300万円借りたい時におすすめの借入方法|注意点やポイントについて詳しく解説!

すぐに300万円借りたいけれどどうしたらいい?

新しく会社を設立したいから300万円を借りたい!

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

住宅ローンの頭金や新車購入、子供の入学金など、人生において大金が必要になることは多く、日々貯金していない人や急に大きな出費が重なると焦ってしまいます。

そこで、今回は300万円借りたい時におすすめのカードローン会社や、300万円借入する時に注意すべきポイントなどについて詳しく解説していきます。

この記事のまとめ
  • 300万円借りたい場合は消費者金融・銀行カードローン・事業者ローン・目的別ローンで借りる
  • 300万円借入する時は返済期間や金利に注目する
  • 総量規制適用外なら年収が低くても300万円借りられる
  • 闇金は絶対に利用しない

300万円はどうやって借りられる?

300万円借りる方法は、以下の方法が挙げられます。

300万円借りる方法
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 事業者ローン
  • 目的別ローン

消費者金融

消費者金融はアイフルやプロミスなど、借入の自由度が高いローンです。

各消費者金融の限度額以内であれば基本的に何度も自分の好きなタイミングで借入ができ、返済方法も提携ATM・振込・引き落としなどから自由に選択できます。

また、消費者金融は他の銀行ローンや事業者ローンよりも審査に通りやすく、審査落ちする可能性も一番少ない方法です。

さらに、アイフルやプロミスなどの消費者金融では、即日借入できるため、急ぎの場合や急な出費があって現金がすぐに必要な時にも役立ちます。

もちろん、全員が300万円を借りられるわけではなく、年収や勤務先、過去の借入状況などを審査しますが、紹介する他の300万円を借りる方法よりもおすすめです。

必要書類

・本人確認書類

・収入証明書

銀行カードローン

銀行カードローンは、その名前の通りみずほ銀行や三井住友銀行などの銀行から融資を受けることです。

300万円だけでなく、条件によっては1,000万円以上借りることもでき、担保なし・保証人なしで借入ができます。

また、後程紹介する目的別ローンのように目的が定められていませんので、新車購入や会社設立、借金の返済など自由に使うことができます。

さらに、銀行カードローンは誰もが知っている大手メガバンクや地方銀行で借入ができるため、「消費者金融で融資を受けるのは怖い」という人にもおすすめです。

しかし、銀行カードローンは基本的に審査やカードの作成に時間がかかってしまい即日借入できないことが多いです。

そのため、今すぐに300万円必要!という人は消費者金融で借入したほうが良いかもしれません。

必要書類

・本人確認書類

・収入証明書

事業者ローン

事業者ローンは、基本的にビジネス目的の借入の際に利用します。

例えば、新しく会社を設立したい場合や、新しい設備やシステムを導入したい時などに使えます。

事業者ローンは法人の会社を設立していなくて、個人事業主でも借入できます。

使用用途はビジネスに限られてしまいますが、事業に関する必要で300万円必要な人は事業者ローンがおすすめです。

また、事業者ローンは総量規制がなく、年収の1/3以上の融資が受けられるため、年収が低い人でも300万円借りられる可能性が高いです。

しかし、事業者ローンの申し込みをする際は、過去2年分の決済証明書確定申告書類など、収入が分かる書類を提出する必要があるため、まだ事業を始めたばかりの人は審査に通らない可能性もあります。

必要書類

・本人確認書類

・収入証明書

・事業内容報告書

・決算書

目的別ローン

目的別ローンは、住宅ローンや教育ローン、医療ローンなど、皆さんが一番聞きなじみがあるローンではないでしょうか。

目的別ローンはあらかじめ使用目的が決められており、その使用目的以外で融資を受けることはできません。

目的が決まっているため、融通が利かないというデメリットはありますが、他の方法よりも金利が低く設定されており、目的が決まっている状態で300万円欲しい場合は、目的別ローンがおすすめです。

必要書類

・本人確認書類

・収入証明書

・資金使途証明

300万円借りたい時におすすめの消費者金融

ここからは、300万円借りたい時におすすめの消費者金融を紹介します。

おすすめの消費者金融
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • アコム
  • レイクALSA

プロミス

プロミスは、2021年のオリコン顧客満足度調査で、ノンバンクカードローン堂々の1位を誇っているカードローンです。

最短15秒(※1・※2)での簡易審査と、最短30分での即日融資ができる点は、スピードを優先している方にとっては嬉しいポイントです。

※1事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※2新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

また、返済の際もネットから簡単に返済ができる「インターネット返済」を採用しているため、わざわざ外に出て返済しに行く必要がありません。

プロミスのおすすめポイント
  • 顧客満足度が高い
  • アプリローンで自分の借入状況を簡単にチェックできる
  • 申し込み・借入・返済をWEBで完結できる
消費者金融名 プロミス
融資スピード 最短30分(即日融資)
限度額 ~500万円
金利 4.5%~17.8%
WEB申し込み
無利息期間 初回利用時30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 コンビニATMでも利用可能

アイフル

アイフル

参照:「アイフル

アイフルは、業界大手の消費者金融の1つで、テレビCMなども多く打ち出しているため、「消費者金融と言えば」と思っている方も多いのではないでしょうか。

WEB完結のスマホローンであれば、郵送物や来店も必要ないので、家族や知人、職場の人にバレたくないと思っている方も安心して利用することができます。

また、提携ATMは全国で70,000個にものぼるため、いつでもどこもで借入・返済ができるということも魅力の1つです。

アイフルのおすすめポイント
  • 最短25分で審査完了のスピード感
  • 周りに絶対バレたくない方におすすめなのは「スマホローン」
  • 24時間365日申し込むことができる
消費者金融名 アイフル
融資スピード 最短25分(即日融資)
限度額 ~800万円
金利 3.0%~18.0%
WEB申し込み
無利息期間 最大30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 1,000円単位での借り入れも可能

↓ アイフルのお申し込みはこちらから ↓



\ Web申し込みなら最短25分! /


SMBCモビット

SMBCモビット

参照:「SMBCモビット

SMBCモビットは、WEBで完結できることに加え、電話連絡や郵送物がないので周りにバレたくない!という方におすすめのカードローンとなっています。

また、SMBCグループの後ろ盾もあるので、オンラインサービスの実装なども比較的速いためスピード感を求める方にもおすすめです。

SMBCモビットでは以下の中のどれかの口座を持っていないとWEBでの申し込みができないので、その点については注意が必要です。

モビットのWEB完結申し込みに必要な口座
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行

また、SMBCモビットの他のおすすめポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

SMBCモビットのおすすめポイント
  • Tポイントの利用が可能
  • 勤務先への電話連絡なしでお金を借りられる
  • 2021年HDI格付け調査三ツ星を獲得(電話対応やクオリティ部分◎)
消費者金融名 SMBCモビット
融資スピード 最短60分(即日融資)
限度額 ~800万円
金利 3.0%~18.0%
WEB申し込み
無利息期間 なし
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 借入・返済時Tポイントが貯まる・使える

↓ SMBCモビットのお申し込みはこちらから ↓

\ Web申し込みなら最短25分! /


アコム

アコム

参照:「アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループが運営している消費者金融で、業界でも最大手の分類に入ります。

WEB申し込みはもちろん可能で、借入や返済も24時間365日対応しています。

そのため、急にお金が必要になった場合や、昼間は忙しく返済に来店する暇がないという方でも安心して利用することができます。

また、アコムならではのサービスとして「3秒診断」というものがあります。

年齢や年収、借入状況など数項目を入力するだけで、借入が可能かどうか診断をしてもらうことができるため、審査に通るか不安という方もぜひ一度試してみてくださいね。

アコムのおすすめポイント
  • 審査は最短30分なので即日融資が可能
  • 3秒診断で、秒で借入可能かどうかが分かる
  • 公式アプリで利用状況をリアルタイムで把握できる
消費者金融名 アコム
融資スピード 最短30分(即日融資)
限度額 ~800万円
金利 3.0%~18.0%
WEB申し込み
無利息期間 最大30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 借入が可能か分かる3秒診断がある

レイクALSA

レイクALSA

参照:「レイクALSA

レイクALSAは、他の大手の消費者金融に比べて、無利息期間が長いことがメリットとして挙げられます。

通常の場合30日間程度が一般的ですが、レイクALSAでは、はじめての申し込みかつWEBの場合、2倍の60日間利息が0円となり大変お得です。

また、借入額の5万円分は180日間利息が0円という無利息期間もあり、無利息期間の長さにおいてはトップになっています。

審査スピードも速く、最短60分で即日融資が可能な点も、お急ぎの方には嬉しいポイントだと言えます。

レイクALSAのおすすめポイント
  • 無利息期間が60日or180日と長い
  • 融資スピードが最短60分と速い
  • 申し込みの際に15秒程度で借入可能わかる
消費者金融名 レイクALSA
融資スピード 最短60分(即日融資)
限度額 ~500万円
金利 4.5%~18.0%
WEB申し込み
無利息期間 最大180日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%
その他 カードレスでの利用も可能

300万円借りたい時におすすめの銀行カードローン

続いて、300万円借りたい時におすすめの銀行カードローンを紹介します。

おすすめの銀行カードローン
  • 三井住友銀行カード
  • 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 楽天銀行スーパーローン
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行
  • auじぶん銀行
  • 千葉銀行
  • 横浜銀行カードローン

三井住友カード

三井住友カード

参照:「三井住友カード

三井住友カードの特徴
  • 金利が1.5%~14.5%と低い
  • 24時間Web申し込み可能
  • ローン契約機で自宅にカードが届くことが防げる

三井住友銀行カードローンは、普通預金口座がなくても申し込みができ、書類提出と本人確認がWeb上で全て完結します。

普通預金口座がある場合は、入力内容も少なくお手元にキャッシュカードで借入がすぐにできるため、申し込みから融資を受けるまでスムーズに進みます。

ATM・SMBCダイレクト(インターネットバンキング)・口座振替
毎月5日・15日・25日・月末から選択可能
満20歳以上満69歳以下

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行

参照:「三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの特徴
  • 提携ATM手数料が無料
  • 自宅郵送なしでカードが受け取れる
  • 毎月1,000円からの返済が可能

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは三菱UFJ銀行が発行するカードローンです。

金利が1.8%~14.6%となっており、比較的低く設定されています。

インターネットからの申し込みで24時間いつでも申し込みができ、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも利用可能です。

また、正社員でなくてもパートやアルバイトで安定した収入がある方なら、どなたでも利用可能です。

引き落とし・ATM・振込から選択可能
35日ごとの返済or毎月指定日
満20歳以上65歳未満で、原則安定収入がある人

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

参照:「楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 楽天会員ランク応じて審査が優遇
  • 新規入会で1,000ポイントプレゼント
  • 実質年率1.9〜14.5%の金利

楽天銀行スーパーローンは特に特典が充実している点がポイントです。

2022年3月現在では、新規入会で最大31,500ポイントがもらえ、お得に融資を受けることができます。

また、楽天グループならではのランクに応じて審査の優遇があり、他の銀行カードローンよりも融資が受けられる可能性が高くなります。

毎月の返済額は2,000円からとなっているため、お金に余裕がない人でもゆとりのある返済が可能です。

ATM・インターネット・振込
毎月1日・12日・20日・27日から選択可能
満20歳以上62歳以下で、毎月安定した定期収入のある人または専業主婦

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

参照:「みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 申し込みは24時間受付
  • 最大利用限度額800万円
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のキャッシュカードがあればいつでもどこでも融資が受けられます。

また、みずほ銀行住宅ローンを利用中であれば、金利が0.5%下がり、1.5%〜13.5%で利用できます。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行などのメガバンクでは最大15.4%の金利が設定されていますが、みずほ銀行の場合は14.0%と三大メガバンクの中でも最も低く、知名度と信頼度が高い銀行のカードローンを利用したい人におすすめです。

自防引き落とし・ATM・みずほダイレクト
毎月10日
満20歳以上満66歳未満で、安定かつ継続した収入の見込める人

オリックス銀行

オリックス銀行

参照:「オリックス銀行

オリックス銀行の特徴
  • 申し込みから利用まで全てWebで完結
  • 返済額は毎月3,000円~
  • ガン保障特約付きプラン申し込みも可能

オリックス銀行カードローンはガン保障特約付きプラン申し込みも可能です。

ガン保障特約付きプランでは、保険料がかからず、金利の上乗せもなしで「死亡・高度障害」または「ガンと診断確定された」ときの借入残高が0円になります。

そのため、万が一の時に借入れをしていたとしても、返済を気にする必要がないため安心して利用できます。

年利1.7%~17.8%と他の銀行カードローンよりも少し高いですが、借入額が100万円以上を想定している人におすすめの銀行カードローンです。

振込・ATM・引き落とし
毎月10日・月末日から選択可能
毎月安定収入があり、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の人

auじぶん銀行

auじぶん銀行

参照:「auじぶん銀行

auじぶん銀行の特徴
  • 条件クリアで最大32,000ポイントプレゼント
  • 毎月1,000円からの返済
  • ネット銀行ならではの安心金利!

auじぶん銀行カードローンは返済額が毎月1,000円から可能で、初めて銀行のカードローンを利用する人にもおすすめです。

また、auじぶん銀行カードローンの利用中は利用明細などが自宅に郵送されることもなく、Web上で簡単に閲覧できるシステムとなっているため、家族にバレることもありません。

さらに、auじぶん銀行カードローンなら利用時間や利用回数にかかわらず、借入・返済は手数料無料で利用できる点も特徴です。

auじぶん銀行カードローンは将来のために資金が必要な人や、給料日前で急な出費がある人などにおすすめです。

自動支払い・ATM・
毎月6日・26日から選択可能
  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方(自営、パート、アルバイトを含みます)
  • 保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる方

千葉銀行

千葉銀行

参照:「千葉銀行

千葉銀行の特徴
  • 毎月の返済は2,000円から
  • 10秒クイック診断で借入れできるか確認できる
  • Web上で手続きが完了

千葉銀行カードローンは24時間Web上で借入・返済が可能です。

都市銀行だけでなく、コンビニや銀行、インターネットバンキングから随時借入できます。

また、毎月の返済額は2,000円~の定額返済となっているため、無理なく利用できる点も特徴です。

引き落とし・ATM・ちばぎんアプリ・インターネットバンキング・テレフォンバンキング・店頭窓口
毎月1日
満20歳以上65歳未満の方

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

参照:「横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの特徴
  • 金利が低い
  • いつでも何回でもATM手数料0円
  • 口座がなくても申し込み可能

横浜銀行カードローンは横浜銀行の口座がなくても契約できます。

また、金利が1.5%~14.6%と低く、金利を抑えて借入したい人にもおすすめの銀行カードローンです。

さらに、公式サイトでは年齢・年収・借入件数を入力するだけで、事前にチェックすることもできます。

現在他社のローンやクレジットカードのリボ払いがある人は、横浜銀行のカードローンで1つにまとめて返済することもでき、利息が少なくなる分毎月の負担も軽減されます。

ATM・窓口・コンビニ・インターネットバンキング
毎月10日
満20歳以上69歳以下で安定収入のある人、及びその配偶者

上記に加えて、次の地域に居住または勤務している人

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市

300万円借りたい時におすすめの事業者ローン

続いて、300万円借りたい時におすすめの事業者ローンを紹介します。

おすすめの事業者ローン
  • アイフル「ビジネスファイナンス」
  • 三菱UFJ銀行ビジネスローン「融活力」
  • セゾンファンデックス「事業者向け 不動産担保ローン」
  • オリコ「事業融資・ビジネスローン」

アイフル「ビジネスファイナンス」

アイフル「ビジネスファイナンス」

参照:「アイフル

アイフル「ビジネスファイナンス」の特徴
  • 原則無担保・無保証人
  • 保証料無料
  • 資金の使い道は自由

アイフル「ビジネスファイナンス」は累計15万口座以上の契約実績を誇り、事業者向けのビジネスローンをはじめ、不動産ビジネスローン、開業支援ローンなどのサービスを提供しています。

カード発行手数料・年会費が不要で、審査にさえ通過してしまえば必要な時に必要な分だけ利用できます。

事業者向けビジネスローンでは、契約利率年3.1%~18.0%融資額は50万円~1,000万円ほど借入できます。

そのため、事業で今すぐ300万円必要な人にはおすすめの事業者ローンです。

  • 個人事業主:確定申告書Bに営業所得の記載がある方
  • 法人:法人代表者の方

三菱UFJ銀行ビジネスローン「融活力」

三菱UFJ銀行ビジネスローン「融活力」

参照:「三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行ビジネスローン「融活力」の特徴
  • 法人のみの対象
  • 適用金利 年2.1%~9.0%
  • 融資金額5,000万円以内

三菱UFJ銀行ビジネスローン「融活力」は顧問税理士からのご紹介をいただいた「中小企業の会計に関する指針」に則った会計処理を行っている企業のみが利用できます。

そのため、残念ながら個人事業主の方は利用できません。

現在法人の会社を所有している場合、融資金額5,000万円以内であれば事業資金を借入することができ、年利も2.1%~9.0%と低く設定されています。

  • 業歴2年以上で、確定した決算書2期分を提出可能な法人企業
  • 最新決算期において債務超過(貸借対照表の「資本の部」又は「純資産の部」がマイナス)でないこと
  • お申込時点で税金の未納がないこと
  • 三菱UFJ銀行の最寄の受付窓口にご来店が可能なこと

オリコ「事業融資・ビジネスローン」

オリコ「事業融資・ビジネスローン」

参照:「オリコ

オリコ「事業融資・ビジネスローン」の特徴
  • 最大1,000万円まで融資可能
  • 個人事業主でも借入ができる
  • 総量規制の制限なし

オリコ「事業融資・ビジネスローン」は法人・個人事業主どちらでも融資が受けられる事業者ローンです。

契約時は窓口に来店する必要はなく、総量規制である年収の1/3の制限もないため、年収が低くて不安な人でも300万円借りられる可能性が高いです。

また、現在事業所得が少なくても申し込みをすることができる点も特徴です。

最大1,000万円まで借入をすることができ、個人事業主専用のプランもあるため、個人事業主でも融資が受けられます。

  • 個人事業主
  • 法人

300万円借りた場合の返済額

仮に、300万円を金利15%で借入した場合の返済額例をまとめてみました。

返済期間 毎月の返済額 合計返済額
1年 27万1,000円 325万338円
3年 10万4,000円 374万4,000円
5年 7万2,000円 426万6,561円
7年 5万8,000円 485万9,026円
10年 4万9,000円 572万2,247円

このように、返済期間によっても毎月の返済額や合計返済額が異なります。

1年と10年の場合の合計返済額は約250万円ほど高くなってしまうため、借入する際は注意が必要です。

また、今回は金利15%で計算しましたが、中には15%よりも高い金利が設定されていることもあるため、申し込みをする前には金利をチェックすることも重要なポイントです。

300万円借りたい時の注意点

続いて、300万円借りたい時の注意点について解説していきます。

300万円借りたい時の注意点
  • 返済できるかどうか
  • 闇金は利用しない

返済できるかどうか

300万円借りたい場合、借りた後のことも考えて返済できるかどうか確認することが大切です。

確実に返済できるかどうかをシミュレーションしてから借入を行いましょう。

先ほど解説した通り、300万円を金利15%で借入する場合、10年後の返済額は500万円以上です。

また、毎月の返済額が遅延してしまうと、その分さらに手数料がかかってしまうため注意が必要です。

切羽詰まって何も考えずに300万円借りてしまうと、今後返済に追われてしまうことになるため、必ず事前にシミュレーションしてください。

闇金は利用しない

今すぐ300万円必要な場合、通常の精神状態をキープできずに、闇金からお金を借入してしまう人もいます。

特に、消費者金融や銀行カードローンの審査を通過できずにいる場合は、ついつい闇金に手を出してしまいがちです。

しかし、闇金は通常のカードローンよりも金利が高く設定されており、300万円はおろか利息分も払えなくなってしまう可能性もあるため、絶体に闇金は利用しないでください。

闇金はあなたの精神状態が弱っていることを狙って、「審査に通過できない人でも借りられますよ」「金利を低く設定できますよ」などの巧妙な手口であなたに近づいてきますので、注意が必要です。

まとめ

今回は300万円借りたい時におすすめのカードローン会社や、300万円借入する時に注意すべきポイントなどについて詳しく解説してきました。

300万円は非常に大金となるため、安易に借入をしてしまうとその後の返済ができなくなることもあります。

返済ができないと、信用情報に傷がついてしまったり、最悪の場合財産や会社の給料などを差し押さえられてしまうため、慎重に借入することが大切です。

300万借りたい人は、こちらの記事を参考にして決めてください。

[/list][/memo]
※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です