プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 【2024年度最新】おすすめネット保険厳選ランキング!メリットや注意点も解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

【2024年度最新】おすすめネット保険厳選ランキング!メリットや注意点も解説

ネット保険はたくさんあるけど、どれを選べばいいのか分からない…

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ネット保険はシンプルな商品内容で価格も対面保険に比べると安くお得ですが、どの商品を選べばいいのかを自分で決める必要があります。

選ぶ保険が自分の生活に合っているかは、人生の中でのとても重要な問題となるでしょう。

この記事ではランキング上位のネット保険の特徴とメリット、そして選ぶ際の注意点について解説します。

最適なネット保険の選び方や自分に合ったネット保険を探している方に役立つ内容となっているので、ぜひ最後までご覧ください!

この記事でわかること
ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

ネットで加入できる生命保険おすすめランキング

ネットで加入できる生命保険について、厳選した商品をランキング形式でお伝えします。

生命保険への加入を検討している方は、参考にしてみてください。

1位 ライフネット生命「かぞくへの保険」

ライフネット生命「かぞくへの保険」のおすすめポイント
  • 掛け捨てタイプの保険なのでお手頃な保険料
  • 保険金額や保険期間がニーズに合わせて選べる
  • 健康診断書が原則不要で手続きがカンタン

ライフネット生命「かぞくへの保険」2022年価格.com保険アワードで第1位を獲得した生命保険です。

ネットで申し込みが可能で人件費や店舗にかかる費用を抑えることによって、保険料がお得なのが特徴です。

またライフステージに合わせて保険金額を500万~1億円まで100万円単位で自由に設計できるのも使いやすい理由と言えるでしょう。

そして健康診断書は不要で健康状態をネットで告知するだけで申し込みが可能なのも便利なポイントです。

商品名称 定期死亡保険
契約年齢 18最以上~70歳以下
契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 10年、20年、30年、65歳まで、80歳まで、90歳まで

2位 オリックス生命「定期保険Bridge(ブリッジ)」

オリックス生命「定期保険Bridge(ブリッジ)」のおすすめポイント
  • インターネット申込専用にしてお手頃な保険料に
  • 保険金額や保険期間がを自由にカスタマイズできる
  • 病気や事故、災害でも同額の死亡保障

オリックス生命「定期保険Bridge(ブリッジ)」はインターネット申込専用なので、他社の定期保険と比較すると保険料が割安です。

また保険金額は500万円~最高3,000万円まで100万円単位で選べて、保険期間は年満了と歳満了からライフステージに合わせて自由に選べます。

病気や事故、災害でも同額の死亡保障を貰えるシンプルな保障内容なので、万が一の事態があっても家族は安心できるでしょう。

商品名称 無配当 無解約払戻金型定期保険
契約年齢 20歳以上~65歳以下
契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 10年満了~30年満了(5年刻み)
60歳満了~80歳満了(5年刻み)

3位 SBI生命「クリック定期!Neo」

SBI生命「クリック定期!Neo」のおすすめポイント
  • インターネットでカンタンでスピーディーな申込で保険料もお手頃
  • 保障は300万円~1億円まで選べる
  • 最短で請求日当日に死亡保険金を受け取れる

SBI生命「クリック定期!Neo」は保険市場で7年連続第1位を獲得している人気のある生命保険です。

インターネットからの申し込みなので手軽にできて、解約返戻金をなくして保障内容をシンプルにすることでお手頃な保険料を実現しています。

また保障は300万円~1億円までと幅広く選べて使いやすく、最短で請求日当日に死亡保険金を受け取れるのは、何かと物入りな家族にとっては大きな支えとなるでしょう。

商品名称 インターネット申込専用定期保険(無解約返戻金型)
契約年齢 20歳以上~69歳以下
契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 年満了:10年~30年(5年刻み)
歳満了:55歳~80歳(5年刻み)
ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

新NISA制度の学習システム

ネットで加入できる医療保険ランキング

ネットで加入できる医療保険について、厳選した商品をランキング形式でお伝えします。

ランキングを確認して、失敗しないネット保険選びをしましょう。

1位 ライフネット生命「じぶんへの保険3」

ライフネット生命「じぶんへの保険3」のおすすめポイント
  • 短期入院も手厚く保障!日帰り入院でも5日分が受け取れる
  • 一生涯変わらない保険料で病気による入院・手術に備えられる
  • がんなどの3大生活習慣病・先進医療にしっかり備えられる

ライフネット生命「じぶんへの保険3」は日帰り入院から保障をされるため、短期入院の時でも安心できます。また入院が5日以内の場合は一律5日分の入院給付金を受け取れます。

次に保障の手厚さよりも保険料の安さを重視したい人のための「エコノミーコース」があり、「エコノミーコース」も「おすすめコース」も保険料は加入時のまま上がりません。

そして所定の3大習慣病(がん・心臓病・脳卒中など)の場合、入院給付金の支払限度日数が無制限となります。

おすすめコースでは、先進医療が高額になる場合でも選べるようにかかった技術料と同額を受け取れます。

商品名称 終身医療保険(無配当・無解約返戻金型)
契約年齢 18歳以上~70歳以下
契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 終身

2位 チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムZ」

チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムZ」のおすすめポイント
  • 病気やケガによる入院・手術の保障を一生上がらない保険料
  • 日帰り入院から保障、入院の有無に関わらず約1,000種類以上の手術を保障
  • 万一のときの保障も選べる、入院・手術ともに死亡保障も準備可能

チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムZ」は保険市場で2022年版人気医療保険ランキング第1位を獲得している人気のある医療保険です。

がん・心疾患・脳血管疾患から日常生活のケガによる入院・手術まで一生涯保障され、保険料はお手頃で支払金額は生涯上がりません。

また日帰り入院から保障され、入院1日ごとに受け取る金額(入院給付日額)は3,000円~15,000円の範囲で選べるのもポイントです。

そして自由に保障をカスタマイズできるので、自分に合わせた保障を組み合わせられます。

商品名称 無解約払戻金型終身医療保険
契約年齢 満0歳~満75歳

※収入サポート特約は満15歳~満65歳
インターネットからの資料請求および申込みの場合
満18歳~満75歳

契約条件 告知書扱
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 終身

※終身サポート特約は、55歳・60歳・65歳・70歳・75歳満了

3位 SBI生命「SBI生命の終身医療保険Neo」

SBI生命「SBI生命の終身医療保険Neo」のおすすめポイント
  • 優良体料率で保険料がもっと割安に
  • 基本的な保障に加えて、ニーズの高い保障を厳選!
  • 「特別保険料制度」などで引受範囲を拡大!

SBI生命「SBI生命の終身医療保険Neo」は喫煙状況・体格などがSBI生命の定める基準を満たす場合、優良体料率が適用されて基準を満たさない場合と比べて保険料が安くなります。

また基本的な保障に加えてニーズが高い保障を厳選しているのでシンプルなのに充実した保障を確保でき、特約も希望に合わせて自由にカスタマイズできます。

そして健康状態に応じた保険料にすることで、「糖尿病」などの既往症や精神疾患などこれまで医療保険に入れなかった方でも加入できる可能性があるのはメリットでしょう。

商品名称 終身医療保険(無解約返戻金型)
契約年齢 郵便申込:20歳~75歳

対面保険:6歳~75歳

ネット申込:20歳~69歳

契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 60歳満了/65歳満了/70歳満了/終身払込

「先進医療特約」は10年更新※

※契約年齢により保険期間が異なる場合も

ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

ネットで加入できるがん保険ランキング

ネットで加入できるがん保険について、厳選した商品をランキング形式でお伝えします。

ランキングを確認して、自分に合ったネット保険を見つける参考にしてください。

1位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」のおすすめポイント
  • どんながんでも初期からしっかりカバー
  • がんの診断から退院まで総合的にカバー
  • ネットだからお手頃な手数料

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」は診断されたその日からすべての部位のがんを初期、がんの手前の状態から基本保障で手厚くカバーするので安心です。

また初期のがんでも診断されたら一時金最大200万円の満額が支払われ、がんの診断から退院まで自己負担が大きくなりがちな治療を幅広く総合的にカバーするのもポイントです。

そしてネットでの申込みで販売経費を抑えられるので、加入時のまま一生涯お手頃な保険料でがんのリスクに備えられるのは強い味方となるでしょう。

特約の付加により、手術や放射線治療、抗がん剤治療(ホルモン剤含む)3大治療のいずれの治療でも給付金を受け取れます。

商品名称 がん保険(終身型)
契約年齢 満20歳以上~満69歳
契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 終身

2位 ライフネット生命「がん保険 ダブルエール」

ライフネット生命「がん保険 ダブルエール」のおすすめポイント
  • がんと診断された時にまとまった一時金が受け取れる
  • 長引くがん治療に備えられる治療費と収入減少のダブルサポート
  • がん治療の選択肢が広がるがん先進医療にもしっかり対応

ライフネット生命「がん保険 ダブルエール」は保険市場で2022年版人気がん保険ランキング第1位を獲得している人気のあるがん保険です。

がんと診断されたら治療前でも100万円~300万円、上皮内新生物と診断された場合はがん一時金の50%とまとまった金額が一時金として支払われるので安心です。

また、入院・通院のどちらでも所定のがん治療を受けた時は月に1回10万円(回数無制限)を受け取れ、収入減少を最大5回の給付金でサポートされるので急な出費にも困りません。

そして全額自己負担のがん先進医療も技術料と同額を受け取れ、がん先進医療給付金として通算2,000万円まで保障されます。

商品名称 がん保険(無配当・無解約払戻金型)
契約年齢 18歳以上~70歳以下
契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 終身

3位 チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」のおすすめポイント
  • ガンの3大治療を中心に手厚く保障!保険料は一生涯上がらない
  • 増加する通院治療に対応!検査通院から通院治療まで通算支払日無制限に保障
  • ガン(悪性新生物)と診断されたら、以後の保険料は取らない

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」はガンの3大治療である抗がん剤治療や手術、放射線治療を中心に手厚く保障され、保険料も一生涯上がりません。

また増加する通院治療に対応して、入院前の検査通院から退院後の通院治療まで通算支払日日数無制限に保障をされるので安心できます。

そしてガン(悪性新生物)と診断された時、以後の保険料は取りません。治療で今までのように働けなくて収入が減ったとしても、保険料の払込みは免除され保障を継続できます。

ニーズに合わせて自由に保障をカスタマイズできる点もポイントです。

契約条件 告知
支払方法 クレジット・口座振替
ご契約者 保険の申し込みをした方
保険期間 終身
ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

新NISA制度の学習システム

ネット保険とは

ネット保険の基本的な情報について解説していきます。

ネット保険は、店頭で契約する保険とは異なり、手続きがネット上で完結する特徴があります。

ネット保険の特徴

ネット保険とはインターネットを活用して商品の検討から保険料の計算、加入手続きなどを行う保険のことを指します。

基本的にはすべての工程をオンラインで進められるため非常に手軽で利用しやすく、代理店に足を運ぶ必要がないので時間の節約にもつながります。

ただし健康診断結果の提出や保険料の支払い、給付金の請求など一部の手続きは郵送や電話などで行う必要があるので注意しましょう。

ネット保険安さの理由

ネット保険の料金が従来の対面保険よりも安い理由は、店舗のテナント代や人件費などを節約できるためです。

具体的にはインターネットで直接保険会社へ申込を行うため、窓口の保険担当者が不要になり人件費が削減されます。

支店や店舗を持つ必要もないため、その分の経費を保険料に反映させることができるのも安さの大きな理由でしょう。

ネットで加入できる保険の種類

ネット保険の種類は多く、非常に多岐にわたります。

生命保険では定期保険や終身保険、収入保障保険などがあり、医療保険やがん保険、介護保険なども取り扱っています。

損害保険でも自動車保険や火災保険、損害賠償責任保険など、多種多様な保険商品がネットで加入できるため、自分に最適な保険を見つけやすいのが特徴と言えるでしょう。

生命保険(死亡保険) 被保険者が死亡や高度障害となった際に保険金が下りる商品。定期保険・終身保険・収入保障保険が対象
医療保険 被保険者が病気やケガによる入院・治療をサポートする商品。定期医療保険・終身医療保険が対象
がん保険 被保険者のがんによる入院や治療をサポートする商品。定期がん保険・終身がん保険が対象
介護保険 被保険者が介護状態や認知症になった際に給付金が受け取れる商品。介護保険・認知症保険が対象

 

自動車保険 事故や車両損害(車両保険)についてサポートされる商品
火災保険 自宅そのものや家財について火災や洪水等で損害を受けた際にサポートされる商品
損害賠償責任保険 被保険者の過失による他人への被害や他人の財物を破損した際にサポートされる商品
ペット保険 ペットの病気やケガをした際に入院や治療のサポートする商品
旅行保険 旅行先での死亡や病気、ケガ、物損などがサポートされる商品

ネット保険のメリット

ネット保険には、さまざまなメリットがあります。

ネット保険は保険料が安いなどのメリットがあるため、下記で解説する内容に魅力を感じる場合は契約を検討してみてください。

保険料が安い

まずメリットの一つ目は、何と言っても保険料の安さです。

この保険料の安さはインターネットを使って販売経費を減らして余分な保障を省くことで実現されており、対面販売のように人件費や店舗の維持費を気にする必要がありません。

保険料が継続的に発生するコストである以上、できるだけ保険料を抑えたいと考えている方にとってネット保険は好相性です。

保障内容がシンプル

ネット保険は保障内容のシンプルです。

終身保険や定期保険、医療保険など、必要な保障など自分に合ったものをカスタマイズすることができます。

MEMO
従来の総合型保険とは異なり単品型の保険が中心のため保障内容がわかりやすく特約も少ないため、初心者にもアプローチしやすいのが特徴です。

また余計な保障を付加しないため、保険料も抑えられる点も魅力と言えるでしょう。

対面販売の煩わしさがない

ネット保険には対面販売の煩わしさがありません。

会社の昼休みに必死になって売り込む生保レディーの姿を見て保険の勧誘を強く感じたり、自分のペースで考えられないと辟易している方もいるでしょう。

ネット保険では自分の時間とペースでじっくりと検討して保険に加入することができ、人と話すのが苦手な方や忙しい方にとって、この自由度はメリットとなるでしょう。

手軽に手続き&問い合わせが可能

ネット保険は、24時間どこでも手軽に問い合わせや手続きができます。

MEMO
パソコンやスマートフォンさえあれば、24時間いつでも保障内容の検討から加入手続きまで可能となります。

仕事で忙しい方や急いで保険に加入したい方には、非常に便利な選択肢と言えるでしょう。

またオンライン相談や電話相談も提供されている場合が多く、気軽に問い合わせて自分に合った保険を見つけることができます。

ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

新NISA制度の学習システム

ネット保険のデメリット

メリットと合わせて、ネット保険のデメリットについても確認していきます。

さまざまな観点からネット保険との相性を確認し、後悔のないネット保険選びができるようにしましょう。

ある程度保険の知識が必要

ネット保険はシンプルな内容が特徴ですが、それでも基本的な保険の知識が求められます。

対面式の保険では保険の知識を持った担当者が不明点を解説してくれるのに対し、ネット保険では自分自身で契約内容を理解して選択しなければなりません。

基本保障や特約、医療保険と死亡保険の違いなどの理解がないと安いだけで適切でない契約をしてしまう危険があるため、保険商品の知識の重要性は肝に銘じておきましょう。

給付金の手続きは自分で行う

ネット型保険は給付金の請求手続きなどについて、自分で行う必要があります。

対面式の保険には保険の知識を持った担当者がいてサポートしてくれることが一般的ですが、ネット保険ではそうしたサポートがないため自ら把握する必要があります。

また住所変更やライフスタイルの変化に合わせた保障の見直しも自己管理が求められるので、注意深く管理する能力が必要となるでしょう。

パッケージで選べない

ネット保険はシンプルな商品が中心で、対面式の保険のような多岐にわたる商品から選ぶことが難しい場合があります。

また、特約の追加も限定されることも少なくありません。

自分のライフステージに合ったオリジナルな保険を希望する方は、対面での相談の方がより納得のいく商品選びに繋がるかもしれません。

審査がやや厳しめ

ネット保険の審査は、対面式の保険よりも厳しい場合があります。

申し込み時の健康状態や病歴の告知は必須で、誤った告知があると給付金が受け取れなくなる危険もあります。

対面式の保険であれば保険の知識を持った担当者が誤りを訂正することが可能ですが、ネット保険ではそのようなサポートがありません。

したがって誤りに気付かないまま申し込んでしまうと、後々のトラブルにつながることが考えられるので注意が必要です。

ネット保険以外も含めて検討したいなら、保険相談窓口での相談がおすすめです。

自分であれこれ考えるのは面倒保険で失敗したくない、そんな方はまず相談してみましょう。

ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

ネット保険はこんな人におすすめ

ネット保険に加入するのがおすすめな人の特徴についてまとめました。

下記のいずれかに該当する方は、ネット保険の契約を検討してみてください。

保険料を抑えたい人

ネット保険は、保険料を節約したい人にぴったりです。

通常の対面の保険と比較すると同じ保険期間や保険金額であっても、ネット保険は保険料が安く設定されていることが多いです。

例えば死亡保障や医療保障のように似た保障内容で比較をすると、ネット保険の方が費用を抑えられるでしょう。

ただし保障内容がシンプルな商品が多いため、多岐にわたる保障を求める人には向かないかもしれません。

ネットで自動車保険の申し込みなども行えるので、保険料を節約したい場合にはチェックしてみる価値が十分にあるでしょう。

保険に求めるニーズが明確な人

自分が保険にどのような保障を求めているのかを明確に把握をしている人にとって、ネット保険は適切な解決策となることが多いです。

子供が生まれたから、50代になって病気になるリスクが上がったから保障を手厚くしたいといった具体的な目的がある場合、ネット保険なら商品をスムーズに選ぶことができます。

上記のように保険のニーズがはっきりしているなら、保険代理店や比較サイトを利用してもっともコスト効率の良い商品を簡単に見つけることができるでしょう。

ネット保険の選択は、自分のニーズに合った保険を手軽に探求するための優れた方法です。

対面販売が煩わしい人

対面での保険販売は、忙しい人や保険会社の担当者と直接話すのが苦手な人にとって煩わしく感じることがあるでしょう。

ネット保険なら、自分の都合に合わせていつでも保険を選んで手続きができます。

また、新しい保険商品のセールスなども受けることなく自分のペースで商品を選ぶことができるので、対面販売が煩わしいと感じる人にネット保険は特におすすめです。

新NISA制度の学習システム

ネット保険を申し込む際の注意点

ネット保険を申し込む際に注意すべきポイントをまとめました。

内容を確認して、自分に合ったネット保険選びの参考にしましょう。

告知情報の記入ミスに注意する

まずネット保険を申し込む際に注意すべきポイントは告知情報の記入ミスです。記入ミスをしてしまうと、保険金や給付金が支払われない原因となる可能性があります。

ネット保険は担当者からの直接のアドバイスがないため、自分で情報を収集して比較検討しなければなりません。

MEMO
告知情報には過去の病歴や現在の健康状態など重要な情報が含まれるため、誤った情報を記入すると問題が発生します。

もし虚偽の内容を告知したり意図的に重要な情報を省いたりすると、告知義務違反となり契約が解除されてしまう恐れがあります。

記入ミスを防ぐためには申し込み時に各項目を慎重に確認し、正確な情報を提供するようにしましょう。

必要な保障が付いているかどうか

選んだネット保険に必要な保障がついているかを確認することが大切です。

ネット保険は保険料の安さが魅力ですが、その理由には販売経費の抑制と「余計な保障の削減」がありますが、だからといって必要な保障をおろそかにしては本末転倒です。

購入する前にネット保険の保障内容をしっかり理解して、必要な保障がきちんとカバーされているかをしっかりと確認しましょう。

安い保険料だけに目を奪われず、自分に合った内容であるかを見極めることが重要です。

不明点は契約前に相談

不明点や気になる点があれば、必ず契約前に問い合わせをすることが重要です。

ネット保険の申し込みは自分のペースで進められるため便利ですが、不明な点や複雑な保険用語に遭遇することもあります。

そうした場合は勢いで申し込みを完了させずに、まずは保険会社のカスタマーセンターに問い合わせましょう。

オペレーターの対応が信頼できるか、自分の疑問に対して適切に応じてくれるかをチェックすることも必要です。

面倒でも不明点を解消した上で、再度申し込む方が後々のトラブルを避けられるでしょう。

ネットの口コミは参考程度にする

ネット保険の選び方において、口コミや評判を参考にする人も多いのではないでしょうか。

これらの情報は実際の加入者からの意見が含まれるため、ある程度の信ぴょう性がありますが、必ずしも100%真実であるとは限りません。

ネット上の評価や口コミは参考程度に留めて、自分自身でしっかりと調べた情報に基づいて判断するようにしましょう。

他人の意見に流されず、自分に合う保険を選ぶための一助として活用するのが賢明です。

ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

ネット保険に関するよくある質問

ネット保険についてよくある質問を下記にまとめました。

ネット保険に対する疑問や不安がある方は、一読しておくと良いでしょう。

ネット完結型保険とは何?

ネット完結型保険とはオンラインで保険の申し込みから加入手続きまでをすべて行うことができるタイプの保険で、この保険の魅力はその便利さにあります。

従来の保険加入では保険代理店や生命保険会社の窓口に出向く必要があり、担当者と対面して説明を受けた後、手続きを進めるのが一般的でした。

しかし、ネット完結型保険はそのすべてをオンラインで行うことができるため、自宅から簡単に申し込みをすることが可能です。

ただし、完全にオンラインだけで済むわけではありません。例えば保険請求などは書類の記載・提出が必要なケースもあるため、事前に確認が必要になります。

また保険会社によって取り扱いが異なるので、自分に合った保険を選ぶ際にはオンラインでの手続きがどの程度まで可能かをチェックすると良いでしょう。

無解約返戻金とはどういう意味なの?

無解約返戻金は「無解約返還金型」とも呼ばれ、解約返還金がないタイプの保険です。

無解約返戻金型の保険は保険料が比較的安く設定されている点が特徴です。

解約返還金が存在しないためその分コストが抑えられるため、大きな保障を少ない費用で得ることができます。

定期死亡保険や収入保障保険、一般的な医療保険、がん保険など、多岐にわたる保険商品がこの型に該当します。

上記のようなような保険は保険料を節約しつつ、必要な保障を確保したいと考える人々に最適でしょう。

MEMO
契約前には無解約返還金型の特性を十分に理解して、自分のライフスタイルやリスク管理のニーズに合うかどうか検討することが重要です。

リビング・ニーズ特約とは何なの?

リビング・ニーズ特約とは、一般的な保険契約に付加できる特約です。

この特約は被保険者が医師によって余命6ヶ月以内と診断された際、生存している間に死亡保険金の一部を受け取ることができるようにするものです。

通常、死亡保険金は被保険者の死後に保険金受取人に支払われますが、リビング・ニーズ特約を付加することで最期の時間をできるだけ豊かに過ごすための資金として活用できます。

余命の期間を快適に過ごしたいと願う人にとって、リビング・ニーズ特約は非常に有用なオプションであると言えるでしょう。

契約をするのに健康診断書は必要?

ネット保険の契約の際に健康診断書の提出が必要かどうかは、申込み時の健康状態や告知内容によります。

ネットで医療保険や生命保険に加入する場合、通常はウェブサイト上で健康に関する質問に回答することで健康状態の告知が行われます。

大抵の場合、オンライン上の告知だけで申し込みが完了することが少なくありません。

しかし、告知内容によって保険会社側は追加情報として健康診断書のコピーを求めることがあります。

このようなケースは少ないですが、個人の健康状態や過去の病歴に応じて発生する可能性があるため認識しておきましょう。

また定期的な健康診断を受けているかどうかは、保険の審査に影響を与える要素ではないので、健康診断を受けていない方も安心して申し込むことができます。

告知を怠った場合はどうなるの?

告知を怠る、あるいは虚偽の告知をした場合には告知義務違反とみなされます。

この違反が明らかになった場合、保険会社は契約を解除する権利を持ち、この解除によってすでに発生していた保険金や給付金の支払いが停止されることもあります。

しかし告知義務違反の内容が後に発生した病気や死亡原因と全く関係ない場合は、保険金や給付金が支払われる例外もあるでしょう。

また契約が解除された後でも解約返戻金が存在する場合には、その金額が支払われることもあります。

告知を怠ることが後々のトラブルの原因とならないよう、保険に加入する際は慎重に行動しましょう。
新NISA制度の学習システム

ネット保険ランキングまとめ

おすすめのネット保険ランキングやネット保険のメリット・デメリット、ネット保険がおすすめな人、ネット保険を加入する際の注意点について解説してきました。

ネット保険のいちばんのメリットは何と言っても保険料の安さです。また保障内容がシンプルなので、商品内容が分かりやすくトラブルが起きにくいのもポイントです。

手続きがカンタンで対面販売の煩わしさがない反面、ある程度保険の知識を身につけておかないと給付金の手続きや商品の善し悪しの判断などができないので気を付けましょう。

ネット保険を申し込む際は必要な保障が付いているかを確認後、必要書類の記載ミスがないように準備を進めて、不明点があれば契約前に必ず確認するようにしましょう。

ネット保険は年々人気が高まっており、手続きが簡単なだけでなく、各社のサポート体制も充実しています。

気軽に契約ができる分、何かあった場合は保険会社と直接やり取りをする必要があります。しかし都度ネットで調べて対応すれば、決して難しいことはありません。

家計に占める保険料を節約するためにも、ネット保険を上手く活用してはいかがでしょうか。

また、保険相談窓口での相談も併用することでより良い保険が見つけやすくなりますので、ぜひ試してみてください。

ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

【ちょっと待って!保険を検討する前に。】
消費者庁提供:「消費者を保護する制度の内容を知ろう」