プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 暗号資産リップル(XRP)裁判で米SECに一部勝訴|仮想通貨最新ニュースをまとめて解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

暗号資産リップル(XRP)裁判で米SECに一部勝訴|仮想通貨最新ニュースをまとめて解説

リップル裁判_アイキャッチ画像

リップルって裁判で提訴されているって本当?

リップル裁判に負けることを考えたらリップルは買わない方がいい?

といった疑問を抱えている人も多いでしょう。

実際に現在SEOと裁判を起こしているのは事実で、今後の動向について気になるところですよね。

7/13、ついに裁判が決着しました。

詳細は裁判結果の章でまとめているので、リップルの裁判事情や現在の最新ニュース、リップルが今後値動きするポイントなどについて詳しくみていきましょう。

この記事でわかるリップル裁判のこと
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー 飯田道子さん
銀行勤務の後、FPとして独立。日本FP協会CFP資格を取得。CFP資格を取得して20年を超えて日本FP協会から表彰を受ける。現在はファイナンシャル・プランナーとしてライフプランニングや家計診断を通して老後資金の対策、節約術などの提案、海外暮らしなどの分野のアドバイスを行っている。
飯田道子さんの公式サイトはこちら

⬇︎こんな記事がおすすめ

イーサリアム(ETH)の今後がヤバい…!最新の見通し・価格予想まで完全解説
【最新】リップル(XRP)が今後やばい!価格暴落の真相と将来性の予想を徹底解説!
ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説
仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較20社ランキング【初心者向け】手数料・スプレッドで徹底比較

注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

リップル(XRP)裁判の裁判結果は一部勝訴

リップル裁判-結果

7月13日、3年にわたるリップル(XRP)とSEC(米証券取引委員会)の裁判結果はリップルの一部勝訴となりました。

裁判結果が出ると、リップル(XRP)の価格は数時間で70%以上も上昇し、可能性を信じていた人にとって嬉しい結果となりました。

リップル_価格

出典:bitFlyer

また、この結果が仮想通貨市場にもたらす影響は大きいとのリップル(XRP)のCEOであるガーリングハウス氏はツイートしています。

翻訳すると、以下の通りです。

私たちは2020年12月に、私たちは法律の正しい側におり、歴史の正しい側にいるだろうと話していた。今日の決定に至るまで協力してくれたすべての人に感謝します。この決定は、米国におけるすべての暗号通貨の革新のためのもので、今後も恩恵をもたらすだろう。

つまり、仮想通貨市場は今後より市場拡大に向けて期待ができるかもしれません。

その他の銘柄でも裁判結果が出ると価格が急騰する可能性があります。

まずは、少額からでもリップルや注目銘柄を保有してみてはいかがでしょうか。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

リップル(XRP)とは

リップル裁判

リップルとは送金ネットワークを提供するアメリカの企業が提供し、ネットワーク内で使用できる仮想通貨がリップルです。

主に国際送金に特化して開発され、2024年2月現在40カ国、300以上の金融機関が参加しており、さまざまな国で注目されている仮想通貨です。

銀行を持たずに海外への送金も自由にでき、送金速度やコスト低い点がリップルの大きな特徴です。

これからも引き続きリップルネットワークの参加企業が増えればもっと国際送金システムとして活用されることでしょう。

中央集権型の仮想通貨

リップルはリップル社が管理しており、管理・運営を行う企業型の中央集権型の仮想通貨です。

ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨は分散型であるのに対して、リップルは中央集権型の仮想通貨ということもあり、万が一トラブルが起きてしまった場合でも責任の所在が明確です。

通貨の管理はこのRipple Incが責任を持って実施しています。

ただし、内部不正や管理者の都合で取引が停止になるリスクもあります。

高い性能を持ったブリッジ通貨

リップルは取引にかかる手数料が低く、取引にかかる時間も数秒で完結します。

ブリッジ通貨は2つの通貨をつなぐ橋渡し的な役割を果たす通貨を指し、国際送金を主な活用方法として使われます。

従来の国際送金では中継する銀行が必要になるため、手数料が多くかかり、送金するにも1週間程度時間がかかることも多いです。

しかし、リップルのようなブリッジ通貨を使用すれば手数料を安く抑えることができ、手続きもよりスピーディーに行うことができます。

送金スピードが速く手数料も安い

リップルは海外に送金する場合に、日本円から海外の通貨に換金する手間ほとんどなく、手数料が安いという特徴もあります。

例えば、ビットコインの送金にかかるコストは$1.88ですが、リップルは$0.0004です。

このように、数字で見ると他の通貨と比べると大きな差があります。

送金速度もビットコインだと45分程度かかるのに対して、リップルは約3秒で完了します。

国内取引所から海外の取引所にリップルを送金する時も、すぐに着金を確認できます。

発行上限に達している

リップルの発行上限枚数は1,000億枚で、現在既に1,000億枚を全て発行済みです。

現在全てのリップルが市場に出回っており、今後枚数が増えることはありません。

ですが、リップルは手数料として使用されると、リップルの枚数は減ります。

これにより、リップルの需要が高くなり、価格上昇に期待できるということです。

リップルは他の仮想通貨と比べても発行上限枚数が多いですが、少しづつながらも確実にリップルの希少性は高まっています。

リップル(XRP)の最新裁判事情

リップル_裁判

7/13に裁判結果が出て、リップルの勝訴となりました。

しかし、リップルがSEOに提訴され、現在裁判中になっている理由はご存じでしょうか?

リップルは2020年の12月にSEOに提訴され、その理由は「リップル社がリップルを未登録証券として販売していた」という理由です。

この裁判の争点は「仮想通貨であるリップルが有価証券に該当するのか」という点で、2024年2月現在も裁判が続いています。

そのため、現在リップルを保有している人や、これからリップルの取引を始めようと考えている人は、裁判の訴訟内容や速報をチェックして柔軟に対応していく必要があります。

万が一裁判で「リップルは有価証券」と判断された場合は今後米国で有価証券として扱われることになるため、株式と同じような規制を受けることになるでしょう。

そうなってしまうと、現在の価格から大きく下落してしまう可能性があるため、売却タイミングを図ることが重要なポイントです。

これまでの経緯

リップル社とSECが裁判に至ったこれまでの経緯について簡単に表にまとめたので参考にしてください。

日付 内容
2020年12月23日 SECがリップル社を提訴
2021年1月28日 XRP投資の損失訴える集団訴訟
2021年1月29日 リップル社が提訴受け反論を提出
2021年2月29日 SEC側が修正訴状を提出
2021年3月2日 マネーグラムに対する集団訴訟
2021年3月3,4日 リップル社CEOら、米SEC修正訴状の一部取り下げを求める
2021年3月5日 SECの修正訴状に100ページの反論文の提出
2021年4月6日 裁判官がSECに証拠開示手続きを要求
2021年5月7日 裁判所が米SECへ証拠開示を要求
2021年8月5日 裁判所が米SECへ証拠開示リップル社によるバイナンス関連の資料を求める要請が裁判所に認められた。
2021年8月27日 裁判の延長
2022年3月11日 ・SECのフェアな通知の防御を却下
・個人による訴訟の取り下げを却下
2022年4月11日 SECの申し立てを却下
2023年6月13日 ヒルマン文書公開

SEC側の主張

SEC側の主張では、リップル社が発行したリップルは「ハウイ基準」に示された①資金の出資②共同事業③収益の期待④収益獲得がもっぱら他者の努力によること、という4つの要件を満たしており、「証券」の一つである「投資契約」に該当すると主張しています。

投資者に対してリップルを購入することで何かしらの収入が得られるこのに期待ができるビジネス上の成果が達成されたことを受けて、リップル社を提訴しています。

参照:「NRI コラム

リップル社側の主張

一方でリップル社側はリップルは投資契約に該当しないため、証券ではないと主張しています。

実際に2018年6月に行われたウィリアム・ヒンマン企業金融局長による講演の中で、もともと発行者が明確に存在するとは言えないビットコインの例もあり、登録届出が必要な証券とは言えないと法解釈を表明しています。

また、リップル社は米メディアCNBCに対して、「訴訟は非常にうまくいっており、約15か月前に始まったときに私が予期していたよりも、ずっとうまくいっている」とコメントしており、裁判が決着するまでにはまだ時間がかかるとも述べています。

Trangloとの提携

リップル社は2021年にアジア企業であるTrangloの株式を取得し、リップルを活用することによる送金コストの解決を図っています。

これが実現されることになれば、リップルを使った決済が生活の一部として使われることが増え、より今後に期待ができると言えるでしょう。

リップル(XRP)裁判はどっちが有利?

2年以上続いているリップル裁判ですが、2022年後半から少しずつリップル社有利な方向に動いています。

アメリカの裁判には「アミカス・キュリエ(amicus curiae)」という、第三者の意見を聞く制度がありますが、アミカス・キュリエ(amicus curiae)でリップル社が有利になるような声が次々と出ています。

これが2022年11月に認められて、裁判はリップル優勢のまま勝訴で終わる可能性が高まっている状況です。

ヒルマン文書公開

リップル裁判の勝敗を左右するとも言われているヒルマン文書が、6月13日に一般公開されました。

13日はリップルの価格が乱高下しています。

公開された文書がリップル社の主張を確実に証明するものではありませんが、SECがビットコインの後に誕生した暗号資産の規制について明確な方針を持っていたわけではないことを示しています。

新NISA制度の学習システム

リップル(XRP)の今後は?これまでの価格推移

リップル_裁判

リップルを保有している人からすると、リップルの今後の価格動向について気になりますよね。

今後のリップルの価格を分析するには、これまでの価格推移から分析することが大事です。

そこで、ここではリップルのこれまでの価格推移を振り返ります。

2014年3月~

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2014年3月から2016年にかけては、リップルが市場に登場してからまだ世界中に認識されていない時期です。

ほとんど買いの注文がない状態で、低価格で推移しています。

この時期は仮想通貨全体の知名度がほとんどなく、当然の結果と言えるでしょう。

リップルは他のビットコインやイーサリアムよりも知名度が劣り、開発から10年以上経ってからようやく認知度が高くなり始めました。

2014年~2016年の知名度がない状態の時でも、リップル社は数多くの提携先を確保しており、特徴的な仕組みを導入しています。

2014年11月〜2014年12月

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2014年11月〜2014年12月にかけては、アメリカン・エキスプレス社との提携も視野に入れたことで、一時的に価格が高騰しました。

この高騰は1ヶ月程度続き、海外送金分野の市場規模に可能性を感じた多くの投資家がリップルを購入したと考えられています。

また、2017年の4月には日本で改正資金決済法が施行され、仮想通貨投資への注目が集まったことで、市場全体の価格が上昇しています。

この時期にリップル投資を始めたと投資家も多く、リップル投資家によって話題となる価格変動の時期です。

2016年3月~2018年8月

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2016年3月~2018年8月のこの時期はリップルのチャートも少しずつ変化しています。

価格高騰が始まったのは2017年11月ころで、暗号資産市場全体も盛り上がっています。

このころはビットコインを中心に、イーサリアムやリップルなどの銘柄を買いに走る投資家が多く、リップルの価格が上がっている時期です。

ただし、リップルの機能や技術重視で、リップルに可能性を感じた投資家を中心に購入しかからこその値動きではありません。

2018年2月〜2018年3月

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2018年2月〜2018年3月のリップルは2017年から続いていた価格高騰から、下落が始まり出した時期です。

2018年に入ると、仮想通貨への投資熱が冷めてきた投資家からの大量売却が影響して、仮想通市場全体で細かい価格変動が起きています。

2018年8月~2019年8月

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2018年8月~2019年8月は大きな価格変動はなく、リップルの価格は安定しています。

ビットコインなどの他の通貨では価格変動が起きているものの、リップルは比較的安定しています。

短期間でみれば、小さな価格変動が続いているものの、そこまで気になる大きな価格変動はありません。

それでも、リップルの送金スピードや手数料の安さ、技術は確実に世界中に広がっており、信頼性を確実に高めていることは間違いありません。

~2020年12月

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2019年~2020年は仮想通貨市場全体の低迷時期です。

2019年~2020年は全体的に下落トレンドに入り、リップルだけでなく他の銘柄も同じように価格が下がっています。

リップルに価格は、この時期に0.14ドル(約20円)まで下がっています。

ただし、リップルはこの時期にも多くの企業と提携を結び、実用化への動きを進めています。

この時期はリップルの信頼性が無くなったというわけではなく、市場全体が低迷している時期です。

2021年

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2020年12月23日に、リップルが有価証券登録をしていなかったとして、リップル社がSECから提訴されました。

これにより、価格は50%以上も下落しています。

2021年は仮想通貨バブルの時期でもあり、ビットコインやイーサリアムなどの他の通貨の価格は上昇しています。

これにより、50%以上価格が減少した後に、リップルの価格も上がって一時期1.8ドルまで上昇しています。

ですが、50%以上下落したことは大きく、過去最高の3~4ドルにはほど遠い結果となっていることも事実です。

2022年

リップル_裁判

出典:CoinMarketCap

2022年は仮想通貨市場全体が下落トレンドとなっています。

2022年はロシアウクライナ情勢や新型コロナウイルス、TerraUSDの大暴落、金融引き締めなどのさまざまな要因から、市場全体の低迷時期が続いています。

他の仮想通貨と同様に価格上昇のきっかけが見えずに、厳しい状態が続いています。

直近1ヶ月

リップル 裁判

出典:CoinMarketCap

仮想通貨市場全体が下落していた2022年でしたが、2023年3月半ばあたりから価格は安定しています。

大きな上昇ではないものの、4月〜7月にかけて50円を下回ることは現在ありません。

6月には70円を超えているため、今後さらなる上昇に期待できます。

もう時期、裁判の結果が明らかになるため、多少安くなっている今が買い時だとも言えるでしょう。

リップル(XRP)の値動きに期待ができるポイント

リップル_裁判

続いて、今後リップルの値動きに期待ができるポイントについて詳しく紹介していきます。

Paypalとの提携

Paypalは2021年の11月に新アプリとして仮想通貨オンライン決済をスタートしました。

現在はビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨がPaypalに対応していますが、ここにリップルが追加されれば今後価格が上がることに期待ができます。

2024年2月現在ではPaypalへの追加の情報はありませんが、今後に注目しておきたいポイントです。

全てのリップルが発行済み

現在リップルは全て発行されており、数に限りがあります。

今後は需要が増えれば発行枚数が増えたり、リップルの価格が上がったりなどの期待ができます。

ビットコインのように少しずつ承認作業が行われることもないため、需要が増えれば増えるほどどんどん価格上昇に期待ができると言えるでしょう。

Googleの子会社からの支援

リップルは現在Googleの子会社である「Google Ventures」から支援を受けています。

リップル社は早い段階からGoogle Venturesから支援を受けており、世界的な企業であるGoogleの子会社からサポートを受けていることから、期待度が高い銘柄だとされています。

今後もGoogle以外の大手企業からのサポートを受けることができれば、今よりも数倍近く値上がりすることになるでしょう。

アジア圏内でのリップルの活用

リップルは近年アジア圏内を中心に普及しており、将来に期待ができる銘柄として認知されています。

特にアジア圏内は全ての州の中で最も人口が多いとされており、人口の多いアジア圏内でリップルが今後も普及し続ければ価格高騰に期待ができます。

新NISA制度の学習システム

リップル(XRP)裁判に負けてたらどうなっていた?

リップル_裁判

リップルが今後の値上がりに期待されているのは分かったけど、実際に裁判中という点が引っ掛かる・・・

と思う人も多いでしょう。

約3年続いているリップル裁判は2023年7月13日に判決が出て、リップルの一部勝訴となりました。

ここでは、もしもリップルが裁判に負けてしまった時に起こり得ることを紹介します。

リップルが裁判に負けてしまうと・・・

リップル社によるリップルの売却

裁判に負けてしまうと、リップル社によるリップルの売却が起こる可能性があります。

リップル社は現在発行している枚数の半数以上を保有しており、これらが全て売却されてしまうと価格が大幅に下落してしまう可能性が高いです。

また、逆に「市場でリップルを購入する可能性がある」とも発表しているため、リップルを保有しているなら今後のリップル社の動きに注目することが大切なポイントと言えるでしょう。

簡単に売買できる

リップル社が裁判に負けてしまうとリップルを仮想通貨取引所で簡単に売買することができなくなってしまいます。

この場合、リップルの価格が下がってしまうのはほぼ確実です。

実際にこのようなリスクを避けてリップルを売却する人も多く、とりあえずは裁判の結末を見守る必要があると言えるでしょう。

リップル(XRP)の取引ができるおすすめの取引所

リップル裁判-おすすめ取引所

ここからは、リップルの取引ができるおすすめの取引所を紹介します。

コインチェック

リップル_裁判

参照:コインチェック

コインチェックの評価
使いやすさ
(5.0)
セキュリティ
(5.0)
キャンペーン
(4.5)
口コミ
(4.5)
手数料
(5.0)
総合評価
(5.0)

コインチェックは取り扱い通貨数が国内最大級、取引画面のみやすさ・使いやすさが評価されている仮想通貨取引所です。

テレビCMなどで見かけたことがある人も多いと思いますが、国内の代表的な仮想通貨であるビットフライヤーに引けを取らない勢いのある取引所になります。

また、販売所での販売手数料が無料となっているため、頻繁にリップルを含む仮想通貨の売買をしても無駄なコストが発生することはありません。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) ポルカドット(DOT) フィナンシェトークン(FNCT) チリーズ(CHZ) チェーンリンク(LINK) メイカー(MKR) ダイ(DAI) ポリゴン(MATIC) イミュータブル(IMX) エイプコイン(APE) アクシーインフィニティ(AXS) ラップドビットコイン(WBTC)
取引手数料 無料
入出金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~1,018円
クイック入金:770円~1,018円
セキュリティ コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理,顧客資産と会社資産の分別管理,アカウントログイン時の2段階認証,SSL暗号化通信
レバレッジ取引
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

DMM Bitcoin

DMMbitcoin

参照:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価
使いやすさ
(4.0)
セキュリティ
(4.5)
キャンペーン
(4.0)
口コミ
(4.0)
手数料
(5.0)
総合評価
(4.0)

DMM Bitcoinはシンプルな取引スタイルから本格的なトレードまで可能な仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1で豊富な種類のなかから暗号資産取引もできるため、レバレッジ取引をよくする人や、興味がある人などにおすすめです。

また、口座維持手数料、出金手数料、各種手数料が無料ですので、取引の際に無駄なコストがかかることもありません。

DMM Bitcoinは土日祝も含めた365日対応サポートも充実しているので、仮想通貨取引初心者にもおすすめです。

取り扱い通貨 ◇取り扱い通貨種類:38種類(現物取引:28種類、レバレッジ取引:34種類) ビットコイン(BTC)|イーサリアム(ETH)|エックスアールピー(XRP)ライトコイン(LTC)|ビットコインキャッシュ(BCH)|ニッポンアイドルトークン(NIDT)|カルダノ(ADA)アルゴランド(ALGO)|エイプコイン(APE)コスモス(ATOM)|アバランチ(AVAX)|アクシーインフィニティ(AXS)| ベーシックアテンショントークン(BAT)|チリーズ(CHZ)|ドージコイン(DOGE)|ポルカドット(DOT)|エンジンコイン(ENJ)| イーサクラシック(ETC)|FCRコイン(FCR)|フレア(FLR)|ヘデラハッシュグラフ(HBAR)|アイオーエスティー(IOST)|チェーンリンク(LINK)|ポリゴン(MATIC)|メイカー(MKR)|モナコイン(MONA)|オアシス(OAS)|オーエムジー(OMG)|クアンタム(QTUM)|サンドボックス(SAND)|シバイヌ(SHIB)|ソラナ(SOL)|トロン(TRX)|ネム(XEM)|ステラルーメン(XLM)|テゾス(XTZ)|シンボル(XYM)| ジパングコイン(ZPG)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
セキュリティ オフラインウォレットでの顧客資産管理,顧客資産と会社資産の分別,2段階認証と生体認証の導入,不正アクセスへの監視,マルチシグネチャ対応,SSL暗号化通信
レバレッジ取引 2倍

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

ビットフライヤー

bitFlyer

参照:ビットフライヤー

ビットフライヤーの評価
使いやすさ
(5.0)
セキュリティ
(5.0)
キャンペーン
(5.0)
口コミ
(4.5)
手数料
(4.5)
総合評価
(5.0)

ビットフライヤーは日本国内の大手企業や三大メガバンクなども出資している国内最大級の仮想通貨取引所です。

現物取引以外にも証拠金取引や先物取引などができ、取引の幅が広い点も特徴です。

また、ビットフライヤーは毎月一定額を積み立てて仮想通貨投資をすることができるため、初心者の人や売買のタイミングがわからない人にもおすすめです。

利用者からの評判もよく、会社の知名度や信頼性、セキュリティの高さは申し分ないと言えるでしょう。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)メイカー(MKR)ポリゴン(MATIC)ジパングコイン(ZPG)フレア(FLR)シバイヌ(SHIB)パレットトークン(PLT)
取引手数料 無料
入出金手数料 銀行振込:振込手数料のみ
住信SBIネット銀行からクイック入金:無料
住信SBIネット銀行以外からクイック入金:330 円/件
セキュリティ SSL暗号化通信,SHA-2(SHA-256)の採用,FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御,パスワードの強度チェック,アカウントロック機能,2段階認証,ログイン履歴の管理,自動タイムアウト,マルチシグネチャ,コールドウォレット,顧客資産との分別管理,ウイルスチェックとハッキングテスト
レバレッジ取引 2倍

bitFlyer


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※)

bitFlyer

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

LINE BITMAX(PR)

リップル_裁判

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LN)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LN)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LN)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨がLN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLMの7種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 7通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

GMOコイン

リップル_裁判

参照:GMOコイン

GMOコインの評価
使いやすさ
(4.0)
セキュリティ
(4.0)
キャンペーン
(3.0)
口コミ
(4.0)
手数料
(4.0)
総合評価
(4.0)

GMOコインは信頼と実績のGMOインターネットグループが運営している仮想通貨取引所です。

堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してリップルなどの仮想通貨取引ができます。

また、ビットコインはもちろん人気のアルトコインも含め、国内最大級の銘柄を取り扱っているため、ビットコインやリップル以外の銘柄への投資など、利益を掴むチャンスが広がります。

また、販売所や取引所だけでなく、貸暗号資産やつみたて暗号資産、ステーキングなどでも利益が狙える点も特徴です。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ライトコイン(LTC),ビットコインキャッシュ(BCH),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),ベーシックアテンショントークン(BAT),オーエムジー(OMG),テゾス(XTZ),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ポルカドット(DOT),コスモス(ATOM),シンボル(XYM),モナコイン(MONA),カルダノ(ADA),メイカー(MKR),ダイ(DAI),チェーンリンク(LINK),FCRコイン(FCR),ドージコイン(DOGE),ソラナ(SOL)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
セキュリティ コールドウォレットでの資産管理,顧客資産の分別管理,2段階認証,マルチシグネクチャ,サイバー攻撃対策,システムの24時間365日,監視SSL暗号化通信
レバレッジ取引 2倍

SBI VCトレード

リップル_裁判

参照:SBI VCトレード

SBI VCトレードの評価
[value 5]セキュリティ
(1.0)
キャンペーン
(4.0)
口コミ
(4.5)
手数料
(4.0)
総合評価
(4.5)

SBI VCトレードは国内最大級のインターネット総合金融サービス事業を展開しているSBIグループが運営している仮想通貨取引所です。

最大の特徴は住信SBIネット銀行と連携すれば即時決済ができる点です。

また、手数料無料で決済できるため、他の取引所よりも無駄なコストがかかりません。

他のSBIグループが提供している投資サービスを利用中であれば、上手く資産管理ができるためおすすめです。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT),カルダノ(ADA),ドージコイン(DOGE),ステラルーメン(XLM),テゾス(XTZ),ソラナ(SOL),アバランチ(AVAX),ポリゴン(MATIC)
取引手数料 無料
入出金手数料 住信SBIネット銀行:無料
その他の金融機関:145円(税込)
セキュリティ SSL証明書の採用,サイバー攻撃への対策,内部犯行への対策,コールドウォレット,秘密鍵,高い強度のパスワード認証,不正ログインの防止,二段階認証
レバレッジ取引
新NISA制度の学習システム

リップル(XRP) 裁判に関するよくある質問

リップル_裁判

最後に、リップルの裁判に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

リップルとはどんな通貨?

リップルは送金に特化して開発された仮想通貨で、従来の国際送金にかかる手数料や時間を削減できる点に優れており、現在世界中の数多くの金融機関と連携しています。

裁判中でも値上がりする可能性はある?

リップルは裁判中でも値上がりすることはあります。

ただし、裁判が終わるまでは大きな動きは今のところないため、あまり大きく期待しすぎないほうが無難かもしれません。

リップルにおける不安点は?

リップルにおける不安点はやはり裁判です。

この裁判次第でリップルが有価証券に該当するかどうかが今後の鍵となることは事実です。

もし勝訴になれば、今まで以上の価格上昇に期待ができます。

リップルの現在の価格は?

リップルの価格は77.69円(※2024年2月13日0時30分現在)です。

過去1年で比較すると、大きな値動きはあるものの価格は安定していると言えます。

リップルはなんで提訴されているの?

リップルは現在「有価証券であるかどうか」という点が問われ、裁判が行われています。

実際にリップルはリップル社が管理・発行を行っており、他のビットコインやイーサリアムなどとは異なる仮想通貨なため、仮に有価証券として判断された場合は仮想通貨取引所ではなく証券会社で取引されることとなるでしょう。

リップルの裁判はいつ終わったの?

リップルの裁判は2023年7月13日に判決が出ました。

約3年にわたる長期戦でしたが、仮想通貨市場にとっても嬉しい知らせとなりました。

リップル(XRP) 裁判のまとめ

リップル_裁判

今回はリップルの裁判事情や現在の最新ニュース、リップルが今後値動きするポイントなどについて詳しく紹介してきました。

リップルは他の仮想通貨と比べても国際決済に特化しており、仮想通貨のなかでは珍しい中央集権型です。

現在SECとの裁判が続き、今後の動向が気になる人も多いですが、とりあえずは裁判が終わるまでは何とも言えない状態です。

ただし、リップルは日本の大手企業やメガバンクと提携を行っていたりなど、注目されている通貨には間違いありません。

裁判に勝訴して価格が跳ね上がっため、仮想通貨市場に関する情報を少しでも多く集めて、今後の値動きにどう対応するか注目です。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分
新NISA制度の学習システム

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券