【2022年最新】豪ドル/円の今後の予測・見通し・特徴などを分かりやすくガイド!

豪ドル/円の今後の見通しはどうなる?

豪ドル/円の相場状況が知りたい!

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

豪ドル/円はオーストラリアドルと日本円の通貨ペアで、高金利通貨として人気の資源ブームとして上昇基調が続いたことから多くの投資家達から人気の通貨ペアとなります。

今回は豪ドル/円の特徴や今後の見通し、過去の価格変動などについて詳しく紹介していきます。

この記事の要点
  • 豪ドル/円は今後上昇傾向にある
  • 現在の豪ドル/円の価格は91.01 – 91.06
  • 豪ドル/円は中国政権の影響を受けやすい

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドルの特徴

まずは豪ドルの特徴について紹介していきます。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

資源国通貨の代表格

豪ドルは資源国通貨の代表格です。

全輸入の半分以上が鉄鉱石や石炭などの鉱物資源が占めており、コモディティ市場との位置関係もあります。

豪ドル/米ドルと原油価格の値動きはほとんど同じ時期に同じような方向に動いており、豪ドルを取引する時は原油価格も確認するようにしましょう。

世界第5位の取引量

豪ドルは世界第5位の取引量を誇る通貨です。

全体的にみるとそこまで取引量が多いとは言えませんが、英ポンドに次いで取引量が多いため、買いたい人と売りたい人がすぐに見つかり、値動きが安定しやすい通貨でもあります。

逆に取引量が少ないと値動きが荒くなってしまうこともあるため、その点取引がしやすい通貨とも言えるでしょう。

ただし、米ドルやユーロなどの主要通貨と比べると取引量が劣り、急な価格変動が起きてしまうこともあるため注意が必要です。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

中国の影響を受けやすい

豪ドルは中国の影響を受けやすいという特徴もあります。

資源の輸入割合は中国がダントツのトップに位置し、オーストラリアと中国の関係性は非常に深いです。

実際にオーストラリアと中国の外交関係の悪化が影響して相場が下落トレンドになったこともあり、豪ドルで取引をする時は中国の動向も常にチェックしておくことが大切です。

高金利通貨

豪ドルは主要な先進国の一員として位置していますが、豪ドルなどの先進国は中央銀行が金融緩和対策として「量的緩和策」を導入していることが多いです。

このような国では制作金利が0%付近に設置されている場合がほとんどです。

逆に高金利水準が比較的高い豪ドルは政策金利を2%前後に設定しており、信用リスクが比較的低い通貨とも言えます。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドル/円の現在の価格

豪ドル/円の現在の価格は次のようになります。

参考:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/data/aud.html

買い-売り 91.01 – 91.06
前日比 0.00
前日終値 91.01

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドル/円の過去の相場状況

1990年には120円台を付けていた豪ドル/円相場は、1995年には58円台まで一気に下落しました。

その後、1997年には100円台に持ち込みましたが、2000年の豪州景気悪化が影響して再び下落して58円台を付けました。

しかし、2007年には約16年ぶりに高値水準まで引き上げられて、107円台まで上昇しました。

この間は豪州の政策金利が6.75%にまで引き上げられた事を受けて、低金利の円を売って高金利の豪ドル買うという「円キャリートレード」が活発化した事が相場を押し上げました。

しかし、翌年2008年の空きにはリーマンショックが起きて1か月間で30%以上急激な下落に見舞われました。

その後、再び価格が上昇して88円台まで急速に値を戻しましたが、思う様に世界回復が伸びずに70円台から90円台前半を行き来している状況が続いています。

2016年から2018年にかけては米国が金利政策を引き上げる中、豪州は1.5%で一定したため一機に逆転しました。

2019年には米国による金利政策が2.5%、豪入の政策金利が1.25%となり、金利差が1.25%まで大きく拡大しました。

その後新型コロナウイルスを影響で各国の景気が下がる中、豪州では1ドル84円台までいち早く回復しています。

参照:https://www.gaitame.com/gaitame/gaika/gaika1.html

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドル/円の今後の見通し

続いて、豪ドル/円の今後の見通しについて詳しく紹介していきます。

政策金利

2008年の豪ドルの金利は約7%で高金利通貨として注目されていました。

しかし、昨年2021年には0.1%ほどまで下がっており、1年間は据え置き状態が続いています。

2021年の年末には理事会で、「利上げの条件が整うには一定の期間がかかる」と発表しており、2024年までの利上げは難しいと予測されています。

しかし、逆に市場では2024年までに利上げの可能性が高いと予測する投資家も多く、実際に利上げとなればこれまで以上に為替相場に大きな影響を与えることでしょう。

そのため、今後豪ドル関連の取引をするのであれば、金利の動向を確認しておくことが重要なポイントです。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの影響は避けられません。

オーストラリアでは2021年の年末までにワクチン接種率が80%を超え、世界的に見てもワクチン接種率が高い国であることがわかります。

しかし、新しい変異株が出ていることも事実で、完全にコロナウイルスが収束するまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

新型コロナウイルスの影響は豪ドル/円だけに限ったことではありませんが、各国の経済や通貨に大きな影響を与えていることは事実です。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

中国との関係性

オーストラリアは中国との深い関係性があるため、中国との関係性も今後の相場予測には欠かせません。

新型コロナウイルスが影響して、中国はオーストラリアからの輸入制限や関税の引き上げの措置を行いました。

いずれ新型コロナウイルスが緩和されるにしても、引き続き中国との関係性や経済動向はチェックすべきと言えるでしょう。

RBAの動向

豪ドルの今後の見通しを予測するためには、RBAによる政策金利動向に注目することも重要なポイントです。

RBAは2020年の11月に制作金利を0.1%に引き下げていましがた、2022年の5月現在利上げに踏み切りました。

また、3年金利誘導目的0.1%を上回る国債利回りの上昇を容認したことで、早期利上げ観察が意識される場面もあります。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドル/円の予測が難しい場合は仮想通貨取引もおすすめ

豪ドル/円の予測が難しい場合は仮想通貨取引もおすすめです。

ここでは、仮想通貨取引の特徴について解説していきます。

購入時と売却時の値上がり幅により利益が得られる

仮想通貨は基本的に株やFXと同じように安い時に購入して高い時に売ることで利益を得ることができます。

購入時と売却時の値上がり幅によって利益を得ることができます。

取引方法には現物取引と先物取引があり、現物取引では実際に仮想通貨を購入して売買します。

一方で先物取引ではいずれ仮想通貨を購入して売買することを約束する方法です。

仮想通貨は基本的にインターネット上でやり取りをするお金で取引を行い、デジタル通貨とも呼ばれます。

仮想通貨取引を始めるには、FX同様仮想通貨取引所で口座開設をする必要がありますが、口座開設にかかう費用はなく、誰でも気軽に始めることができます。

また、FX同様豪ドル/円やドル/円などのさまざまな通貨ペアがあるように、仮想通貨ではビットコインやイーサリアム、リップルなどのさまざまな通貨で取引ができるため、取引の選択肢が広い点が特徴です。

24時間365日取引が行える

仮想通貨取引は原則24時間365日取引ができるため、自分のライフスタイルや取引スタイルに合わせて投資を行うことができます。

購入や換金もいつでも行うことができ、即金性に優れています。

また、国内の取引所では預けた資金の2倍の取引ができるため、少ない資金で大きなリターンを得ることも可能です。

FX取引は原則平日24時間、株式投資は平日の9時~15時までと制限がありますが、仮想通貨投資はこの制限がないため、深夜でも朝方でもいつでも取引ができる点は仮想通貨取引のメリットと言えるでしょう。

実際にFX投資をしている人の中には、仮想通貨で利益を出している人も多いです。

海外への送金・決済が安価

仮想通貨は海外への送金や決済が安価になるという特徴があります。

仮想通貨はインターネット上で暗号化された電子データであるため、瞬時に海外へ送金・決済ができます。

また、金融機関を介さずに送金や決済を行うことができるため、銀行送金と比較してもコストが安い点も魅力です。

現在では海外のネットショッピングを利用する人や海外送金をする企業も増えており、仮想通貨が用いられる機会が今後も増えていくことでしょう。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

<編集部からお得情報!>
【今だけ!】無料の登録完了で、全員が、2,000円相当のビットコインをもらえます!(※1)

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

(※)キャンペーン期間:2022年8月1日~2023年2月1日

豪ドル/円 見通しに関するよくある質問

最後に、豪ドル/円 見通しに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

豪ドル/円は今後どうなる?

豪ドル/円は今後上昇トレンドです。

理由はさまざまありますが、オーストラリア経済の成長はここ数年で活発化する可能性が高く、今後5年間は成長すると予想している投資家が多いです。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドル/円が上昇するには何が必要?

豪ドル/円が上昇するためにはいくつかの要因がありますが、次のような条件を満たせば豪ドル/円の価格が上がることに期待ができます。

豪ドル/円が上昇するのに必要な条件
  • ロシアとウクライナ情勢の鎮静化
  • オーストラリア景気の安定
  • 政策金利の上昇

レンジが読みにくい相場って本当

本当です。

豪ドル/円は中長期は上昇見込みになりますが、レンジが読みにくいため、短期間で取引をするデイトレードなどにはあまり向きません。

豪ドル/円以外に注目の通貨は?

豪ドル/円以外に注目の通貨はトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドです。

これらはスワップが高く、金利収入狙いの投資家にも人気の通貨となります。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 

豪ドル/円 見通しのまとめ

今回は豪ドル/円の特徴や今後の見通し、過去の価格変動などについて詳しく紹介してきました。

現在新型コロナウイルスやロシアとウクライナの情勢により全体的に相場が不安定ですが、豪ドル/円は今後上昇傾向にあります。

豪ドル/円の取引をする場合は、こちらの記事を参考に投資してみてください。

また、現在為替市場が不安定な状況になっているため、豪ドル/円だけでなく仮想通貨などの取引で利益を狙うこともおすすめです。

取引所での口座開設も無料となりますので、気になる人はまずは口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

\ 【今だけ】5,000円もらえる! /
各種手数料無料!初心者にやさしい!
 
 
※プレミアム金融コラム(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営されています。当サイトで掲載をしている商品またはサービスの効果などを保証するものではありません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は特定時点での情報です。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。