自己破産後はカードローンの利用ができない?自己破産しないための対策や注意点

自己破産後でもカードローンは利用できる?

カードローンで自己破産しないために注意することはある?

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

結論、自己破産をすると一時的にカードローンが利用できなくなりますが、信用情報が回復すれば通常通りカードローンを利用することができます。

今回はカードローンで自己破産しないための対策や注意点、自己破産後のカードローンの利用についてなど、詳しく紹介していきます。

カードローンと破産をまとめると
  • カードローンの自己破産者はカードローンの利便性が向上したことにより増えている
  • カードローンで自己破産しないためには、「利用目的を明確にする」「毎月の返済額はできるだけ多めに設定する」「複数の業者から借入しない」などの対策が大事
  • 自己破産をすると口座が凍結するため事前に預金を移動させておく必要がある
  • 自己破産後すぐはカードローンを利用できない
  • 自己破産後でも借入できる可能性のあるカードローンはフクホーアローライフティダイレクトワン

目次

カードローンの自己破産者が増えている理由

カードローンの申し込みはアルバイトの学生や、収入の少ないパートの主婦でも申込ができます。

また、銀行のカードローンであれば無職の専業主婦なども借入れできる環境が整っています。

また、銀行のカードローンは総量規制(年収の1/3までしか借入できない)が対処外になります。

上限がないため、審査に通ってしまえば収入がない人や安定していない人でも簡単に借入れが可能です。

このように、多くの方が銀行のカードローンを利用できる環境が充実しており、借金を返済できずに自己破産する人も増えているのです。

カードローンで自己破産しないための対策方法

カードローンで自己破産しないための対策方法を紹介します。

カードローンはお金がない時や急な出費が続いた時などに即日借入できる便利なサービスですが、よく考えて適切に利用しなければ自己破産まで追い込まれてしまうこともあります。

利用目的を明確にする

カードローンを利用する時は、必ず利用する前に利用目的を明確にしましょう。

例えば、冠婚葬祭や生活費が足りないためにカードローンを利用する時は、「どのくらいあれば足りるのか」をイメージして、利用目的を明確にしましょう。

他の住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンの場合は利用目的が決まっていますが、カードローンにはそもそも目的が定められていません。

借金の返済や美容代、冠婚葬祭費用、旅行費など、借入したお金は自由に使うことができます。

しかし、目的が定まってないからこそ、ついつい借りすぎてしまい、気づいた時には借金がどんどん膨らんでいるという事態に陥る人も少なくありません。

なぜカードローンを利用するのかを明確にすることで、本当に必要なことが名悪になり、無駄遣いを未然に防ぐことができます。

カードローンで借入したお金を生活費に充てる人は多いですは、毎月の収支状況を把握して、足りない分だけを借りるようにしましょう!

どれだけ気を付けていても、手元にお金があったり、すぐにお金が借りられる環境があるとついつい使いすぎてしまいます。

毎月の返済額はできるだけ多めに設定する

カードローンを利用する時は、毎月の返済額はできるだけ多めに設定することも大切です。

返済額は少ないと、その分返済期間が長くなり利息を含めた総支払額が増えてしまいます。

また、返済期間が続くと借金をしている意識は薄れてしまい、慢性化してしまうケースもあるのです。

そのため、カードローンを利用する時は毎月の支払額を多めに設定して、短期間で借金を返済する意識を持つことが大切です。

ただし、毎月の返済額を多めに設定してしまうと、生活が圧迫されてしまい、借金をさらに重ねてしまうケースもあるため注意してください。

複数の業者から借入しない

カードローンを利用する時は複数の業者から借入しないことも重要です。

複数社のカードローンを同時に利用しており、多重債務になっている人のほとんどが借金をしている感覚がなく、借入することが慢性化しているケースが多いです。

複数のカードローンを利用すると、毎月2つの業者に返済しなければいけなくなったり、借金を借金で返そうという考えを持つようになってしまうため、注意してください。

どうしても他の業者で借入したい場合は、おまとめローンを利用して、複数業者の借入を一本化すると良いでしょう。

おまとめローンとは

複数の会社のローンを利用していた人が、借入先を一本化することを、一般的には「おまとめローン」または「おまとめ」と呼びます。具体的には、1つのカード会社や金融機関から融資を受け、他社分すべてを精算し、1社にまとめます。

出典:三井住友カードローン

借入れ状況をすぐに把握できる環境を作る

自己破産を回避するためには、現在の借入状況を常に把握する必要があります。

返済していくのが困難に感じた場合、すぐにカードローン会社に連絡、相談しましょう。

また、カードローン会社によっては契約後のマイページや専用のアプリから簡単に現在の借入額や返済日、残りの返済回数などをすぐに確認できる便利なサービスもあります。

借金がどれだけ残っているかを見るのが嫌な人や、現実逃避をしたい人も多いですが、借金を確実に返済するためには現実を見て危機感を常に持っておくことが大切です。

事前に返済計画を立てる

カードローンの利用で自己破産したくないなら、事前に返済計画を立てるようにしましょう。

返済計画を立てる時は、まずは自分の毎月の収入や支出を把握しなければいけません。

例えば、収入が20万円、固定費が18万円かかる場合は毎月2万円しか返済に充てることはできませんよね?

2万円では足りない場合、借入希望額を減らすか、副業やアルバイトなどで収入を増やす必要があるでしょう。

このように、現在の収支を把握できていれば、カードローンを利用した後の返済計画が立てられます。

カードローンは「審査に通過して、契約できれば満足。」という人もいますが、契約後は内容通りに返済していく必要があるため、計画的に利用するようにしてください。

また、カードローン会社によっては、公式サイトで返済シミュレーションツールを提供しているところも多いです。

返済シミュレーションツールでは、毎月の返済額や支払回数、完済までの期間などを確認できるため返済計画を立てやすいです。

臨時返済を積極的に活用する

カードローンの利用で自己破産したくないなら、臨時返済を積極的に活用するのも良いでしょう。

臨時返済とは、ボーナスが入った時は臨時収集が入った時、お金に余裕がある時に毎月の約定返済とは別に、カードローンの返済をすることです。

臨時返済をすることで返済期間を短縮することができ、利息を低く抑えることもできます。

利息は基本的に借入れ残高に比例するため、残債務を早く減らすことで負担を軽減でき、トータルの返済額も減額可能です。

支払い条件を見直す

毎月の返済額が負担に感じている場合は、返済中のカードローンの毎月の返済額を見直す相談をしましょう。

しっかりと返済する意志を伝えることができれば、毎月の返済額を変更することは可能です。

支払いが困難に感じている場合、この状態が続くと自己破産まで追いやられることにもなりませんので、早い段階で相談しましょう!

カードローンで自己破産をする時の注意点

続いて、カードローンでやむを得ず自己破産手続きを進める場合の注意点を紹介します。

口座の預金に注意

消費者金融で借入している場合は、無担保になるため自己破産しても担保の心配はありません。

しかし、銀行のカードローンの場合は口座に残っている預金が相殺されてしまうため注意が必要です。

どうしても手元にお金を残しておきたい場合は、預金からお金を用意しておくことをおすすめします。

引き落とし口座がある場合は引き落とし不可能

現在家賃やスマホ代などの支払いを口座引き落としに設定している場合、それらの引き落としも不可能になります。

そのため、自己破産手続きの前に別の銀行口座へ変更するか、支払い方法を変更するかなどの手続きをしてください。

職業制限がある

自己破産をすると以下の職業は自己破産手続きが完了するまで業務を停止しなければいけません。

資格剥奪や資格を取得できないというわけではありませんが、業務が停止してしまうためしこ破産手続き中の収入がゼロになってしまうこともあるのです。

職業制限のある職種
  • 弁護士・司法書士・税理士等の士業
  • 宅地建物取引士
  • 生命保険募集人
  • 警備員

自己破産後すぐはカードローンを利用できない

自己破産をしたらカードローンは利用できなくなる?

といった悩みを持つ人もいるでしょう。

結論から言うと、自己破産手続きが完了してから一定期間カードローンの利用は難しいです。

その理由は、消費者金融のカードローンは5年間、銀行のカードローンは10年間信用情報に事故情報が記録されてしまうからです。

また、この期間が経過したからといっても、貸金業者からの借入が難しい状態が続きます。

しかし、100%借入できないというわけでなく、免責期間が下ってから信用情報の事故情報が消えて、その後の収入が安定していれば借入できる可能性もあるのです。

自己破産後でもカードローンの利用を検討している人の多くは、借金をするのが当たり前となっており、危機感がなくなっている可能性があるため、まずはその環境を改善するのが良いでしょう。

信用情報機関の事故情報が消えるまでの期間

信用情報機関に記録された事故情報が消えるまでの期間は、信用情報機関によって異なります。

主な信用情報機関と事故情報が残る期間は以下のとおりです。

JICC CIC KSC
任意整理 完済から5年 完済から5年 完済から5年
個人再生 完済から5年 完済から5年 完済から5年
自己破産 免責許可決定確定日から5年 免責許可決定確定日から5年 手続開始決定日から10年

このように、事故情報が記録されてから5年~10年は記録が残ってしまいます。

この事故情報はカードローンの利用だけでなく、他のローン審査やクレジット審査にも影響してしまうため注意しましょう。

自己破産をしてから5年経てば事故情報が消えますが、すぐに確認したい場合はそれぞれの信用情報に期間に照会を行い、事故情報が消えているかを確認しましょう。

自己破産後にカードローンを利用する時の注意点

続いて、自己破産後にカードローンを利用する時の注意点を紹介します。

自己破産時に借入していた業者からは借入できない

自己破産後に再びカードローンを利用する時は、自己破産時に借入していた業者からは借入できないことを把握しておきましょう。

信用情報機関の事故情報が削除されても、自己破産手続きを対象にした債権者かその系列の業者では独自の事故情報を保有している場合が多いです。

そのため、信用情報が回復しても今後二度と審査に通過できないこともありますので、他の業者のカードローンを利用するようしましょう。

はじめから落ちるとわかっている金融機関に審査申込をするよりも、審査に通過できる可能性がある新規の金融機関で審査申込をしたほうが効率も良いです。

複数のカードローンに同時申込をしない

複数のカードローンに同時申込はしないようにしましょう。

自己破産後にカードローンの審査に通過できるか不安で、複数の業者のカードローンに申込をして、「1社でも審査に通過できればいいや!」と考える人は少なくありません。

しかし、同時に複数業者のカードローンに申込をすると、「相当お金に困っている人」と判断されてしまい審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

どうしても借入したいなら、1社に絞って申込をするようにしましょう。

再度自己破産しないように安定した収入が得られるようにしておく

カードローンを利用する時は、再び自己破産しないように安定した収入を得られるようにしておきましょう。

安定した収入を得ていれば審査にも通過しやすくなりますし、カードローン利用後でも計画的に返済できるでしょう。

自己破産後の事故情報が削除されるまでの期間を利用して、就職したり、転職したりなど、安定した収入を得られるようにしておきましょう。

自己破産できる人とできない人

借金の返済ができずに困っていても、誰でも自己破産ができるというわけではありません。

「どれだけ借金をしても自己破産をすれば借金がチャラになる!」と思っている人も多いですが、免責が認められなければ借金の支払い義務がなくなることはありません。

ここでは、自己破産ができる人とできない人の特徴を紹介します。

自己破産できるケース

自己破産できるケースは、まずは借金の返済が困難であることを証明する必要があります。

例えば、借金はたくさんあるものの、仕事は安定しており毎月収入がある場合は自己破産を手続きを進めることは正直難しいです。

自己破産の手続きでは詳しい状況を記載した申立書を裁判所に提出する必要がありますが、申立書には現在の収入や預貯金、借金額などを記載します。

どれだけ返済が困難でも、収入が安定している場合は返済が困難であることを証明することは難しくなるのです。

自己破産できないケース

自己破産できないケースは、免責不許可事由に該当する時です。

例えば、パチンコや競馬などのギャンブルが理由で借金の返済が困難になった場合や、ブランド品を買い込んだために多額の借金を抱えることになった場合など、借金をしなければいけない正当性を証明できない時は自己破産ができません。

他にも、借金の総額や少額であったり、予納金の支払いができない場合は自己破産の手続きができない場合が多いです。

具体的な金額が決まっているわけではありませんが、借金総額が100万円未満の場合は自己破産手続きを進めることが難しいです。

また、自己破産は何度もできると思っている人も多いですは、2回目以降の自己破産は免責が認められないケースが多いです。

自己破産をした原因にもよりますが、ギャンブル中毒や浪費癖のある人は一度自己破産をしても同じようなことを繰り返す可能性が高いため、自己管理を徹底するようにしましょう。

カードローンの借金を自己破産するメリット

続いて、カードローンの借金を自己破産するメリットを紹介します。

受任後、最短即日催促や取り立てを止められる

自己破産手続きを弁護士に依頼し、受任後最短即日で現在の借入先の催促や取り立てを止めることができます。

受任通知が債権者に届いた時点で催促や取り立てがストップするため、精神的にも落ち着いた状態で自己破産の手続きを進めることができます。

手続きはそこまで面倒ではない

自己破産の手続きは、基本的に弁護士が代わりに進めてくれます。

自分で行う手続きの負担はそこまでないため、手続きを簡略化して裁判所に申立てができます。

また、裁判所に同行する時も弁護士が一緒についてきてくれるため、非常に心強いです。

借金が全額免除になる可能性がある

自己破産の手続きをして、裁判所に認められると現在抱えている借金が全額免除になる可能性があります。

裁判所に認められた時点で自分が抱えている借金の返済義務がなくなりますので、借金のストレスや不安から解消されます。

自己破産後でも借入できる可能性があるカードローン

ここでは、自己破産後でも借入できる可能性があるカードローンを紹介します。

自己破産後でも借入できる可能性があるカードローン

フクホー

出典:フクホー

フクホーはキャッシング・消費者金融・ローンのサービスを提供している創業50年の消費者金融です。

申込はインターネットや電話で24時間申込を受け付けているのが特徴の一つです。

そのため、急な出費で「今すぐお金が必要!」といった場合でも柔軟に対応してもらえるのが魅力です。

来店なしで即日融資も可能なため、近くに店舗がない人やネットに疎い人でも気軽に申込ができます。

また、契約書類が全国のセブンイレブンにて提供しているネットプリントサービスで簡単にプリントアウトが可能です。

取扱ローンはフリーキャッシングと借り換えローンの2種類あり、フリーキャッシングでは用途の成約なし、店舗や連帯保証人なしで借入ができます。

  • 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
金利 7.30%~18.0%
融資までの時間 最短即日
無利息期間 なし
担保・保証人 不要
パート・アルバイト・学生の利用

アロー

出典:アロー

アローはアプリで郵送物なしのWeb完結キャッシングができる消費者金融です。

スピード審査で最短即日融資を受けることができるため、急な出費でも安心です。

また、公式サイトでは融資可能かはすぐにわかる「3秒診断」があり、事前に融資可能かどうかを診断できます。

さらに、同じ公式サイトで毎月の返済額が資産できる返済シミュレーションツールも用意されているため、事前に返済額や完済までの期間を把握することができます。

申込は専用のアプリ上で簡単に済ませることができ、郵送物が自宅に届くこともありません。

  • 年齢25歳~65歳の方
  • 貸金業者からの借入が年収の3分の1を超えていない方
  • 健康保険証に加入している方
  • 勤続年数が1年以上の方
  • 他社への返済が遅れていない方
  • 自営業の方は確定申告等、年収証明ができる方
金利 15.0~19.94%
融資までの時間 最短即日
無利息期間 なし
担保・保証人 不要
パート・アルバイト・学生の利用 〇(学生不可)

ライフティ

出典:ライフティ

ライフティは中小消費者金融には珍しい最大35日間の無利息サービスを提供している消費者金融です。

Webからの申し込みは24時間受け付けており、借入可能どうかがすぐにわかる「0.3秒診断」も魅力です。

また、公式サイトでは事前に返済回数や返済額を計算できる返済シミュレーションツールも用意しているため、事前に返済計画を立ててから借入申込ができます。

さらに、ライフティは比較的柔軟な審査が期待できる点も魅力で、過去に自己破産や債務整理をした方などの金融事故者への融資も積極的に行っています。

  • 20歳~69歳
金利 8.0%~20.0%
融資までの時間 1日~3日
無利息期間 最大35日間
担保・保証人 不要
パート・アルバイト・学生の利用

ダイレクトワン

出典:ダイレクトワン

ダイレクトワンはインターネット・電話・店頭窓口の中から、都合にあった方法でお申込み可能なカードローンです。

スルガ銀行グループのカードローンで、初めての方なら最大55日間の無利息期間を用意しています。

商品ラインナップが豊富で、借り換えローンや女性専用のカードローン、自営業者サポートローン、オートローンなどを提供しています。

最短当日の借入でも可能で、申込から最短30分後にはカードが発行されるためすぐにお金を借りることも可能です。

  • 20歳~69歳までの安定した収入のある方
金利 4.9%~18.0%
融資までの時間 最短即日
無利息期間 最大55日間
担保・保証人 不要
パート・アルバイト・学生の利用

カードローンと破産のQ&A

最後に、カードローンと破産に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

カードローンの借金がある状態で自己破産するとどうなる?

カードローンの借金がある状態で自己破産をすると、現在の借金の返済義務がなくなります。

しかし、その代わりに財産、不動産、車などの財産が没収されてしまいます。

自己破産でも借りられる銀行はある?

自己破産でも借入できる銀行はあります。

しかし、自己破産の手続き中や事故情報は記録されている期間は正直どの銀行でも借入するのは難しいです。

自己破産後すぐにカードローンで借入することはできる?

自己破産後すぐにカードローンで借入することはできません。

自己破産をすると事故情報が記録されてしまい、基本的にこの事故情報が消えるまでは審査が難しくなります。

自己破産手続き中でも借入できるカードローンが知りたい!

自己破産手続き中に借入できるカードローンは、残念ながらありません。

車のローンは自己破産後何年で組める?

自己破産の記録は残る年数は各信用情報機関によっても異なりますが、一般的には5年~10年で消えます。

そのた、自己破産後5年~10年経って事故情報が消えれば車のローンを組むことができます。

カードローンと破産のまとめ

今回はカードローンで自己破産しないための対策や注意点、自己破産後のカードローンの利用についてなど、詳しく紹介してきました。

自己破産後にすぐにカードローンを利用することはできません。

ですが、5年~10年経ち、自己記録が削除されてばカードローンを利用して借入することができます。

カードローンは気軽にお金を借りることができて、上手く活用すれば大変便利なサービスですが、注意しなければ自己破産まで追いやられるリスクもあります。

この記事がカードローンを利用する方や現在利用している方のお役に立てれば幸いです。

※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。