プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 円高・円安はどっちがいいの?円高・円安を狙う取引のポイントやおすすめFX会社を紹介 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

円高・円安はどっちがいいの?円高・円安を狙う取引のポイントやおすすめFX会社を紹介

読者

円高・円安はどっちがいいのか教えてほしい。それぞれのメリット・デメリットやFXで円高・円安を狙うときのポイントは?
このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、このような方に向けて、円高・円安のメリット・デメリットやFXで取引するときのポイント、注意点、おすすめFX会社などについて解説します。

この記事のポイント
  • 円高・円安について知っておくことは大切
  • FXで取引するときは相場分析や勉強・練習が大事
  • FX会社は複数を比較して選ぶこと
  • 初心者は少額資金から始めること
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
  • 松井証券のFXは、取引ツールが使いやすくシンプルなので初心者にもおすすめ
  • 松井証券のFXなら最低100円からスタートできる!
おすすめのFX取引のポイント
  • 少額でFX取引をする際は通貨単位が低いFX会社で口座開設する
  • FX取引は100円単位から取引が可能!
  • 初心者はむしろ少額から始めるべき
  • レバレッジ取引は極力控える
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
少額取引が可能で、公式LINEにて取引をサポートしていると大好評! 選べるレバレッジ倍率で簡単にレバレッジの調整ができる!
【松井証券のFXの口座開設はこちら!】

\ 初心者にも人気!/

MATSUIFX

円高・円安について

円高・円安は、他の通貨に対する円の相対的価値を表しています。相対的価値がどのように変化すると円高・円安になるのか把握しておきましょう。

ここでは、以下2点について紹介します。

円高・円安について
  • 円高とは
  • 円安とは

円高とは

円高とは、米ドルやユーロなど他の通貨と比べて円の価値が高くなることです。

例えば、1ドル=125円が1ドル=120円になると5円の円高です。米ドルに対して円の価値が5円高くなったことになります。また、1ユーロ=135円が1ユーロ=133円になった場合は、ユーロに対して3円の円高です。

このように、他の通貨に対して円の相対的価値が高くなると「円高」となります。

円安とは

円安とは、米ドルやユーロなど他の通貨と比べて円の価値が安くなることです。

例えば、1ドル=120円が1ドル=123円になった場合は3円の円安となります。また、1ユーロ=132円が1ユーロ=137円になった場合は5円の円安です。

他の通貨に対して円の相対的価値が安くなると「円安」となります。

新NISA制度の学習システム

円高のメリット・デメリット

円高のメリット・デメリット
  • メリット
  • デメリット
円高によって、私たちの生活にどのような影響をもたらすのか、しっかりと把握しておきましょう。

メリット

円高になると、米ドルやユーロに対して円の価値が高くなります。円高のメリットには、次のようなものがあります。

円高のメリット
  • 輸入品が安く買える
  • 海外旅行がお得になる
円の価値が高くなるため、食料品や日用品、電化製品など、輸入品を安く買えるようになります。また、外貨を安く調達できるため海外旅行の費用が安く済みます。

デメリット

円高のデメリットには、次のようなものがあります。

円高のデメリット
  • 株安になりやすい
  • 海外資産が目減りする
自動車産業をはじめ、日本は輸出企業が多いため、円高になると多くの企業が打撃を受けます。そのため、日本株は株安になる可能性があります。

また、外貨や外国株、外国債券などに投資している場合は、円高により資産が目減りしてしまいますので注意しましょう。

円安のメリット・デメリット

円高だけでなく、円安のメリット・デメリットについても把握しておきましょう。私たちの生活にも、円高とは違った影響があります。

ここでは、以下2点について紹介します。

円安のメリット・デメリット
  • メリット
  • デメリット
それぞれの内容について見ていきましょう。

メリット

円安のメリットには、次のようなものがあります。

円安のメリット
  • 株高になりやすい
  • 海外資産の価値を高められる
日本は輸出企業が多いため、円安になると業績アップが期待できます。多くの企業の業績が良くなることで株高になる傾向があります。また、円に対して外貨の価値が上がるため、海外資産の価値を高められるのがメリットです。

デメリット

円安のデメリットには、次のようなものがあります。

円安のデメリット
  • 輸入品が高くなる
  • 海外旅行が行きづらくなる
他の通貨と比べて円の価値が安くなるため、海外から輸入する商品が高くなります。食料品や日用品などが値上がりして生活に影響が出る可能性があります。外貨の調達コストが高くなるため、海外旅行に行きづらくなるのも円安のデメリットです。

新NISA制度の学習システム

円高・円安はどっちがいいのか?

「円高・円安はどっちがいいのか知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。しかし、「円高のほうが絶対にいい!」「円安になったほうがいい!」など、一概には言えません。

立場によって円高・円安のどっちがいいのか意見が変わるためです。例えば、輸出企業にとっては円高より円安のほうがメリットがあります。海外旅行を考えている方は円高になったほうが嬉しいでしょう。

このように立場によって変わるため、「全員にとって円高・円安のどっちがいいのか」に関する明確な答えはありません。

FXで円高・円安を狙って取引するときのポイント

円高・円安を狙って取引するときのポイントは、次のとおりです。

取引するときのポイント
  • テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をする
  • 自分の得意なタイミングでポジションを持つ
  • スプレッドが狭いFX会社を選ぶ
  • スワップポイントが高いFX会社を選ぶ
  • 事前に利確・損切りポイントを決めておく
これらのポイントを知ることで、利益を得やすくなります。また、計画的な取引が可能です。ここでは、FXで円高・円安を狙って取引するときのポイントについて見ていきましょう。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をする

「テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をする」が大切な理由
  • 将来の相場動向を予測し、根拠を持って取引ができるため
円高・円安を狙って取引する前に、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行いましょう。テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の内容は、次のとおりです。

テクニカル分析:テクニカル指標などを用いて過去のチャートから将来の相場動向を予測
ファンダメンタルズ分析:各国の経済情報や政治情報などから将来の相場動向を予測

「米国が利上げしたので円安に動くだろう」など、分析を行うことで根拠を持って取引ができます。「なんとなく」など、勘や運に頼った取引ではなくなります。分析の精度が上がれば、勝率も高くなるでしょう。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析は、デモトレードで練習できます。取引をする前に相場分析を行うようにしてください。

自分の得意なタイミングでポジションを持つ

「自分の得意なタイミングでポジションを持つ」が大切な理由
  • 得意なタイミングでポジションを持つと勝率が高いため
「重要経済指標の発表後」「移動平均線のゴールデンクロスが発生したタイミング」「MACDがプラス圏でデッドクロスしたタイミング」など、自分の得意なタイミングでポジションを持つことが大切です。

得意なタイミングでポジションを持つと、勝率が高いことが多いからです。自分の勝ちパターンをつくることで利益を得やすくなります。よいイメージを持って臨めることは大事です。

「円高・円安を狙ってとにかくポジションを持つ」ではなく、自分の得意とするタイミングが来たらポジションを持つようにしましょう。

スプレッドが狭いFX会社を選ぶ

「スプレッドが狭いFX会社を選ぶ」が大切な理由
  • 取引コストを低く抑えられるため
円高・円安を狙って取引する場合は、スプレッドが狭いFX会社がおすすめです。売値と買値の価格差であるスプレッドが狭いと、取引コストを低く抑えられるからです。取引コストを低く抑えることができれば、利益を得やすくなります。

取引する通貨ペアのスプレッドが狭いFX会社を選び、コストを抑えた取引をしましょう。

スワップポイントが高いFX会社を選ぶ

「スワップポイントが高いFX会社を選ぶ」が大切な理由
  • スワップポイントが高いと利益を得やすくなるため
スワップポイントが高いFX会社を選ぶことも、円高・円安を狙って取引するときのポイントです。スワップポイントは、2つの通貨間の金利差です。金利差がプラスであれば、ポジションを保有している間スワップポイントを受け取ることができます。

スワップポイントが高いFX会社を選ぶことで、利益を得やすくなります。

おすすめのFX取引のポイント
  • 少額でFX取引をする際は通貨単位が低いFX会社で口座開設する
  • FX取引は100円単位から取引が可能!
  • 初心者はむしろ少額から始めるべき
  • レバレッジ取引は極力控える
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
少額取引が可能で、公式LINEにて取引をサポートしていると大好評! 選べるレバレッジ倍率で簡単にレバレッジの調整ができる!
【松井証券のFXの口座開設はこちら!】

\ 初心者にも人気!/

MATSUIFX

事前に利確・損切りポイントを決めておく

「事前に利確・損切りポイントを決めておく」が大切な理由
  • 計画的な取引がしやすくなるため
FXで円高・円安を狙って取引するときのポイントが、事前に利確・損切りポイントを決めておくことです。「◯円になったら利確」「△pips下がったら損切り」など、事前に利確・損切りポイントを決めておくことで、計画的な売買ができるようになります。

また、利確・損切りのタイミングに迷わなくて済みます。感情的になって決済タイミングを見失うこともありません。

事前に利確・損切りポイントを決めて取引を行いましょう。

新NISA制度の学習システム

FXで円高・円安を狙って取引するときの注意点

FXで円高・円安を狙って取引するときの注意点は、次のとおりです。

取引するときの注意点
  • 高レバレッジ取引は控える
  • 生活資金を使って取引しない
  • 証拠金維持率に余裕をもたせる
  • スワップポイントのマイナスに気をつける
  • 最初から多くの資金を投資しない
  • 新興国通貨は選ばない
これらの注意点を知っていることで、リスク管理がしやすくなります。注意点について、一つひとつ見ていきましょう。

高レバレッジ取引は控える

「高レバレッジ取引は控える」が注意点の理由
  • ハイリスク・ハイリターンで多額の損失を被る恐れがあるため
円高・円安を狙ってFXをするときは、高レバレッジ取引を控えましょう。レバレッジ取引とは、資金効率を高める仕組みです。証拠金の最大25倍の金額で取引ができます。

例えば、レバレッジ25倍であれば、証拠金10万円で250万円の取引が可能です。取引金額が大きくなるため、値動きが小さくても多くの利益を狙えます。

しかし、高レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンです。相場が予想と逆に動けば、多くの損失を被るリスクがあります。経験豊富なトレーダーであればよいですが、そうでない方にはリスクが高すぎます。

円高・円安を狙って取引をするときは、高レバレッジ取引を控えてリスクを抑えましょう。

生活資金を使って取引しない

「生活資金を使って取引しない」が注意点の理由
  • 損失が発生したときに生活に支障が出ないようにするため
円高・円安を狙って取引する場合は、生活資金を使わないようにしましょう。FXは利益が出る場合もあれば、損失が出る場合もあります。必ず利益が出てお金が増えるわけではありません。

生活資金を使うと、損失が発生したときに生活に影響が出る恐れがあります。食費や家賃、クレジットカードの支払い、ローン返済などに支障が出ては大変です。

投資は余剰資金を使って行うものです。生活資金を使ってするものではありません。余剰資金を使って、投資で損失が発生しても生活に支障が出ないようにしましょう。

証拠金維持率に余裕をもたせる

「証拠金維持率に余裕をもたせる」が注意点の理由
  • 証拠金維持率に余裕がないとロスカットリスクが高いため
FXをするときは、証拠金維持率に余裕をもたせることが大切です。証拠金維持率が低く余裕がなければ、わずかな値動きでロスカットになる恐れがあります。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定水準を下回ったときに、すべての保有ポジションが強制決済される制度のことです。

ロスカットになる水準はFX会社で異なります。例えば、外為どっとコムの場合は、証拠金維持率が100%を下回るとロスカットが執行されます。

「◯◯%以上の証拠金維持率があれば絶対に安心」というものはありませんが、最低でも200%〜300%以上の証拠金維持率を保つようにしましょう。

スワップポイントのマイナスに気をつける

「スワップポイントのマイナスに気をつける」が注意点の理由
  • スワップポイントの支払いで損失が膨れ上がるリスクがあるため
円高・円安を狙って取引する際は、スワップポイントのマイナスに気をつけましょう。スワップポイントは、通貨ペアである2つの通貨間の金利差です。低金利通貨を売って高金利通貨を買うなど、金利差がプラスになるとスワップポイントを受け取ることができます。

スワップポイントは、ポジション保有期間中に受け取れるため、コツコツと利益を積み上げることが可能です。※スワップポイントの付与日はFX会社で異なります。

しかし、金利差がマイナスの場合は、スワップポイントを支払うことになるので注意してください。スワップポイントの支払いによって損失が膨れ上がるリスクがあります。

特に、中長期でポジションを保有する場合は注意しましょう。

最初から多くの資金を投資しない

「最初から多くの資金を投資しない」が注意点の理由
  • 損失が出たときのダメージが大きいため
FXが初めての場合は、少額資金で始めるようにしましょう。取引金額が少なければ、損失が出てもダメージは小さいからです。最初から多くの資金を投じると、損失が出たときのダメージが大きく、冷静な判断も難しくなります。

まずは、少額資金で取引を始めて、経験を積むことが大切です。経験を積んだら、投資金額を増やしていくとよいでしょう。

新興国通貨は選ばない

「新興国通貨は選ばない」が注意点の理由
  • 情報収集がしづらく値動きが激しい傾向にあるため
円高・円安を狙って取引する際は、新興国通貨は選ばないようにしましょう。新興国通貨は情報収集がしづらい上に、値動きが激しい傾向があるからです。経験豊富なトレーダーであればよいですが、初心者にはおすすめできません。

FXを始めたばかりの方は、米ドルや円、ユーロなどのメジャー通貨がおすすめです。Webやテレビ、本、新聞などで情報収集がしやすく、値動きは新興国通貨より落ち着いています。

最初は、米ドルや円、ユーロなどのメジャー通貨で経験を積むようにしましょう。

おすすめのFX取引のポイント
  • 少額でFX取引をする際は通貨単位が低いFX会社で口座開設する
  • FX取引は100円単位から取引が可能!
  • 初心者はむしろ少額から始めるべき
  • レバレッジ取引は極力控える
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
少額取引が可能で、公式LINEにて取引をサポートしていると大好評! 選べるレバレッジ倍率で簡単にレバレッジの調整ができる!
【松井証券のFXの口座開設はこちら!】

\ 初心者にも人気!/

MATSUIFX

円高・円安を狙ってFX会社を選ぶポイント

ここで紹介するFX会社を選ぶポイントを把握していれば、条件のよいFX会社を選びやすくなります。

FX会社を選ぶポイント
  • 取引ツールが使いやすい
  • 投資情報が豊富
  • スプレッド・スワップポイントが魅力的
  • 口座開設キャンペーンがお得
それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

取引ツールが使いやすい

円高・円安を狙ってFXを始める場合は、取引ツールが使いやすいFX会社を選びましょう。

取引ツールは、新規注文や決済注文、入金・出金、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析などで利用するため、使いやすいかどうかは重要です。使いにくい取引ツールだと、取引チャンスを逃す可能性があります。また、ストレスの原因にもなります。

デモトレードで取引ツールを利用できますので、使いやすいかどうか確認しましょう。

投資情報が豊富

FX会社を選ぶときは、投資情報が豊富か確認しましょう。投資に役立つ情報が多ければ、ファンダメンタルズ分析の参考になります。また、著名トレーダーやアナリストが発信する情報によって、知識やスキルを高めることが可能です。

動画を見たりセミナーに参加したりするだけで、多くのノウハウを得ることができます。

FX会社を選ぶときは、情報コンテンツや情報の量についても注目しましょう。

スプレッド・スワップポイントが魅力的

円高・円安を狙ってFXを始めるときは、スプレッドやスワップポイントが魅力的なFX会社を選びましょう。

スプレッドとは、売値と買値の価格差で、取引のたびにかかるコストです。例えば、米ドル/円の売値が125.876円で買値が125.879円の場合、スプレッドは0.3銭になります。

スプレッドが狭いほど取引コストは低く、スプレッドが広いほど取引コストは高くなります。スプレッドが狭いFX会社を選ぶことで、コストを抑えた取引が可能です。

スワップポイントは2つの通貨間の金利差です。金利差がプラスであれば、スワップポイントを受け取ることができます。FX会社によってスワップポイントの水準に違いがあるため、スワップポイントが高いFX会社を選ぶことで利益を得やすくなります。

FX会社を選ぶときは、スプレッドやスワップポイントにも注目してください。

口座開設キャンペーンがお得

FX会社を選ぶときは、口座開設キャンペーンにも注目しましょう。多くのFX会社が口座開設キャンペーンを実施しており、条件をクリアするとキャッシュバックを受け取ることができます。

例えば、松井証券のFXの口座開設キャンペーンは、新規口座開設+取引で最大50万円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。キャッシュバックが入ることで、投資資金を増やせます。

FX会社でキャッシュバック金額や条件が異なりますので、口座開設キャンペーンの有無や内容も確認してFX会社を選びましょう。

おすすめのFX取引のポイント
  • 少額でFX取引をする際は通貨単位が低いFX会社で口座開設する
  • FX取引は100円単位から取引が可能!
  • 初心者はむしろ少額から始めるべき
  • レバレッジ取引は極力控える
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
少額取引が可能で、公式LINEにて取引をサポートしていると大好評! 選べるレバレッジ倍率で簡単にレバレッジの調整ができる!
【松井証券のFXの口座開設はこちら!】

\ 初心者にも人気!/

MATSUIFX

新NISA制度の学習システム

円高・円安を狙って取引するときのおすすめFX会社8選

円高・円安を狙って取引するときのおすすめFX会社は、以下8社です。

おすすめFX会社7選
  • 1.松井証券のFX
  • 2.外為どっとコム
  • 3.SBI FXトレード
  • 4.LINE FX
  • 5.ヒロセ通商(LION FX)
  • 6.みんなのFX
  • 7.外為オンライン
  • 8.GMOクリック証券(FXネオ)
いずれも魅力的なFX会社になりますので、FX選びの参考にしてみてください。ここでは、各FX会社の特徴について見ていきましょう。

おすすめFX会社1位:松井証券のFX

松井証券のFX

松井証券のFXのおすすめポイント
  • 100円から取引できる
  • スプレッドが狭い
松井証券のFXは最低取引単位が1通貨で、100円から取引ができます。米ドル/円のスプレッドは0.2銭〜と狭く、コストを抑えた取引が可能です。

機能性の優れたPCツールとスマホアプリを利用できます。コールセンターは7時〜24時まで受付しているため、困ったことがあってもすぐに解決できます。

取引コストを抑えて、少ない投資資金でFXを始めたい方におすすめです。

口座開設スピード 最短即日
通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 1通貨
口座開設キャンペーン内容 最大50万円キャッシュバック
おすすめのFX取引のポイント
  • 少額でFX取引をする際は通貨単位が低いFX会社で口座開設する
  • FX取引は100円単位から取引が可能!
  • 初心者はむしろ少額から始めるべき
  • レバレッジ取引は極力控える
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
少額取引が可能で、公式LINEにて取引をサポートしていると大好評! 選べるレバレッジ倍率で簡単にレバレッジの調整ができる!
【松井証券のFXの口座開設はこちら!】

\ 初心者にも人気!/

MATSUIFX

おすすめFX会社2位:外為どっとコム

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 情報量が豊富
  • FX積立ができる
外為どっとコムは、マーケットニュースやアナリストレポート、動画、セミナー、独自の情報メディア「マネ育ch」など、情報コンテンツと情報量が豊富です。相場分析や投資判断、知識・スキルの習得に役立ちます。

決まったタイミングで自動的に買付を行うFX積立は、1通貨単位で利用できます。また、米ドル/円は0.2銭など、スプレッドが狭く低コストで取引が可能です。
※原則固定(例外あり)
※外貨NEXTneoを利用する場合

情報量が豊富なFX会社を利用したい方におすすめです。

口座開設スピード 最短即日
通貨ペア 30通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
口座開設キャンペーン内容 最大100万円キャッシュバック

\ 最大100万円キャッシュバック/

外為ドットコム

おすすめFX会社3位:SBI FXトレード

円高・円安

SBI FXトレードのおすすめポイント
  • 1通貨から取引できる
  • スプレッドが狭い
SBI FXトレードは1通貨から取引できるFX会社です。1,000円以下の資金で取引を始めることができます。米ドル/円の1,000通貨までのスプレッドは0.09銭と低コストです。

決まったタイミングで自動的に買付を行う積立FXもできます。取引ツールは機能性が優れており、初心者からプロまで満足できる内容です。

できるだけ少ない資金で取引を始めたい方や取引コストを抑えたい方におすすめです。

口座開設スピード 最短即日
通貨ペア 34通貨ペア
最低取引単位 1通貨
口座開設キャンペーン内容 最大5万円キャッシュバック

おすすめFX会社4位:LINE FX

FXおすすめ_LINEFX

LINE FXはSNSの最大手「LINE」と「野村ホールディングス」が共同で運営しているFX取引サービスです。

LINE FXの特徴は、取引ツールが直感的に使いやすく、LINEを使っている人であれば誰でも簡単に取引を始められる手軽さといえます。

また、公式アカウントをLINEで友達登録しておくと通貨ペアの相場急変通知やキャンペーン情報など、為替情報が届くため、情報をいち早く入手したい人に最適です。

1,000通貨単位での取引が可能なので少額から取引ができ、初心者にもやさしいFX口座ですよ!
LINE FXのポイント
  • FXの相場情報がLINEで受け取れる
  • 取引ツールが使いやすい
  • 1,000通貨から取引可能
  • 多くの手数料が無料
  • 業界最狭水準のスプレッド
LINE FXの基本情報
総合点数 90点
最小取引単位 1,000通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり)
0.2銭(米ドル/円)
0.5銭(ユーロ/円)
1.0銭(ポンド/円)
取扱通貨ペア数 23通貨ペア
チャートとかもろもろLINEFXのが使いやすいので短期はそちらでやります。
移動平均しか使わないからLINEFXめちゃ使いやすい
L INEFXやってます。思ってたより使いやすいです。今はスプレッド縮小キャンペーンしてるので使ってます。

現在のキャンペーン・特典情報

新規口座開設+1取引で最大50,000円のキャッシュバック

各種手数料無料!初心者にやさしい!
LINEFX

おすすめFX会社5位:ヒロセ通商(LION FX)

円高・円安

ヒロセ通商(LION FX)のおすすめポイント
  • 通貨ペアの種類が豊富
  • 約定力が高い
ヒロセ通商(LION FX)は51種類もの通貨ペアを取り扱っているため、さまざまな通貨で取引が可能です。約定力の高さに定評があり、スリッページの発生リスクを低く抑えられます。

また、キャンペーンが充実しているのも魅力です。キャッシュバックやグルメ、野球観戦チケットなどがもらえるキャンペーンが頻繁に開催されています。

スリッページリスクを抑えたい方や、将来的にいろんな通貨ペアで取引したい方におすすめです。

口座開設スピード 最短即日
通貨ペア 51通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
口座開設キャンペーン内容 最大5万円キャッシュバック

おすすめFX会社6位:みんなのFX

円高・円安

みんなのFXのおすすめポイント
  • Trading Viewが使える
  • スプレッドが狭く低コスト
みんなのFXでは、世界中で多くのトレーダーが愛用している取引ツール「Trading View」を利用できます。カスタマイズ性や機能性が優れており、使い勝手がよいのが特徴です。

また、米ドル/円のスプレッドは0.2銭と、コストを抑えた取引ができます。最短1時間で取引を開始できるため、できるだけ早く取引をしたい方も安心です。

コストを抑えながらTrading Viewを利用したい方におすすめのFX会社です。

口座開設スピード 最短即日
通貨ペア 29通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
口座開設キャンペーン内容 最大5万円キャッシュバック

おすすめFX会社7位:外為オンライン

円高・円安

外為オンラインのおすすめポイント
  • 自動注文のiサイクル2取引
  • 情報量が豊富
外為オンラインは、最初に設定したルール通りに自動で注文を繰り返す「iサイクル2取引」を利用できます。トレンドを見極めて自動的に売買判断も行います。最初の設定も簡単です。

また、マーケットニュースやアナリストレポート、セミナーなど、情報コンテンツと情報量が豊富なため取引ノウハウを吸収できます。

iサイクル2取引を使って自動注文を行いたい方におすすめです。

口座開設スピード 3〜5営業日
通貨ペア 26通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
口座開設キャンペーン内容 最大15万円キャッシュバック

おすすめFX会社8位:GMOクリック証券

円高・円安

GMOクリック証券(FXネオ)のおすすめポイント
  • 高機能で使いやすい取引ツール
  • スプレッドが狭く低コスト
GMOクリック証券(FXネオ)は、「はっちゅう君FXプラス」「GMOクリックFX」「プラチナチャート」など、高機能で多彩な取引ツールが揃います。プラチナチャートは、人気のテクニカル指標を38種類搭載し、他の金融商品との比較チャートも表示可能です。

スプレッドは、米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭と狭く、低コストで取引ができます。

コストを抑えながら多彩な取引ツールを使いたい方におすすめのFX会社です。

口座開設スピード 最短翌営業日
通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 1万通貨
口座開設キャンペーン内容 最大30万円キャッシュバック

円高・円安を狙いFXを始めるときの流れ

ここでは、FXを始めるときの流れについて見ていきましょう。

FXを始めるときの流れ
  • 1.口座開設の申し込みをする
  • 2.本人確認書類・マイナンバー確認書類を提出する
  • 3.審査結果を受ける
  • 4.証拠金を入金する
  • 5.取引を開始する
上記の流れでFXを始めることができます。難しい内容はありませんので、初めての方でもスムーズに進めることが可能です。FXを始めるときの流れについて、一つひとつ紹介します。

1.口座開設の申し込みをする

最初に、FX会社を選び口座開設の申し込みをします。各FX会社で特徴が違うため、自分の条件に合ったFX会社を選ぶことが大切です。

取引ツールや情報量、スプレッドやスワップポイント、キャンペーンなどを比較してFX会社を選びましょう。

FX会社のウェブサイトから口座開設の申し込みができます。名前や口座情報、投資経験など必要事項を入力してください。入力内容をもとに審査が行われるため、入力ミスがないように気をつけましょう。

2.本人確認書類・マイナンバー確認書類を提出する

FX会社の口座開設手続きには、本人確認書類とマイナンバー確認書類の提出が必要です。書類の提出方法には、Web・郵送・FAXなどがあります。

審査をスピーディーに進めたいのであれば、Webでの提出がおすすめです。主な本人確認書類とマイナンバー確認書類は、次のとおりです。

■本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 住民票の写し

■マイナンバー確認書類

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー付き住民票

書類の準備に時間がかかる場合もありますので、早めに揃えておきましょう。必要書類はFX会社によって異なりますので、事前に確認してください。

3.審査結果を受ける

審査結果はメールで通知されることが多いです。事前にメールの設定を確認し、FX会社から届くメールが迷惑メール扱いにならないようにしておきましょう。

審査を通過すると、マイページのログインIDとパスワードを入手できます。

4.証拠金を入金する

取引を開始するには、証拠金の入金が必要です。FX会社によって入金方法は異なります。

おすすめの入金方法は、クイック入金です。24時間いつでも入金できて、口座にリアルタイムで反映されます。入金手数料は無料です。

証拠金は、生活資金でなく余剰資金を使うようにしてください。

5.取引を開始する

口座に証拠金が反映されたら、取引を開始できます。初心者のうちは、情報収集がしやすい米ドル/円などで取引をしましょう。ポジションを持つ前に、相場分析を徹底してください。

新NISA制度の学習システム

まとめ

この記事では、円高・円安のメリット・デメリットやFXで取引するときのポイント、注意点、おすすめFX会社などについて解説しました。

円高・円安は私たちの生活にも影響があるため、メリット・デメリットは把握しておきましょう。そして、FXは円高・円安を狙って利益を得ることができます。

FX取引を考えている方は、早速、勉強や練習、FX会社選びを始めてみてください。

おすすめのFX取引のポイント
  • 少額でFX取引をする際は通貨単位が低いFX会社で口座開設する
  • FX取引は100円単位から取引が可能!
  • 初心者はむしろ少額から始めるべき
  • レバレッジ取引は極力控える
  • 人気No1は、スプレッドが安くて話題の松井証券のFX
少額取引が可能で、公式LINEにて取引をサポートしていると大好評! 選べるレバレッジ倍率で簡単にレバレッジの調整ができる!
【松井証券のFXの口座開設はこちら!】

\ 初心者にも人気!/

MATSUIFX

【各種投資を始める前に確認しましょう。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

【投資の仕組みを理解しよう!】
消費者庁提供:「お金を育てる「資産運用」の知識」