プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. アルトコイン銘柄おすすめ22選!選び方や注意点を解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

アルトコイン銘柄おすすめ22選!選び方や注意点を解説

アルトコインって何?

おすすめのアルトコインが知りたい!

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

簡単に説明すると、仮想通貨にはビットコインとそれ以外のコインであるアルトコインが存在し、「イーサリアム」や「リップル」などの通貨を指します。

今回はアルトコインの基本情報から、数あるアルトコインのなかから厳選したおすすめのアルトコインなどについて詳しく解説していきます。

この記事でわかるアルトコインのこと
  • アルトコインとは?基本情報を解説
  • 将来的に期待ができるアルトコイン5選
  • アルトコインおすすめ【国内で取扱い可能な銘柄】
  • アルトコインおすすめ【DeFi関連銘柄】
  • アルトコインおすすめ【NFTやメタバース関連銘柄】
  • アルトコインおすすめ【AI関連銘柄】
  • アルトコインおすすめ【ミーム関連銘柄】
  • アルトコイン投資におすすめの仮想通貨取引所(アルトコインの取引ができるおすすめの取引所)
  • アルトコインに投資するメリット
  • アルトコインに投資するデメリット
  • アルトコインで将来性が期待できる銘柄の見分け方(これから伸びるであろうアルトコインの見分け方)
  • アルトコイン投資の注意点やリスク
  • アルトコインを多数取引可能で、初心者にもおすすめな『DMMビットコイン』がおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
以降ファイナンシャルプランナーとして活動し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師なども務める。趣味はジャザサイズ。健康とお金、豊かなライフスタイルを実践・発信しています。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

アルトコインとは?基本情報を解説

アルトコインとは、記事の冒頭でも紹介した通り、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)を指します。

現在では全世界でたくさんのアルトコインが発行されており、今では2,000種類以上あるとも言われています。

しかし、頻繁に取引が行われているのはその中の100通貨ほどです。

主なアルトコインには、以下のような通貨があります。

アルトコインの主要通貨
  • イーサリアム
  • リップル
  • エンジンコイン
  • オーエムジー
  • メイカー
  • アトム
  • ベーシックアテンショントークン
  • ライトコイン
  • リスク
  • ステラ・ルーメン
  • ネム
  • チェーンリンク

紹介したアルトコインはごく一部になりますが、アルトコインはビットコインよりも後に開発されており、基本的にビットコインよりも性能面で優れてる場合が多いです。

また、アルトコインの中でも時価総額の低い通貨を草コインと呼び、近年アルトコインの中でも注目されている通貨です。

新NISA制度の学習システム

将来的に期待ができるアルトコイン5選

アルトコイン_おすすめ

それでは、ここでは将来的に期待ができるアルトコインを紹介していきます。

これから紹介するアルトコインはどれもメジャーなもので、初心者でも低リスクで投資ができますので、特に投資初心者の人などは参考にしてください。

将来的に期待ができるアルトコイン

リップル

リップル_アルトコイン_おすすめ

リップルのおすすめポイント
  • 国際送金に特化
  • 送金スピードが早い
  • 取引手数料が低い

リップルは国際送金をスムーズに進めるために作られた通貨であり、お金とお金の仲介役のような役割を果たします。

例えば、日本円から米ドルに送金する場合、リップルが間に入って取引を行うことで、よりシンプルかつ低コストで取引ができるようになります。

アルトコインの中でも特に明確なビジョンを持っており、投資家の中にはリップルを所有していない人はいないと言っても過言ではないほど知名度があるアルトコインです。

2022年2月には1リップル(XRP)60円〜70円台から、90円〜100円台になったりなど、値上がりにも期待されている通貨です。

また、リップルは2019年には約0.006ドル程度の価値しかありませんでしたが、2021年には1.18615ドルまで急成長し、5年間で約200倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

イーサリアム

イーサリアム_アルトコイン_おすすめ

イーサリアムの特徴
  • スマートコントラクトの実用化が進んでいる
  • 500を超える団体が加盟している
  • 世界有数の金融機関JPモルガン・チェースがピットコインよりも需要があると明記

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額2位のアルトコインです。

仮想通貨取引をしたことがない人でもきいたことがある人も多いのではないでしょうか。

現在日本の大企業でも多く利用されており、NFTにも活用されている通貨ということもあり、かなり将来性がある通貨と言えるでしょう。

イーサリアムはスマートコントラクトとを利用しており、ユーザーが一定の行動を行うように決まったプログラムを進めることができます。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動執行することです。

ドイツやスイスの取引所でもイーサリアムが取引されており、米国でも今後ファンドを行う展開となっており、投資家の中でも期待がされている通貨です。

イーサリアムはいつ上昇してもおかしくありませんので、今のうちに保有しておくことをおすすめします。

ライトコイン

LTC_アルトコイン_おすすめ

ライトコインの特徴
  • スピーディな決済が可能
  • 「segwit」を導入
  • ライトニングネットワークの導入

ライトコインは、まずスピーディな決済が可能な通貨として注目されているアルトコインです。

ここ数年で急激に注目が集まり、多くの投資家達も保有しています。

2020年10月から12月の約2か月間で4倍ほど高騰し、コロナショック後の今でもその勢いは収まっていません。

2022年3月時点でもライトコインの価格は上昇傾向にあり、¥13,026.93超となっています。

また、ライトコインはその将来性を評価され、ペイパルからも決済手段として導入されることが決まっています。

ライトコインは特に日常の決済などで用いることを想定して作られているため、将来性がかなりあるアルトコインだとも言えます。

モナコイン

モナコイン_アルトコイン_おすすめ

モナコインの特徴
  • 「アトミックスワップ」に対応
  • 国内・海外を問わず仮想通貨取引所での扱いが増える可能性がある
  • コミュニティによるサービスの充実が期待できる

モナコインとは、2chが発症の日本稀の仮想通貨です。

TwitterやツイキャスなどのSNSで投げ銭ができることで有名になり、多くの投資家達が保有しているアルトコインの一つです。

モナコインは日本発祥ということもあり、保有者の半数以上は日本人だと言われています。

また、日本発祥ということもあり、関連情報なども基本的に日本語表記になっているため、投資初心者でも比較的利用しやすいアルトコインです。

モナコインは「決済手段としての普及」「Webサービスへの活用の普及」が影響し、将来性がある通貨として注目をされています。

リスク

リスク_アルトコイン_おすすめ

リスクの特徴
  • ステーキングサービスの対象通貨
  • サイドチェーンを使用している
  • 発行枚数の上限がない

リスクは2016年に発行された比較的新しい仮想通貨です。

また、リスクは一部の仮想通貨取引所でステーキングサービスの対象となっています。

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、一定の報酬が返ってくる仕組みのこと。

つまり、リスクを保有しているだけで配当金のような形でインカムゲインを得るができます。

リスクを保有しており、万が一大幅に下落してしまった場合でも、リスクを売却しない限りは利子や配当がもらえる点が大きなメリットと言えるでしょう。

アルトコインおすすめ【国内で取扱い可能な銘柄】

アルトコイン_おすすめ

ETH(イーサリアム)

イーサリアム_アルトコイン_おすすめ

イーサリアムのおすすめポイント
  • スマートコントラクトの先駆者
  • 分散型アプリケーションやDeFiの基盤
  • イーサリアム2.0への移行による改善

イーサリアムは、スマートコントラクトを実現するために作られたブロックチェーンプラットフォームです。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動執行することです。

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額2位のアルトコインであり、多くの分散型アプリケーションやDeFi(分散型金融)の基盤となっています。

スマートコントラクトの概念を広めた最初のプロジェクトで、分散型アプリケーションやDeFiのエコシステムを形成しています。

イーサリアムは、現在、イーサリアム2.0と呼ばれる大規模なアップグレードに向けて移行しており、スピードやセキュリティ、環境への配慮などの点で改善が期待されています。

国内外の多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、流動性やアクセシビリティが高い通貨となります。

スマートコントラクトの先駆者としての地位や、分散型アプリケーションやDeFiの基盤としての役割、イーサリアム2.0への移行による改善などの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

XRP(リップル)

リップル_アルトコイン_おすすめ

リップルのおすすめポイント
  • 国際送金に特化
  • 送金スピードが早い
  • 取引手数料が低い

リップルは、国際送金をスムーズに進めるために作られた通貨です。

リップルは、お金とお金の仲介役のような役割を果たし、異なる通貨間の取引をシンプルかつ低コストで行えるようにします。

リップルは、アルトコインの中でも特に明確なビジョンを持っており、投資家の中にはリップルを所有していない人はいないと言っても過言ではないほど知名度があるアルトコインです。

リップルは、送金スピードが早く、取引手数料が低いという特徴を持っており、値上がりにも期待されている通貨です。

リップルは、2019年には約0.006ドル程度の価値しかありませんでしたが、2021年には1.18615ドルまで急成長し、5年間で約200倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

リップルは、国内外の多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、流動性やアクセシビリティが高いです。

リップルは、国際送金に特化した通貨としての強みや、送金スピードや取引手数料の低さなどの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

TRX(トロン)

アルトコイン_おすすめ

トロンのおすすめポイント
  • 分散型アプリケーションのプラットフォーム
  • 高速かつ低コストなトランザクション
  • 豊富なエコシステムとパートナーシップ

トロンは、分散型アプリケーション(DApps)を開発・運営するためのブロックチェーンプラットフォームです。

トロンは、インターネットの中央集権化に対抗し、ユーザーが自分のデータやコンテンツを自由に管理・共有できるようにすることを目指しています。

トロンのネイティブトークンはTRXであり、プラットフォーム内での支払いやスマートコントラクトの実行に使用されます。

トロンの特徴の一つは、高速かつ低コストなトランザクションです。

トロンは、1秒あたり2000件のトランザクションを処理できると主張しており、ビットコインやイーサリアムよりもはるかに優れています。

また、トロンの取引手数料は非常に安く、平均で0.000005TRX(約0.0000002円)となっています。

トロンのもう一つの特徴は、豊富なエコシステムとパートナーシップです。

トロンは、自身のプラットフォームに多くのDAppsやトークンを誘致しており、ゲームやソーシャルメディア、エンターテイメントなどの分野で活用されています。

また、トロンは、BitTorrentやSamsungなどの有名企業との提携を行っており、その影響力を拡大しています。

トロンは、国内ではビットポイントやBitTradeで取り扱われており、海外ではBinanceやOKExなどの大手取引所で取引できます。

トロンは、分散型アプリケーションのプラットフォームとしての将来性や、高速かつ低コストなトランザクション、豊富なエコシステムとパートナーシップなどの点で、注目されるべきアルトコインだと言えるでしょう。

BCH(ビットコインキャッシュ)

ビットコインキャッシュ_アルトコイン_おすすめ

ビットコインキャッシュのおすすめポイント
  • ビットコインの分岐通貨
  • ブロックサイズの拡大によるスケーラビリティの向上
  • 実用性と普及度の高さ

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインから分岐した通貨です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックサイズを8MBに拡大し、トランザクションの処理速度や容量を向上させることを目的としています。

ビットコインキャッシュの特徴の一つは、ブロックサイズの拡大によるスケーラビリティの向上です。

ビットコインは、1ブロックあたりのデータ量が1MBに制限されており、1秒あたり約7件のトランザクションしか処理できません。

これに対して、ビットコインキャッシュは、1ブロックあたりのデータ量を8MBに拡大し、1秒あたり約56件のトランザクションを処理できるようになりました。

また、ビットコインキャッシュは、取引手数料もビットコインよりも安く、平均で0.0001BCH(約3円)となっています。

ビットコインキャッシュのもう一つの特徴は、実用性と普及度の高さです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインと同じく、決済手段としての利用が可能です。

また、ビットコインキャッシュは、ビットコインと同じく、国内外の多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、流動性やアクセシビリティが高いです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの分岐通貨としての信頼性や、ブロックサイズの拡大によるスケーラビリティの向上、実用性と普及度の高さなどの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

LTC(ライトコイン)

LTC_アルトコイン_おすすめ

ライトコインのおすすめポイント
  • スピーディな決済が可能
  • 「segwit」や「ライトニングネットワーク」を導入
  • 発行上限がありデジタルシルバーと呼ばれる

LTC(ライトコイン)は、ビットコインをベースに開発されたアルトコインで、高速で安全な決済手段を提供することを目的としています。

LTCは、ビットコインと比較して、ブロック生成時間が約4分の1の2.5分と短く、取引手数料も非常に低いです。

また、LTCは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するための技術である「segwit」や「ライトニングネットワーク」を導入しており、さらに取引の効率化や拡張性を高めています。

LTCの特徴の一つは、発行上限がありデジタルシルバーと呼ばれることです。

LTCは、ビットコインと同様に、発行上限が決められており、その数は8400万枚です。

これは、ビットコインの発行上限である2100万枚の4倍に相当します。

LTCは、ビットコインよりも発行量が多く、価値が低いことから、デジタルシルバーと呼ばれています。

これは、金と銀の関係に似ており、LTCはビットコインの補完的な役割を果たしています。

LTCは、国内ではDMM BitcoinやbitFlyerなどの仮想通貨取引所で取り扱われており、海外ではBinanceやCoinbaseなどの大手取引所で取引できます。

LTCは、スピーディな決済が可能で、segwitやライトニングネットワークなどの技術を導入していることや、発行上限がありデジタルシルバーと呼ばれることなどの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。.

BAT(ベーシックアテンショントークン)

アルトコイン_おすすめ

ベーシックアテンショントークンのおすすめポイント
  • ブレイブブラウザとの連携
  • 広告ビジネスの革新
  • プライバシーの保護と報酬の還元

ベーシックアテンショントークンは、ブレイブブラウザと連携した広告プラットフォームのためのトークンです。

ブレイブブラウザは、高速で安全なウェブブラウザであり、ユーザーのプライバシーを保護しながら、広告を表示することができます。

ベーシックアテンショントークンの特徴の一つは、広告ビジネスの革新です。

ベーシックアテンショントークンは、従来の広告ビジネスにおける中間者や不正なクリックなどの問題を解決することを目指しています。

ベーシックアテンショントークンは、広告主、出版社、ユーザーの三者間で、広告の価値や効果を正確に測定し、トークンで報酬を分配する仕組みを提供しています。

ベーシックアテンショントークンのもう一つの特徴は、プライバシーの保護と報酬の還元です。

ベーシックアテンショントークンは、ユーザーのプライバシーを尊重し、ブラウザ内でのみユーザーの行動や興味を分析し、適切な広告を表示します。

また、ベーシックアテンショントークンは、ユーザーにも報酬を還元します。

ユーザーは、広告を見ることでトークンを獲得できるほか、トークンを使って出版社やクリエイターに寄付したり、プレミアムコンテンツを購入したりすることができます。

ベーシックアテンショントークンは、国内ではコインチェックやbitFlyerで取り扱われており、海外ではBinanceやCoinbaseなどの大手取引所で取引できます。

ベーシックアテンショントークンは、ブレイブブラウザとの連携による広告ビジネスの革新や、プライバシーの保護と報酬の還元などの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

はい、かしこまりました。MATIC(MATICトークン)について紹介します。

MATIC(MATICトークン)

アルトコイン_おすすめ

MATICのおすすめポイント
  • イーサリアムの拡張性とインフラストラクチャ開発のためのプラットフォーム
  • 高速で低コストな取引を実現するレイヤー2スケーリングソリューション
  • ゼロ知識証明を活用したイーサリアムに完全対応したスケーリングソリューション「zkEVM」を開発

MATIC(MATICトークン)は、イーサリアムの拡張性とインフラストラクチャ開発のために作られたプラットフォーム「Polygon(旧:Matic Network)」で使用されるトークンです。

Polygonは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたレイヤー2スケーリングソリューションとして、注目されています。

レイヤー2スケーリングソリューションとは、メインのブロックチェーン(レイヤー1)に重ねて構築されたブロックチェーンのことで、メインのブロックチェーンから離れた場所で処理を行うことで、スケーラビリティ問題などの課題を解決しようとする試みのことです。

Polygonは、イーサリアムのセキュリティやエコシステムを継承しつつ、高速で低コストな取引を実現することができます。

Polygonは、サイドチェーンやプラズマなどの既存のレイヤー2ソリューションに加えて、ゼロ知識証明を活用したイーサリアムに完全対応したスケーリングソリューション「zkEVM」を開発しています。

ゼロ知識証明とは、ある人が他の人に、自分の持っている命題が真であることを伝えるために、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法のことです。

zkEVMは、ゼロ知識証明を使用することで、取引コストの削減と情報処理能力の大幅な向上を実現する技術のことです。

MATICトークンは、Polygonのエコシステム内で支払いやステーキングなどの用途に使用されます。

MATICトークンは、Ethereumブロックチェーン上で動作するERC-20トークンです。

MATICトークンは、国内ではコインチェックやDMM Bitcoinなどの仮想通貨取引所で取り扱われており、海外ではBinanceやCoinbaseなどの大手取引所で取引できます。

MATICトークンは、イーサリアムの拡張性とインフラストラクチャ開発のためのプラットフォームであるPolygonのネイティブトークンとして、高速で低コストな取引を実現するレイヤー2スケーリングソリューションや、ゼロ知識証明を活用したイーサリアムに完全対応したスケーリングソリューション「zkEVM」の開発などの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

SOL(ソル)

アルトコイン_おすすめ

ソルのおすすめポイント
  • 高速で安定したブロックチェーンプラットフォーム
  • 分散型アプリケーションやDeFiの開発に適した環境
  • 多くのプロジェクトやパートナーとの連携

ソルは、高速で安定したブロックチェーンプラットフォームを提供するために開発されたトークンです。

ソルは、Proof of Historyという新しいコンセンサスアルゴリズムを採用し、1秒あたり約5万件のトランザクションを処理できると主張しています。

また、ソルの取引手数料は非常に低く、平均で0.000005SOL(約0.01円)となっています。

ソルの特徴の一つは、分散型アプリケーションやDeFiの開発に適した環境です。

ソルは、スマートコントラクトやオラクルなどの機能を備えており、分散型アプリケーションやDeFiの開発に必要なツールやライブラリを提供しています。

また、ソルは、Ethereum Virtual Machine(EVM)との互換性も持っており、イーサリアム上で動作するアプリケーションを簡単に移植することができます。

ソルのもう一つの特徴は、多くのプロジェクトやパートナーとの連携です。

ソルは、自身のプラットフォームに多くのプロジェクトやパートナーを誘致しており、ゲームやNFT、DeFiなどの分野で活用されています。

例えば、ソルは、人気のNFTプロジェクトであるCryptoKittiesやAudiusなどとの提携を行っており、その影響力を拡大しています。

また、ソルは、FTXやBinanceなどの大手取引所や、CoinbaseやOKExなどの大手ウォレットとのパートナーシップを結んでおり、その流動性やアクセシビリティを高めています。

ソルは、国内ではGMOコインやbitFlyerで取り扱われており、海外ではBinanceやFTXなどの大手取引所で取引できます。

ソルは、高速で安定したブロックチェーンプラットフォームとしての性能や、分散型アプリケーションやDeFiの開発に適した環境、多くのプロジェクトやパートナーとの連携などの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

新NISA制度の学習システム

アルトコインおすすめ【DeFi関連銘柄】

アルトコイン_おすすめ

アルトコインおすすめ【DeFi関連銘柄】

AAVE

アルトコイン_おすすめ

AAVEのおすすめポイント
  • DeFiレンディングのトッププロジェクト
  • 多種多様な仮想通貨の貸し借りができる
  • 信用委任システムやフラッシュローンなどのユニークな機能がある

AAVEはイーサリアムチェーンなどの複数のブロックチェーン上で稼働している、DeFi(分散型金融)のレンディングプラットフォームです。

ユーザーはAAVEの流動性プールに仮想通貨を預け入れたり借り入れたりすることができ、預け入れたユーザーは利息を得られ、借り入れたユーザーは担保を供託して利息を支払います。

例えば、イーサリアムを持っているけど、DAIが欲しい場合、AAVEにイーサリアムを預けてDAIを借りることができます。

このとき、預けたイーサリアムは担保となり、借りたDAIは借金となります。

借りたDAIを返済するときは、利息も一緒に支払わなければなりません。

AAVEはDeFiレンディングの中でも特に人気が高く、2021年10月時点で総値ロック量(TVL)は約200億ドルに達しています。

AAVEはイーサリアムやDAIだけでなく、AVAXやSOLなどの新興の仮想通貨も取り扱っており、多様なニーズに応えています。

また、AAVEには信用委任システムやフラッシュローンといった、他のレンディングプラットフォームではあまり見られないユニークな機能もあります。

信用委任システムとは、自分の与信枠(借り入れ可能な額)を他のユーザーに委任できる仕組みで、委任されたユーザーは担保なしで借り入れができます。

フラッシュローンとは、1つのトランザクションで借り入れと返済をおこなうことで、無担保・無制限・低コストで借り入れができる仕組みです。

AAVEはDeFiの分野で革新的なサービスを提供しており、投資家やユーザーから高い評価を得ています。

2022年2月には1AAVEが600ドルを超える高値をつけたり、2021年10月にはイーサリアム以外のブロックチェーンにも対応した新バージョンのAAVE V3を発表したりと、成長にも期待されている仮想通貨です。

UNI

アルトコイン_おすすめ

UNIのおすすめポイント
  • DeFi取引所の代表格
  • 多くの仮想通貨のスワップができる
  • プロトコルのガバナンスに参加できる

UNIは、イーサリアムチェーンなどのブロックチェーン上で稼働している、DeFi(分散型金融)の取引所プロトコルであるUniswapのネイティブトークンです。

ユーザーはUNIを持つことで、Uniswapのプロトコルのガバナンスに参加したり、流動性マイニングの報酬を受け取ったりすることができます。

例えば、UNIを持っているユーザーは、Uniswapのプロトコルのアップグレードや手数料の設定などに関する提案に投票したり、自分で提案を作成したりすることができます。

また、Uniswapの流動性プールに仮想通貨を預けると、そのプールに対応するUNIトークンを受け取ることができます。

このUNIトークンは、ステーキングすることでUniswapの手数料の一部を分配される権利を得ることができます。

UNIはDeFi取引所の中でも最も人気が高く、2021年10月時点で総値ロック量(TVL)は約140億ドルに達しています。

UNIはイーサリアムだけでなく、PolygonやOptimismなどのレイヤー2ソリューションにも対応しており、高速かつ低コストで仮想通貨のスワップができます。

また、UNIは2020年9月にエアドロップで配布されたことで話題になりました。

Uniswapのプロトコルを利用したことのあるユーザーには、400UNIが無償で付与されました。

このときのUNIの価格は約3ドルでしたが、2022年2月には30ドルを超える高値をつけたり、2021年10月にはNFTの取引に対応した新バージョンのUniswap V4を発表したりと、価値にも期待されている仮想通貨です。

DYDX(dYdX)

アルトコイン_おすすめ

DYDXのおすすめポイント
  • 分散型の金融プラットフォーム
  • レバレッジや先物などの取引が可能
  • スターキングやガバナンスに参加できる

DYDX(dYdX)は、分散型の金融プラットフォームを提供するために作られたトークンです。

DYDXは、イーサリアム上で動作する分散型取引所であり、レバレッジや先物などの高度な取引が可能です。

DYDXは、中央集権的な仲介者や信頼性の低いオーダーブックを排除し、透明で安全で効率的な取引体験を提供します。

DYDXの特徴の一つは、スターキングやガバナンスに参加できることです。

DYDXトークンは、DYDXプラットフォームのユーティリティトークンとして、次のような用途に使用されます。

DYDXトークンの利用用途
  • スターキング:DYDXトークンをステークすることで、取引手数料の一部を受け取ることができる
  • ガバナンス:DYDXトークンを持つことで、プラットフォームのパラメーターや機能の変更に投票することができる

DYDXトークンは、Ethereumブロックチェーン上で動作するERC-20トークンです。

DYDXトークンは、国内ではまだ取り扱われていませんが、海外ではBinanceやCoinbaseなどの大手取引所で取引できます。

DYDXトークンは、分散型の金融プラットフォームであるDYDXのネイティブトークンとして、レバレッジや先物などの高度な取引や、スターキングやガバナンスなどの参加などの点で、おすすめのアルトコインだと言えるでしょう。

アルトコインおすすめ【NFTやメタバース関連銘柄】

アルトコイン_おすすめ

ENJ

アルトコイン_おすすめ

ENJのおすすめポイント
  • ゲーム開発に特化したブロックチェーンプラットフォーム
  • ゲーム内アイテムをNFT化して流動性や価値を高める
  • プロトコルのガバナンスに参加できる

ENJは、ブロックチェーンに基づくオンラインゲームを開発するためのプラットフォームであるEnjinのネイティブトークンです。

ユーザーはENJを持つことで、Enjinのプロトコルのガバナンスに参加したり、流動性マイニングの報酬を受け取ったりすることができます。

例えば、ENJを持っているユーザーは、Enjinのプロトコルのアップグレードや手数料の設定などに関する提案に投票したり、自分で提案を作成したりすることができます。

また、Enjinの流動性プールに仮想通貨を預けると、そのプールに対応するENJトークンを受け取ることができます。

このENJトークンは、ステーキングすることで、Enjinの手数料の一部を分配される権利を得ることができます。

ENJはゲーム開発に特化したブロックチェーンプラットフォームとして、多くのゲーム開発者やゲーマーから支持されています。

ENJはEthereumや Polygon などのブロックチェーン上で、ゲーム内アイテムを NFT (ノンファンジブルトークン)として発行することができます。

これにより、ゲーム内アイテムに現実世界の価値や流動性を与え、ゲーム間での移動や取引を可能にします。

また、ENJはERC-1155というEthereumのトークン規格の設計者でもあります。

この規格は、ファンジブルトークンとノンファンジブルトークンの両方を同時に発行できる画期的な規格で、ゲーム開発における効率性や柔軟性を向上させています。

ENJはゲーム業界におけるブロックチェーンの普及に貢献しており、投資家やユーザーから高い評価を得ています。

2022年2月には1ENJが300円を超える高値をつけたり、2021年10月には日本の大手仮想通貨取引所であるCoincheckやGMOコインに上場したりと、価値にも期待されている仮想通貨です。

SAND

アルトコイン_おすすめ

SANDのおすすめポイント
  • ゲーム内の仮想土地やアイテムをNFT化して所有や取引ができる
  • ゲーム開発やプレイによってSANDトークンを獲得できる
  • プロトコルのガバナンスに参加できる

SANDは、ブロックチェーンに基づくオンラインゲームを開発するためのプラットフォームであるThe Sandboxのネイティブトークンです。

ユーザーはSANDを持つことで、The Sandboxのプロトコルのガバナンスに参加したり、流動性マイニングの報酬を受け取ったりすることができます。

例えば、SANDを持っているユーザーは、The Sandboxのプロトコルのアップグレードや手数料の設定などに関する提案に投票したり、自分で提案を作成したりすることができます。

また、The Sandboxの流動性プールに仮想通貨を預けると、そのプールに対応するSANDトークンを受け取ることができます。

このSANDトークンは、ステーキングすることで、The Sandboxの手数料の一部を分配される権利を得ることができます。

SANDはゲーム内の仮想土地やアイテムをNFT化して所有や取引ができるという点で、多くのゲーム開発者やゲーマーから支持されています。

SANDはEthereumや Polygon などのブロックチェーン上で、ゲーム内の土地であるLANDやアバター、アセットなどを NFT (ノンファンジブルトークン)として発行することができます。

これにより、ゲーム内の資産に現実世界の価値や流動性を与え、ゲーム間での移動や取引を可能にします。

また、SANDはゲーム開発やプレイによって獲得できるという点で、ゲーム業界における「遊んで稼ぐ」モデルを促進しています。

ゲーム開発者は、自分が作成したゲームやアセットをSANDで販売したり、ゲーム内での広告やチケットなどの収入を得ることができます。

ゲームプレイヤーは、ゲーム内でのクエストやイベントなどに参加することでSANDを獲得したり、自分が所有するNFTをSANDで売買したりすることができます。

SANDはゲーム業界におけるブロックチェーンの普及に貢献しており、投資家やユーザーから高い評価を得ています。

2022年2月には1SANDが80円を超える高値をつけたり、2021年10月には日本の大手仮想通貨取引所であるCoincheckやGMOコインに上場したりと、価値にも期待されている仮想通貨です。

SleeFiトークン(SLFT)

アルトコイン_おすすめ

SleeFiトークン(SLFT)のおすすめポイント
  • 睡眠を収益化するWeb3.0アプリケーションのゲーム内トークン
  • 睡眠時間や品質に応じてSLFTを獲得できる
  • ベッドNFTやアイテムNFTの作成や強化に使用できる

SleeFiトークン(SLFT)は、ブロックチェーンに基づくオンラインゲームを開発するためのプラットフォームであるSleeFiのネイティブトークンです。

ユーザーはSLFTを持つことで、SleeFiのプロトコルのガバナンスに参加したり、流動性マイニングの報酬を受け取ったりすることができます。

例えば、SLFTを持っているユーザーは、SleeFiのプロトコルのアップグレードや手数料の設定などに関する提案に投票したり、自分で提案を作成したりすることができます。

また、SleeFiの流動性プールに仮想通貨を預けると、そのプールに対応するSLFTトークンを受け取ることができます。

このSLFTトークンは、ステーキングすることで、SleeFiの手数料の一部を分配される権利を得ることができます。

SleeFiトークン(SLFT)は睡眠を収益化するWeb3.0アプリケーションとして、多くのゲーム開発者やゲーマーから支持されています。

SLFTはAvalancheや Polygon などのブロックチェーン上で、ゲーム内の土地であるBedやアイテムなどを NFT (ノンファンジブルトークン)として発行することができます。

これにより、ゲーム内の資産に現実世界の価値や流動性を与え、ゲーム間での移動や取引を可能にします。

また、SleeFiトークン(SLFT)はゲーム開発やプレイによって獲得できるという点で、ゲーム業界における「遊んで稼ぐ」モデルを促進しています。

ゲーム開発者は、自分が作成したゲームやアセットをSLFTで販売したり、ゲーム内での広告やチケットなどの収入を得ることができます。

ゲームプレイヤーは、ゲーム内でのクエストやイベントなどに参加することでSLFTを獲得したり、自分が所有するNFTをSLFTで売買したりすることができます。

SleeFiトークン(SLFT)はゲーム業界におけるブロックチェーンの普及に貢献しており、投資家やユーザーから高い評価を得ています。

2021年11月には1SLFTが0.5ドルを超える高値をつけたり、2021年12月には日本の大手仮想通貨取引所であるSBI VCトレードに上場したりと、価値にも期待されている仮想通貨です。

TSUBASA Governance Token(TSUGT)

アルトコイン_おすすめ

TSUBASA Governance Token(TSUGT)のおすすめポイント
  • キャプテン翼のブロックチェーンゲームのガバナンストークン
  • ゲームの方針や運営に関する提案や投票に参加できる
  • ゲーム内の報酬や取引に使用できる

TSUBASA Governance Token(TSUGT)は、ブロックチェーンに基づくオンラインゲームを開発するためのプラットフォームであるキャプテン翼 -RIVALS-のガバナンストークンです。

ユーザーはTSUGTを持つことで、キャプテン翼 -RIVALS-のプロトコルのガバナンスに参加したり、流動性マイニングの報酬を受け取ったりすることができます。

例えば、TSUGTを持っているユーザーは、キャプテン翼 -RIVALS-のプロトコルのアップグレードや手数料の設定などに関する提案に投票したり、自分で提案を作成したりすることができます。

また、キャプテン翼 -RIVALS-の流動性プールに仮想通貨を預けると、そのプールに対応するTSUGTトークンを受け取ることができます。

このTSUGTトークンは、ステーキングすることで、キャプテン翼 -RIVALS-の手数料の一部を分配される権利を得ることができます。

TSUBASA Governance Token(TSUGT)はキャプテン翼のブロックチェーンゲームのガバナンストークンとして、多くのゲーム開発者やゲーマーから支持されています。

TSUGTはPolygonブロックチェーンネットワーク上で発行されており、ERC-20トークン規格に準拠しています。

TSUGTはゲーム内の報酬や取引に使用できるほか、ゲーム内の土地やアイテムをNFT化して所有や取引ができます。

TSUBASA Governance Token(TSUGT)はキャプテン翼 -RIVALS-のガバナンスに関わるトークンであり、ゲームの方針や運営に影響を与えることができます。

また、TSUBASA Utility Token(TSUBASAUT)というユーティリティトークンとのデュアルトークンシステムを採用しており、ゲームのエコシステムを形成しています。

TSUBASA Governance Token(TSUGT)はキャプテン翼 -RIVALS-の発展に貢献しており、投資家やユーザーから高い評価を得ています。

2021年11月には1TSUGTが35円を超える高値をつけたり、2021年12月には日本の大手仮想通貨取引所であるSBI VCトレードに上場したりと、価値にも期待されている仮想通貨です。

AXS(Axie Infinity)

アルトコイン_おすすめ

AXSのおすすめポイント
  • ブロックチェーンを利用したトレーディング&バトルゲームのガバナンストークン
  • ゲームの方針や運営に関する提案や投票に参加できる
  • ゲーム内の報酬や取引に使用できる

AXSは、ブロックチェーンに基づくオンラインゲームを開発するためのプラットフォームであるAxie Infinityのネイティブトークンです。

ユーザーはAXSを持つことで、Axie Infinityのプロトコルのガバナンスに参加したり、流動性マイニングの報酬を受け取ったりすることができます。

例えば、AXSを持っているユーザーは、Axie Infinityのプロトコルのアップグレードや手数料の設定などに関する提案に投票したり、自分で提案を作成したりすることができます。

また、Axie Infinityの流動性プールに仮想通貨を預けると、そのプールに対応するAXSトークンを受け取ることができます。

このAXSトークンは、ステーキングすることで、Axie Infinityの手数料の一部を分配される権利を得ることができます。

AXSはブロックチェーンを利用したトレーディング&バトルゲームのガバナンストークンとして、多くのゲーム開発者やゲーマーから支持されています。

AXSはEthereumや Polygon などのブロックチェーン上で、ゲーム内の土地であるLANDやアバター、アセットなどを NFT (ノンファンジブルトークン)として発行することができます。

これにより、ゲーム内の資産に現実世界の価値や流動性を与え、ゲーム間での移動や取引を可能にします。

また、AXSはゲーム開発やプレイによって獲得できるという点で、ゲーム業界における「遊んで稼ぐ」モデルを促進しています。

ゲーム開発者は、自分が作成したゲームやアセットをAXSで販売したり、ゲーム内での広告やチケットなどの収入を得ることができます。

ゲームプレイヤーは、ゲーム内でのクエストやイベントなどに参加することでAXSを獲得したり、自分が所有するNFTをAXSで売買したりすることができます。

AXSはゲーム業界におけるブロックチェーンの普及に貢献しており、投資家やユーザーから高い評価を得ています。

2021年11月には1AXSが800円を超える高値をつけたり、2021年12月には日本の大手仮想通貨取引所であるSBI VCトレードに上場したりと、価値にも期待されている仮想通貨です。

新NISA制度の学習システム

アルトコインおすすめ【AI関連銘柄】

アルトコイン_おすすめ

アルトコインおすすめ【AI関連銘柄】

FET(Fetch.ai )

アルトコイン_おすすめ

FETのおすすめポイント
  • 分散型機械学習ネットワーク
  • 自律的経済エージェントの発見と生成
  • 高スループットのシャード型台帳

FETは、分散型機械学習ネットワークを構築するためのプラットフォームであり、人工知能(AI)技術へのアクセスを民主化することを目指しています。

FETは、自律的経済エージェントと呼ばれる、インターネット上のデバイスやアルゴリズムを接続し、それらの集合的な学習を可能にすることで、インターネット・オブ・シングス(IoT)やスマートシティなどの分野に革新をもたらします。

例えば、FETを使えば、交通管理システムやエネルギー供給システムなどの複雑なシステムを、自律的に最適化するエージェントを生成することができます。

FETは、高スループットのシャード型台帳上に構築され、分散型問題解決のための機械学習と人工知能ソリューションを展開するスマートコントラクト機能を提供します。

これらのオープンソースツールは、ユーザーがエコシステムのインフラを構築し、商用モデルを展開できるように設計されています。

アルトコインの中でも特に先進的な技術を持っており、投資家の中にはFETを将来のAI革命のカギと見なしている人も多いと言われています。

2021年2月には1FETあたり約30円程度でしたが、2021年5月には約200円まで急騰し、約6倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

GRT(The Graph )

アルトコイン_おすすめ

GRTのおすすめポイント
  • ブロックチェーンのデータを照会するインデックスプロトコル
  • オープンなAPIであるサブグラフを構築・公開
  • DeFiやWeb3エコシステムの多くのアプリケーションを支える

GRTは、EthereumやIPFSのようなネットワークのデータを照会するためのインデックスプロトコルで、DeFiやWeb3エコシステムの多くのアプリケーションを支えています。

GRTを使えば、誰でもサブグラフと呼ばれるオープンなAPIを構築して公開することができ、アプリケーションはGraphQLを使ってクエリを行い、ブロックチェーンのデータを取得することができます。

例えば、GRTを使えば、UniswapやSynthetixなどのDeFiプロトコルの流動性や価格などの情報を簡単に取得することができます。

GRTは、分散型データ市場であるThe Graph Networkの経済的な安全性と、照会されるデータの完全性を確保するために、Indexer、Curator、Delegator、Subgraph Developerという分散型の参加者によって使用されるワークトークンです。

GRTは、Ethereum ブロックチェーン 上のERC-20トークンとなり、ネットワーク内のリソースを割り当てるために使用されます。

アルトコインの中でも特に高い需要と成長性を持っており、投資家の中にはGRTをブロックチェーンのGoogleと呼ぶ人もいます。

2020年12月には1GRTあたり約10円程度でしたが、2021年2月には約100円まで急上昇し、約10倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

AGIX(SingularityNFT )

アルトコイン_おすすめ

AGIXのおすすめポイント
  • AIマーケットプレイスの提供
  • AIサービスの作成・共有・収益化
  • 高度な汎用知能の開発

AGIXは、AIマーケットプレイスを提供するブロックチェーンを利用したプラットフォームであり、SingularityNET Network上で使用されるトークンです。

AGIXを使えば、誰でも簡単にAIサービスを「作成、共有、収益化」できます。

AIマーケットプレイスを通じて、ユーザーはプラットフォームのネイティブユーティリティトークンであるAGIXを使いながら、多種多様なAIサービスをブラウジング、テスト、購入できます。

例えば、AGIXを使えば、画像認識や自然言語処理などのAIツールやライブラリを簡単に販売したり、購入したりすることができます。

AGIXの目標は、高度な汎用知能(AGI)と呼ばれる人間レベルの人工知能(またはそれ以上)を達成することです。

このために、SingularityNETは「OpenCog」というAIフレームワークを開発しています。

AGIXは、SingularityNETのエコシステムの発展とともに進化してきました。

2021年5月には、トークンの名称がAGIからAGIXに変更され、EthereumからCardanoへの移行が発表されました。

アルトコインの中でも特に先進的なビジョンを持っており、投資家の中にはAGIXをAIの未来の可能性と見なしている人もいます。

2021年2月には1AGIXあたり約20円程度でしたが、2021年5月には約50円まで上昇し、約2.5倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

アルトコインおすすめ【ミーム関連銘柄】

アルトコイン_おすすめ

アルトコインおすすめ【ミーム関連銘柄】

MONA(モナコイン)

モナコイン_おすすめの仮想通貨_銘柄

モナコインのおすすめポイント
  • 日本発の暗号資産
  • ネット文化との親和性が高い
  • 様々なウェブサービスと連携している

モナコイン(MONA)は、掲示板2ちゃんねる(現5ちゃんねる)発祥の日本初の暗号資産(仮想通貨)です。

名前の由来はアスキーアートのキャラクター「モナー」です。

ネット文化との繋がりが強く、SNSや掲示板での投げ銭、NFT・FTの作成や売買など、幅広く利用されています。

モナコインはライトコインをベースにしており、非中央集権によるクライアントプログラムによって維持される完全分散型決済システムを基盤とした暗号資産(仮想通貨)です。

モナコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他のコインではあまり見られない使われ方が定着するなど、コミュニティ主体で発展を続けている点が特徴です。

2022年は約0.006ドル程度の価値しかありませんでしたが、2021年には2.92399ドルまで急成長し、5年間で約500倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

2023年には一時的に価格が下落しましたが、2024年に入ってからは再び上昇傾向にあります。

DOGE(ドージコイン)

アルトコイン_おすすめ

ドージコインのおすすめポイント
  • ミームコインの元祖
  • イーロン・マスク氏などの著名人の支持を得ている
  • 高速・低コストで利用できる

ドージコイン(DOGE)は、ビットコインのパロディーコインとして、2013年に誕生しました。

名前と柴犬のロゴは、ミームをベースに作られました。

このオープンソースのデジタル通貨は、オレゴン州ポートランド出身のBilly Markus氏とオーストラリアのシドニー出身のJackson Palmer氏によって考案され、2013年12月にライトコインからフォークされました。

ドージコインのクリエイターは、コインが犬の面白ネタに基づいていたことから、コアのビットコインファンベースを超えて、より多くの人々に遍く普及するよう、楽しくてワクワクするような仮想通貨としてコインを想定しました。

テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏は、ツイッターに度々ドージコインが自身のお気に入りのコインである旨をツイートしています。

ドージコインはビットコインのプルーフオブワークプロトコルとはいくつかの点で異なり、その内1つはScrypt技術を使用していることです。

アルトコインには1分間のブロックタイムがあり、総供給量に上限はありません。

つまり、マイニング可能なドージコインの数にも制限がないということです。

ドージコインは、主にRedditやツイッター上で質の良いコンテンツを配信したユーザーへのチップとして使用されています。

仮想通貨を使用するコミュニティに参加してチップを得る、もしくはドージコインのフォーセットから通貨を得ることができます。

ドージコインフォーセットは、仮想通貨への入口としてドージコインコミュニティで交流が図れるよう、最初に無料でドージコインを得ることのできるウェブサイトです。

ドージコインは、2019年には約0.002ドル程度の価値しかありませんでしたが、2021年には0.7376ドルまで急成長し、2年間で約370倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

2023年には一時的に価格が下落しましたが、2024年に入ってからは再び上昇傾向にあります。

SHIB(柴犬コイン)

アルトコイン_おすすめ

柴犬コインのおすすめポイント
  • ドージコインに対抗するミームコイン
  • エコシステムの開発が進んでいる
  • 独自のレイヤー2ネットワークを開発中

柴犬コイン(SHIB)は、2020年8月に「Ryoshi」というペンネームの開発者が、ドージコインに対抗するミームコインとして発行した暗号資産(仮想通貨)です。

名前とロゴは、柴犬をモチーフにしています。

このミームコインは、イーロン・マスク氏やヴィタリック・ブテリン氏といった著名人のツイート、様々なメディアの見出し、そしてそのキュートな魅力に惹かれた投資家のコミュニティによって、その価値とスピードを急速に成長させていきました。

柴犬コインは、イーサリアムをベースにしており、非中央集権によるクライアントプログラムによって維持される完全分散型決済システムを基盤とした暗号資産(仮想通貨)です。

柴犬コインはERC-20トークンとなり、ネットワーク内のリソースを割り当てるために使用されます。

柴犬コインは、単なるミームコインではなく、エコシステムの開発が進んでいます。

例えば、柴犬コインは、ShibaSwapという分散型取引所を運営しており、柴犬コイン以外にも、LEASHやBONEというトークンを発行しています。

また、柴犬コインは、Shibariumという独自のレイヤー2ネットワークを開発中であり、高速・低コストでの取引を実現することを目指しています。

柴犬コインは、ミームコインの中でも特に高い人気と成長性を持っており、投資家の中には柴犬コインをドージコインのライバルと見なしている人もいます。

2020年8月には1柴犬コイン(SHIB)あたり約0.00000001ドル程度の価値しかありませんでしたが、2021年5月には0.0000388ドルまで急成長し、約4000倍の価格まで上昇した通貨でもあります。

2023年には一時的に価格が下落しましたが、2024年に入ってからは再び上昇傾向にあります。

新NISA制度の学習システム

アルトコイン投資におすすめの仮想通貨取引所

アルトコイン_おすすめ

ここからは、アルトコインが取引できるおすすめの取引所をいくつか紹介していきます。

コインチェック

アルトコインとは

コインチェックの評価
総合評価
(4.5)
仮想通貨取引所名 Coincheck(コインチェック)
最低取引数量 500円~(BTCの場合)
出金手数料 407円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料/クイック入金:770円~/コンビニ入金:770円~
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.15XRP/ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 27(2023年10月時点)通貨
Coincheckのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所ではマイナー通貨の取扱いも多く最多
  • 光熱費の支払いでビットコインを受け取れるサービスがある
  • とにかくアプリが簡単で使いやすい設計になっている

コインチェックは2014年からサービスを開始しており、取り扱い通貨数が国内最大級の取引所です。

メインとなるアルトコインやなどを27(2023年10月時点)種類取り扱っており、取引画面が見やすく、すっきりとした画面から取引が行えます。

仮想通貨取引所を始めて利用する人の多くは、取引画面をみても実際にどこから取引を行えばいいのか、操作性で悩んでしまうことが多いです。

しかし、コインチェックは操作性に優れており、ヘルプページも充実している点が特徴です。

以下のようなメリット、デメリットが考えられます。

メリット
  • 使いやすいデザイン
  • Android iOS対応
  • 500円から取引可能 
  • クレカ支払い可能
  • 豊富な仮想通貨の取引をサポート
  • 取引手数料無料
  • NFT取引が可能
デメリット
  • 米ドルの入金で25ドルの手数料あり
  • 電話やチャットサポートなし

仮想通貨の取引を始める時はまず、口座を開設する必要がありますが、コインチェックはメールアドレスの入力ですぐにアカウント作成ができます。

また、取引にかかる手数料も無料なため、頻繁に取引をしても手数料が一切かかりません。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

DMMビットコイン

DMMbitcoin

DMMビットコインの評価
総合評価
(5.0)
仮想通貨取引所名 DMM Bitcoin
最低取引数量 0.0001BTC~(BTCの場合)
出金手数料 無料
手数料 無料(BitMatch取引手数料を除く)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 38通貨
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取引にかかる手数料が安い
  • 最短1時間で口座開設し、取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンを行っている

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨は38種類で、BATも取り扱っている貴重な国内取引所です。

最低取引単位は現物取引で0.01BCH、レバレッジ取引で0.10BCHです。

BitMatch注文では。現物取引が0.1BCHから、レバレッジ取引では1BCHからとなります。

仮想通貨取引手数料、日本円の入出金手数料、仮想通貨をほかの取引所に送る手数料などはすべて無料です。

口座開設は最短5分で完了し、スマホでスピード本人確認を利用すれば、口座開設申込後、最短1時間以内に取引が可能になります。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

以下のようなメリット、デメリットが考えられます。

メリット
  • 多数の仮想通貨をサポート
  • サポート体制が充実(7:00-22:00)
  • 独自のBitMatch注文が利用可能
  • レバレッジ取引が可能
デメリット
  • スプレッドが広い
  • 現物取引が少ない

DMMビットコインはPC版の取引ツールと、スマホ版の取引ツールがあります。

どちらも使い勝手がよく、仮想通貨取引をしたことがない人でも直感的に操作することが可能です。

パソコン版では1つの画面で注文やチャートの確認など、取引をするうえで必要な情報をすぐに確認することができ、自分の好きなようにカスタマイズできます。

スマホ版ではチャートを見ながらワンタップで取引を行うことができ、通勤中は隙間時間など、取引をタイミングを逃すことなく取引できます。

  • 抽選で400名にAmazonギフト券1,000円分が当たる!フォロー&RTキャンペーン
  • マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン
  • おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン
  • 新規口座開設完了で、全員にもれなく2,000円プレゼント!

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerの評価
総合評価
(3.5)
仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:各銀行所定額
クイック入金:330円~
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 21通貨
bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では豊富
  • ビットコインの取引量、6年連続No.1
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

多くの銀行でクイックデポジット機能が有効になっているため、クレジットカードまたは銀行振込で資金を入金できます。

bitFlyerには、以下のようなメリット、デメリットが考えられます。

メリット
  • 深い流動性により、公正な市場レートに近い価格で可能
  • 手数料は最大0.15%、取引量が多いほど低くなる
  • レバレッジ取引が可能
  • 高度な取引プラットフォーム
  • 日本ブロックチェーン協会によるプラチナセキュリティ要件を満たしている
  • ドルまたは円で暗号を購入する機能
デメリット
  • 1か月の上限を解除するには本人確認が必要
  • サポートは平日の午前9時半から午後7時半までのみ
  • 潜在的に高い取引手数料がかかる
  • 暗号通貨間の取引ペアはなし
  • 米国の50州すべてで利用不可

bitFlyerは最短即日の取引ができ、これから仮想通貨を始めようか迷っている人にもおすすめの取引所です。

また、bitFlyerは専用のアプリで手軽に仮想通貨取引を行うことができ、アプリで簡単にリアルタイムのレートをいつでも確認できるため、取引のタイミングを逃すこともありません。

アカウント開設は最短10分で終了し、簡単に誰でも始めることができるため、ぜひ始めてみてください。

bitFlyer


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)

bitFlyer

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

LINE BITMAX(PR)

アルトコインとは

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTCの6種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リンク(LN)

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

GMOコイン

GMOコイン_アルトコイン_おすすめ

GMOコインの評価
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 GMOコイン
最低取引数量 0.0001BTC(BTC/取引所の場合)
出金手数料 無料
手数料 取引所:無料・販売所(現物):無料(Maker -0.01% Taker 0.05%)
入金手数料 無料
送金手数料 無料
取り扱い通貨 18通貨
GMOコインのおすすめポイント
  • コールドウォレットなどを利用した安心のセキュリティ
  • ビットコインの海外取引所への送金が無料
  • 現物取引もレバレッジ取引も行っている

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

18種類の種類の通貨を取り扱っており、最短10分で口座開設ができるため、すぐにでも仮想通貨取引がしたい人にもおすすめの取引所です。

GMOコインには、以下のようなメリット、デメリットが考えられます。

メリット
  • 500円から取引可能
  • 多数の仮想通貨の取引をサポート
  • Maker -0.01%・Taker 0.05%の低い手数料
  • NFTプラットフォームリリース
  • 積み立て暗号通貨
デメリット
  • スプレッドが高くなる場合がある
  • 運営による取引規制がかかる場合がある

GMOコインは「販売所」「取引所」の両方をあわせもち、両方を採用している取引所は珍しいです。

また、GMOコインはセキュリティが高く、圧倒的に安全性が保障されています。

「三井住友海上火災保険」などとも提携を行なっており、万が一のサイバー攻撃にも対応しています。

そのため、「仮想通貨ってなんか怖い」「資産がなくなりそうで怖い」という人などにおすすめです。

  • 取扱銘柄数No.1記念 第2弾!暗号資産の購入で現金が当たる
  • 暗号資産の購入で毎日10人に1,000円が当たる
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる

bitbank

ビットバンク_アルトコイン_おすすめ

bitbankの評価
総合評価
(3.0)
仮想通貨取引所名 bitbank
最低取引数量 0.0001BTC~
出金手数料 550円~
手数料 無料
入金手数料 無料
送金手数料
取り扱い通貨 14通貨
bitbankのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄全てでレンディングサービスができること
  • アプリが誰にでも使いやすい設計になっている
  • 国内の仮想通貨取引所のなかでNo,1になったことも

ビットバンクは、2016年に開始された日本を拠点とする取引所であり、ビットコインセキュリティ専門企業「BitGo社」とも提携しています。

セキュリティの面でも比較的安全であり、スマホ・PC両対応で初心者にも上級者にも使いやすいデザインが特徴です。

ビットバンクには、以下のようなメリット、デメリットが考えられます。

メリット
  • 高いセキュリティ水準
  • iPhone android対応
  • 米国の投資家も利用できる
  • 豊富な仮想通貨の取引サポート
  • テイカーに0.15%、メーカーに-0.05%の業界最低水準の手数料
デメリット
  • クレカ使用不可
  • レバレッジ取引は不可

日本の多くの取引所ではアルトコインの売買をするためには、販売所経経由で取引を行うことになりますが、ビットバンクではアルトコインを販売所で購入することができ、土日を含めた24時間リアルタイムに入金が可能になります。

アルトコインに投資するメリット

アルトコイン_おすすめ

続いて、アルトコインに投資するメリットを紹介していきます。

これからアルトコインの投資を検討している人は、これらのメリットを参考にしてください。

大きな利益を狙える

アルトコインは、ビットコインと比べても1単位の価格が安いため、そこまで資金に余裕がない人でも大量の通貨量を購入することができます。

また、アルトコインは1日で10%~30%ほど大きく値上がりすることも多く、低価格の通貨を大量に購入しておくだけで、大きな値上がりによる利益を獲得することができます。

一方で、ビットコインはもうある程度成長しきっているため、大きな値上がりに期待ができません。

アルトコインは、それぞれの通貨で発展途上ということもあり、これからどんどん価格が値上がりしていくことに期待されています。

将来的に値上がりに期待できるアルトコインを見つけることができれば、少ない資金で数百万円~数千万円ほど利益を生み出すことに期待ができます。

ビットコインよりも優れている点が多い

アルトコインは、ビットコインよりも優れている点が多いというメリットがあります。

例えば、送金時間をみてみると、ビットコインの場合は送金に10分程度かかるのに対して、他のアルトコインでは2分~3分程度で送金が完了します。

アルトコインの一つであるライトコインは、ビットコインよりも約4倍速く送金が完了するため、取引も4倍速く処理できます。

仮想通貨の取引では、取引をするタイミング次第では利益と損失が大きく変わってくるため、送金時間が短いことは、仮想通貨取引において重要なポイントです。

他にも、アルトコインはビットコインよりも優れている点が多いため、近年注目されています。

それぞれのアルトコインに分散投資できる

アルトコインはそれぞれの通貨を購入しておくことで、分散投資できるというメリットがあります。

例えば、100万円分のビットコインを購入し、100万円が全て損失になってしまったとします。

この場合、-100万円となってしまいますが、アルトコインで20万円分を5つの種類に分けて購入していれば、損失を抑えた取引が可能になります。

仮想通貨取引の世界では、一晩で価格がいきなり下がってしまうことも多いため、分散投資できる点は投資家にとっても大きなメリットと言えるでしょう。

また、多少リスクがあっても一攫千金を狙いたい場合は、アルトコインの中でも「草コイン」と呼ばれる通貨に投資してみるのも良いでしょう。

新NISA制度の学習システム

アルトコインに投資するデメリット

アルトコイン_おすすめ
アルトコインに投資するメリットは多くありますが、それと同時にデメリットも存在します。

アルトコインに投資するデメリットは主に以下の3つです。

価格の乱高下が激しい

アルトコインに投資するデメリットの1つ目は、「価格の乱高下が激しい」ことです。

アルトコインは、ビットコインの価格変動に影響を受けやすいため、ビットコインが急落したり急騰したりすると、アルトコインもそれに連動して価格が大きく変動します。

また、アルトコインは時価総額が低いものが多いため、少量の売買でも価格に大きな影響を与えることがあります。

さらに、アルトコインは技術的な問題や開発者の不祥事、規制の動向などによっても価格が急変することがあります。

このように、アルトコインは価格の乱高下が激しいため、投資する際には常に市場の動向に注意する必要があります。

価格の乱高下が激しいということは、大きな利益を得るチャンスがあるということでもありますが、同時に大きな損失を被るリスクも高いということです。

アルトコインに投資する場合は、自分の資金力やリスク許容度に合わせて、適切な資金管理や損切りを行うことが重要です。

価格が上がりにくい銘柄も多い

アルトコインに投資するデメリットの2つ目は、「価格が上がりにくい銘柄も多い」ことです。

アルトコインは、ビットコインにはない特徴や機能を持っているものが多くありますが、その中でも実用性や将来性に優れたものは限られています。

アルトコインの中には、技術的に未熟なものや、開発者が放棄したもの、詐欺的なものなど、価値がないものも多く存在します。

このようなアルトコインは、市場からの需要が低く、価格が上がりにくい傾向にあります。

また、アルトコインはビットコインに比べて流動性が低いものが多いため、取引量が少なく、価格が安定しないこともあります。

アルトコインに投資する場合は、価格が上がりにくい銘柄には注意する必要があります。

価格が上がりにくい銘柄を見分けるためには、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

アルトコイン投資のチェックポイント
  • プロジェクトの内容や目的が明確であるか
  •  開発者やチームの信頼性や実績があるか
  •  パートナーシップや採用事例があるか
  •  コミュニティの活発さや評判が良いか
  •  取引所での上場状況や取引量が安定しているか

取引が中々成立しないことも

アルトコインに投資するデメリットの3つ目は、「取引が中々成立しないことも」あることです。

アルトコインは、ビットコインに比べて流動性が低いものが多いため、取引所での取引がスムーズに行えないことがあります。

流動性とは、市場での売買が容易に行える度合いのことで、流動性が高いということは、売りたいときにすぐに売れるし、買いたいときにすぐに買えるということです。

逆に、流動性が低いということは、売りたいときに売れないし、買いたいときに買えないということです。

アルトコインは、取引量が少ないものや、取引所での上場が少ないものが多いため、流動性が低くなりやすいです。

流動性が低いと、以下のようなデメリットがあります。

流動性が低いことによるデメリット
  • 売りたいときに売れないため、利益を確定できない
  • 買いたいときに買えないため、チャンスを逃す
  • スプレッド(売値と買値の差)が大きくなるため、取引コストが高くなる
  • 価格が不安定になるため、リスクが高くなる

アルトコインに投資する場合は、流動性の高い銘柄を選ぶことが望ましいです。

流動性の高い銘柄を見分けるためには、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

流動性の高い銘柄を見分けるポイント
  • 時価総額が高いか
  • 取引量が多いか
  • 多くの取引所で上場しているか
  • スプレッドが小さいか

アルトコインで将来性が期待できる銘柄の見分け方

アルトコイン_おすすめ

先ほど解説した取り、アルトコインは2,000種類以上あり、実際にどれが良いのか初心者には全く分かりませんよね。

アルトコインを購入する場合は、まずはそのコインに将来性があるかどうかを見極める必要があります。

将来性のあるアルトコインの見分け方

今後のビジョンが明確

これから伸びるであろう仮想通貨には、今後のビジョンが明確だという特徴があります。

アルトコインの種類によっては開発が進んでいない場合は、プロジェクトの内容が曖昧な通貨もあります。

また、プロジェクトを進める意志があっても、実際にプロジェクトが進んでいなければ意味がありません。

例えば、「スマートコントラクト(自動契約技術)」が導入される可能性があったり、将来的に評価されているものを選びましょう。

開発が進んでいる

アルトコインの中には、公式サイトやTwitterなどで開発の進捗状況を公開しているものがあります。

現在の開発状況をユーザーにしっかり伝えることで、そのコインが安全だということをユーザーに認識してもらえば、自然と取引量も増え、価格が上昇していくことに期待ができます。

時価総額

時価総額は非常に需要な指標です。

時価総額とは、簡単に説明すると「アルトコインが現在どのくらいの規模で取引がされているか」を表している数字です。

仮想通貨の取引をしたことがない人はあまりピンときていない人も多いと思いますが、時価総額が高いということは、取引量が多く、自分と同じようにそのアルトコインに注目している投資家が多いということが確認できます。

目安としては、時価総額が100億円程度あるアルトコインを購入すると良いでしょう。

また、時価総額が数億円のアルトコインがいきなり価格上昇して、何十倍にもなることはありますが、その分リスクが高いため、投資初心者にはおすすめしません。

新NISA制度の学習システム

アルトコイン投資の注意点やリスク

アルトコイン_おすすめ
アルトコイン投資を行うことには大きなリターンを得られる可能性があります。

しかし、アルトコインに投資する際には、以下のような注意点やリスクも把握しておく必要があります。

余剰資金で取引を行う

アルトコイン投資の注意点やリスクの1つ目は、「余剰資金で取引を行う」ことです。

アルトコインは、価格の乱高下が激しいため、投資する際には生活に必要なお金や借金などを使わずに、余裕のある資金で行うようにしましょう。

また、投資金額は自分の許容範囲内に抑えることが大切です。 一攫千金を狙って大きな金額を投入しても、万が一価格が暴落した場合には、大きな損失を被ることになります。

投資初心者の方は、まずは少額から始めて、市場の動きや自分の感情のコントロールに慣れることがおすすめです。

注目されず値段が上がらないことも

アルトコイン投資の注意点やリスクの2つ目は、「注目されず値段が上がらないことも」あるということです。

アルトコインは、ビットコインに比べて知名度が低いため、注目されるきっかけがないと価格が上昇しないまま放置されることもあります。

例えば、プロジェクトの開発が遅れたり、競合他社に押されたり、メディアや有名人に取り上げられなかったりすると、需要が減って価格が低迷する可能性があります。

そのため、アルトコインに投資する際には、そのコインの将来的なビジョンや開発状況、時価総額などをチェックして、期待できる銘柄を選ぶことが重要です。

また、価格が上がらないからといって、焦って売却するのは避けましょう。

長期的な視点で投資することで、将来的に価格が上昇する可能性もあります。

海外仮想通貨取引所には注意が必要

アルトコイン投資の注意点やリスクの3つ目は、「海外仮想通貨取引所には注意が必要」であるということです。

アルトコインは、国内の仮想通貨取引所では扱っていない銘柄も多くあります。

そのため、海外の仮想通貨取引所を利用することになる場合もあります。

しかし、海外の仮想通貨取引所には、規制が緩いためハッキングや詐欺の被害に遭うリスクが高いというデメリットがあります。

例えば、2019年には、ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia」がハッキングにより約30億円相当の暗号資産を盗まれる事件が発生しました。

また、2020年には、シンガポールの仮想通貨取引所「Bitpoint」が詐欺の疑いで捜査を受ける事件が発生しました。

そのため、海外の仮想通貨取引所を利用する際には、その取引所の信頼性やセキュリティ、手数料などを事前に調べてから利用するようにしましょう。

また、海外の仮想通貨取引所で購入したアルトコインは、自分で管理できるウォレットに移動させることもおすすめです。

ウォレットとは、暗号資産を保管するためのデジタル財布のことで、ハードウェア型やソフトウェア型などがあります。

アルトコインのおすすめまとめ

今回はアルトコインの基本情報から、数あるアルトコインのなかから厳選したおすすめのアルトコインなどについて詳しく解説してきました。

これからアルトコインを保有して取引する場合は、どのアルトコインを保有するかどうかを事前にチェックすることが大切です。

特にイーサリアムやリップルは保有している投資家も多く、将来性があるアルトコインです。

また、仮想通貨の取引を経てある程度知識や経験を積んだら、草コインについても情報を集めてることをおすすめします。

まだ口座も開設していないという人は、こちらで紹介した取引所で口座開設から進めてみてください。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分
新NISA制度の学習システム

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券