万ビットコインが作成されると、それ以上は作成されません。

「地球上に限られた量の金があるのと同じように、ビットコインの量は2100万に制限されています」とアフリカの暗号通貨取引所であるQuidaxのCEOであるBuchiOkoroは言います。

ビットコインは天然資源と考えることができますが、インターネット用です。そのため、ビットコインは「デジタルゴールド」と呼ばれています。

半分になると、新しいコインが作成される速度が低下するため、需要が増加しても、利用可能な新しい供給量が減少します。

金のように供給が少ないか有限である他の資産は需要が高く、価格を押し上げる可能性があるため、これは投資家にいくつかの影響を及ぼします。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

これまでのビットコイン半減期一覧

過去のデータは、ビットコインの半減とビットコインの価格の上昇との間に相関関係があることを示しています。

もちろん、価格は半減期だけでなく、さまざまな要因の影響を受けます。最初の3つの半減期のイベントの周りに起こったことの要約は次のとおりです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

2012年の半減期

2012年は最初の半減期であり、2012年11月28日に発生しました。半減期のブロックは、Radeon HD5800マイナーを使用している誰かによってSlushPoolによってマイニングされました。

  • 半減期前のブロック:ブロックあたり50 BTC
  • 半減期後の新しいブロック:ブロックごとに25 BTC
  • 半減日の価格: $ 12.35
  • 150日後の価格: $ 127.00

2012年11月の前半の時点で、ビットコインの価格は約$ 11でしたが、1年以内に、100倍に上昇しました。

2016年の半減期

2番目の半減期は2016年7月9日に発生しました。

  • 半減期前のブロック:ブロックあたり25 BTC
  • 半減期後の新しいブロック:ブロックあたり12.5 BTC
  • 半減日の価格: 650.63ドル
  • 150日後の価格: 758.81ドル

2番目の半減期は、 2016年7月に発生し、ビットコインネットワークは420,000ブロックのマイルストーンに到達しました。

ビットコインの価格は数か月間500ドルから1,000ドルの間で変動し、最終的には2017年12月までに約20,000ドルに上昇しました。

2020年の半減期

3番目の半減期は2020年5月11日に発生しました。

  • 半減期前のブロック:ブロックあたり12.5 BTC
  • 半減期後のブロック:ブロックあたり6.25 BTC
  • 半減日の価格: 8821.42ドル
  • 150日後の価格: $ 10,943.00

3番目の半減期は2020年5月に発生し、暗号通貨市場全体の強気な傾向と一致しました。この半減期の時点で、ビットコインは約9,000ドルで取引されており、年末までに約3万ドルに上昇しています。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

ビットコインの半減期後はどうなる?影響を解説

では、ビットコインの半減期後はどうなるのかその影響を見てみましょう。

ビットコインの半減期は主要なイベントであるため、ビットコインのネットワークに関与するさまざまな関係者に大きな影響を及ぼします。

そこで、ビットコインの半減期がビットコインのネットワークの主要な利害関係者と論点にどのように影響するかについての簡単な説明をします。

ビットコインの半減期が及ぼす重要な影響
  1. ビットコイン価格への影響
  2. 投資家への影響
  3. マイナーへの影響

ビットコイン価格への影響

「ビットコインの採用サイクルの初期には、価格とマイニングレートの相関関係は深かった」とビットコインマイニングファンドであるRedividerBlockchainのCEOであるTomFrazierは述べています。

これはつまり、ビットコインが成熟するにつれ、特に暗号通貨を採用する国が増え、より安定した技術および規制インフラストラクチャが導入されるにつれて、それぞれの半減期が価格に与える影響はますます少なくなる可能性があることを示しています。

2011年のビットコインのインフレ率は50%でしたが、2012年に半減した後、12%に低下し、2016年には4〜5%に低下しました。現在のインフレ率は1.76%です。これは、ビットコインの価値が半分になるごとに上がることを意味します。

歴史的に、半減期になるたびに、ビットコインは上昇トレンドを継続してきました。供給が減少して需要に拍車がかかると、価格は急騰します。

ただし、この上昇傾向はすぐに来るものではありません。

過去3回の半分とそれに続く急増を評価した後、スパイクは3〜6か月後にのみ発生し、瞬時には発生しないと言うのが正確です。

たとえば、2020年の半減の間、ビットコインあたりの価格はほぼ 8,500ドルでしたが、暗号通貨が強気なトレンドを開始した6か月後まで、大きな急上昇は見られませんでした。

2016年にビットコインが後半を経験たとき、それはほぼ650ドルで取引されていました、そしてその後の数ヶ月で、それはその時間の史上最高を達成し、2017年12月までに20,000ドルに達しました。

半減期は、ビットコインの価格に影響を与えるいくつかの要因の1つにすぎません。ただし、それは確かに最も重要な要素の1つであるため、発生するたびに価格に影響を与えます。

その他の要因には、組織および個人の採用率、ネットワークの開発と革新が含まれます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

投資家への影響

一般的に、半減期になると、供給の減少と需要の急増により暗号通貨の価格が上昇します。これは、投資家にとって朗報です。

基本的に暗号通貨のブロックチェーンでの取引活動は、半減期になることを見越して増加します。ただし、先に示したように、値上げのペースは、各価格の半分のロジスティクスと条件によって異なります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

マイナー(鉱夫、鉱業)への影響

ビットコインのエコシステムに対する鉱業の影響は複雑です。

基本的に、ビットコインの供給が減少すると、需要と価格が上昇します。

しかし、報酬が少ないと、個々の鉱夫や小さな鉱業組織がビットコインのエコシステムで生き残ることが難しくなる可能性があります。

これは、大規模な鉱業組織と競争するのが難しい場合があるためです。調査によると、ビットコインのマイニング能力はその価格に対して反循環的です。

したがって、暗号通貨の価格が上がると、そのエコシステム内の鉱夫の数は減少し、逆もまた同様です。

半減期は価格の上昇を特徴とし、鉱山労働者がネットワークから移動して安全性を低下させるため、ビットコインのネットワークに対する51%の攻撃の可能性を高める可能性があります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

ビットコインの半減期に関するよくある質問

最後にビットコインの半減期に関するよくある質問について見てみましょう!

ビットコインの半減期は前述したように、これまでの歴史から見ても、価格動向が追いやすく、絶好の稼ぐチャンスが来る可能性が高いイベントとなってます。

ビットコインの半減期はいつまでに起こる?

合計10,500,000BTCが採掘された後、最初のビットコインの半減期は2012年11月28日に発生しました。次は2016年7月9日に発生し、最新は2020年5月11日に発生しました。次は2024年初頭に発生する予定です。

では半減期が4年ごとに正確に発生しないのはなぜでしょうか?

ビットコインマイニングアルゴリズムは、10分ごとに1回新しいブロックを見つけることを目標に設定されています。

その答えは、年々、ブロックを見つける時間が短縮されていることにあります。

より多くのマイナーがネットワークに参加し、ハッシュパワーを追加すると、ブロックを見つける時間が短縮されます。

これは、マイニングの難易度(またはコンピューターがマイニングアルゴリズムを解決するのがどれほど難しいか)を2週間に1回程度リセットして、10分のターゲットを復元することで解決されます。

ビットコインネットワークは過去10年間で指数関数的に成長したため、ブロックを見つけるための平均時間は一貫して10分(約9.5分)未満にとどまっています。

このように平均時間が短縮されると、4年というサイクルも短縮されていく可能性はあります。

ビットコインの半減期ではビットコインを買うべき?

ビットコインの半減期では価格は乱高下しやすいものの、半減期前に下落し、イベントを終えた後に緩やかに上昇していく傾向がこれまではあります。

したがって、半減期のイベントは少なくともビットコインの買いのタイミングが来るはずです。

タイミングには注意が必要ですが、経験的証拠としては、ビットコインの価格が半減期になることを見越して上昇する傾向があることを示しています。

このタイミングを見計らって、半減期後の上昇に期待して、ビットコインを購入してみましょう。

【bitFlyerの口座開設はこちら!】


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
暗号資産種類国内No.1(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
8/1まで即時で2,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

(※)2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
キャンペーン期間:2022年4月1日~2022年8月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です