プレミアム優待倶楽部PORTAL   Copyright © 2011-2024 WILLs Inc. 借金減額シュミレーターって実際どう?怪しい?カラクリからデメリット・注意点を解説 - プレミアム金融コラム
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

借金減額シュミレーターって実際どう?怪しい?カラクリからデメリット・注意点を解説

「借金減額シュミレーターって実際どう?怪しい?カラクリからデメリット・注意点を解説」の記事アイキャッチ画像

借金の減額シュミレーターって怪しいのかな?本当に借金を減らせるのかな?

借金減額したいからシュミレーター使ってみたいけど、デメリットってあるのかな?

借金の支払いで生活が苦しくて困っている人は、借金減額シュミレーターというものを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、無料で利用できるため本当に借金を減らせるのか、デメリットはないのか、そもそも詐欺ではないのかと不安に感じる人もいるでしょう。

借金減額シュミレーターは弁護士事務所が顧客獲得を目的に運営しているため、怪しいカラクリがあったり詐欺だったりということはありません。

借金減額の診断結果も法律に基づいて算出されているため、信頼できるサービスです。

この記事では「借金減額シュミレーター」のからくりや注意点について解説していきます。

「借金減額シュミレーター」の重要なポイント
  • 借金減額シュミレーターは、借金がいくら減額できるか診断できる無料のWEBツール
  • 借金減額シュミレーターは弁護士事務所が、顧客獲得を目的に運営している
  • シュミレーターの診断結果と実際の借金減額の成果には差がある
  • 借金減額なら債務整理がおすすめ

借金問題の解決におすすめ!
はたの法務事務所
【金融庁による注意喚起】お金を借りる方、借りている方へ
■カードローン・借入れに関するもの
お金を借りる方、借りている方へ-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
金融庁からのお願い・注意喚起-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
違法な金融業者にご注意!-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
お金を借りる際の心構え-一般社団法人全国銀行協会HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

■後払い・給与ファクタリング・ファクタリングに関するもの
「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意ください!~いわゆる 後払い(ツケ払い)現金化 に要注意~-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)
ファクタリングの利用に関する注意喚起-金融庁HP(外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

プレミアム金融コラムの債務整理記事について
【当サイトは広告ガイドラインを参考にした運営に努めております】

借金減額診断シュミレーターとは?仕組み・カラクリを解説

「借金減額診断シュミレーターとは?仕組み・カラクリを解説」の見出し画像

借金減額シュミレーターが無料なのはどうしてなんだろう?詐欺じゃないかな?

シュミレーターは弁護士事務所が法律の下運営しているサービスなので、運営元がしっかりしていれば詐欺などの心配は必要ありません。

ここでは借金減額シュミレーターの仕組みやカラクリを解説していきます。

借金減額診断シュミレーターとは

借金減額シュミレーターとは、今現在の借金をいくら減額できるか診断できる無料のWEBサービスです。

借金相談や債務整理の依頼を身近に感じてもらい、依頼のハードルを下げる目的で弁護士事務所が運営しているため、詐欺や罠などの心配は必要ありません。

大半は匿名で利用でき、借入額や借入期間など簡単な内容の入力だけで24時間いつでも借金減額診断をすることができます。

もちろん減額診断をしても、実際に弁護士事務所に依頼するかどうかは利用者の自由なので、一度試しに利用してみるのもアリですね!

借金減額診断シュミレーターの仕組み【何をもとに診断しているの?】

借金減額シュミレーターは、運営している弁護士事務所のこれまでの借金減額の実績や法律をもとに診断しています。

借入額・借入期間・返済状況の3つの質問のみで算出しているため、基本的には減額の可否のみの判断となり、減額できる正確な額の算出はできません。

収入や資産状況などもう少し詳細を入力すれば、減額できる額の目安程度の算出も可能なサイトも存在しているので、そちらの利用も検討してみてください。

借金減額診断シュミレーターのカラクリ【なぜ無料で利用できるの?】

借金減額シュミレーターは基本的に無料で利用できます。

これは借金減額シュミレーターが、弁護士への借金問題の相談や依頼へのハードルを下げるために運営されているためです。

弁護士などの専門家への依頼はハードルが高くても、無料のツールは敷居が低くなります。

いわば借金減額シュミレーターは、弁護士事務所が顧客獲得するための宣伝広告といえるでしょう。

借金減額シュミレーターの利用者が一人でも実際に債務整理などを依頼すれば大きな報酬を得られるため、無料で提供できているのです。

もちろんシュミレーターを利用したら必ず弁護士に依頼しなければならないなんてことないので、安心して利用してくださいね。

借金問題の解決におすすめ!
はたの法務事務所
新NISA制度の学習システム

借金減額シュミレーターを利用するデメリット・注意点

「借金減額シュミレーターを利用するデメリット・注意点」の見出し画像

シュミレーターで借金が減額できると診断結果が出たので、弁護士さんに依頼してきます!

シュミレーターの結果が必ず実現できるというわけではありません!専門家への依頼は慎重におこないましょう。

ここでは借金減額シュミレーターを利用するデメリットや利用する際の注意点を解説していきます。

①診断結果と実際の借金減額成果に差がある

シュミレーターによる診断結果と実際に借金減額をおこなった際の成果には差があります。

これはシュミレーターによる診断が、借入額や借入期間から算出された平均的な額であるためです。

そのため、債務者の収入や借金の種類、専門家の交渉能力に応じて実際の成果は大きく差が生じます。

また、シュミレーターで減額できると診断されても実際にその金額が減らせるという保証にはなりません。

こういったことから減額シュミレーターはあくまでも、目安としての指標でしかないということを覚えておく必要があります。

②シュミレーターによって診断結果が異なる

シュミレーターによって診断結果が異なるという点にも注意が必要です。

シュミレーターの診断結果は、運営元である弁護士事務所がこれまで借金減額に成功した平均的な成果をもとに算出されています。

そのため、それぞれのサイトのシュミレーターによって診断結果が異なるのです。

また、シュミレーターでの診断結果が良いからといって必ずしもその運営元の弁護士事務所での成果が良いというわけではありません。

借金減額について詳細を知りたい人は、弁護士事務所・司法書士事務所に相談してみましょう。

③診断後、運営元の法律事務所から連絡が来る

シュミレーターでの診断後、運営元である弁護士事務所などから直接連絡が来ることがあります。

診断結果の詳細を利用者に伝えることが目的であり、無理な勧誘などではないので安心してください。

しかし、電話での連絡を避けたい場合はメールでの診断結果通知が可能なサイトを選びましょう。

④詐欺サイトに注意

まれに、減額シュミレーターとうたって個人情報を悪用しようとする詐欺サイトがあることに注意しましょう。

基本的に減額診断に住所や氏名・勤務先などの入力は必要ありません。

また、減額診断が有料のサイトもありますが、無料で診断できるサイトで十分有益な診断結果を得ることができます。

不安な人はサイトの運営元が信用できる機関か確認してから利用するようにしましょう。

⑤減額できない借金もある

シュミレーターを利用する際には、減額できない借金もあるということに注意しなければなりません。

一般的な借金減額シュミレーターは、借入額や借入期間をもとにして減額できる額を算出します。

しかし、借金の種類によってはそもそも減額対象でなかったり、減額できてもほとんど変わらないものがあるのです。

債務整理などによる借金減額に向いていない借金の種類は以下のようなものがあります。

  • 奨学金
  • 公共料金
  • 税金

こういった借金を含んだ額で診断しても実際の成果とは大きく異なった診断結果が出ることを理解しておきましょう。

借金問題の解決におすすめ!
はたの法務事務所

借金減額をする3つの方法とは?おすすめな人の特徴まで解説

「借金減額をする3つの方法とは?おすすめな人の特徴まで解説」の見出し画像

シュミレーターで借金減額できるって出たけど、実際にどうやって減額するんだろう?本当に借金を減らせるのかな?

借金減額には3つの方法があります。借金の種類によっておすすめの方法が異なるのでチェックしてみてくださいね。

ここでは借金減額の3つの方法について、それぞれのおすすめの人とともに解説していきます。

関連記事:債務整理にかかる費用は?費用が払えない時の対処法から安くするコツまで解説

方法①債務整理【借金額が多い人におすすめ】

借金減額方法の一つに債務整理という手段があります。

債務整理とは、債権者との交渉や裁判所への申立てによって借金の減額や返済期限の延長をしてもらい、借金苦から逃れるための救済手段です。

基本的には専門家の手によっておこなわれる国が認めた方法であるため、消費者金融などのローン利用が多い人でも、大幅な借金減額が期待できるでしょう。

しかし、債務整理をした記録はブラックリストに載るというデメリットがあるということも理解しておく必要があります。

方法②過払い金請求【過去の借金が多かった人におすすめ】

借金を減額するために過払い金請求という方法もあります。

過払い金請求とは、法外な金利によって支払いすぎた利息を債権者に返還するよう求める手続きです。

2010年6月に制定された利息制限法以前の金利で消費者金融などから借入していた人などが対象となります。

債務整理よりも短期間で手続きが完了するため、2010年よりも前に借入があった・クレジットカードのキャッシング枠を利用したことがある人は一度、過払い金がないか調査してもらうのもおすすめです。

方法③金利を下げる【お金に余裕がない人にもおすすめ】

今現在の借金の金利を下げるという方法も借金を減らす手段の一つです。

ここでは金利を下げる方法である「おまとめローン」と「ローンの借り換え」の2種類を解説していきます。

「おまとめローン」や「ローンの借り換え」は個人でおこなうものなので、専門家に依頼する必要がないぶん費用を抑えることができますよ。

おまとめローン

おまとめローンとは、複数社からの借入を金利の低い1社にまとめる方法です。

金利の低い1社にまとめることで、月々に支払う金額や最終的に支払う金額を安くすることができます。

また、支払う会社が1社になることで借金の管理がしやすくなり、返済もしやすくなるという点もメリットといえるでしょう。

おまとめローンには審査があるため、借金額が多い人やあまりにも借入先が多い人は審査に通りにくいようです。

ローンの借り換え

ローンの借り換えは、新しく契約した会社からのお金で、契約中のローンを全額返済する方法です。

新しく契約する会社を低金利の会社にすることで、利息を抑え支払う金額を抑えることができます。

しかし、借り換えの審査は非常に厳しいため、借入が多い・滞納があるというような人には難しいでしょう。

新NISA制度の学習システム

借金減額に強い弁護士・司法書士事務所の選び方とは?

「借金減額に強い弁護士・司法書士事務所の選び方とは?」の見出し画像

借金減額を依頼する弁護士や司法書士事務所は適当に決めてはいけません。

ここでは「借金減額に強い弁護士・司法書士事務所を選ぶ際に注意すべきポイント」を解説していきます。

何となくで依頼してしまって、思い通りの成果が得られないなんてことを避けるためにもしっかりポイントを理解しておきましょう。

①実績が豊富か

事務所がこれまでにどれくらいの相談件数があり、いくらの借金減額に成功してきたかなどの実績は非常に重要なポイントです。

実績があるということは、それだけクオリティの高い相談員が在籍しており、ケースごとに最適な手続きができるという証明になります。

ほとんどの事務所は公式サイトに実績は掲載しているので、必ずチェックしておきましょう。

②依頼費用が適切か

依頼にかかる費用が相場と比較して適切か必ず確認しましょう。

あまりに高すぎたり低すぎたりする場合は、何かしらの理由があるということなので、避けておいたほうがよいでしょう。

依頼費用は目安が公式サイトに載っていることがほとんどですが、詳細については依頼の前に必ず見積りを取ってもらうようにしてください。

③口コミや評判が良いか

事務所のネームバリューだけでなく、口コミや評判も確認しておくのがおすすめです。

テレビや広告でよく見かける事務所でも、実際の評判はあまり良くないことがあります。

SNSや口コミサイトで確認しておきましょう。

④相談員と相性が合うか

担当のスタッフとの相性も借金減額のためには重要なポイントです。

借金減額は、自分の収入や経済状況など個人情報を包み隠さず話す必要がありますが、スタッフを信頼できないと知られることをためらってしまうかもしれません。

また専門家側も、本当のことを教えてくれないと適切な手続きができないため期待するほどの成果につながりにくくなるのです。

まずは依頼の前に、事務所や相談員の雰囲気を知るためにも無料の法律相談を利用してみましょう。

借金問題の解決におすすめ!
はたの法務事務所

【相談無料】借金減額に強い弁護士・司法書士事務所おすすめTOP8

借金減額に強い事務所

【スマートフォンの方は横にスクロールできます】

相談料 オンライン 専門家 対応地域 取扱業務
はたの法務事務所 無料 司法書士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
アヴァンス法務事務所 無料 司法書士 大阪・東京中心 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
東京ロータス法律事務所 無料 弁護士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
サンク法律事務所 無料 △(電話) 弁護士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
司法書士法人中央事務所 無料 司法書士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
ひばり法律事務所 無料 △(原則面談) 弁護士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
アース法律事務所 無料 △(原則面談) 弁護士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求
弁護士法人 響 無料 弁護士 全国 ・任意整理
・個人再生
・自己破産
・過払い金請求

関連記事:債務整理おすすめの弁護士・司法書士事務所16選!選び方から、費用まで初めてでもわかる簡単解説

1位:はたの法務事務所

はたの法務事務所のサイトトップ画像

出典:はたの法務事務所

はたの法務事務所のおすすめポイント
  • 着手金無料
  • 基本報酬も業界水準より低価格
  • ベテラン司法書士が対応

はたの法務事務所は、累計相談実績20万件以上の法務事務所です。

司法書士歴27年のベテランの司法書士が対応にあたってくれるため、さまざまな事例に柔軟に対応してもらうことができます。

また、着手金が無料・基本報酬が業界水準を下回るなど誰でも依頼しやすい法務事務所です。

事務所名 はたの法務事務所
住所 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
電話番号 03-5335-6450
専門家 司法書士
相談料 無料
オンライン相談
対応地域 全国
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求

借金問題の解決におすすめ!
はたの法務事務所

2位:アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所のサイトトップ画像

出典:アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所のおすすめポイント
  • 女性専用窓口設置
  • アフターサポート充実
  • 相談実績23万件以上

アヴァンス法務事務所は、大阪と東京にオフィスを構える累計相談実績23万件以上の法務事務所です。

女性専用窓口を設置しているため、性別問わず法律相談が可能といえるでしょう。

また、サポートは返済完了まで続き、万が一債務整理後に再度返済が苦しくなった場合でも相談に乗ってもらうことができます。

事務所名 アヴァンス法務事務所
住所 〒541-0041
大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
電話番号 0120-964-564
0120-964-664 (女性専用ダイヤル)
専門家 司法書士
相談料 無料
オンライン相談
対応地域 大阪・東京中心
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求

3位:東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所のサイトトップ画像

出典:東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所のおすすめポイント
  • 借金問題の解決に特化
  • 過払金請求に強い
  • 業界水準よりも低価格での依頼が可能

東京ロータス法律事務所は、過払い金請求に非常に強い法律事務所です。

借金問題の解決に特化し、実績豊富なプロが対応するため最適な手続きをスピーディーに執りおこなってもらえます。

また、着手金や基本報酬が業界水準よりも低く設定されているため、依頼しやすい事務所といえるでしょう。

事務所名 東京ロータス法律事務所
住所 〒110-0015
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
電話番号 0120-316-715
専門家 弁護士
相談料 無料
オンライン相談
対応地域 全国
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求

4位:サンク法律事務所

借金減額シミュレーター_サンク法律事務所

サンク法律事務所のおすすめポイント
  • 24時間土日祝日対応
  • 相談料は何度でも無料
  • 女性弁護士も在籍

サンク法律事務所は、24時間土日祝日でも受付に対応しているのが強みです。

相談料は何度でも無料で全国から対応しているので、利便性にも優れている法律事務所でしょう。

女性の弁護士も在籍しているため、女性も気軽に相談することができます。

相談実績においても27万件超えなので、安心して問い合わせることができますね。

事務所名 弁護士法人サンク総合法律事務所
住所 東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
電話番号 0120-636-018
専門家 弁護士
相談料 無料
オンライン相談 △(電話)
対応地域 全国
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求
弁護士法人サンク総合法律事務所-無料相談.png

5位:司法書士法人中央事務所

司法書士法人中央事務所

司法書士法人中央事務所のおすすめポイント
  • 土日も営業
  • 相談料・着手金無料
  • 問合せは年中無休

司法書士法人中央事務所は、全国出張相談に対応しているので、お近くに事務所がない方でも利用することができます。

さらに、土日も営業しているのでお仕事で忙しい方にもおすすめの事務所です。

相談料や着手金も無料なので、コストを抑えて債務整理することができるでしょう。

実際に司法書士法人中央事務所で借金減額シミュレーターをするには、公式サイトより電話番号を入力するだけになります。

なりすましを防ぐためにも、直接電話で話を聞くことができるため安心です。

事務所名 司法書士法人中央事務所
住所 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル16階
電話番号 0120-907-719(9:00-19:00)
専門家 司法書士
相談料 無料
オンライン相談 記載なし
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求

司法書士法人中央事務所-借金減額診断

6位:ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
  • 匿名の相談ができる
  • 相談は土日祝にも対応

ひばり法律事務所は、債務整理に特化した弁護士法人です。

弁護士事務所なので、裁判が必要な個人再生や自己破産の場合でも一括したサポートを受けることができます。

また、相談は土日祝にも対応しており、債務整理で全ての悩みを解決できます。

対応業務は広いため、どの債務整理をすれば良いのかわからない・債務の金額が大きい方は、ひばり法律事務所がおすすめです。

事務所名 ひばり法律事務所
住所 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
電話番号 03-5638-7288
専門家 弁護士
相談料 無料
オンライン相談 △(原則面談)
対応地域 全国
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求
ひばり法律事務所-無料相談

7位:アース法律事務所

アース法律事務所のサイトトップ画像

出典:アース法律事務所

アース法律事務所のおすすめポイント
  • 金銭問題の解決に特化
  • 実績豊富な弁護士が担当
  • 業界水準を下回る弁護士費用

アース法律事務所は、金銭問題の解決に特化した法律事務所です。

元裁判官である実績豊富な弁護士が借金問題の解決を対応してくれるため、高い成果を期待できます。

事務所名 アース法律事務所
住所 〒105-0004
東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
電話番号 TEL:03-6383-2430
FAX:03-6383-2431
専門家 弁護士
相談料 5,500円/30分(借金問題は無料)
オンライン相談 △(原則面談)
対応地域 全国
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求

8位:弁護士法人 響

弁護士法人 響のサイトトップ画像

出典:弁護士法人 響

弁護士法人 響のおすすめポイント
  • あらゆる法律問題に対応
  • 響グループ全体で問題解決に対応
  • わかりやすい弁護士費用の提示

弁護士法人 響は、あらゆる法律問題にも対応できる法律事務所です。

わかりやすい弁護士費用の提示を心掛けているため、安心して依頼することができます。

また、担当の弁護士だけでなく全国のオフィススタッフ全体で問題の解決に取り組んでもらえるため、借金の大幅な減額が期待できるといえるでしょう。

事務所名 弁護士法人 響
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
電話番号 TEL 03-6866-0289
FAX 03-6868-4999
専門家 弁護士
相談料 無料
オンライン相談
対応地域 全国
取扱業務 任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求
新NISA制度の学習システム

【Q&A】借金減額シュミレーターは怪しい?よくある質問

「【Q&A】借金減額シュミレーターは怪しい?よくある質問」の見出し画像

ここでは借金減額シュミレーターに関するよくある質問に回答していきます。

借金減額シュミレーターは怪しい?なんで無料?

借金減額シュミレーターは弁護士事務所によって運営されているため、詐欺や罠など怪しいサイトではありません。

弁護士事務所が、借金問題の弁護士への相談や依頼のハードルを下げるため、いわば顧客獲得目的で運営しているため無料で利用できます。

また、シュミレーターを利用しても、弁護士への依頼をするかどうかは自由であるため、安心して利用してください。

借金減額診断シュミレーターのデメリットは?

借金減額シュミレーターのデメリットや注意点は以下のとおりです。

  • 診断結果と実際の借金減額成果に差がある
  • シュミレーターによって診断結果が異なる
  • 診断後、運営元の法律事務所から連絡が来る
  • 詐欺サイトに注意
  • 減額できない借金もある

シュミレーターで算出された金額が実際に減額できると保証されるわけではないので、詳細については各法律事務所に相談することをおすすめします。

借金減額できる方法は?

借金減額できる方法には以下の3つの手段があります。

  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 金利を下げる

それぞれの詳細やおすすめの人の特徴についてはこちらの項目で詳しく解説しています。

借金減額しないほうがいい人は?

借金減額しないほうがいい人、しても大きな減額につながらない人は以下のような人がいます。

  • 住宅ローン返済中
  • 子どもの奨学金の利用を検討している人
  • クレジットカードの契約・更新がある人
  • 賃貸住宅の契約を考えている人

借金減額のために債務整理をしてしまうと、クレジットカードが利用停止になったりローンなどの審査に通りにくくなったりします。

上記に当てはまる人は、借金減額は慎重に検討しながらおこないましょう。

減額できない借金とは?

減額できない借金や大きな減額が見込めない借金は以下のようなものがあります。

  • 奨学金
  • 公共料金
  • 税金

奨学金はもともと低金利での貸付となっているため、債務整理をしてもなかなか金利を下げたり元金を減らしたり、ということは難しいようです。

借金問題の解決におすすめ!
はたの法務事務所

借金減額シュミレーターのまとめ

「借金減額シュミレーターのまとめ」の見出し画像

この記事では「借金減額シュミレーター」について解説してきました。

「借金減額シュミレーター」の重要なポイントは以下のとおりです。

「借金減額シュミレーター」の重要なポイント
  • 借金減額シュミレーターは、借金がいくら減額できるか診断できる無料のWEBツール
  • 借金減額シュミレーターは弁護士事務所が、顧客獲得を目的に運営している
  • シュミレーターの診断結果と実際の借金減額の成果には差がある
  • 借金減額なら債務整理がおすすめ

借金減額シュミレーターは、借金をいくら減額できるか診断できる無料のWEBツールです。

弁護士事務所が顧客獲得を目的に運営しているため、詐欺や罠など怪しいサイトではありません。

借金返済が苦しいという人は、ぜひ一度お試し程度でも利用してみてはいかがでしょうか。

【各種投資を始める前に確認しましょう。】
消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

【投資の仕組みを理解しよう!】
消費者庁提供:「お金を育てる「資産運用」の知識」

本サイトのカードローン(貸金業者)に関する記載根拠、及び独自調査の結果、法務省や金融庁、e-gov法令検索に基づく記載


本記事では、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」に記載されている貸金業者登録を受けている会社のみをご紹介いたします。

合わせて、法律で定められ、法務省ホームページ等から発出されている法定利率や、貸金業法を遵守した業者から、ご紹介をしています。

※(法定利率の変動の仕組みについては、「法定利率の変動制に関する説明資料(法務省HP/新しいウィンドウで開きます。)」を御覧ください。)

参考:民法第四百四条第五項の規定に基づき、令和五年四月一日から令和八年三月三十一日までの期における基準割合を告示する件(令和4年法務省告示第64号【PDF】(e-Gov法令検索-デジタル庁管轄 ※旧総務省行政管理局管轄/新しいウィンドウで開きます。)
カードローン(貸金業者)のおすすめランキング根拠について
カードローンおすすめランキング根拠

【ちょっと待って!お金を借りる前に。】
消費者庁提供:「お金の管理(収支予算の算出、多重債務)」

【キャッシング・カードローンを利用する前に確認!】
消費者庁提供:「お金を借りるのはどんなとき?クレジット・ローンの仕組み」

【知っておきたい!個人間融資のトラブル】
日本貸金業協会公式チャンネル:「個人情報が悪用される!【個人間融資のトラブル その1】」