FXを少額から始められる口座ランキング|初心者が少額から始めるべき理由

これからFXを始めようと思っているけど、いくらから始めればよいの?

といった悩みを持つ方はとても多いと思います。

最初から、利益を出したいけど損失を出すのは怖いもの。

できれば、リスクは最小限にFXを始めたいですよね?

FX初心者が取引をはじめるには、まず少額から始めるのが鉄則です。

デイトレードなども活用しながら、少額でとりあえず初めてみるというのが成功の第一歩。

この記事では、少額からFXをはじめるのに最適なFX口座をランキング形式で紹介しています。

まず、少額から初めて、実戦経験を積みながらどんどんステップアップしていきましょう。

FXの少額取引はいくらから可能?

FXの初期費用は、通貨単位によって決まります。

多くのFX会社の最低取引単位は1,000通貨、10,000通貨の場合が多く、初期費用が異なります。

たとえば、1ドル100円の場合、1000通貨だと約4,500円、10,000通貨であれば45,000円の初期費用がかかります。

ただ、証券会社の中には、通貨単位が1通貨に設定しているところもあり、100円からFX取引をすることが可能です。

初心者の場合は、最初は取引の感覚をつかむために、少額から取引をはじめていきたいという人が多いでしょう。

そのような場合は、1通貨単位から取引可能な松井証券FX(MATSUI FX)を選んでおけば間違いないでしょう。

まずは、少額で実戦経験を積んでから少しずつ投資額を増やしていくのがFXの失敗しない方法です。

FXの少額取引におすすめな口座ランキング

少額取引で取引ができるFX口座をランキングで紹介します。

通貨単位が少ないものから、スプレッドが狭いもの、さらには約定力が高いものなどFX口座を選ぶには様々な指標がありますので、自分に合った口座を選びましょう。

1位:MATSUI FX(松井証券)

松井証券のFX(MATSUI FX)は、1通貨単位(100円)からFX取引が可能です。

また、レバレッジも自由に設定できるため、普段レバレッジをかけて取引する方にも魅力的なFX口座です。

松井証券のFX(MATSUI FX)は、スプレッドも業界最狭水準で通貨ペアも全20種類と豊富なため、利益が出しやすく、初心者にもおすすめの証券会社です。

MATSUI FXの基本情報
最小取引単位 1通貨
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.1銭
通貨ペア 20通貨ペア

公式サイトはこちら

2位:マネーパートナーズFX

マネーパートナーズFXは100通貨単位からFX取引をはじめることができるFX会社です。

ドル/円なら約500円で取引ができるので、少額から始めたい人におすすめです。

また、「約定力」が高いことも特徴で、約定した時の価格で取引が成立するため、前後のズレ(スレッページ)も最小限に抑えられています。

それに、取引ツール「HyperSpeed NEXT」も高機能で優秀なツールで、カスタマイズ性が優れていて業界トップレベルの使いやすさを誇ります。

マネーパートナーズFXの基本情報
最小取引単位 1通貨
スプレッド 米ドル/円:0.3銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.7銭
通貨ペア 24通貨ペア

公式サイトはこちら

3位:LINE FX

LINE FXは2019年からサービスを開始した新しいFX会社で、LINEアプリから取引ができることが強みのFX会社です。

LINEを使ったことがある人であれば、簡単にLINEでトレードができ、FXの重要情報もLINEで通知してくれるため、若者や初心者にも人気です。

また、1,000通貨という少額からも取引ができるのも、LINE FXの特徴です。

LINE FXでは現在、新規口座開設と取引1回で5,000円キャッシュバックされるキャンペーンを行なっています。

LINE FXの基本情報
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
通貨ペア 23通貨ペア

公式サイトはこちら

4位:LIGHT FX

LIGHT FXは、高金利通貨に強いことが特徴のFX口座です。

通常、高金利通貨の取引は、10000通貨単位からという会社が多いですが、LIGHT FXは1000通貨という少額から取引できるため、高金利通貨を狙いたい方にはおすすめのFX口座です。

また、スプレッドも狭いことでも有名で、約定率も高いことから、総合力が高いFX口座と言えるでしょう。

LIGHT FXの基本情報
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭
通貨ペア 29通貨ペア

公式サイトはこちら

5位:みんなのFX

みんなのFXは、1000通貨単位という少額からも取引ができるFX口座です。

通常、1,000通貨他にで取引ができるFX会社はスプレッドが広くコストが高かったり、別途取引手数料がかかることもあります。

みんなのFXはスプレッドも最狭レベルで、売買手数料もかからないことから少額から始めたい初心者におすすめのFX証券会社です。

また、業界最高水準とスワップポイントも高いことから、調子投資を考えている人にもおすすめといえます。

また、通貨ペアも27通貨ペアのため取引の幅も広がります。

みんなのFXの基本情報
最小取引単位 1通貨
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.8銭
通貨ペア 27通貨ペア

公式サイトはこちら

6位:外為どっとコム

外為どっとコムの最大の特徴は各種手数料が0円で取引コストが安いということです。

また、取引も1,000通貨単位から可能で、スプレッドも業界最狭水準を誇ります。

1000通貨単位に取引コストが安いため、少額から始めたい初心者にも大変人気のFX口座です。

また、FX情報も豊富で、「外為情報ナビ」と呼ばれる情報コンテンツでは、外国為替ニュースやアナリストレポートなど多くの情報を提供してくれます。

外為どっとコムの基本情報
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド 米ドル/円:0.1銭
ユーロ/円:0.3銭
ポンド/円:0.6銭
通貨ペア 28通貨ペア

公式サイトはこちら

FX初心者が少額取引から始めるべき理由4つ

初心者がFXを始める場合は、最初は少額からはじめるのがポイントです。

ここでは、少額取引からはじめるメリット4つを紹介します。

FXを少額で始めるべき理由
  •  手軽に始められる
  • 損失を出した時のダメージが小さい
  • FX取引の実戦経験を積める
  • 余裕のメンタルで取り組める

手軽にはじめられる

FX初心者の場合、少額取引からはじめて徐々に取引実績を積んでいくのが成功への近道です。

たとえば、松井証券(MATSUI FX)なら1通貨単位からはじめることができるのでリスクは非常に低いです。

最近では、1,000通貨単位から取引をはじめられる会社も増えてきており、手元資金が4,000円もあれば、気軽にFXを始めることができます。

この手軽さが、少額取引の最大のメリットとなります。

損失を出した時のダメージが小さい

少額での投資の場合、利益も少ない代わりに失敗しても損失を少なく抑えることができます。

たとえば、100万円で取引を行った場合には、10%の損失が発生すれば、10万円の損失が出てしまいます。

ところが、1万円の取引であれば、わずか1,000円の損失で済むということです。

損失によるダメージは、FX初心者の場合は特に心配になるリスクなので、少額で手軽に始めるのは大きなメリットになります。

FX取引の実戦経験を積める

FX取引をはじめるには、デモトレードというものもありますが、実際にお金を投資していないことから緊張感がなく、あまり実践的ではありません。

少額で取引をはじめると、リアルにFXの楽しさや面白さも経験でき、実践での経験を積んでいくことが可能です。

少額であっても、資金と投じるために、緊張感を持ちつつも、限りなく損失も少なくて済むので、より多くの取引経験を積むことができ、為替変動などを予想したりして、FXで必要な「勘」を鍛えることができます。

また、実際に取引をすることで、取引ツールの使い方や注文方法に慣れることができるというのもメリットのひとつです。

余裕のメンタルで取り組める

FXをはじめるには、余剰資金ではじめるのが一番良いと言われます。

その理由は、余剰資金であれば心理的に追い詰められることがなく、冷静な判断で取引を行うことができるからです。

FXでは、メンタルの影響が非常の多く、感情的になると損失をなかなか確定させられなかったり、利益がでるとすぐに確定してしまうなど、不利な取引をつい行ってしまいます。

少額での取引の場合なら、余剰資金のように、余裕のあるメンタル状態で取引を行なえるため、冷静な判断ができます。

少額でFX取引ができる口座の選び方

少額で取引するための口座を選ぶには、いくつかの選択基準があります。

ここでは、口座を選ぶための3つの基準を紹介します。

少額取引ができるFX口座の選び方
  • 通貨単位で選ぶ
  • デモトレードできる口座で選ぶ
  • 取引ツールの利便性で選ぶ

通貨単位で選ぶ

少額で取引できる口座を選ぶには、取引単位が小さいFX口座を選びましょう。

1通貨単位や1,000通貨単位であれば、通常の10,000通貨で取引する場合に比べ10分の1の資金で取引することができます。

たとえば、10,000通貨だと5万円が必要な場合でも、1,000通貨であれば5,000円で取引が始められるということです。

このように、取引単位が小さいFX口座を選べば、少額から手軽にFXを始めることが可能です。

通貨単位の小さいFX口座
  •  MATSUI FX(1通貨)
  • マネーパートナーズFX(100通貨)

 

デモトレードできる口座で選ぶ

デモトレードは、架空のお金で実際にFXを体験することができます。

FX取引をはじめるには、各FX会社の取引ツールを使う必要があり、その操作を覚えたり、注文方法を試してみるのに向いています。

デモトレードはあくまでも、デモなのでリスクは0なので、一度試しておくと良いでしょう。

FX会社を選ぶには、デモトレードができるFX口座を選ぶようにしましょう。

取引ツールの利便性で選ぶ

各FX会社では、スマホやPC向けに複数の取引ツールを提供しています。

スマホ、PC、タブレットなどのデバイス別や初心者向け、上級者向けなど利用者のスキルによって複数ツールを提供しているFX口座もあります。

取引ツールの使いやすさは、実際の取引に少なからず影響を与えてしまいますので、自分の使い方に合った、相性の良い取引ツールを提供している口座を選ぶようにしましょう。

少額でFX取引をするコツ

少額でFX取引をする際に知っておきたいコツを紹介します。

少額でFX取引をするコツ
  • デモトレードは最初にしておく
  • 取引と勉強を両立させる
  • 「ポジポジ病」にならないようにする

デモトレードは最初にしておく

少額で取引する前に、デモトレードで実際の取引を体験しておくことも大切です。

デモトレードでは、リスク0で取引ツールの使い勝手を覚えたり、注文をすることができるのでおすすめです。

ただ、口座にお金が入っていないため、実際の取引のような緊張感は体験することはできません。

デモトレードは、取引ツールの感触をつかむために利用し、まずは少額から実際に取引をはじめてみることが重要です。

取引と勉強を両立させる

少額取引では、大きな利益を得ることができない代わりに大損することもありません。

つまり、色々なことを勉強し、様々な手法を試すことができる絶好のチャンスです。

たとえば、投資額を増やすことを前提にテクニカル指標の見方を勉強したり、自分なりの損切ルールを試してみたりすることもできます。

このように、少額取引では、取引と勉強を両立させることができる良い機会です。

「ポジポジ病」にならないようにする

ポジポジ病というのは、「常にポジションを持っている状態」のことを指していて、
自分のトレード計画や分析を無視してポジションを持ってしまうことを指します。

当然のことながら、自分が立てた計画やセオリーを無視してポジションを持ってしまうので損失が発生する確率も高くなります。

「ポジポジ病」は常にポジションを保有していることで、通貨ペアを持っていないと落ち着かないという状態です。

FXでは、注文を行いまだ決済を行っていない未決済の状態のことを「ポジションを持っている」と言います。

少額での取引の場合、その手軽さからついポジションを注文してしまいがちですが、ポジションを持ったまま放置すると、相場が大きく変動した場合、いつしか大きな損失が発生してしまうことがあります。

そこで、ある程度損がでた段階で損切り注文を入れるなどして、ポジションは必要な時だけ保有するようにしておくべきです。

少額でFX取引する時の注意点

少額取引でも注意しておきたいポイントがあります。

取引が少額だからこその注意点なので最初に良く理解しておきましょう。

少額でFXをする時の注意点
  •  少額なので利益が少ない
  • ロスカットされやすい
  • 投資感覚を磨きにくい

少額なので利益が少ない

少額でFXの取引を行う場合は、原資が少ないため得られる利益は非常に少ないことを覚悟しておきましょう。

少額での取引は、損をするリスクが少ない代わりに、利益を得られる可能性も低いです。

あくまでも、少額のFX取引は、FXの練習と割り切り、ここで経験を積んだ上でしっかりとした取引に移行しましょう。

ロスカットされやすい

少額でのFX取引で注意しておきたいのが、ロスカットです。

ロスカットとは、証拠金以上の損失がでた場合に、強制的に損失が確定されてしまうことをいいます。

少額の場合は証拠金が少ないため、少しの相場の変動ですぐに証拠金を上回る損失が発生してしまいます。

特にレバレッジをかけている場合には、ロスカットされやすいことを覚えておきましょう。

もし、もう少し継続して取引を続けたい場合には、証拠金を増やすかレバレッジを下げるなどの対処が必要です。

投資感覚が磨かれない

FX取引は、投資ですから、相場次第では利益が出る場合もあれば、大損する場合もあります。

ところが、少額でFXを始めた場合には、あまり緊張感もなく、投資しているという間隔が磨かれないという状態になりがちです。

FXをこれから始めるためには、少額でも緊張感を持って、損小利大を意識しながら取引を行うようにしましょう。

少額でFX取引を始める手順

少額でも、取引をはじめるためには口座開設や証拠金の入金などの準備が必要です。

ここでは、少額でFX取引を始める手順を順序だてて解説します。

少額でFXを始める手順
  •  口座開設
  • 証拠金の入金
  • 取引開始

口座開設

FX取引を始めるにあたり、最初に行うのが口座開設です。

口座がなければ、いくら少額といっても取引を行うことはできません。

どのFX会社でも口座開設は無料なので、以下の手順でまず、口座を開設しましょう。

1.FX口座を選ぶ

最初に数あるFX口座から自分に合ったFX会社を選びます。

2.FX会社のサイトにアクセスする

選んだFX会社のサイトにアクセスすると、新規口座を開設するためのボタンが必ずありますので、そこをクリックします。

3.基本情報を入力

口座登録フォームにしたがって、基本情報を入力します。
FX口座で必要な情報は、「氏名」「電話番号」「個人情報」「金融資産の額」などです。

4.書類提出

書類を提出といっても、郵送で行うのではなく、オンライン上で本確認書類とマイナンバー確認書類を提出します。

これらの書類はスマホで撮影した上で、サイト上にアップロードします。

5.審査

口座開設の申込みをすると、審査という行程に移ります。

ここで、問題がなければ審査が通りますので、連絡があるまで待ちます。

6.口座開設完了

審査に通過したら口座開設は完了です。

証拠金の入金

口座が開設されたら、証拠金を入金します。

証拠金の金額は、まずは少額取引をするだけを入金しておけば大丈夫ですが、ロスカットなどのことを考えて少し多めに入金しておくことをおすすめします。

また、取引を行うための取引ツールのインストールもここで行います。

スマホ用、PC用とデバイスごとに分かれているので間違えないようにインストールしましょう。

取引開始

ここまでの手順がすべて完了したら、いよいよ取引を開始することができます。

好みの通貨ペアを選んで、実際に注文してみましょう。

お疲れさまでした。ここまでの手順がすべて完了したら、いよいよ取引開始です。

最初は米ドル/円などからはじめてみると良いでしょう。

少額からできるFX:まとめ

以上、少額からFX取引を始めるメリットや、口座の選び方、おすすめのFX口座ランキングについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

FXというと難しく、最初は大損するのでは?と思われている方も多いようですが、少額からはじめることによって、損をするリスクを減らしながら、FX取引に慣れていくことができることがお分かりいただけたかと思います。

特に初心者の方は、まずは少額からはじめることを強くおすすめします。

デモトレードとは違い、緊張感をもって取引ができ、着実に実績や経験を身に付けられるので非常におすすめです。

少額FX|まとめ
  • FXの少額取引は極端な場合100円でも可能
  • 1通貨単位からはじめられる松井証券(MATSUI FX)がおすすめ
  • 少額取引だから損失を出したときのダメージが少ない
  • FX口座を選ぶには通貨単位が少ない会社を選ぶ
  • 少額取引では少ない利益しかだせないので次のステップのための勉強ととらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です