プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 【2024年最新版】がん保険おすすめ人気ランキング10選!特徴や失敗しない選び方まで徹底解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

【2024年最新版】がん保険おすすめ人気ランキング10選!特徴や失敗しない選び方まで徹底解説

おすすめのがん保険はどれ?

がん保険の一番人気が知りたい!

このような悩みや疑問を抱える方に、この記事はおすすめです。

自分の今の状況に最適ながん保険を選ぶには、まずはがん保険の特徴を知り、生活スタイルや貯蓄状況も考慮しながら選ぶことが大事です。

人それぞれおすすめのがん保険は異なります。

本記事では、おすすめのがん保険の特徴やがん保険の選び方、注意点などを詳しく紹介していきます。

おすすめのがん保険をまとめると
  • がん保険おすすめ人気ランキング第1位はライフネット生命「がん保険ダブルエール」
  • がん保険を選ぶ時は、自分の備えたいリスクに応じて選ぶ
  • 生涯でがんになる確率は60%以上
  • がん保険の免責期間には注意
  • 十分な貯蓄がある人や、がんのリスクが低い人は加入する必要性が低い
  • がん保険選びに悩んだら保険相談窓口の利用がおすすめ
がん保険の無料相談なら
ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

代理店名 公式 取扱数 特徴
ほけんのぜんぶ ほけんのぜんぶ_ほけんの窓口の評判 無料相談 40社以上 ●FP資格を持ったお金のプロに相談ができる
●WEB面談の他、どこでも利用しやすい場所に訪問に来てくれる
●21万件以上の相談実績
保険見直しラボ 保険見直しラボ_ほけんの窓口の評判 無料相談 32社 ●全国に拠点が70箇所で、国内最大手
●保険の取り扱いは37社で豊富
●コンサルタントの変更がいつでも可能
●イエローカード制度があるから安心
保険ライフ 保険ライフ 無料相談 50社 ●最大50社から比較で最適な保険商品が見つかりやすい
●相談は自宅やオンライン、喫茶店など幅広く対応
●相談が何度でも無料
保険クリニック 保険クリニック_ほけんの窓口の評判 無料相談 50社 ●約50社の優れた保険会社の中から提案
●約27万人の相談実績
●「来店型保険ショップ」ランキング総合1位
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー(CFP)・証券外務員2種 恩田雅之さん
証券1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心とした記事の執筆及びクレジットカード、カードローン、暗号資産、住宅ローンなどの記事監修を中心に活動中しています。セミナーと執筆では初心者の方にもわかりやすいよう平易な言葉を選んだ説明に心がけています。
■URL http://onda-fp-jimusho.com/
■所属団体 日本FP協会
■保有資格 CFP® 証券外務員2種

がん保険おすすめ人気ランキング10選

がん保険人気ランキング

それでは早速、がん保険おすすめ人気10商品を紹介します。

第1位:ライフネット生命「がん保険ダブルエール」

がん保険ダブルエール

出典:ライフネット生命

がん保険ダブルエールは、長引くがんの治療費とがんによる収入減少に備えられるがん保険です。

がんと診断された時にまとまった一時金を受け取ることができ、上皮内新生物も保障されます。

また、長引くがん治療にも安心の治療費と収入減少をダブルカバーできる点も特徴です。

がん先進医療にもしっかり対応し、がん治療の選択肢を広げることも可能です。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:100万~300万円
入院給付金:10万円/月
通院給付金:10万円/月
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・20歳男性:1,759円
・20歳女性:2,138円
・30歳男性:2,341円
・30歳女性:2,793円

第2位:FWD生命「FWDがんベスト・ゴールド」

FWDがんベスト・ゴールド

出典:FWD生命

FWDがんベスト・ゴールドは、初めてがんと診断確定されたら最高300万円の給付金を受け取れるがん保険です。

診断時された後にすぐにまとまった給付金を受け取れるので、治療費以外の出費にも備えられます。

保障は一生涯で、がん診断給付金は1年に1回を限度に何度でも受け取れます。

また、上皮内新生物も保障の対象で、がんであればどのステージでも保障の対象になるため安心です。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:5万円~300万円
入院給付金:5万円〜30万円/月
通院給付金:5万円〜30万円/月
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・20歳男性:2,584円
・20歳女性:2,857円
・30歳男性:3,612円
・30歳女性:3,791円

第3位:アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」

アクサダイレクトのがん終身

出典:アクサダイレクト生命

アクサダイレクトのがん終身は、がんと診断された時に支払われる一時金はもちろん、特約によりがんの3大治療も備えられる終身がん保険です。

全ての部位のがんを基本保障でしっかりカバーし、診断されたその日から全ての段階のがんが保障の対象となります。

また、早期の発見・治療にも対応し、上皮内新生物はもちろん高度異形成でも満額保障が受け取れます。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:50万円~200万円
入院給付金:5,000円~2万円
通院給付金:-
先進医療特約の限度額 500万円
免責期間 90日間
特約・特則 指定代理請求制度、退院療養特約、女性がん入院
保険料例 ・20歳男性:1,710円
・20歳女性:1,560円
・30歳男性:2,360円
・30歳女性:2,160円

第4位:メディケア生命「メディフィットがん保険」

メディフィットがん保険

出典:メディケア生命

メディフィットがん保険は、保険料が加入時から一生涯上がらないがん保険です。

そのため、加入が早ければ早いほどお得になります。

抗がん剤治療・放射線治療・手術(Ⅱ型の場合)など様々な治療を保障し、上皮内がんも保障の対象です。

カスタマイズ性にも優れており、手術の保障を追加することも可能です。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:10万円〜100万円
入院給付金:2,000円〜20,000円
通院給付金:2,000円〜20,000円
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則 先進医療・患者申出療養特約、がん診断特約、がん保険料払込免除特約、がん通院治療特約、がん入院特約、女性がん手術特約がん緩和ケア特約
保険料例 ・20歳男性:2,447円
・20歳女性:2,940円
・30歳男性:3,416円
・30歳女性:4,158円

第5位:ネオファースト生命「ネオdeがんちりょう」

ネオdeがんちりょう

出典:ネオファースト生命

ネオdeがんちりょうは、多様化するがん治療に対応できる保障を自由に選べるがん保険です。

必要な保障を必要な分だけ選べるので、自分に最適な保障内容の保険に加入できます。

特則の適用や特約の組み合わせによって、がん緩和ケアや女性特有のがんなどにも、幅広く備えることもできます。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:10〜200万円
入院給付金:5万円〜30万円
通院給付金:5万円〜30万円
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則 がん女性特定手術・乳房再建保障特
保険料例 ・20歳男性:1,901円
・20歳女性:2,404円
・30歳男性:2,884円
・30歳女性:3,528円

第6位:SOMPOひまわり生命「健康をサポートするがん保険 勇気のお守り」

健康をサポートするがん保険 勇気のお守り

出典:SOMPOひまわり生命

健康をサポートするがん保険 勇気のお守りは、がんによる入院と手術の費用はもちろん長期にわたる通院・往診も一生涯保障するがん保険です。

月ごとの給付により治療費をサポートと、まとまったお金で治療をサポートする2つのプランから選ぶことができ、ニーズに合った保険選びができます。

また、がんリスク検査サービスを利用すれば早期発見・早期治療につなげることも可能です。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:10万~400万円
入院給付金:5,000円~2万円
通院給付金:5,000円~2万円
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・20歳男性:2,105円
・20歳女性:2,815円
・30歳男性:3,097円
・30歳女性:3,952円

第7位:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」

終身ガン治療保険プレミアムZ

出典:チューリッヒ生命

終身ガン治療保険プレミアムZは、ニーズに合わせて自由に設計できる終身タイプのガン保険です。

がん治療以外にも日々の生活費や収入の減少にも備えられるので、家計の負担を軽減しながら安心して治療に専念できます。

また、自由診療による所定の抗がん剤治療を受けられた際は、基準給付月額の2倍、4倍を給付金を受け取れるというメリットもあります。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:50万円〜100万円
入院給付金:5,000円〜30,000円
通院給付金:5,000円〜30,000円
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・20歳男性:3,482円
・20歳女性:3,433円
・30歳男性:4,475円
・30歳女性:4,247円

第8位:SBI損害保険「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)

出典:SBI損害保険

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)は、先進医療から自由診療まで治療にかかった費用を実額補償してくれるがん保険です。

”治療をあきらめない”をコンセプトに開発され、がん治療費の自己負担が実質無料となるのが最大の特徴です。

一定の保険金を支払う形ではなく、実際にかかった費用をかかった分だけ支払ってくれます。

先進医療だけでなく自由診療も実額補償なので、十分な保障が受けられます。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:最大300万円
入院給付金:無制限(実費払い)
通院給付金:最大1,000万円(実費払い)
先進医療特約の限度額 1,000万円(実費払い)
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・20歳男性:923円
・20歳女性:1,089円
・30歳男性:923円
・30歳女性:1,089円

第9位:オリックス生命「がん保険Believe」

がん保険Believe

出典:オリックス生命

がん保険Believeは、入院はもちろん通院も治療開始時から手厚くがん治療を一生涯保障してくれるがん保険です。

更新もないので、途中で保険料が上がる心配もありません。

また、がんで10日以上の継続入院後に退院した場合にはがん退院一時金も受け取れるので、退院後の生活費や薬代、交通費などに充てることも可能です。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:50万円、100万円
入院給付金:5,000円、1万円
通院給付金:5,000円、1万円
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・20歳男性:2,656円
・20歳女性:2,261円
・30歳男性:3,572円
・30歳女性:2,945円

第10位:太陽生命「保険組曲Best がん・重大疾病予防保険」

保険組曲Best がん・重大疾病予防保険

出典:太陽生命

保険組曲Best がん・重大疾病予防保険は、がんに加えて急性心筋梗塞、脳卒中、糖尿病までカバーできる保険です。

先進医療保険を付加すれば、10%の先進医療支援給付を受け取れます。

また、治療を目的とした入院などの早期就業不能状態が30日以上継続した場合には、給付金を最大150日継続分まで受け取れる点もメリットです。

保険期間 終身
給付金 診断一時金:最大300万円
入院給付金:最大60万円
通院給付金:-
先進医療特約の限度額 2,000万円
免責期間 90日間
特約・特則
保険料例 ・30歳男性:1,473円
・30歳女性:1,717円
新NISA制度の学習システム

がん保険を選ぶ際の4つのおすすめポイント

がん保険ポイント

がん保険を選ぶ時は、以下のポイントを押さえながら自分に合った商品を選びましょう。

最新のがん治療に対応できる保障が付いているか

がん保険を選ぶ際は、最新のがん治療に対応できる保障が付いているかを確認しましょう。

がんを取り巻く環境は変化し続けており、それに伴ってがん保険の保障内容も日々変化しています。

いざ自分ががんになった時に、十分な保障が受けられなければ意味がないので、最新のがん治療に対応している商品を選ぶことが大事です。

保障期間はいつまでか

がん保険に限ったことではないですが、一生涯の保障なのか、一定期間の保障なのかによっても大きく異なります。

一生涯の保障であれば、保障が一生涯続くためいつがんになっても備えることができます。

また、年齢が上がっても保険料が上がることもないので、家計のやりくりもしやすいでしょう。

月々の支払いは1,000円~3,000円程度と、比較的保険料はお手頃になっています。

一定期間の保障なら、一生涯の保障よりも毎月の保険料負担が少ないです。

一定期間の保障の場合、10年毎に更新するのが一般的ですが、若い間はがんになる可能性も低いので、保険料は数百円程度になります。

ただし、保険料は更新する度に高くなるというデメリットもあるので、注意してください。

がん保険を選ぶ時は保障内容も大事ですが、どの時期に保障が必要なのか、どのくらいの保険料なら支払えるのかを考慮して決めることが大事です。

先進医療などの高額な治療費に対応しているか

がん保険を選ぶ時は、先進医療などの高額な治療費に対応しているかを確認することも大事です。

先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養のことで、公的医療保険の対象になっていないものを指します。

一般的な保険診療を受けるなかで、患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われることになります。

先進医療の治療によっては、治療費は数十万円~100万円を超える場合もあります。

そのため、保険にがん保険に加入していないと、いざがんになった時に高額な治療費を支払うか、払えないから治療を断念するかの選択肢を取るしかありません。

せっかく治療を受けるなら、治療費の高さだけで断念したくないですよね。

そのため、先進医療などの高額な治療費に対応しているかどうかは重要なのです。

貯蓄が少ないなら”一時金”を受け取れるタイプがおすすめ

現在貯蓄が少ないのであれば、一時金を受け取れるタイプがおすすめです。

一時金のあるがん保険であれば、がんと診断された時に一時金として契約時に決めた金額をすぐに受け取れます。

一時給付金の使い道は自由なので、入院費や治療費、通院費、収入減少による補填などに使えます。

そもそも、がん保険とは?

がん保険とは

そもそも、がん保険って何?

がん保険への加入を検討している場合、がん保険は一体どういうものかを把握しておく必要があります。

ここでは、がん保険の基本的な情報を紹介します。

がんに特化した保険商品

がん保険は、がんと診断された際の入院や通院、手術、投薬などの治療を行う必要がある時に、給付金によりサポートしてくれるのががん保険の主な役割です。

がんは発見された時のステージや部位によってもさまざまで、治療方法も人によって違います。

がん保険の保障内容は、一般的な医療保険と比べてもがんに対応しやすくなっています。

がん保険の主な保障内容
  • がん診断給付金(一時金)
  • がん入院給付金
  • がん通院給付金
  • がん手術給付金
  • 抗がん剤治療給付金
  • がん放射線治療給付金
  • がん先進医療給付金
  • その他(退院給付金、在宅療養給付金、退院後療養給付金など)

がん保険の種類

がん保険には、3つの給付の形があります。

がん保険の種類
  • 入院給付金型
  • 実損てん補型
  • 診断給付金型

それぞれの保障の期間と内容を理解しておくと、がん保険選びに便利です。

入院給付金型

入院給付金型は、がんと診断された際に高額な医療費制度では補えないベッド代や交通費、食事代などの保険適用外の部分に対して十分な保障が受けられる保険です。

入院給付金型は、診断給付金や手術給付金などの保障を上乗せする形で特約を付加することも可能です。

入院した時に備えたい人にはおすすめです。

実損てん補型

実損てん補型は、がん保険の中でも比較的新しい保険で、診断・手術・入院に関わらず、実際にかかった治療費を補償してくれる保険です。

申込時に保険金の上限を設定するため、それ以上の保険金を受け取ることはできませんが、保険適用外の治療や先進医療などの高額な治療費が必要になる医療を受けた際には、実損てん補型が役に立ちます。

診断給付金型

診断給付金型は、がんと診断された際にまとまったお金を受け取れる保険です。

例えば、がんと診断された際に100万円以上の金額を受け取れることもできるので、医療費やもちろん、がん治療を受けるための入院費や手術費に充てることも可能です。

さらに、入院が必要になったために収入が減少してしまうリスクにも備えることができます。

医療保険との違い

がん保険と医療保険どっちがいいの?

医療保険に加入していればがん保険はいらない?

という疑問を抱える人もいると思います。

がん保険と医療保険の一番の違いは、保障の範囲です。

がん保険はがんの治療に関する保障ですが、医療保険は病気やケガ全般を保障する保険です。

医療保険でもがんは対象になるので、医療保険に加入していればがん保険への加入が必要ない人もいます。

ですが、医療保険のがん治療に関する保障は、がん保険よりも劣ってしまう場合が多いです。

そのため、がんを中心に備えたいのであれば、がん保険に加入した方がいいかもしれません。

一方で、保険料負担を抑えながらもがんを含むさまざま病気やケガに備えたいのであれば、医療保険に加入して特約でがん保障を付けるという選択肢もあります。

詳しくは、保険のプロが相談に乗ってくれる無料保険相談を一度利用してみることをおすすめします。

マネーアドバンス-無料相談予約
新NISA制度の学習システム

がん保険の必要性は?がん保険への加入がおすすめな人

がん保険の必要性

そもそも、がん保険って必要なの?

がん保険はいらないって聞くけど本当?

という悩みや疑問を抱える人のために、ここではがん保険の必要性について解説していきます。

生涯でがんになる確率は60%以上

現在、日本人が生涯でがんになる確率とがんで死亡する確率は、それぞれ男性で63%/24%、女性で48%/15%とされています。

つまり、2人に一人の割合で何かしらのがんになり、男性の場合は4人に1人の確率でがんが原因で亡くなっているのです。(参考:浜松PET診断センター|“がん”について

日々医療は進歩を続けていますが、がんになる人が多いことは事実です。

「自分はがんにならないから大丈夫!」と油断しているので、がんになってしまった時に”保険に加入していれば良かった…”と後悔してしまう可能性もあるので、注意してください。

がん治療にかかる費用相場

初めてがんと診断された際の医療費は、平均43万円、医療費以外に平均22万円の出費があり、合計で約66万円の費用が平均です。

また、がんはステージが進行しているほど年間の治療費は高額となってしまいます。(参考:メットライフ生命調べ 「特定疾病に関するインターネット調査(2018年12月))

がん治療に関する治療費は高額な治療費制度の対象になるため、1ヶ月の医療費は約10万以下に収まりますが、先進医療などで治療をする場合は高額療養費制度の対象外となります。

また、先進医療を受けなくても入院費や食費などがかかってしまうので、現在十分な貯蓄がないのであればがん保険に加入して備えておく必要があると言えるでしょう。

がん保険に加入している人は多い

公益財団法人 生命保険文化センターがまとめた「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、令和元年における民間保険のがん保険・がん特約の加入率は37.5%と、全体のおよそ4割となっています。

医療の進歩が発達しているとはいえ、多くの方ががん保険に加入していることは事実です。

年齢が上がれば上がるほどがんになるリスクも高まるため、30代以降からがん保険に加入する人も多いです。

がん保険の加入率 男性 女性
20代 21.0% 25.9%
30代 39.9% 39.7%
40代 48.3% 43.0%
50代 41.1% 38.7%
60代 37.8% 32.4%

参考:「令和元年度 生活保障に関する調査

がん保険に加入する際の注意点

がん保険の注意点

次に、がん保険に加入する際の注意点を紹介します。

ここで紹介する注意点をしっかり理解していないと、加入後にトラブルが起こることもあるため注意してください。

がん保険の免責期間に注意

がん保険には、免責期間という契約開始日から保障の開始日までに保険金が支払われない期間が存在します。

ほとんどの場合で、契約開始から90日間の免責期間が設けられています。

つまり、保険に加入した1週間後にがんと診断された場合でも、保険金が下りないということです。

また、がん保険に既に加入していて、保障内容を見直した際にも新たに免責期間が発生してしまうので注意が必要です。

保障を途切れさせないためには、前に加入していた契約を免責期間が過ぎるまで解約しないなどの対策が必要です。

保障対象範囲をしっかり確認する

がん保険に加入する時は、必ず保障対象範囲を確認してください。

がんは一般的に「悪性新生物」と呼ばれていますが、同じがんでも「上皮内新生物」というがんもあります。

上皮内新生物の場合は、保険商品によって保障の対象外になっている場合もあります。

つまり、がんと診断されて上皮内新生物の場合は、がん保険に加入していても保険金が下りないという事態が起きてしまうのです。

がん以外の病気やケガの保障がない

がん保険は基本的にカバーできる保障ががんのみです。

医療保険であればさまざま病気やケガに備えられますが、がん保険はがんに特化した保険です。

そのため、三大疾患などの病気になったとしても、保障の対象外となってしまうのです。

新NISA制度の学習システム

がん保険相談におすすめの無料保険相談窓口4選

おすすめの保険相談窓口

ここでは、がん保険の相談におすすめの無料保険相談窓口を紹介します。

がん保険の相談におすすめの無料保険相談窓口

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶの特徴
  • ファイナンシャルプランナー資格を持ったお金のプロに相談ができる
  • 21万件以上の相談実績がある
  • WEB面談の他、自宅・カフェ・オフィスなどの利用しやすい場所に訪問に来てくれる
  • 保険の取り扱いは40社以上
  • 相談無料

ほけんのぜんぶは、子育て世代やシニア世代に選ばれている保険相談窓口です。

取り扱い保険会社数は40社以上で、1つの窓口で多くの保険を比較検討できます。

また、FP資格取得率は100%なので、保険やお金プロに相談できるのも魅力です。

40社以上の保険商品の中から、最適なプランを提案して、最適な保険加入が実現できます。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型、オンライン型、店舗型 25社 11社
少額短期保険:6社
ネット, 電話 在籍
ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボの特徴
  • 37の保険会社からオーダーメイド
  • 数々の保険相談サイトランキングNo.1
  • 無理な勧誘は一切なし

保険見直しラボは、30社以上の保険商品からあなたに合った保険を無料でオーダーメイドしてくれる保険相談窓口です。

全国展開の訪問型保険相談サービスで、コンサルタントはベテランぞろいで、平均業界経験年数12.1年と質の高いサービスを受けられます。

コンサルタントはお客さまの情報やお申込みのきっかけからマッチしたコンサルタントを最短10分で提案してくれるので、すぐにでも相談したい人にもおすすめです。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型 23社 14社 ネット, 電話 在籍
保険見直しラボ

保険ライフ

保険ライフ

保険ライフの特徴
  • 最大50社から比較で最適な保険商品が見つかりやすい
  • 相談は自宅やオンライン、喫茶店など幅広く対応
  • 相談が何度でも無料

保険ライフは、保険の知識が豊富なFPが2,000名以上在籍し、希望者にはライフプラン表も無料で作成してくれます。

最大50社の保険商品を比較でき、相談は何度でも無料なので、気軽に相談できる点もメリットと言えるでしょう。

また、自宅やオンラインなど希望のスタイルで相談できるので、なかなか外出できない人にもおすすめです。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型 50社以上(損保含む) 50社以上(生保含む) ネット, 電話 在籍
保険ライフ

保険とみらい

保険とみらい

保険とみらいの特徴
  • 相談場所を選べる
  • 保険以外の相談もOK
  • 人気の13社の保険から比較

保険とみらいでは、相談場所を全国の様々な場所に指定することができます。

オンラインはもちろんのこと、自宅やお近くのカフェなどでも可能です。

相談料は無料で何度でも相談することができ、13社の保険会社から比較することができます。

また、公式サイトより人気のがん保険を比較することができるため、事前に確認してみると良いでしょう。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型/オンライン 13社以上(損保含む) 13社以上(生保含む) ネット, 電話 不明
保険とみらい-無料相談

がん保険 おすすめに関するよくある質問

よくある質問

最後に、がん保険 おすすめに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

50代以上におすすめの安いがん保険は?

50代以上におすすめの安いがん保険は「ライフネット生命のがん保険ダブルエール」です。

ライフネット生命のがん保険ダブルエールは、長引くがんの治療費とがんによる収入減少に備えられるがん保険で、一生涯サポートしてくれます。

40代におすすめのがん保険は?

40代におすすめのがん保険は「FWD生命のFWDがんベスト・ゴールド」です。

FWD生命のFWDがんベスト・ゴールドは、初めて上皮内新生物を含むがんと診断確定された場合には、治療方法にかかわらず最高300万円の給付金が受け取れます。

30代におすすめのがん保険は?

30代におすすめのがん保険は「メディケア生命のメディフィットがん保険」です。

メディケア生命のメディフィットがん保険は、契約時の年齢が30代の方が最も多く、保険料もお手頃な点が魅力です。

女性におすすめのがん保険は?

女性おすすめのがん保険は「アクサダイレクト生命のアクサダイレクトのがん終身」です。

アクサダイレクト生命のアクサダイレクトのがん終身は、「女性特約」を付加しておくと、女性特有のがんに対する保障を上乗せできます。

がん保険はいらないって本当?

”がん保険はいらない”という噂を耳にしたことがある人もいると思いますが、生涯でがんに罹患する確率は2人に1人と言われています。

そのため、基本的にはがん保険に加入するメリットは大きいです。

ですが、十分な貯蓄がある人や若くて独身の人はがん保険の必要性は低いです。

新NISA制度の学習システム

がん保険 おすすめまとめ

がん保険 おすすめまとめ

本記事では、おすすめのがん保険の特徴やがん保険の選び方、注意点などを詳しく紹介してきました。

がん保険はさまざま保険会社が用意しているので、保険選びに悩んでしまいますよね。

そんな時に頼りになるのが無料保険相談窓口です。

無料保険相談窓口では何度でも保険に関する相談ができ、がん保険だけでなく医療保険に関する相談も可能です。

保険は簡単に決めていいものではないので、少しでも悩んだらまずは保険相談窓口に相談してから決めることをおすすめします。

ほけんのぜんぶは保険選びで困っている方におすすめ!

全国に29箇所の拠点を持ち、離島をのぞき北海道から沖縄まで訪問が可能となっています。

↓保険の無料相談はこちらから ↓



ほけんのぜんぶ

代理店名 公式 取扱数 特徴
ほけんのぜんぶ ほけんのぜんぶ_ほけんの窓口の評判 無料相談 40社以上 ●FP資格を持ったお金のプロに相談ができる
●WEB面談の他、どこでも利用しやすい場所に訪問に来てくれる
●21万件以上の相談実績
保険見直しラボ 保険見直しラボ_ほけんの窓口の評判 無料相談 32社 ●全国に拠点が70箇所で、国内最大手
●保険の取り扱いは37社で豊富
●コンサルタントの変更がいつでも可能
●イエローカード制度があるから安心
保険ライフ 保険ライフ 無料相談 50社 ●最大50社から比較で最適な保険商品が見つかりやすい
●相談は自宅やオンライン、喫茶店など幅広く対応
●相談が何度でも無料
保険クリニック 保険クリニック_ほけんの窓口の評判 無料相談 50社 ●約50社の優れた保険会社の中から提案
●約27万人の相談実績
●「来店型保険ショップ」ランキング総合1位

【ちょっと待って!保険を検討する前に。】
消費者庁提供:「消費者を保護する制度の内容を知ろう」