無職でも作れたクレジットカード5選と審査に通るポイント解説

無職でもクレジットカードは作れる?

クレジットカードを作る際に重要なものが信用です。

カードを使う際に、支払いの滞りが無いかどうかを厳重に確認するのが求められます。

クレジットカードを提供する会社は、トラブルを未然に防ぐため、審査を提供するところが殆どです。

基準の1つに職業欄も挙げられますが、果たして無職でもカードを作ることができるのでしょうか。

結論:無職でもクレジットカードを作れる可能性はある

結論から先に述べると、例え無職の方もクレジットカードを作れる可能性はあります。

しかし、あくまでチャンスがゼロではないと表現しているだけであり、必ずしもカードの審査に合格するわけではありません。

それでも、選び方によっては仕事をしていなくともクレジットカードを手に入れられる道は存在します。

無職で審査に合格するコツを抑えることが大切です。

審査が甘いと言われているカードを選ぶ

仕事をしていない方がカードを手に入れるコツは、審査の甘い会社を探すことです。

クレジットカードの審査基準は、企業によって大きく異なります。

職業欄をどの会社も確認はするものの、合否の判断材料にどこまで影響を及ぼすかは各々の基準に委ねられるのです。

クレジットカードの審査の難易度を見極める方法として、会社自体の信用度が挙げられます。

大手金融機関のような信用の高い企業の場合は、カードの契約を結んだ相手とトラブルを起こすわけにはいきません。

なぜなら、信頼できる顧客と取引することが、会社の信用度を引き上げる手段だからです。

つまり、審査基準をなるべく甘くして欲しいのであれば、信用度の低い企業を選ぶ必要があります。

そこで取引先を選んでいく際には、金融機関はなるべく避けた方が無難でしょう。

無論、絶対に審査で落とされるとも限りませんが、合格できる確率は他の方法と比べて低くなります。

特に、全国各地で運営しているような大手企業はNGです。

反対に審査基準が低めに設定されているのは、楽天カードやイオンカードのような流通系カードと考えられています。

それでも審査に通らない方もいるものの、銀行系のカードよりは合格しやすいです。

無職でクレジットカードを作るには?申し込みのポイント

取引する企業を一通り選んだら、次にクレジットカードを作りやすくする環境整備が必要となります。

無職でカードを作る際には、合格できるようポイントを押さえておくのが必須です。

折角、相性の良い企業を選んでも、環境整備の努力を怠ったら審査に合格する確率も下がります。

具体的な方法を4点紹介しましょう。

キャッシング枠は0円に設定する

まず、確認すべき点がキャッシング枠の0円設定です。

キャッシング枠は、簡単に言えば借金できる限度額を表します。

生活する上で、突然お金を借りなければならない状況も起こるかもしれません。

その時にキャッシング枠を設ければ、設定した限度額分のお金を貸してもらうことができます。

当該設定額を0円にすれば、基本的にはクレジットカードを使ってお金が借りられません。

ただし、制限によって審査は通常よりも緩くなります。

多くのクレジットカードに申し込みをしない

クレジットカードの審査は、なるべく企業を厳選して申請した方が通る確率も高まります。

手当たり次第申し込んだ方が、合格しやすくなるのではと疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、カードの審査の場合は、いわゆる多重申し込みをすると危険人物と見なされてしまいます。

基準が低く設定されている会社を1つ程度選ぶようにして、悪目立ちする行為を避けるようにしましょう。

審査が心配だったら一時的にも職につく

審査の合否が心配なのであれば、一時的に仕事をする方法もおすすめです。

ただし、職に就くとはいってもアルバイトやパートでも良いのかと不安に感じる方もいるでしょう。

確かに、正社員の場合と比べれば審査に通る可能性は低くなってしまいます。

安定した収入といった側面では、正規の社員には敵わないからです。

とはいえ、無職の状態よりかは会社もある程度の信用度を汲み取ってもらえます。

職にしっかりと就いた方が、カードの審査に合格しやすいのは間違いありません。

審査に落ちたらデポジット型カードから始めるのがおすすめ

あらゆる手を尽くしても、運悪く審査に落ちてしまう場合も考えられます。

クレジットカードを貰えなかったら、デポジット型カードを借りる手段も検討しましょう。

当該カードは、あらかじめ保証金を支払って利用する種類です。

担保したお金がそのまま限度額になり、遅延金を発生させなければ返済されます。

デポジット型カードは、通常のクレジットカードよりも審査が緩い点で有名です。

ただ、絶対に通るわけでもないので気を付けなければなりません。

無職でもクレジットカードが作れる人は?

仕事をしていない方でもクレジットカードを作れる道は設けられているものの、審査基準が厳しくなる現実を上記で述べました。

一方で、審査に然程影響を及ぼさない無職の方も存在します。

その方の条件とは、一体どのようなものでしょうか。3点に分けて、事例を説明していきます。

学生は無職でもクレジットカードが作れる

無職でクレジットカードを作れるケースで代表的なのは、学生の場合です。

就学しているのでニートとは言えませんが、カードは比較的手に入れられやすくなります。

特段、過去に遅滞金が発生した等のトラブルが無ければ基本的には審査に通るでしょう。

勿論、例外はいくらでも起こり得るので、絶対に合格するといった文言を鵜呑みにしてはいけません。

親の扶養に入っているか否か、アルバイト収入の有無も審査する上で判断材料となる条件です。

専業主婦は無職でもクレジットカードが作れる可能性がある

専業主婦もクレジットカードを作れる可能性があります。

そもそも、専業主婦の捉え方が人によって異なりますが、ここでは金銭が発生する仕事をしていない方を「無職」と表現しましょう。

決して、専業主婦が働いていないと言いたいわけではありません。

当該対象の方は、クレジットカードの審査は全体的に受かり難いと言われています。

収入の無い方も多く、カード会社があまり高い評価をしないからです。

ただし、審査する企業の選び方によっては、収入の無い専業主婦でもクレジットカードを貰える道が開かれています。

キャッシング率や多重申し込みの回避に気を付けて、基準の低い流通系のカードを選ぶようにしましょう。

家族と同居している人は家族カードなら審査なし

学生や専業主婦も、クレジットカードを選ぶこと自体は可能ですが、審査が避けられない大きな壁となっています。

そこでおすすめなのが、家族カードの申請です。

当該カードを申し込めば、企業による審査を通過する必要はありません。

家族カードは、クレジットカードを利用している方がいれば、その家族にも独自にカードが与えられる仕組みです。

既にカードを利用している会員が契約者となるので、他の家族は自らカードの申請をする必要がありません。

本会員に特段大きな問題が無ければ、審査を受けなくても良い便利なシステムです。

ただし、カードの上限等の条件は契約者の設定に委ねられています。

請求額もまとめて本会員に請求されるので、利用方法には十分な配慮が必要です。

無職でも作れる可能性のあるクレジットカード5選

無職でも作れる可能性のあるクレジットカード
  1. 三井住友カードRevoStyle
  2. ACマスターカード
  3. リクルートカード
  4. イオンカードセレクト
  5. 楽天カード
  6. ライフカード
  7. 三井住友カード(NL)
  8. エポスカード
  9. Amazonカードクラシック
  10. JCBカードW

JCB CARD W Plus L


mastercard

american express

visa

JCB
年会費 還元率
永年無料 0.5%~2.5%
おすすめのポイント
  • リボ払いで還元率2倍
  • コンビニ3社+マックで還元率が5倍
  • リボ払い式のクレジットカード

三井住友カードRevoStyleは、あらかじめ設定した金額が毎月引き落とされるリボ払い方式のクレジットカードです。

貸し倒れのリスクが少ないため、審査基準がやや緩くなっています。

リボ払いの手数料も9.8%と非常に安いため、クレジットカードを作りたいけど、どこの審査にも通らなかったという方におすすめクレジットカードとなっています。

ACマスターカード


mastercard

american express

visa

JCB
年会費 還元率
永年無料 0.25%
おすすめのポイント
  • リボ払いの手数料が無料
  • 自動契約機で即日発行可能
  • 利用額の0.25%が自動でキャッシュバック

ACマスターカードは、大手消費者金融のアコムが発行するリボ払い式のクレジットカードです。

消費者金融ならではの独自の審査基準に基づいて発行されるため、比較的審査に通りやすいクレジットカードと言えます。

また、即日発行も可能なので、今すぐにでもクレジットカードを作りたいという方に特におすすめです。

リクルートカード


mastercard

american express

visa

JCB
年会費 還元率
永年無料 1.2%~4.2%
おすすめのポイント
  • 申し込み条件が「高校生を除く18歳以上」
  • 業界高水準のポイント還元率
  • リクルート系列で還元率がさらにアップ

リクルートカードは、ポイント還元率が魅力のクレジットカードです。

申し込み条件が「高校生を除く18歳以上」と比較的緩めに設定されており、無職の方でも審査に通る可能性が高いです。

年会費無料であることや高還元率に加えて、保障が充実している点も魅力的です。

イオンカードセレクト


mastercard

american express

visa

JCB
年会費 還元率
永年無料 0.5%~1,0%
おすすめのポイント
  • 申し込み条件に収入に関する記載なし
  • 店舗で最短即日発行
  • イオングループでポイント還元率がアップ

イオンカードセレクトは、申し込み条件が「高校生を除く18歳以上」「未成年者は親権者の同意を得ること」の2点で、収入に関する記載がありません。

実際に無職の方や専業主婦など、収入がない方でも作れたという声もあります。

イオンでや公共料金の支払いで、WAONが貯まるので、日常生活をよりお得に過ごすことができます。

楽天カード


mastercard

american express

visa

JCB
年会費 還元率
永年無料 1.0%~3.0%
おすすめのポイント
  • ポイントアッププログラムが豊富
  • 楽天市場でポイント還元率がさらにアップ
  • 申し込み条件が「高校生を除く18歳以上」

楽天カードは顧客満足度が12年連続1位の、人気のクレジットカードです。

学生から専業主婦などの利用者が多く、収入の有無を重視していないことが分かります。

また、入会キャンペーンも豊富なので、入会するだけでポイントがもらえる無職に方にとってもお得なカードです。

無職になった場合、今使っているクレジットカードは使えない?

仕事をしている期間に利用していたクレジットカードが、退職後に使えるのかどうか悩んだ方もいるかもしれません。

場合によっては、やむを得ない事情で突然仕事が無くなることもあります。

その状況をカード会社側はどのように想定しているのでしょうか。

まず、仕事を辞めたからといって突然クレジットカードが使えなくなることはありません。

一般的なルールとしては、無職になった場合は報告する義務が生じます。

ただ、報告が漏れても支払いに影響が無ければペナルティを課せられることはなく、いつも通り使用できる場合が殆どです。

だからといって報告しなくても良いわけではないので、なるべく早めに伝えておいた方が無難でしょう。

他方で、更新時で無職になったことにより、その後の使用状況に影響が出ないか心配する方もいるはずです。

カードが使えなくなるのではと、申請を渋る方もいるかもしれません。

しかし、職業変更の申告はあくまで新規発行時の参考材料です。

既存のカードが突然使えなくなることはまず無いと考えて良いでしょう。

クレジットカードは定期的に更新時期が来ますが、これまでの支払いに滞りが無ければ問題無く発行手続きが行われます。

無職におすすめのクレジットカードの選び方

無職の方がクレジットカードを選ぶ際には、自分なりに特徴を絞っていかなければなりません。

そのポイントは大きく分けて3点あります。

ここで紹介する特徴を確実に押さえ、クレジットカード選びの参考にしましょう。

還元率で選ぶ

クレジットカード選びにおいて欠かせないのが、還元率です。

カードを用いて支払いをすると、一定額のポイント数が貰えます。

設定されている還元率の割合は、各カード会社によって様々です。

なるべく多くのポイントを得られるように、還元率の高い会社を選ぶことが1つの指標となります。

大体の目安として、1%以上のポイントを獲得できるカードを取得すると良いでしょう。

もし、10,000万円以上の買い物をしたら、100円分の還元が可能です。

上手く活用すれば、効率の良い節約手段となり得ます。

年会費で選ぶ

年会費も無職の方がクレジットカードを選ぶ上で重視すべきポイントです。

このシステムはカードを利用するために会社へ支払う費用を指します。

提供している企業によっては、年会費が無料なところもあるので上手く契約先を探してみましょう。

特に永年無料な会社のカードを作ることがおすすめです。

機能で選ぶ

クレジットカードの契約には、優れた機能が搭載されているか否かも確認しなければなりません。

例えば、使用する際に様々なポイントが貰えるシステムは非常に便利です。

クレジットカードのものだけではなく、Tポイントや楽天ポイント等のような特典が手に入ればショッピングの幅も広がります。

各企業に応じて機能も異なってくるので、1つ1つのカードの内容を調べていきましょう。

無職でクレジットカードを作るときのよくある質問

無職でクレジットカードの発行をする場合、職業欄は何を書けば良い?

無職の方が申請する場合、職業欄には「自営業(自由業)」と書いておくのが最適です。

大前提として、嘘を申告してはいけません。

発覚した際に面倒なトラブルの原因となってしまいます。

とはいえ、「無職」と書いてもクレジットカードの発行が難しくなるでしょう。

自営業と書けば、上手く審査を乗り越えやすくなります。

無職になっても、クレジットカードの更新はできる?

無職でも、クレジットカードの更新は可能です。

上記でも説明した通り、カードの審査は新規発行時に徹底して行われます。

クレジットカードを所有している状態で無職になったのであれば、更新できなくなることは殆どありません。

ただし、状況によってはカードの発行を止められる場合も考えられます。

それが、支払いを滞納していたケースです。

支払えない状態が続くとブラックリストに入れられ、今後はクレジットカードが使用できなくなるかもしれないので混同しないようにしましょう。

無職でも貯金ありならクレジットカードは作りやすい?

無職とはいえども、前職で稼いで問題なく暮らしている方もいます。

果たして、その方はカードを作りやすくなるのでしょうか。

答えを述べると、貯金の有無はあまり審査に影響が無いようです。

つまり、単純に無職扱いされるため、審査が通らないことも当然の如く起こります。

クレジットカードの審査の判断材料は、安定した収入です。

貯金を崩している状態であれば、収入ゼロと見なされて条件は厳しくなります。

ただし、莫大な貯金を持っていて高い利子を貰っている場合は、話が変わってくるかもしれません。

このような例外に当てはまらない方は、貯金だけで審査に大きな期待を持たない方が賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です