プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. ビットコインが高騰するタイミング!今後の価格予想や将来性 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ビットコインが高騰するタイミング!今後の価格予想や将来性

ビットコインが高騰した理由は?

ビットコインは今後も高騰するの?

といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

ビットコインは過去に100万円から700万円まで一気に高騰し、史上最高値を記録したことから仮想通貨が話題になりました。

実際にビットコインの価格変動を見て仮想通貨に興味を持った人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨取引を始めるためには価格がなぜ上昇下降するのかの原因を知っておくことが相場分析において重要なポイントとなります。

そこで、今回はビットコインが高騰した理由やビットコインの今後、ビットコインを買うべきタイミングなどについて詳しく紹介していきます。

この記事でわかるビットコインが高騰した理由と今後の予想
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
鳥谷 威さん
父の会社を継ぎ有限会社バード商会代表取締役。福岡の大学を卒業後、大手ガス会社にて家庭の光熱費削減や新電力の業務に約4年間従事。
FPを一生涯の仕事にしたく、約3年かけてFPの最上位資格であるCFPR資格を取得。現在は、各種金融メディアでの執筆・監修・日本FP協会での相談員としても活動中。得意分野は、家計管理(とくに光熱費)と資産形成。
<保有資格>FP®認定者1級FP技能士、DCプランナー2級、証券外務員Ⅰ種
鳥谷 威さん公式ホームページ
注釈
当サイトに記載のある暗号資産業者は、財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可した暗号資産交換業者のみを掲載しております。

プレミアム金融コラムの仮想通貨記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

ビットコインとは

ビットコインとは

ビットコインとは「サトシ・ナカモト氏」が作ったことで知られる仮想通貨の一種です。

現在は数千を超える仮想通貨が存在していますが、ビットコインから派生して作られた銘柄も多く、仮想通貨の原点とも言えるでしょう。

仮想通貨は円やドルなどの法的通貨とは異なり、紙幣や硬貨などは存在しません。

全てインターネット上で取引できる通貨となっており、自分が購入したビットコインは現金に換金することも可能です。

ビットコインの仕組み

ビットコインの価格は日々数秒単位で変動しており、値動きが非常に激しいため安い時に購入して価格が高騰した時に売買するのが一般的な投資方法です。

また、ビットコインはブロックチェーンというシステムで管理されており、世界中でマイニングと呼ばれる作業によって支えられています。

MEMO

【ブロックチェーンとは】

ブロックチェーンとは取引履歴を暗号技術によって過去から1本ののようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされています。

参照:一般社団法人 全国銀行協会

【マイニングとは】

マイニングとはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の取引承認に必要となる複雑な計算(コンピューター演算)作業に協力し、その成功報酬として新規に発行された仮想通貨を得ることを指します。

参照:「大塚商会」

また、ビットコインは日本銀行のような中央管理者が存在しないため、非中央集約と呼ばれています。

ビットコインで決済ができる?

ビットコインを使ってさまざまな場所で決済をすることができます。

よく電子マネーや円やドルのような感覚の勘違いしてしまう人もいますが、ビットコインは現在指定の決済方法でしか決済できません。

日本だと次のような場所で決済可能です。

ビットコインで決済できる場所
  • DMM.com
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • メガネスーパー
  • H.I.S
  • ミュージックスクール:トミヨシミュージックスクール
  • PCパーツショップ:パソコンショップアークなど

時価総額1位の仮想通貨として有名

ビットコインが時価総額1位となる主な要因は、その導入時期と革新性にあります。

ビットコインは2009年に登場し、その後数多くのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が登場したものの、ビットコインが最初の仮想通貨であったため、その歴史と信頼性が投資家からの信頼を勝ち取りました。

さらに、ビットコインの分散化の手法とブロックチェーン技術は、従来の金融システムに大きな影響を与え、ビットコインをデジタルゴールドと呼ぶ人もいるほどです。

限定供給という特性も、その価値を高めています。ビットコインは2100万枚の発行上限があり、それ以上は絶対に発行されないため、貨幣の希少性が保証されています。

これらがビットコインの時価総額が1位になる根拠です。

ビットコインを通貨とした決済需要が増えている

スマートフォンやインターネットの普及により、デジタル決済が容易になった現代ですので、ビットコインを通貨としての決済需要が高まっているのが事実です。

要因としては、国境を越えても迅速かつ低コストで送金が可能なこと、ビットコインは匿名性が高く、利用者のプライバシーを保護してくれることが挙げられます。

なお、2021年には、エルサルバドル政府は世界で初めてビットコインを法定通貨として認める法律を施行しました。

これにより、ビットコインは同国内で通貨として自由に使用することが可能となり、持続可能な経済成長と金融包摂性の向上を目指しています。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

ビットコインが高騰した理由

ビットコインが高騰した理由

続いて、ビットコインがここまで高騰した理由について紹介します。

ビットコインが高騰した理由には次のようなことが考えられています。

コロナ過による金融緩和

ビットコインが再び高騰した理由の一つに、コロナ過による金融緩和が影響しているとされています。

新型コロナウイルスが影響して日本だけではなく、世界中の株式市場が大きく急落しました。

各国はこれを機に金融緩和に移行して、仮想通貨市場が大きく流入したと考えられている点がビットコインが高騰した理由の一つとして挙げられます。

著名人による投資

二つ目の理由は著名人によるビットコイン投資です。

近年Twitterを買収したイーロンマスク氏は過去にビットコインへの投資を公表し、それに感化された投資家達からの需要が高くなり価格が高騰しました。

実際にイーロンマスク氏だけでなく数多くの著名人たちが仮想通貨へ投資したと発言されると、その通貨の価格が急騰しています。

米国でのビットコインETFの誕生

三つ目の理由は米国でのビットコインETFの誕生です。

米国でビットコインETFが誕生してからビットコインは巨額の資金を調達したファンドとなり、一気に価格が高騰し史上最高値を記録しました。

数多くの金融機関もビットコインへの投資を行っており、今後もビットコインの価格高騰に期待ができることでしょう。

ETFの申請

2023年の6月後半〜7月にかけて大きな上昇を見せています。

この背景には、Valkyrieなどの複数社がビットコインETFの申請をしたことがあります。

そのため、ETF承認から今後の上昇にさらに期待がもてるのではないでしょうか。

半減期によって需要が高まる

ビットコインが採掘(マイニング)により新たに市場に供給される量が、一定の間隔(約4年ごと)で半分に減少する現象のことを指します。

この半減期が来ると、新たに供給されるビットコインの量が減るため、一時的に供給量が減少します。

一方で、需要が一定であれば、供給量の減少によりビットコインの価格が上昇するとされているため、半減期に向けた期待から投資家の需要が高まります。

これがビットコインの半減期に需要が高まる理由です。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

ビットコインは今後の値上がりにも期待ができる

ビットコインは今後の値上がりにも期待ができる

ビットコインは過去に急激に値上がりしたことから、もうそれ以上の盛り上がりはないのでは?と思う人もいると思いますが、実はビットコインは今後の値上がりにも期待ができます。

ビットコインが今後の値上がりに期待ができる理由について紹介します。

ビットコインの需要が高まっている

ビットコインは近年さまざまな企業や店舗で決済手段として使われています。

国内だけでなく海外でも多くの場所でビットコインを使った決済が可能です。

また、2021年には中央アメリカの「エルサルバドル」ではビットコインが法定通貨として採用されており、今後もビットコインで決済できる需要が高まることでビットコインの値上がりにも期待ができます。

ビットコインの半減期がある

ビットコインの半減期も今後値上がりに期待ができる要因の一つです。

ビットコインはインフレ防止のために4年に一度半減期があります。

過去の半減期でも迎える前はビットコインの価格が上がっており、今後も期待ができるでしょう。

ちなみに、次回の半減期は2024年ですので、ビットコインの価格上昇に期待ができます。

ライトニングネットワークの実装

ライトニングネットワークの実装もビットコインの価格上昇に大きな影響を与えます。

ライトニングネットワークはビットコインの取引コストをかけずに円滑に取引を行う仕組みとなっており、さまざまな決済手段として活用されることに期待がされています。

日本国内だけでなく世界的にも手数料の高騰や取引速度の遅延は大きな課題となっています。

しかし、ライトニングネットワークが実装されることで素早い取引と低コストでやり取りすることができるため、ライトニングネットワークの実装は今後のビットコインの分析にも期待がされている要因です。

大型アップデートの実装

大型アップデートもビットコインの価格暴高騰に大きな影響をもたらします。

2021年の11月には「Taproot(タップルート)」が実装され、ビットコインの価格は値上がりしました。

Taproot以外にもこれからアップデートは控えているため、今後もビットコインの値上がりに期待ができることでしょう。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

ビットコインが購入できる仮想通貨取引所

ビットコインが購入できる仮想通貨取引所

ここからは、ビットコインの取引ができるおすすめの取引所について紹介していきます。

おすすめの仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • ビットフライヤー
  • LINE BITMAX
  • GMOコイン
  • SBI VCトレード
  • ビットバンク

コインチェック

ビットコイン _高騰

コインチェックの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.5)
総合評価
(4.5)

コインチェックはダウンロード数No.1、取り扱い通貨数国内最大級の取引所です。

スマホで最短1日で取引をスタートすることができ、すぐに仮想通貨取引を始めたい人にもおすすめです。

また、コインチェックは関東財務局登録済みの暗号資産交換業者ということもあり、安定したサービスで安心して利用できる取引所と言えるでしょう。

レバレッジ取引はできませんが仮想通貨投資初心者にはあまりおすすめしない投資方法ですので、特に問題はありません。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) ポルカドット(DOT) フィナンシェトークン(FNCT) チリーズ(CHZ) チェーンリンク(LINK) メイカー(MKR) ダイ(DAI) ポリゴン(MATIC) イミュータブル(IMX) エイプコイン(APE) アクシーインフィニティ(AXS) ラップドビットコイン(WBTC)
取引手数料 無料
入出金手数料 銀行振込:無料

コンビニ入金:770円~1,018円

クイック入金:770円~1,018円

セキュリティ コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
顧客資産と会社資産の分別管理
アカウントログイン時の2段階認証
SSL暗号化通信
レバレッジ取引
コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

DMM Bitcoin

DMMbitcoin

DMMビットコインの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
取扱通貨の多さ
(5.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)

DMM Bitcoinは大手グループDMMグループが運営している仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinはビットコインをはじめ38種類もの暗号資産取引が可能で、現物取引だけでなくレバレッジ取引ができる通貨も多いです。

また、スマホ版とPC版の取引ツールは取引初心者かた中上級者まで幅広い層に好評で自分の傾向に合わせてモードを切り替えることもできます。

他にも、DMM Bitcoinは次のようなほぼ全ての手数料が無料ということもあり、大変魅力的な取引所です。

MEMO
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 日本円振込入金手数料
  • 日本円クイック入金手数料
  • 日本円出金手数料
  • 暗号資産(仮想通貨)入金手数料
  • 暗号資産(仮想通貨)出金手数料
  • 取引手数料
取り扱い通貨 ◇取り扱い通貨種類:38種類(現物取引:28種類、レバレッジ取引:34種類) ビットコイン(BTC)|イーサリアム(ETH)|エックスアールピー(XRP)ライトコイン(LTC)|ビットコインキャッシュ(BCH)|ニッポンアイドルトークン(NIDT)|カルダノ(ADA)アルゴランド(ALGO)|エイプコイン(APE)コスモス(ATOM)|アバランチ(AVAX)|アクシーインフィニティ(AXS)| ベーシックアテンショントークン(BAT)|チリーズ(CHZ)|ドージコイン(DOGE)|ポルカドット(DOT)|エンジンコイン(ENJ)| イーサクラシック(ETC)|FCRコイン(FCR)|フレア(FLR)|ヘデラハッシュグラフ(HBAR)|アイオーエスティー(IOST)|チェーンリンク(LINK)|ポリゴン(MATIC)|メイカー(MKR)|モナコイン(MONA)|オアシス(OAS)|オーエムジー(OMG)|クアンタム(QTUM)|サンドボックス(SAND)|シバイヌ(SHIB)|ソラナ(SOL)|トロン(TRX)|ネム(XEM)|ステラルーメン(XLM)|テゾス(XTZ)|シンボル(XYM)| ジパングコイン(ZPG)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
セキュリティ オフラインウォレットでの顧客資産管理
顧客資産と会社資産の分別
2段階認証と生体認証の導入
不正アクセスへの監視
マルチシグネチャ対応
SSL暗号化通信
レバレッジ取引 2倍

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoiin bunner

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

DMMビットコイン
(※)2023年10月1日(日)7時00分~2024年3月1日(金)6時59分

ビットフライヤー

bitFlyer

bitFlyerの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(4.0)
登録の速さ
(4.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.5)

ビットフライヤーは日本だけでなく世界中でライセンスを取得しており、安心して利用できる仮想通貨取引所です。

最長7年以上これまでにハッキング被害はゼロで次世代セキュリティが充実して預けた資金は安全に保管されています。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要通貨をはじめ21種類の仮想通貨を1円から売買をすることができ、気軽に仮想通貨取引を始めることも可能です。

また、販売所の売買手数料や取引手数料が無料で取引ができます。

積立投資もでき、リスクを分散しながら仮想通貨投資もできるため、初心者をはじめ中上級者にもおすすめの取引所です。

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)メイカー(MKR)ポリゴン(MATIC)ジパングコイン(ZPG)フレア(FLR)シバイヌ(SHIB)パレットトークン(PLT)
取引手数料 無料(スプレッド負担あり)
入出金手数料 銀行振込:振込手数料のみ

住信SBIネット銀行からクイック入金:無料
住信SBIネット銀行以外からクイック入金:330 円/件

セキュリティ SSL暗号化通信
SHA-2(SHA-256)の採用
FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
パスワードの強度チェック
アカウントロック機能
2段階認証
ログイン履歴の管理
自動タイムアウト
マルチシグネチャ
コールドウォレット
顧客資産との分別管理
ウイルスチェックとハッキングテスト
レバレッジ取引 2倍

bitFlyer


\ ビットコインの取引量、6年連続No.1!(※2)

bitFlyer

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

LINE BITMAX(PR)

ビットコイン _高騰

LINE BITMAXの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(5.0)
登録者数の多さ
(4.0)
総合評価
(4.0)
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリから簡単に取引ができる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LK)」を唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジ取引ができる(売りのみ)
  • 1円相当の少額から投資できる

LINE BITMAXかんたん・安心・やさしいシンプルな取引ができる取引所として初心者にも人気な仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから簡単に取引が可能な点が魅力と言えます。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や2倍のレバレッジ取引(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率が8%となっており業界最高水準です。

また、独自仮想通貨「リンク(LK)」を国内で唯一取り扱っている取引所となっており、「リンク(LK)」の取引を検討している方におすすめです。

1円から取引が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

一方で、LINE BITMAXは取引できる通貨が7種類と限られており、他の取引所よりも少ないです。

しかし、LINEと連携できるなど気軽さNo1なので、まずは簡単な取引から始めたい!という初心者の方にはおすすめです。

仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 7通貨
レンディング 最大利率8%(業界最高水準)
レバレッジ取引 最大2倍(売りのみ)
独自仮想通貨 リンク(LK)

※各金融機関所定の手数料がかかります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リンク(LN)ステラルーメン(XLM)

\ 最短3分で完了 /
LINEBITMAX

GMOコイン

gmoコイン_リップル買い方

GMOコインの評価
手数料の安さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

GMOコインは口座を持っていない人でも最短10分で口座開設ができ、ビットコインをはじめ全ての暗号資産がすばやく取引ができる取引所です。

口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付など各種手数料がすべて無料で取引ができるため、無駄なコストを削減して取引ができます。

そのため、デイトレードや頻繁に取引をするスタイルの人にもおすすめです。

また、システムへの侵入対策やコールドウォレット管理、マルチシグ対応などの堅牢なセキュリティ、管理体制が充実しているため、資産を安心して預けることができます。

さらに、GMOコインは販売所、取引所(現物/レバレッジ)、暗号資産FX、貸暗号資産、つみたて暗号資産、ステーキングなどのさまざまな取引ができ、利益を出しやすい点も魅力です。

>

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC),リップル(XRP),ネム(NEM),ステラルーメン(XLM),ベーシックアテンショントークン(BAT),オーエムジー(OMG),テゾス(XTZ),クアンタム(QTUM),エンジンコイン(ENJ),ポルカドット(DOT),コスモス(ATOM),シンボル(XYM),モナコイン(MONA),カルダノ(ADA),メイカー(MKR),ダイ(DAI),チェーンリンク(LINK),FCRコイン(FCR),ドージコイン(DOGE),ソラナ(SOL)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料
セキュリティ コールドウォレットでの資産管理
顧客資産の分別管理
2段階認証
マルチシグネチャ
サイバー攻撃対策
システムの24時間365日
監視SSL暗号化通信
レバレッジ取引 2倍

SBI VCトレード

ビットコイン _高騰

SBI VCトレードの評価
手数料の安さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

SBI VCトレードは大手SBIグループが運営している仮想通貨取引所です。

口座開設手数料、口座維持手数料、取引手数料、ロスカット手数料、入金手数料、入出庫手数料などは全て無料で取引ができます。

現物取引・レバレッジ取引の両方が取引で、約100円の少額から取引することもでき、レバレッジ取引の手数料を受け取ることも可能です。

また、さまざまな金融サービス事業を展開しているSBIグループで国内最大級のセキュリティ対策を講じているため、安心安全です。

>

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC),チェーンリンク(LINK),ポルカドット(DOT)カルダノ(ADA),ドージコイン(DOGE),ステラルーメン(XLM),テゾス(XTZ),ソラナ(SOL),アバランチ(AVAX),ポリゴン(MATIC)
取引手数料 無料
入出金手数料 住信SBIネット銀行:無料

その他の金融機関:145円(税込)

セキュリティ SSL証明書の採用
サイバー攻撃への対策
内部犯行への対策
コールドウォレット
秘密鍵
高い強度のパスワード認証
不正ログインの防止
二段階認証
レバレッジ取引

ビットバンク

ビットバンク_仮想通貨おすすめ

bitbankの評価
手数料の安さ
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の多さ
(3.0)
登録の速さ
(3.0)
登録者数の多さ
(3.0)
総合評価
(3.0)

ビットバンクは仮想通貨取引上の多さが特徴です。

シンプルで機能性が高いトレードツールを用意しており、30種類以上のテクニカル分析で本格的なトレード、相場分析が行えます。

また、ビットバンクはいつでも入金が24時間リアルタイムで反映されるため、取引のタイミングを逃すことなく適切なタイミングで取引が可能です。

>

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC),モナコイン(MONA),ステラルーメン(XLM),クアンタム(QTUM),ベーシックアテンショントークン(BAT),オーエムジー(OMG),チェーンリンク(LINK),シンボル(XYM),メイカー(MKR),(BOBA),エンジンコイン(ENJ),ポリゴン(MATIC),ポルカドット(DOT),ドージコイン(DOGE),アスター(ASTR),カルダノ(ADA),アバランチ(AVAX),アクシーインフィニティ(AXS)
取引手数料 無料
入出金手数料 無料

出金手数料:550円/770円(3万円以上)

セキュリティ 2段階認証
コールドウォレット
ホットウォレット
セキュリティホールの報告
レバレッジ取引 2倍

ビットコインの高騰はまた起こるのか?

ビットコインの高騰はまた起こるのか?

ビットコインは、2021年に史上最高値を記録しましたが、その後は下落傾向に転じ、2023年末には約500万円まで回復しました。

今後、ビットコインはさらに高騰するのか、それとも下落するのか、注目が集まっております。

楽天ウォレットの予想、Bloomberg Intelligenceの予想など、今後のビットコイン価格は、さまざまな要因によって大きく変動する可能性があるため、投資を検討する場合は、十分な情報収集と慎重な判断が求められます。

ビットコイン高騰の可能性
  • 法定通貨として認知
  • 法整備や金融緩和
  • 半減期後のバブル

ビットコイン高騰①法定通貨として認知

ビットコインは、まだ一般的な認知度が低いと言えます。

しかし、近年では、ビットコインに関する報道や、企業によるビットコイン投資のニュースなどが増えてきており、認知度は徐々に高まっています。

エルサルバドルに続いて、チリやパナマなどの国々もビットコインの法定通貨化を検討しています。

もし、ビットコインがさらに多くの国で法定通貨として採用されビットコインの認知度がさらに高まれば、より多くの人がビットコインに投資するようになり、価格が高騰する可能性があります。

ビットコイン高騰②法整備や金融緩和

ビットコインは、まだ未成熟な資産であり、法整備が不十分な部分があります。

そのため、投資家はビットコインへの投資に慎重になる傾向がありますが、投資家が安心して投資できる環境が整えば、ビットコインの需要は拡大し、価格が高騰する可能性が大いにあります。

ビットコイン高騰③半減期後のバブル

ビットコインは、約4年に1度、マイニング報酬が半減する仕組みになっています。

2024年4月には、ビットコインの第4回目の半減期が予定されています。

過去の傾向からすると、今後も半減期後のバブルが発生する可能性は十分にあると考えられます。

新NISA制度の学習システム

ビットコインの高騰に関する値動き推移

ビットコインの高騰に関する値動き推移

法定通貨化の動きや認知度の高まりや、法整備や金融緩和などの要因によりビットコインの高騰は、さまざまな要因が影響しています。

2009年に誕生した世界初の暗号資産であるビットコインは、誕生当初はわずか数円の価値しかありませんでしたが、2021年には史上最高値の約800万円を記録しました。

その後は下落傾向に転じたものの、2023年末には約500万円まで回復しています。

ビットコインの値動き推移
  • 2021年
  • 2022年
  • 2023年

2021年のビットコインの高騰

年初から上昇傾向で推移し、4月に約90万円を突破しました。その後は、中国におけるビットコインのマイニング規制の影響で下落に転じましたが、8月頃から再び上昇に転じ、11月には史上最高値の約777万円を記録しました。

その後は、年末に向けて下落し、12月には約600万円まで下落しました。

2021年のビットコイン値上がりの要因としては、テスラやマイクロソフトなどの大手企業が、ビットコインを購入したことで、ビットコインへの注目度が高まりました。

2022年のビットコインの高騰

年初から下落傾向で推移し、1月に約600万円から、6月には約320万円まで下落しました。その後は、7月から再び上昇に転じ、10月には約400万円まで回復しました。

2022年のビットコイン値下がりの要因としては、米国の金融引き締めにより、インフレ抑制を目的とした金利上昇や量的引き締めが実施され、リスク資産であるビットコインへの投資が敬遠されたことが挙げられます。

2023年のビットコインの高騰

年初から上昇傾向で推移し、1月に約215万円から、12月には約500万円まで回復しました。

2023年のビットコイン値上がりの要因としては、2022年に発生したFTXやTerraの破綻の影響が落ち着き、仮想通貨市場全体に下落圧力が弱まりました。

Web3(分散型ウェブ)の普及により、ビットコインがWeb3の基盤となる技術として注目を集め、ビットコインの需要が高まり、価格が上昇したと考えられます。

ビットコインが高騰しやすい購入タイミング

ビットコインが高騰しやすい購入タイミング

ここでは、ビットコインを購入すべきタイミングについて紹介します。

暴落した時に買う

ビットコインは暴落した時が買い時のチャンスです。

一見すると「なんで暴落した時に購入するの?」と思う人も多いと思いますが、ビットコインの値動きは大きいため大幅に下落した後はその分元に戻ることが多いです。

そのため、暴落したタイミングであれば大きく値上がりすることに期待して購入すると良いでしょう。

チャート分析をする

ビットコインを購入する時はチャート分析をして判断することも重要なポイントです。

チャート分析は過去のチャートからみて未来の値動きを予測する方法です。

例えば、ローソク足やMACD、ボリンジャーバンド、RSIなどの分析手法があり、企業の業績や経済状況なども踏まえて分析する手法をファンダメンタルズ分析といいます。

仮想通貨取引における分析にはチャート分析が必須となりますので、まずは情報収集をするところから始めてみてはいかがでしょうか。

世界的な良いニュースが出た時に購入する

ビットコインは世界的に良いニュースが出た時に購入するのも一つの方法です。

例えば、これまでに大型アップデートや著名人の発言、出資が影響してビットコインの価格が上昇することが多い印象です。

そのため、これからビットコイン取引を始める時は、常にビットコインに関する情報にアンテナを張り続けることが重要なポイントとなります。

半減期の前

ビットコインは半減期前に購入することもおすすめです。

ビットコインは4年に一度半減期が訪れ、その直前にはビットコインの価格が上昇傾向にあります。

直近の半減期は2024年を予定しているため、ビットコインが大きく価格上昇することに期待ができると言えるでしょう。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ
新NISA制度の学習システム

今後のビットコイン(BTC)に関する最新ニュース【2024年2月更新】

ビットコインの価格は2022年5月以来初めて35,000ドルを超えました。

この価格上昇は、ビットコイン関連のETFが証券取引所で取引される可能性が高まったことに起因しています。

特に、BlackRockがビットコインのスポットETFの登録を申請しており、これが承認されればビットコインに新たな正当性が与えられる可能性が高いです。

ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれ、不確実な時代において投資家がポートフォリオを多様化する手段として注目されています。

ビットコインの価格上昇は、ETFの可能性と投資家の多様化ニーズによって推進されており、今後の動向に注目が集まっています。

(参照:CNN)

ビットコインの高騰でよくある質問

ビットコインの高騰でよくある質問

最後に、ビットコイン 高騰に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

ビットコインは誰でも購入できる?

ビットコインは取引所で口座開設ができる条件を満たせば誰でも購入することができます。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

ビットコインはいくらで購入できますか?

ビットコインの最小取引単位は0.00000001BTCです。

各取引所によっても異なりますが、100円程度で購入することも可能です。

ビットコインはこれから高騰しますか?

ビットコインはこれからも価格高騰に期待ができる通貨です。

そのため、長期での取引が目的であれば保有しておいて損はない通貨と言えるでしょう。

ビットコインの価格が下がることはある?

ビットコインの価格が下がることはあります。

近年ではロシアとウクライナによる戦争が影響し、市場が全体的に下落ぎみです。

ビットコインの半減期はいつですか?

直近の半減期は2024年です。

半減期は4年に一度となるため、今のうちに購入しておくと利益に期待ができます。

ビットコインの高騰はいつまで?

ビットコインの高騰は、2024年以降もしばらく続く可能性が高いと考えられます。

しかし、発行枚数が残り100万枚程度になると、供給量の減少による価格上昇の余地が小さくなります。

これらのタイミングで高騰が止まるかどうかは、今後のビットコインの状況を見守る必要があります。

ビットコインに将来性はない?

ビットコインは、ブロックチェーン技術を基盤とした新しい金融システムです。

今後、ブロックチェーン技術がさらに発展することで、ビットコインの価値が上がる可能性が考えられます。

ビットコインは将来1億円になる?

供給量が減り続けることで希少性が高まり、価値が上昇する可能性はありますが、1億円という価格に達するためには、さまざまな課題があります。

ビットコインの処理能力は1秒で7件であったり、ブロックチェーンはハッキングを受ける可能性が考えられたり、ビットコインの規制に関する問題など、これらの問題が解消されればビットコインの価値が大幅に上昇し、1億円という価格も実現可能になるのではないかと考えられます。

新NISA制度の学習システム

ビットコインの高騰に備えよう

ビットコイン _高騰

今回はビットコインが高騰した理由やビットコインの今後、ビットコインを買うべきタイミングなどについて詳しく紹介してきました。

ビットコインは価格変動が大きいため、今後も価格上昇に期待ができます。

ビットコインを購入するためにはまずは仮想通貨取引所で口座開設をする必要があるため、まずは口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

どの口座にするか迷っている方におすすめなのは断然コインチェックです!

初心者の方にも使いやすい仮想通貨取引所ですので、ぜひこの機会に口座開設してみてください。

コインチェックをおすすめできる理由!
CoinCheckがおすすめの理由 アプリダウンロード数No.1(※)で、初心者の方でも使いやすいと大好評! ビットコインの価格が着実に上がっている、 今年人気沸騰中!
【コインチェックの口座開設はこちら!】

コインチェック

\ 最短5分で申込み完了!/

CoinCheck おすすめ

※本サービスプレミアム優待倶楽部PORTAL(提供:株式会社ウィルズ)は、株式関連サービスの提供を行っており、暗号資産交換業者提供の・暗号資産取引に関するご質問はお答えできません。

今すぐ口座開設で1,000円もらうなら
レバレッジ取引のアルトコイン
取り扱い暗号資産種類国内No.1!(※)のDMM Bitcoinがおすすめ!

【特報!】
DMM Bitcoinなら
24年3/1まで!即時で1,000円もらえる!

・取引できる仮想通貨の種類が国内No.1!(※)

・取引手数料が無料の通貨が多い!

・わからないことは、LINEで聞ける!

などなど。

仮想通貨を取引するのであれば、必要な要素が揃っているDMM Bitcoinはとってもおすすめ!

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

DMM Bitcoin 申し込みバナー

\ 最短5分で、1,000円分(※)もらえる! /

(※)2023年8月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ
キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前7時00分~2024年3月1日(金)午前6時59分

【ちょっと待って!暗号資産取引を始める前に。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」


暗号資産利用者に向けた、注意喚起 ・暗号資産は「法定通貨」ではありません。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。
・日本国内の暗号資産取引は、資金決済法によって、金融庁の登録が必要と定められています。暗号資産交換業者を利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインを用いた、詐欺や悪質商法に御注意ください。

本記事における、法令や官公庁、業界団体の参照元 日本銀行
一般社団法人 全国銀行協会
暗号資産の利用者のみなさまへ - 金融庁
暗号資産関係 - 金融庁
暗号資産交換業者登録一覧 - 金融庁
無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について - 金融庁
資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号) - e-gov 法令検索
税の情報・手続・用紙 - 国税庁
スマホで確定申告(暗号資産編) - 国税庁
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

当サイトでご紹介している、主な暗号資産交換業者 CoinCheck - コインチェック株式会社
bitFlyer - 株式会社bitFlyer
DMM Bitcoin - DMM Bitcoin株式会社
GMOコイン - GMOコイン株式会社
bitbank - ビットバンク株式会社
LINE BITMAX - LINE Xenesis株式会社
BITPOINT - ビットポイントジャパン株式会社
SBI VCトレード - SBI VCトレード株式会社
楽天ウォレット - 楽天ウォレット株式会社
マネックスビットコイン - マネックス証券
みんなのコイン - トレイダーズ証券
Zaif - 株式会社カイカエクスチェンジ
オーケーコイン・ジャパン - オーケーコイン・ジャパン株式会社
マネーパートナーズ - 株式会社マネーパートナーズ
Huobi - フォビジャパン株式会社
クラーケン
ホエールフィン - WhaleFin Holdings Japan 株式会社
コイントレード - 株式会社マーキュリー
コインベスト - CoinBest株式会社
岡三オンライン証券